2020年2月21日

復興グルメのせてみた〜信州のフルーツジャム

シリーズでお送りしてきました「復興グルメ、のせてみた」。ラストは、長野県長野市のフルーツ農家によるプロジェクト、「信州フルーツ農家のおすそわけ」が手掛ける「フルーツジャム」です。



去年10月の台風19号で千曲川の堤防が決壊。大きな被害を受けた長野市。リンゴ畑や観光農園が並ぶ「アップルライン」沿いの長沼地区も、広い範囲が浸水被害を受けました。県内の農作物への被害額は16億円以上。うちリンゴの果実や木への被害は約10億円。大半が長野市などの県北部です。

「信州フルーツ農家のおすそわけ」を束ねるフルプロ農園の4代目、徳永虎千代さんは、存続の危機に瀕している、地域の果樹産業を立て直し、未来へ繋がる復興を目指して、「長野アップルライン復興プロジェクト」を設立、クラウドファンディングを実施するなど、復興に尽力しています。

そんな徳永さんらによる「信州フルーツ農家のおすそわけ」のフルーツジャムは、もちろん無添加。素材を皮ごと使って、果肉がごろっと詰まった作りのジャムです。シナノスイート、サンふじ、秋映、紅玉など、信州のリンゴを使ったジャムのほか、シャインマスカットのジャムもあります。

通常、長期保存が可能なジャムを作るためには、50%以上の砂糖や、添加物を入れたり、高温で長時間加熱をしなければなりませんが、そうした“保存性”よりも、新鮮な生フルーツの風味にこだわって作ったジャムでもあります。

その中から今回は徳永さんにオススメ3種類をチョイスして頂きました。それが、「サンふじ」、「シナノゴールド」、「シャインマスカット」の3種。



ごろっとしたフルーツ感、自然な甘み、あと味のさわやかさ・・・ぜひ味わって頂きたい逸品です。

ということで今日はこの「信州フルーツ農家のおすそわけ」のフルーツジャム3種をセットにして、5名の方にプレゼントします。

ご希望の方はこのブログのメッセージフォームから、「『信州フルーツ農家のおすそわけ』のフルーツジャム希望」と書いてご応募ください。

なお「信州フルーツ農家のおすそわけ」の商品は、直販サイトでも購入できます。ぜひチェックしてみてください。

パーソナリティ 鈴村健一

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

TOKYO FM 特別番組 HANABI

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN