2018年8月13日

STAND UP SUMMIT2018

今日と明日は、今月、東京ビッグサイトで行われたイベント
『STAND UP SUMMIT』をご紹介します。

「これからの時代を担っていく若者たちが、等身大で復興を考えよう」 という趣旨のイベント。毎年この番組でもお伝えしています。イベントの最後におこなわれたのが、「復興ディスカッション」です!ここに、中西さんも参加。中・高・大学生と一緒に話し合ったテーマは「観光復興」。
どうすれば東北は、オンリーワンの観光地になれるのか?ゲストでお迎えした、グリズデイル・バリー・ジョシュアさんが、ヒントをくれました。カナダで生まれて、子供の頃から車椅子生活のジョシュアさん。現在は日本で暮らしながら、日本のバリアフリー情報を、海外の障害者に発信するウェブサイトを運営しています。ジョシュアさんは、「東北は、いまがチャンス」だと話します!

◆「#accesible_tohoku」
ジョシュア)この数字は、94%。これは、障害を持っている方が、どこかに行く前に、その場所のバリアフリー情報を調べる方の割合。94%の人が調べます、行く前に。でも、残念ながら、54%が、あきらめて違うところへ行くんですね。それは、日本は問題点かなと思います。たとえば、これは、観光スポットのホームページ。日本語のページには、バリアフリー情報、たとえば、「トイレはここにありますよ」とか「エレベーターはありますよ」とか書いてありますが、英語のページを見ると、ぜんぜん書いてありません。それで、観光を考えている人は、これは危ないかな、違うところへいこうかな、とビジネスを失ってしまうんですね。でも、いまは、東北はチャンスだと思います。
世界中の13億人が障害を持っています。その家族とヘルパーさんを入れると、30億人になります。それで、障害を持っている人のグループは、一般の健常者よりも長く滞在します。そのグループの人数も多いんです。で、一番大事だと思うのは、障害を持っている人はいけないところが多いんですね。行けたところがあれば、みんなに伝えたくなります。たくさんの世界中の人に、簡単に、情報が届きます。たとえば、インスタグラムを使って、新しいハッシュタグを作りましょう。「#バリアフリー東北」、そして、英語で、「#accesible_tohoku」。それがみんなわかったら、安心して、94%の人が行けると思います。

中西)とくに、東北は、風光明媚な美しいところが多くて、海岸沿いも電車に乗っていても綺麗で、だいぶ電車も普及して来ましたし、路線自体も。そういうのもいいですよね。

ジョシュア)最近は、みんな、ガイドブックよりもインスタグラムで旅行先を決めています。海外の方は。


障害を持っている人は、行けないところが多い。だからこそ、バリアフリーなのかどうか、情報を発信すれば観光客は増える!
実際、日本語では書かれていても、英語では、ほとんど、情報がありません。これは日本全国の話。だから、まずは、東北が取り組むことには大きな意味があります。

「LOVE&HOPE」。明日も、「復興ディスカッション」の模様をお送りします!

2018年8月10日

西日本豪雨支援 OPEN JAPAN

今朝は西日本豪雨災害に関する情報、お伝えします。

重機を使った土砂の撤去から、地域のコミュニティ再生まで、中〜長期的に被災地支援を続ける「OPEN JAPAN」。今回の災害では、愛媛県の西予市、そして広島県坂町を拠点に活動を続けています。

今朝はOPEN JAPAN、緊急災害支援プロジェクト代表 肥田浩さんに、被災地の支援状況、今求められるボランティアについて伺いました。

◆圧倒的にボランティアが足りない
OPEN JAPANでは、愛媛県の西予市を中心に宇和島市で床剥がしや壁剥がし、重機を使った土砂撤去など少し専門的な技術職と、地域のコミュニティ再生ということでかき氷を出したりしています。広島では坂町を中心に活動しています。こちらはボランティアセンターのボランティアも徹底的に不足しています。現在もご家族だけで家の土砂の撤去をしている現状があります。
(土砂の片付けの見通しは)
目の前の土砂に関しては、愛媛の方は、畑までやるとなると年内という長期のスパンになってきますが、自宅の再建というスパンで考えるとあと1〜2ヶ月ぐらいかなと。広島はこの人数でいくと年内は厳しいのではないか、というのが今の現状。やっぱり土砂に埋もれたままの家だと今の時季カビが生えてくるので、住宅再建をあきらめちゃう方々が増えてくるので、一日でも早く土砂を出して乾燥させて消毒するということが求められているので、一日でも早い住宅再建へ向かったお手伝いが今求められていると思います。
オープンジャパンでは一般的なボランティアより少し難しいニーズ、大工さんや重機のオペレーターさんがまだまだ不足していますので、ぜひそうした方のボランティア参加もお待ちしています。また、まだまだ人材が圧倒的に不足していますので、1週間〜2週間、または1ヶ月単位のボランティアさんも来ていただければどちらの現場も非常に効率が上がるかと思っています。


坂町では復興を後押しする動きもありました。
先日、全線で運転を見合わせていたJR呉線のうち、広島方面から「坂駅」までが運転を再開しました。これでだいぶアクセスが良くなったので、ボランティアさんも入りやすくなったのではないでしょうか。
呉線は、広駅−坂駅間が9月中に再開する予定(うち広−呉間は今月20日から暫定運転)。三原駅−広駅間は来年1月中に復旧する見通しです。

OPEN JAPANでの活動についてはオフィシャルサイトをご覧ください。
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 860 | 861 | 862 || 次の記事へ»

パーソナリティ(月ー水)中西哲生・ケリーアン(木)中西哲生・綿谷エリナ(金)速水健朗・綿谷エリナ

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

LOVE & HOPE スペシャル 7年目の春便り〜ふたつの故郷(ふるさと)〜

TOKYO FM サンデースペシャル やさしい日本語 Supported by ヒューマンアカデミー

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN