「君を縛っている大人のルール」について教えて欲しい。

生放送 2018.5.31 木曜日

今日のSCHOOL OF LOCK!オープニングは、嬉しいお知らせから!

あしざわ教頭「なんと! わたくし教頭ととーやま校長が、我が校の2週目ガールズ、LiSA先生のベストアルバムのCMナレーションを収録させていただきました!

LiSA先生のベストアルバム『LiSA BEST‐Day‐』『LiSA BEST‐Way‐』がオリコン週間アルバムランキングで1位・2位を独占したことをお祝いしてのCM!

とーやま校長「本当にありがたいよ!」

あしざわ教頭「6月1日から、6月10日まで流れるんですよね」

<CMが流れる地域はこちら!>
青森 ABA(青森朝日放送)
宮城 KHB(東日本放送)
静岡 SAT(静岡朝日テレビ)
石川 HAB(北陸朝日放送)
福井 FBC(福井放送)
広島 HOM(広島ホームテレビ)
福岡・佐賀 KBC(九州朝日放送)
熊本 KAB(熊本朝日放送)
鹿児島 KKB(鹿児島放送)


LiSA先生のYoutubeチャンネルにも上がるらしいので、放送地域外の生徒はそちらでも聴いてみてね!

とーやま校長「もうLiSA先生のベストアルバムを手に入れている生徒も多いと思うけど、
まだ手に入れてないという生徒がいたら、これを機にぜひ聴いて欲しい!」


そして、本日の黒板も嬉しいお知らせ!

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


『 グランプリ決定 』

とーやま校長「決定しました!」

あしざわ教頭「早速発表しましょう!」

SCHOOL OF LOCK! おしゃれ部presents 「ファッションコーデ★グランプリ」!Supported by 織田ファッション専門学校!

とーやま校長「これは、生徒のみんなから『自慢のおでかけコーディネート』を募集!
今、我が校で一番おしゃれな生徒を決定するプロジェクト!」

その募集はすでに締め切られている! 応募してくれたみんな、ありがとう!

とーやま校長「審査員はプロのスタイリスト、神波憲人先生!
神波先生は、織田ファッション専門学校の卒業生で、現在は、映画やドラマで大活躍中!」

あしざわ教頭「審査の結果、見事グランプリに選ばれた生徒には、おしゃれ軍資金として、Amazonギフトカード2万円分をプレゼントします!

とーやま校長「さらに、グランプリに選ばれた生徒のコーディネートは、ファッション雑誌『mini』の8月号にも掲載される!

あしざわ教頭「ワクワクするぜ!」

とーやま校長「現在、モデルとして活躍中の中澤瞳ちゃんが、グランプリのコーデを完全再現!
その写真が雑誌に載ると。自分のコーディネートが「mini」に載っちゃうって、すごいことだよね」

そして、審査の結果、ついにグランプリが決定しました!

とーやま校長「受賞した生徒は……………………電話します!」

あしざわ教頭「電話のパターン!」


とーやま校長「……もしもし!」

???「もしもし?」

とーやま校長「校長のとーやまです!」

あしざわ教頭「教頭のあしざわです!」

とーやま校長「ラジオネーム教えてもらってもいい?」

にんじんいも 埼玉県 14歳 女性

にんじんいも「埼玉県、14歳、にんじんいもです!」

とーやま校長「今、聴いてた?」

にんじんいも「聴いてたんですけど、途中までだったので…」

とーやま校長「じゃあ、改めて! ファッションコーデグランプリは………にんじんいも! お前だーーーー!!

にんじんいも「やったーー!」

あしざわ教頭「おめでとー!!!」

とーやま校長「すごいね! 今どういう感情?」

にんじんいも「嬉しすぎて、飛び跳ねそうです!」

とーやま校長「すでに、特設サイトにモデルの中澤瞳ちゃんで再現された、にんじんいものコーディネートがアップされてるんだけど…見られそう?」

にんじんいも「見てみます!」

とーやま校長「俺もこのコーディネートめっちゃ好き! 自分の彼女がこの格好でデートに来たら顔真っ赤になっちゃう!」

あしざわ教頭「噴水の前とかで待っていて欲しいわ〜」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「サンダルとGジャンの色は合わせてるんでしょ?」

にんじんいも「合わせてます!」

とーやま校長「そこも神波先生はポイントだって言ってたよ。
今のトレンドを意識したファッションコーデだ、ってコメントをしてくれているんだけど、にんじんいもはトレンドに常に関心あるの?」

にんじんいも「あるっちゃああります!」

あしざわ教頭「オシャレにはいつも気を遣ったりしてる?」

にんじんいも「いや、そうでもないと思いますけど、服屋さん見るのは好きですね」

とーやま校長「さらに神波先生は、10代のファッショントレンドとしても、背伸びはせずにとても好印象なコーディネートだと思います。って言ってくれてるよ!」

にんじんいも「わ〜、嬉しい!」

そして、RN にんじんいもには、おしゃれ軍資金として、Amazonギフトカード2万円分をプレゼント!

とーやま校長「この2万円で何買いたい?」

にんじんいも「靴とか、いろんなもの買いたいです!」

とーやま校長「さらに、このコーディネートは、ファッション雑誌『mini』8月号に掲載されるけど、今はどんな気分?」

にんじんいも「嬉しすぎます!」

あしざわ教頭「雑誌も実際に買ってみてみてみよう!」

とーやま校長「じゃあ、一緒に挨拶しようか!」

あしざわ教頭「SCHOOL OF LOCK! 本日も開校です! ……起立!」


とーやま校長・あしざわ教頭・にんじんいも叫べーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!


RN にんじんいも!! 本当におめでとう〜〜〜!!!!


SCHOOL OF LOCK!



とーやま校長「現在、特設サイトには、優秀賞9名のコーディネートと、それぞれに神波先生からのアドバイスも載ってる」!

そして、神波先生と中澤瞳ちゃんが、オシャレになりたい、オシャレに興味がある生徒に向けて、黒板を書いてくれた!

神波先生の黒板は、
「オシャレとは自分のテンションを上げるツール」

中澤瞳ちゃんは、
「自分の着たい服で思いっきり楽しもう!」

是非、サイトを参考にしながらみんなも自分なりのおしゃれを楽しんでくれ!
応募してくれたみんな、改めてありがとうー!


SCHOOL OF LOCK!



さあ、ここからは本日の授業テーマの発表!

とーやま校長「先週、放送部で紹介したある書き込みがきっかけなんだけれども、
今日は、みんなと一緒に、”ルール”についての授業をやりたいと思ってる!」


みんなに聞きたい!
最近、【長袖のシャツをまくってはいけない】という校則、というか、決まりが出来ました。
私は女子高に通っていますが、他の高校でも同じような決まりはありますか??
ちょっと腑に落ちないんですよね〜、、。
学校の中くらいまくったっていいじゃーん|( ̄3 ̄)|
メーガン警備員
女性/17歳/福島県
2018-05-20 00:35


とーやま校長「これはどうにも納得がいかないし、ルールってなんなんだろうね」

あしざわ教頭「当たり前のようにたくさんのルールがありますけどね」

とーやま校長「生徒会とかで決まる校則もあるだろうけど、そのほとんどが大人が決めているルールだと思う」

あしざわ教頭「理由もわからないまま従っている生徒もいるでしょう」

もちろん、全てがダメなルールではないし、
みんなのために必要で、大人が作ったルールがほとんどだとは思う。

とーやま校長「今日は、君の周り、学校や家庭で、大人が決めた理不尽なルールがある、という生徒に話を聞いていきたい!」

SCHOOL OF LOCK! 今夜の授業テーマは…!

「君が縛られている大人のルール」

「試合に負けるかテストで赤点をとると坊主にしないといけない」
「将来のことは、全て親に決められてしまう。反論したらお小遣いが3ヶ月間無しになる」
「通学は片道40分以上かかるのに、トレーニングだからと徒歩で通学しろと顧問から言われてる」


“怖いから” 、“自分を守るために”、 “従ってさえいればやり過ごせるから”
君が従っている大人が決めたルールがあれば学校掲示板もしくはメールから送って欲しい!
そのルールに対して君はどう思ってるのか。良かったら教えて欲しい。


ここで、ゲスト講師情報です!

6月13日 水曜日!
昨日、日本でデビューしたばかりの13人組ボーイズグループ!
SEVENTEEN先生が登場ーーーーーー!!!

20180531_radio01.jpg


SEVENTEEN先生は、今年の3月以来、2度目の登場です!
前回は、みんなの書き込みに対して、メンバーそれぞれがメッセージを届けてもらいましたが…

6月13日の授業では、
セブチ先生が、君の悩みに、直接、なんと電話で、相談に乗ってくれるぞーーーーー!!!

セブチ先生が電話で直接アドバイスを送るのは初めて!
その悩みを募集する特設サイトは<コチラ>から!

内容は、悩みであれば何でもOK!
セブチ先生に「解決してほしい悩みがある!」 「アドバイスが欲しい!」という君は、今すぐ悩みを特設サイトから送ってほしい!


さあ、ここからは今日の授業テーマ
「君が縛られている大人のルール」


とーやま校長「もしもし!」

誰かは君の味方 東京都 15歳 女性 高校1年生

誰かは君の味方「もしもし!」

とーやま校長「誰かは君の味方も、大人のルールに縛られていることがある?」

誰かは君の味方「あります! 集合時間に遅刻すると罰を受けていました

とーやま校長「まあ、これはいつの時代にもあったルールではあるよね…」

これは、RN 誰かは君の味方が中学校の頃に体験した話。
陸上部の顧問の先生から言われたルールなんだけれど…。

誰かは君の味方「集合時間に罰を受けるのはわかるんですけど、先生の時計が基準だったのに、その時計が遅れているんです!

とーやま校長「時計があってないの? 例えばどれくらい遅れているわけ?」

誰かは君の味方「最大で10分くらい違う時もあって」

あしざわ教頭「結構だね!」

とーやま校長「バラツキがあるってことは5分とかの時もあるんだ?」

誰かは君の味方「そうなんです」

あしざわ教頭「ちなみに、罰っていうのは何をされるの?」

誰かは君の味方「400メートルくらいの校庭を3周させられます!」

あしざわ教頭「地味にキツイな〜」

このルールは、部活の集合時間に遅れた生徒だけではなく、先生から見てやる気のない生徒や、連帯責任で全員で走らされることもあるのだとか!

とーやま校長「厳しいね…! 誰かは君の味方は、3年間の間何回くらい罰を受けたの?」

誰かは君の味方「普通に2ケタは余裕で行きます」

あしざわ教頭「それは、リアルに遅刻しちゃった時もあったけど、ほとんどが時計のズレなの?」

誰かは君の味方「8〜9割が先生の時計のズレです!」

とーやま校長「じゃあ、朝8時集合だとして、7時59分に誰かは君の味方は集合場所に着いているのに先生の時計が8時7分だったらアウトってこと!?」

SCHOOL OF LOCK!


誰かは君の味方アウトです!

とーやま校長「これは理不尽だな! それは、誰か『先生の時計遅れてませんか?』って言ったことないの?」

誰かは君の味方「言ったこともあるんですけど、俺の時計は俺の時計だ! って言われて…(笑)」

あしざわ教頭「ひどい!(笑)」

陸上部の先生は2人いたのだけど、時計が壊れていない先生の方が立場が弱く、
意見が通らなかったので、改善されることもないままだったのだそう。

あしざわ教頭「それは、あえて遅らせているのかなぁ?」

誰かは君の味方「多分、あえてではないと思います!」

あしざわ教頭「天然ってことか…。それ一番迷惑じゃん!(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「もしかしたら、指摘されたけど途中で引き返せなくなっちゃったのかもね」

あしざわ教頭「生徒同士でも話し合いとかはしなかったの?」

誰かは君の味方「初めはみんなブーブー言っていたんですけど、途中からみんなも諦めちゃって…」

あしざわ教頭「じゃあ、早めに行くってことしか対策はなかったんだね」

誰かは君の味方「はい」

他にも、先生の時計が遅れているせいで大会の集合時間に遅れそうになったりしたことも…。

誰かは君の味方「ギリギリ大会には出してもらえることにはなったんですけど、危なかったです!」

あしざわ教頭「それはダメだろ!」

とーやま校長「先生からは謝罪はあったの?」

誰かは君の味方「いや、『みんなも時計を見ながら行動しよ〜』みたいな感じでした(笑)」

あしざわ教頭「いやいや、まずあんただよ! ってなるな(笑)」

とーやま校長「これは激ヤバだね! その先生はまだ在籍しているの?」

誰かは君の味方「まだいるみたいで、後輩は地獄だって言ってます…」

とーやま校長「早め早めに行動しないといけないっていうのを体に染み付かせるっていう意味では良いことなのかもしれないけどねぇ」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「社会人経験した時に誰よりも早く集合出来たりするかもしれないけどな」

とーやま校長「誰かは君の味方は、その先生に教えられた3年間はどう思ってた?」

誰かは君の味方「朝が弱かったのでもう本当に地獄でしかなくて!
朝弱くて5分前行動で精一杯なのに、もっと早くって言われると気が遠くなってました」

とーやま校長「もしも先生がこのラジオを聞いているとして、何か言いたいことはある?」

誰かは君の味方時計を電波時計とかに変えて欲しいです!

とーやま校長「そういう時計、今度プレゼントしてみたらどう? すごい皮肉にしか聞こえないと思うけど(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「そうだね(笑)」

とーやま校長「話聞かせてくれてありがとう!」

誰かは君の味方「ありがとうございます!」


♪ イト / クリープハイプ



陸部あるある??
僕も高校で陸部に入っていますが、毎日先生の時計がずれているため毎日怒られてました。そのため僕達部員は先生の誕生日に新しい時計をプレゼントしてあげました。そしたらそこから時間通りに部活出来てます!陸部で時間間違えるのはなかなか致命的ですね笑
長野BOY
男性/17歳/長野県
2018-05-31 22:45


とーやま校長「やっぱり、時計をあげて気づかせるのは良いのかもね!」

あしざわ教頭「頑固になってるだけかもしれないからね」

とーやま校長「走ると腕振るから、その振動で時計がおかしくなったりするのかな?」

あしざわ教頭「それは時計が弱すぎるでしょ(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「でも、陸上部の先生、時計狂いがちっていうのはあるあるなんだね(笑)」

あしざわ教頭「そういう時は新しい時計プレゼントしたら変わるかもしれない!」


他にも、学校掲示板に書き込まれた「君が縛られている大人のルール」を紹介!



変なルール
僕の学校には、僕が変だなと思うルールがあります。それは学校の敷地内では、絶対にスマホを使ってはいけず、使っているのが見つかると、1ヶ月スマホを取られて、ノート1ページ分の反省文をびっしり書かなくてはいけません。そしてその後すぐに坊主にならないといけないのです。なので友達と連絡先を交換したくてもできないのです。僕の学校には、変なルールがまだあります。学校のルール変えてほしい‼
リョッチー
男性/15歳/石川県
2018-05-31 14:02


あしざわ教頭「かなりヘビーですね〜」

とーやま校長「でもこれは、先生たちの意見からすると分からないでもないかな、と思っちゃったりするな〜」

あしざわ教頭「ただ、すぐに坊主にさせるシステムどうにかなりません?(笑)」

とーやま校長「だけどそれくらい厳しくしないと使っちゃうからじゃない?」

あしざわ教頭「10代で一番髪の毛とか敏感な時期だから、やめて欲しいなあ」

とーやま校長「1ヶ月スマホ取り上げられるのもイヤだな!」




学校のルール(家庭での)
家のルールまで、学校側が決めないでほしい!SNSは9時までとか、ゲーム、テレビ、ネットは2時間まで(ラジオなどのメディアも)スクールオブロックしか聞けないじゃないですか!点検までされる(泣)
特上イクラ
男性/14歳/鳥取県
2018-05-31 20:08


あしざわ教頭「学校側が家での過ごし方も決めてくるってこと、意外とあるみたいですね」

とーやま校長「学校のルールは守るけど、そこまで干渉しないで欲しいよね」

あしざわ教頭「そこはのびのびやらせて欲しいですね」


SCHOOL OF LOCK!



君を縛っている大人のルール
私の通っていた小学校では、先生ごとのマイルールがありました。
例えば、A先生はツーブロックOKなのに、B先生はダメ。だったり、筆箱は四角いものだとか、鉛筆は柄のないものだとか。
校則ならば仕方がないかもしれませんが、先生達のマイルールでそれを決めるのはおかしいと思いました。
浜のラジック
女性/13歳/静岡県
2018-05-31 18:01


とーやま校長「確かに、統一してもらわないと!」

あしざわ教頭「これ、自分の学校でもあったかもしれない。あの先生の時はこれを気をつけないといけないっていう、暗黙の了解みたいなのはありましたね」

とーやま校長「でも、これって先生たちの間もギクシャクしない? 俺が先生だとして、2ブロックダメだって言っているのに、
『あしざわ先生は良いって言っているの? 生徒に好かれようとして…なんなの?』ってなったりしそう。先生同士も上手くいってないのかな?」

あしざわ教頭「まず、先生同士で話し合いをして欲しいですよね!」

とーやま校長「生徒が戸惑うばかりだよね。ルールを揃えてくれないという理不尽か…」

SCHOOL OF LOCK!


続いては…


暁 ハイジ 千葉県 17歳 女性 高校3年生

とーやま校長「暁 ハイジも大人のルールに縛られていたことがあるの?」

暁 ハイジ「はい!」

とーやま校長「それは今も続いてるの?」

暁 ハイジ「今はもうないですね。中学の時の話で、私はソフトテニス部に入っていたんですけど、
一番最初にサーブを打って、そのサーブが入らなかったらその日は一切ボールを打たせてもらえないんです!

とーやま校長「これは厳しいね!」

あしざわ教頭「それって結構難しいよね?」

暁 ハイジ「試合の時はサーブが第一打になるので、それが入らなかったら試合が続かない、ってことでサーブは必ず入れるっていう練習ではあるんですけど…」

あしざわ教頭「なるほど…」

とーやま校長「ただ、これめっちゃプレッシャーじゃない? 暁 ハイジも入らなかった時もあった?」

暁 ハイジいや、私は全部入りました!

とーやま校長「すごいね!!」

あしざわ教頭「すごい! 俺絶対に無理だわ! だって、サーブ入らなかったら部活に参加する人少ないってことでしょ?」

暁 ハイジ「そうですね。どんなに上手い人でも入らなかったらダメなので」

とーやま校長「じゃあ、エースの人でもサーブ入らなかったこともあったの?」

暁 ハイジ「ありました!」

とーやま校長「その中学校は、ソフトテニスの強豪校だったわけ?」

暁 ハイジ「いや、そこまで…」

あしざわ教頭「ウソだろ!?(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


暁 ハイジ「ただ厳しかっただけでした(笑)」

とーやま校長「厳しさと実力が比例してほしかったな〜」

RN 暁 ハイジも練習ではサーブが入るものの、試合では外してしまうことがあったのだとか…。

とーやま校長「他にも”これは…”っていうルールはあった?」

暁 ハイジ「部活関係だと、1回遅刻したら次の大会に出させてもらえませんでした!」

とーやま校長「それはモチベーション下がっちゃうね」

暁 ハイジ「遅れる時は30分前に顧問に電話しないと、どんな理由があってもダメなんです」

例えば、学校に行く時に人助けをしていても、他の先生に呼び止められて話をしていたのだとしても連絡をしないとダメ!

とーやま校長「その罰には引っかかったことあった?」

暁 ハイジ「何回もあります!」

とーやま校長「じゃあ、試合も出られなくなっちゃったんだ」

あしざわ教頭「それは厳しいね…」

とーやま校長「厳しいけれど、これから大学に行ったり就職する時にやっぱり時間を守ることってすごい大切になるからね。他にも何かある?」

暁 ハイジ「これは学校でのルールなんですけど、学校指定のジャージが胸のあたりからチャックがあるジャージだったんです。
そのチャックが下から指3本分閉めないといけなかったんです」

とーやま校長「きっちり指3本分? それは誰の指基準なんだ?」

暁 ハイジ「自分の指基準です(笑) この人守ってないな、って思われると、生活指導の人に『指当ててみて』って言われて、注意されるんです」

あしざわ教頭「それ、もし破ったらどうなるの?」

暁 ハイジ「クラスに2人、生活委員がいて、ずっと見られるんですけど、2回言われたら帰りの会でみんなの前で言われて、そのあとに先生に呼び出されて怒られます」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「厳しいね〜! 2本でも4本でもダメなんだ?」

暁 ハイジ「ダメなんです」

とーやま校長「これも、暁 ハイジは引っかかったことある?」

暁 ハイジ「5、6回あります。私のジャージは兄のお下がりだったんですけど、チャックのところにシャーペンの芯を入れて壊してしまったので、5分に1回くらい確認しないと落ちちゃうんですよ!」

あしざわ教頭「それ面倒臭いな!(笑) それは理由を言ってもダメなの?」

暁 ハイジ「買い替えなさいって言われちゃいます」

とーやま校長「でも、それは家の事情とかもあるしなあ?」

暁 ハイジ「そうですよ! なんで3本指なのかって思いますし…」

とーやま校長「もっと言ってやれ言ってやれ!(笑) でも、他のみんなも従わざる得なかった感じ?」

暁 ハイジ「裏では文句言いつつも、先生には逆らえなかったですね」

あしざわ教頭「生徒同士ではそのルールについて話したりはしてた?」

暁 ハイジ「はい。みんなでそういう話にはなるんですけど、”あれ謎じゃない?”って感じで笑い話ですね」

とーやま校長「中学の時の話だからもう2年くらい経つけど、中学校の時のルールについて、今はどう思う?」

暁 ハイジ「謎だったな…って思います。でも、今でも癖で胸に3本指を当てる癖がついてて(笑)

あしざわ教頭「なにを受け継いでるんだ(笑)」

とーやま校長「それは気をつけないとダメだな(笑) でも、街を歩いている時とか、お店とかで胸に3本指を当てている奴がいたら同じ中学!? ってなるかもな」

SCHOOL OF LOCK!


暁 ハイジ「でも、同じ市はだいたいそのルールだったみたいなんです」

あしざわ教頭「その話でめっちゃ盛り上がりそう(笑)」

暁 ハイジ「ありますあります(笑)」

とーやま校長「いや〜面白いなあ! 話聞かせてくれてありがとう!」

暁 ハイジ「ありがとうございます!」


♪ 大人の言うことを聞け / NakamuraEmi



あった!あった!
サーブ入らなかったら、その日の練習参加できないやつ!
私の部活では真夏でどんなに暑くても、サーブが入らなかったら、休憩も水分補給もさせてくれなかったな…
ぺのじ
女性/15歳/愛知県
2018-05-31 23:36


とーやま校長「俺も野球を学生の頃やっていて、ピッチャーだったから的に当たらなかったら監督にボコボコに殴られてたなあ」

あしざわ教頭「うわ〜こわ〜!」

とーやま校長「でも、結果的にそれが受けた奴がどう思うか、だよね」

あしざわ教頭「関係性でも変わってきますよね。監督に愛情があるのか、生徒と仲が良いのか、とか…」


SCHOOL OF LOCK!



続いて話を聞いた生徒が従っている大人が決めたルールとは…


とりかめ 福井県 16歳 女性 高校2年生

とーやま校長「今、高校何年生?」

とりかめ「高2です!」

あしざわ教頭「中2高2は……フリーーーーダーーーーーーーム!!!

SCHOOL OF LOCK!


とりかめフリーダーーム!!

あしざわ教頭「ナイスフリーダム!」

とーやま校長「でも、今日の授業テーマを考えるとフリーダムではないよね?」

あしざわ教頭「確かに(笑)」

とーやま校長「とりかめを縛っているルールは、現在進行形の話?」

とりかめ「はい。今もです」

とーやま校長「とりかめは、どんな大人のルールに縛られているの?」

とりかめ「家のルールなんですけど、妹のしたことは、姉である私が責任を負うべき、というルールです!」

あしざわ教頭「これは兄弟、姉妹あるあるだね…」

ちなみに、RN とりかめは高校2年生で、妹は中学1年生。4歳の年の差!

とーやま校長「これはつらいなあ…。例えばどんな責任を負うことになったの?」

とりかめ「妹がピアノを引いていて、ピアノの蓋を開きっぱなしにしていたんです。
そこにお父さんが来て、『最後にピアノ弾いたのだれ?』って聞いたので、私が”妹だよ”って答えたら、妹はその場にいなかったんですけど、妹のしたことだからお姉ちゃんが責任取りなさいって言って、私に蓋を閉めるように言ったんです」

とーやま校長「そういうことはわりとよくあるの?」

とりかめ「結構あります」

とーやま校長「その時は結局どうしたの?」

とりかめ「渋々閉めました…」

とーやま校長「言い返したいこともあるけど、なかなか言えないか?」

とりかめ「はい…」

あしざわ教頭「妹には、こういうことがあったよ、っていう話はするの?」

とりかめ「いや、妹には何も言わないです」

他にも、RN とりかめの妹はいつも折りたたみの机で勉強しているのだけど、
その机を片付けずに妹が出かけてしまった時も、RN とりかめが片付けるようにお父さんに言われたのだそう。

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「それは”何だよ!”ってなるよなあ。お父さんは、妹にはちゃんと言っているのかなあ?」

とりかめ「言ってない気がします」

とーやま校長「お父さんには、怖いから言い返せない?」

とりかめ「そうですね」

あしざわ教頭「自分なりに対策とかはあったりする?」

とりかめ「妹のものが出しっぱなしになっていないかなとか、気にしているんですけど…」

あしざわ教頭「でも、俺は妹に言ったほうがいいんじゃないかなって思うな。
大人の世界の話でいうと、部下が失敗してしまったら上司の責任だ。っていうのはよくあるけど、
もしかしたらお父さんは、お姉ちゃんから妹に注意したり、教育してもらうために言っているのかなあ、って思ったんだよね」

SCHOOL OF LOCK!


とりかめ「あぁ〜」

あしざわ教頭「妹に伝えることで、ようやく上手く回るような気もするけど、どうかな?」

とーやま校長「お父さんとしては、遠回しにお姉ちゃんとしてだったり、大人の女性としての教育なのかもしれないね。
とは言いつつも、妹がちょっとズボラなところがあるからな〜(笑)」

あしざわ教頭「下の子はそうなっちゃいがちだからなぁ」

とーやま校長「家庭によっても姉妹とか兄弟のルールも違うよね。
俺の家は俺が長男だったんだけど、兄ちゃんの方を可愛がりがちだったから、弟の方がグレちゃったりしたんだよね」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「家庭によって全然違うんだね」

とーやま校長「お父さんが”言ってくれている”とはなかなか思えないかもしれないけど、そういう風に言ってると思えれば肩の力も抜くことができると思うよ」

あしざわ教頭「あと、妹に言う機会があったら、一言言うだけでもね。とりかめばかりがストレス溜まっちゃうから」

とりかめ「はい…! ありがとうございました!」



そして、本日も黒板の時間になりました。


SCHOOL OF LOCK!


『 理不尽を辿ってみる 』

「理不尽だなって思っていることがあったら、どこから来ている理不尽なんだろうな、っていうのを1回辿って考えてみる。
もしかしたら、辿り着くところは『自分のためにあるものなんだ』って思えるかもしれないし、でもそうじゃないものも世の中にはたくさんある。
みんなはまだ学生で10代だし、色んなことが分かっていたり、分からなかったりする。
一人じゃ答えも出ないかもしれないから、友達や先輩、後輩でも、”これってどこに向かっているものなんだろう?”ってみんなで考えてみるのも大切だと思う。

それが、自分のためではないものだったら、俺は避けていいと思う。
その勇気も必要だと思うから、”自分たちのためのルールじゃない”って思ったら、避けて生きていいと思うし、
理不尽を感じているやつは、それがどこから来ているのかって考えてみる時間を作ってみたらどうかな、と思いました!」


♪ 元少年の歌 / フラワーカンパニーズ


あしざわ教頭「話を聞いていたら、選挙を行く時も同じことを考えている気もして。
今の政治だったり、国が決めたルールが変だなって思って考えているのと、実は同じことを今日は話している気もしたんです。
そういう風に理不尽を辿っていくことって身の回りで起きていることもそうだけど、自分が住んでいる国で起きていることだったり、広いところにも目を向けられる気もしたので、
身の回りのルールについて考えるってすごく良い機会だな、と思いました!」

とーやま校長「そうだね!」


【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN ラストも坂道も好き!


SCHOOL OF LOCK!

RN ももとりまかろに


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
にんじんいも 埼玉県 14歳 女性
誰かは君の味方 東京都 15歳 女性
暁 ハイジ 千葉県 17歳 女性
とりかめ 福井県 16歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
低血圧患者 福岡県 15歳 男性
黄緑大好き 兵庫県 15歳 女性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:08 Wake Me Up / TWICE
22:26 Some / BOL4
22:43 イト / クリープハイプ
23:39 大人の言うことを聞け / NakamuraEmi
23:51 元少年の歌 / フラワーカンパニーズ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

理不尽の源まで振り返ってみると今のストレス少し解消されると思う!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

当たり前のことを1度考えてみる。そこには意外な答えがあるかも。

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
- Prev                 Next -
<   2018年5月   >
MonTueWedThuFriSatSun
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE