2018年12月18日

ソフトバンク内川、5回目の福島野球教室

プロ野球・福岡ソフトバンクホークス 内川聖一選手による福島県の子どもたちのための野球教室の模様、お伝えします。
2014年から毎年、実施している内川選手の野球教室。今年は、郡山市の野球場で、275人の野球少年たちと交流しました。

野球教室はこれで5回目。毎年、この教室に合わせて被災した地域の視察もしており、今年は飯舘村を訪れた内川選手。どんなことを感じたのか、伺いました。

◆回数を重ねることで
姿かたちが戻ったからその街が戻っているかというとそうじゃないんだなということを感じました。子どもたちが現状まだ戻りきれていない、当時を100%とすれば20%くらいしか帰ってきていないんですよね。そうなってくると団体スポーツもなかなかできないという話を聞くと、難しい問題があるんだなと感じさせてもらいましたし、それに対して僕たちが直接的に何ができるかわからないんですよね。でも福島応援しているという気持ちが少しでも伝われば嬉しいと思って毎年来させてもらっていますし、最初にやろうと思ったきっかけの気持ちと、今こうやってここへ来て終わったときの気持ちは違うので、最初は僕らも元気を与えなければという力みがあってきましたけれども、今はどちらかというと福島のみなさんに応援してもらって、終わった時に俺らの方が元気をもらって帰るよな・・・という気持ちになっているので、当たり前のように来ているというか、特別なことではなくなってきている気がします。なかなか直接全員と触れ合う機会は野球教室ではないんですけれども、キャッチボールをすれば全員と触れ合えるので、それが僕らに彼らに与えたい思い出というかそういうものだと思いますし、なおかつここにきてやっているということが意味があることなんじゃないかと思っています。もちろん活躍して、脚光浴びている姿を見て欲しいなといのが一番なんですけども、それだけじゃなくてきつい時や苦しい時も前を向いて一生懸命頑張っているな内川、と思ってもらえるような野球選手でいたいなと思いますね。



今回の野球教室、郡山市は今年はじめての雪に見舞われ、室内練習場でのキャッチボールがメインとなったのですが、そのかわり、内川選手は275人の小中学生全員とキャッチボールをして1000球以上を投げ、全員とボールを通じて交流をしました。今年は日本シリーズ連覇、2000本安打を達成した内川選手。ただ打撃は不審だった内川選手。子どもたちとのふれあいを力に変えて、来シーズンはさらなる活躍を期待しましょう!

2018年12月17日

ソフトバンク内川、5回目の福島野球教室

今朝は、プロ野球・福岡ソフトバンクホークス 内川聖一選手の東北・福島での活動、お伝えします。

去年もレポートしましたが、内川選手は2014年から毎年、福島で子どもたちの野球教室を実施。そして、それに合わせて
県内の被災した地域に足を運ぶという活動を続けています。今年、内川選手は、去年春に一部を除いて避難指示が解除された
飯舘村を訪問。地元の方の案内で、今年再開した学校の様子を視察しました。

◆再開した学校へ
「ここは学校でして、幼稚園・小学校・中学校に保育園をいれて今までバラバラの3つの小学校と1つの中学校だったんですけど全部1つにしました。この春に開校して、ほとんどの子どもたちがバスで1時間くらいかけて福島とかいろんなとこから通っているんですね。なので部活は基本的に土日はあまりやっていないものですから、誰もいないので」


この春、飯舘に開校した小中学校・認定こども園には、およそ100人の児童生徒が通っています。ただ、その多くが飯舘村の外から、避難先から通っていると。
こうした現状は、なかなか報じられなくなっています。

さらに内川選手は、「いいたてホーム」という、村内の特別養護老人ホームも視察。いま飯舘が抱えている問題について、真剣に耳を傾けました。

◆福岡では知ることが出来ない現実を
いいたてホーム・三瓶政美施設長「ここの施設はですね、利用者が全体130人まで入れるんですけれども職員がいないために今は、70床で許可をもらっています。どうしても職員室の応募者がいないので。震災の時に飯舘村は4月22日、全村避難と言う形になったわけですけども、施設内の線量が低いと言うこともあって、国と村、議会、私どもと交渉しながら残していただけないかと言う話をしまして、残ると言う形になったんです。利用者は3月11日からずっと継続して入所している方もいらっしゃいます。我々もそうですけれども職員が避難した先から通って、ここに8年間通いながら利用者を介護してきたというのが実情ですね。」

内川「現場はなかなか福岡にいると、僕らは正直全く知ることがないので、させてもらって目の当たりにすることで気持ちも変わりますし、僕らにとっても本当にありがたい時間と機会を毎年いただいていると正直思うんです。」

三瓶施設長「ありがたいと思っています」


内川選手は2013年、福島県いわき市で行われたオールスター戦MVPの賞金を、「福島の子どもたちのために使いたい」と、翌年から野球教室を実施。その教室も今年5回目。およそ1000人の子どもたちと野球を通じて交流を続けています。5回目となる野球教室の模様は、明日のこの時間にお伝えします。

«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 903 | 904 | 905 || 次の記事へ»

パーソナリティ(月ー水)中西哲生・ケリーアン(木)中西哲生・綿谷エリナ(金)速水健朗・綿谷エリナ

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

LOVE & HOPE スペシャル 7年目の春便り〜ふたつの故郷(ふるさと)〜

TOKYO FM サンデースペシャル やさしい日本語 Supported by ヒューマンアカデミー

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN