2019年3月25日

4月7日開通 気仙沼大島大橋(1)

宮城県気仙沼市の離島、人口3000人ほどの気仙沼大島と本土をつなぐ「気仙沼大島大橋」がいよいよ4月7日に開通します!

島民にとって長年の悲願だったこの橋。これまで交通手段は船しかなかったため、島民の日常生活の利便性はもちろん、観光面や、緊急時・災害時の交通手段としても期待されています。しかし、震災で被災した大島の玄関口「浦の浜港」の嵩上げ工事は道半ば。観光客を受け入れるウェルカムターミナルの工事も遅れています。
番組で何度も取材を続ける、気仙沼大島で旅館「黒潮」を営む、堺 健さんに伺いました。

◆気仙沼大島 浦の浜港工事の遅れ
4月7日に50年待った橋が架かる。島民はおおいに期待しています。私は観光もやっていて観光客も来やすくなるのは大変良いことだと思っています。しかし、観光客にしろ島民にしろ島を再生する「拠点」が必要だよねってことで、大島の浦の浜港はすでに工事が終わってないといけないんですけど、まだまだ半ばのような感じで工事が大変遅れているわけです。これは宮城県や気仙沼市の仕事がどんどん遅れてしまっているので私たちもキツくは言っているんですけど「予定通りいかないんだ」という返事しか返ってきません。ですから4月7日に橋が架かっても大島に来られた方がそこへ一旦来て、大島のどこを観ようとか、何を食べようとか買おうとか案内所を作らないといけないんですね。大きなイベントをするにしても多くのトイレがあったり大型駐車場がないとどこにも行けないということになるわけですから、そういったことは仮でもいいから作らなくちゃいけない、混乱とかは最小限にしたいなと思っています。
でも、うちの旅館の予約状況は5月の10連休は結構予約が入ってきています。やはり橋を渡ってみたいとか、新聞で見たので古い友達が連休に来るよ、という良いムードにはなっています。


大島の橋が開通するのは、4月7日。しかし工事の遅れで、開通した時点では観光の拠点となる浦の浜港はまだ工事中‥という状況のようです。

そして、橋の開通と共に、定期船が同じく4月7日で終了とのこと。“船旅”を味わいたい人は、この機会に船で大島へ渡ってみてはいかがでしょうか。

大島の旅館「黒潮」

2019年3月22日

三陸鉄道リアス線開通

今朝は23日に開通を迎える「三陸鉄道リアス線」についてお伝えします。



東日本大震災による津波で大きな被害を受け、運行が止まったままだった、「JR山田線」の宮古〜釜石間。この区間が、「JR東日本」から「三陸鉄道」に移管され、3月23日、運行を再開します。これによって、すでに運行を再開している「北リアス線」、「南リアス線」ともつながって、総延長163キロ、日本一長い第三セクター、「三陸鉄道リアス線」が開通するんです。

JFN15局で放送中の旅番組、「KIKI-TABI 2 Thousand Miles」では、8年ぶりに列車が通る沿線の町を取材。23日に一番列車が出発する釜石駅の山蔭康明駅長にもお話を伺いました。聞き手はJFNパーソナリティ、井門宗之さんです。


(「KIKI-TABI 2 Thousand Miles」より)
井門)いよいよですね。
山蔭)そうですね。新たに山田線区間リアス線として繋がるわけですけど、地元の人たちすごく期待しているんですね。もう8年になりますから。
井門)駅長はもう実際に電車に乗って走ったりはしてみたんですか?
山蔭)この間いっかい訓練運転に乗ってみたんですけど、線路沿いの職場の方々、住民の方々、下校中の小学生とかですね、みんな手を振ってくれるんですね。なんかそれ見てると本当にこう・・・感じるものありましたね。
井門)ぐっときますよね。ちなみに一気に行く電車みたいなものも運行するんですか?
山蔭)ええ。1日に数本ですけど、大船渡の盛から久慈まで、トータルすると4時間半ぐらいかかりますけども、一応ありますのでぜひご利用頂きたいなと思いますね。
井門)わかる範囲で結構なんですけど、そもそも路線自体も赤字路線と言われていた場所ですし、三陸鉄道が再開に手をあげた理由ってのは何なんですか?
山蔭)やっぱり東日本大震災。あの時にも震災のすぐ2日後に社長はじめ社員が線路の点検とかしたんですけど、その時にすぐ地元の方々が、“さんてつはいつから走るんだ?”って言われたんですね。その時に本当に、“待ってるな”ということですぐ決断して、徐々に徐々に区間を伸ばしながら運転再開したってのがありますので、この新しい区間についてもそのつもりで走っていく、いうことにあるのかなと思います。
井門)もうそこに住まれる方の気持ちにまず立ってみて、我々が手をあげなきゃダメだっていうことにところだったんでしょうねきっとね。
山蔭)しかないと思います。
井門)そうかあ・・・






試運転の時に手を振ってくれた住民の皆さん、8年ぶりに走る列車を見てどんな気持ちだったことか。8年といえば手を振っていた小学生の中には列車が町を走る風景を初めて見た子供もいたことでしょう。

23日は再開記念の特別列車が運行され、24日から通常の営業運転がスタートします。

もともと旧山田線は赤字だった路線、三陸鉄道も厳しい経営状況は続いています。観光での乗客を増やしていくことは喫緊の課題でもあります。三陸の美しい風景を縫うように走る列車。4時間半かけて旅するのもいいし、途中下車の旅もいい。季節ごとのイベント列車も企画しているということなので、ぜひ新生のさんてつに乗りに行きましょう!

三陸鉄道
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 937 | 938 | 939 || 次の記事へ»

パーソナリティ(月ー木)中西哲生(金)速水健朗

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

TOKYO FM 特別番組 HANABI

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN