今月ご乗船いただいているのは、狂言師の野村万蔵さんです。

野村万蔵家の9代目当主として、国内はもちろん海外でも公演を行い
能楽の普及や発展に邁進している野村さん。

さらに、現代アーティストとコラボレーションしたり、狂言とコントを融合されたり
昨年はNHK大河ドラマ「西郷どん」に出演されるなど、多岐にわたって活動されています。

そんな、野村万蔵さんに旅のお話を伺いました。


null
干場「この船に乗っていただいたゲストのみなさんには、『ご自身の旅のお話』をしていただいているのですが、今日は最終日ということで、どちらへ行かれたお話を聞かせていただけますか?」

野村「今日は、ドイツから東へ渡って行った時の順繰りに行った話をしましょうか」

干場「東へ?」

野村「東ドイツの東隣のポーランド。ポーランド東、バルト三国ですね」

干場「これもやっぱり海外の公演ですか?」

野村「そうですね。これは能楽協会という、我々の能狂言のプロが所属している一番大きな公益社団法人ですけど。これがメンバーを選んで、各国を回った時の話ですね」

干場「一番印象に残ってる国はありますか?」

野村「リトアニアかな?」

干場「国としてはどんなイメージなんですか?」

野村「事前のイメージと全く違っていて、開けてなくて、旧ソ連で迫害されてて、そんなイメージかと思ったら全然違う。綺麗でメルヘン、おしゃれなんですよ」

干場「そんな綺麗な感じなんですか」

野村「首都のヴィリニュスだったかな? そこの中心部にいたので、そこは綺麗な街並みでした」

null
干場「イメージと全然違ったってことなんですね。国民的にはどんな感じなんですか? ドイツとかポーランドみたいな?」

野村「ドイツは皆さんのイメージ通りですね、真面目で、大柄で、日本と同じで時間は守ってくれるし、勤勉だし、もちろん優しい、丁寧、全体的にそういうイメージですね。
ポーランド行ったら、ポーランドのイメージは女の子が可愛い」

干場「それも意外な感じですけどね。ドイツの近隣諸国っていうと、本当に身長が大きくて体格が良くて…」

野村「ドイツは大きいですよ、ドーン!という感じで。綺麗な美人を日本人にしたような、背を少しこじんまりと160センチくらいの」

干場「そうなんですか!」

野村「それで日本が大好きなんですよ。ポーランドは日本食料理も多いですし、親日ですね。
そのあとリトアニア行くんですけど、僕ね、ポーランドからリトアニア行くのに、もちろん前の日飲んでたんだけど(笑)。
飛行機で、ほんと1時間もかかんないぐらいの感覚だったので。スーツケースにパスポート入れたまま乗っちゃったんですよ。それで入国できなくて(笑)」

干場「それってどこで気付くんですか?」

野村「リトアニアに入る時(笑)。俺は国内旅行のつもりで行って、みんな『パスポート無いと入れないよ!?』って(笑)。
スーツケースが何十分後かに出てくるでしょ? 壁越しに話をして、僕の暗証番号を教えて、スーツケースからパスポートとってもらって上から投げてもらって(笑)」

干場「それで入れたんですか?」

野村「入れました(笑)。
その時に迷惑かけた皆さん、ごめんなさい(笑)。皆様お気をつけ下さいね、近いと言っても国が違ったらパスポートいりますからね」

干場「それはそうですね(笑)」

null



「クルーズ情報 - クルーズでの一人旅について」

くぼこまき:今日はクルーズでの一人旅についてお話したいと思います。クルーズの中の船室は基本的に2人1部屋で使います。
一人旅で使う場合は、二人部屋を1人で使うことになるんですけれども。割増料金が必要になってしまうんですけれども可能です。なので、意外と1人で旅している方はいらっしゃいます。
基本、割増料金は船会社によって割合が変わってくるんですけれども、大体1.6倍〜2倍ぐらいの費用を見ていただければ大丈夫かなと思います。ただノルウェージャンクルーズという船会社の船はですね、シングルルームを用意しています。
ストゥーディオというサイズの一人部屋があるんですけれども、宿泊料金も二人一部屋の値段よりも安く設定しているので、とてもお値打ちに手軽に船旅を楽しんでいただくことができます。けっこう人気で、早いうちに完売しちゃうことも多いんですね。
“一人旅、することないじゃない”と思われる方もいらっしゃるかもしれないんですが、クルーズ船の中でいろんなイベントとかがあって参加しているとけっこう知り合いとかが増えてきたりですとか、お友達も増えますし。
一人部屋がある船会社は、一人用のイベントが用意されてる場合もあるんですね。なので、ご心配なくご参加いただければいいんじゃないかなと思います。