NOEVIR Color of Life

EVERY SAT / 09:00-09:30

今、仕事も家庭も自分磨きにアクティブな生き様を実践する女性達。そんな女性達がいつまでも輝く心と勇気を失わず、体も心も健康な毎日を送るため、各界を代表して活躍する女性ゲストが自らの言葉でメッセージを送るのが、このノエビア カラーオブライフ。「生きること、輝くこと、そして人生を楽しむこと」をテーマにした、トークや音楽、話題、情報などが満載です。

TOKYO FM

NOEVIR Color of Life

EVERY SAT / 09:00-09:30

唐橋ユミ

今、仕事も家庭も自分らしく、いきいきと生きる女性たち。いつまでも輝く心を失わず、心も体も充実した毎日を送るため、各界を代表して活躍する女性ゲストが自らの言葉でメッセージを伝えます。“生きること、輝くこと、そして人生を楽しむこと”をテーマにした、トークと音楽が満載のプログラムです。

Guest石川ひとみさん

石川ひとみさん

【2019年2月ご出演】

1959年生まれ、愛知県出身。高校時代にオーデション番組で優勝して、
1978年、19歳でデビュー。1981年に松任谷由実作品「まちぶせ」を発表。
単なるアイドルの域を超えて音楽ファンからも支持を受けて、
ロングヒットとなり注目を集め、紅白歌合戦にも出場を果たす。
歌手意以外にも声優としても活躍。
結婚を機にファミリーな音楽活動に幅を広げ、NHKの教育番組にもレギュラー出演している。
2018年はデビュー40周年のオリジナルアルバムのほか、記念コンサートを実施。
近年はコンサート、イベント、テレビ出演など幅広く活動を行なっている。

石川ひとみ 私のライフストーリー

2019/02/09
今週も歌手の石川ひとみさんをお迎えしてお届けしました。

石川ひとみさんは1959年生まれ、愛知県出身。高校時代にオーデション番組で優勝して、
1978年、19歳でデビュー。1981年に松任谷由実さんの作品「まちぶせ」を発表して
人気アイドルとなりますが、その後はアイドルの域を超えて様々なジャンルの活動にチャレンジ
されています。その一つは声優のお仕事です。また、ファミリー向けの番組の進行役を務めるなど
音楽を歌い届け、同時に音楽を紹介する立場としても高い評価を得るようになっています。

単なるアイドルの域を超えて、常に新たなチャレンジを続け、音楽ファンや子供達からも支持を集め、
年を重ねても若々しさ溢れる石川ひとみさん。昨年にはデビュー40周年の記念コンサート、
記念作品も話題となっています。いよいよ今年で60歳を迎えられますが、音楽への情熱は
とどまるところがありません。健康に感謝する心を忘れずに、デビュー45周年コーサート、
そして新たなチャレンジへの思いが、石川ひとみさんの毎日の活力であり、若々しい歌声の
秘密なのかもしれません。
  • この記事をツイートする

石川ひとみ 運命を変えた一曲「まちぶせ」

2019/02/02
今週からは昨年デビュー40周年を迎えた歌手の石川ひとみさんをお迎えして
お届けします。

石川ひとみさんを語るときに忘れてはならない一曲が、「まちぶせ」です。
荒井由実時代の松任谷由実さんの作品ですが、もともとは1976年に
三木聖子さんに提供されたナンバーでした。高校時代から歌手を目指していた
石川ひとみさんは、実は三木聖子さんと同じ事務所ということもあり、
この曲もお気に入りの一つ、歌のレッスンなどでも歌い、特別な思いを
この曲に抱いていたそうです。

1978年のデビューの石川ひとみさんですが、なかなかビッグヒットに
恵まれずにちょうど引退も考えていた時期。新しいシングルナンバーを決めるに
あたり、この「まちぶせ」を石川ひとみさん自身がスタッフに提案して、
シングルでの発表が実現します。関係者の中にはこの曲を歌うことに反対する
人もいたそうですが、石川ひとみさん自身の熱意もあって、1981年に発売されると
人気を集め、ついにこの曲で紅白歌合戦の出場も果たしたのです。

その後は歌手以外にも声優としても活躍。結婚を機にファミリーな音楽活動に
幅を広げ、NHKの教育番組にもレギュラー出演、アイドルを脱皮して、
その活躍の場を広げていきます。

「まちぶせ」は、松任谷由実さん自身も後にセルフカバーを行うなど、
多くの方がカバーしている名曲ですが、やはり石川ひとみさんの曲が特別
大きな人気となったのも、この曲が石川ひとみさんの当時の思いと
強く一体化しているから。石川ひとみさんの持つ歌への思い、曲への愛情が
音楽の神様を動かし、その後のキャリアを開いていたきっかけとしてくれた
運命の出会いをもたらしたのかもしれません。
  • この記事をツイートする
Page Top
|| 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 ||