SCHOOL OF LOCK!

#25「友情」

今週もお疲れ様です!
SCHOOL OF LOCK! UNIVERSITYの助教授・バンズです!

早速ですが、今回のテーマは『友情』でした。僕は現在、友達と男4人で一軒家に住んでいます。バンドマンや芸人、それぞれ地方から夢をもって上京してきて、バイト先で出会いました。全員同い年で、信じられないくらい気があって、5年前から住み始めました。毎晩のようにリビングに集まってゲームしながらお酒飲んでますが、1度も喧嘩したことはありません。めちゃくちゃしんどいときも、帰ったらみんながリビングにいて、それだけで救われたことが何度もあります。大した恋愛をしていない僕の人生において、恋愛よりも友情が大部分を占めています。みなさんにとって友情とはどんなものでしょうか?ちなみに家は引くほど汚いです!

さぁ、講義を振り返っていきましょう!
まずは『友情』というテーマになるキッカケとなったメッセージを紹介します!


世間でいう仲間とか友達について教えてください。人間って元々一人の生き物で自分の事しか考えない生き物だと思うんですけど。
だから仲間とか友達とかっていうのはなんなのかな…と思って。
自分の事しか考えて居ないから自分になにか利益が有ってそれで人に近づいてくるんじゃないのかなと思うんです。職場もそうお金が欲しいから仕事に行く。学校は…束になって行動するのがルールみたいな感じでその波に逆らったら居にくくなるから集団で行動する。だから仲間とか友達っていうのが知りたい。何も関係ない純粋な人との絆みたいな物が。どうやったらそんな人が出来るのか。とか、なんでその人は自分に近づいてきたのか。とか…分かりますか?…説明下手かも…
 

シロピカリ
北海道/17歳/男の子



やしろ教授「このメッセージに関して思うことあるんですけど、まず1つ!
“人間ってもともと1人の生き物で”ってあるけど、僕はそうは思ってないです。
“生まれたときは1人だ。死ぬときも1人だ。”って、ドラマで言ってたの?誰か有名な人が言ってたの?
なんとなくそんな言葉がありますけど、1人で生まれてきた人、1人もいません!
100%お母さんから生まれてきてるんで!
生まれてきたとき1人じゃないんだから、死ぬときも誰かと死にたくないですか?
大事な人が死ぬときは近くにいたいなとも思います。
人生の途中で1人になることもあるかもしれないけど、全体で見たら決して1人じゃないです。
だから、シロピカリちゃんにもそういう風に思ってほしい。

あと、誰かが近寄ってきたときに「この人、自分と仲良くなることで何か得しようとしてない?」って思うってことは、人の自分の鏡であって、シロピカリ自身も友達を選ぶときに”損得”で選んでないかな?
間違ってたらごめんね。

例え、誰かが”損得”をもって自分に近づいてきたとしてもいいじゃない!それを”損得”じゃないところまで持っていけるかどうかはその2人の相性ですよ。出会いはなんだっていいんですよ!恋愛も友情もスタートは不純だっていいんですよ。結局2人がそこに到達できるかだけだから。だから、たくさんの人と出会って、数少ない気の合う人を見つけてほしいな。」




やしろ教頭こんばんは。
これまで誰かにうまく打ち明けられずにいたのでメールを送ります。私は友達のことでモヤモヤしていることが二つあります。どちらも高校時代からの話です。ひとつはクラスメイトだった大人しい女の子のことです。SOLがきっかけで仲良くなったものの、卒業式の後に話すタイミングを見失い話しかけられず、結局今に至るまで会うこともLINEもできていません。
もうひとつは他校の同学年の子です。こちらもやはりSOLがきっかけで仲良くなり、お互い楽器をやっていたので一緒にバンドを組みました。とあるライブに出た際にボロボロの演奏だったにも関わらず、私が気を遣って「良かったね」と言ってからか、関係がぎこちなくなってしまいました。時々共通の仲間が集まった時に顔を合わせるものの、会話は一切ありません。私自身元々争い事が苦手なせいか、今まで友達と喧嘩したことが一度もありません。けれど、それは本音を言うにあたって必要悪だったのかなと今では思います。大人になるにつれ、なんらかのきっかけで関係がぼやっとしてしまうことはたまにあることだとは思いますが、自分の中で今でもそこだけがぽつんと時が止まったままです。


ラムネちゃん
宮城県/25歳/女の子



やしろ教授「僕は”本音でぶつかれる”っていうのが、愛情にとっても友情にとってもすごく大事なことだと思います。本音で会話できる人が、人生の中で1人か2人いることが本当に大事だと思うんです。相手にとって、自分がそれになれたら最高だし、そこまでいきたいんですよ。仕事でもそう。大事な人との関係性において”本音”っていうのが大事。前もここで話したけど、”本音を鍛えていく”ってことなんですよ。本音を言える心を鍛えながら、ぶつかりあうことも必要だと思う。

25歳でしょ?全然いいよ。
「まだまだ若いよ!」なんて言葉使いたくないです。
何歳だろうが全員横並びですよ。諦めた人から損するだけですよ。“損”っていうのは、自分自身もそうだけど”誰かが自分に本音を言ってくれる”、”誰かの人生を少しラクにできる”チャンスを逃してしまう。そう考えると、僕たちの命は捨てたもんじゃないですよ。

ラムネちゃんが2人に対してモヤモヤしてるのは、その子が自分のことをどう見てるのかなっていうのも含まれてのモヤモヤだと思う。その時の自分の立ち方、そしてこの数年間はあってたのかなっていうのも含まれたモヤモヤだと思う。やり直せるし、問題はやり直したいかどうか。その子たちともう1回笑いたいか、自分の本音を言いたいか、本音を言ってほしいか、そう思えないんだったら割り切っていい。もうモヤモヤしなくていい。無理して近づかなくていいと思う。心の声聞いて”もう1度、仲良くなりたい”と思ったらアプローチしていいと思う!とにかくまずは自分の心の声を聞いてほしいなと思います。」




次週のテーマ、友情について投稿させていただきます。
私には心友と思っている、学生時代からの同性の友人がいます。5年以上前になりますが、その心友から告白をされました。その当時はお付き合いしていた恋人に振られたタイミングで、悲しむ私に気遣ったのかなとも思いましたが、真剣な様子だったので真剣に答えべきと思い、「私にとってあなたは心友で、私の恋愛対象は異性なんだ」ということを伝えました。その心友とは今でも連絡を取り合い月に数回は食事やお茶をするような関係です。
その心友とは今後も心友として仲良くしていきたいと思っているのですが、自分なら振られた相手と連絡を取りたいと思わないし、もし連絡があったら期待しちゃうな…と思い、もしかしたら心友に対してひどいことをしているのか?!と、ふとこの心友との関係を不安になることがあります。性的マイノリティに対する理解がまだまだ浅いため、この関係を続けていいのか、心友のために離れる方がいいのかわかりません。私はこれからも心友と友だちとしての関わりを持っていたいです。何かやしろ教頭の助言をいただけると嬉しいです。

たけちよ
北海道/33歳/女の子


やしろ教授「僕は、男、女、友情、恋愛、その辺の線引きが全部なくて、あとは相手がどう思ってるかだけなんで、これは相手が決めることの1つかもしれないです。大人同士ですから。あと、こういう話しをしてもいい気がします。ちゃんとたまに話したらいいと思いますよ。で、こっち側はいつまでも友達だと思い続けていいと思います。まぁでもどうなのかな〜。
みんなの意見も聞こうかな?来週も、『友情』をテーマにするので、このメッセージに対して思うことも教えてください!」



ということで、今回の講義はここまで!

次回9/27(金)23:00〜の講義テーマは、引き続き『友情』!

“友だち”、“友情”についてあなたが思うこと、考えていること、RNたけちよさんのメッセージを聞いて思ったことも待っています!

メッセージは、Twitterのハッシュタグ「#solu」、もしくは、メールから!24時間、気付いた時に見させてもらうので、 投稿する時間はいつでも大丈夫です!
また次回の講義レポートでお会いしましょう〜〜〜!!!
Prev Next

SCHOOL OF LOCK! UNIVERSITY 講義レポート

もっと見る

現在の講義テーマ 
「友情」

#SOLU

ページトップへ戻る