ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

今大会の波乱のキーポイントとなった!?“PK”をピックアップ!(2018/7/6)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2018年7月6日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。



第3位【 PK(ペナルティーキック) 】

今週も、サッカー、ワールドカップが上位を独占しています。
今大会から導入されたビデオ判定システム『VAR』でPKが量産。すでに歴代最多記録を更新中です。



第2位【 ドイツ 】

まさかのグループステージで敗退した前回大会王者のドイツ。最後は韓国に2-0で衝撃的な敗戦を喫し、グループF最下位で幕を閉じました。



第1位【 川島 】

グループステージで自らのミスで失点し非難された、日本代表のゴールキーパー 川島選手。決勝トーナメントのベルギー戦で数々の好セーブを披露し、完全に取り返し、賞賛のツイートが集まりました。



この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」、週間急上昇ワードでトップ20のうち19が、2018 FIFA ワールドカップ関連のワードとなりました。昨日、ベスト16で惜しくも敗退した日本代表が帰国し、西野監督やキャプテンの長谷部選手が帰国会見を行いました。今回、ピックアップしたワードは3位にランクインした【 PK 】です。




◆全ての始まりはあのPK

速水 西野監督の続投の声は国民の間では多いと思うんですよ。成果を出した監督に対して、もう一度やって欲しい、と…。しかし、本人は最初からそのつもりはなかったといいます。でも、ちょっとタイミングとして早すぎませんか?次の監督の名前が出てくるというのは。とりあえず、昨日帰ってきたばかりですし、大会中に情報漏洩問題としていろいろ問題になっていましたし、その辺もちょっと気になるところでもあります。西野監督は、ブラジルに勝利したマイアミの奇跡もあり、持っているなと思われるんですが、運だけではないと思います。あのセネガル戦で追いついた場面、日本がフォーメーション変えてプランBで挑み攻撃機的に長友をあげたりとか、あのようなことが出来る日本のサッカーは、かつての日本のサッカーとはちょっと違うんじゃないかと思うことも含めて、見くびってごめんなさい、と西野監督には言いたいところもあります。僕も基本的には3戦全敗でしょうと思っていたので、そうではなかったことに関しては、喜びとともに噛みしめています。


日本は負けてしまいましたが、まだまだワールドカップは続いています。今週、僕が注目したワードは、3位にランクインしている『PK』です。今大会、ビデオ判定のVAR(ビデオアシスタントレフェリー)で、後からPKになるような判定が多いためにPKが多いです。グループステージでアイスランドのGKがメッシのPKを止めた瞬間から今大会の波乱は始まっているわけで、我が日本代表もコロンビア戦の前半3分、ここでのPKが全ての始まり、本当にここからですよ。と考えると、今後も非常に重要な役割を果たし、おそらくPKの場面などで果たしていく可能性が高いと思います。


ワールドカップは決勝トーナメントに入りまして、早くもPK戦が続いています、90分と延長戦後のPK戦ですけど、先日のイングランド対コロンビア戦、イングランドはワールドカップで過去3回PK戦にもつれ込んだことがあるんですけど、実は、全部負けている国なんですよ。今回、勝ち抜いたんですけど、その裏側には訓練があったという話が報道されています。イングランドは、もうPK戦で負けたくはないんです。そのためにはPK戦になるかならないかわからずとも特訓していたらしくて、何をしていたかというと、細かくデータ分析しました。そうすると、イングランドの選手はPKを蹴るタイミングが早すぎるということが分かりました。PKの時に、ボールを置いて、5歩くらい下がって、バッ!といく。PKではGKとタイミングが合っちゃうと吸い込まれるという言い方をするんですけど、それを防ぐために、ゆっくり歩いてゆっくり助走して蹴るという練習を何度も何度も特訓したそうです。そのおかげなのか、イングランド代表はPK戦の末コロンビアに勝ちました。他には開催国のロシアもなんとスペイン相手にPK戦で勝利しました。ロシアのGK、アキンフェエフは3大会連続かな4大会だったかなワールドカップに出場しているロシアの大英雄です。そのGKがあのような活躍をし勝利を掴むとなると盛り上がりますよね。ベスト8が出揃いまだまだ盛り上がっているワールドカップ、今回は『PK』をピックアップしました。



◆我らが日本代表!ありがとう!そして、4年後には!!













◆PK戦の勝利で湧くイングランド、レジェンド達も…








中西&速水で熱戦が続くW杯を語ります(2018/6/29)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2018年6月29日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。




第3位【 地震 】

26日、広島県北部と千葉県南部で震度4を観測する地震がありました。



第2位【 アルゼンチン 】

現在ロシアで行われている、サッカー・ワールドカップ。アルゼンチン代表が26日にメッシ選手の大会初ゴールなどで、崖っぷち最下位から見事、決勝トーナメント進出を決めました!





第1位【 本田 】

3大会連続ゴールを決めました!一時は批判も受けましたが、全部ひっくり返す活躍!さすが本田選手です!今週、最も注目を集めました!





この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、週間急上昇ワードでトップ30のうち29がすべて2018 FIFA ワールドカップ関連のワードとなりました!
日本代表はもちろんですが、とにかく様々なドラマが生まれ盛り上がりを見せています。街の声は、決勝トーナメントに向け、東京・渋谷で盛り上がるサポーターの声です。





◆街の声

「決勝トーナメントに進出できたのは嬉しい!けど、もっと攻めて欲しかった!」(女性)


「1点決めて欲しかったです。引き分けにして欲しかった。注目の選手はルカクですね」(男性)


「スペイン対ポルトガルをもう一度やって欲しいです!」(男性)


「土壇場から這い上がってきたアルゼンチンに注目しています!」(男性)



◆フェアプレーの積み重ね

速水 今日は中西さんと一緒にお届けしていきます。リスナーからメッセージがきています、「サッカーのことよくわからないので教えてください、フェアプレーポイントってなんですか?」ということですが、僕も正直、よくわかんなかったんですけど、今回、日本はセネガルと勝ち点が一緒、そして得失点差も一緒だったので、このフェアプレーポイントで勝ち上がったわけですよね?


中西 そうですね。細かい説明はたくさん時間かかってしまうので、例えば、警告(イエローカード)を受けたら-1ポイントで、日本は-4でした、川島、長谷部、乾、それからポーランド戦の槙野で計4回イエローカードを受けました、それがセネガルより少なかったので決勝トーナメント進出となりました。やっぱり、フェアプレーを謳っているFIFAですから反則が少ない方が当然良いでしょうし、悪質なファールに関してはかなり厳しいです。で、グループGの最後の2試合を除いて、これまで3試合終えた日本のファール数は28で全体で最小です。


速水 日頃の行いが良かったことが、功を奏したわけですね。


中西 それと同時に、日本は今大会で新しい記録を作っていて、それは、日本はセネガル戦を終えて19試合連続でレッドカード無し。日本がワールドカップに初出場してから1度もレッドカードを受けたことがない。そういうことも非常に大きかったかなと思います。で、ちなみに、その前に記録を持っていたのがコロンビアでした、コロンビアの記録が止まったのが、初戦の日本戦でのレッドカード。それで記録が止まって、それが18試合でした。


速水 なんか象徴的ですね。


中西 そこで日本が並んで、次のセネガル戦で19試合にし、今日のポーランド戦で記録を20試合まで伸ばしました。つまり日本としては、積み重ねてきたことによって、今回のフェアプレーポイントで上がれたということで、これは偶然ではないと思います。


速水 これは、評価されるべきポイントというわけですよね。他にもいろいろな話を伺っていきたいんですけど、これでベスト16が出揃いました、いろいろなドラマもありましたね、その中で、中西さんが注目するポイントを教えていただけますか?アルゼンチンもブラジルも苦戦してましたよね。


中西 でも、しっかり勝ち上がってきました。その中でも、まさかドイツが…。ドイツは第2戦でアディショナルタイムでゴール決めて、ギリギリ踏みとどまって、これでまとまるかな?と思っていたら、韓国に2-0で負けましたよね。


速水 前回の優勝国が負けてしまうことがくり返されますけど、原因はなんでしょうか?


中西 それは当然、ターゲットになっていますよね?前回大会のドイツはいろいろなパターンで崩す、それから、ワンタッチでいろんな角度からボールを入れていくことを意図的にやってきました。けど、その辺りを各国がかなり対策をしてきたように思えます。そうやって対策をされたときに一番有効な手段がなにかというと、パスをするときにやめる、シュートする瞬間にやめるなど、最後の判断を変えられる選手が何人いるかということなんですが、ドイツはブラジルのように5人も6人もいなかったというところで、相手にある程度パターンを読まれていたということがあったと思います。


速水 なるほど!そして、グループリーグで、注目選手といいますか、おっ、出て来たな!?という選手はいますか?


中西 元々、良い選手はほぼ全てチェックし尽くされているので、これといっていませんけど、見ている中だと、ブラジルの選手が抜きん出ているなということは間違いないと思います。


速水 これは、選手個々のレベルがってことですか?


中西 ようするに、各チームのエースになるような選手が、ブラジルには5人から6人いるような状況ですね。途中から出て来た選手でユベントスのドウグラス・コスタという左利きの選手がいるんですけど、この選手がすごい選手で、ブラジルを救った選手の一人で、他の国にいたらエースのような選手ですね、当然ネイマールもそうです、コウチーニョもそうですけど、そういう選手が当然のようにいます。個々に素晴らしい選手が揃っているので、ブラジルが抜きん出ている感はありますけど。


速水 となると優勝候補は?


中西 僕は最初からブラジルと言っているので、ブラジルですね。あとは、トーナメント表を見てみると、スペインが逆側からきていて、実は逆側は強いチーム揃ってますけど、スペイン以外、本命無きブロックなんですよ。ブラジル、そして日本がいるブロックは、ウルグアイ、ポルトガル、フランス、アルゼンチン、メキシコ、ベルギーとものすごく厳しいブロックになっています。


速水 疲弊しないと考えるとスペインにもチャンスはあるぞと?


中西 ただスペインには守備に問題があるのと、あと攻撃の組み合わせの最適解を見つけてないので、それを決勝まで見つけて、勝ち続けられるかというのがポイントじゃないですかね?




◆いろいろなジンクス













◆破られたジンクス










◆イングランド優勝か!?





ワールドカップで盛り上がる各国のピッチ外で起きたおもしろ事情!(2018/6/22)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2018年6月22日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。





第3位【 ロナウド 】

ワールドカップでポルトガル代表としてすでに4得点を挙げているスーパースター、クリスティアーノ・ロナウド選手!日本でも、やはり絶大な人気ですね!





第2位【 余震 】

18日月曜日に発生した、大阪府北部地震の余震とみられる地震が続いています。こういった時の情報源としてツイッターが定着。リアルな情報交換の場になっています。



第1位【 地震 】

今週は、地震に関するワードが1位2位に入りました。



この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、週間急上昇ワードでトップ10のうち8つがランクインしたサッカー・ワールドカップに関するつぶやきです。日本だけではなく、メキシコ、ドイツ、アイスランド、ロシア、スペインなど、ワールドカップに出場している様々な国の名前がランクインしました。そこで、日本以外に応援している、注目している国について街の声を聞いてきました。




◆街の声

「ブラジルですね、自分がネイマール大好きなので!天才的な足技を持っていますね、やばいっス!ブラジル代表はまだ本気出していないので、そろそろいくか?って感じですかね。たぶん、ワールドカップを楽しんでいる感じなので余裕だと思います」(男性)


「アルゼンチン!勝つのかなと思っていたら引き分けでした…。メッシがいっぱい点取ってグループステージを突破できるといいですね」(男性)


「僕はポルトガルっスかね!クリスティアーノ・ロナウドの圧倒的な存在感と、どうやってでもゴールを入れちゃうあの感じ。スペイン戦でも3発入れてましたから止められないと思うんすよね!どうがんばっても…」(男性)


「ベルギーに注目していますね。ルカクが身体がでかいし、あと、アザールっていう背が小さいけどテクニックのある有名な選手もいて、次元が違いますね。ルカクはもう半端ないですね、誰も立ち向かえないないですよ」(男性)


「僕は前からベルギー!ちょうど今出ている代表選手達がベルギーの黄金世代みたいな感じなんでね。個人的に好きな選手はルカク選手ですね、ゴールに対する嗅覚がすごいので、今大会はほんとに見ものですね!ほんとに!!」(男性)


「セネガルです。身体が大きいのと歩幅が広いので、日本にはないものを持っているチームだと思うので、日本戦が楽しみです」(男性)





◆ピッチ外にも見どころ満載

速水 街の声のみなさん、かつて日本がワールドカップに出ていない時に比べてものすごい知識が豊富ですね(笑)。ワールドカップ出場国の話題をいろいろまとめてきました。今大会、一番話題になっているチームはアイスランドといっていいんではないでしょうか。アイスランド、初戦の相手がアルゼンチンで結果は引き分けでした。アイスランドのサッカー協会が公式ツイッターの中で、その試合の国内の視聴率がなんと99.6%を記録していたと…(笑)!


綿谷 えっ?見てない人がほとんどいない?


速水 そう、その見ていない人に関して、アイスランドのフィンボガソン選手が、残りの0.4%の人がピッチにいたんだよ。俺たちだよ、11人だよ!と気の利いたことをツイートしたんですよ、そしたら世界中から、それじゃ数字が合わないぞ!というツッコミを受けたということで、あぁクソリプってのは世界中で共通なんですねぇと思いました(笑)




速水 続いてエジプト!こちらは敗退が決まってますが、エジプト代表の主力選手のサラー、今のところ1得点だけですけど、本当にエジプトのヒーローでエジプト第4のピラミッドと呼ばれていて


綿谷 第4のピラミッド???


速水 エジプト代表を応援しているサポーター達がたくさん居て、みんな、ファラオやスフィンクスの格好しています、こういうノリって世界にもあるんだ!エジプトにもあるんだ!と思いました。サラーに関しては、今大会最注目選手なので、僕もこのまま去ってしまうのは心苦しいんですよ。リバプールで同僚で仲の良いクロアチア代表のロブレン選手がインスタのストーリーという機能で、サラーが車から降りてくるシーンを動画で撮影していて、サラー元気だよ!というのをみんなにみせてくれたんですけど、降りるときに、隣の車にドアパンチしちゃってて、うわぁ…!ってなっているところを世界中に晒されてしまっています(笑)。そして、ロシア本国の話題もちょっと取り上げたいんですけど、とにかくたくさんの外国人がきているわけじゃないですか、そこで起こることといえば…?ワンナイトラブですよ…。


綿谷 あぁ〜、そこいきます?(笑)


速水 仲良くなって盛り上がって一夜限りの…みたいなことを、ロシアの女性の政治家の方が、そういう人と子どもが出来ちゃったりしないようにしてほしい、みたいなことを言っていて非常に問題になったんですよ。それに対して、ロシアのバーガーキングが、それに反発して、逆にそこで選手達と結婚して子どもを生んだら賞金あげますよ!と、生涯ハンバーガーをただで提供しますよ!と発表、そして大炎上!それはそれで問題あるだろうというのはごもっともな意見ですよね。まぁそういうピッチの外、スタジアムの外でも今回のワールドカップは話題盛りだくさんです。今日は、2018年 FIFA ワールドカップで盛り上がる各国のおもしろ事情をピックアップしてみました。




◆リスナーの反応







◆監督にも注目が集まる





























«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 127 | 128 | 129 || Next»