• TOKYO FM
  • JFN

日本酒造組合中央会 presents 新春日本酒 蔵開き祭り

  • TOKYO FM
  • JFN

日本酒造組合中央会 presents 新春日本酒 蔵開き祭り

日本酒おつまみ総選挙の投票は〆切ました。

日本酒おつまみ総選挙結果発表!!

About-イベントについて-

〜日本酒おつまみ総選挙〜

  • 全国38局、地元のラジオパーソナリティーが厳選し、オススメのお酒のおつまみを38名様と、「おうちで日本酒を楽しむ支援金」1万円分のクオカードを20名様にそれぞれをプレゼント!新鮮な日本酒が楽しめる蔵開きのこの時期に、地元を知り尽くしたラジオパーソナリティが選ぶ至高のおつまみと日本酒のマリアージュを楽しみましょう!
  • 日本酒 おつまみ MAP
  • JFN 38 Stations のお酒大好きなPersonality達がレコメンド!
  • 都道府県を選んでパーソナリティーのオススメをチェック!
北海道 東北 関東 中部 近畿 中国 四国 九州 沖縄 地図
  • 東京
  • 山口
  • 香川
  • 広島
  • 愛媛
  • 岡山
  • 島根
  • 徳島
  • 兵庫
  • 大阪
  • 滋賀
  • 三重
  • 岐阜
  • 高知
  • 福井
  • 石川
  • 富山
  • 静岡
  • 佐賀
  • 長野
  • 長崎
  • 栃木
  • 熊本
  • 群馬
  • 福島
  • 山形
  • 大分
  • 宮崎
  • 宮城
  • 鹿児島
  • 岩手
  • 青森
  • 沖縄
  • 北海道
  • 福岡
  • 新潟
  • 愛知
  • 秋田

地域名をタップしてください

北海道・東北 ※投稿があれば下記に表示されます。
関東 ※投稿があれば下記に表示されます。
中部 ※投稿があれば下記に表示されます。
近畿 ※投稿があれば下記に表示されます。
中国 ※投稿があれば下記に表示されます。
四国 ※投稿があれば下記に表示されます。
九州・沖縄 ※投稿があれば下記に表示されます。

Recommend-オススメ記事-

細切り塩吹き昆布東京



TOKYO FM「食べるラジオ」パーソナリティの dancyu 編集長・植野広生です。
お薦めのおつまみは、築地場外市場「寿屋商店」の“細切り塩吹き昆布”(税込890円)です。

市場が豊洲に移転したとはいえ、築地場外市場は健在で酒のつまみになる魅力的なものがあちこちに。その一軒、昆布や乾物の品質と品揃えを誇る江戸時代から続く老舗の魚問屋の塩昆布は、味わい深い昆布と塩味のバランスが素晴らしく、そのままつまんでも酒の旨味をグンと引き立ててくれます。

さらに、鯛など白身魚の刺身、刻んだキャベツやキュウリ、トマトなどと和えるだけで美味なる一品に(調味料などは一切不要。和えてから少しおくと味が馴染みます)。自宅にいながらまるで小料理屋で呑んでいるような粋な気分になれます。酒の締めには、この塩昆布を混ぜ込んだご飯を小ぶりのおにぎりに。できればちょっと炙ると、深い香りと味わいが増して実に旨い。

ああ、幸せ。これでまた酒が呑めてしまいます。ああ、酒が進んで締まらない……。ちなみに、我が家ではこれを欠かしたことがありません。



【日本酒を飲みながら聴きたいミュージック】

AIの“ママへ”

いい日本酒は冷やで呑むものということが日本酒好きの“常識”になっていますが、酒質によっては燗をつけたほうが香りがふくらんだり、まろやかに米の味わいを感じることができます。日本酒はお燗もいいものです。
というわけで“オカン”の曲が合うかと……。



Special Program -特別番組-

植野広生
「食べるラジオ」も“日本酒おつまみ総選挙” に参加。
パーソナリティの「dancyu」編集長・植野広生氏がチョイスした
おつまみも是非チェックしてみてください!
2月の食べるラジオは「日本酒」とテーマをタイアップして放送。

食べるラジオ
【TOKYO FM/JFN38 毎週土曜22:30-22:55】

  • TOKYO FM
  • AuDee

Holiday Special -ホリデースペシャル-

日本酒造組合中央会 presents 日本酒と音楽のおいしい関係 2月23日(火・祝)20:00-21:55

  • 小堺一機小堺一機
  • YOUYOU
番組宛てにメッセージ・投票を
送ってくれた方の中から抽選で
全国日本酒酒蔵MAP/ Tシャツ&鉢巻を
20名様にプレゼント!

Kurabiraki -蔵開き-

〜「蔵開き」とは〜

  • 蔵開きとは、日本酒を造っている蔵が、一般のお客様やファン向けに開催している、お祭りイベントです。蔵や地域によってイベント内容や開催日は異なります。その年の造りの始め(10月)や造りの終わり(3月)に開催されるところが多いようです。

〜「蔵開き」の楽しみ方〜

  • 蔵開き当日は、どの蔵もそれぞれ一押しのお酒を用意しています。秋ならひやおろし、春先なら新酒など、季節のお酒がでていることも。価格も1杯あたりだいたい数百円〜なので、無理なくきき酒が楽しめると思います。