2019年7月19日

水害で命を失うことはない「備えができる災害」 土屋信行さん(10)


二週にわたり「リバーフロント研究所」土屋信行さんに「水害への備えや避難」について伺ってきました。

水害は浸水や生活への影響だけでなく、命を奪うこともあります。昨年の西日本豪雨では、200人を超える犠牲者が出ました。水害で二度と命を失わないために、わたしたちにできることとは。

◆水害で命を失うことはない「備えができる災害だ」
実は水害に関しては、起こる場所が特定されています。地震のように日本中どこで起こるかわからない、起こっても受け止めなければならない、というものではないんですね。水害は起こる場所が特定されていて、そこに住んでいることを認識していれば、絶対に水害で命を失うことはない「備えができる災害だ」と僕は思っています。
住んでいる場所が海抜ゼロメートル地帯ならゼロメートル地帯で、早く逃げる。「ここにいてはダメです」という江戸川区の水害ハザードマップのようなシグナルをきちんと受けとめて、早めに逃げていただきたい。地震のときもしかして堤防が壊れたら洪水になってしまうというゼロメートル地帯、またゲリラ豪雨のときは昔の川筋にいてはダメだという場所も、あらかじめわかることです。
また、最近は人工衛星による気象の観測網が発達しています。いざという時にはスーパーコンピューターで進路予測から台風の大きさ、台風が成立する時間まで非常に高い精度で予測してくれます。だから、気象庁の事前の情報は必ず、自分たちの住んでいるところと照らし合わせて、危ない情報はきちんと「危ない」と受け止めることが大切。正常性バイアスに陥って「たぶん大丈夫」「たぶん自分にはたいしたことがないだろう」という「たぶん」は忘れて、気象庁から出る情報を的確に避難に結び付けてほしい。はっきり言えば、「自分の命は自分で守る」。そのための避難情報だし、避難の準備だと考えてほしい。もう二度と、日本で水害で命を失わない。そういう日本人になろうではありませんか。


「自分の住んでいる場所について知る」「早く逃げる」、水害対策をきちんととれば命を失うことはない、備えができる災害として、この2つを突き詰めるとが大切です。

土屋さんのお話は、著書の「首都水没」、そして今日発売される「水害列島」でも詳しく読むことができます。

パーソナリティ 鈴村健一

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

TOKYO FM 特別番組 HANABI

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN