今月ご乗船いただいているのは、元プロボクサーの山中慎介さんです。

2006年にプロデビューした山中さん􏰄、“神􏰃の左”と呼ば􏰅れた強烈な左ストレートで知られ、第29代 WBC世界バンタム級チャンピオン。
そして、第65代 日本バンタム級王座に輝きました。
日本歴代2位 12度􏰃防衛を重􏰆ねた歴史に残るボクサーです。
昨年3月に、惜しまれながら引退されました。

そんな山中慎介さんに、旅の􏰃お話を伺いました。


null
干場「この船に乗っていただいたゲストのみなさんには、『ご自身の旅のお話』をしていただいているのですが、今日が最終乗船日ということで、どちらへ行かれたお話を聞かせていただけますか?」

山中「大阪に行った時の思い出を話したいと思います」

干場「山中さんにとって大阪ってどんな町なんですか?」

山中「旅行というよりも、試合で現役時代4度行かせてもらいました。その思い出は非常に残っていまして、初めて大阪で試合をしたのは日本チャンピオンに挑戦する時だったんですけど。
2010年の6月、チャンピオンが大阪の選手だったので、チャンピオンの地元で、ということで初めて大阪で試合をしましたね」

干場「やはり、試合した場所っていうのは思い出に残っていますか?」

山中「そうですね。特に大阪で日本チャンピオンになった試合もそうですし、世界チャンピオンとして防衛戦で3度戦っています。
ひとつは大阪城ホール、ふたつが大阪府立体育館ですね。6度目の防衛戦の大阪城ホールは1万人くらい入る会場でして、本当に大きい会場でメインイベントをさせてもらえて、たくさんのお客さんの前で勝利できたのですごく幸せでしたね」

干場「すごい喜びなんでしょうね」

山中「そうですね。僕が中学生の時に憧れていた辰吉丈一郎さん。中学3年生の時に見た世界王座に返り咲いた試合っていうのが、大阪城ホールだったんですよ。
同じ場所で試合をさせてもらって、同じWBCのバンタム級のベルトだったので」

干場「それはひとしおですね」

山中「思い出に残っている場所ですね」

null
干場「大阪に行ったら必ず行くお店とかってあるんですか?」

山中「実は大阪ではそんなに食べに行ったっていう経験はないんですよ。
試合前はもちろん、自分の食事のメニューっていうのは決まっているので。軽量の後に昼にパスタを食べて、夜にうなぎを食べるっていうのは常に決めているんです」

干場「決めているっていうのは、勝負飯っていうことですか?」

山中「勝負飯ですね。試合終わった後に、4試合大阪で戦ってるんですけど。その後の食事っていのが必ずラーメンを食べると決めているんですよ。
ラーメンは元々大好きで、試合の一か月前からラーメンは完全に禁止してるんですよ」

干場「なぜですか?」

山中「ラーメンって一番太りやすい食べ物かなと思っていたんですよ。プロデビューして最初の頃って、あまり減量がなかったんですね。
試合が近くなっても、“試合が近いな”っていう感じがなかったので、自分の好きなものを制限しようと思って。そうしたら精神的にも強くなるかなと思ったんです」

干場「あえて大好きなラーメンを?」

山中「そう考えたのがラーメンでしたね。それを一か月前からやめることによって、精神的にも強くなるかなと思いやめました。
ということもあって、一番最初に食べるのはラーメンとローソンのからあげクンのレッドですね、昔から大好きなので(笑)。
試合終わって食べたいと思って食べるんですけど、すっきりとした試合であれば美味しく食べれるんですけど。その試合の出来によって味が変わってくるんですよね。やっぱり、そういう気持ちって大事ですよね」

干場「最後の質問をさせていただきたいと思います。山中さんの人生において、旅とはどんなインスピレーションを与えてくれるものなんでしょうか?

山中「旅とは発見だと思います。国内でもそうですし、海外でもそうですし、初めての場所に行くわけじゃないですか?
であれば、初めての景色もそうですし、食べ物もそうですし、いろいろな発見があるんですね。東京に住んでいて、発想が浮かばないようなことも旅の中で発見できたことが、けっこうあったんですよ。ということも含めて、発見だらけだなっていうのは思いますね」

null

null

「クルーズ情報」

くぼこまき:あの有名なホテルブランドでありますリッツ・カールトンが、「ザ・リッツカールトン・ヨットコレクション」というクルーズラインをスタートさせます。
想像がつきにくいぐらいの感じなんですけれども、リッツ・カールトンの名にふさわしく、ホテル同様ラグジュアリー仕様の小型船になっております。

全客室がテラス付のスイート、航路はカリブ海、地中海中心で、クルーズで行くのには最適の素晴らしい寄港地を巡る予定になっています。
ただでさえラグジュアリーなこの船なんですけれども、最も豪華なオーナーズスイートという部屋がありまして、こちらなんですけれども部屋がなんと102平米、日本的に換算しますと畳60枚分、あまり見る機会がないですよね(笑)。
さらにテラスだけで55平米、プライベートプールがついているんです。

もちろんレストランも豪華で、ミシュランの三ツ星シェフが手がけるレストランも入っています。
この船の就航が2020年の2月5日ですね、もうちょっと先なのですがご予約はスタートしているんですよ。

今月ご乗船いただいているのは、元プロボクサーの山中慎介さんです。

2006年にプロデビューした山中さん􏰄、“神􏰃の左”と呼ば􏰅れた強烈な左ストレートで知られ、第29代 WBC世界バンタム級チャンピオン。
そして、第65代 日本バンタム級王座に輝きました。
日本歴代2位 12度􏰃防衛を重􏰆ねた歴史に残るボクサーです。
昨年3月に、惜しまれながら引退されました。

そんな山中慎介さんに、旅の􏰃お話を伺いました。


null
干場「この船に乗っていただいたゲストのみなさんには、『ご自身の旅のお話』をしていただいているのですが、今日はどちらへ行かれたお話を聞かせていただけますか?」

山中「今日はハワイに行った時の話をさせてもらいます」

干場「ハワイはいつ頃行かれたんですか?」

山中「初めて行ったのは7年前ですね、トレーニングキャンプで行きました。沖縄にトレーニングキャンプに行く前にハワイだったんですよ」

干場「そうなんですか。ハワイというとすごく楽しむ場所というイメージですけど」

山中「すごく暖かいところですから。日本はちょうど一月くらいの時だったので、暖かい環境でトレーニングということでハワイに連れて行ってもらいましたけど。
トレーニングはもちろん一生懸命していましたけど、周りの雰囲気が緩いというか、楽しそうやなぁというか(笑)。
歩いてる人達は本当にバカンス気分なので。トレーニングとしては、僕はハワイとかではなく沖縄、千葉そっちの方が合っていましたね。どうしても緩い気持ちになるので」

干場「はい」

山中「一生懸命、足がパンパンになるまでトレーニングをしていましたけど」

null
干場「ハワイだと、どういうところでトレーニングするんですか?」

山中「アラモアナパークの周辺をぐるぐる回っているっていう。特にアップダウンもないですし、ダイヤモンドヘッドは下の道が危ないって言われていたので、安全面を考慮してあまり行かせてもらえなかったんですよね。
そういったところで走っていまして、追い込めてはいたんですけど、どうしても周りはすごく楽しい雰囲気だったので。
“この人たちいいな”と思いながら見ていたのを思い出しますね」

干場「そうですよね、試合を目前にしてるわけですもんね。
そんな中、緩い、幸せそうな顔を見ながらトレーニングってきついですよね(笑)」

山中「そうですね。沖縄でも場所もいっぱいありますけど、山とか浜辺に行ってしまえばそんなに人もいなかったので。そっちの方が合ってましたけどね」

干場「なるほど、あのハワイでトレーニング中に食べてた物って何を食べてたんですか? 例えば、パンケーキみたいなものとか?」

山中「パンケーキも食べてないですね。走り込みのキャンプに行きますと、みんなでお肉を食べたくなるんですよね」

干場「それは体を消費してるからっていう?」

山中「お肉を欲するんですね、だいたいステーキですね。
基本的には赤身しか食べないですね」

干場「それとお水と、っていう感じですか?」

山中「本当に食べたいだけ食べますね。トレーニングキャンプっていうのは食べないと一週間もたないんで。
大体、トレーニングキャンプ終わったら1キロ2キロぐらいは増えてますね」

干場「そこから落としていくんですか?」

山中「はい、そっから試合の一ヶ月前になり、スパーリングを開始してという流れですね。

null

くぼこまき:今日は春におすすめのクルーズをご紹介したいと思います。まず、飛鳥IIの東北 春紀行クルーズなんですけれども。
こちらは桜の季節を迎える東北地方に向かう、横浜発着のツアーでして。4月の14日に出発する3泊 4日の旅になります。3泊4日なので、期間も程よく長すぎずなので、初めての方も多分乗船しやすいんじゃないかなと思います。
このクルーズなんですけれども、桜前線を追って北上して行くんです。日本三代桜の一つに数えられる三春滝桜。
小名浜にあるんですけれども、そちらがちょうど満開の時期を迎えるだろう時期にこの船をちょうど向かわせますので。合わせて、恐らく見られるんじゃないかと思います。
あの船内も春もようになっていまして、お食事とかデザートとか、春爛漫という感じですね。
例えば、いちごを使った春めいたデザートが出たりですとか、お食事とかお皿とかを見ても春を感じられるようなメニューになっています。
船に乗って、桜を追っていくという、粋な季節の楽しみ方ができるんじゃないかと思います。

あと、仙台発着になるんですけれども。同じく日本船のぱしふぃっくびいなすで春爛漫南国土佐と紀州伊勢敦賀クルーズというツアーが、3月26日から行われます。
こちらは清水、高知、和歌山、鳥羽を巡るツアーなんですけれども、同じく桜の見所を周りつつ、和歌山では高野山に行ったりとか、鳥羽では伊勢神宮に行ったりなど、名所を巡りながら桜とパワースポットを同時に楽しめるんです。
仙台発着なので、関東付近にお住いの方は「レールアンドクルーズ」。電車で仙台まで行って、という、旅のツールを2つ楽しんでいただくこともできるんじゃないかなと思います。

今月ご乗船いただいているのは、元プロボクサーの山中慎介さんです。

2006年にプロデビューした山中さん􏰄、“神􏰃の左”と呼ば􏰅れた強烈な左ストレートで知られ、第29代 WBC世界バンタム級チャンピオン。
そして、第65代 日本バンタム級王座に輝きました。
日本歴代2位 12度􏰃防衛を重􏰆ねた歴史に残るボクサーです。
昨年3月に、惜しまれながら引退されました。

そんな山中慎介さんに、旅の􏰃お話を伺いました。


null
干場「この船に乗っていただいたゲストのみなさんには、『ご自身の旅のお話』をしていただいているのですが、今日はどちらへ行かれたお話を聞かせていただけますか?」

山中「今回はラスベガスに行った話をしたいと思います」

干場「ラスベガスは、なぜ行かれたんですか?」

山中「ラスベガスに一番最初に行かせてもらったのは、世界チャンピオンになって、僕はWBCの世界チャンピオンだったのでWBC総会っていうのがありまして」

干場「総会というのは、どういうものなんですか?」

山中「ジムの会長とか、ジムの上の方が『ランキングをもうちょっと上げてくれ』とか、色々な話し合いをする場だと思うんですけど。
チャンピオンの選手たちは関係なく、総会で何をするっていうわけではないんですけど。夜のパーティーにボクシング界のレジェンドたちがたくさん来るんですよ。特にラスベガスという場所であれば、アメリカ出身の有名なボクサーもたくさん来られていて」

干場「WBCの世界チャンピオンが全員集まるってことですか?」

山中「元チャンピオン含めて、元選手もそうですし、その中にマイク・タイソンとか、シュガー・レイ・レナード、トーマス・ハーンズとか、そういったレジェンド達が次々と姿を現しましたね」

null
干場「実際にお会いしたんですか?」

山中「会いまして、写真も撮ってもらいましたね。レジェンドボクサーっていうのはやっぱり一番興奮しますね。僕は一番の目的はマイク・タイソンだったので、ちょっと怖かったですけどね、耳かじられるかなと思って心配していたんですけど(笑)。
優しくはないですけど、オーラはあるので……写真を撮ってもらいましたね」

干場「タイソンって、ヘビー級のボクサーの中では小柄じゃないですか? 実際にお会いするとどうなんですか?」

山中「小柄ではあったと思うんですけど、180センチくらいだと思いますけど、横もしっかりありますし、筋肉もありますし。
何よりオーラもありますし、顔にタトゥー入ってますし、まぁ、怖かったですね」

干場「タイソンが試合していたのはけっこう前ですよね」

山中「そうですね。現役の頃とは違いますけどやっぱり輝いていましたね」

干場「ラスベガスでボクシングを観戦されたことはあるんですか?」

山中「3度、4度ありますね。大きい試合と言いますと、マニー・パッキャオの試合もラスベガスで見させてもらいましたし。ジムの同僚が3人、ラスベガスでやっているのも観戦させてもらいました。
日本でも試合会場の雰囲気っていいんですけど、またラスベガスになるとお客さんの盛り上がりも違いますし、盛り上がり方を知っているというか、本当に楽しんでますよね。
こんな会場で入場できたら気持ちいいだろうなと、常に思っていましたね。

干場「うんうん」

山中「僕が防衛を重ねていた頃も、4度目、5度目ぐらいの時には、“いつかラスベガスで試合をしたい”ということも口にしていましたし。
なかなか実現できなかったですけど、やっぱり一度ボクサーになれば、華やかな会場でやりたいなっていう思いはありますよね」

null

「以前、サーフィンができるクルーズ船のお話をされていました。
そのほかに面白いアトラクションができるクルーズ船を教えてほしいです」


くぼこまき:“なぜ船の上でこのようなことが!?”ということが、いろいろ起きるんですけれども(笑)。
船のそのものが波の上にいるのに、さらに波に乗るという面白い状況になっちゃうんですけど(笑)。サーフィンができるのは『ロイヤル・カリビアン・インターナショナル』という船会社が所有している大型船に多いんですね。

その中のひとつ、『ハーモニー・オブ・ザ・シーズ』という船に乗船した時なんですけれども、デッキ上にすごく長いワイヤーが通してありまして、そのワイヤーに吊るされて、端から端へ滑り降りるという、そういうことが船の上で出来たりですとか。あと、メリーゴーランドなどがあって、完全に遊園地ですね(笑)。あとはロッククライミングができたり。

昨年から就航したアメリカの船なんですけども、『ノルウェージャン・クルーズライン』の『ノルウェージャン・ブリス』という新造船があるんですけど。
こちらは洋上初のレーストラックがあるんですね、本格的なレースコースになっていて、ヘアピンカーブがあったりとか、青空の下、海を見ながらレースをするという(笑)。
あと、同じ船の中にレーザータグというアトラクションがありまして、これがサバイバルゲームなんですね。船の上で宇宙の覇権をかけて戦うという(笑)。
レーザーガンでサバイバルゲームをするという、“なぜ?”と思うことが、次々に起こるのが大型船の世界というところでしょうか、めちゃくちゃ楽しいですね(笑)。

今月ご乗船いただくのは、元プロボクサーの山中慎介さんです。

2006年にプロデビューした山中さん􏰄、“神􏰃の左”と呼ば􏰅れた強烈な左ストレートで知られ、第29代 WBC世界バンタム級チャンピオン。
そして、第65代 日本バンタム級王座に輝きました。
日本歴代2位 12度􏰃防衛を重􏰆ねた歴史に残るボクサーです。
昨年3月に、惜しまれながら引退されました。

そんな山中慎介さんに、旅の􏰃お話を伺いました。


null
干場「この船に乗っていただいたゲストのみなさんには、『ご自身の旅のお話』をしていただいているのですが、今日はどちらへ行かれたお話を聞かせていただけますか?」

山中「今日は沖縄に行った話をさせていただきます」

干場「沖縄は休養ですか?」

山中「休養ですし、妻が沖縄出身ということもあって。それまで、正直沖縄に行ったことは一度もなかったんですよ」

干場「それから行くようになったんですか?」

山中「それから行くようになり、ハマってしまい(笑)」

干場「どういうところにハマったんですか?」

山中「沖縄全体のゆる〜い感じがすごく好きで。東京にはない感じの時間の流れですし、完全に仕事も忘れられますし、トレーニングもせずに」

null
干場「沖縄ではどんな風に過ごしていたんですか?」

山中「沖縄に家族で行った時は、試合後に約3週間〜4週間の休みがありまして。その中で5日〜1週間家族で行くようにしていました」

干場「ご家族で、ということは、お子様もいらっしゃるんですか?」

山中「6歳と4歳の息子と娘がいます」

干場「お子様は楽しくてしょうがないでしょうね」

山中「そうですね。妻の両親が子供をすごく可愛がっているので。普段は都内にいるのでなかなか会えないじゃないですか?
家に帰った時には、もう、あなたたちはいらないから子供2人を置いて行けと(笑)。それでよく2人でいろんなところに出かけていましたね」

干場「そうなんですね、どこに行かれるんですか?」

山中「北の方に行ったりしますね。北のほうは雰囲気が違っていて、いろんなホテルもありますし、綺麗な海もあります。
そういったところに妻と2人で行きましたね。今の両親が子供をすごくかわいがってくれるので、一泊預けて2人でのんびりと」

干場「それはそれでいいですね」

山中「そうですね」

干場「“ここのホテルが良かった!”とか、ありますか?」

山中「良過ぎたところが多すぎて(笑)、15個ぐらいは行ってるので」

干場「沖縄だけでも相当いろんなところに行かれてますね」

山中「妻の実家に帰るっていうこともありますけど、僕は旅行の気分で沖縄に行ってるのでそういった楽しみはありますね」

干場「奥様はもともとご出身ということで、いろんなところを教えて頂けるんですか?」

山中「そうですね。教えてもくれるんですけど、妻も大学を卒業して東京だったので意外と知らないんですね(笑)」

干場「そうなんですね(笑)。

山中「だから、2人でいろんなところを発見して楽しんだりしていますけどね」


null

「今年の夏に初めてクルーズ旅行に行きます。船にいる時間を多くしたいと思っております。
どんなことができるのか、何かアドバイスがありましたらよろしくお願いします」


くぼこまき:クルーズ船での旅行の場合は、寄港しても、下船する・しないというのは自由なんですね。なので、寄港地に着いても下船しないで船を楽しんでる方もいらっしゃいます。ただ、ほとんどの方がやっぱり外に出て観光に行きますので、船の中ってガラガラになるんですね。
なので、船が大好きな方にとっては、そういう時間はゴールデンタイムなんですね。

例えば、プールなんかは泳ぎ放題、巨大なプールを独り占めですね。あと、普段ショーが行われているシアターで映画が上映されてたりもするんですね。なので広々と、大金持ちのような気分で楽しめます。
ちょっと数は少なくなるんですけれども、船内でのイベントも用意されていますので、船内でも十分にお楽しみ頂けると思います。

船を主体にしても十分楽しめます。船が大好きな方っていうのは、たまらない時間になると思います。
施設を歩き回ったりするのも、たっぷりと時間を使えますし、ちょっと気になることがあったら遠慮なくトライしてみることもできると思います。