4月7日(火)のミセスLOCKS!は…

我が校の超現代史の講師!Mrs. GREEN APPLE先生!
「超現代史」の授業では"キミの今の悩み"、"今キミの周りで起きていること"などを大募集中!ミセスLOCKS!掲示板もしくはミセスLOCKS!のメールで待ってます!

キズナ感謝祭未公開パート公開!

20200325tym01.jpg

この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年4月1日(水)PM 10:00 まで



若井「アッポーーーーーー」

藤澤「アッポーーーーーー」

山中「アッポーーーーーー」

睫遏屬笋辰个い茲諭!!!・・・・・アッ」

5人「なに!??」

若井「・・・アッまでが、やっばいよねなんだよね?」

山中「そういうこと!?」

睫遏屮▲辰入ってますからね」

藤澤「「やっちゃった!」の「アッ」」

若井「あーそういうことなんだね〜。やっちゃったって意味がそこにね」

睫遏屬修Δ修Δ修Α

大森「はぁぁぁ・・・!先日!」

若井「わざとっぽいな〜〜」

大森「先日22日は、「SCHOOL OF LOCK! キズナ感謝祭 supported by 親子のワイモバ学割」の方に、僕たちも音声授業パートでお邪魔させていただきました!」

4人「そうですね〜〜〜!」

大森「いや〜〜〜校長と話したけど、あれすっごい喋ったよね〜!」

4人「ね〜!」

大森「あれすっごい喋ったんだよ!ほんとは」

若井「そうそうそうそう」

藤澤「もう色々とね!」

山中「ね!」

大森「ということで!今夜はもう早速ですけど授業に行きたいと思います!準備はいいですか??」

4人「はい!」

大森「5人・・もわりとミセスLOCKS!のほうだと久々?」

4人「そうかもね!」

大森「いや、ほんとそうだよね?」代々木ぶり??」

4人「あ〜そうかもね〜〜」

大森「あーおめでとう」

4人「おめでとうだね〜〜ありがとう」

大森「せーの!」

未公開授業、公開!

20200325tym14.jpg


大森「生徒のみなさんこんばんは!“いま”を学ぶ超現代史の講師・・・!」

全員「Mrs. GREEN APPLEです!」

大森「ボーカル、大森元貴です!」

若井「ギターの若井滉斗です!」

藤澤「キーボードの藤澤涼架です!」

山中「ドラムの山中綾華です!」

睫遏屮戞璽垢睫鄒興です!」

大森「今夜の授業は、キズナ感謝祭の本編で入りきらなかった僕たちの音声授業パートを今からお届けしようと思いますよ!これ時間の都合でね。ほんとはどれぐらいですか?40分・・・?」

4人「30〜40分くらい喋ってたよね〜〜〜」

大森「喋りつくしてたから全部オンエアされなかったけど〜〜、というとこで!「SCHOOL OF LOCK! キズナ感謝祭 supported by 親子のワイモバ学割」音声授業パートの続きをどうぞ! 」

―――――――――

校長「睫鄒萓犬蓮俺ね、3月18日のミセスLOCKS!終わりで、ブッチェ先生がわりと久々に来てたじゃないですか?睫鄒萓犬修豎个┐討襦っていうか知ってます?」

20200325tym11.jpg


大森「いや・・・(笑)」

睫遏屬呂ぁあのだって、すれ違いましたもん!僕!」

校長「あー睫鄒萓犬箸垢谿磴辰討拭」

若井「確かにね、すれ違ってたね」

校長「で!4月から俺退任させてもらって、ミセスLOCKS!は4月からも続くけど、そのブッチェを俺はもうここできっぱりと、もうさよならするっていう・・・」

4人「いやいや!(笑)」

校長「これはこれで英断ではないかと!勇退!!」

大森「確かに確かに」

藤澤「言ってくれる人がいてよかったね〜」

校長「そろそろやっぱ言い出せ・・やっぱブッチェ先生としては言い出せないだろうと」

5人「うーんまあまあ・・・」

大森「なんで睫遒渋ってんのかわかんないけど」

睫遏屬泙△任皀屮奪船Г鮑遒蠑紊欧討たミセスLOCKS!でもあるじゃないですか?やっぱり!」

校長「あ〜〜〜、ガン!とした気持ちがあるんだね〜これは」

睫遏屬笋辰僖屮奪船Г和臉擇平佑覆鵑任垢茵△笋辰僉僕にとって」

校長「・・た、大切な人・・・??」

睫遏屬呂ぁ・・・・・・・・え?なに言ってるんですか」

5人「違う違う!!(笑)」

20200325tym12.jpg


校長「どういう意味の大切な人なのかを今聞いてる!普通の質問!誰も追い込んでない!」

藤澤「逆ギレ」

校長「どうしたの急に!」

睫遏屬─爾匹ΔいΔ海箸任垢?いやだから、やっぱブッチェは、生まれた瞬間からSCHOOL OF LOCK!のために生まれたんですよ、ブッチェは!」

大森「そうだね〜確かに」

藤澤「確かしりとりやってたんじゃなかったっけ?生放送教室で」

5人「そうそうそう!生放送教室だ!」

大森「ブッチャーとニッチェが混ざちゃって・・!」

藤澤「そう混ざってとっさに出たんだよね、睫遒」

20200325tym08.jpg


睫遏屐屮屮奪船А」って!!なんかこう、振り絞って出したブッチェなんですよ!僕が生み出した!」

大森「難産だったね」
〜〜ブッチェ誕生の瞬間〜〜
(この時、ミセス先生の好きなところをしりとりで言う生徒と逆電してました)

若井先生「る…ルビー!」

春緒なや「びっくりするくらいキラキラしていて楽しいライブ!」

とーやま校長「睫鄒萓検◆箸屐匹任后」

睫鄒萓検屬屐帖張屮奪船А」

全員笑い

とーやま校長「ひどいよ(笑)」

睫鄒萓検屮屮奪船Г辰討い人の名前があったような気がして…」


詳しくは過去の[放送後記]を見てみてね!

校長「でもめっちゃあの時はすごい盛り上がって!」

山中「うんうんうん!」

大森「そうなんです」

校長「ねー!おもしろいじゃん!ってなってさ、これは新たな鉱脈を見つけたぞ!みたいな感じだったけどね・・・?これ以上ない右肩下がりを記録しちゃってる・・・・・・でもね!これは!変な意味じゃなくて、俺も今ブッチェ先生が好きだし、生まれた瞬間に俺も立ち会ってるわけ」

大森「そうっすよね」

校長「だからいつまでもいて欲しい気持ちもある。でもブッチェ先生本人としてはちょっともしかしたら胸を痛めてるところとかね・・・・」

睫遏屬修譴呂發ΑΑΕ屮奪船Ю萓犬僕茲討發蕕錣覆い箸笋辰冓かんない!!」

校長「あーーーーーー。今日・・」

大森「今日来てるんじゃないですか??」

20200325tym05.jpg


山中「お!」

若井「来てるの??」

睫遏屬發靴癲次次次次次爾掘??」

全員「もしもし!!??」

若井「電話?中継なの!?」

校長「全部聞いてたってこと!?今!ブッチェ先生!」

ブッチェ「だってお前らが全部・・おい聞いてたよ!」

若井「あれ!来た!来てる!なに??」

校長「ブッチェ先生が・・・!」

藤澤「繋がってる・・・!」

ブッチェ「俺・・!俺・・!俺を・・・・つまりこの・・SCHOOL OF LOCK!から消し去りたいってことですか???」

校長「いや!消し去りたいっていうか、ブッチェ先生自身はどう思ってらっしゃるのか、そして、僕も卒業ってタイミングなんすよ。ブッチェ先生にもいつかはある!」

ブッチェ「そうですね・・・・」

校長「で!それがいつなのか?ってなった時に」

大森「・・そうですね・・・・(笑)」

若井「急にまじめになっちゃった」

大森「そんなん見たことない(笑)」

ブッチェ「分かりますよ」

校長「例えば」

睫遏嵋佑盂里に」

ブッチェ「そう、記憶の中・・・」

全員「今どっち!!!」

ブッチェ「ブッチェブッチェブッチェ!!」

全員「(笑)」

ブッチェ「あ、俺!?ブッチェ!」

睫遏屬い筺やっぱりとーやま校長もSCHOOL OF LOCK!っていう歴史の中、思い出の中に残るじゃない?卒業!となってもずっと残るものだし!ブッチェも確かに、このタイミングでいなくなるのも、確かに・・・確かに!・・・・ありかなって思うんすよ、僕は」

校長「思うんすよ!思うところもあると!」

睫遏峪廚Δ鵑任后

20200325tym06.jpg


校長「けど?」

睫遏屬燭瀬屮奪船Г呂泙世靴ぎわ(=引き際)を・・・」

全員「しきぎわ!(笑)」

若井「お布団??」

睫遏屬海海如ここで引いていいのかっていうのがあるんですよ!どっかでもう1回大きい花火を打ち上げてから・・・!」

大森「いや1回も大きい花火を打ち上げてない!!!それ勘違いだから!!」

全員「(笑)」

ブッチェ「もうちょっと頑張りたいと思います、出来れば」

全員「え〜〜・・・?」

睫遏屬─??みんな!??」

校長「ミセスの4人としては、リアルな話どうなんですか?」

藤澤「もうぶっちゃけよう!あのう!ブッチェを!ちゃんと」

校長「「ぶっちゃけ」が今もう「ブッチェけ」みたいな!」

大森「ブッチェけ!」

山中「ブッチェけ〜〜?」

20200325tym09.jpg


校長「ブッチェ派なのか???(笑)」

藤澤「ブッチェをね、ちゃんと回収してくれるのがとーやま校長しか、いない!!」

校長「そう!?その問題ある!?」

若井「確かにそう」

20200325tym07.jpg


大森「生まれる瞬間見てても、ルールが僕ら未だによくわかってないもん」

校長「確かにね(笑)」

藤澤「そこをね、ちゃんとミセスLOCLS!終わりで回収してくれてたのがとーやま校長だったから、それを今後」

大森「その十字架を代々引き継がせるのはちょっとなんか・・・・」

校長「確かにどう引き継げばいいかわかんない・・・・!」

全員「(笑)」

校長「校長たる思いとかっていうのは、新しい校長・教頭にちゃんと伝えたんですよ」

大森「なるほど。でもあとブッチェのことは引き継げてないでしょ??」

校長「全くもって出来てない」

若井「やばいやばい」

睫遏岷してる、逆に」

校長「いや、隠してるっていうかまず存在を忘れてたっていうのと」

大森「無いに等しいからね!」

校長「うん。どう伝えたらいいか、口頭なのか文章で伝えるのか・・・難しいよな・・・確かにその問題あるね!!」

20200325tym10.jpg


藤澤「そうなんですよ〜そこが1番」

睫遏嵶辰舛磴鵑慮世δ未蠅世福ΑΑΑΑΑ

全員「・・・いやどっち!?今の誰!?」

睫遏嶌は、清宗」

校長「でもね、まあブッチェさん聞いてますか?まだ」

ブッチェ「はい、聞いてます」

校長「はい。あの、だから俺としてもちゃんと新しい校長・教頭には僕なりの伝え方で伝えさせてもらおうとは思います」

ブッチェ「はい、ありがとうございます」

校長「でも1番は、ブッチェさん本人がもうちょっとやらせてくれと。で、さらにひと花火打ち上げたいって気持ちがあるわけですよね?」

ブッチェ「はい、そうですね」

校長「その思いを新しい校長・教頭に直接伝えるのが1番伝わるんじゃないかなと思うんですよ」

ブッチェ「はい」

校長「なので、新しい体制になってからのミセスLOCKS!・・・なのかなあ・・・??まあどこの場所か分かりませんけど、ブッチェ先生から直接、ちゃんと言った方がいいんじゃないかな?って思いですけど・・・どうですか?」

ブッチェ「分かりました。僕ももう一息で多分でっかい花火が出来ると思うんで・・・」

校長「でっかい花火が出来る・・・誰かに作ってもらうんですか??職人がいるんですか??」

ブッチェ「今制作中です」

校長「制作中・・・(笑)」

全員「(笑)」

若井「打ち上げる前にね」

校長「職人が作った花火を打ち上がってるのを見るっていうことっすよね?自分が花火になるわけじゃないですもんね??」

20200325tym13.jpg


ブッチェ「あでも自分も!自分も花火に入ります・・・!」

全員「(笑)」

若井「一緒にね!入っちゃうのか」

校長「え、夜空に散ってしまうってことですか・・・??」

ブッチェ「そうですね、大きい花火になって、綺麗な光を放って、僕は終わりたいなと思います」

校長「じゃあそういうのを、ちゃんと直接伝えていただけるっていう・・・?」

睫遏屬呂ぁ分かりました!伝えます!」

大森「・・・・ふわっとしたなーーー」

藤澤「なんの時間だよこれ!」

睫遏屬修Δ世茲諭ずっとブッチェトークが続いちゃってるから」

校長「じゃあ僕もそうです、4月以降もSCHOOL OF LOCK!は、俺は聞こうと思ってるんすよ。聞かせてもらいたい。でも別にそこに関与するつもりは一切なくて、はい。別になんか聞いて終わりっす。でも、その中でのブッチェ先生の動向もやっぱこれで気にせざるを得なくなってしまったので・・・」

大森「そうっすね」

睫遏屬修Δ辰垢諭ΑΑΑΑΑ
校長「見守らせていただきたいなっていう気持ち・・・かな、やっぱ・・」

大森「いや、ありがたいね」

睫遏屬△蠅とうございます」

ブッチェ「ほんとに」

全員「どっち!!!」

大森「だからずっとどっちなの!!」

若井「分かんないよ」

睫遏嶌ちょっと両方いた」

校長「両方!!!???」

睫遏屮轡鵐ロした。俺とブッチェが」

校長「ハイブリッドとかもあるんすか!?」

睫遏屬△蠅泙垢諭次

校長「(笑)」

―――――――――

M.  StaRt / Mrs. GREEN APPLE 

大森「お届けしたのは Mrs. GREEN APPLE「StaRt」でしたー。いやー「StaRt」」

20200325tym04.jpg


若井「「StaRt」でしたね〜」

山中「うーん!」

大森「そ!」

若井「ブッチェ!」

睫遏屬發Δ諭」

若井「あれどうすんの!?まじで!」

藤澤「結局」

睫遏屬泙▲屮奪船Аお話にもあった通り、まあ、新しい!!」

4人「新しい!!(笑)」

睫遏嵜靴靴す残后Χ菊に、まずはご挨拶をね!まずさせていただいて、まあ、よろしくお願いしますと!」

大森「それ圧だからね」

藤澤「ほんとだよね〜〜〜」

大森「ほんとにさ〜〜〜」

若井「しかもでかい花火打ち上げようとしてるからね」

山中「ね〜!作ってる!」

若井「さらにね」

大森「無理でしょそれ〜〜〜」

睫遏屬覆鵑力辰鬚靴討襪鵑世辰董もうだってずっとブッチェの話でもうほんとに申し訳ないです!!!」

大森「ありがとうございまーーす!!さぁそろそろ授業終了の時間なんですけど・・・!僕たちがとーやま校長と授業で一緒になるのは、今日で最後になってしまうんですよね。まあキズナ感謝祭で直接メッセージを伝えたのでここでは多くは語りませんが・・・本当に、お世話になりました」

大森「本当に・・・!」

全員「ありがとうございました!!」

全員「以上!Mrs. GREEN APPLEでした!校長―――!!校長〜〜〜!校長――――――校長――――――!!!校長〜〜〜〜!校長〜〜〜〜〜〜!!校長〜〜〜〜〜〜〜!!!」

20200325tym03.jpg


20200325tym02.jpg


この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年4月1日(水)PM 10:00 まで

| Next -

ミセスLOCKS! 放送後記

もっと見る

ARTIST LOCKS! & GIRLS LOCKS!

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る