ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

2016年と共に去るSMAP “ありがとうSMAP!!!”(2016/12/30)

カテゴリー:1114

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


12月30日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。




第3位【 スマスマ 】

12月26日にSMAPの看板番組「SMAP×SMAP」が最終回を迎えました。最後にヒット曲「世界に一つだけの花」を歌い、20年9ヶ月間の放送に幕を閉じました。






第2位【 SMAP 】

12月31日をもって解散する、と発表しているSMAPの関連するワードが上位に入っています。



第1位【 地震 】

12月28日夜、茨城県北部を震源とする、震度6弱の強い地震がありました。




この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、2位にランクインした【 SMAP 】、そして3位にランクインした【 スマスマ 】です。大晦日の紅白歌合戦の辞退が正式に発表されました。いよいよ明日の31日で解散となります。





◆街の声

「解散しないで〜!」(女性)


「すごい残念です。すごい好きでしたよ、応援しています」(男性)


「SMAPが居なくなると一時代が終わってしまうのでもう一度復活お願いします」(女性)


「私はSMAPのファンクラブに入っていまして、SMAPの事が大好きです。でも、今度は解散してもひとりひとり活動を続けてもらって、テレビで活躍するのを楽しみにしています」(女性)


「とても思い入れが深いです。SMAPが解散するのは悲しいけど、私の中にSMAPはずっと居続けると思います」(女性)


「ありがとうSMAP!!!」(男性&女性)




◆SMAPの人気のすごさ

速水 ファンの皆様はもちろんのこと、大袈裟かも知れないですけど日本中が悲しんでる状況だと思います、番組の「街の声」からも色々と伝わってきます。


クラウドファウンディングを使って、SMAPの解散に合わせて新聞に広告を出そうと出資者を募っている企画がありました。1週間で1万3000人以上が出資し約4000万円が集まりました。そして今朝(12月30日の朝刊)の朝日新聞に、ファンからSMAPへの気持ちが掲載されました。出資者の名前もずら〜っと掲載されていて、その総面数はなんと8面!全面広告8面を買えてしまうくらいの金額が集まりました。これは、どれだけSMAPがいろいろな人たちから指示されていたかという指標としてはこれ以上なモノはない結果ではないでしょうか。圧巻でしたし、圧倒されました。






速水 TOKYO FMのおはようスマップも最終回だったのですが、5時間のスマスマ最終回、万里恵さん見られました?


高橋 見ました。過去の映像で仲の良いSMAPを見ていると「なんでだろう…」と思いました。ファンの皆さんは本当に涙、涙だったのではないでしょうか。


速水 スマスマで『SMAP 5人旅』という企画があり、SMAP5人で泊まる温泉旅館や行き先を決めたりするんですけど、本当にSMAPのメンバーがなんでもやらなきゃいけなくて、稲垣さんが温泉旅館に電話して予約したりします。その最中、中居君が「5人で泊まるなんて無理だべ、無理だべ」と言っていたり(笑)。その中居君が、SMAPのシングルになっていないような曲、昔の曲なんかをカラオケに入力したり、その曲を聞いて号泣したり、SMAPへの愛情が伝わるシーンがあったり、他にも良いシーンがたくさんあります。本当に良いグループだな。と思ったりしました。たかだか3年前の企画だったんですよ。それが解散という事になるなんて誰も思っていなかったと思います。


メンバーのいろいろな行き違いと言うより、事務所内での内紛やいろいろややこしい事があるので、一概に解散理由を言えないと思います。しかも、このご時世、SMAPのような人気グループが解散というのは本当に難しい事で、株価や日本経済に少なからず影響が出てくると思います。そこで活動休止や無期限の活動停止などで、とりあえず解散は避けましょう。と、やんわりと処理しがちですが、きっぱりと解散を選んだのは、すごい事だと思います。ただひとつ悲しいのは、ファンの皆さまにSMAPからの生の言葉が無かったこと。スマスマ最終回でも批判を浴びている部分です。最後はファンではなく、スタッフへのねぎらいで終わらせたことに対する不満は非常に多かったです。


いろいろなアイドルグループやバンドなどの解散事例を調べました、どんなかたちでも生の言葉をファンに伝えていたり、儀式的なイベントがありました。ファンのために、区切りをつけて次に行くためイベントが無かったことは、本当に不憫でなりません。どんなかたちでもいいから生の声を、言葉を伝えて欲しかったです。


高橋 スマスマ最終回で流れたVTRにはSMAPがこれまでにいろいろな壁にぶつかったことも描かれていて、そのたびに自分たちの言葉で話しをされてきたのがSMAPだったなと思いました。


速水 いろいろな壁を乗り越えてきたのがSMAPですよね。稲垣さんが復帰した時に、中居君が、もうちょっと時間ある。と言うと、SHAKEを少しだけ歌うシーンがあって、あそこが最高に良い、SMAPらしい、こういう曲があるグループってすばらしいなと思いました。



◆クロノスリスナーの反応













◆様々なジャンルのひとから愛されていたSMAP

















逃げ恥と真田丸の最終回でロスする人が続々と…(2016/12/23)

カテゴリー:1114

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


12月23日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。





第3位【 鹿島 】

12月18日、横浜国際総合競技場で行われた「FIFA クラブワールドカップ」の決勝戦で、鹿島アントラーズ(開催国枠・Jリーグ年間チャンピオン)がスペインの強豪 レアル・マドリード(ヨーロッパチャンピオン)と対戦しました。鹿島アントラーズは敗れはしましたが、一時はレアル・マドリードからリードを奪うなど、試合内容に日本のみならず、世界からも絶賛の嵐でした。






第2位【 逃げ恥 】

12月20日、ついに最終回を迎えたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。ムズキュン炸裂で平均視聴率20%越え、有終の美を迎えました。そして、逃げ恥ロスになる人が続出…。



第1位【 柴崎 】

「FIFA クラブワールドカップ」の決勝戦でレアル・マドリードから2得点を奪った、鹿島アントラーズの柴崎岳選手。試合でもツイッターでも注目されました。






この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、2位にランクインした【 逃げ恥 】、そして4位にランクインした【 真田丸 】です。どちらも先日、惜しまれながら最終回を迎えたドラマです。逃げ恥ロス、真田丸ロスなどが出ているようです。





◆街の声

「真田丸見てました、すごい面白かったです。第一話から最終回まで全部見ました。最終回は、やっぱり合戦のシーンがかっこよかったです」(男性)


「とにかくガッキーが、かわいい!かわいい!!かわいい!!!」(女性)


「両方見てました。真田丸は、久しぶりに全話見た大河ドラマでした。戦国時代の話なんですけど、現代社会でも役に立つ事が散りばめられていると思いました。逃げ恥は、ガッキーの可愛さで成り立っているなと。続きが気になっちゃって、早く一週間経たないかなと、どちらのドラマも思いました。続編とかスピンオフとか出ないかな?」(男性)




◆奇跡のコラボ?

速水 (街の声を受けて)「逃げ恥はガッキーの可愛さで成り立っているドラマ」名言出ましたね。万里恵さんは見ててどうでした?。


高橋 もう、毎週、ムズキュンでした。最終回も良かったです。ガッキー(森山みくり)がお風呂場にこもってしまったしまったところに、星野源さん(津崎平匡)が来るシーンがすごく好きです。


速水 あそこね、あそこいいよね。壁がちゃんとあって。みんな最後に自分たちの周りにある壁とか呪縛みたいなモノを解き放って、次の段階に行くんだ。と、最後に向かって今までの伏線が回収されていく。すごく良かったのが、結婚など一つのゴールを作らない、いろんなパターンがあっても良いんじゃないの?というオープンエンドながらもちゃんと終わらせたところ。他には、恋ダンスはすごく流行りました、アメリカ大使館のみなさまが撮ったものなんかもあって、すごく微笑ましかったです。


最終回で一番驚いたのが、真田丸のナレーションをパロディで使っていて「家庭を一つの会社だと考え、共同経営責任者として運営していくという平匡の提案を、承諾したみくり。…」と言うように本物顔負けの作りで。


高橋 合戦が始まった!みたいなね。(笑)


速水 合戦始まっちゃった!(笑)その、パロディ元の真田丸もすごい楽しみにしていたドラマでした。最終回、大阪・夏の陣で豊臣陣営・赤備えの真田陣営が敗れて終わるわけなんですけど、ドラマが終わったらちょうど、FIFA クラブワールドカップの決勝戦でレアル・マドリードと鹿島アントラーズが対戦していて、今度は赤勝て!と応援しました。(笑)






◆続きが知りたくなる

速水 星野源さんが逃げ恥と真田丸に両方出ていて、逃げ恥の第10話(12月13日放送)で、一緒に初めての夜を迎えて、そこでうまくいかなくて逃げ出すシーンがあり、その後、もう逃げない。って帰ってきます。そして真田丸の最終回(12月18日放送)で、徳川秀忠役を演じている星野源さんが逃げ出すシーンがありまして、「逃げないって言っただろ、おまえは!!!」と突っ込みながら見ていました。このへんは、三谷幸喜さんがどこまで見ているか、読んでいるか。逃げ恥の展開を知ってるわけがないと思います。でも、こういう奇跡があちこちで起きていて、両方のドラマを見ていた視聴者のみなさんは、色々な場面でクロスオーバーして楽しめたんじゃないかな?と思いました。僕は、おおいに楽しませていただきました。それと、逃げ恥ロスね…。


高橋 そうなんですよ、逃げ恥ロスですよ、逃げ恥ロス。そしたら、ドラマは漫画の7巻の途中くらいまでで、まだ8巻もあるよ。という情報を聞いたので、急いで本屋に行きました。


速水 あの続きを?ガッキーを頭に焼き付けたまま?


高橋 そう、あと百合ちゃんと風見さんも頭に焼き付けたまま一気読み!


速水 確かにドラマの世界で動き出したキャラクター達の行く末を知りたい。敗れ全滅したかも知れない真田一族の行く末も知りたい。


最近、テレビドラマがダメなんじゃないか?と言われていましたが、今期のドラマは楽しいドラマが多かったので、来期のドラマも期待してます。




◆もう少しだけ楽しめそう












◆ロス者が続々。聖地巡礼も?












『こんなのあったね!名言アワード2016』 「珍言・名言」部門!(2016/12/16)

カテゴリー:1114

今週のトレンドアイズは、リスナーのあなたの投票で決まる『こんなのあったね!名言アワード2016』をお送りしています。


あなたにとって2016年はどんな年だったでしょうか?世相を映し出す名言の数々で、2016年を振り返っていきます。


金曜日は「珍言・名言」部門。クロノスFacebookページで、今年生まれた、8つの「珍言・名言」をピックアップ。投票で決まったトップ3をご紹介します。
そして、名言ハンター・大山くまおさんの注目する「珍言・名言」部門の言葉も伺います。



金曜日も、映画『君の名は。』にも出演、人気声優でアーティストの花澤香菜さんと、アナウンサーの大橋俊夫さんに名言を読みあげてもらいました。




第3位 「今回の騒動とかけまして、いま東京湾を出ていった船と解く、その心は、『航海(後悔)の真っ最中です』」六代目・三遊亭円楽


第2位 「違法ではないが一部不適切」前東京都知事・舛添要一


第1位 「仕事の半分は『仕方がない』でできている、そして残りの半分は『帰りたい』」『逃げるは恥だが役に立つ』沼田頼綱役・古田新太



第4位以下はこちら「こんなのあったね!名言アワード2016」珍言・迷言部門




◆「珍言名言」部門について、名言ハンターの大山くまおさんと考えていきたいと思います


速水 「珍言・名言」部門のTOP3を聞いてみて、いかがですか?


大山 これまでの月曜日から木曜日、花澤香菜さんが何を読むのかは、大体、予想は付いていました。しかし、「珍言・名言」部門は全く予想できませんでした。まさか、古田新太さんの「仕事の半分は『仕方がない』でできている」、そして残りの半分は『帰りたい』」を花澤香菜さんに読んでいただけるなんて思っていませんでした。


速水 やっぱり、不倫の言い訳を読ませるわけにはいかないんですよ。(笑)


大山 逃げ恥は、すごいなと。シナリオも台詞もとても良く、この言葉は珍言というより名言に近いと思います。


速水 ドラマの中で扱われてる「労働」の場面で出てきた言葉ですけど、実社会における「労働」でも当てはまる、大きい言葉ではないかと思います。


大山 そうですね。「帰りたい」という言葉なので、長時間労働が当然絡んでいるわけですよ。


速水 そうなんですよ、いろいろありました。

◆同じ不倫でも対応の仕方で…

大山 そして、3位の円楽さんの言葉。今年は、たくさん不倫のスキャンダルがありました。その中で、対応がとても褒められている言葉ではあるんですが、ちょっと洒落をきかせて、なんとなく煙に巻いた感じがあります…。


速水 煙に巻くってちょろちょろっとごまかすという意味ですけど、ここではキリッと言い切ってますからね。


大山 あと円楽さんがすごいのは、奥さんの話をしたところです。円楽さん自身が「身から出た錆」だと落ち込んでいたら、「錆も味になるのよ」と返した。という話なんですけど。それを円楽さんが自分で言っちゃうところが円楽さんのすごいところでもあると思います。


速水 確かに!


高橋 奥さんが言うから良い言葉なのにね。(笑)


速水 本当に言ってるかどうかも、わからないと言えばわからない。(笑)


大山 ただ、円楽さんと奥さんが2人で、夫婦としてお互いの事を考えた時に、ここで揉めるよりも、こういう言葉をかけた方が、火消しになると判断したのかも知れないですね。


大山 実は、すごい綿密に考えられているかも知れない?


大山 綿密に考えられてた構成が出来ていた会見だったと思います。



◆功績よりも迷言が残る

大山 2位の舛添さんの言葉は、これはもう典型的な迷言です。とんちんかんな言葉。昔の政治家は、のらりくらり逃げてた部分があったんですけど、今はもう通用しないと思います。


速水 いやでも、逆に、舛添さんが何を言ったか、何をやったかは全く忘れちゃったじゃないですか。この言葉だけでも残って良かったと思った方が良いんじゃないかなと、舛添さん。(笑)

◆大山さんが選んだ珍言・名言


高橋 では、ここで、大山さんが選んだ、珍言名言を伺いたいと思います。

大山 はい、こちらです。

「いい人とだけ付き合っているだけでは選挙落ちちゃうんですね」前経済財政担当大臣・甘利明

大山 これも政治家の言葉です。これも花澤さんに読んでもらえるとは思いませんでした。


高橋 良い言葉に聞こえちゃいますね。


速水 そういう事じゃないでしょ。


大山・速水・高橋 (笑)



大山 多額の現金供与を受けていたのではないかと報じられたときの甘利明経済財政担当大臣の辞任会見の時に出た言葉です。この言葉、とんでもない本音だと思うんですよ。


速水 これはもう本音ですよね?


大山 そうです、とんでもなく本音で、ここまであからさまなことを言ってしまうと、身も蓋もない。この言葉、もっと問題になると思っていたんですけど、そこまで問題になりませんでした。ただこうやって、むき出しの本音が出てきてしまう時代になってきたんだなと…。


速水 トランプさんが当選する今年ならではの言葉と言いますか、でも、みんな流してしまうのも良くないですよ。


大山 そうですね、これは覚えておいて欲しいです。こういう発言をしてしまう政治家がいらしゃったということだけでも覚えておいても良いんじゃないかなと思います。




『こんなのあったね!名言アワード2016』「珍言・名言」部門でした。

速水氏も熱くなる“カウコン”とは?(2016/12/9)

カテゴリー:1114

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


12月9日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。





第3位【 逃げ恥 】

絶好調のドラマ「逃げる恥だが役に立つ」が平均視聴率16.9%で今週も自己最高を更新しました。



第2位【 銀シャリ 】

12月4日、ABC・テレビ朝日系列で放送された漫才日本一を決める「M-1グランプリ 2016」で銀シャリが見事優勝しました。






第1位【 和牛 】

こちらも「M-1グランプリ 2016」から。敗者復活戦から決勝進出、最終決戦の3組に残るも残念ながら2位、しかし、ツイッターでつぶやかれた急上昇ワードでは、銀シャリを抑え1位でした。







この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、5位にランクインした【 カウコン 】です。カウコンというのは、ジャニーズ・カウントダウンコンサート(カウントダウンライブ)の事です。先週、今年の開催と出演者が発表されました。






◆街の声

「知ってます。ジャニーズのカウントダウンコンサートの事ですよね。岸孝良(ジャニーズJr.)くんを応援しています」(男性)


「えぇ?カウント婚活?(笑)。わからない…」(女性)


「う〜ん、ジャニーズあまりわからないです。あっ、亀梨くんは好きです。野球が好きなので」(男性)


「歌もダンスも全部カッコイイと思います」(女性)




◆今年の締めくくり&新年一発目のお楽しみ

速水 僕の趣味とも言える「カウコン」。ジャニーズのカウントダウンコンサートの事です。毎年、大晦日の深夜から開催される年越しイベントで、東京ドームで開催する事と出演者の発表がありました。テレビ中継もあります。毎年12月31日に東京ドームでコンサートをしていたジャニーズのアイドルのステージを使って、ジャニーズのアイドル総出でカウントダウンコンサートを行います。最近ではKinKi Kidsのコンサート後が多かったと思います。しかし、今年はHey! Say! JUMPのコンサート後というのが個人的には気になってます。


このカウコン、特徴がありまして、出てくるアイドルは、ほとんど自分たちの曲は歌いません。歌うとしてもメドレーを歌うくらい。何を歌うのかと言いますと、ジャニーズの先輩の歌です。後輩が先輩の歌を歌いどんどん歌い回していきます。そして、最後に大先輩が登場し自分の曲を熱唱します。例年だとマッチ先輩こと近藤真彦さんがそのポジションですが、今年はヒガシこと東山紀之さんだと思います。この構成は、ジャニーズファミリーの先輩後輩の関係性、ジャニーズのピラミッドが垣間見えるのが面白いところです。


面白いところで言うともう一つ、グループの枠を越えて仲の良いメンバー同士が、コンビやグループを組んで歌うのもカウコンならではです。野球大会や運動会もありますし、これは先輩後輩の関係性ではなく、ジャニーズファミリーというか、ジャニーズというのは事務所全体で家族なんだなというのが感じられます。


万里恵さんはカウコン見たことあります?


◆熱い速水氏

高橋 テレビでみてますよ。それより意外だったのが、速水さんが毎年楽しみにしてるというのがホント意外です。


速水 毎年楽しみになっちゃうのはポイントがあって、メッセージが隠されているんですよ!


高橋 あっ、まさかのヒートアップ…。(笑)


速水 今年は、Hey! Say! JUMPのコンサートからカウコンという話をしましたけど、つまり世代交代が行われているんですよ。例えば、クリスマスディナーショーとかも、今までは近藤真彦さんだったのがタッキー(滝沢秀明)になったり。ジャニーズの世代交代を感じます。カウコンの中でもきっと世代交代をイメージさせるようなシーンが出てくると思います。隠れたメッセージを読み解くというのも楽しみの一つです。


そして、期待している事があります。SMAPのファンの方々は、今つらいと思います。ファンの方のみならず寂しいと感じていると思います。が、ジャニーズのアイドルや事務所のスタッフの方々はSMAPを尊敬しているはずです。だから、なにかしらのリスペクトを表すと言いますか、なにかやってくれるのではないかと、今からそんな想像、妄想で胸一杯です。


高橋 今年は楽しみがたくさんありますね。


速水 そう、今年はたくさんあるんですよ。そういうお楽しみ会がカウコンです。


高橋 このカウコンって、終わるの遅いですよね?


速水 大晦日なので大人のファンは電車で帰るけど、若い子や10代のファンは親が車で迎えに来ていたりして、会場の外は渋滞になるんですよ。でも、それがファンも家族総出のイベントだな。っていう感じが良いです。


高橋 今日は、速水さんの熱さが伝わりました。(笑)





◆カウコン発表でツイッターは大盛り上がり

















今年の“NHK紅白歌合戦”の見どころを速水氏が解説!(2016/12/2)

カテゴリー:1114

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


12月2日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。




第3位【 紅白 】

11月24日に「第67回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が発表されツイッターでも盛り上がりました。









第2位【 緊急地震速報 】

11月24日、緊急地震速報が発表され、福島県沖で震度4の地震が発生しました。



第1位【 地震 】

今週も地震が数多く発生しました。







この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、3位にランクインした【 紅白 】です。今年の紅白歌合戦は、世代交代、SMAP、宇多田ヒカルなど話題が豊富。気になっている方も多いのではないのでしょうか。









◆街の声

「チャンネル回しつつパラパラ見る感じですね。途中で良い歌手が出たら見る。そんな感じですかね。KinKi Kidsが初めてって言うのが意外だなと。あとは、星野源ですかね、やっぱり、どんな演出でくるのかな?というところが楽しみです」(男性)


「紅白歌合戦、今年はたくさん見たいと思っています。宇多田さんが出るので注目しています。出て欲しいです、SMAPには是非とも!」(女性)


「今年期待してるのは、初出場になるRADWIMPSさんですね。やっぱ今年は「前前前世」がヒットしたと思うんですけど、それ以外にも名曲あるので、すごいたのしみです」(男性)



◆実況と2週目

速水 紅白歌合戦大好きです。最近は、ツイッターで実況しながら見るのが楽しいです。そして、終わってから2週目を見ます。それくらい好きです。万里恵さんは忙しくて見れないでしょ?


高橋 はい、そうなんですよ。毎年、次の日に仕事があるので、なかなか見れなかったんですよ、でも、今年は放送日が土・日なので、今から楽しみです。


速水 そんな万里恵さんに今年の紅白歌合戦の見所を速水的に解説をしていきましょう。


◆紅白離れは過去の話

まず、紅白歌合戦の視聴率、実は最近の視聴率は良くて登り調子でした。しかし、前回、前々回と伸び悩みを感じています。視聴率が40%を切って紅白歌合戦離れが始まり低迷気味だった時に、アイドルが大勢出場し演歌の大御所と絡むとか、声優やアニメソングのクールジャパン枠を作り、「その路線、新しいじゃん!」と受け、視聴率が回復しました。


前回、前々回の紅白歌合戦、ギンギラギンにさりげなくを歌うマッチ先輩こと近藤真彦さんの姿に当時からのファンは「マッチ、歌うまくなってるじゃん!」と感動したり、松田聖子さんとのトリ対決など話題もありました。僕の大好きな中森明菜さんが出場し、松田聖子さんとの対決的な構図に、当時を知る方々やファンのみなさまは盛り上がったのではないでしょうか、僕は盛り上がりました。しかし、そんなに視聴率伸びませんでした。それは、何故か言いますと、歌謡曲が一番良かった時代、全盛期の80年代に子供だった世代のために作りすぎたところがあったからではないでしょうか。


◆やっぱり注目しちゃう星野源

今年は、宇多田ヒカル、KinKi Kids、PUFFYと90年代後半デビュー組が多く、THE YELLOW MONKEYも初出場です。90年代メインと言いますか、前までの歌謡曲世代から一気に10年〜20年の世代交代を狙っているように思います。このクラスの歌手が初出場というのもすごい話だなぁと思います。


そして、なんと言ってもやはり注目は星野源さん。何をやるのか今から楽しみでしょうがないです。


高橋 恋ダンスですかね?


速水 他局ですけど、みなさんは、恋ダンスを期待しているじゃないですか。でも、NHKで星野源と言えば、真田丸ですよね。その真田丸のクランクアップしたときに、甲冑を着たまま、恋ダンスを踊ったらしいんですよ。っということは…?いろいろ期待、勘ぐりしちゃいますね。もしや真田丸のキャストで恋ダンス???


他にも見所はたくさんありますね。きりがないくらいです。忘れてはいけないのがSMAP。今年いっぱいで解散が決まって、最後の場所はどこだ!?という雰囲気の中、紅白歌合戦に出る出ないどちらも、まだ正式な発表はありません、いろいろな噂があり、ファンのみならず、色々な方が期待していると思います。僕も期待しています。今年も紅白歌合戦に期待してます、楽しみにしています。


◆紅白歌合戦が好きすぎるラジオパーソナリティとして…

って、僕が勝手に楽しみにしているだけです。良いんですよね?勝手に言ってて…。(笑)紅白歌合戦も楽しみですけどTOKYO FMも聴いてください!良い番組多いですよ!!!





◆見るだけじゃなく参加しちゃおう











◆人気のウラトーク、今年もやります!





◆初出場のアーティスト(スタッフ)のツイート