ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

ワールドカップを盛り上げる必需品!出場国のユニフォームの売れ筋トップ3!(2018/6/12)

カテゴリー:1111
null


火曜日は「ビジネストレンド」





ワールドカップ開幕まで、あと2日ということで、いよいよ始まりますね!
今回は、開幕直前、ワールドカップをさらに盛り上げる、このアイテムのランキングです!
『 オンラインサッカーショップ フットボールマックスに聞いた!ユニフォームの売れ筋 トップ3 』
ナショナルチームはもちろん、プレミアリーグ、セリエA、リーガエスパニョーラ(ラ・リーガ)など、およそ1万点のユニフォームを揃えるオンラインサッカーショップ、フットボールマックスに聞きました、ワールドカップ・ロシア大会出場国のユニフォームの売れ筋ランキングです!



第3位 【 アルゼンチン代表 】

伝統と重んじた白と水色の縦のストライプデザイン!
世界最高の選手のメッシをはじめ、トップレベルの選手が数多くいるスター集団ということで、ユニフォームも人気となっています。
お値段は、税込み9990円!



第2位 【 フランス代表 】

深めのネイビーに、肩から腕に沿ったギザギザとした模様が目をひくデザイン。首の後ろに入った国旗のトリコロールカラーがアクセントとなっています。ユニフォームに限らず、トレーニングウェアなども洗練されたカラーリング、デザインで人気!フランスという国のファッション性の高さが出ています。
お値段は、税込み11500円!



第1位 【 ドイツ代表 】

前回大会王者のドイツのユニフォームが1位!
1990年大会に優勝した時のデザインを意識したデザインで、伝統の白を基調に、胸には前回優勝の証、チャンピオンバッジが輝きます!白と黒のツートンカラーなのでいろんな服にあわせやすくとても使いやすいです。
お値段は、税込み9990円!


ということで、『 オンラインサッカーショップ フットボールマックスに聞いた!ユニフォームの売れ筋 トップ3 』でした。

フットボールマックスによると、
やはり今の日本代表の状態がそのまま日本代表のユニフォームの売り行きに影響しているようで、結構、良くない売れ行きとなっているようです…。ただ、今日も試合がありますから、そこで勝ったり、いいプレイが見られれば、当然、ぐんと売れ行きが上がると思います。

ちなみに日本代表だと人気なのは、一番人気は大島僚太選手!イケメンですよね。次に柴崎岳選手!柴崎選手もイケメンですよねぇ!そして、長友佑都選手!髪の毛を金髪にしてスーパーサイヤ人になる!?みたいなことがありましたが、スーパーゴリラだ!と自分で言っていましたね(笑)

イギリスのメディア『スカイスポーツ』が行った投票によるユニフォームのランキングは、
3位、オーストラリア
2位、ドイツ
1位、ナイジェリア
となっています、ちなみに、いまのところ日本は20位です。
そして、なぜ、ナイジェリアのユニフォームが1位かといいますと、先日発表されたナイキ製のナイジェリアのユニフォーム、緑を基調としてV字のマークがたくさん入っていて、モノグラムっぽい感じになっていて、デザインが奇抜でオシャレということで爆発的人気になり、なんと、予約が300万枚!あっという間に完売!!投票でも断トツの1位!!!

ちなみに、メーカー別ランキングは、
1位、アディダスで12ヶ国
2位、ナイキで10ヶ国
3位、プーマで4ヶ国
となっております。

ユニフォーム以外のワールドカップグッズだと、ワールドカップのレプリカトロフィーが人気となっています。


今回は『 オンラインサッカーショップ フットボールマックスに聞いた!ユニフォームの売れ筋 トップ3 』をご紹介しました。

サッカーワールドカップ まもなく開幕!(2018/6/11)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 卓球男子・張本と卓球女子・伊藤がともにワールドツアー初優勝 】

北九州市立総合体育館で行われていた卓球のワールドツアー、荻村杯ジャパン・オープンで、シングルス男子は張本智和選手が、シングルス女子は伊藤美誠選手がともに初優勝しました。張本選手は、リオデジャネイロオリンピックの金メダリスト、馬龍選手を準々決勝で破っての初の栄冠です。


第2位【 メジャーリーグ日本人先発投手4人全員が故障者リスト入り 】

メジャーリーグの日本人先発投手は、カブスのダルビッシュ投手、ドジャースの前田投手がDL入りしていましたが、現地時間8日にエンゼルスが大谷翔平投手のDL入りを発表。右肘の内側側副靱帯の中程度の損傷だということです。
そしてヤンキースは、現地時間9日に田中将大投手のDL入りを発表。先発した前日の試合の走塁で、両脚に張りを訴えてそのまま交代していました。


第1位【 サッカー日本代表 スイスとの親善試合で0-2の完敗 】

今日はこちらの話題を取り上げました。



日本時間9日(土)未明、スイスのルガーノで、ヨーロッパ入りして最初の強化試合、スイス戦が行われました。
先週発表された、最新の世界ランキングは日本61位。これは今回のFIFAワールドカップに出場する国の中で下から3番目。対するスイスは6位で、当然実力差はありますが、西野ジャパンになって2試合連続の完封負けです。この試合について、中西さんはこう解説しました。


大前提として、この時期に監督が変わって時間がない…ということは当然ありますが、監督が今の状況を「上手くいっている。少しずつやりたいことが出来始めてきた。」といったことを言っているんですが、ちょっと我々が見ている限り、そうは見えないかな、と。
僕もいろんな選手のコメントを見ましたが、選手もそう思っているのかな…と感じます。長友選手が言っているのは「難しい、のひと言ですね。これではW杯で勝てない。全てのクオリティが相手より劣っている。クオリティが劣っていることは認めなければならないし、単純にもっとがむしゃらに走れないかな、と思います。」ということです。
いま現在、お世辞にもチームの状態は良いとは言えないのですが、日本代表に希望の光を見いだすとすれば、今が一番苦しい練習をしているときなので、体力的に疲弊した状態でプレーしている、ということが挙げられます。そして、西野ジャパンが出来上がってからまだ2試合目ということなので、チームが出来上がってくればここからまだ良くなる、と考えることも出来ると思います。ただ……どうなんだろ…?「相手に手の内を見せていない」と言いたいところですが、別に負けて欲しいわけでもないですし、頑張って欲しい!結果を出して欲しいんですけれど、今のままじゃ非常に厳しいのかなぁ、という感じですね。


国民的声“しんちゃん”降板!(2018/6/8)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2018年6月8日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。





第3位【 ルナール 】

大人気ソーシャルゲーム『グランブルーファンタジー』に登場するキャラクターです。5月31日にから期間限定のイベント「ハンサム・ゴリラ」が開催中!このイベントで、ルナールのアイテムが入手できるということでツイッターで盛り上がっています。





第2位【 グラブル 】

こちらは、『グランブルーファンタジー』の略称です。



第1位【 ゴリラ 】

グラブルで開催中のイベント「ハンサム・ゴリラ」は月末恒例となっていて、毎回様々な特典で話題を集めています。今週は、グランブルーファンタジー関連のワードがTOP3独占となりました。





この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、
今週番組でピックアップしたのは、6月1日の急上昇ワードで3位になった【 しんちゃん 】です。
人気アニメ『クレヨンしんちゃん』の声優、矢島晶子さんが突然の降板を発表。アニメ、声優業界に限らず衝撃が走りました。





◆街の声

「驚きました…。無理に作っていたなら何とも言えないんですけど、ちょっと寂しい感じはします」(女性)


「しんちゃんってあの声が印象的なので、声優さんは女性なので、しんちゃんの男の子の声を出すのは大変なのかなと思いました」(女性)


「長い間しんちゃんの声を担当されていて、私たちも毎週楽しませていただいていたので寂しいけど、本人が決めたことなのでそれが一番良いのかな」(女性)


「聞き慣れたしんちゃんの声が変わっちゃうのはちょっと寂しいけど、ずっと、私たちのしんちゃんだ!っていうのかな…。長い間、お疲れ様でした」(女性)



◆国民的声の交代の難しさ

速水 クレヨンしんちゃんの主演声優の矢島晶子さん、6月29日放送をもって降板ということなんですが、26年3ヶ月もしんちゃんの声をやっていました。クレヨンしんちゃんは、ちょっと大人向けの漫画雑記『漫画アクション』で連載していました。ちょっとというか、かなり大人向けかな。そこで連載していた漫画のキャラクターを、子どもの人気者にしたのは、この声ですよ!声があのキャラクターを作ったというのがすごい大きい事で、街の声のみなさんも、大変だったんだろうなとコメントしていましたね。


矢島さんがどういう理由で降板するかというとですね、自然にしんちゃんの声を出すのが難しくなった。ものすごく作り上げている中で、身体を削って、気持ちを削って作り上げてたもの、それでも自然に出ないと声って自然に出せないんだみたいなことをおっしゃっているんですよ。作って、作って、作り上げたモノをずっとやっていくわけにはいかないんだということを言っていて、深い理由で降板を決めたんだなと思いました。


今回、ちょっと比較してみたいのが、長く一つの声をやっていてそれが変わったケースでいうと、ドラえもんがありますよね。大山のぶ代さんから水田わさびさんに変わったわけですけど、もうそれも13年経っているわけですよ、さすがに最近、慣れたよね?と言いますけど、いやいや、それって13年経ってるから!って…(笑)。10年目くらいのところで認める人とかもいるわけで、非常に個性的な声の次の代、次の声優さんは本当に大変だなと思います。ドラえもんの声をやっている水田わさびさんの事をちょっと調べてみても、あまりドラえもん以外たくさん手掛けるわけでもないんですよ、昔は、ひとりの声優さんがあれもこれも使い分けてアニメをやっていた時代がありましたけど、1年とか短いスパンでやっていた時代とは違いますしね。今回のクレヨンしんちゃんでも問題になっているのが、しんちゃんの声を利用したCMであるとかタイアップや映画などたくさん仕事があるので、そういった方面への対応を含めた仕事がすごい大変ということ。しかも、声優さんもこの仕事一つやることで、このクラスの主演役になると他もあれもこれも仕事をしているような状況ではなくなってしまうんだろうなという事も優に想像できるわけなんですよね。


今のところ、話の半分近くが水田わさびさんのことになってしまってますが、本当に国民的な声というと、それこそクレヨンしんちゃんの家族、あの家族が春日部で車を所有していて専業主婦で、今の家族像には合わないんじゃないかみたいなことを言われるくらいになっていて、これはどういうことかというと、国民的な家族像、かつてでいうとサザエさんみたいな存在になっているということなんですよ。その声を一身に背負ってきていた矢島晶子さん、本当にこれはお疲れ様なんです。そして、その声を次にね、7月以降の声、声優を誰がやるか決まってない、わからない、今、水面下で探していると思います。水田わさびさんがドラえもんを使い分けたように、また別の全然前のキャラクターと違う声にしながら、みんながしんちゃんとして認める声していくのかな?それをやらないといけない次の声優さん、本当にこれは大変だと思います。すごい重要な仕事です。とかプレッシャーかけるようなことばかり言ってますけど、期待集まっています。どんな声になるのか楽しみですね。



◆ファンアートでお疲れ様!














◆次のしんちゃんに応援の声も不安の声も

















«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |...| 627 | 628 | 629 || Next»