SCHOOL OF LOCK!応援部

ここはがんばっているみんなを応援する部活動!
応援されたい生徒よ、いつでも集まって来い!
SCHOOL OF LOCK! 応援部

離れて暮らしている妹の受験を応援したいという生徒に逆電!

応援部(2018) 2018.12.7 金曜日

SCHOOL OF LOCK!


SCHOO OF LOCK! 応援部は、受験生を応援すべく、「宣言メイト」「応援メイト」の2つのメッセージを募集中!

「宣言メイト」は、受験にまつわる決意、宣言を聞かせてもらう授業!!

「応援メイト」は、応援したい人がいる、という君の想い、エールを届けてもらう授業です!!

あしざわ顧問「そして! 受験生のさらなる後押しをするべく、昨日わたくしより応援部にまつわる発表を行いました!」

今回、受験生を応援するために、あしざわ顧問がお寺に行きます!!!

あしざわ顧問「みんなの想いをお寺に全て持って行って、住職に祈願してもらいます!」

とーやま校長「よろしくお願いします!」

あしざわ顧問「さらに、現在Twitterで『受験生への応援メッセージ』を募集していますが、『#応援メイト』がついたツイートも、プリントアウトして祈願してもらいます」

とーやま校長「受験生ではないです、というみんなにも参加してもらって全国の受験生を応援してもらいたい!」

あしざわ顧問「もちろん、これまでに送ってもらった『宣言メイト』、『応援メイト』のメッセージも全て持って行きます!」

ちなみに、12月28日(金)までに届いた分を持って行かせてもらうよ!

そして、発表はもう一つ!
あしざわ顧問が「滝行」に挑戦します!!!

あしざわ顧問「滝行を行い、受験生の合格祈願をしていきたいと思っています!」

とーやま校長「めちゃくちゃしんどいと思います…!」

あしざわ顧問「そうだと思います。でも、私自身の体を使ってみんなの気持ちを注入していきたいなと思っていますし、僕の姿を見て勇気になればいいなと思っていますので、こちらも精一杯やらせていただきます!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「全受験生のために、よろしくお願いします!」

とーやま校長「さあ、顧問。本日はどうしていきましょう?」

あしざわ顧問「今夜は『応援メイト』を送ってくれた生徒に逆電! その想いを聞かせてもらおうと思います!……もしもし!」

俺が校長だ! 愛媛県 17歳 男性 高校2年生

俺が校長だ!「もしもし!」

とーやま校長「校長は俺だよ!」

俺が校長だ!「俺も校長だ!(笑)」

とーやま校長「俺も…ってことは校長は1人じゃないから……納得!」

あしざわ顧問「校長が2人になってしまった(笑) ちなみに、俺が校長だ!は高校何年生?」

俺が校長だ!「高2です!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ顧問「中2高2は……フリーーーーダーーーム!!!

俺が校長だ!「フリーダーーム!」

あしざわ顧問「ナイスフリーダム! そして、応援メイトの応募ありがとう!早速だけど、お前が応援を届けたいのは人は一体誰?」

俺が校長だ!中3の妹です

あしざわ顧問「中学3年ってことは2歳下だね。どんな妹なの?」

俺が校長だ!「一緒には住んでいなくて、家の事情で離れた場所に住んでいます」

とーやま校長「いつから離れて暮らしてるの?」

俺が校長だ!「だいたい5年前くらいからです」

あしざわ顧問「じゃあ、あまり会えていないってこと?」

俺が校長だ!「会うのは長期休暇の時くらいになります」

とーやま校長「1年でも数回くらいか」

あしざわ顧問「携帯とかでも連絡は取ってないの?」

俺が校長だ!「妹が携帯を持っていないので…」

あしざわ顧問「じゃあ休みのときにお互いのことを話したりする感じ?」

俺が校長だ!「そうですね。近況報告したりします!」

あしざわ顧問俺が校長だ!にとって、妹はどういう存在?」

俺が校長だ!「自分はそんなに頑張ったりしていないけど、妹はすごく頑張っているので、誇りに思う存在です」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ顧問「そうなんだ! そんな妹に応援を届けたいと!」

俺が校長だ!「はい!」

あしざわ顧問「何かきっかけがあったの?」

俺が校長だ!「春休みに会った時に、僕が行っている高校と同じ高校に行きたいって言ってくれて」

とーやま校長「おお! それはどうして?」

俺が校長だ!「お互いの話をしている時に行っている高校のことを話していたら、自分で調べて良い学校だなって思ってくれたみたいで」

とーやま校長「学校の雰囲気もあるだろうけど、お兄ちゃんが通っているっていうのも理由の一つなんだろうね」

俺が校長だ!「そうだと嬉しいです!」

あしざわ顧問「同じ高校を目指すって聞いたとき、どう思った?」

俺が校長だ!「嬉しかったです!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ顧問「そうだよね。すごく温かい気持ちになるなあ。普段、妹とはどんな話をしてるの?」

俺が校長だ!「普段は他愛もない話とか、好きな音楽の話とかをしてます」

あしざわ顧問「俺が校長だ!はどんな音楽が好き?」

俺が校長だ!「SEKAI NO OWARIさんです!」

あしざわ顧問「おお! じゃあセカオワLOCKS!も聴いてる?」

俺が校長だ!「もちろんです!」

あしざわ顧問「妹はSCHOOL OF LOCK!のこと知ってるの?」

俺が校長だ!「知ってはいるけど、すごく聴いているってわけではないです」

あしざわ顧問「セカオワ先生のライブは行ったことあるの?」

俺が校長だ!今年の5月にあった『INSOMNIA TRAIN』にライブレポーターとして行かせていただきました!

あしざわ顧問「SCHOOL OF LOCK!のライブレポーターとして行ったんだ! それはありがとう!」

俺が校長だ!「こちらこそ、ありがとうございます!」

あしざわ顧問「セカオワ先生のライブはどうだった?」

俺が校長だ!「圧巻の一言です!」

あしざわ顧問「じゃあ、まだ妹とはライブに行ったことはないんだね。妹とは受験のことを話したりするの?」

俺が校長だ!「いや、あまりしないです」

あしざわ顧問「じゃあ、今回は慣れないことをやっているんだね」

とーやま校長「ちょっと照れ臭いもんね」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ顧問「でも、気持ちを届けたいと!」

俺が校長だ!「はい!」

とーやま校長「こんな機会がないと言えないよね」

あしざわ顧問「それじゃあ、大好きな可愛い妹のためのメッセージ、聞かせてらもらおうか!」

俺が校長だ!5年間離れて暮らしている妹へ。
来年は同じ学校の校舎で会おう! 高校で待ってるぞ! 絶対に負けるな!!!


あしざわ顧問「……ヨシ!」

とーやま校長「お兄ちゃんとしてもだし、学校の先輩としてもだし、力強い応援メッセージだね!」

あしざわ顧問「いつか、直接言える時が来たら、言ってあげて!」

俺が校長だ!「はい!」

あしざわ顧問「お前には、応援したい人数分のカロリーメイトを送らせてもらうぞ!カロリーメイトは多めに送るから、応援したいという仲間がいたら、差し入れしてあげてね!」

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


あしざわ顧問「妹の成功を祈りつつ、お前自身も立派な兄として、頼もしい兄としていられるように応援してるからな!」

俺が校長だ!「ありがとうございます!」

あしざわ顧問「俺が校長だ!頑張れよ! そして、俺が校長だ!の妹!合格しろ〜〜〜!!!


♪ Fight Music / SEKAI NO OWARI


あしざわ顧問「セカオワ先生の『Fight Music』を聴いていると、2人のテーマ曲みたいに聴こえてくるし、応援っていうのはコール&レスポンスみたいなもので、どちらかが声をあげて応援することによって、気がついたら、俺が校長だ!自身も”負けてられないな!”っていう思いが生まれると思います。

改めて応援って良いこと尽くしだなって思ったので、みんなも周りに声をかけてやりたいな、っていう人がいたら声をかけてあげてほしい。それがきっと自分に返ってくると思うから。学校掲示板の中でも良い。お互いに励ましあって応援を届けていきたいと思います!」

とーやま校長俺が校長だ!と妹は、普通の兄弟に比べたら会う時間は少ないかもしれないけど、話を聞いている限り、しっかりと通じ合っている2人だと思う!遠く離れているみんなにも気持ちを伝えることができるのが、この時間だと思っています!」

「宣言メイト」を送ってくれた生徒の中から、毎週5人の生徒に校長と僕が直筆で応援メッセージを書いたカロリーメイトを差し入れしていきます!

応援部、応援部掲示板へは、SCHOOL OF LOCK! の公式アプリ、もしくは特設サイトから!

【 宣言メイト 】
【 応援メイト 】
【 応援部 】

お前たちは1人じゃない!
SCHOOL OF LOCK! は、学校を挙げて頑張る受験生を応援しているぞ!!!


SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!
- Prev || 1 | 2 | 3 |...| 10 | 11 | 12 || Next -
<   2018年12月   >
MonTueWedThuFriSatSun
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE