2019年6月14日

ラーメンディレクターが行く東北海鮮ラーメン五番勝負

じつは東北沿岸の港町は美味しいラーメン屋さんが居並ぶラーメンパラダイスでもある!ということを知ってもらいたくて、今週は「ラーメンディレクターが行く東北海鮮ラーメン五番勝負!」、お届けしています。しかも今回は「海鮮系ラーメン」に絞って。

今日ご紹介するのは、岩手県宮古市「ひろや食堂」の看板メニュー「わかめラーメン」です。



「ひろや食堂」がある宮古市の津軽石という町は、津軽石川にサケが遡上する“サケの町”、そして肉厚で上質なわかめが採れる重茂半島が有名な町です。ただこの土地も津波では大きな被害を受けました。当時は山田線の横倒しになった車両の映像が幾度となく映し出されていました。「ひろや食堂」ご主人の木村広義さんは、当時のことをこう振り返ります。


◆「定年退職かなと思ったけど」

「津波でね、うちの店は全部流されて、何も残ってなかった。そしてもう、年齢も年齢だから、ちょうど定年退職になるのかなと思っていたら、3ヶ月ぐらい休んでいたらもう退屈しちゃって。もう一回食堂をやるかということになって。11月に再開へ向けて動きはじめて、翌年1月3日に開店したわけです。」

そして木村さんは知人の大工さんに依頼して自宅と店舗を再建しました。ただしその当時、周辺に建物はほとんどありません。津波が削り取った広大な荒れ地にポツンと新しい建物を建てたようなものです。周りの方には“頭がおかしくなったんじゃないか?”と言われたほど。それでも木村さんは奥さんと二人で40年暖簾を掲げてきたお店を再建し、そして震災後にこの看板メニューとなる「わかめラーメン」を産み出しました。


◆「暇だったから製麺を習った」

「ちょうど食堂を建てているときに何もやることがないから、東京の品川製麺さんのところに行って麺作りを習って、その時に重茂のわかめを、これを使ったらいいかなと思って、それを粉にして麺に入れてわかめラーメンを作って。色が綺麗で、味も良くてこれはいいなと。生まれが重茂なんですよ。だから重茂のわかめで慣れているからよそのわかめを食べれてもわかる。やっぱり重茂のわかめが一番。味のほうは磯味が一番良いんだけど、ラーメンだから鶏ベース、煮干し。この前、東京の人が三陸鉄道に乗って、津軽石で降りて店まで来てくれました。まさか来るとは思わなかったけど。そういう人もいました。」





ヒスイ色の美しい麺。のど越しがなめらかで重茂のわかめが醸す磯香がします。70歳を目前にして麺づくりを学んだ木村さんによる無添加の自家製麺。鶏と煮干しベースのスープに、そんなヒスイ色の麺と、トッピングにはチャーシュー、エビ、しうり貝、ふのり、メカブ、そしてわかめなどが乗ります。高級ブランドで知られる“重茂のわかめ”を贅沢に使った「ひろや食堂」の「わかめラーメン」。ほかでは食べられない一杯です。ちなみにもっと“ワカメ麺”を味わいたい人には、「ワカメざるラーメン」や「ワカメうどん」もあります。

噂を聞きつけて遠方から訪ねる人も多いといいますが、重茂半島や津軽石川の美しい景色、のどかな三陸鉄道の「津軽石駅」など、周辺には見どころもいろいろとあるので、ぜひ足を運んで頂きたいと思います。




パーソナリティ 鈴村健一

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

TOKYO FM 特別番組 HANABI

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN