金曜日のこの時間は、さかた校長、こもり教頭が職員室からお届けする学校運営戦略会議!!!
月曜日から木曜日までの授業で起こったことや、今後この学校をより良くするためにはどうしたらいいのかなど、様々なことを話し合う会議です。
と言いつつ、雑談ばっかりして会議にならないこともあるかもしれないので、生徒のみんなも気軽に聴いて欲しいし、この学校に対する意見や提案なども気軽に学校運営戦略会議掲示板に書き込んでくれ!!!

『どっちが勝つか予想しろ! 第1回 Switchカップ 〜校長教頭5番勝負〜』を開催!

SCHOOL OF LOCK!


学校運営戦略会議を聴く

聴取期限 2021年6月25日(金)PM 10:00 まで




さかた校長「『どっちが勝つか予想しろ! 第1回 Switchカップ 〜校長教頭5番勝負〜』ー!!!!

こもり教頭「これから僕たち、校長・教頭が5番勝負で対決します! 生徒のみんなには、“何 対 何”で“どっちが勝つのか”を予想して、『学校運営戦略会議掲示板』に書き込んでもらいます! そして見事予想が当たった生徒1名には、なんと! “Nintendo Switch Lite”をプレゼント!!

さかた校長「ヤバッ! ここに現物があるからね!」

こもり教頭「これはマジのマジですから! “Nintendo Switch Lite”。色は人気のターコイズブルーでございます! しかも、パッケージの表には、僕と校長のメッセージとサインを入れてプレゼント! ということで…。これだけで売ってもらっても付加価値は付くんじゃないかな…」

さかた校長「絶対売るなよ!! 希少価値スゴイ高いし、1個しかないけれども!」


さっそく、さかた校長とこもり教頭の5番勝負を始めていくぞ!
ジャッジを務めるのは、『学校運営戦略会議』の担当職員、バンズ先生

バンズ先生「今回時間も限られているので、1つの勝負ごとの制限時間は5分です!
ということで、さっそく1つ目の勝負行きましょう! 1つ目は…椅子取りゲーム!!

<BGM♪ SPARK / JUANAFAN CLUB>

さかた校長・こもり教頭「あ!」

こもり教頭「やったー!!」

さかた校長「お久しぶりです! JUANAFAN先生ーー!!」

バンズ先生「ありがとうございますー! 職員のバンズがやっているバンド“JUANAFAN CLUB”の『SPARK』という曲でございます!」

ということで、1つ目は生徒のみんなも知っているであろう『椅子取りゲーム』で対決!
ただし、感染症対策のため、これまで通りの椅子取りゲームはできないので…。

バンズ先生「ということで、ここにミニチュアの椅子を用意させてもらいましたー!」

SCHOOL OF LOCK!


こもり教頭「ちっちゃいなー」

さかた校長「手乗り椅子やん」

バンズ先生「ワタリドリ先生の家から持って来てもらったんですけども…。音楽が止まったら、手で、この椅子を取ってもらうという、コロナ禍バージョンの椅子取りゲームになっています!」

こもり教頭「でもこれずるくない? 校長は右手だけど俺は左手じゃん」

さかた校長「いや、だから椅子を取りやすいように、椅子をそっちに向けてるんだろ?(笑) これ、(音楽が止まる前まで)手はどうするの?」

バンズ先生「頭の後ろで交差してもらいましょうか」

こもり教頭・さかた校長「OK!」

バンズ先生「じゃあ準備していただいて…いいでしょうか? 校長と教頭による椅子取りゲーム、スタート!!」

<カーン!(ゴングの音)>


♪ UNTITLED FUTURE / Jr.EXILE


こもり教頭「あー! ビックリした! これJr.EXILEの曲だ!(笑) 知ってた(笑)」

さかた校長「それズルイだろ! 気持ちいい終わりどころとかわかってるんじゃないの?」

こもり教頭「でも、自分たちの曲だと逆にノッちゃうから…リズム刻むわけじゃない。だから急にバン! とかやっちゃう可能性も大いにある」

さかた校長「なるほどね。逆に難しいか」

こもり教頭「この後『Untitled Future』でブレイク(音がなくなること)が来ますから。これ、フェイントですから。それはまだ曲中なんで、止まってるわけじゃないんで」

さかた校長「あー、それはもう関係な…」

<希望で満たして…♪ ピタッ>

SCHOOL OF LOCK!
(椅子を取る教頭)


さかた校長「おぉい!!!」

こもり教頭「(笑)」

バンズ先生「ということで、勝者は教頭ーーー!!

さかた校長「今のはブレイクだろ!?」

バンズ先生「ブレイク前でしたよね」

こもり教頭「ブレイク前の終了だから」

さかた校長「これはズルイ! まぁいいわ…」

まず1つ目の勝負『椅子取りゲーム』対決は教頭の勝ちで、現在0対1


バンズ先生「時間ないので続いての勝負にいきましょう! 借り物競争ーー!!

<BGM♪ HIKAREAU / JUANAFAN CLUB>

こちらも、生徒のみんなも運動会などでやったことがあるだろ、う借り物競争!
SCHOOL OF LOCK!のマザーシップことTOKYO FMで、この時間に、誰かにお題の物を早く借りて来れた方の勝利!

こもり教頭「無理だって…」

さかた校長「だいぶ深い時間だぞ?」

バンズ先生「まず、ふたりが借りてくる物を、このボックスからそれぞれ引いてもらいます!」

校長が引いたのは『台車』
教頭が引いたのは『赤い靴下』
校長が引いた台車は、ちゃんと誰かに使用許可を取らなければならない!
さらに、赤い靴下を履いている人はいるのか!?

バンズ先生「この勝負では、校長・教頭はここ職員室を出ることになるので、ピンマイク用意してますので、これを付けてやってもらいます。このピンマイクを付けるのも含めて、制限時間5分になります。
校長は『台車』。教頭は『赤い靴下』というお題での借り物競争! よーい、スタート!!」

<カーン!(ゴングの音)>

さかた校長「まずはピンマイクを付けて…。ライブで死ぬほど付けてきたんだよ!」

バンズ先生「校長速い! 校長出て行きます!」

こもり教頭「OK!」

バンズ先生「校長も教頭も出て行きました!」

SCHOOL OF LOCK!
SCHOOL OF LOCK!
(台車を求めてさまよう校長)


こもり教頭「赤い靴下履いてる方…。このタイミングでサンダルかい! 赤い靴下履いてる方いらっしゃいますか? まず人がいねーな!」

SCHOOL OF LOCK!
(赤い靴下を求めてさまよう教頭)


こもり教頭「誰も収録してないな…。ヘルツ先生いたけど黒い靴下だった! “何です?”って言われちゃった! …ジャーゲさん! 今、何色の靴下履いてます? …あっ、あっ! 貸してもらってもいいですか!? お願い! 貸して! よっしゃ! これで大丈夫です! やったー!!(笑)」

運よくジャーゲジョージ先生の赤い靴下を借りた教頭!
急いで職員室に戻ると…。

バンズ先生「さぁ、今、こもり教頭が帰って来ました!! 教頭、借りてきた物を見せてください!」

こもり教頭「コカ・コーラの赤い靴下!!」

バンズ先生「教頭の勝利ーーー!!

こもり教頭「イェーー!! やったーーー!!」

バンズ先生「赤い靴下! これは誰に借りてきたんですか?」

こもり教頭「職員のジャーゲジョージです!」

バンズ先生「ジャーゲ先生、今日は赤い靴下を履いてたんですよね(笑)」

SCHOOL OF LOCK!
(赤い靴下を片方だけ履いたジャーゲジョージ先生の足元)


こもり教頭「マジテンション上がる! ヤバ!」

バンズ先生「おめでとうございます。これで教頭が2本先取しました。校長、帰って来てくださいー!」

こもり教頭「剥ぎ取るような形で来たから一足だけなんだよな(笑) 俺感動したね! 職員の先生が結構いて、“NAOYA先生いる! やった!”、“赤じゃないんですいません”って。ヘルツ先生とかがお仕事されてて、ヘルツ先生のところを覗いたら“な、何ですか?”みたいな空気になって、ちょっと怖くてそこはビビッて出てきて(笑)」

バンズ先生「(笑)」

こもり教頭「“これは最悪だー”って思って。マザーシップなんで、まだお仕事されてる方いたんですけど、誰でも白を基調とした靴下ばっかりで、“そう言えば7階に一本満足先生がいたな”みたいな。一本満足先生はピンクが好きだから、奇跡的にあるんじゃないかな、と思ったら、7階に行けなくて。“6階かぁ”と思って、“ジャーゲさんはないか!”と思いながら“ジャーゲさん、靴下の色は何色ですか?”って聞いたら、“赤です”って。“キターーー!!”って(笑)」

バンズ先生「(笑)」

こもり教頭「“片方でいいから!”って説明もせず剥ぎ取って、そのまま走ってここに来たから、今ジャーゲさんは片方裸足で片方履いて、しかも何で取られたのかもあんまり良くわかってない、っていう(笑)」

バンズ先生「(笑) …あ、来た! 校長が戻って来まし…、あれ?」

さかた校長「台車ぁー!!」

SCHOOL OF LOCK!


こもり教頭「うわー、これは台車ではないね」

バンズ先生「台車ではないですね」

さかた校長「3階の、眼鏡かけた女の社員さんに聞いてみたんだよ」

こもり教頭「3階の眼鏡かけた社員さん誰だ!?(笑)」

バンズ先生「“はじめまして”の方に?」

さかた校長「“はじめまして”と言うか、もう正直会釈ぐらいで“借ります”って。そしたら“はぁ…?”みたいな」

こもり教頭・バンズ先生「(笑)」

バンズ先生「どっちにしろ、めちゃめちゃ遅かったので、この勝負は教頭の勝利です!」

さかた校長「ちょっと待って、(赤い靴下の持ち主は)誰?」

こもり教頭「ヤバくない? 誰か当ててください! こんなのをナチュラルに私服で履きそうな人です!」

SCHOOL OF LOCK!


さかた校長「カメラマンのノリ!」

こもり教頭「あー、残念! フォルムは限りなく近い! 職員!」

さかた校長「え? …職員? …スネオ先生がずっと教頭について動画を撮ってくれてたけど。おいおい、赤い靴下、ジャーゲじゃないかよ!
俺その前にジャーゲと会ってるぞ。俺はジャーゲに“台車、台車!”って言ったけど、“はぁ…?”みたいな」

こもり教頭「(笑) でも僕もそんな感じ!」

さかた校長「何だアイツ」

こもり教頭「まぁ、俺の勝ち」

さかた校長「おいーー!」

ということで、2回戦が終わった現在、0対2で教頭のリードは変わらず!


バンズ先生「続いて、3つ目の勝負に行きましょう! 3つ目の勝負は生徒と連想ゲームーー!!

<BGM♪ DINO / JUANAFAN CLUB>

こちらは生徒にも参加してもらう勝負!
これから生徒と逆電して、連想ゲームをしてもらうぞ!

まず、校長・教頭、それぞれお題を引いて、生徒と逆電する中で、そのお題から連想する単語だけを伝えて、どちらが早く、生徒にお題を当ててもらえるかで勝負していく!

バンズ先生「制限時間は、それぞれ1分です! 1分経ったら、電話が切れてしまいます! 逆電できる時間が1分しかない、と」

こもり教頭「自己紹介は?」

バンズ先生「自己紹介は必要です。挨拶は大事ですから」

さかた校長「それも込みで、1分以内?」

こもり教頭「えー! 無理だよ!」

バンズ先生「それも込みの1分になります」

さかた校長「連想とかたぶん一撃で行けるけどな…。ワンワードでパンって」

バンズ先生「もちろんワンワードで当てて貰える可能性もあるわけですからね。ではまず、校長のチャレンジ行きましょうか。こちらからお題を引いてください!」

さかた校長「OK! お題は…こちら! 『黒板』!」

SCHOOL OF LOCK!


こもり教頭「余裕じゃん!」

さかた校長「これは行けますわ!」

バンズ先生「単語ですからね。じゃあ逆電していきますけど、時間は1分しかできません」

さかた校長「行きましょうか! じゃあ、俺側として出てくる生徒、もしもし!」

<1分タイマースタート!>

???「もしもし!」

さかた校長「校長のさかたです!」

こもり教頭「教頭のこもりです!」

がんしゅん「福岡県、ラジオネーム がんしゅんです」

がんしゅん 福岡県 18歳 男性

さかた校長「がんしゅん、5番勝負に参加してくれてありがとう!」

がんしゅん「ありがとうございます!」

さかた校長「もう連想ゲームのルールはわかるよな?」

がんしゅん「はい、わかってます!」

さかた校長「よし、これからお題から連想することを言うから、そのお題を当ててくれ! じゃあ行くぞ!」

がんしゅん「はい!」

さかた校長「『チョーク』『書く』『授業』『校長』」

<30秒経過>

さかた校長「『最初』『メッセージ』」

がんしゅん「…」

さかた校長「『緑色』『カッカッカッ』」

がんしゅん「『黒板』

さかた校長「おおーー!! よっしゃ! 正解!!」

<ピンポンピンポン!>

がんしゅん「ありがとうございます」

さかた校長「『黒板』正解! がんしゅん、ありがとう! 危ない、ギリギリ1分以内だったわ! どこでわかった?」

がんしゅん「『緑色』」

さかた校長「『緑色』かよー!」

こもり教頭「そこかぁ」

がんしゅん「(笑)」

さかた校長「『カッカッカッ』でわかんねーか?」

<1分経過!>

さかた校長「がんしゅーーん!!」

RN がんしゅん、ありがとう!!

バンズ先生「1分経ってしまいました。ということで、校長の記録は41秒!」

さかた校長「おーい!」

こもり教頭「俺、絶対にがんしゅんは『カッカッカッ』でわかったと思うんだよな」

さかた校長「『緑色』でわかったんだよ」

こもり教頭「あれは擬音だからダメよ?」

バンズ先生「確かに擬音ですね…。単語じゃないですね。ということで……OK!」

さかた校長・こもり教頭「(笑)」

さかた校長「ビックリした! OKか! “反則負け”の口してたのに(笑)」

バンズ先生「じゃあ、続いて教頭行きましょう! お題を引いてください!」

こもり教頭「お題引きまーす。じゃあ、行きたいと思います。…無理だよ! 『クリアファイル』!」

SCHOOL OF LOCK!


さかた校長「これは簡単やなぁ!」

バンズ先生「じゃあ、教頭は準備大丈夫でしょうか? 電話は1分しかできませんので、お願いします」

こもり教頭「はい! ということで、僕側の電話に出てくれる生徒は…もしもし!」

<1分タイマースタート!>

???「もしもーし!」

さかた校長「校ー 長ー のー、さー かー たー でー す」

こもり教頭「最悪や! 教頭のこもりです!」

???「こんばんは! 群馬県…

さかた校長「こんばんはー」

???「あ、こんばんは(笑) えっと、群馬県…(笑) ごめんなさい!」

こもり教頭「もうダメだー!」

さかた校長「はい、20秒経過!」

あやぽこりん「ラジオネーム あやぽこりんです! お願いします!」

あやぽこりん 群馬県 18歳 女性

<30秒経過>

こもり教頭「5番勝負に参加してくれてありがとう! この連想ゲームルールわかるよね?」

あやぽこりん「はい、わかります!」

こもり教頭「じゃあ行くよ!(笑) 連想ゲーム、スタート! 『プリント』『挟む』『SCHOOL OF LOCK!』『特製』『クリアする』」

あやぽこりん「…え? 『クリアファイル』?」

こもり教頭「正解!」

<ピンポンピンポン!>

あやぽこりん「やったー!」

さかた校長「ヤバイ! ちょっと、あやぽこりん、待ってくれ。今教頭が不正…」

こもり教頭「いや、でもね…」

<1分経過!>

さかた校長「あやぽこりんーー!!(笑)」

こもり教頭「これね、ちょっとなんか悔しいなぁ」

さかた校長「あやぽこりん、丁寧だったね。挨拶を丁寧にしてくれたねー」

こもり教頭「超丁寧だったけど…。しかもこのやり口! 俺、校長の時に“教頭の…”っていうのを20秒ぐらい使ってやろうと思ったのよ。でもこれをやるのは卑怯だなと思ったわけ」

さかた校長「卑怯も何も…」

こもり教頭「だって、めちゃくちゃ真剣にやってるから、こんなむちゃくちゃなことされたら、もう無理じゃん!」

さかた校長「いやいや…」

こもり教頭「俺もうこの5番勝負やめた!」

さかた校長「結構ハッキリ名前を言っただけなんだけど…」

こもり教頭「何秒でした?」

バンズ先生「記録は、54秒でした」

さかた校長「よっしゃー!!」

バンズ先生「と言うことで、今のは校長の勝利ということで…(笑)」

さかた校長「41秒! がんしゅん、サンキュー!」

こもり教頭「あやぽこりん、ごめんな…」

さかた校長「『クリアファイル』で『クリアする』は結構ズルイこと言ったよね」

こもり教頭「じゃあもうそれでいいです。僕の反則負けでいいです。ごめんな、あやぽこりん。世の中、理不尽なことってあるからな、頑張って生きて行こうな」

さかた校長「よっしゃ、よっしゃー!」

バンズ先生「とは言え、今1対2で教頭のリードは変わらないままではございますので…」

さかた校長「巻き返しますよ!」


バンズ先生「では続いて、4つ目の勝負は…! 叩いてかぶってジャンケンポン!!

<BGM♪ WARMUP / JUANAFAN CLUB>

こちらは、シンプルに『叩いてかぶってジャンケンポン』で対決!

バンズ先生「と言うことで、ピコピコハンマーとヘルメットを用意させてもらいましたー」

さかた校長「このヘルメットもスゴイよ。TOKYO FMの…」

こもり教頭「まだFM東京の時のヘルメットだもんね」

さかた校長「年季のある、しっかりとしたヘルメット!」

バンズ先生「ただし、こちらも感染症対策のため、アクリル板越しでの『叩いてかぶってジャンケンポン』になります」

さかた校長「ちょっとやりづらい感じではあるけども…」

バンズ先生「マイクもちょっと特別なものを用意させてもらっています

さかた校長「正直、『叩いてかぶってジャンケンポン』は、お笑い好きの仲間たちと10年間、死ぬほどやってきたからね!」

こもり教頭「あー、なるほどね」

さかた校長「これをやる機会ってないでしょ?」

こもり教頭「ないね!」

バンズ先生「それでは、校長と教頭による、『叩いてかぶってジャンケンポン』、よーい、スタート!

<カーン!(ゴングの音)>

さかた校長・こもり教頭「最初はグー! ジャンケンポイ!」

SCHOOL OF LOCK!


<ピコッ!>
<カーンカーンカーン!>

バンズ先生「はい! 教頭の勝利ー!

さかた校長「…ちょっと待って。異議あり!」

バンズ先生「何でしょうか?」

こもり教頭「(笑)」

さかた校長「まず、(“最初はグー”ではなく、)“叩いてかぶってジャンケンポン!”じゃないの?」

こもり教頭「ごめん、やっぱり慣れてなかった(笑)」

さかた校長「“最初はグー…”だから“あれ、スッってやる!”と思って、負けて。しかもヘッドフォンあるから、被りづらくてカツーンってなったし」

こもり教頭「そうなんだよね。ヘッドフォンもあるし。僕も3年ぶりぐらいにやったから、加減わかんなくて(笑) マジで本気殴りしちゃうっていう」

さかた校長「俺、これ真剣だと死んでるよ? おいおい…、今のはノット・エンタメだって!」

こもり教頭・バンズ先生「(笑)」

さかた校長「それダメダメ!」

バンズ先生「と言うことで…またまた教頭の勝利ということで。1対3で教頭のリードです!」

こもり教頭「(笑)」

さかた校長「納得いかねーな」


バンズ先生「じゃあラスト行っちゃいましょう! 5つ目の勝負は…動画再生数対決!!

<BGM♪ SURFRIDER / JUANAFAN CLUB>

これから校長・教頭それぞれ1つずつ、SCHOOL OF LOCK!のオフィシャルTikTokアカウントに動画を投稿してもらい、その再生数で競ってもらうという勝負!

さかた校長「待って待って、ふざけんなって!」

こもり教頭「いやいや!」

さかた校長「そんなのダメだろ! 再生数の差の前例があるんだから!」

こもり教頭「余裕よ!」

さかた校長「そちは余裕かもしれんけど! こちが!」

バンズ先生「TikTokアカウントを作って最初に、校長と教頭が1本ずつ動画を上げてもらいましたが、それはちょっと教頭が圧倒的な差で再生数が多かったです」

こもり教頭「桁が1個違うだけですから」

さかた校長「10倍って全然違うから!」

バンズ先生「今回投稿してもらうのは、TikTokで今トレンドにあがっている、『思い出のfilm』というフォトモーションを使った動画です。こちらは、4枚の思い出の写真を選ぶだけで、とってもいい感じに仕上げてくれる“フォトモーション”という機能を使った動画になってます。
なので、ふたりにはそれぞれ、自分のスマホに入っている、SCHOOL OF LOCK!で思い出に残っている自分の写真を4枚選んで、『思い出のfilm』の動画を投稿してもらい、その再生数で競ってもらうという対決になります!」

こもり教頭「なるほどね!」

さかた校長「えー?」

こもり教頭「じゃあ僕は全部校長の写真でいいですよ!」

さかた校長「それ、どういう勝負になるんだよ!」

バンズ先生「(笑)」

こもり教頭「だから、“校長が上げる校長の写真”と、“教頭が上げる校長の写真”っていうハンデでも全然いいです」

さかた校長「複雑!」

こもり教頭「(笑)」

さかた校長「ふたり写ってるとかならまだいいよ」

バンズ先生「そうですね。なので、お互いに自分の写真を使ってください」

こもり教頭「本気のやつね!」

バンズ先生「じゃあそれぞれ選んでもらって、投稿していきましょう!」

こもり教頭「はい!」

<さかた校長、こもり教頭、写真を選び始める>

さかた校長「この1年3〜4か月のSCHOOL OF LOCK!の思い出。めちゃくちゃ撮ったよ」

SCHOOL OF LOCK!


さかた校長「放送後記に載ってるやつとかも入れたらさ」

こもり教頭「放送後記に載ってるやつでいいんだったらあるけど、自分で撮ったのはないんだよな。『校長のめっちゃ右耳』とかしかないんだよな…」

さかた校長「右耳って怖いな。まぁでも、ありますよ! あるわー(笑) めっちゃ面白いの!」

こもり教頭「えー、いいなー! そういう感じのある? 俺全くないんだよなぁ」

さかた校長「俺、教頭からカメラ貰ったりしてから、結構写真撮るようにしましたからね」

こもり教頭「あ、そうかー。え、写真全くない! どうしよう」

さかた校長「だって、携帯に写真が2万枚以上あるもん」

こもり教頭「めっちゃあるじゃん!」

さかた校長「これは勝ちました! じゃあ、バンズ先生に候補の写真4枚を…送りましたー」

バンズ先生「はい」

こもり教頭「じゃあ、僕も何となくこの4枚にしとこうかな? …はい」

バンズ先生「はい!
じゃあ、これをたった今、TikTokに投稿します! SCHOOL OF LOCK!のオフィシャルTikTokアカウントに今それぞれ投稿しました!」

こもり教頭「はい!」

さかた校長「よっしゃ!」

バンズ先生「この動画の再生数で競ってもらいます! 期限は、来週木曜日の生放送授業が終わるまでです! その時点で、再生数が多かった方の勝利となります!」

こもり教頭「なるほど。ということで、現時点では校長が1ポイント、教頭が3ポイントで、もう、教頭が有利という状況ですが。動画再生対決を経て、何対何になるのか、生徒のみんなは予想して、『学校運営戦略会議掲示板』に書き込んでください!」

さかた校長「最初は“動画再生数対決、教頭の勝ちでしょ!”って思ったけど、余りにも教頭の写真を撮ってなさ。そして俺がフォルダに3千枚と2万枚でめちゃめちゃ違うから、この最後の勝負は俺が行くんじゃない!?」

こもり教頭「俺は正直、自信ない!」

さかた校長「これは楽しみになってきた! 予想の締め切りは?」

こもり教頭「来週木曜日(6月24日)の生放送教室が終わるまでです! 予想が当たった生徒の中から抽選で1名に、“Nintendo Switch Lite”をプレゼント!」

さかた校長「生徒のみんな! 簡単な予想で、マジでSwitch貰えちゃうから、ぜひぜひ応募して欲しい! そして、当選者は来週のこの時間に発表する!」

みんなの応募を待ってるよ!


♪ CRAWLer / JUANAFAN CLUB


学校運営戦略会議を聴く

聴取期限 2021年6月25日(金)PM 10:00 まで

| Next -

学校運営戦略会議 放送後記

もっと見る

SCHOOL OF LOCK! 放送後記

もっと見る

SCHOOL OF LOCK! ARTIST & GIRLS & BOYS

  • アイナLOCKS!

    アイナ・ジ・エンド

  • sumika LOCKS!

    sumika

  • LiSA LOCKS!

    LiSA

  • 乃木坂46LOCKS!

    乃木坂46(賀喜 遥香)

  • サカナLOCKS!

    サカナクション

  • 豆柴LOCKS!

    豆柴の大群

  • 平手友梨奈LOCKS!

    平手友梨奈

  • 山之内すずのGirlsLOCKS!

    山之内すず

  • 森七菜のGirlsLOCKS!

    森七菜

  • 上白石萌歌(adieu)のGirlsLOCKS!

    上白石萌歌(adieu)

  • 景井ひなのGirlsLOCKS!

    景井ひな

  • BOYS LOCKS! 櫻井海音

    BOYS LOCKS! 櫻井海音

ページトップへ戻る