2018年8月17日

「荒浜再生を願う会」の解散3

仙台駅から車でわずか30分。震災前は約750世帯が暮らしていた町・荒浜。今は「災害危険区域」に指定され、一面が更地のまま。代々この地に暮らしてきた人も、新しく家を建てることができません。今後、公園や工場、商業施設などのエリアになる予定で、今年その事業者が決定。地域の再生はようやくスタートラインに就いたばかりです。



そんな荒浜で2011年から活動を続けてきたのが、今年6月いっぱいで活動に幕を下ろした、「荒浜再生を願う会」。事務局長を務めた庄子隆弘さんは、波打ち際まで歩いてすぐのところにあった自宅の跡地に、「海辺の図書館」という名前の建物を建て、「荒浜再生を願う会」と共に地域のにぎわいを取り戻そうと活動してきました。



そんな庄子さんがいま胸に抱いている“これから”について、お話しを伺いました。


◆隠れたライフワークとして・・・“いつかは荒浜へ帰る”

今7年ですけれども、10年、15年とか経って、“昔住んでた荒浜”って来た時に、なんかまったく分からないような場所にはなっててほしくないなって、もちろん(震災遺構の)小学校が遺っていれば、そこでいろんなことを知る事は出来ると思うんですけど、なんかこう、荒浜の面影というか、そういったものをちょっと遺しておけるような場所を作っていきたいなと思っています。「荒浜再生を願う会」は解散になっても今まで拠点になっていた「里海荒浜ロッジ」はそのままオーナーの貴田喜一さんが維持していくってことなのでそこはそのまま。で、私の「海辺の図書館」で、移転した人たちとどういうふうに繋がれるかっていうような“繋ぎ役”をやりながらイベント等もやりつつ、町全体とか地域全体をどういうふうに考えていくかってことをやっていければいいかなと考えています。私はじっさいにここの賑わいづくりとか拠点ということは考えつつ、やっぱり災害危険区域に指定されたっていうこと自体に対しても疑問はあるし、もしも見直しが出来るんだったらそういったところも検討して欲しいっていうところは、ホントに心の奥底に持ちつつ、で、最終的にはここにある程度は住むことが出来るということを、まあ隠れたライフワークとして、災害危険区域ってホントにここをやったらもう日本全国そうだろうっていうような誰もが思うようなことなので、そこはやっぱり自分でも勉強を進めていきたいなと思います。




震災前は、海と松林が広がる自然豊かな場所で、胸を張って人に見せたい自慢の場所だったという荒浜。なんとかこの土地の良さを伝える活動を続けながら、町を離れた人や新たに訪れる人たちを繋いでいき、そしていつかは荒浜に戻ってみせる!と固い信念を語っていた庄子さん。現在、庄子さんが館長を務める「海辺の図書館」では、荒浜の風景を撮り続けている写真家、佐藤豊さんの写真展を開催中。最終日の8月18日(土)には、灯篭流しも行なわれます。その他にも様々なイベントが計画されていますので、こちらのオフィシャルページをチェックして、そして是非、荒浜へ足を運んでください。

2018年8月16日

「荒浜再生を願う会」の解散2

仙台駅から車でわずか30分の若林区荒浜。震災前は約750世帯が暮らしていた町ですが、今は「災害危険区域」に指定され、一面が更地のまま。代々この地に暮らしてきた人も、新しく家を建てることはできません。公園や工場、商業施設などのエリアになる予定で、今年その事業者が決まりましたが、地域の再生はようやくスタートラインに就いたばかりです。



そんな荒浜で2011年から活動を続けてきたのが、今年6月いっぱいで活動に幕を下ろした「荒浜再生を願う会」。事務局長を務めた庄子隆弘さんに、いま現在の荒浜の様子について伺いました。

◆人が来てもらえる状況にはまだ遠い

やはり建物がまだ一軒も再建・・・再建というか新たに建っていない状態で、まあこの時期は草が本当にすごい生えてくる時期でもあって、私かいま立っているこの「海辺の図書館」のところも、もう毎週草刈りに来てもどんどんどんどん出てくる感じですし、さっきは隣の漁師さんの小屋あるんですけど、その中に蛇がいて(笑)すごい屈強な漁師さんなんですけど、ちょっとさすがに蛇はダメだっていうんでさっき警察の人来たんですけど、警察の人も“逃げられた”って言って帰って行った・・・そういった自然のままになっちゃってて、正直、人を迎えられる状態ではないんですよね。その自然の中で好きに思い思いに過ごすような状態ならいいんですけど、やっぱり安全面であったりとか、草ぼうぼうでどこが道路だかわからない状態で、よく外から来る人にも、“どこまで行っていいのかわからない”とか“ここ入っていいのかわからない”っていう状態なので、やはり震災遺構の荒浜小学校が出来てそこではたくさんの人が来てくれるようになったんですけど、そこから先の荒浜というところを知って頂くっていう状態にはまだなっていない。なのでその辺の草刈りだったりとか、ちょっとした環境整備ですよね、いまだにトイレが仮設トイレしか置いてない状態なので、やっぱりそういったところの整備も進まないと、人が来てもらえる状況にはまだ遠いなっていうのは思っているところです。




美しい浜辺と松林が連なる荒浜の風景は一変。津波にのまれた町は、瓦礫や傷んだ家は撤去されたものの、7年間以上ほぼ手つかず。家の土台がむき出しの原っぱ、荒れ果てたふるさとを何とかしようと、庄子さんたち「荒浜再生を願う会」のメンバーは、浜の清掃イベントや石窯ピザを焼くなど、さまざまなイベントを行なってきました。6月末で「荒浜再生を願う会」は解散になりましたが、あすは「海辺の図書館」館長も務める庄子さんのこれからの活動についても、お話しを伺います。
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 861 | 862 | 863 || 次の記事へ»

パーソナリティ(月ー水)中西哲生・ケリーアン(木)中西哲生・綿谷エリナ(金)速水健朗・綿谷エリナ

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

LOVE & HOPE スペシャル 7年目の春便り〜ふたつの故郷(ふるさと)〜

TOKYO FM サンデースペシャル やさしい日本語 Supported by ヒューマンアカデミー

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN