NOEVIR Color of Life

EVERY SAT / 09:00-09:30

今、仕事も家庭も自分磨きにアクティブな生き様を実践する女性達。そんな女性達がいつまでも輝く心と勇気を失わず、体も心も健康な毎日を送るため、各界を代表して活躍する女性ゲストが自らの言葉でメッセージを送るのが、このノエビア カラーオブライフ。「生きること、輝くこと、そして人生を楽しむこと」をテーマにした、トークや音楽、話題、情報などが満載です。

TOKYO FM

NOEVIR Color of Life

EVERY SAT / 09:00-09:30

唐橋ユミ

今、仕事も家庭も自分らしく、いきいきと生きる女性たち。いつまでも輝く心を失わず、心も体も充実した毎日を送るため、各界を代表して活躍する女性ゲストが自らの言葉でメッセージを伝えます。“生きること、輝くこと、そして人生を楽しむこと”をテーマにした、トークと音楽が満載のプログラムです。

Guest岡本真夜さん

岡本真夜さん

1995年にシングル「TOMORROW」で歌手デビュー。新人ながらいきなり200万枚の大ヒットを記録。ベテラン歌手からアイドルに至るまで、幅広いアーティストへ作品を提供しているほか、エッセイの執筆、ピアニストmayo としても活躍。デビュー25周年の今年、3月4日に12年ぶりのシングル「旅人よ」をリリース。

続けて行くためには、ゼロに戻る瞬間を作る

2020/03/07
1995年にシングル「TOMORROW」で歌手デビューした岡本真夜さん。
ベテラン歌手からアイドルに至るまで、
幅広いアーティストへ作品を提供しているほか、
ピアニストmayo としても活躍されています。

「2016年にピアニストmayoとしてデビューしてまして、歌のステージでピアノを弾き語りとかでピアノを触れるので、そのピアニストへの想いって、静かなあの~存在と言うか、そういう熱い想いってのは落ち着いてはいたんですけど、自分の中で勝手に、いつかデビューしたいなと目標を立てて、ピアノの先生を探して、レッスンをずっとやってましたね」

シンガーソングライターとピアニストの違いとは?

「歌よりもあのピアノ曲の方が自由さを感じるっていうか、歌は自分の出せる音域が限られてるんですけど、ピアノってもう88個どこでも行けるって言う。そういった面では、作曲面ではすごく自由に作れるのは凄い楽しいですね」

岡本さんは、今年でデビュー25周年。
「続けていく」ために大切にしていることとは?

「ストレスためないっていうのはすごく大事にしてて、そのリセットする時間をわざわざ作るとか、それも仕事の一つというふうに思ってます。例えばもう忙しい時期に、でも休めないって時でも、例えば、朝ちょっと早起きして、都内に住んでるので、ちょっと高速乗って海だけちょっと見に行って、そこでカフェで一杯お茶してから仕事に行くとか、そういうちょっとなんか、ゼロに戻れる瞬間。時間っていうのはちょっとでもいいから作れるようにしてますね」

ゼロになれる瞬間、
あなたも作ってみませんか?
  • この記事をツイートする

人生を変えたTOMORROW

2020/02/29
1995年にリリースした「TOMORROW」。
新人ながらいきなり200万枚の大ヒットを記録。
この曲の完成秘話とは?

「最初の一行目の涙の数だけ強くなれるよっていうのは、祖父母が高知で育ててくれたんですが、その祖父の反対を押し切ってまデビューまで2年半ぐらいまであったんですけど、その間にある日手紙が届いて、その手紙の一番最後に涙が多いのが人生だよって書いてくれてたんですよね」

しかし、その曲の姿は岡本さんが描いていたものとは少し違うものでした。

「本当はバラードでデビューしたい想いがすごい強かったんですよ。まぁ、当時このTOMORROWもその、デビュー曲の候補曲に入っていて、バラードだったんですが、そのドラマ主題歌に選んでくださったプロデューサーの人からテンポ上げてほしいというふうに言われてて、アレンジャーさんに頼んでアップになったから、慣れるのに15年かかったんです」

15年。
そのきっかけはファンとの交流でした。

「15周年の時に全国27か所回って握手会を初めて行った時に、やっぱり目の前で沢山の方が涙ながらにこの曲を語ってくれて、一番印象に残ってるのは本当にたった一言人生を変えてくれた曲なんですって言って去っていった人が居て、この曲もっと私大事に歌わなきゃいけないってすごく思いましたね」
  • この記事をツイートする

きっかけは突然に

2020/02/22
岡本真夜さん、その原点とは?

「音楽一家だったこともあって、普通に気づいたらピアノ触ってたみたいなそんな感じですかね。食べていくとかも当時から考えてました。高校1年まではピアニストを目指してまして音大に行くつもりだったんです」

では、歌い手へのきっかけとは?

「学校から帰ってたまたまラジオつけたらあのドリカムの未来予想図 IIがかかってまして、吉田美和さんの歌唱力に全身鳥肌が立ってそれで調べて、友達とカラオケボックスとかに通っていつのまにかピアニストではなく歌手になりたいって思うようになりました。今井美樹さんのPIECE OF MY WISHもよく歌った曲です」

プロになりたい。
高校を卒業して上京したい。
その思いがこもったデモテープは関係者の耳にとまりチャンスをつかんだ。

家族の猛反対を押し切り岡本真夜は東京へと旅立ったのであった。
そして、運命のひとことが、、、。

「曲を作ってみてはどうか?」

曲を作る時は鼻歌で作るという岡本真夜。
そのスタイルは今もなお変わっていないという。

あの名曲「tomorrow」も鼻歌から生まれた曲なのである。
  • この記事をツイートする
Page Top
|| 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 ||