今月ご乗船いただいているのは、プロ野球選手の川崎宗則さんです。

川崎さんは、2011年まで福岡ソフトバンクホークスに在籍。
その後、メジャーリーグのシアトル・マリナーズ、トロント・ブルージェイズで活躍され、そのハツラツとしたプレーと明るいキャラクターが特徴です。

今月は、4週に渡って川崎宗則さんのお話をうかがっています。
第4回目は、「カナダ・トロント」のお話を伺っていきます。


ー 『ジャスト・プレー・ベースボール!』それだけです! ー



干場「シアトルマリナーズの後に所属されたのが、トロント・ブルージェイズ。チームのムードメーカーとしても様々なメディアに絶賛された川崎さんです。
『ブルージェイズは決して恐れない』と語った英語のインタビューは、日本でも大きな話題になりました。その時って、どんな感じでしたか?」

川崎「あれ、実は毎日試合前に言ってることなんですよね。チームメイトはいつも聞いてる事という感じで、ただ、テレビは初めて聞くから、”日本人が面白いことを言ってる”となるけど……。試合に出ない補欠の日も言ってるんですよ(笑)。年間20億もらっているやつの目の前で言うもんだから、みんな頷いているんですよ(笑)。
周りから見たら、”お前がいうことじゃねーだろ、補欠のくせに”ってね(笑)。俺が毎日言うもんだから、みんな無いと不安になっちゃって『カワ、今日はないのか?』って、監督にも言われるんですよ(笑)」

干場「それは嬉しいでしょうね。みんなは、それがないと寂しいわけじゃないですか。一言を求められるんですか?」

川崎「よくありますよ。移動のバスの中とか、みんなから『新人、1曲歌え』とか『自己紹介しろ』とか、あるんですよ」

干場「1曲歌えもあるんですか!何か歌うんですか?」

川崎「みんな歌ってますよ。僕は2012年、歌いました。それから、新人でもないのに毎回呼び出されるようになっちゃって(笑)。『俺、3〜4年いるんだけど』ってみんなに言っても、『とりあえず、来い』みたいな。挙げ句の果てに新人の歓迎会で、『おまえが、仕切れ』みたいになって」

干場「めちゃくちゃですね(笑)」

川崎「やれと言われたからには、マイクを持って『ルーキー出てこい!』って言って、『彼女はいるんか?』とか『初体験はいつや?』とか、聞くんですよ(笑)」

干場「それ、めちゃくちゃ盛り上がりそうですね」

川崎「これが、めちゃくちゃ盛り上がるんですよ(笑)」

干場「では最後に、川崎宗則選手にとって、旅とは人生においてどんなインスピレーションを与えてくれるものでしょうか?」

川崎「旅はしたほうがいいと思いますよ、特に海外の旅は素敵だと思います。やはり日本のことを好きになると思います。日本人の素晴らしさ、教育の素晴らしさが分かる。なおかつ、”日本って、ちっちぇーな”って思いますよ。今まで悩んでいた悩みが、案外、ちっぽけになることもあります」

干場「やはり、海外に出られてみて大きさを感じて、アメリカなんて特にそうですよね」

川崎「アメリカなんて特に大きい国なので、日本にいたときの悩みなんて、”なんじゃこりゃ?悩む必要ないじゃないか”と、思いますね」

干場「後輩とかにも、よく聞かれると思うんですね『ムネさん、聞いてくださいよ』って。そういう時はどうするんですか?」

川崎「技術的な悩みはちゃんと答えますよ。あとは『ジャスト・プレー・ベースボール!』それだけです!」


「クルーズは食べ放題と聞きますが、いつでも食べられるのでしょうか?
また、大浴場のように、みんながワイワイ入れるお風呂はあるのでしょうか?」


保木「4月25日からプリンセス・クルーズが日本の発着を始めるんですけど、基本的に大きなお風呂がついていて、水着を着ていただかないといけないんですけど。
その他にお食事は24時間、いつでも、どこかで何かは食べられますね。ルームサービスもご利用いただけます。
一部有料の場合もありますが、船のどこかで必ず何かは食べられますので、お腹が空いちゃうっていうことはないですね。

潮風を受けて、リラックスしているという事もあるので美味しいんですよね。
プリンセス・クルーズの場合、お酒など、料金に含まれるもの、含まれないものがあるんですけど。基本、お食事は3食含まれていますし、ルームサービスなどもご利用いただけます。
人気の航路は、早めにご予約された方がいいと思います」