ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

作り物ではない子どもらしさを描く“さくらももこ”さん(2018/8/31)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2018年8月31日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。




第3位【 みやぞん 】

ANZEN漫才のみやぞんさんが、日本テレビ系列で先週放送された夏の風物詩、『24時間テレビ』で、番組初の試みだった24時間トライアスロンチャレンジを見事成功させ、感動のツイートが集まりました。





第2位【 地震 】

25日に京都南部で、28日には大阪府北部で震度3を観測する地震がありました。



第1位【 さくらももこ 】

『ちびまる子ちゃん』の作者で知られる漫画家のさくらももこさんが、15日に乳ガンのため亡くなっていたことがわかり、追悼、哀悼のツイートがいまだに続いています。



この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、週間急上昇ワードで1位になった【 さくらももこ 】です。53歳という若さでなくなった国民的漫画家のさくらももこさん…。まずは東京の街の声を聞いてみましょう。





◆街の声

「まる子ちゃんはニヒルですごい達観しているところもあって、でも、泣いちゃったりするカワイイ面もあって、そういうキャラクターがすごい好きです。大人になってから忙しくてあまり見れてなかったので、昔を思い出して見てみようという気になりました」(女性)


「さくらももこさんのエッセイを読んでいて、ちょっと毒の入った言い回しとかすごい好きで、良い作品だなと思ってました」(女性)


「小さなまる子ちゃんが、ふざけたり、頑張ったりする面白い姿を毎週日曜日に楽しみにしていたので…。今までありがとうございました」(女性)


「ありふれた生活の中の面白いエピソードをバァン!と出してる感じが、なんかほのぼのとするなぁと…」(女性)


「国民的なアニメで誰もが知っている大きな作品で、それを楽しみに毎週ちゃんと見ていたので、楽しみをありがとうございます」(女性)




◆作り物ではない子どもらしさ

速水 本当に幅広い年代に受けていて、街の声も若い世代の声だったように思えました。みなさんよくみているなぁと思ったんですけど、達観している子ども、まる子ちゃん、ちびまる子ちゃんは小学校3年生。漫画の書き出しが「私、さくらももこです、ちびまる子ちゃんというあだ名が付いている…」という様な説明から入っていて、これは少女漫画にの中では非情に珍しく、作者が自分の目線で描かれていて、エッセイ漫画の始まり、エッセイ漫画を発明したといっても良い作品だと思います。今やエッセイ漫画は非常に人気のあるジャンルですよね。で、まる子ちゃんがどんな子どもかというのが大事だと思うんですけど、“達観している子ども”と街の声の発言に、僕は、そうだなと思いました。それまでの子どものキャラクターというのは、無邪気だったり、いたずらっ子だったりするんですけど、ちびまる子ちゃんが、他の子どもキャラクターを描いた漫画と違うのは、めんどくさがり屋なんですよ(笑)。例えばコミックス1巻の話ですけど、夏休みに入る前の終業式の日までにいろいろ持って帰らなきゃいけないのをサボって、終業式当日にランドセルだけではなく、体操着とか書道セット、朝顔とか抱えて、えっちらおっちら歩いてる姿が描かれている…、けど、こういう子どもっていたじゃないですか?僕なんですけど…(笑)。綿谷さんはきちんと持ち帰ってた派ですか?


綿谷 段々、やれなくなって、カオスになっていましたね。


速水 大人になればなるほど、怠惰な自分が出てくるってこと?(笑)


綿谷 そうそう、そうです。(笑)


速水 ちびまる子ちゃんって、恐らくそういう大人の目線でもあるし、子どもって実は怠惰だったり、めんどくさがり屋さんだったり、すぐサボろうとしたり、ちょっと大人のマネをしてズルしてみたりとか、そういう部分を非常に正直に描いていて、その正直さが、嘘ものではない、作り物ではない子どもらしさとして受けたんじゃないかという気がします。漫画の連載開始が1986年、アニメ化されたのが1990年ということでね、今回はいろいろなエピソードがでていますよね、僕も好きだしエッセイなんかも読んでいました。綿谷さんはどうですか?


綿谷 私もエッセイを読んでいました。


速水 本人は最初にエッセイを褒められたことから、漫画家としてストーリーものを作るっていうのは自分は向いてない、エッセイが得意なのであれば日常のことを描こうというのが、ちびまる子ちゃんの始まりだったそうです。僕はいろいろな思い出の中で、さくらももこさんのオールナイトニッポンを聴いていたんですけど、その中で、伝説の回としてツイッターとかで話題になっているのを見つけて、懐かしく思っていました。皆さんにお礼がしたいという事で、さくらももこさんが本人役としてアニメに登場したことがあります、その時の声がどう聴いてもまる子ちゃんの声優さんのTARAKOさんにしか聴こえないくらいそっくりなんですよ。それで、みんなそっくりだということを知っていたと思うんですけど、それじゃぁ!ってことで、さくらももこさんのオールナイトニッポンに、TARAKOさん、そして、歌手のイルカさんを呼んで、3人で喋るんですけど、声が皆さん一緒で誰が何を言っているのかわからないという爆笑の回があったりとか、オールナイトニッポンの思い出はまだまだあるんですけどね…。恐らく、皆さんの中にも、さくらももこさん、ちびまる子ちゃんの記憶というのは、たくさんたくさん残っているのではないでしょうか?





◆様々な方面から寄せられた追悼ツイート























◆リスナーの反応














大いに盛り上がった甲子園から“金足農業”をピックアップ!(2018/8/24)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2018年8月24日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。




第3位【 吉田くん 】

100回記念大会となった夏の甲子園、決勝で大阪桐蔭と対戦した金足農業のエース、吉田投手。決勝では力を出し切れませんでしたが、大会ナンバーワン投手として注目が集まりました。



第2位【 大阪桐蔭 】

こちらも夏の甲子園!史上初2度目の春夏連覇という偉業を成し遂げた大阪桐蔭。しかも、決勝は13-2と圧倒的な強さを見せてくれました。





第1位【 金足農業 】

決勝戦で敗れたのにもかかわらず、そのフィーバーぶりがおさまらない金足農業!今週の週間急上昇ワードでも見事1位になりました!





この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、週間急上昇ワードで1位になった【 金足農業 】です。まずは、地元でないですけど、東京の街の声を聞いてきました。





◆街の声

「見ました!ピッチャーの交代要員もいなくて、一方的に打たれてかわいそうだなとは思いました。でも、見ていて楽しかったです、興奮しました」(男性)


「主人の実家が秋田です。どうせ1回戦で負けるだろうって、秋田だからダメだろうって言っていたのが、段々と熱を帯びた応援に変わっていきました。100回大会にぴったりだなあって、ちょっとドラマチックで良い大会になって良かったと思います」(女性)


「やっぱり吉田くんだけじゃなく、他の交代も居ない中でがんばったので、チーム全体のサポートがあっての吉田くんのがんばりだったと思うので、全員を評価したいと思います。大阪桐蔭はまた来年も頑張って春夏3連覇していただきたいですよね。またドラマがあると思うので、そこでも金足が頑張っていただいて、またあの様なドラマを見たいなと思います」(女性)



◆金足フィーバー再び!

速水 とにかくドラマチックな甲子園大会でしたね。街の声の最後の女性が大阪桐蔭を少し触れているあたり、本当は優勝校なので大々的に褒めるべきなんですけど、ああいう扱いになってしまいますよね、どうしてもね。ちなみに僕は、準決勝、決勝あたりの日程で仙台に行っていました。個人的な理由なんですけど、前に住んでいたマンション、相続したマンションなんですけど、35年ぶりにちょっと仙台に戻っていろいろやっていました。その時に、やっぱり仙台でも同じ東北勢、斜め隣くらいが秋田ということで、仙台でもものすごく盛り上がっていました。定食屋さんで準決勝がやっていて、球児達の頑張るプレイに、うぉぉぉ!!ってすごい盛り上がってね、何が起こったんだ!?みたいな。


綿谷 みんなテレビにかじりついている感じですか?


速水 僕がいる間の準決勝、決勝とかじりついてました!金足農業は予想外の進出だったので途中で宿代が足りないという問題になったじゃないですか?仙台で飲んでいた時に、飲み屋さんに居たみんな、俺は1万円寄付した!俺も寄付した!と言っていて、東北勢はこれまで優勝したことがないので、他人事ではない盛り上がりだったんですよ。だから秋田ではもっと盛り上がってたんだろうなと思ったわけです。大会後にも、金足農業に関するいろんな話題は出てきていて、その寄付金、僕が飲み屋さんで会った方たちがみんなが寄付していた寄付金は結局、1億9000万円集まりました。公立高校なので、集まった1億9000万円を勝手に使うわけにもいかないじゃないですか、がんばったんだから、飲み食いしてドンチャカしてパーティでもやればと思いますけど、恐らくそういうわけにはいかないと思うので…。


綿谷 たぶんいかないですよね…。


速水 ですよね…。飲み食いといってもアルコールはダメですしね。


綿谷 それだと、食べたところでそんなにかからないですしね。


速水 いや、そういう問題じゃなくて(笑)。これ、どうやって使うか、僕らが勝手に考えます?まぁ、そういうわけにもいかないですよね(笑)。最近のアマチュアスポーツは暗いニュースばかりじゃないですか。その中でこれだけの話題になって、こんなにもの寄付、気持ちが集まって、みんなと夢といいますか、金足農業の主将の佐々木選手は名前が大夢、大きな夢ですよ、エースの吉田投手の名前は輝星で輝く星ですよ、なんかいろいろなものを象徴しているように思えますよね。ちなみに僕は、34年前の金足フィーバーを覚えている世代なんですけども、先ほど35年前に仙台に住んでいたという話をさらっとしましたが、そのあと実は秋田に引っ越していて、金足フィーバーの頃はまさに秋田の小学校に行っていて、地元で10歳の時に経験しています。今回は、いろいろあって帰っている仙台旅行でもあり、金足フィーバーでもあり、東北にとっては特別なものだっていうのは非常に身に染みてわかっていたので盛り上がっていたし、その34年前は準決勝で金足農業は負けるんですけど、その相手は、清原、桑田がいたPL学園。聞いたことあります?世代は違うと思いますけど。


綿谷 聞いたことありますよ。


速水 あの伝説のPL学園。35年経ってみると、金足農業は再びのフィーバーがありました!一方、PL学園は野球部廃部という時代の変化を感じるような想いです。今年の高校野球、ひとりの投手に頼りすぎて将来を潰すんじゃないか!?という批判もありましたけど、大いに盛り上がった甲子園でしたね!




◆熱く燃えた甲子園




















◆リスナーの反応












夏恒例 ジブリ祭りから“ハウルの動く城”をピックアップ!(2018/8/17)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2018年8月17日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。





第3位【 シンカリオン 】

TBS系列で放送中のアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』で『新世紀エヴァンゲリオン』とコラボレーションした回が放送され、「本気すぎ!」「乗っ取られた!」などの大きな反響でツイートが集まりました。








第2位【 ハウル 】

先週、日本テレビ系で放送している「金曜ロードSHOW!」でテレビ放映されたジブリ映画『ハウルの動く城』。
その主人公『ハウル』に関するツイートがたくさん集まったようです。





第1位【 地震 】

今週は、地震に関するワードが1位でした。



この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、週間急上昇ワードで2位になった【 ハウル 】です。先週、「金曜ロードSHOW!」の夏恒例 ジブリ祭りで『ハウルの動く城』がテレビ放映され、ツイッターでもたくさんのつぶやきが集まりました。





◆街の声

「見ました!炎がしゃべっているのも面白いし、人間味のある世界もあるしっていう、ごちゃ混ぜな感じが好きです」(女性)


「まず、絵が好きです!世界観に入りやすいっていうか。ハウルが1回家に帰って出るときに、守るものが出来たって言ったところで、みんなが、わぁー!ってなっていました(笑)。じぶんも、わー、いいなぁって思いました」(女性)


「ハウルがイケメンでした!金髪派と黒髪派で分かれて、論争がすごい激しくなったんだけど、私は黒髪の方がかっこいいなと思いました。最初の方はソフィーに冷たかったし金髪だったし、だから、黒髪の方がやさしい!みたいな」(女性)


「私は、久石譲さんの音楽がすごい好きなので、その音楽の魅力もありますし、あと風景画の描写が細かいのでそこも好きです。あともう一つ、みんなの憧れの木村拓哉が主演の声をやるっていうのが大きいかなって思っていて、子どもだけじゃなく大人になっても何度でも楽しめるところが魅力かなと思います」(女性)



◆ドイツでもジブリは人気

速水 みんな見てますね〜。僕ね、宮崎駿大好きじゃないですか?ジブリ映画大好きじゃないですか?…ハウル、初めて見たんです。実は見てなかった(笑)。なので驚いた部分は、やっぱり宮崎駿だな!という部分で、街の声で語られた、髪の毛の変化でキャラクターが変化する、歳を取ったりするとかね、そういうところの描写が非常に細かく作られていてストーリー上でも非常に重要になっているんですね。ハウルは苦手なんじゃないかな?と思っていたんですけど、いけました!というところなんですが、The 宮崎作品なんですよね、やっぱり。やりたいことは全部やったんじゃないかなという気はしたんですよ。ところで、綿谷さんに聞きたいんですが、僕たち日本人は夏といえばジブリだよねというくらいですけど、ドイツでの宮崎駿、ジブリ、ハウルの動く城の知名度ってどうですか?


綿谷 はい、知ってますよ。宮崎駿と名前がすぐに出てくるかはちょっとわからないんですけど、ハウルの動く城も映画館で上映してましたし、DVDも売っているし、たぶん、一番有名なのが、千と千尋の神隠しで、あれはもう大ヒットしましたね。


速水 ドイツでも大ヒットしているんですか!?じゃぁ、ドイツで育っていても、ジブリの作品の中でどれが好き?という会話って成立するんですか?


綿谷 はい、ファン同士だったら絶対にできますよ!


速水 ドイツ時代の綿谷さんは、普通にジブリの作品として認識して見てました?


綿谷 見てました、見てました!でも、日本語で見ていたので、ドイツの映画館で見ると、声優さんの吹き替えに、あれ?とちょっと感覚がね(笑)


速水 そっかそっか、最初日本の声優さんで聞いているから、ドイツ語でしゃべると…ってちょっと僕は想像付かないんですけど(笑)、キャラクターが違って見えちゃいます?


綿谷 そうですね、あと、声の質が変わってきちゃうので、あれれ…っていう。(笑)


速水 ジブリものの特徴として今作は、魔法使いのハウルの役を木村拓哉さんがやっていて、イケメンの俳優さんがイケメンの役をやるんだけど、当たり前のことを言っているんですけど、僕はこれ木村拓哉って知らないで見てても気が付かなかったと思います。それくらい自然に入ってきて、けど、ちゃんとイケメン声でしゃべるというのがすごくて、あれ、なんだろう…っていう(笑)。木村拓哉という名前抜きにして、いい顔抜きにしても、声だけでイケメンってすごいなと思いながら見てましたね。あと、今話題のね、今年発表になりましたジブリパーク。ジブリをテーマにしたテーマパークで2022年にオープン予定していて、ちょっと先なんですけど、ハウルの動く城だとなんだろうな、当然、帽子屋さんはあるだろうね、テーマパークの中に。


綿谷 楽しみですよね〜。そこの帽子をみんな被ったりなんかしてね。


速水 それと、髪の毛の色が変わる仕掛けの写真館とかあるんじゃないんですか。


綿谷 うんっ!面白そう!!


速水 さすがに、動く城が作れないだろうな。けど、ディズニーランドの中心にシンデレラ城があるように中心に何が作られるのか、気になるじゃないですか?ラピュタの島なのか、カリオストロ?は入らないか、ジブリじゃないから…。


綿谷 紅の豚の飛行機もどこかで飛ばしたいじゃないですか。


速水 それは飛ばすけど、センターに置くものがなにかですよ!センター!ハウルの動く城じゃちょっと弱いんじゃない?ちょっと酷いこと言ってる(笑)?う〜ん、センターはなんだろうなぁ、やっぱりラピュタかな?


綿谷 うん、かっこいい感じがしますね。あと、たどり着けるのかな?という話もね。(笑)


速水 やっぱりジブリ関係は話題が尽きないですね。(笑)




◆ジブリパーク発表!
















◆ジブリパークで働くには?








«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 129 | 130 | 131 || Next»