今月ご乗船いただいているのは、日本、そして世界で走る楽しさを普及している、マラソンランナーの谷川真理さんです。

第4回目の旅先は、「イタリア・フィレンツェ」についてお話を伺いました。


ー 常に今を大事に生きる ー



干場「フィレンツェもマラソン大会で参加されたんですか?」

谷川「そうですね、100キロマラソンですよ(笑)」

干場「100キロですか!?」

谷川「もう、”一回で十分だ”と思いました、長すぎでした(笑)。ヨーロッパの100キロマラソンのチャンピオンシップと言って、100キロマラソンのスペシャリストの人がきていたんですよ。
私は、走り始めて10年の節目ということで、番組のドキュメンタリーで行ったんですね」

干場「フィレンツェの田畑風景を走っていくんですか?」

谷川「ファエンツァというところをご存知ですか?フィレンツェでスタートして、980メートルくらいの山越えをして、ファエンツァという陶器の街、そこがゴールだったんですよ」

干場「ちなみにいつごろ行かれたんですか?」

谷川「9月くらいじゃないかな?わりと暑い時期でしたね。スタート地点で34度くらいでした」

干場「夏のフィレンツェはめちゃくちゃ暑いですからね」

谷川「だから温度差がすごいあったんですよ。980メートルの山に行って、また下山してくる感じだったので」

干場「高低差もありますもんね」

谷川「昼間の3時スタートで、私は今日中にゴールしたいと思ったんですね。
夜の9時くらいから暗くなるんですけど、カメラがついていたのでライトをつけていただいて、その中で走っていて。
途中、70キロくらいで女子でトップになっちゃったんですよ」

干場「うわ、すごい!」

谷川「”こんなところでトップになっちゃって、いいのかな?”って思ったんですけど、やっぱり甘くないですね。
80キロくらいから、1人抜かれ、2人抜かれ、結局9番だったのかな」

干場「9番でもすごいですよね」

谷川「一応、その日中のゴールで夜11時53分でゴールしたの。8時間50分くらいですね」

干場「8時間50分もずっと走ってるんですか!」

谷川「本当にくたびれました(笑)。ゴールしてトイレに行ったら血尿がすごくて、それだけ体が酷使されていたんですね。
次の日も、トレヴィの泉のちょっとした階段も降りられず、階段は全部おんぶして回ったという…そんなこともありました(笑)」

干場「それはまた過酷な思い出ですね(笑)。ご飯とかはどうするんですか?」

谷川「内臓も疲れていたんですけど、”終わった!”という開放感の嬉しさのあまりパスタは食べてましたね(笑)。
イタリアはどこに行ってもパスタが美味しい、ハズレが絶対になかったので感動しましたね。
あとはフィレンツェに戻ってきて、フィオレンティーナっていうTボーンステーキを食べましたね」

干場「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナは、めちゃめちゃ美味しいですからね!」

谷川「私は、骨の際を食べたいんですよ。
だから、食べやすいところはみんなに渡して一番骨の際だけを落として。そこをいただいてました(笑)」

干場「谷川さんの人生において、旅とはどんなインスピレーションを与えてくれるものでしょうか?」

谷川「今まで見たことなかったものが新しく見える、要は新しい出会いがある」

干場「それは人であり?」

谷川「人であり、食であり、景観であり…匂いだし、五感だし」

干場「やっぱり、いろんなところで走りたいイメージもあるんですか?」

谷川「それはあるかもしれない。だんだん、足も膝も悪くなってきたりしているので。そうすると自転車とか、バイクもいいなって。
自転車だともっと遠くに行けるというところで、自転車も挑戦してみたいかなと思ったりもするんですよね」

干場「谷川さんの、2017年の抱負を聞かせていただきたいです」

谷川「”常に今を大事に生きる”ですね」

「素敵なクルーズ情報」

保木「最近は寒いので、どうしても気持ちは常夏の島っていうイメージを持ちますよね。
今日お知らせしたいのは、ハワイ4島、クルーズとゴルフの旅です。
ジェットアンドスポーツという所がやっていて、この会社はゴルフに特化している旅行代理店なんですよ。
例えば、マスターズの観戦ツアーとかもやってるんですけど、ハワイ4島クルーズも長いことやっているんです。
いつも添乗員がついていて、きめ細かな対応をされているので安心ですね。4島全部でゴルフって、なかなか出来ないじゃないですか。
2月25日〜3月6日までの10日間と、次が5月13日〜5月22日までの10日間ですね。
飛行機代、船、ゴルフ5ラウンドついて、89万8000円ですね。
ご興味のある方は、『ジェットアンドスポーツ』で検索してみてください。お問い合わせしていただくと、優しく対応していただけると思いますよ」