今月ご乗船いただいているのは、コラムニストの中村孝則さんです。

その日本人離れした佇まいや、ファッションセンスはテレビなどでもおなじみです。
ファッションや旅、そしてお酒やシガーなどの嗜好品にも広い知識をお持ちの方です。

お仕事で海外を飛び回っていらっしゃる中村孝則さんですが、クルーズの旅の経験も豊富です。
中村さんに、ラグジュアリーな旅のお話をうかがっていきます。


ー 地球の色んな出来事が逆に見る事が出来るんですよ ー



干場「中村さんと言えば、色々なクルーズに行かれていると思いますが、今日はクルーズのお話を中心に伺っていきたいなと思います。だいぶ若い時から船に乗っていますよね?」

中村「いわゆる豪華客船というものに初めて乗ったのが2002年、それも取材で乗ってみないかと言われたんです。黒海一周で10日間くらいでした」

干場「それまでに抱いていた船旅のイメージと、実際に船旅をしてみてどうでしたか?」

中村「揺れるんじゃないかとか、暇なんじゃないかとか、クルーズに先入観があったんですよ。色んな事を思っていたけど、まったく逆でしたね」

干場「クルーズの魅力はどんなところにありますか?」

中村「一言で言うと、地球の見方が逆転するところですね。要するに海視線になるんです。そうすると、地球の色んな出来事が逆に見る事が出来るんですよ。飛行機は、空を飛んで都市と都市を結んでいきますよね。船旅は船で移動するので、地図を見る時に港、海からの景色で見ていくんです。地球を見る時に、海の形を見ていくようになるんですよ。黒海クルーズをした時に、イスタンブールからボスポラス海峡に行って、ブルガリア、ルーマニア、ウクライナ、クリミア半島に行って、一周したんです」

干場「それって、何ヶ国くらいなんですか?」

中村「黒海は7ヶ国あるんですけど、船じゃないと行けない所って沢山あるんですよ。それは船旅ならではの魅力だと思います。海から見る地球の地図が変わってくるというんですかね、クルーズをしていると色々な事が繋がって来たりしますね」

干場「船旅では、どんな風に過ごされているんですか?」

中村「僕は船の中だけで過ごす時間を、必ず何日かとるようにしているんです。僕が好きな場所は、シガーバーです。ちょっとした船だったら、シガーを吸う場所を設けているんですよ。シガーっていうのは1本30分〜2時間くらいかけて吸うものがあります。時間があったら吸おうじゃなくて、考え方として、そのために時間を作ろうというものなんですよ」

干場「なるほど」

中村「それって船旅のモチベーションにもなりますよね。そこは、また同じ様な人達が集まってくるんですよ。「君、同類の人だね」となって(笑)、シガーを交換したり。そういうのも、また楽しいですよね。他にもバーに行ったり、ライブラリーに行ったり、そうやってゆっくり過ごすのが、僕はわりと気に入った過ごし方ですね」

干場「最後に「旅」とは、中村孝則さんの人生において、どんなインスピレーションを与えてくれるものでしょうか?」

中村「自分自身が目醒める感覚ですね。潜在的に自分の中に眠っているものの扉を開く感じです。新しい発見をしたくて旅をしているんだと思うんですけど、その発見って自分の中に眠ってる扉を開く事なんだと思うんですよ。自分が目醒めない限りはどんな珍しいものに出会っても、それって本当の感動じゃないと思うんですよ。開いて来なかった自分自身の扉が開いた瞬間が、旅の醍醐味なんだろうなと思います。だから、僕にとって旅とは目醒めなんですよね」







「クルーズ船はいつ頃出来て、日本にやってきたのでしょうか?」

保木「クルーズは飛行機がポピュラーじゃなかった時代の移動の手段でした。
1970年代からカリブ海を中心に、周遊、滞在型のクルーズ船が出来て、カーニバルクルーズのもとがそこから始まったんです。
当時、カリブ海は色々な島が色々な国の植民地でした。そのあたりから、クルーズ船は移動のために発達したんですね。

1980年から、カジノ目的のクルーズ船がポピュラーになっていき、日本に来たのは1990年代ですね。
クルーズって、日本の方にはまだまだ馴染がないですよね。
昔、日本には日本郵船や商船三井とか、小さな客船はありましたけど、
どんどん大型化して、アジアのマーケットも広がっています。

これからオリンピックに向けて、もっともっと大型船が日本にやってくると思います。
ホテルを作らなくても、客船をホテル代わりに使う会社も出て来ると思いますね」