2012年5月31日

5月31日「気仙沼大島・『食事処・はま家』の再開」

宮城県気仙沼大島は、海と山が拡がる周囲22kmの島です。
島民は約3000人。


東日本大震災では、太平洋側からの津波と本州からの引き波によって、島を東西両面から津波が襲い、30人以上の島民が犠牲になりました。

フェリーの接岸港「浦の浜」にあり、長年、観光客や島民に愛されてきた「食事処・はま家」にも津波が押し寄せました。

「はま家」を営む菊田公子さんにお話を伺いました。

◆津波と火事に襲われたあの日
 浦の浜の船着き場の前、リフト乗り場の前の食堂だった。
 店が流されていって、2階の部分だけ残った。その時は車で逃げた。うちのお父さんは2階から毛布を出したり缶詰を持ったりして、私より後から車で走ってきた。
 お寺について上から見ていたら、お父さんの車の前からや後ろから水が来て、お父さんは車を寄せて走って逃げた。
 お父さんが助かったので、家が流れていくのに涙も出なかった。うちだけでなく、皆流されていった。
 気仙沼湾が海火事になった。それが瓦礫伝いに海側から山に移って、寺に下がってきた。私たちも池から水をバケツリレーした。流された車にもガソリンが入っているから火がついたら大変と、人力作戦で。もうどきどきだった。
 うちの子どもたちは、「(私たち夫婦が)津波で助かったけど火事で死んだと思った」と言っていた。
 子どもたちは東京と埼玉にいるので、息子が様子を見に行くと言ったら、娘が「お父さんとお母さんが死んだのにあんたまで死んだら困る」と言ったと、後から知らされた。
 お寺の和尚さんから「私たちが生きている」というのが伝わって、娘から「父と母をお願いします」というメールが入った。それを見て初めて涙が出た。もう震災から1週間ぐらいたってたけど。家が流れた時もお父さん助かった時も涙は出なかったけど、そのとき初めて。やっぱり家族だなと思った。



「はま家」は昨年12月、島内で場所を変え、営業を再開しました。
再び、観光客や島の住民が集まる憩の場になっています。

◆店の再開
 また店をやると思わなかった。ショックで。お父さんも疲れちゃって。
 でもだんだん落ち着いて、夏過ぎてからは、法事の食事(の仕事)もやってくれって言われた。
 土地の持ち主に「ここの土地貸すからやれやれ」って言われて再開することになった。
 9月に土地を借りたときに、家賃だからと気持ち持っていたら、「貸すからやれっていったんだから、儲かったら貰う」って言って、地代を取らない。そういう人たちだよ、大島の人たちって。本当に皆のお陰。



「食事処・はま家」の菊田公子さんは、「とにかくたくさんの人に、大島を訪れてほしい」とも話されていました。

2012年5月30日

5月30日「気仙沼大島ランフェスタ」

気仙沼の沖合に浮かぶ「大島」。周囲は約22km。島民は約3000人です。

海と山の自然に恵まれ「緑の真珠」とも呼ばれる大島ですが、東日本大震災では、太平洋側からの津波と、本州からの引き波により、島を東西両面から津波が襲い、30人以上の島民が犠牲になりました。
また気仙沼湾で発生した火災が湾内の瓦礫を伝って島に上陸し、島のシンボルでもある「亀山」が火災に見舞われる被害もありました。

その大島で、5月27日(日)にマラソン大会「気仙沼大島ランフェスタ」が行なわれました。
コースは10kmとハーフの2コースで、島の美しい景観とともに震災の爪痕などもめぐる設定になっています。

◆実行委員長・白幡昇一さん - 開催に向けた想い
 島の観光の幕開けが、このマラソン大会となる。楽しむことが支援になる。
 コースの中には瓦礫を置いてある場所や、もろに被災した跡などもある。記録を争う大会ではなく、走って楽しんでもらう。それが島の支援にも繋がるということで始めている。
 私の本業は、気仙沼と大島を繋ぐ船会社の代表。(震災前に)7隻あった船のうち3隻が座礁や火災で沈没。4隻が陸に上がってしまった。船会社として船を一隻も持たず、島民の足を確保できず、責任を痛感した。全国の旅客船の仲間から「うちで船を貸すよ」というオファーがあって、船を走らすことができた。
 今回のマラソン大会を通じて、島の人間がこんなに頑張っているよという顕れになるかなという想いもあって、やってみることになった。




「気仙沼大島ランフェスタ」の参加者は約1200名。
島の自然とマラソンコースを存分に楽しんでいました。


◆「気仙沼大島ランフェスタ」参加者の声
 ・大島は綺麗で、走る気持ち良さと景色の気持ち良さがある。海沿いや山の中のアップダウンもあって、アップは苦しかったが、木漏れ日が気持ち良かった。
・1年経ったら自然は回復したけれど、人工物、灯台が傾いているのを見ると、ここは被災地だったんだと、改めて感じた。
 ・沿道の方の応援、おじいちゃんおばあちゃんが「ありがとうございます」と言ってくれたのが感動した。お礼を言うのはこっちなのに、お辞儀してくれるおじいちゃんがいて、涙が出そうになった。
 ・2年前まで気仙沼で仕事をしていた。(ランフェスタに参加するのは)今回4回目。昔、大島に来ていたことがあったので、見慣れた風景が様変わりしたという思いは正直あったが、みなさんが元気に応援してくれたので、地域の方々の力を改めて感じることができた。
 ・海は穏やかで綺麗だけど、間に山積みになっている瓦礫とか、ぺちゃんこの車が山になっていた。復興はまだまだという感じがした。長年やっていたマラソン大会が去年できなくて、でも今年復興ということで開催できたようなので、来年もやってもらえれば。また今後ゆっくりこようと思う。いいきっかけになった。





«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 964 | 965 | 966 |...| 1066 | 1067 | 1068 || 次の記事へ»

パーソナリティ 鈴村健一

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

TOKYO FM 特別番組 HANABI

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN