null

#18「ゲスト講師 片平里菜先生」前編

今週もお疲れ様です!
SCHOOL OF LOCK! UNIVERSITYの助教授・バンズです!

エアコンに喉をやられ、風邪をひきました!
それでもエアコンはやめられません!だから治らない!どうしたらいいんですか!!!
みなさんもお気をつけて!

さぁ今回の講義を振り返っていきましょう!

今回は、SCHOOL OF LOCK! UNIVERSITY 初めてのゲスト講師!
片平里菜先生をお迎えしました!

null





やしろ教授「1曲目からいっちゃいました、ということで。
今、この楽曲を聴きながら、なんかグッとなってる人もいるんじゃないかなと思います。
みんなからのリクエストで、この曲をかけました。8月入ってるしね。
夏のド真ん中だし、どっかでいくかなと思ってたら1曲目ですよ!
里菜様、「夏の夜」。」



やしろ教授「片平里菜先生との出会いは、2011年の「閃光ライオット」の2次予選ですよ。
僕が福島県に別件で行っていたときに、
SCHOOL OF LOCK!チームがちょうど福島で審査をしていると。
で、「時間が空いてるなら観に来ない?」と連絡をもらって、観に行って、
そこに片平里菜先生が来てて、当時まだ19歳?」

片平里菜先生「18、19?」

やしろ教授「18、19くらいで、路上でライブしてるみたいな。」

片平里菜先生「はい。」

やしろ教授「若いアーティストさんを見たときに、素人ながらに、
「あ!この人売れるな。」とか思うことがあるんですよ。
だけど、里菜先生のときだけ、売れてる人を見ているようだった。
で、僕はその日から、「里菜様」と呼ぶようになる。」

片平里菜先生「ふふふ(笑)」

やしろ教授「絶対ダメなんですよ!
平等に扱わなきゃいけない「閃光ライオット」の予選の途中ですよ!
オレ本戦のときも「里菜様」って言ってたと思うけど。」

片平里菜先生「言われてました!」

やしろ教授「そうして、2011年から「里菜様」と呼ぶようになって、
SCHOOL OF LOCK!のとーやま校長も「里菜様」って呼んでる。」

やしろ教授「今日は、みんなが好きな里菜様の曲についてメッセージもらってるんですよ!
それをどんどん、みんなで聴いていこうって感じです!」


里菜ちゃんの声や言葉が大好きで、1番を選ぶのは難しいですが、私は「女の子は泣かない」にたくさん思い出があり、今でも大好きです。
この歌には、高校生の頃と社会人になってからの2回の失恋のときに助けられて、励まされました。
女の子は泣かない〜!って歌いながらよく号泣してました(笑)
カラオケで、友達の前でこの歌を歌うと、めちゃくちゃ感情がこもっているとよく笑われていました。
私がこの歌を大好きな気持ちが伝わったのか、友達もこの歌を好きになり、今でもこの歌はカラオケの締めの歌で、みんなで大合唱しています。
 

なつ
北海道/21歳/女性


やしろ教授「でも、この歌ってこういうことでしょ?
本当に泣くなよって歌じゃないもんね?」

片平里菜先生「そういうこと!泣きながらでもちゃんと前向いて歩ければ大丈夫!」

やしろ教授「この楽曲を作ったのはいつぐらいですか?」

片平里菜先生「デビュー前でした。」

やしろ教授「歳を重ねて、この時の気持ちと変化はあったりします?」

片平里菜先生「全く変わりました!
この曲は自分の実体験じゃなくて、友達の恋愛話とかを聞いて、それを曲にしたんですよ。
で、形になったんだけど、最初は自分の曲のように思えなかったんです。
でも、だんだん人前で歌うようになって、
色んな人が「好き」と言ってくれるようになって、
今は、完全に自分の歌になりました!」




やしろ教授「オレは女の子じゃないのよ!」

片平里菜先生「わかります。(笑)」

やしろ教授「女の子として、この曲の感想を言えないのがすごく悔しいのよ!」

片平里菜先生「男の子はどんな気持ちになるんですか?」

やしろ教授「オレは、自分の中にいる女の子が騒ぎ出す感じ。」

片平里菜先生「ははは(笑)」

やしろ教授「自分の好きな子とか、女友達のことを想像してとかそういう感じじゃないの!
自分の中のちっちゃい女の子が共感してる。
僕は性別とか年齢とか関係なしに、全員の心の中に「少年少女」が住んでいると思う。
その「少女」が頑張ろうとしてるの。今、私の中で。」

片平里菜先生「私になってる! (笑)」



null


続いてのメッセージ!


里菜ちゃんこんにちは!
暑い日が続いていますが、里菜ちゃんは体調どうですか?元気ですか?
私が選ぶ里菜ちゃんの好きな曲は あなた です。
再出発エピソードは、、
8月から初めて一人暮らしをします!高校を卒業して就職をしてから2年と少し、ずっと実家で暮らしていました。母と私は2人暮らし、父は単身赴任の3人家族です。毎日不自由なく暮らせて、家族が、実家が
大好きです。でも、いつまでも家族に甘えてしまいそうで自立しようと思い、一人暮らしを始めます。
あなた の歌詞にある
なぜ人は忘れてしまうんだろう 身近なものばかり
この歌詞がとても心にささります。
離れて暮らしても家族の優しさを忘れずに暮らしたいです。
里菜ちゃんの歌詞が、歌声が大好きです。
風とロックたのしみにしています!!
 

きよか
福島県/20歳/女性


やしろ教授「この曲、久しぶりに聴いて、僕が若いとき、
「愛する人のために死ねるんだ!」みたいな、
死ねることこそ愛の証みたいなのあったけど、実際大人になって好きな人ができたとき、
「そっか、死ねないんだ」と。
「どんなことがあってもこの人のために生きなきゃいけないんだ!」と思った時に、
漫画とは全然違う世界観が存在してるんだって。
守り抜くとか、一緒に過ごし続けるとか、見続ける、ということが大変だよね。」

片平里菜先生「そうですよね。
最近、優しさだけじゃ守れないんだ、強くなんないとって思いますね。」





null


続いてのメッセージ!


わあーい。里菜様が!!声が!!!聞けるうーーーーわーーーーーーい!!
里菜様エピソードまるいち。私の大学受験の時、弟が、嘘をつく唇と、最高の仕打ちを買って、
嘘をつく唇の方は、自分のものなのに、「受験の応援だから。」って
真っ先に開けさせてくれました。
口下手でプレゼントもしない弟の愛情表現が、人に買って上げるんじゃなくて、最高の状態で貸すことでした。あれ嬉しかった。まるに。あたしも、【り○様】と呼ばれてます。似てる!!!
ちなみに、誰もが は、最強の受験応援だったし、誰デレ でびっくりするくらいトイレの前でsol!聴き入ったり、真剣な音楽が身に染みます。ありがとーーーう里菜先生。

一曲選ぶなら・・・誰にだってシンデレラストーリー。
これが、「私だって・・・私だって・・・!なんで!」と、隣の花の赤さに対抗心を燃やすときに、ともに沸いて来る情熱ソングです。
 

りー+
長野県/21歳/女性





やしろ教授「今日はオープニングから「夏の夜」、
「女の子は泣かない」、「あなた」、「誰にだってシンデレラストーリー」、でしょ?
このまんまの流れのストーリーで、むちゃくちゃ何か感じてる女の子もいると思うのよ。
なんか、夏をキッカケにしてでも、今日の放送を聴いて変わりたいなとか思って、
この残り少ない2019年の夏を楽しんでほしいなって思っちゃったな!」

片平里菜先生「うん!」





今回の授業はここまで!
次回8/9(金)も引き続き、【片平里菜】 先生を招いての特別講義!

次回は、『Restart(再出発)』をテーマに講義します!

仕事の話、恋愛の話、何でも大丈夫です!
「Restart」をテーマにした実体験、相談、待っています!

提出はTwitterのハッシュタグ「#solu」
もしくは、メールから!
24時間、気付いた時に見させてもらうので、 投稿する時間はいつでも大丈夫です!

また次回の講義レポートでお会いしましょう〜〜〜!!!
Prev Next

SCHOOL OF LOCK! UNIVERSITY 講義レポート

もっと見る

現在の講義テーマ 
「友情」

#SOLU

ページトップへ戻る