ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

活躍が光る10代選手、続々!(2017/6/5)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 プロ野球、巨人が球団史上3度目の10連敗! 】

第2位【 サッカー・ヨーロッパチャンピオンズリーグ、レアル・マドリードが史上初の連覇! 】

第1位【 卓球男子、13歳の張本智和選手快進撃! 】


ドイツ・デュッセルドルフで行われている卓球の世界選手権・男子シングルスは、日本時間の6月5日早朝に準々決勝が行われました。
今大会の2回戦でリオ・オリンピックの銅メダリスト、日本の水谷隼選手と対戦し勝利した張本智和選手。3回戦では「水谷さんの前で負けられない」と、台湾の選手に圧勝!土曜日に行われたスロバキアの選手との対戦では、相手選手の“じらし”や微妙な高さのサーブにも負けず勝利。そして、今朝の準々決勝に臨みました。
史上最年少の13歳で世界のベスト8入りした張本選手と中国の許義手との対戦。残念ながら張本選手は1-4で許義手に敗れました。


張本選手の誕生日は6月27日で、まだ中学2年生。勉強は飛行機の待ち時間や、寝る前に30分くらい時間を取ってやっているそうです。「100年に一度の逸材」と言われている張本選手ですが、今回の代表入りは放送局のツイッターで知ったのだとか。東京オリンピックに向けて期待のホープですが「人間性も卓球も全てが一流じゃないと、金メダルは絶対取れない」という大人なコメントも残しています。


そして10代の活躍といえば、このコーナーでもたびたびご紹介しているFC東京の久保建英選手。きのう、16歳の誕生日を迎えたばかりの久保選手は、15歳でJリーグに最年少出場し、最年少での得点、飛び級での代表選出など数々の話題がありましたが、誕生日を迎えるにあたり「過去を振り返るのではなく、16歳は飛躍の年にできれば」とコメントしています。


中西さんは、若い世代の活躍についてこうおっしゃっていました。
「ほかにも、18歳・高校3年生の清宮選手が高校で100本ホームランを打った、という話題が今日の新聞の一面に掲載されていますが、最近は彼らの世代に突き抜けた選手が出てきています。彼らは、期待されたプレッシャーの中でしっかりと結果を出してくる選手なんですよ。で、彼らが何を考えているかということなんですけれど、やっぱりひとつ大きいのは、自分で自分の限界を設定していない、ということ。あともうひとつは、言い訳に逃げない。自分自身をちゃんと追い込んだ上で、ちゃんと力を出す。それがプレッシャーの中で力を発揮できる要因なのかな、と思います。」


2020年の東京オリンピックに向けて、若い世代のますますの活躍に期待しましょう!!今日は、めざましい活躍を見せる10代の選手に注目しました。