ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

番組が選んだ今週の「ウィークリーパーソン」は…(2012/4/27)

カテゴリー:1114

金曜日は、番組がその週で最も注目した人物にフォーカスする「ウィークリーパーソン」!
ジャンルを問わず、"感動"や"驚き"を与えた人物に注目します。


今週、番組が注目したのは、この4組です。
■メジャーリーグ、マリナーズ戦で完全試合を達成したホワイトソックスのハンバー投手
■強豪レイズとマイナー契約!ようやく今季の所属が決まった、松井秀喜
■ハワイで行われた米女子ゴルファーのロッテ選手権で、今季初勝利を挙げた宮里藍
■ドイツ1部リーグ優勝に大きく貢献!移籍動向が注目されるドルトムントの香川真司



facebookページでの皆さんの投票では1位 香川、2位 松井となっていますが、
今週、中西哲生が注目したのはこちら!



アメリカ女子ツアーで今季初勝利!宮里藍

アメリカ女子ゴルフツアーのロッテ選手権、最終日を単独首位でスタートした宮里藍。
強風の中、4バーディー2ボギーの70とスコアを伸ばして、通算12アンダー、
2位に4打差をつけて、今季初優勝を挙げました。



去年7月のエビアン・マスターズ以来となるアメリカツアー通算8勝目で、4シーズン連続の米ツアー優勝
となりました。素晴らしいですよね。ゴルフで毎シーズン勝つのは、相当難しいことですからね。
今シーズンは開幕から、良いゴルフをしていた宮里選手。最終日を首位で迎えるのは今季6戦中3度目!
これがまずスゴい!過去2回はいずれも2位だったんですよね。
「うれしい。今季はいいプレーが続いていたけれど、優勝になかなか届かず、やっとかみ合ってくれた。」
というふうに、試合後にコメントしています。



とくに際立ったのは終盤の強さですね。強風の悪コンディションの中、一時はムニョスらに並ばれたんですが、
バンカーに打ち込んだ12番を絶妙な寄せでボギーでしのぐと、13番からボギーなしで3バーディー。
宮里藍選手は、追い込まれたときに落ち着いたプレイができるのが、素晴らしいところだと思いますね。
落ち着いて安定感があるスイング。ヤニ・ツェン選手のスイングを見ると、速くて綺麗なスイングなんですが、
宮里選手の場合は、「世界一スローなスイング」だと、アメリカのメディアに言われています。
始動からフィニッシュまで約2.6秒。我々が見ても、けっこうゆっくりなんですよ。
世界ナンバーワンのヤニ・ツェン選手のスイングと比較されること自体、すごいことです。
飛距離では敵わなくても、「マイペース」は宮里選手の一番のいいところだと思います。
「パットやショートゲームが決まれば、これだけかみ合ったプレーができるとあらためて自信になった」と、
インタビューで答えていました。これで世界ランキングも8位から5位に上昇しています。



年間最優秀選手を目指して、頑張って欲しいと思います。
今週の「ウィークリーパーソン」は、アメリカ女子ツアーで今季初勝利を挙げた、宮里藍選手に注目しました。


番組が選んだ今週の「ウィークリーパーソン」は…(2012/4/20)

カテゴリー:1114
null

金曜日は、番組がその週で最も注目した人物にフォーカスする「ウィークリーパーソン」!
ジャンルを問わず、"感動"や"驚き"を与えた人物に注目します。


今週は、この4組をピックアップしました。
■49歳でメジャー勝利の最高齢記録を打ち立てた、コロラドロッキーズ・モイヤー投手!
■ドイツ代表待望論まで浮上!地元メディアも絶賛する、
 シュツットガルトのサイドバック・酒井高徳!
■俳優・市民活動家に続き、今度は太陽光発電会社に就職した山本太郎!
■お悩み解決!何度でも毛が生える細胞の実験をマウスで成功させた、東京理科大・開発チーム!


facebookページでの皆さんの投票は1位がモイヤー、2位が東京理科大・開発チームでしたが、
今週、中西さんが注目したのはこの方!


米メジャーリーグ、コロラドロッキーズのジェイミー・モイヤー投手!

今週は日本とアメリカでそれぞれ、40代のベテランが新たな歴史を刻みました。
4月15日には、中日の山本昌投手が阪神相手に勝ち投手となり、
46歳で「プロ野球最年長先発勝利記録」を更新したばかりですが、その3日後には
アメリカでも、コロラドロッキーズのジェイミー・モイヤー投手が魅せました。
この日、モイヤーはパドレス戦に先発、7イニングを6安打2失点に抑え、2シーズン振りに勝利投手となりました。
このときモイヤーは【49歳と151日目】これは、1932年に当時ドジャースに所属していた
ジャック・ワインが作った【49歳と74日】という記録を破り、80年振りのメジャー記録更新となりました。


モイヤーは長い選手生活の中、2010年末に左肘を故障し、選手生命の危機に立たされました。
すぐに手術を受けたものの、昨年は一度も登板の機会がなく
結果、今季はメジャー契約を結ぶ球団が現れず、ロッキーズとマイナー契約を結びました。
キャンプから背水の陣で臨んだモイヤーは、ベテランらしい巧みな投球術を駆使して
再びメジャーのマウンドに戻ってきました。


モイヤーの投球はそれほど速くなく、最速で79マイル(約127km/h)と、高校生より遅いくらいです。
しかしながらモイヤーは、カットボール・スライダー・チェンジアップなどを
丁寧にコーナーに投げ分け、打者を翻弄。まさに“匠の技”!粘りのピッチングでパドレス打線を抑えました。
モイヤーはこの歴史的勝利のあと、白髪がまじった髪をかき上げながら、嬉しそうにインタビューにこう答えました。
「私はいまだに夢の中を生きている。情熱はまだある。」


中西さんはこのモイヤー、そして山本昌投手の活躍について
「僕も含め、40代という世間的には“おじさん”と言われている世代ですが、
 おじさんだってやれば出来るんですよ…!ということを示してくれたと思いますね。」とおっしゃっていました。


今週の「ウィークリーパーソン」は、49歳でメジャー勝利の最高齢記録を打ち立てた
ジェイミー・モイヤー投手に注目しました。


番組が選んだ今週の「ウィークリーパーソン」は…(2012/4/13)

カテゴリー:1114
null

金曜日は、番組がその週で最も注目した人物にフォーカスする「ウィークリーパーソン」!
ジャンルを問わず、"感動"や"驚き"を与えた人物に注目します。


今週は、この4組をピックアップしました。
■史上10人目となるJ1通算100ゴール目を達成した、サンフレッチェ広島・佐藤寿人!
■ゴルフの男子アメリカメジャー「マスターズ」を制した、バッバ・ワトソン!
■5失点とメジャーの洗礼を浴びながらも初勝利を手にした、レンジャーズ・ダルビッシュ有!
■調教再審査に合格し、天皇賞へ出走する最強の暴れ馬、オルフェーブル!


facebookページでの皆さんの投票は1位が佐藤寿人、2位がダルビッシュ有でしたが、
今週、中西さんが注目したのはこの方!


バッバ・ワトソン!

アメリカ・ジョージア州オーガスタで行われた、ゴルフのメジャー大会「マスターズ」で
プレーオフの末メジャー初優勝を遂げたのが、バッバ・ワトソン。
プレーオフ2ホール目は、第1打を右の林に打ち込んでピンチになりましたが、
ここで強烈なフックをかけた第2打をグリーンに乗せるミラクルショットを放ち、2パットでパーに。
このホールをボギーとしたウェストヘーゼンを下して、初優勝を決めました。
このときは、キャディー、そして駆けつけたお母さんと抱き合って、肩を震わせての男泣きでした。


バッバ・ワトソンは、派手なピンクのドライバーがトレードマークの飛ばし屋で、
平均飛距離はアメリカツアー選手の中でもトップの[316.9ヤード]。
しかもただ飛ばすだけではなく、ドライバーが300ヤード以上飛んだ場合は
300ドルをがん撲滅基金に寄付しているのだそうです。
ちなみに彼は、東日本大震災のときも5万ドルを寄付しました。


バッバ・ワトソンはフロリダ出身の33歳。父親の影響でゴルフを始め、ジョージア大卒業後の24歳にプロに転向。
2006年からアメリカツアーに参戦して、2010年に初優勝。去年までにツアーで3勝しています。
平均飛距離ナンバーワンの飛ばし屋ですが、プロ転向後の3年間は「下部ツアー」で下積み生活を送った苦労人。
下部ツアーからの叩き上げでマスターズを制したのは史上2人目だそうです。
そして、左利きでマスターズを勝ったのは史上3人目。
“バッバ”は、アメリカでは「身体の大きな長男」につけられる愛称。その愛称通り
1メートル92センチ、92キロととても大きな選手です。
妻のアンジーさんは元プロバスケット選手で、ふたりは先月末に生後1ヶ月の男の子を養子に迎えたばかり。
バッバは優勝後「早く家に帰って、妻と息子に報告したい。おむつも替えてあげなくちゃ。」と語っていました。


中西さんは「今回のマスターズ、日本勢はアマは松山選手、プロは石川選手が出場したんですが、
なかなか難しいですね。日本人選手が男子ゴルフの4大メジャーを優勝するとか、
テニスのグランドスラムを優勝する、F1のワールドチャンピオン、あとはサッカーのワールドカップ優勝
僕が生きているうちに全部見たいです!若い皆さん、何とかしてください!!」
とおっしゃっていました。これからの日本人選手の活躍にも期待しましょう。



今週の「ウィークリーパーソン」は、マスターズで優勝したバッバ・ワトソンに注目しました。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 111 | 112 | 113 |...| 129 | 130 | 131 || Next»