2019年8月17日

“アウトドアダイニング 気仙沼” 遠洋マグロ漁師編 -3-

宮城県気仙沼市で来月から行われる『アウトドアダイニング気仙沼』は、「旅の想い出は、人との出会いと、旬の食」をテーマに、旅人と漁師さん、料理人が1つのテーブルを囲み、気仙沼が築いてきた食の文化を語り合う野外ダイニング。

9月13日のテストイベントは、『遠洋マグロ漁師編』ということで、世界の海と港を知る気仙沼の遠洋マグロ漁師さんにディープな話が聞ける、絶好のチャンスとなっています。

ただ、イベントに参加しなくても気仙沼へ行けば「旬の食」には出会えます!イベントを企画する、アンカーコーヒー代表の小野寺靖忠さんに伺いました。

◆魚介はもちろん、煮干しラーメンまで
気仙沼は夏の今だったら、ウニ。今年のウニはすごく美味しい!あとマンボウも獲れるしホヤもまだ旬だし、毎日300トン〜500トン、カツオが揚がってるんですよ。今日もアジアで一番長いと言われる魚市場に接岸しきれないぐらいのカツオ船が、三重や高知、和歌山から、一本釣りの船がすごく入ってきています。
(ラーメン屋さんも多いですよね?)ラーメン美味しいですね。煮干し系のラーメンで言うと「まるき」さんが一番好きだなあ.煮干しの良さがぐっとくるんですよ。煮干しの中にちょっとだけ苦みもあるじゃないですか、その苦みも捨てきらずに、その苦みを越える出汁の深さみたいなのがグッとくる。で、自家製面なので外はちゅるっちゅる、中は噛むとモチモチのそういう麺を使っているんですよね。そのまるきさんのラーメンもすごい人気なので、僕は「煮干しラーメン」が一番好きです。「辛煮干しラーメン」もうまいですけどね。って今これ、ラーメン特集ですか?(笑)
(人との出会いはどうしたらいいですか?)
人との出会いってなかなか難しいじゃないですか、でも隣に座ったおじちゃんが超面白くて、いい感じで「じゃ!」って居なくなったりすると、また来てあの人と話したいなと思うこともありますよね。今回はできれば良い人との出会いをそのツアーに参加すればできるという。やっぱり人との出会いはすごい重要だけれども当たり外れがすごく大きいので、できればこちらで、「気仙沼のこの人だったら!」という人を紹介していければと思っています。



旅の醍醐味は旬の食と人との出会い。
まずは気仙沼へ行ったら、小野寺さんを探しにアンカーコーヒーへGO!「内湾店」では港を見渡すオープンテラスで、ドリアにカレーにハンバーグ、シーフードチャウダーも楽しめます!


★9月13日に行われる「アウトドアダイニング気仙沼 遠洋マグロ漁師編」に2名様を無料でご招待。詳しくは、OUTDOOR DINING 気仙沼のfacebookをご覧ください。

2019年8月15日

“アウトドアダイニング 気仙沼” 遠洋マグロ漁師編 -2-


今朝は昨日に引き続き、宮城県気仙沼市で来月から行われる『アウトドアダイニング気仙沼』についてご紹介します。

「旅の想い出は、人との出会いと、旬の食」
皆さんもこの「人と食」に魅せられて、何度もそこに帰りたくなるような場所、あるのではないでしょうか?
この「アウトドアダイニング気仙沼」では、その「人や食」にフォーカス。旅人と漁師さん、料理人が1つのテーブルを囲んで “気仙沼が築いてきた、人と食の文化”についてディープに語りあう、野外ダイニングです。

テストイベントとして9月13日に行われるのが『遠洋マグロ漁師編』
ご自身も親戚に2人、遠洋マグロ漁師さんがいたという小野寺靖忠さんに伺いました。

◆「価値観の違う海の男達の話はすごく面白い!」
昔は2航海か3航海船でマグロ漁に行ってくると家が建てられたというぐらい漁師さんて儲かったんですよね。マグロが希少価値が高くて高値で売れたということなんですけど、今70歳ぐらいの団塊の世代の人たちが、若い頃、漁師だった頃は一回マグロ漁に行って帰ってくると、例えば(神奈川の)三崎港にマグロを上げるたらマグロ1本タクシーに積んでそのまま銀座まで行ったとか、そんな話も面白いよねと。価値観が全然違う。10ヶ月間ずっと沖にいてお金を使わない生活をしていると、1000円のラーメンでも1万円出しても食べたいんだよね、っていうような考え方なんですよね。なので我々と価値観の違う海の男達の話はすごく面白いんじゃないかな、と。旅行に行ってたまたま居酒屋で隣に座ったのがそういう人だったらいいけど、なかなかそんな機会もないと思うので、今回そういう漁師さん達と会えますよ!という企画をすると楽しいのかなと思って。
旬の食としてもちろんカツオやマグロだとか、メカジキとかマンボウとか、あとモウカノホシというモウカ鮫の心臓を、気仙沼の郷土料理で普通に刺身で食べるんですけど。その気仙沼の食材をスペインや南アフリカとかインドネシアとか、気仙沼と関係する国の料理とのコラボレーションという感じのフュージョンを作っていきたい。旬の食ということで今回遠洋マグロ漁師編をまずやりましょう、となったんですけど、これから冬になるにつれて今度は沿岸養殖漁師編を、牡蠣とかワカメが美味しい季節になってくるので、カキ養殖やワカメ養殖の現場を見ながら、その人たちと最後は一緒にご飯を食べる、というような食卓を届けられればと思っています。


…ディープな気仙沼に出会える、深く知るきっかけになりそうです。


★「アウトドアダイニング気仙沼」では、9月13日に行われるテストイベントに参加される方、2名様を無料でご招待します。
詳しくは、OUTDOOR DINING 気仙沼のfacebookをご覧ください。

明日も気仙沼の魅力、たっぷりご紹介します!
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 988 | 989 | 990 || 次の記事へ»

パーソナリティ 鈴村健一

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

TOKYO FM 特別番組 HANABI

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN