2019年11月12日

自動車をめぐる水害時の備え 深い水たまりに入ってしまったら

今週は、車をお持ちの方、ドライバーの方へ向けた「水害への備え」をお伝えしています。

まず、運転中に豪雨に見舞われたら、電車の高架下など水が溜まりやすい道路には進入しないのが原則です。ただ、水たまりは見た目では深さが分かりにくいため
うっかり水の深いところに入ってしまうことも考えられます。そうした場合はどうすればよいのか。命を守る対処法をJAF・日本自動車連盟の谷宗一郎さんに伺いました。

◆深い水に入ってしまったら
万が一、(車に)乗っている最中に水たまり、深い水に入ってしまったら。もちろん入らないのが大前提だが、万が一入ったときは出来る限り波を立てないよう、ゆっくりゆっくり進む。思ったより浅いと思ってもタイヤの真ん中くらいが一つの目安。タイヤの真ん中くらいの高さといってもすごい勢いで波を高く立てながら入ってしまうと、高く上がった波を車のバンパー部分で切り裂きながら走ることになりエンジンが水を吸ってしまうと、エンジンが壊れてしまう可能性もある。とにかく波を立てないように。もし入ってすぐで、周りに車がいない状態であればUターンしてそれ以上深く入らないということも検討して欲しい。万が一そのまま入ってしまって車のエンジンが止まってしまったら、車の中に徐々に水が入ってきてしまうこともある。ただしそんなに深くないところであればまずドアを開けて脱走する。当然ある程度の深さ、60センチ〜90センチになってくるとかなりの水圧がドアにかかるので出ることができなくなる。実際に車が水没すると重いほうから車が沈んでいくので、前に車のエンジンがある場合は水深が深くなると車の後ろ側が浮き上がってしまう。なので車の後方に脱出して窓を開ける、もしくは窓を割って車の外に出る。とにかく車の中にそのまま居続けないのがとても大事。


JAFの実験では、同じ水深でも車の速度が速くなるほど、巻き上げる水の量は多くなりエンジンルームに大量の水が入り込むことが分かっています。ですから深い水たまりを進む場合は「ゆっくり走る」ことが大切。また、浸水が進むと車は後部が浮き上がることがある(前方にエンジンを積んでいる場合)ため、前方座席のドアは水圧が強くなり開けにくくなります。そうした場合は後部座席に退避して後ろのドアからの脱出となります。

★JAF「水害発生時の避難行動」


明日も自動車に関する水害時の備え、お伝えします。

2019年11月11日

自動車をめぐる水害時の備え 豪雨の際の運転

今週は、車をお持ちの方、ドライバーの方へ向けた「備え」の情報です。

今年は、水害による道路の冠水でたくさんの車が浸水被害を受け、車から出られず、命を落としてしまう方も相次ぎました。

今後、また水の災害が起きた時、どう備えればよいのか。一週間かけてお伝えしていきます。お話伺ったのはJAF・日本自動車連盟の谷宗一郎さん。まずは、大雨の際の運転についてです。

◆運転中に豪雨に見舞われたら
豪雨の時の運転は、そもそもワイパーを最も速い状態にしてもとても視界が効かない、水がかききれないこともある。そんな中で運転するときに最も気をつけたいのは、視界が悪くなる、または水が流れてきて何か障害物が流れてきて車とぶつかってしまう、前の車が急に減速をして事故になってしまうということ。一番意識したいのは車間距離を余裕を持つ、スピードは控えめにする。避けた方がよい道としては山道もそうだが特に都心部であればガード下、少し低くなっているような道。基本的にはきちんと排水の機能が設置してあっても豪雨のときにはゴミや落ち葉などが大量に流れ込んで一時的に流れをせき止めてしまうこともある。その結果、水がうまく排水されずに溜まってしまうこともあるので排水機能があっても油断はできない。あとはもちろん川沿いの道も避けて欲しい。ガード下など水がどれぐらい溜まっているのか、水深何センチというメモリが付いている場所が大多数だとは思うが、実際にそれをきちんと把握できるかと言うのも難しい。実際にそうした道に入ってしまったら「行けてしまうだろう」という心理も働く。そもそも水深がわからないところに車で突っ込んでしまうのは無謀極まりないので近寄らないのが一番。それ以外にも山道などでは雨による土砂の流れ、川沿いだったら川が溢れる可能性があるのでそういったところには近づかないようにしてもらうのが一番良い。


豪雨により道路が浸水していた場合、水たまりは見た目だけでは深さがわからないので、できるだけそこには進入しないことが大切です。水の深さがたった10センチ程度でもブレーキ性能は落ち、安全な所へ車を移動する必要があるといいます。また、排水機能がある道路でも、落ち葉などで詰まってしまう場合もあり、なんとか行けるだろうという心理が働きがちだということも頭に入れておきましょう。

★JAF「水害発生時の避難行動」

明日も車に関する水害時の備え、お伝えします。
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 1018 | 1019 | 1020 || 次の記事へ»

パーソナリティ 鈴村健一

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

TOKYO FM 特別番組 HANABI

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN