アレキサンドLOCKS!

2月26日(火)のアレキサンド LOCKS!は・・・

お待たせしました!先日募集して沢山のメッセージが届いた
川上先生が生徒のリクエストに答える
【 洋平できるもん 】
川上先生がいったいどのリクエストにチャレンジするのか!?
次回の授業をお楽しみに!

さらに!この春、卒業生するキミから川上先生に届けてもらいたい
”ある募集”の発表もあります。

まだまだ受験シーズン真っ只中!
受験生はもちろん、就職するというキミの”未来の進路”に纏わる相談・質問を待っています。
さらにキミに変わって学業の神様”湯島天神”絵馬合格祈願を書いて奉納しています。
「合格祈願してください!」という生徒からのメッセージも…。

現在、[ALEXANDROS]先生は『Sleepless in Japn TOUR』真っ只中!
足を運んだ生徒やこれから足を運ぶ生徒も、是非その”ドキドキ””ワクワク”を送ってきてください(ネタバレ厳禁!)

メッセージは全て[ アレキサンドロス掲示板 ] まで!

My Job

アレキサンドLOCKS! 2018.1.23 火曜日

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


(チャイム……ガラガラ……)

洋平先生「進路室へようこそ!【アレキサンドロス掲示板】を見ていると、‘受験、頑張ります!’と気合の入った書き込みが凄く多く、先生はとても安心しています。先生もアルバムの制作をやってますので、励みになりますよ!
受験生もそうだと思うけど、‘こんなに悩んでいるのは自分だけかな?’‘こんな時間まで起きているのは自分だけかな?’みたいな、そういうのって周りも頑張っていると知ると私も頑張ろう!って安心するじゃん。生徒のみんなとやっていることは違うけど、かなり励みになりますよ!ありがとうございます!
ということで、高校受験、大学受験だけが進路ではありませんので、今日は別の進路を進んでいる生徒たちの授業を行いたいと思います!」


M 明日、また / [Alexandros]


洋平先生「この曲で、ちょっとは心が朗らかになってくれれば良いなと思いますね。まだまだ終わりじゃないからさ!終わりは来ないから。諦めるまではね!ここは進路室ですから、受験生を応援するのはもちろんですが、その受験の先にあるのは就職ですね!…」


(カッカッカッ…カッカッ…)

SCHOOL OF LOCK!


洋平先生「…My Job.

洋平先生“私の仕事”‘卒業後に私は就職します!’という生徒に、今日はスポットを当ててみようかなと思います!進路室ですから、受験生ばかりをスポット当てている訳ではありませんからね。」



■報告!!
ドロス先生こんばんは!
私は今高校3年生で就活生です。
先月就職試験に行ってきました。介護施設です。
面接だけだったのですが、学校で何度も練習したので自分の中では上手く答え
られた自信がありました。先日通知が届き、結果は見事「内定」でした!
毎日ドロス先生の曲を聴いて頑張れました!ありがとうございます!
4月から頑張りたいと思います!
つなたそ
女性/17歳/福島県




洋平先生「おめでとうございます!‘夢だった介護職員になれました!’ということは、夢が叶ったってことだね!嬉しいですね!
そもそもなんで介護職員になりたいと思ったかというと、RNつなたその他の書き込みを読んでみると、小学5年生のときに東日本大震災を経験し、‘人を助ける人になりたい!’と思い、将来を考えたときに、おじいちゃんやおばあちゃんが好きだったということもあり介護職員を目指すようになったということですね。
そして実は、RNつなたそのお母さんも介護職員で、その背中をずっと見て憧れていたというのも1つのキッカケだったということです。そしてお母さんが言っていたのが、‘介護の理想は、おじいちゃん、おばあちゃんと楽しく触れ合うということ。しかし介護の現実は、自分のことで精いっぱいで理想に届かない’ということで、これが心に突っかかって不安だそうです。
でもこういうことですよね!仕事に就くということはさ!‘夢を叶えて、実際にその職業に就けました。でも思っていたのと違うな、結構辛いんだけど’みたいなね。
ミュージシャンもそうですよ。‘えっ、こんなことするの!?’みたいなことも結構ありますからね(笑)でも、自分がやりたいことがちゃんと真ん中にあって、その周りに‘これをやるあ為に、この職業を選んだんじゃない’という、やりたくないこともあると思うんだよね。そこは正直、実際にその職業に就いてみないと分からない部分だったりするから。どの職業もそうなんじゃないかなと思うけどね。でもそこは、理想という言葉を使わずに、‘この職業に就けた!’という喜びだけで良いのかなって思います。
理想と言ってしまうと、想像をしている感じになってしまうんだよね。そうではなくて、もっと現実の物としてとらえて、それはそれなんだなと。‘こういう辛いところがあったりするんだけど、でもちゃんと私は触れ合うことが出来るから、私は幸せなんだな’と思うことが1番大事な気がするんだよね。気持ちは行ったり来たりすると思うよ!
辛い日があったり、でもその代わりに楽しい日もあったりね。実際に働いているお母さんの話だから、受け止めておいた方がいいと思う。働いたらそういう風にRNつなたそも感じると思うしね。でもまずは、自分のなりたい職業に就けたわけだから、そこは喜んでいいと思います!これはいい報告ですね!」

SCHOOL OF LOCK!




■解放感!
洋平先生こんばんわ。
ついに就職内定いただきました!!!高3になってからずっと模試や面接練習ばっかりで悩みまくりでしたが、やっと内定頂きました
harrrrrrruka
女性/18歳/大阪府




洋平先生「RNharrrrrrrukaさんは実は、2年前にも相談に乗った方なんです。」

(聞き逃している生徒は2016年5月17日の放送後記をCHECKしてみよう!)

洋平先生「ついに就職内定したという吉報が届きましたので、お話してみたいと思います!…もしもし!」

harrrrrrruka「もしもし!」

洋平先生「アレキサンドLOCKS!の川上洋平です!」

harrrrrrruka大阪府、18歳、harrrrrrrukaです!」

洋平先生「久しぶりですね!内定頂いたということですけど、本当ですよね?」

harrrrrrruka「はい!本当です!」

洋平先生「よかった!おめでとうございます!」

harrrrrrruka「ありがとうございます!」

洋平先生「本当に嬉しいね!2年前に相談を頂いたときは悩んでいて、‘私だけパンの形が不格好で…’とおっしゃっていましたけど、でもそれが実ったってことですね!」

harrrrrrruka「はい!」

洋平先生「良かった!もう工場に行ったりしているんですか?」

harrrrrrruka「まだ行ってないですね」

洋平先生「そうなんだ!パン工場ってどういうことをするのかな?」

harrrrrrruka「パンの計量をしたり、パンを成形したりです」

洋平先生「実際に作るんだ?」

harrrrrrruka「はい!作ります!」

洋平先生「これは、結構本当に試されるね!でも望んでいたことだもんね?やりたいことだもんね?」

harrrrrrruka「はい!やりたいです!」

洋平先生「もう1回訊きたいんだけど、そもそもパンを作りたいという夢は何がキッカケだったの?」

harrrrrrruka「お姉ちゃんがパティシエで、そこから食に関する興味を持ち始めて、パンがもともと好きだったので、そこからパンを作るようになって興味を持ちました!」

洋平先生「なるほど!どういう試験があったの?」

harrrrrrruka「筆記テストをやってから面接があって、‘何でこの会社に入りたいと思ったのか?’とか自己PRとかありました」

洋平先生「そうなんだ!実際に’今、ここでパンを作ってみなさい!’みたいな実技は無かったんだ?(笑)」

harrrrrrruka「それはなかったです(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


洋平先生「ちなみに前回のときは、専門学校に進むか、就職するか、どちらの道に進むべきかということを相談してくれていたと思うけど、この答えで悔いはないですか?」

harrrrrrruka「はい!悔いはないです!」

洋平先生「専門学校に行って、学生気分を味わいたかったなとかもない?」

harrrrrrruka「ちょっとはあるんですけど(笑)」

洋平先生「ちょっとはあるか(笑)絶対行っておけば良かったかなと思うことがあると思うけど、でも早い段階から社会に揉まれるというのは絶対に損じゃないし、先に社会の荒波の辛さだったり、厳しさとかを知っているというのは良いと思うよ!」

harrrrrrruka「はい!」

洋平先生「もう少し先の話を訊いてもいいですか?」

harrrrrrruka「はい!」

洋平先生「将来の将来は、自分でパン屋さんを開きたいとかはある?」

harrrrrrruka「パティシエのお姉ちゃんがケーキのお店を開きたいと言っているので、そこで一緒に出来たら良いなとサンテン」

洋平先生「お姉ちゃんと2人で?」

harrrrrrruka「はい!」

洋平先生「いいですね!姉妹で凄くいいと思うよ!本当に目指して欲しいですね!」

harrrrrrruka「はい!」

洋平先生「パン工場で修行を積んで、本当に一人前の一流になったら、自分の店を持てるようにお姉ちゃんと頑張って欲しいなと思います!」

harrrrrrruka「はい!」

洋平先生「その夢を忘れずに頑張ってください!」

harrrrrrruka「はい!」


M Forever Young / [Alexandros]


洋平先生「以前も授業でやりましたけど、僕の周りでも色々な仕事をしているスタッフさんがいて、その仕事に憧れて、‘仕事の内容はどんな感じなんですかね?仕事の実情みたいなのを知りたい!’という生徒も沢山いると思います。そういう仕事をしている人に本当に僕がインタビューして、みなさんに実情をお伝えするということもできますからね!

(聞き逃している生徒は2017年5月30日の放送後記をCHECKしてみよう!)

洋平先生千葉雄大先生が来てくれて、役者の実情を教えてくれたりね。」

(こちらは2017年9月26日10月3日の放送後記をCHECKしてみよう!)

洋平先生「就職したいという目線からのインタビューってなかなか聞けないですからね!ぜひぜひそのようなリクエストも【アレキサンドロス掲示板】に書き込んで欲しいなと思います!」

SCHOOL OF LOCK!
- Prev || 1 | 2 | 3 |...| 56 | 57 | 58 |...| 175 | 176 | 177 || Next -
<   2019年2月   >
MonTueWedThuFriSatSun
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE