SOCIAL LOCKS! SCHOOL OF LOCK! × 日本財団

SCROLL

SCHOOL OF LOCK! は“ラジオの中の学校”。
この校舎には、本当にいろんな生徒が通ってくれています。
年齢、住んでいる場所、育ってきた環境、
生まれた国が違う生徒もいれば、
人に説明しにくい性に悩んでいたり、
目に見える障害、見えない障害と向き合っている生徒もいる。

みんな、“違う”。

この“違い”には、
お互いの声を聞かないと気づけないこともある。
ひょっとしたら、君の隣にいるあの人は、
君が知らない“違い”を抱えて、
生きづらさを感じているかもしれない。

まずは、お互いの声を聞こう。
そしてイメージしよう。
“違う”わたしたちが共に生きる、新しい社会を。

次の時代の扉の鍵は、
今を生きる君たちが握っているんだ。

SCHOOL OF LOCK! × 日本財団
SOCIAL LOCKS!

WANTED周りとの“違い”について悩んでいる君、伝えたいことがある君からのメッセージを待っています。

「車椅子で入れるLIVE ハウスをもっと増やしてほしい」「同性の友だちを好きになったけれど誰にも相談できない。こんな時どうすれば?」「視覚障害者の中には、点字が読めない人も多いことを知ってほしいです」「耳の聞こえない友だちがいるんですが、傷つけないようにどう接すればいいのか、すごく悩んでしまいます」今、君が悩んでいること。望んでいること。なんでも大丈夫。言いにくいこともあるかもしれない。でも、君の声こそが、次の新しい社会をつくる“未来の鍵”なんだ。メッセージ、待っています。

SOCIAL LOCKS!放送後記

TRUE COLORS FESTIVALとは?

True Colors Festival は、パフォーミングアーツを通じて障害・性・国籍などの違いを楽しむ接点をつくり、誰もが居心地の良い社会の実現を目指す世界でも類を見ない試みです。

2019年にスタートし、コロナ下でもオンラインを通じて国境を超える活動を行ってきました。

東京パラリンピックが閉幕し、パンデミックの影響が続く中、さまざまな違いのある人が交わる接点をつくるため、活動を続けていきます。

AMBASSADOR

ryuchell

ryuchell

1995 年沖縄県生まれ。タレント・アーティスト。「普通」の男の子像からはみ出している自分に、生きづらさを感じていた学生時代。高校卒業後、どんな個性も受け止めてくれる街「原宿」に上京し、ありのままの自分を表現していくことを決意。テレビのバラエティ番組出演をきっかけに、奔放なキャラクターで全国区のタレントに。2018 年7 月には愛妻pecoとの間に長男が誕生。同年 9 月に「渋谷ダイバーシティエバンジェリスト」に就任。自身のYouTube・SNS やメディア出演によって、ファッション・メイク・子育てなど様々なライフスタイルを通じて「自分を肯定することの大切さ」を発信し、多くの共感を集めている。

乙武洋匡

乙武洋匡

1976年、東京都出身。先天性四肢欠損により、幼少時より電動車椅子にて生活。大学在学中に著した『五体不満足』が600万部を超すベストセラーに。海外でも翻訳される。大学卒業後はスポーツライターとして活躍した後、小学校教師として教育活動に尽力する。ニュース番組でMCを務めるなど、日本のダイバーシティ分野におけるオピニオンリーダーとして活動している。

SCHOOL OF LOCK!

SCHOOL OF LOCK!

ラジオの中の学校SCHOOL OF LOCK! はTOKYO FMから全国38 局をネットして月曜日から金曜日まで毎日、夜22 時から10 代の” 生徒” に向けて” 授業” をしています。授業を担当しているのは、こもり校長、ぺえ教頭をはじめとする豪華講師陣。radiko からも登校できます。

TOP