2019年5月20日

訪日客向けメディアMATCHAの「Stay Safe in Japan」

今朝は、訪日観光客へ向けた、防災減災の情報をお届けします。

お話を伺ったのは、株式会社MATCHA代表・青木優さん。MATCHAとは、外国からの観光客に向けた観光情報を多言語で紹介している国内最大級の訪日客向けメディア。世界200ヵ国以上からのアクセスがあるそうです。



このサイトでは、もし日本で大きな災害が起きたときに備えて、外国人観光客むけの情報発信をスタートしています。

◆災害時の訪日客をサポートする
MATCHAは、10言語に対応しているメディアです。日本語、英語、中国語(繁体字・簡体字)、タイ語、インドネシア、韓国、スペイン、ベトナム、あとはやさしい日本語に対応しています。やさしい日本語は英語で言うとシンプルイングリッシュみたいなもので、日本語を優しく噛み砕いたもの。わかりやすい例としては「古民家」という言葉をそのまま使わずに「古い家」と言い換えたりする日本語学習者向けの言葉になっています。MATCHAでは★Stay Safe in Japanという災害向けの特設ページを去年の9月から10月に制作しました。それの経緯としては、去年大型の地震があったり、水害や台風が頻繁に起きていて、うちのメディア上にそういった地震の情報などをしっかり多言語で発信してほしいという依頼がユーザからメールが来ました。それを受けて、そういった情報が必要だというの改めて感じまして、STAY SAFE IN JAPANと言うページを立ち上げました。特徴としては多言語で地震などの状況がわかる点、怪我したときに海外の人を受け入れられる病院のまとめ、災害が起きる前に知っておくべきトピックス、起きた後に知っておくべきトピックスをしっかり記事としてまとめているところが特徴になります。この情報自体に関しては気象庁からデータをもらって、発信をしていて、気象庁以上のデータはなかなか出すことができないんですね。その代わりにいまは厚生労働省が海外の人の対応できる電話番号を作ったので、今度それをSTAY SAFE IN JAPANに掲載をして、何かあったらこちらに電話をしてくださいというのやろうとしています。


「災害弱者」という言葉がありますが、外国人観光客は、見知らぬ国で災害に見舞われると、「災害弱者」になってしまう可能性が高くなります。また、日本語が多少わかる外国人でも、災害時の情報で混乱することがある。津波からの避難アナウンス「高台に避難してください」は、”高台” ”避難”という難しい日本語が使われているため通じないことがあると言われており、やさしい日本語で「高いとこに逃げて」と言わないと通じないことも多いと言います。

訪日客を相手にご商売されている方なんかは、この「Stay safe in japan」のサイトを知っておくと、いざという時に外国の方を助けることができるかも知れません。

★Stay Safe in Japan

★MATCHA

2019年5月17日

水本匡起さん

今週は、今週は、東北学院大学、中央学院大学講師、東北福祉大学では 防災士の養成研修講座の講師をしている、理学博士の水本匡起さんのインタビューをお届けしています。



活断層など「地球の活動」の研究者である水本さんに、自然災害との向き合い方を今週はいろいろと伺ってきましたが、最後は、自然と切り離された「都市部」に暮らす人たちへのメッセージを頂きました。


●「自然災害から命を守るために必要なこと」

「例えば日本海側の地域。毎年毎年雪が降る。それが災害になっていない。例えば東京なんかでたくさん雪が降ると大災害、10センチでも騒いでしまうわけですから、でもそれが災害になっていないのは、生活の一部に取り込んでいるからということなんです。青森県の津軽地方の地ふぶき、鹿児島の火山灰、沖縄地方の台風。ものすごく強い台風はじゅうぶん自然災害になり得る自然現象なんですけれども、日常生活に違和感なく取り入れている。すなわちその土地で生きている生活の工夫がたくさんあるからこそ、それぞれの地域で深刻な災害になっていないんですよね。そう考えると日常生活の中に違和感なくその自然災害を取り入れることができれば、それは自然災害にならないという考えもあると思うんです。すでに対応できている人たちはプライドを持って良いことだと思うんです。昔の人たち、あるいは山村に住んでいる人たちにすごくヒントがあると思います。そういう人たちは地域をよく知っているんですよね。山に住んでいる人は山のことを全て知らないとそこで生活ができないから、山のことを知ることが「防災」になっている。住んでいる地域をよく知る、そして自分の地域に愛着を持つ、そしてこの地域で生きていく意思ですね。孫の代までずっと生きていく意思をずっと共有している、これって防災に一番大事なことなんですね。都市、人口密集地に住む人が一番足りない部分は実はそういう部分。だから都市は災害に一番弱い。まずそういうことを自覚した上で防災の知恵をたくさん学ぶことが必要なんじゃないかなと思います。」


大雨、大雪のたびに混乱する東京などの都市は、確かに自然災害にとりわけ弱いと言えます。反対に、農業や林業、漁業などに関わる人達が暮らす自然豊かな地域は、日々自然と向き合って生活していて、空模様や匂い、先祖から伝わる方法で、天気や気候の変動を予測しています。そして雪の多い地域の建物、台風の多い地域の建物は、それに対応した作りになっていて、だいたいの場合、それは大きな自然災害とはなりません。こうしたことに自然災害を自然災害にしないヒントがあるのではないでしょうか。

«前の記事へ || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 959 | 960 | 961 || 次の記事へ»

パーソナリティ 鈴村健一

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

TOKYO FM 特別番組 HANABI

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN