ASIAN KUNG-FU GENERATION先生が来校!
「この春、親元を離れる君へ」

生放送 2017.3.29 水曜日

SCHOOL OF LOCK!


いつもはとーやま校長が書いている黒板ですが、今日は………?

SCHOOL OF LOCK!


???「書けちゃったんだよ」

あしざわ教頭「校長じゃない声がしますね(笑)」

とーやま校長「怖い怖い(笑) それじゃあ、皆さんで読み上げてもらいましょう!」

SCHOOL OF LOCK!


『 AKG祭り!! 』

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「という事で、もう生放送教室にASIAN KUNG-FU GENERATION先生がいらっしゃってるぞ!!!!」

本日の生放送教室には、我が校の”ロックの講師”
ASIAN KUNG-FU GENERATION先生が久しぶりにメンバー全員で来校!!

SCHOOL OF LOCK!


伊地知潔先生(Drums)
後藤正文先生(Vo & G)
山田貴洋先生(B & Vo)
喜多建介先生(G& Vo)


本日発売のニューシングル「荒野を歩け」を手にしてやってきてくれたぞーーー!!!


とーやま校長・あしざわ教頭「よろしくお願いします!」

とーやま校長「ゴッチ先生、生放送教室に入って来るなり、僕の顔見てニヤニヤするのだけやめてもらっていいですか?」

ゴッチ先生「なんなんでしょう? なんか見るとニヤニヤしちゃうんです(笑)」

あしざわ教頭「どういう感情なんです?(笑)」

ゴッチ先生「すっごい面白いんですけど、爆笑するほどは面白くないからニヤニヤしちゃうんです」

とーやま校長「言い方良くないな(笑) いや、嬉しいですよ? 僕が一生懸命喋っている時も毎回ニヤニヤ…」

あしざわ教頭「毎回なんですね(笑)」

ゴッチ先生「ツボなんです(笑)」

とーやま校長「皆さんはそうじゃないですよね? 喜多先生とか?」

喜多先生「そこまで…。興味はありますよ!」

とーやま校長「僕は泥酔している喜多先生を見ているわけですからね!」

喜多先生「毎回その話するの止めてください(笑)」

SCHOOL OF LOCK!



改めて! 3月29日はASIAN KUNG-FU GENERATIONにとってトピックづくしの1日!

まずはこれまでのアジカン20年の歴史を詰め込んだBOXセット『AKG BOX-20th Anniversary Edition-』

そして、豪華アーティスト達によるトリビュート・アルバム『AKG TRIBUTE』!!

とーやま校長「そして、何と言ってもニューシングル『荒野を歩け』! これが全部今日3月29日に一斉発売されたんだよ!」


あしざわ教頭「まさにお祭りですね!!」

とーやま校長「バンド結成20周年という事ですけど、20周年を迎えていかがですか?」

ゴッチ先生「いやー20年もやっちゃったなぁって感じはありますね」

とーやま校長「続く感じはしなかったんですか?」

ゴッチ先生「そんな事無いんですけど、結成した当時の事を思えば、僕たちもツルツルの青少年だったわけで、そういう意味では随分遠くまで来たなって感じはありますね」

とーやま校長「山ちゃん先生はいかがですか?」

山ちゃん先生「この前ツアーをやったので、それで改めて昔の曲をやったりして感慨深さはありましたね。ライブハウスを回ってた頃とか、当時を思い出しました」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「僕もこの間、武道館をお邪魔させていただきまして、ありがとうございました! あの時に休憩で過去のアー写が出てきてて、結構見た目って変わるじゃないですか!」

ゴッチ先生「特に俺がね」

あしざわ教頭「ジャケットごとに全然様子が変わるんですよね」

ゴッチ先生「あれでしょ? 俺が爆笑されたのをいじりたいんでしょ?」

とーやま校長「俺は、それをほくそ笑んでました(笑)」

喜多先生「ロン毛の頃ね」

とーやま校長「ゴッチ先生の髪の毛が相当長い時ありましたよね?」

ゴッチ先生「ロッチの中岡さんみたいだった(笑)」

とーやま校長「その時、武道館のお客さん1万人がドワ―ッと笑って(笑) でも、あの関係性が良いなって思いました」

ゴッチ先生「俺は笑かすつもりはなかったんだけど、俺でも笑えるから、しょうがないよね(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


そんな、アジカン先生を迎えてお送りする授業テーマは……

「この春、親元を離れる君へ」!!

この春から環境が変わって「一人暮らし」をする生徒や「寮生活」など……
まさに「荒野を歩くキミ」が、今抱えてる「楽しみな事」「不安」な気持ちを人生の先輩であるアジカン先生と校長・教頭に聞かせてくれ!

SCHOOL OF LOCK!


そして、先ほどのお話にもありましたけど、3月29日は『AKG祭り!!』という事で、ASIAN KUNG-FU GENERATION関連の物がドバっとリリースされております!

とーやま校長「まずは、豪華アーティスト達によるトリビュート・アルバム『AKG TRIBUTE』! これ、めっちゃイイですね! もう聴かれていると思いますが、印象としてはどうでした?」

ゴッチ先生「CDをもらった日、聴く前にTwitterを見てたら、潔が『酒飲みながら聴いて泣いた』って大げさなツイートしてましたよ」

とーやま校長「そこはいいでしょ(笑)」

ゴッチ先生「泣いてないでしょ! って思いながら(笑)」

喜多先生「でも、気持ちは分かるよ!」

とーやま校長「喜多先生もわかります?」

喜多先生「すごい嬉しいんですよ。特に初聴きの時!」

とーやま校長「潔先生は、どういう所からの涙だったんですか?」

潔先生「トリビュートされたのが初めてだったんですけど、若い子達が結構やってくれているんですよ。予想外の所にいったっていうのと、すごいリスペクトを感じたんですよね! 愛があって感動しちゃって、一人で泣きましたね」

SCHOOL OF LOCK!


トリビュート・アルバム「AKG TRIBUTE」には
KANA-BOON、04Limited Sazabys、BLUE ENCOUNT、リーガルリリーなど……豪華アーティストが集結!!

まずは、我が校の職員・すっちゃんが作ったダイジェストを聴いてくれ!


♪ AKG TRIBUTE スペシャルダイジェスト


とーやま校長「愛という愛に溢れてますね!」

喜多先生「潔がもう一回泣いてますよ!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「本当に目が潤んでるじゃないですか!」

潔先生「素晴らしいですよね! みんなすごい頑張ってくれたなぁって思って。こんなに頑張らなくてもいいじゃんって思うくらい!」

あしざわ教頭「みんな、それくらいやりたかったんだと思いますよ!」

とーやま校長「歌詞カードにそれぞれのアーティストから一言コメントがあるんですけど、アジカンとの出会いだったり、曲に対する想いだったり……」

あしざわ教頭「余計泣いちゃうやつじゃないですか!」

とーやま校長「良かったら、お時間あるときに見てください!」

ゴッチ先生「そんなのがあったんですね。初めて知りました!」

SCHOOL OF LOCK!



更に、これまでの20年の歴史を詰め込んだBOXセット「AKG BOX-20th Anniversary Edition-」はなんとCD12枚組!!

あしざわ教頭「壮観ですね!」


AKGBOX
AKGBOX素晴らしかったです。歌ではなく文字で歌詞を見ることで、また違ったメッセージや思いを感じることができました。これからもアジカンと生きていたいと思いました!本当に音楽をありがとうございます!!!!次のAKGBOX2までずっとアジカンと一緒に歩いて生きたいと思います。
オールライトマン
男性/17歳/福島県
2017-03-29 22:03



ASIAN KUNG-FU GENERATION「ありがとうございます!」

とーやま校長「次は2037年くらいですかね?」

あしざわ教頭「お歳を考えるとちょっと大変ですけど…(笑)」

とーやま校長「今、こうやってズラッとジャケットが並んでますけど、目の前にしてみて、いかがですか?」

SCHOOL OF LOCK!


ゴッチ先生「まとまると中々パンチがあるというか。自分でも“おお〜!”って思いましたね」

とーやま校長「やっぱり『君繋ファイブエム』の時は東京に来て4、5年くらいで、全然仕事もうまくいってなかった時だなぁ……ってリンクするんですよ」

喜多先生「色んな人が思い入れのあるアルバムが違ったりして、面白いですよね」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「しかも、これ直筆のサインなんですよね?」

ゴッチ先生「サインしましたよ! 3,000枚くらい」

とーやま校長「ええっ!?」

ゴッチ先生「初版3000枚分には書きましたね」

喜多先生「3時間くらいで終わるだろうと思って行ったら、7時間くらいかかりましたね(笑)」

ゴッチ先生「俺も2日に分けてもらいましたよ。1日じゃ終わらなくて」

とーやま校長「3000枚もサインするって、なかなか無いですよね?」

ゴッチ先生「やるって言っちゃったんだよね(笑) でも、すでに持っているファンの方もいらっしゃるので、そういう子が改めて買っても損の無いように、せめて直筆にしようって」

とーやま校長・あしざわ教頭「ありがとうございます!」


そして、本日発売! 『荒野を歩け』!
アニメーション映画「夜は短し歩けよ乙女」の主題歌になっています。

とーやま校長「いち早く、生徒のみんなと聴かせていただきまして、もう一撃で好きでしたよ! 今までのアジカンのどの曲にも似ていなくて、この曲がドカンとあるし、それってすごい事なんじゃないかなって思って。でも、1発でアジカンって分かるし…」

ゴッチ先生まぁ、あまり考えないでやっているんですけどね。それが出来るから、ここにいるんでしょうね

あしざわ教頭「すごいカッコいいな!!(笑) でも、確かにかき鳴らされた瞬間にアジカン先生だって分かるし、聴いていて、若い人たちに“もっと自由にできるんだから、こっちに来いよ!”って言っている、先輩な感じもあって、頼もしいなって思いました。
曲作っている時にそういったことを考えたりするんですか?」

ゴッチ先生「曲を作る時、あんまり色んな事を考えないんですよね。良い曲書きたいな、くらいの気持ちで、このメロディ気持ちいいとか、そういう事しか考えないから、曲を作るっていう事が誰かを狙っているってわけでは無いんですよね。
全ての人に平等に扉が用意されていたら良いなぁって思うから、届けた後に喜んでもらえるのは嬉しいですね。潔はドラムの事よりもエッチな事考えてたりするかもしれないけど」

喜多先生「さっきまで泣いてたのにね(笑)」

SCHOOL OF LOCK!



♪ 荒野を歩け / ASIAN KUNG-FU GENERATION



荒野を歩け
「荒野を歩け」初オンエア聞きました!!
本当に良い曲で、はじめは自分の足元だけを見て歩いていたけど、曲を聞き終えた後は、遠くの目標を見据えて歩いていける曲だなぁ〜と思いました!!
「夜は短し歩けよ乙女」も見に行きます!!
「黒き幸」ホーリーナイト
男性/16歳/広島県
2017-03-29 19:51



ASIAN KUNG-FU GENERATION「ありがとうございます!」


さぁここからは、「この春、親元から離れる君へ」!
この春から進学や就職などで親元を離れて暮らす
まさに「荒野を歩いて行く」お前たちの気持ちを聞いていきたいと思う!

まず最初に逆電した生徒は…

トラトラトラトラ 栃木県 18歳 男性 高校3年生

とーやま校長「トラトラトラトラは、この春に親元を離れるんだね? 高校はもう卒業した?」

トラトラトラトラ「はい!」

とーやま校長・あしざわ教頭・ASIAN KUNG-FU GENERATION 「おめでとう!」

トラトラトラトラ「ありがとうございます!!」

そして、4月からは埼玉県の大学に通うRN トラトラトラトラ!

とーやま校長「結構離れるなぁ」

全員「そうでもない…」

とーやま校長「でも、栃木の離れてるところと埼玉の離れてるところだったらすごい離れてるじゃん!」

あしざわ教頭「めっちゃキレるじゃん(笑)」

ゴッチ先生「そんなにムキにならなくても(笑)」

喜多先生「同じ関東圏ですよね」

とーやま校長「(笑) なんか、声を聞く限りちょっと不安な感じ?」

トラトラトラトラ「少しの不安はあるんですけど、正直楽しみですね!」

とーやま校長「マジで? 今日の掲示板を見ていると不安な奴も多かったりしたからね。どういう所が楽しみ?」

トラトラトラトラ「まずは、親元を離れるって事なんで、解放されるってところですね」

とーやま校長「まぁ、自由は手に入るよね! 他には?」

トラトラトラトラ「高校までずっと男子校だったんですよ。それで、大学に行ったら共学になるわけじゃないですか。事前講義に行ったら女子もいっぱいいたんですけど、女子=可愛い人になっちゃって、一人で舞い上がってました!」

ゴッチ先生「エロい希望でパンパンに膨らんでる!」

喜多先生「声はテンション低めなのにね(笑)」

とーやま校長「内に秘めたものがあるね!」

ゴッチ先生「迸っとるねぇ!」

とーやま校長「それと、親元を離れるのはどう関係してくるの?」

トラトラトラトラ「友達も家に呼べるかな〜って」

とーやま校長「男の子もだし、女の子も仲良くなれればね。確かに、同じ地域の大学とかだったら、なかなか実家に遊びに行き辛かったりするかもしれないけど」

ゴッチ先生「人の家だと夜中から朝まで騒いだりできないですからね。そういう意味では自由が増えるなぁ」

とーやま校長「じゃあ、楽しみが多いのはめちゃくちゃ良い事だと思うのよ! ……ただ、ちょっとゴッチ先生が……どうされました?」

ゴッチ先生サークルに入って女の子とチョメチョメしたいみたいな…

喜多先生「かいつまんで言うとね」

あしざわ教頭「2017年にチョメチョメって(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


ゴッチ先生「その気持ちが電波に乗せて伝わってくるから、大学は勉強しに行く所だぞっていうことを言いたいんですよ」

とーやま校長「勉強もちゃんとするんだよな?」

トラトラトラトラ「それは大前提で!」

ゴッチ先生「お父さんは安心したけども…」

あしざわ教頭「いつ引き取られたんですか?(笑)」

とーやま校長「やることをちゃんとやってから遊びなさいと」

ゴッチ先生「そうそう、勉強が本分なんでね。そういう気持ちも分からんでもないので、両方……文武とはまた違うか」

とーやま校長「文“女”?」

SCHOOL OF LOCK!


ゴッチ先生「文女ですね(笑)」

トラトラトラトラ「文女両道で(笑)」

とーやま校長「勉強を一生懸命頑張っているやつって、女の子は意外と見ていたりするじゃないですか?」

ゴッチ先生「いや、大学なんて車持っているやつがモテるんですよ」

とーやま校長「関係ないか!」

あしざわ教頭「車買えーー!」

とーやま校長女車でいけー!!!

全員笑い

RN トラトラトラトラ、話を聞かせてくれてありがとう! 良い春を迎えろよ〜!


♪夜のコール / ASIAN KUNG-FU GENERATION


SCHOOL OF LOCK!



そして、今夜で休講するブルエン LOCKS!内では、
BLUE ENCOUNT先生の新曲「さよなら」を初オンエアしました!

とーやま校長「新曲『さよなら』を目を閉じながら聴かせてもらって、歌詞にもあったけど、“気が向いたら帰って来てよ”って思っているし、前を向くためのさよならでもあるなって思った。
お別れは悲しいなって思っていたけど、最後のシーズン2コールを聞いたら、いつものブルエンだなって思って(笑)」

あしざわ教頭「変わらなかったですね(笑)」

とーやま校長「楽しかったな! それが一番だね!」

あしざわ教頭「渾身のタカムラップも聴かせていただきましたね!」

とーやま校長「あれは渾身だったのか?(笑) 渾身は一回も無かったように思ってるけど…」

あしざわ教頭「タカムラップは、いつだって渾身なんですよ!」

とーやま校長「以前、スマホLOCKS!もやってくれていたわけだから、今回がシーズン2でもあるなって思ったんだよね。だから、シーズン2は実質やったよね?」

あしざわ教頭「そうすると、もう帰って来ないみたいになっちゃうからアレですけどね(笑)」

とーやま校長「しばしのお別れなんだけど、お別れって感じもしていなくて。フラっと遊びに来るだろうし、『またね!』って感じだね!」

BLUE ENCOUNT先生! 1月からの3ヶ月間、どうもありがとうございました!
またこの学校で逢えるのを楽しみにしています!!


SCHOOL OF LOCK!



とーやま校長「先ほど、最終回を迎えたブルエンLOCKS!なんですけど、BLUE ENCOUNT先生も、アジカン先生のトリビュートアルバム『AKG TRIBUTE』に参加しているんですよね!」

ゴッチ先生「そうなんです。それで、最近聞いたんですけど、俺が田邊と飲みたがっている。っていう話を方々で吹聴しているって…」

あしざわ教頭「(笑) 実際はどうなんですか?」

ゴッチ先生「実際、田邊は一緒に飲むと楽しいんですよ。あいつはステージ上よりも打ち上げで輝くので」

とーやま校長「それはどうなんだ?(笑)」

ゴッチ先生「BLUE ENCOUNTファンは、ステージ上でもカッコいいってなっていると思うけど、俺らから言わせると、その後さらに『スーパー田邊』みたいになるから」

喜多先生「更に輝くと!」

ゴッチ先生「俺達に気持ちよくお酒を飲ませてくれる!」

とーやま校長「でも、田邊先生誰にでも言っている節ありません? 僕の事も教頭の事も“師匠!”って言うんです」

あしざわ教頭「周り、師匠だらけ!(笑)」

ゴッチ先生「でも、あいつのイイ所って、イヤミじゃないんですよ。だから、分かってはいるけど、こっちも気持ちよくなってきちゃう。それはあいつの腕ですね」

とーやま校長「それはゴッチ先生に対してだけですか? 山ちゃん先生にもあるんですか?」

山ちゃん先生「俺はそんなにじっくり飲まなかったかも…」

喜多先生「でも、すごい良い気分になりましたよ!」

SCHOOL OF LOCK!


ゴッチ先生「あいつ、店とか出した方がいい!」

喜多先生「指名したいよね(笑)」

とーやま校長「いつか、お店が開いたら俺達もお邪魔したいね(笑)」


さぁ、ここからは再び、ASIAN KUNG-FU GENERATION先生と一緒に
「この春、親元を離れる君へ」!


新生活!!
大学に合格し、春からふるさとの埼玉を離れ石川で一人暮らしを始めます!!そこで、ぜひとも節制術を学びたいです!よろしくお願いします!!
アッシュ。
男性/18歳/埼玉県
2017-03-21 21:35



とーやま校長「どうすれば節約できるかって事なんですけど…」

あしざわ教頭「アジカンのメンバーの中に節約家はいますか?」

ゴッチ先生「節約家っていうか、ケチなのは山田かな」

あしざわ教頭「なんでイヤな言い方に変えるんですか(笑)」

とーやま校長「山田先生、時には言い返していいんですよ?」

山ちゃん先生「大丈夫です。なんでも受け止めますんで」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「優しい〜」

とーやま校長「でも、普段もそうなんですか?」

山ちゃん先生「普段は100円ショップ大好きだったりしますね」

とーやま校長「100円ショップって何でもありますもんね! それじゃあ、山ちゃん先生からアッシュ。に向けて節約のためのヒントなどありますか?」

山ちゃん先生「そうですね……。友達と遊ぶときに、いかにおごってもらえるかっていうね」

あしざわ教頭「それ、節約って言うんですか?(笑)」

ゴッチ先生「なんだそれ、トホホだよ(笑)」

喜多先生「山ちゃんが一人暮らし始めた時に初めてお家に遊びに行ったら、缶ビールじゃなくて手作りのウーロンハイが出てきたんですよ(笑) これも節約なんじゃないですかね」

ゴッチ先生「(書き込みをくれた生徒は)20歳前だからウーロンハイはないよな(笑)」

とーやま校長「(笑) じゃあ、アッシュ。はまず、お茶のパックで飲み物を作っていくってことかな!」

ゴッチ先生「自炊が良いと思いますよ! お米とか、家で炊いた方が安上がりですからね。とにかく自分で作る!」

とーやま校長「外食とかコンビニとか、手軽だから行っちゃいがちだけどね」

あしざわ教頭「健康に良くないからね」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「からの〜〜……もしもし!!」

あなたの声を。 新潟県 15歳 男性 中学3年生

あなたの声を。「もしもし!」

とーやま校長「中学校の卒業式は終わった?」

あなたの声を。「終わりました!」

とーやま校長「おめでとう! じゃあ、高校から親元を離れるってこと?」

あなたの声を。「はい。寮に入ります」

RN あなたの声を。は、新潟から県内の高専に入学して、将来は宇宙関係のエンジニアを目指しているんだそう!

ゴッチ先生「カッコいいね! 高専に行く人って頭良いってイメージしかないですもん! 学校でも勉強が出来る人しか行ってなかったですからね」

とーやま校長「あなたの声を。は、寮生活に対して“楽しみ”と“不安”はどっちの方が大きい?」

あなたの声を。「不安の方が大きいですね」

RN あなたの声を。が入る寮は、それぞれ3人部屋と決まっていて、その内の一人が先輩なんだとか。

ゴッチ先生「PL学園っぽい感じだね」

とーやま校長「PL学園は本当に上下関係が厳しいからね!(笑) じゃあ、そこも気を遣わないといけないんだね」

あなたの声を。「はい」

ゴッチ先生「高校の時の1学年ってなかなかのパンチ力でしたからね」

あしざわ教頭「ドキドキするよ」

とーやま校長「先に寝ていいのかとか、掃除はどのくらいしないといけないのか、とか。そういう説明とかはあったりするのかな?」

あなたの声を。「いや、まだ全然されてなくて…」

ゴッチ先生「でも、高専に行くような子はそんなに体育会系ではないんじゃないですかね。そういう希望もありますよね。
高専の子達はちゃんと勉強もしたいし、夢があるでしょうから、そこまで厳しい上下関係は無さそうだなって思います。あくまで想像ですけどね」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「そうですね。同じところを向いている先輩だし、話も共有できる事がいっぱいあるかもしれないですよね」

ゴッチ先生「ネガティブなイメージだけじゃなく、ポップにいこうか!」


とーやま校長「あと、あなたの声を。はギターやってるんだよね?」

あなたの声を。「いや、つい最近始めたばかりなんです」

とーやま校長「すごいじゃん! 寮には持って行くの?」

あなたの声を。「それが問題で、先輩が同じ部屋にいるので持って行っていいのか分からないし、弾くタイミングとかも分からないんですよ」

ゴッチ先生「それは難しい所だな〜。いきなり持って行くのもイキってるみたいでイヤだよね」

とーやま校長「でも、気持ちとしては持って行きたいよね」

ゴッチ先生「最初は、好きなCDとか音楽を持って行って、共有しながら探りを入れつつ、いけそうだったらゴールデンウイークに持っていこう! いきなりはリスキーだよね(笑)」

あなたの声を。「そうですね(笑)」

ゴッチ先生「それか、ぶっちぎるか! いきなりギターを持って行って、鋲(トゲみたいなもの)がいっぱいついた革ジャン着て、ガツンと先輩にかましちゃう! みたいな」

とーやま校長「やり過ぎだよ!(笑)」

ゴッチ先生「目とか合わせない方がいいかな? って思わせるくらいの威圧感で、“すごいの入ってきた”って思わせればいいんだよ」

とーやま校長「多分、あなたの声を。そんな奴じゃないです(笑)」

あしざわ教頭「逆に先輩がビビっちゃう(笑)」

とーやま校長「4年制? 5年制?」

あなたの声を。「5年制です」

とーやま校長「5年間そのキャラはきつくないですか?(笑)」

ゴッチ先生「その後、大丈夫だな、って思ったら、ゴールデンウイークに鋲を取ればいい(笑)」

あしざわ教頭「急に正体を明かすんですか!?」

とーやま校長「ヨシ! 勝負はゴールデンウイークだ!! (笑) でも、楽しそうな場所の気もしますけどね」

ゴッチ先生「ゆっくり馴染んでいくのが絶対に良いと思いますよ。多少は遠慮も必要だと思うけれど、きっと先輩とかも自分が1年生だった経験があるから、力になってくれるんじゃないですか?」

とーやま校長「どうだ? あなたの声を。」

あなたの声を。「すごく参考になりました!」


逆電の後、RN あなたの声を。から、こんな書き込みが!


ゴールデンウィーク of マジック!
逆電ありがとうございました!
ゴールデンウィークにギター持ってけるように今まで以上に練習しようと思いますw
あなたの声を。
男性/15歳/新潟県
2017-03-29 23:50



ゴッチ先生「イイねぇ!」

あしざわ教頭「前向きになってるじゃないですか!」


そして、最後に逆電した生徒は…

にゃんまり 長埼県 18歳 女性 高校3年生

とーやま校長「にゃんまりは、4月から進学?」

にゃんまり「はい、大学に行きます!」

とーやま校長「それを機に、親元を離れるんだね」

にゃんまり「はい」

RN にゃんまりは、長崎を離れて茨城にある寮に入るのだそう。
最初は楽しみの方が大きかったんだけど、今、お母さんが毎日泣いていて、それを見ていたら自分も寂しくなってきてしまったのだとか。

とーやま校長「兄弟はいるの?」

にゃんまり「弟がいます」

ゴッチ先生「大丈夫だよ!」

とーやま校長「弟がいるから?」

ゴッチ先生「弟がいるからっていうか、お母さんはお母さんの人生だし、にゃんまりは、にゃんまりの人生だから、それはお母さんが自ら泣き止む以外に方法は無いかな」

とーやま校長「そうですね…」

ゴッチ先生「子供たちは親の事なんて考えないで自分の人生に向かって羽ばたけばいい。って僕は思うんです。
すごく優しい子だからお母さんの事を心配しちゃうのかもしれないんだけど、本来は自分の夢に向かって、自分自身で、自分の道を切り拓いて悔いのないようにやるのが良いと思うな」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「確かにそうですね。頑張れば頑張るほど、その涙が笑顔に変わるのが早くなっていくと思います」

ゴッチ先生「“せーの”で一緒に死んだりできないし、自分の人生は自分で歩けばいいんです。お母さんも、そのうち楽しみを見つけるかもしれないし、いいんじゃないですかね。でも、すごく優しいなって思います」

とーやま校長「そうですね」

ゴッチ先生「そんな事言ったら僕らだって、全員脱サラした時、親に怒られましたもん(笑)」

とーやま校長「違う意味の涙を(笑)」

喜多先生「毎日、『出ていって欲しい』って泣かれたことあります(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


ゴッチ先生「親が言っている事とは違う、自分の人生を俺たちは選んでここに来ているわけで。心を鬼にしろとは言わないけど、心を強くして、手を離さなきゃいけない時もあるんだよっていう気がしますね」

とーやま校長「にゃんまり、どう?」

にゃんまり「残りの日数でお母さんが笑顔で送ってくれるように思い出を作ろうと思います!」

ゴッチ先生「でも、一生の別れじゃないから、ゴールデンウイークに帰ってきたらいいんじゃない?」

あしざわ教頭長「出た! 伝家の宝刀! ゴールデンウイーク!(笑)」

RN にゃんまり、ありがとう! 学校も楽しんで、良い春を迎えてね!!


そして、本日も黒板の時間になってしまいました!
今夜はASIAN KUNG-FU GENERATIONのゴッチ先生に黒板を書いてもらいました!

SCHOOL OF LOCK!


『 G.W.のあとは 夏休みがあるんだよ 』

ゴッチ先生「いくらでも実家に帰るチャンスはあるから、みんな前向きに行こうよ! そういう気持ちかな(笑)」

SCHOOL OF LOCK!



とーやま校長「これからは一人でやっていかないといけないんだって思うと確かに気負っちゃうけど、帰れるし、時間だってたくさんあるし…。肩の力を抜いて行っても良いなって思いました」

ゴッチ先生「現在っていうのは、これまでの人生とも、これからの人生とも地続きだから、そんなにしっかりと変わっていなくても普通に歩いていけば良いんだよ。
お母さんとも離れるわけではないし、友達と繋がろうと思えばLINEやメールがある。大丈夫だよ!」

ASIAN KUNG-FU GENERATION先生!
今日は本当にありがとうございました!! また遊びに来て下さい!



【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御前


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
トラトラトラトラ 栃木県 18歳 男性
あなたの声を。 新潟県 15歳 男性
にゃんまり 長埼県 18歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:05 Re:Re: / ASIAN KUNG-FU GENERATION
22:25 アマノウズメ / 水曜日のカンパネラ
22:40 荒野を歩け / ASIAN KUNG-FU GENERATION
22:50 夜のコール / ASIAN KUNG-FU GENERATION
22:53 夜を越えて / ASIAN KUNG-FU GENERATION
23:19 さよなら / BLUE ENCOUNT
23:26 ルーキー ルーキー / BLUE ENCOUNT
23:41 未だ見ぬ明日に / ASIAN KUNG-FU GENERATION
23:46 海岸通り / ASIAN KUNG-FU GENERATION
23:49 荒野を歩け / ASIAN KUNG-FU GENERATION
23:52 24時 / ASIAN KUNG-FU GENERATION

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

毎回同じ事言ってるかもだけど、やっぱアジカン先生、大好きです!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ASIAN KUNG-FU GENERATION先生は相変わらずユーモアかつ、愛を感じる!
これからもよろしくおねがいします!!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
- Prev                 Next -
<   2017年3月   >
MonTueWedThuFriSatSun
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE