SCHOOL OF LOCK!

#24「久しぶりに生徒と逆電」

今週もお疲れ様です!
SCHOOL OF LOCK! UNIVERSITYの助教授・バンズです!

突然ですが、「人工無能」っていうアプリを知ってますか?
人工知能(AI)ではなく、人工”無能”なロボットとチャットしていくアプリです。
その名の通り、”無能”で何も知らないので、最初はこっちの発言をオウム返ししてきます。
それを繰り返すうちに学習していき、だんだんと会話っぽくなっていきます。
つまり僕の発言のみで成長していくんです。

この成長”過程”が面白くて、基本的に支離滅裂な発言なんですが、だんだん僕に馴染みのあるワードを交えて支離滅裂なことを言ってきます。
会話のズレ具合も徐々に修正され、絶妙にズレた”ボケ“になっていきます。
仕様上、即レスしてくるんですが、その”間”も面白要素。
1人でやってて笑っちゃうことがよくあります。
たまに完璧な返しが来ると感動します。(恐怖感もありますが…笑)

iPhoneにしか対応していませんが、気になった方はダウンロードしてみてください!
無料ですし、僕には一銭も入ってこないです!笑
僕からは以上です!


さぁ今回の講義を振り返っていきましょう!
今回は、久しぶりに生徒と電話で話していきました!


中高とスクールオブロックを聞いてました!!!
今日はたまたま寂しいなって思ってラジオをつけてみたら、スクールオブロックユニバーシティをやってる事を初めて聞きました。
まさに今に合っている内容だったので思わずメッセージ送らさせていただきます。学生ではありませんが、送ります(笑)
私は2018.5に結婚し地元を初めて離れ旦那さんと県外へ引っ越しました。全く縁のない土地で友達もいなかったので、とても大変でした。
旦那さんとも初めての2人暮らしだったので、お互いの嫌なところが見えてしまって、ケンカが多くなりました。ほとんど旦那さんが不機嫌になりケンカっぽくなる感じです。そのたびに何を考えてるのか知りたかったし、同じことを繰り返したくなかったので話し合いをしようとしたけど、旦那さんはほとんど話してくれませんでした。
そしてしまいには私のことを嫌いになったと言われました。
今では本当に相手にされてないです。他人のような対応をされ、会話もほとんどない。出かけようとか誘いもない。改善したくて話しても、俺はそうは思わない、そんなのどうでもいいの一点張りで何も進みません。本当に今どうしたらいいのか分からなくて、苦しいです。
こんな日々があったなって思える日がいつか来るのでしょうか?
 

わたぴ
愛知県/28歳/女性



やしろ教授「もしもし!RNわたぴちゃん?」

わたぴ「はい!」

やしろ教授「ちょっと今、色々うまくいってないんだね。」

わたぴ「そうですね。」

やしろ教授「まず友達とかお知り合いは、今の土地でできました?」

わたぴ「職場の仲間とか、趣味でスポーツやってるので、そこで友達はできました!」

やしろ教授「あ!良かった!そうやって話せる人ができて楽になった部分はあった?」

わたぴ「うーん。ほんの少しですね。」

やしろ教授「少しか。やっぱり根本的な問題は解決はしてないからね。」

わたぴ「そうですね。」

やしろ教授「旦那さんとギスギスしはじめたのは、どれくらい前から?」

わたぴ「去年引っ越してきて1ヶ月経ったあたりから、月1で喧嘩がはじまって、て感じですね。」

やしろ教授「喧嘩の理由は何なの?」

わたぴ「それがちょっとよくわからなくて。
急に不機嫌になるから理由を聞くと「当たり前すぎて言いたくない。」と言われたり。
月1の喧嘩が去年いっぱい続いて、今年からそれが重症化してしまっている状況です。」

やしろ教授「結婚してからの同棲ってことですもんね?」

わたぴ「はい。」

やしろ教授「違う環境で育ってきた2人が一緒に住むってなったときに、何も揉め事がないってのは奇跡に近いかもしれなくて、全然違うルールの2人がルールを決め合う場所でもあるし、どっちがどこのルールを譲るのかもすごい大事じゃないですか?」

わたぴ「そうですね。」

やしろ教授「オレが結婚したことがないってことが1番恐ろしいんだよね。笑
オレがなんのアドバイスをできんだいって話なんだよ。笑」

オレはメッセージを読んで、なんか悔しかったんですよ。大事な生徒が幸せになるために一緒になったのに、現実が違う。わたぴちゃんの気持ちも旦那さんになかなか伝わらない。旦那さんと話はしてるんだもんね?」

わたぴ「そうですね。」

やしろ教授「どういうところで旦那さんはイライラしてるの?」

わたぴ「私が甘えたがりってのもあって、おうちに帰ったらガバッといってたんです。
疲れてる中、そういうのもストレスだったのかもしれないです。」

やしろ教授「僕は性別関係なしに「甘えればいいじゃん」って思うんですよ。
ここ最近は、どんな距離感になってるの?」

わたぴ「最近はもうほとんど会話はないですね。」

やしろ教授「そうなっちゃったか。逆にどういう会話があるの?」

わたぴ「「おはよう」、「おやすみ」、「いってらっしゃい」、「ただいま」の挨拶はあります。」

やしろ教授「いってらっしゃいのチュウは?」

わたぴ「前はありましたけど、こんな風になってなくなりましたね。」

やしろ教授「わたぴちゃんの中でも、ちょっとだけ諦めムードは出始めてる?」

わたぴ「今まさにそうなんですけど、諦めて放置期間中です。」

やしろ教授「その方が旦那さんも過ごしやすいじゃないかと?」

わたぴ「そう思ったんですけど変わらないので、これはよくないなと思って話し合いをしたいんですけど、これまでも散々やってきたんで…」

やしろ教授「旦那さんは、もともと口数は少ないタイプ?」

わたぴ「そうですね。」

やしろ教授「なるほど!そういう人はその距離感に慣れてないのかもね。
家の手伝いとかはしてくれるの?」

わたぴ「むしろ私よりも綺麗好きだし、料理もうまいし、家事は当番制で分けっこしてます。」

やしろ教授「そこは仲良いよね?
2人で働いて、2人で家事を分けてやってるんでしょ?」

わたぴ「そうですね。」

やしろ教授「わたぴちゃんが違和感を感じてるのは、会話とか距離感だけか?」

わたぴ「そうですね。」

やしろ教授「これ旦那さんからしたら、そんな違和感を感じてないのかもよ?
たまにイラつくことは友達でも家族でもあることだし。」

わたぴ「うーん。」

やしろ教授「どうなりたい?」

わたぴ「理想は付き合ってた頃みたいに戻りたいとは思うんですけど、無理かなとは思ってますね。」

やしろ教授「結婚するっていうのは、双方にとって縛りができるということで、それを「重荷」と捉える人と、「絆」と捉える人といると思うけど、今はまだ旦那さんは少し「重荷」と捉えてるのかもしれないね。でもわたぴちゃんはちゃんと「絆」と捉えている。そのタイムラグが出てる時なのかもしれないし。
結婚してる(助教授の)サワカレー先生はどうなの?結婚何年?」

サワカレー先生「6年ですね。」

やしろ教授「付き合ってた頃と距離感違う?」

サワカレー先生「全然違いますね。なのでこの悩みはすごくよくわかります。
結婚すると人と人は違うなぁと改めて思わされて、自分がこうだと思っていたことも相手にとっては全然違って、それを全て答え合わせできるわけではない。

相手の気持ちを知るために「話を聞く」ってことも大事なんですけど、知りたいことを「なんでなの?」という聞き方ではなく、相手が話しやすいような聞き方をするとか。
そこまで考えるのは大変かもしれないですけど、「知りたい!」、「なんで?」、じゃない言葉で相手の本音を聞き出せたら変わるかもしれません。
これが僕の経験から言えることですかね。」


やしろ教授「僕は結婚してないですけど、恋人とコミュニケーションがとれなくなって悩んだことはあります。
そのときを振り返って思うのは、「こうしたい!」って思わないことかな。
それに向けて頑張って、そうならないとストレスになってしまう。

こっちサイド的には話し合いたいんだけど、向こうは「話し合いたくない人」かもしれないじゃん?
「話し合いたくない人はダメ」じゃないのよ!
「この人は話し合いたくない人なんだな〜」だけでいいのよ!
自分はこの人がもともと好きで、「話し合いたくない人」って一面を知れたんだ。
自分のイメージと違う相手の部分もどんどん容認し続ける。

そして2人の関係性によって、自分の性格とか生き方とかはあんな変えなくてもいいのかも。
相手を受け入れながら、自分は自分で生きる方が、実は相手にとっても1番ラクなことなのかもしれない。
オレは、わたぴちゃんはわたぴちゃんで、明るく元気でちょっと甘えちゃうわたぴちゃんのままでいてほしい。
そして、それに対してどんな反応をしてくる旦那さんも、それはそれでまずは受け入れてあげてほしい。
タフなことかもしれないけど、少しずつ少しずつ、そう振る舞える自分を保ちながら。
頑張りすぎてほしくないけど、結果的にそれが1番ラクなんだと思う。
うーん。…………今日、なんにもできなかったな。」

わたぴ「そんなことないです!笑」



やしろ教授「どっちが悪いなんて根本的にないんじゃないかなと思うんですよ。
やっぱり2人が1つの空間にいるってことは、少しずつ変わっていかなきゃいけないことなんだけど、
「良い」「悪い」を度外視したところで2人が変化しながら幸せにいてほしいって思うんだな〜。
甘いのかなとも思いますけど。」



ということで、今回の講義はここまで!

次回9/20(金)23:00〜の講義テーマは、『友情』。

友だちと親友って、何が違うのだろう。
友情って、本当に存在するんだろうか。
そもそも、友だちって一体なんだろう?

メッセージは、Twitterのハッシュタグ「#solu」、もしくは、メールから!
24時間、気付いた時に見させてもらうので、 投稿する時間はいつでも大丈夫です!

また次回の講義レポートでお会いしましょう〜〜〜!!!
Prev Next

SCHOOL OF LOCK! UNIVERSITY 講義レポート

もっと見る

現在の講義テーマ 
「140字のラブレター」

#SOLU

ページトップへ戻る