2012年5月23日

5月23日「Support Our Kids・子どもたちのその後(1)」

東日本大震災の被災地の子どもたちに、海外でホームステイをしながら数週間の語学留学を体験してもらう「Support Our Kids」
昨年は、被災地の中高生たちが夏休みにニュージーランドにホームステイをしました。

「子どもたちを支援したい」という、多くの方の寄付によって運営されているこのプロジェクト。
今年度は7月下旬に、ニュージーランドをはじめ、イギリス・ロンドンなど4カ国へのホームステイが実施されます。

Support Our Kids事務局・新山明美さんに、昨年の取り組みと、参加した子どもたちのその後を伺いました。

◆参加した子どもたちの新しい歩み
 ニュージーランドという異国に3週間滞在。大変だけど家族になれて、刺激を受けた。
 将来を選択する中で、自分が出来ることやしたいことを考え、悩んだ結果、今がある。看護師になりたい、保育士になりたいという目的を達成するために受験も頑張って、それぞれが新しい4月を歩み始めていると聞いている。
 10代の多感な時期に海外へ行く経験は、ものすごいプラスになると実感している。
 今年、第2回の参加者を募集している。


◆精神的に大きく成長
 ニュージーランドの温かい人柄の人たちとのコミュニケーションで、感謝の気持ちが新たに芽生えた。
 親御さんともあまり喋らない、自分の思いを外に出さない子が、自分の想いを語るようになり、人の役に立つことをしたいと英語を勉強。外に気持ちが向いていった。
 高校3年生で進路を決める時期の子が、被災地のためのボランティアに積極的に顔を出す雰囲気になってきている。




Support Our Kidsプロジェクトでは、今年も7月下旬から2週間の語学留学を実施します。
今回は、イギリス、ニュージーランド、アメリカ、カナダの4カ国に、50人前後を派遣する予定です。
お申し込みはSupport Our Kidsのホームページから応募用紙を印刷し、推薦書とともに、指定の住所まで郵送して下さい。
詳しくは、Support Our Kidsのホームページでご確認ください。
【Support Our Kids 第2回ホームステイプログラム参加者募集ページ】

2012年5月22日

5月22日「被災地で活動する団体を支援する『忘れないプロジェクト』と『大友克洋GENGA展』」

一般社団法人「Think the Earth」と、企業やNPO、クリエイターなどが共同で、被災地で活動する団体を支援する取り組み「忘れないプロジェクト」
東日本大震災後、すぐに立ち上げた緊急支援のための基金が、昨年9月に一旦終了。
「同様の活動を続けてほしい」という声を受けて、昨年12月に「忘れないプロジェクト」が始動しました。


「Think the Earth」プロデューサー・上田壮一さんに、この「忘れないプロジェクト」について伺いました。

◆「忘れないプロジェクト」への想い
 僕は神戸の出身。17年前の阪神淡路大震災でも一年経つと報道が減り、いろいろな意味で忘れていってしまう。そのこと自体が苦しくつらい、というのがあった。
 実際、東北もそうなっている。311から1年過ぎて、報道も減り、関心も減っている。最初は大きな支援の手がいろいろ入ったかもしれないが、徐々にその波が引いていく寂しさ。
 家は流されたままで、暮らしの未来も見えず、置いてきぼりになっている中、人の関心も無くなったら、生きていることがすごく大変になってしまう。
 けれど頑張っている人はたくさんいる。その人たちのことを知ってもらうのが大事だし、持続して繋いでいくということをしたい。



忘れないプロジェクトの活動の柱は「忘れない基金」と「忘れないプログラム」の2つ。
この「忘れないプログラム」として、「大友克洋GENGA展」が開催されています。

◆「大友克洋GENGA展」で広める活動
 漫画家・大友克洋さんは宮城県出身。
 原画展を大々的に行ない、チャリティにして寄付を集め、被災した故郷を支援したいということで、一緒に(原画展を)やることになった。
 Think the Earthと大友克洋GENGA展実行委員会が、被災地で活動する6つの団体を選び、来場者がそのうちどこに寄付をするか、投票することができる。
 来場者自身に「被災地でこんな活動があるんだ」ということを知ってもらえるし、選ぶために一生懸命に活動内容を読んでくれる。さらに大友展で集まった寄付が、実際にどんな活動に使われるのかも、ホームページで公表する。
 5月13日には6つの団体の代表に会場に来てもらって、お客さんの前でそれぞれの活動について話してもらった。すごくいいイベントだったと思う。



▼大友克洋GENGA展とThink the Earthが支援しているのは下記の6団体です。

岩手県「北浜わかめ組合虹の会」
福島県「かーちゃんの力・プロジェクト」
宮城県「特定非営利法人 田んぼ」
福島県「福島の子どもの外遊び支援ネットワーク」
宮城県「ゆりあげ港朝市協同組合」
岩手県・宮城県・福島県「特定非営利活動法人 難民を助ける会」


 
 


「大友克洋GENGA展」は5月30日(水)まで開催中です。
入場は日時指定の予約制ですので、詳しくはオフィシャルサイトでご確認ください。
【大友克洋GENGA展 Official Website】

【Think the Earth「忘れないプロジェクト」 Official Website】
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 749 | 750 | 751 |...| 848 | 849 | 850 || 次の記事へ»

パーソナリティ(月ー水)中西哲生・ケリーアン(木)中西哲生・綿谷エリナ(金)速水健朗・綿谷エリナ

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

LOVE & HOPE スペシャル 7年目の春便り〜ふたつの故郷(ふるさと)〜

TOKYO FM サンデースペシャル やさしい日本語 Supported by ヒューマンアカデミー

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN