12月20日(金)のサカナLOCKS!は・・・

音楽のゼミ「サカナLOCKS!」
現在、一郎先生から出されている「課題」の一覧はコチラ
積極的な提出をよろしくお願いします。

「2020年版『サカナLOCKS!カレンダー』写真選定会議!」

SCHOOL OF LOCK!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2019年12月20日(金)PM 11:00 まで



SCHOOL OF LOCK!


生徒の皆さんに大好評、山口一郎先生の "例の写真" で作ったサカナLOCKS!オリジナルの卓上カレンダー。2020年版も作ります!ということで今回の講義は、『サカナLOCKS! 2020年 卓上カレンダー』の写真選定会議をお送りしていきます。(カレンダープレゼントのお知らせもありますよ!)

山口「来年は2020年、オリンピックが開催されます。今年もサカナLOCKS!カレンダーの写真選定会議を行います。Instagramアカウント(@sakanalocks_official)でも数々の写真がアップされていて、こんな雰囲気なのかというのを生徒たちは分かってきているかと思う。でも、Instagramにアップされている写真なんてね……ごく一部!失敗写真もいっぱいある(笑)。毎回まいかい写真を撮るのに苦戦しているのよ。今回もこのあと撮るんだけど、もう頭を悩ませてる(笑)。いろいろと頑張って撮ってきた写真です。」

「写真を撮るときには、特に季節感などは意識していないんですけど、ここからカレンダーの季節に合った写真を選んでいきたいと思う。1月は……あけおめじゃん。だから、"あけおめ"って(書き初めの授業をやったときに)写真を撮ってるの、もう。」

SCHOOL OF LOCK!


「カレンダーにすることに慣れちゃってるから(笑)。カレンダーを作る前提で撮っちゃってるから、バッチリじゃない(笑)。だから、1月はこれ!」

「2月は、ユニバースティ(SCHOOL OF LOCK! UNIVERSITY)が始まったときに、"大学生感" を出そうって言って、タートルネックを着た時があったのよ(笑)。」

SCHOOL OF LOCK!


「あったよね?その、大学生感を出そうとしてタートルネックを着たやつを2月にしようかな。まだ肌寒いでしょう、2月は。これ……(タートルネックをユニフォームにした時期)、一瞬で終わったね(笑)。」

SCHOOL OF LOCK!


「3月は、"卒業"だ。卒業ね……卒業らしい写真あるかしらね……。ふふふ(笑)。変なのをむちゃくちゃ撮ってるね(笑)。卒業は悲しい気持ちだと思うから、前向きな気持ちになるのがいいよね。前向きな気持ちになるのはやっぱり……これとかいいんじゃないかな?」

SCHOOL OF LOCK!


「ドアに足をかけて登っている……「一郎先生、こんなに運動神経いい人なの?!」っていうのを3月にアピールしておこう。よし。」

「4月は新学期ね。新学期はやっぱりこの新生物。ふふふ(笑)。Tシャツを頭からかぶって、新種のポケモンのキャラクターじゃねえの?っていう。」

SCHOOL OF LOCK!



SCHOOL OF LOCK!


「で、5月はこいのぼりか……これじゃん。陸に打ち上げられたボラみたいな(笑)。これでいこう。」

SCHOOL OF LOCK!


「6月は……梅雨ね。この、ドアが水色なこの写真がいいんじゃないですか。」

SCHOOL OF LOCK!


「7月は夏。初夏。初夏ね……波乗りの準備みたいな、この写真はどうかな。」

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


「8月の夏は……ぱっと弾けているやつだよね。この辺にしとく?飛び上がっているのがいいんじゃない?この辺がいいんじゃないの?飛んでいるやつ。」

SCHOOL OF LOCK!


「9月は秋でしょ。芸術の秋……芸術性が高いやつだよね。これはモナリザを覗き込んでいるやつ。」

SCHOOL OF LOCK!


「10月な……スポーツの秋だよね。東京オリンピックで正式種目になるロッククライミング!これがあるから。」

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


「11月は、冬に向かう。もう1回タートルネックの気取っているおじさんとかね。気取っているよおじさん。あまり気取らないおじさんが気取っている……バランスがすごくいいんじゃないかな。」

SCHOOL OF LOCK!


「どうかな……これ。あ、9月と10月は逆がいいんじゃないの?背景が揃っちゃうからさ。代わり映えがある方がね。スポーツの秋からの、10月に芸術の秋ね。」

「で、12月はやっぱりクリスマスっしょ。だから……今後、撮るよ!これから(年末に向けて)撮る。だからとりあえず、去年のトナカイのやつね。」

SCHOOL OF LOCK!


職員「表紙がないです。」

山口「あー……じゃあ、これはどう?君に電話するよーっていう、これ。」

SCHOOL OF LOCK!


「これよく見たら電話線が繋がっていないんだけどね(笑)。これを表紙にするのはありかもしれないね。サカナLOCKS!感あるじゃない。生徒と電話しているから。2020年も、みんなと繋がっていくよっていうメッセージを込めてやっていこうかなと思う。」

「……できた!」

SCHOOL OF LOCK!


「ということでね、サカナLOCKS!2020年版オリジナル卓上カレンダーが出来上がりまして、これから製作に移っていこうと思うんだが、このカレンダーはもちろん、サカナLOCKS!の生徒の皆さんにプレゼントしたいと思っている!だけど君たち……タダでもらおうだなんて、無理だよ!この宿題に答えないことには、プレゼントしません!宿題はこちら……」

『2020年にブレイクしそうなミュージシャン』

「……その理由を書いて、[サカナ掲示板]もしくは[メール]で教えてください。それを送ってくれた方の中から、カレンダーをプレゼントしたいと思う。あと(職員に)、2019年のカレンダーをたくさんもらったんだ……それがうちにいっぱい余ってる!これも欲しい人にはうちにあるから、それをあげちゃう(笑)。付けちゃうよ、去年のカレンダーもね!あと、……どんどんいろんなものをあげちゃうっていう作戦に出ます!今、ツアーリハ中のサカナクション、山口一郎のピックを一人1枚ずつくらいプレゼントしようと思う。なので、ぜひ宿題の提出をお願いします。」

SCHOOL OF LOCK!


今回の講義も終了の時間になりました。

「やしろ教授が今年いっぱいでいなくなってしまうということで(SCHOOL OG LOCK! UNIVERSITYは2019年12月いっぱいで終了)、UNIVERSITYはサカナLOCKS!の中でも新たな取り組みでした。それに参加できたことを本当にありがたく思っています。でも、サカナLOCKS!やSCHOOL OF LOCK!の意思みたいなものは今後も変わらず続いていくと思います。」

2020年1月からのサカナLOCKS! は、毎週金曜日の夜23時台・SCHOOL OF LOCK! FRIDAYの中で授業を行っていきます。

「サカナLOCKS!も大学生から落第してまた高校生に戻るわけですが、内容はより濃く、皆さんに音楽のことを伝えていけたらと思います。新曲もまた作ってこのサカナLOCKS!で来年も初オンエアしていきたいと思いマッスル!」


SCHOOL OF LOCK!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2019年12月20日(金)PM 11:00 まで

| Next -

サカナLOCKS! 放送後記

もっと見る

ARTIST LOCKS! & GIRLS LOCKS!

もっと見る

ページトップへ戻る