2012年5月11日

5月11日「雄勝法印神楽(2)」

宮城県石巻市雄勝町に600年前から伝わる、国の重要無形文化財「雄勝法印神楽」。
法印神楽とは、日本書紀などを元にした「舞い」を神様に奉納するもの。
天地創造など神話の物語を元にした、28の演目があります。

先週末、地元神社の例大祭の日に雄勝町・大須地区では、神話の神様の衣装をまとった神楽師たちの舞いが披露されました。
2年ぶりに「法印神楽」を披露した 神楽師たちはこの日をどんな想いで迎えたのでしょうか。
雄勝法印神楽保存会・阿部ヒサトシさんに伺いました。

◆2年振りの法印神楽
東日本大震災で神楽保存会の道具を全て失った。奉納していた地区も全壊となった。
正直廃絶するかと思った。その中で、仮設に入る前の避難所にいる人から「お神楽が見たい」という要望があり、全国からも励ましの声があった。震災復興に勢いをつけるのではないかと奉納を決めた。嬉しすぎて泣きそうになった。
御神輿を担いでいる人たちも全身から喜びがあふれ、復興を頑張ろうという決意を新たにする日になった。





普段は地元の公務員として働く阿部さんを含め、神楽保存会の神楽師は約20名。
雄勝地区に鎮座するたくさんの神社にお神楽を奉納する役割は、震災を乗り越え、より意味深いものとなり、次の世代へと受け継がれていきます。


◆神楽の魅力
小学校の時のお神楽のクラブから始まっていた。一時期は田舎くさいと気持ちで離れたが、年を追うごとに、そういうものじゃないと見つめ直す機会があり、25歳で再びやることにした。37歳。ハレの日を迎えた。
めでたい象徴、喜びの象徴。体に染みついたもの。自然とリズムを聴けば幸せな気分になる大切なもの。
御輿を担ぐためだけに帰ってきている人もいる。祈りは個人で出来るが、祭は地域の力がないとできない。コミュニティ、絆の重要さを再認識した。
セリフの中に「面白し神遊び」と出てくる。神が遊ばれている。里に下りてきて愉快だと。
御神輿に乗れば楽しいし、俺のエリアはどこも変わらずにあるなと確認している。
神楽は17時で終わり、御輿が神社に帰る。境内の指定の場所に収めれば終わりなのだが収めさせてくれない。神様が帰りたくない。楽しくて。入りそうだけど戻ったり。




雄勝法印神楽は、13日(日)に 立浜地区・北野神社の例大祭でも披露される予定です。


2012年5月10日

5月10日「雄勝法印神楽(1)」

宮城県石巻市雄勝町に伝わる「雄勝法印神楽」。

法印神楽とは、宮城県沿岸部各地に伝わる、神社奉納の伝統芸能です。
特に石巻・雄勝の法印神楽は、600年の歴史を持ち、国の重要無形文化財にも指定されています。

震災で中止となっていましたが、今月5日、雄勝町大須地区で再開。
様々な神様の衣装・お面に身を包んだ地元の神楽師たちが、太鼓と笛に合わせて、舞台の上で舞を披露。たくさんの地元の方が集まりました。

法印神楽は、日本書紀や古事記の物語をモチーフにした舞で、この地域では、地元の子どもたちが小学生の頃から神楽を学び、そこから一人前の神楽師が育ち、大人から子どもへ長年伝えられてきました。


雄勝法印神楽保存会会員で、大浜地区の宮司・千葉秀司さんにお話しを伺いました。

◆法印神楽が持つ意味
神社の例祭で神様に神話をお見せするのが神楽。
雄勝には各浜ごとに神社があり、春秋は必ず例祭という神様の誕生日を祝うお祭りがある。その際奉納されるのが法印神楽。
にぎやかに、1年の感謝の気持ち、1年の豊作祈願など、色んな祈願を込めて神様に神楽を見せる。その脇から自分たちは見せてもらうというのが主体。
地元の人は、神楽を見ることができて良かった、奉納できて良かったという気持ちが強い。ドラマ同様に配役がある。兄弟ゲンカのハナシもあれば、魔物退治のハナシもあり、ストーリーが分かるとより楽しく観ることができる。


◆神楽の再生へ
神社が残っている地域も、地区の会館などにお祭りの用具を保管していたが流出。その被害額は大きい。太鼓70万〜80万、獅子頭も含めると300〜400万円。それらはユネスコ協会など支援企業の力で揃いつつある。社殿は私の住んでいる地区も天井まで津波が入り、解体。神体を収める部分のみが残っている。
地元の神様のお祭りはみんなでお祝いしなければ行けないという大義名分があるので、それを中心に人が集まる機会、お祭りで実家に帰ってきて同級生や親しい人と会うための数少ない機会。今後も今までのお祭りの形を復元したいと一生懸命進めているのでぜひ田舎のお祭りがどういうものなのかを観に来て頂きたい。人が来てくれるだけでも励みになる。



雄勝法印神楽は、町のそれぞれの浜に鎮座する神社の例大祭で行なわれます。
次は13日(日) 立浜地区の北野神社。例大祭とともに、神楽が披露されます。


«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 753 | 754 | 755 |...| 848 | 849 | 850 || 次の記事へ»

パーソナリティ(月ー水)中西哲生・ケリーアン(木)中西哲生・綿谷エリナ(金)速水健朗・綿谷エリナ

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

LOVE & HOPE スペシャル 7年目の春便り〜ふたつの故郷(ふるさと)〜

TOKYO FM サンデースペシャル やさしい日本語 Supported by ヒューマンアカデミー

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN