きゃりーLOCKS!

7月27日(水)のKANA-BOON LOCKS!は・・・

『夏の…走る!ポジティブ部』の授業!
夏休み真っ最中!という事で、たくさん届いた「夏」に関するネガティブをどんどんポジティブにしていきます!

<そして「うちらがナンバーワンKANA-BOONコピバンだ!」な、コピーバンド募集中!>
8月27日(土)【未確認フェスティバル2016】ファイナル当日、コピーバンドだけが出演できる『コピバンステージ』同時開催決定!現在、KANA-BOONをコピーをしているバンドを優先する特別枠 "KANA-BOON枠" への応募を受付中!KANA-BOONのコピーなら誰にも負けない!そんなバンドは [ コチラ ] からエントリーしてくれ!

KANA-BOONコピバン道場 夏合宿!!!

KANA-BOON LOCKS! 2016.7.20 水曜日

SCHOOL OF LOCK!


そろそろ夏休みに入る生徒も出てきてるんじゃないでしょうか?
ということで今日はこの書き込みからスタート!



★夏休み
先生方は学生のとき夏休み何してましたか?
ドラえもんにそっくり
男/16/神奈川県





谷口「俺は光明池のカルフールで涼んでたな。」

飯田「全然分からん。」

谷口「光明のカルフールやん。なぁ?」

古賀「涼みやすい所やんな。」

飯田「あ、アマジャスみたいな感じ?」

谷口「分からん分からん。」

飯田「尼崎のジャスコやん。」

4人「(笑)」

谷口「こいちゃんとか何してたん?」

小泉「学生の時?ずっと野球してた。休み1日くらいしか無かった。」

古賀「ずっと走ってたよね。」

谷口「古賀は?」

古賀「俺虫取りとかしてた。」

小泉「絶対してないやん。」

谷口「まぁでもあっという間に終わりますからね、7月が勝負ですよ。8月入ったらパーンって終わってしまいますから。7月の内に宿題してしまうのか、それとも遊び倒してしまうのか。」

SCHOOL OF LOCK!


古賀「8月31日に宿題を全部やっちゃうのか。」

谷口「俺そのパターンやわ。」

小泉「俺も。」

飯田「俺もやわ。」

谷口「あかんお手本やな(笑)」

古賀「推奨したらあかんやん(笑)」

谷口「という訳で、夏休み全力疾走で楽しむべし!!!!」

SCHOOL OF LOCK!


夏と言えばフェス!
我が校の夏フェスと言えば、【 未確認フェスティバル2016 】!!!!
そして新たにコピバンステージで「KANA-BOONコピバン道場枠」をゲットしたということで、今夜はこの授業をお届け!
KANA-BOONコピバン道場 夏合宿!
KANA-BOON先生の曲をコピーしたい生徒の悩みを片っ端から解決していくぞ!!!



★KANA-BOON先生こんばんは!
私はいま高校一年生で部活は軽音部に入っています!ずっと入りたかった軽音部に入れて、しかも大好きなKANA-BOON先生の結晶星をコピーすることになって本当に嬉しいです!!
私の学校は9月に文化祭があり8月に文化祭にでるためのオーディションがあります!
KANA-BOON先生!!結晶星を演奏するときのコツなどあったら教えてください( ´ ▽ ` )ノ
ゆの
女/15/愛知県





谷口「ゆののパートが分からないから、全パート言うべきかな?他にも『結晶星』をコピーしてるっていってる生徒いるしな。1人ずつ『結晶星』をコピーする時のコツを教えていきましょう。じゃあどうしよう、俺からいく?」

古賀「うん、お願い。」

谷口「ボーカルギター・谷口鮪のバッキングギターでアドバイスしたい場所はですね…ラスサビ前の『テテテーン♪』のとこで、集中するべし!

飯田「うん(笑)」

谷口「ここなぁ、俺よう間違うねん。歌いながらやんか。で、歌った直後にコードから単音弾きの『テテテーン♪』にくるから間に合わへんねん。」

飯田「そやな。ぎりぎりやな、ほんまに。」

谷口「1回古賀に全部預けて、古賀だけに全部弾いてもらおうって時もあったし。」

小泉「あったあった(笑)」

古賀「(笑)」

谷口「最近は全部自分で弾くようにしてるけどね。ここ間違ったら恥ずかしいよ。」

飯田「しかもその後ハモりやから、みんなで合わせるのも難しくなるよな。」

谷口「うん。だからその部分を集中してやれば、大丈夫やと思います!…じゃあ次は?」

古賀「俺いく?じゃあ、リードギターのコツを。この曲、『結晶星』ということで星をイメージしてるんですけど。」

SCHOOL OF LOCK!


小泉「ふぅ〜!」

飯田「ロマンチックふぅ〜!」

古賀「で、アドバイスしたい場所が、イントロのギターやねんけどそこが1番難しいから。そこは空に散りばむ星を意識して、弾くべし!

小泉「散りばむ(笑)」

谷口「これどんな星をイメージしたらいいの?」

古賀「だから散りばんでる星を…、九州地方とかの空よ。」

飯田「細かいなぁ!(笑)」

谷口「自分の田舎やろ、それ。」

古賀「いっぱいポツポツポツっていっぱいの星がある訳ですよ。」

谷口「それをイメージしたら上手く弾けるの?」

古賀「上手く弾く為には、メトロノームとにらめっこしてください。

谷口「星関係ないやん!」

古賀「16部音符を取るっていうね。」

谷口「メトロノームだそうでーす。じゃあ次は?」

飯田「じゃあ僕いきましょうか。ベースのコツは、Aメロの『だから』の後の『ドゥーン』を気持ち良い顔して弾くべし!

飯田先生の『ドゥーン』の時の表情は…コチラ!!(笑)

SCHOOL OF LOCK!


谷口「顔かい(笑)」

小泉「顔のアドバイス(笑)」

飯田「こういうとこ、意外と間延びするっていうね。地味に4弦っていう1番太い弦の15までいくんだよね。」

SCHOOL OF LOCK!


古賀「結構いくんや。」

谷口グリッサンドっていう技法ですね。はい、じゃあこいちゃん。」

小泉ドラムはね、この曲はドラムから始まるから、そこのスネアを意識するべし!これスネアとハイハット交互になってるから、振りが小さくなるんよ。で、音が鳴らんかったりするから、そこをなるべく大きく振る…っていうのを俺がレコーディングで苦労したところやから。」

SCHOOL OF LOCK!


古賀「(笑)」

小泉「俺がひたすら怒られたところはここやねん。『まず初めでキマらな、この曲は出来へんぞ!』って言われて(笑)」

谷口「まぁゆのがどこのパートか分からんけど、これで大丈夫でしょう。」

飯田「どのパートしても大丈夫やな。」

谷口「コーラスとかだったらどうする?」

4人「(笑)」

飯田「嘘でしょ(笑)」

谷口「まぁ頑張って欲しいなと思います!あとさ、コピバン道場に1番多い質問。KANA-BOONで1番簡単な曲はなんですか?っていうやつね。」

SCHOOL OF LOCK!


飯田「あぁ、なるほどね。」

谷口「まぁ簡単な曲なんかあるかい!っていうね。結構ね、それぞれちょこちょこってやってたりするやん?」

飯田「誰かが簡単やけど、誰かが難しいとかあるからね。」

谷口「トータルかぁ…、何やろなぁ。まぁでもあれかな。」

古賀「あれですね。」

谷口「まぁ我々がね、青二才の頃につくった曲ですね。」

小泉「そやなぁ。」

飯田「“アオ”二才の頃につくったやつね。」

谷口「“A.oh”二才の頃につくった…ってもういいわ(笑)。という訳でKANA-BOONで1番簡単な曲は…、せーの。」

4人『A.oh!!』です!」


M A.oh!! / KANA-BOON


谷口「今日はKANA-BOONコピバン道場・夏合宿でしたけども、結晶星コピーしてくれてる人が多いっていうのは嬉しいね。」

小泉「うん、嬉しい。」

古賀「意外でもあるけどね。」

谷口「まだまだ聞きたい事待ってます!コピバンステージへのエントリーは、8月7日、日曜日の23時59分まで!エントリーの仕方など、詳しくは、未確認フェスティバルのページをみてください!」

飯田「KANA-BOON掲示板見てたら、気になる書き込みを見つけたんですけど、読んでもいいですかね?東京都、25歳、男の子、ラジオネーム:牧野」

SCHOOL OF LOCK!


谷口「牧野…?」




KANA-BOON先生こんばんは。
先日、鮪さんの海に行った牧野です。あ、LILI LIMITの牧野です。
僕も「なんでもおねだり」していいですか?
今年、僕たち初めて夏フェスに出るのですが、
夏フェスに出るにあたって、心得ておいた方が良い事を
教えてください!
あと、前に絵を書いて新居に持って行きますって言いましたよね。
あれ冗談半分でしたが、もう描き始めてるので!
ランアンドランで持って行きますね!
牧野
男/25/東京都





谷口「え、書き込んで来たん!?」

飯田「書き込んできてるよ。」

小泉「これなりすましじゃない?」

飯田「この話したかどうかで分かるんじゃない?」

谷口「これは…事実ですね。LILI LIMITは、レーベルの後輩じゃないですか。で、この間遊びに来てくれて。牧野くんってすごいアーティストなのよ。俺らは野良バンドマンやんか。牧野くんは血統書付きのすごいアーティスト肌で、芸術家とかもたくさん知ってるし。」

SCHOOL OF LOCK!


飯田「あぁ、そっちか。」

谷口「そうそう。そんで絵も描けるらしくて、ちょっとふざけて『ほんじゃあ、絵描いてや〜。』って言ったら、ホンマに描き始めてるらしい。」

飯田「先輩風吹かせてるねぇ。」

谷口「ヤラしい奴やで!これはレーベルの担当の人間が差し向けたもんかもしれんけども、いやらしさ出てるよ、音楽業界の。怖い!怖いよ!…終わりますか!(笑)」

飯田「もう終わりましょうか?(笑)」

谷口「いやでもね、仲良くしてもらってるんですよ。でもライブ見たやん?この間。」

小泉「見た見た。」

谷口「VIVA LA ROCKの時に初めて見たんだけど、力強くて、ライブはこんな感じなんや。かっこいいって思って。」

古賀「結構アグレッシブよね。」

飯田「掴まれたなぁ。ファンがすっごい幸せそうな顔してた。」

小泉「いいバンドやね。」

SCHOOL OF LOCK!


谷口「終わりますか!」

飯田「いやいやいや、夏フェスの心得を教えてあげてください(笑)。先輩なんでね、俺ら。」

谷口「夏フェスの心得…、なんでしょうね。やっぱ“飯の食いすぎには気を付けろ”じゃないですかね。」

飯田「しかも彼ら白いシャツとか着てるから、ラーメン飛んじゃうからね。」

谷口「カレーうどんとか!」

飯田「あかんあかん(笑)」

古賀「食わんやろ、みんな。」

小泉「全然食わなさそうやな(笑)」

谷口「心得としては、“夏フェスでカレーうどんに気を付けろ!”ってことで、LILI LIMITも夏フェス頑張れよ!」

今日はコピバン道場の夏合宿ということで、コピバンをしてる生徒はこの合宿を受けて、ラストスパート頑張ってくださいね!!!
コピバンステージへのエントリーは8月7日(日)23時59分までです!
この夏は全力で楽しもう!!!!

という訳で、来週もこの教室で会いましょう♪

SCHOOL OF LOCK!
- Prev || 1 | 2 | 3 |...| 27 | 28 | 29 || Next -
<   2016年7月   >
MonTueWedThuFriSatSun
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE