2018年12月10日

復興グルメ2018〜広島編

12月10日(月)の「復興グルメ2018」広島県の当選者は、

もこっち さん
業者と癒着 さん
花の子るんるん さん

以上3名です!
おめでとうございます。

今週は「復興グルメ2018」と題して、今年、自然災害で被災した地域の、都内にあるアンテナショップを訪ね、それぞれの地域の“美味しいもの”を紹介していきます。今週は毎日プレゼントがあります!

まず今朝ご紹介するのは、西日本豪雨で大きな被害を受けた広島県。

銀座にあります「ひろしまブランドショップTAU」を訪ねて、
山口亮さんにオススメを聞きました!


中西)山口さんよろしくお願いします。「TAU」はどういう意味なんですか?
山口)広島の方言で「届く」という意味です。
中西)「届かない」は?
山口)「たわん」って言うんです。
中西)そうなんだ。で、広島のものを何かプレゼントしたいんですけど、山口さんオススメは何ですか?
山口)まず一つ目は「ジュースのようなポン酢」です。本当に口当たりが軽くてジュースみたいに少し舐めてもぜんぜん
    しょっぱさなんかを感じることがない品物です。
中西)これは鍋の季節にはぴったり・・・
山口)ですね。で、工場が被災してしまってまったく何も作れない、というところから、いまやっと品物が店頭に並ぶ
    ことが出来た品物の一つです。
中西)そしてもう一品・・・
山口)「せんじ揚げ」という、ホルモンなんです。一度揚げて乾燥させた、広島のソウルフードです。
中西)ちょっと一つ・・・(試食)・・・うん、ほんとに抜群に美味しいです。“ビールニアウジャケエタベテミンサイ”・・・
山口)“ビールに合うんじゃけえ食べてみんさい”(笑)
中西)以上ですか?
山口)いや、最後は牡蠣ですね。
中西)やっぱり牡蠣ですよね〜
山口)「牡蠣のオイル漬け」です。
中西)これはどうスペシャル??
山口)味付けもそうなんですが、だいたいオイル漬けってオリーブオイルを使うんですがこれコーン油を使ってるんです。
中西)コーン油!そうするとどうなる??
山口)もうぜんぜん重さが違いますオイルの。軽いんです。ですが味が濃厚なんです。
中西)いいな。では3点セットでお願いします。
山口)よろしくお願いします。



さ、というわけで今回チョイスしたのは・・・

●尾道・向島(むかいしま)の“だいだい”を絞った、世羅町、「番場醤油醸造」の、「ジュースのようなポン酢」。
 ツンと来なくて香り高いポン酢で、鍋の時期にオススメ!

●広島県民のソウルフード、海田町、「植田商店」の、「こりこりホルモンせんじ揚げ」。
 噛めば噛むほどジュワっと広がる脂の旨み。おやつにもいいけどビールに合う!

●広島湾の牡蠣を、ひと炙りして味付け、コーン油に漬けた人気商品、広島市「倉崎海産」の、
 「花瑠&花星(おいる&おいすたー)」。粒よりの牡蠣を使った冷蔵品。つまむも良し、パスタにするも良し!

 
この3点をセットにして、3名様にプレゼントします。欲しい!という方、『LOVE & HOPE』のブログのメッセージフォームから、「広島の復興グルメ希望」と書いて、ご応募ください。当選者は後日ブログで発表します。

『LOVE & HOPE』「復興グルメ2018」、明日は岡山県のアンテナショップを訪ねます!お楽しみに!


ひろしまブランドショップTAU

2018年12月7日

フィッシャーマンジャパンの「トリトン・プロジェクト」

引き続き、東北の若手漁師などが運営する「フィッシャーマンジャパン」の取り組み、「トリトン・プロジェクト」の話題。

この「トリトン・プロジェクト」、“漁師体験ツアー”や“水産加工業へのインターンシップ”などを通して、
水産業や水産加工業の“次の世代の担い手”を育成するプロジェクトです。

「フィッシャーマンジャパン」松本裕也さんに、今朝は、東北の水産業の課題、そして未来について伺いました。


◆「必要なのは『変化する力』と若者」
「僕らはもともと漁師を増やすとか、漁師が稼げるようになるということを目標にやっていますが、石巻にはすごくたくさんの水産加工業会社があって、最近倒産する会社も増えています。震災後に工場を立て直すために借りた補助金が返済の時期にきて、会社を閉じなきゃいけないという人がかなり出始めている中で、その状況を打破するためには、“変化ができる会社”であることが求められています。水揚げの状況や魚の種類、マーケットも変わっていくなかで、変化ができる会社をどう増やしていくかということに、いまは重点を置いてやっています。具体的にやっていることは、2カ月に1回ほど、経営者や経営者の右腕的な若い人たちを集めて、人事や組織開発を担当している(外部の)方々を講師として招き、学ぶ場を作っています。そういったことをやることによって、“変化できる企業”を増やしていきたいんです。
震災から10年の足音がそろそろ聞こえてきました。僕らは10年が区切りとは思っていないが、多くの方が10年に向けてどうしようとか、そこでいなくなってしまう人とか、復興庁がなくなって、なくなってしまうお金というのもありそうな予感があります。それ以降も続けていくためにどうしようかということは、僕らだけでなく、残っている覚悟がある人達はみんな思っているんじゃないかと感じています。」




返済の必要がない「グループ補助金」と違って、自治体などの補助金や、個人向けの「災害援護資金」などは、返済猶予期間が終わって、すでに返済が始まっているものもあります。しかし街が修復され商売を再開したものの、人口が減ったままで商売が立ち行かず、その返済に苦しむ中小の企業や商店は少なくないといいます。

この状況を打破するためにも、「変化」と「若い力」を東北に呼び込もうというのが「トリトン・プロジェクト」の狙い。関心のある方は是非オフィシャルサイトを訪ねてみてください。


★さて来週の『LOVE & HOPE』は、恒例の人気企画、「復興グルメ2018」をお届けします。今回は、西日本豪雨の被災地のうち、広島、岡山、愛媛、そして胆振東部地震の被災地、北海道の、都内のアンテナショップを中西哲生が訪ね、美味しいものを品定めしつつ買ってきました。毎日3名様にそんな各地域の美味しいものをプレゼントしますので、どうぞお楽しみに!


«前の記事へ || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 902 | 903 | 904 || 次の記事へ»

パーソナリティ(月ー水)中西哲生・ケリーアン(木)中西哲生・綿谷エリナ(金)速水健朗・綿谷エリナ

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

LOVE & HOPE スペシャル 7年目の春便り〜ふたつの故郷(ふるさと)〜

TOKYO FM サンデースペシャル やさしい日本語 Supported by ヒューマンアカデミー

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN