洋平先生が受験生のお子さんを抱える親御さんと保護者面談!

SCHOOL OF LOCK!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年8月21日(金)PM 10:30 まで



(カッ、カッ、カッ、チャイム……ガラガラ…)

洋平先生「はい!進路相談室へようこそ!本日14日(金)は約7か月ぶりの有観客ライブ『THIS SUMMER FESTIVAL 2020』の初日だったはずなんですが、どうだったのでしょうか!?楽しい夏フェスになったと思います!司会を担当してくれたのが我らが庄村聡泰!実は同じ事務所に所属しているバンドのメンバーさんの結婚式の司会をやったりだとか、そういった事を昔からやっていたのでやっぱMC、司会が得意な人なんですよね。『ディスフェス』でも名MCをかましてくれたんじゃないかと思います!

M. Kill Me If You Can / [Alexandros]

洋平先生「懐かしい曲ですね〜。今聴いてて思い出した事があって、1番のBメロの手前なんだけど…先生がブタっ鼻になっている所があるんですよ(笑)これね〜レコーディングした時に気付いていたんだけど、エンジニアさんに言うのを忘れちゃってそのままマスタリングされちゃったんだよね(笑)気になる生徒さんがもしいたら、「Kill Me If You Can」を聴き直してみてください(笑)まぁ昔の音源ですから”もう少しこうしといたら良かった”っていうのが正直あるんですけど、素敵な発見もあったりするので、発売延期になっているベストアルバムの楽しみ方の1つなのかなって思います」

洋平先生「さあ、本日のテーマに行く前に先週の授業で逆電を繋いだRN [音]って憶えてます?夏休みの計画が立てられないって言ってた。そのRN [音]に対して先輩生徒から書き込みが届いています」

■洋平先生こんばんは!

前回のラジオで夏休みの計画の立て方という話しが出ていましたね。私の体験談ではありますが、受験期の夏休みの計画を立てる時にちょっとした工夫をしていました。
ノートを用意します。その日に「本当に最低限」やりたいことを書いておきます。その下に実際にやったことを書きます。恐らく最低限以上書けると思います。またその下にひたすら自分を褒めます。その3つしか書かない勉強日記という物を作っていました。
夏休みから受験のことばかり考えていると気分が沈みがちです。ましてやこのご時世、受験生にとってはかなり辛いこともあると思います。少しでも自分を肯定して、日々努力を重ねてください。受験生の皆さんを応援しています。

[おかちゃん]
女性/21歳/東京都


洋平先生「なるほど。有り難いね。やっぱり褒めてくれる人ってなかなかいないと思うのよね。そこで自分で自分を褒める。素敵だなと思います。先生はそういうことをあんまりしてこなかったんですけど、毎日やる勉強って周りからは”当然”って思われるからこそ、ね。自分で自分を褒めるって恥ずかしい部分もあるかもしれないけど、大事な気がする。もしかしたら勉強以外の事にもあてはまるかもしれないし。RN [おかちゃん]!アドバイス、ありがとうございます!ぜひ他のみんなも【アレキサンドロス掲示板】で情報をシェアしていって最強の進路室にしてやりましょうよ!では本日の授業テーマを…」

SCHOOL OF LOCK!



(カッカッカッ…カッカッ…)


SCHOOL OF LOCK!



洋平先生「…MoM and Dad!っという事で久々の保護者面談です!受験生のお子さんを抱える親御さんの気持ちを垣間見てみようと、始めた保護者面談ですが…緊張しています(笑)まずは届いた書き込みから…」


■洋平先生初めまして。

高校3年生の受験生の息子を持つ母です。
共通テストまで半年を切り、私まで何となく落ち着かない日々を過ごしております。
息子の事で洋平先生に何かアドバイスいただければと思いメールさせていただきました。

反抗期もあるのでしょうがここ最近息子が物凄く無口になり、コミュニケーションがうまく取れません。
受験勉強ははかどっているのか、模試の結果など聞いても素っ気ない返事しか返ってきません。(何なら切れ気味です)私が受験勉強の心配をしたところで何も結果が変わる訳ではないのですが…
放っておくしかないのでしょうか…?

洋平先生はよくご家族のお話をされていますが仲の良い関係が伝わってきます。先日インスタグラムに載せてらした少年時代の洋平先生とお母様の写真にはとてもほっこりしました!
洋平先生が反抗期の時や受験を控えていた時期はお母様はどの様に洋平先生に接していましたか?

男の子はなかなか難しいです…
是非アドバイスお願い致します。

まるちゃんママ
女性/42歳/埼玉県



SCHOOL OF LOCK!



洋平先生「早速逆電をしてみましょう!もしもし!」

まるちゃんママ「もしもし」

洋平先生「アレキサンドLOCKS!の川上洋平と申します」

まるちゃんママ「埼玉県のRN まるちゃんママと申します」

洋平先生「久々の保護者面談なので緊張しているのですが、フランクに喋らせて頂いて大丈夫でしょうか?」

まるちゃんママ「はい。全然大丈夫です(笑)」

洋平先生「書き込みを読ませて頂いたのですが、息子さんとコミュニケーションがうまく取れないという事で…」

まるちゃんママ「そうですね。受験もあってさらにこじれてこじれて…」

洋平先生「お母さんからしたら気になりますもんね?」

まるちゃんママ「気になります!私が心配した所で結果が変わる事がないというのは重々承知しているんですが、話しかけても“普通。まぁまぁ。いらねぇ”の3つで返ってきちゃうので…」

洋平先生「耳が痛いなぁ(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


まるちゃんママ「本当ですか?(笑)川上先生はよくご両親のお話もされていて、仲がいいという印象が私の中にはあるんですけれども…」

洋平先生「いやいやいや!今だからこそ、ですよ」

まるちゃんママ「そうなんですか!?そう、だから川上先生にも反抗期の時ってあったんですか?っていうのと、受験期にどんな言葉をご両親からかけられていたのかっていうのを伺いたいです」

洋平先生「なるほど。…実は、RN まるちゃんママさんと同じ状況でしたね」

まるちゃんママ「!?」

洋平先生「まさに大学受験と時に親とめっちゃ喧嘩しましたね。何でかっていうと、もう音楽はやっていたのでギターを弾いてたんですよ。勉強しなきゃいけない時に。そこで父親と喧嘩してほぼ家出みたいな事をしちゃって、塾に泊まったのかな?そんな感じだったので反抗はしてました」

まるちゃんママ「そうなんですね。ウチの場合は私には何も話さないんですけど、主人の方には何でも話していて、相談とかもしてるんですよ。だから主人経由で志望校を変えたとかを知ることもあって…」

洋平先生「ちょっと寂しいですね?」

まるちゃんママ「寂しいです(笑)私の事は食事係のおばさんとしか思ってないだろうなと」

洋平先生「そんなことないですよ!(笑)ちなみに何でお父さんは息子さんと仲がいいんですかね?」

まるちゃんママ「あまり怒ったりとかしないし、主人自体が教える事が好きで、中学受験の時も、主人の方が一生懸命になっちゃって“この問題集、いいよ?”なんて渡してたりしてたので、頼りになるのかもしれないですね」

洋平先生「それはお父さんの方に軍配が上がっちゃいますね(笑)」

まるちゃんママ「でも!でも!その頃は私の方にもキツくあたってることもなかったから…」

洋平先生「なるほどなるほど(笑)」

まるちゃんママ「最近はあたりが強くて…」

洋平先生「僕が思うに、アドバイスと言えるモノでもないんですけど、お母さんがそうやって心配したり、やってあげたい事もあったりすると思うので、そこは1回、息子さんと腹を割って話してみるといいと思います。隙を狙って。」

まるちゃんママ「なるほど」

洋平先生「っというのも実はメンバーに対して、僕はそういう感じで接していて、Ba.ヒロはそうでもないんですけど、Gt.のまーくんとかは意外とナイーブなんですよ(笑)」

SCHOOL OF LOCK!



まるちゃんママ「(笑)」

洋平先生「だからまーくんに何かをして欲しい時は結構、タイミングを見計らってますね。ピリピリしているとか話しかけて欲しくないんだろうなって態度で分かるので。ご飯食べてる時とか何かふわっとしてる時に“ちょっとだけいい?”みたいな感じで、話してたりしますね」

まるちゃんママ「タイミングですね」

洋平先生「タイミング!1回、そういうのを経て本格的な受験期に臨めると、お互いやりやすくなってくるのかなと思います」

まるちゃんママ「はい。分かりました。ありがとうございます」

洋平先生「すいません。大したアドバイスも出来ず(笑)」

まるちゃんママ「いえいえ(笑)貴重なお話をありがとうございます!」

洋平先生「とんでもありません。僕も応援していますので引き続きよろしくお願いいたします!」

まるちゃんママ「ありがとうございました!」

M. Pray / [Alexandros]

洋平先生「冒頭でも味方は自分しかいない的なことを言いましたけど…そんなことねぇな(笑)お父さん、お母さん、兄弟、おじいちゃん、おばあちゃん。家族は応援してくれているから。ちょっとした気遣いが煩わしく感じる時があるのも分からんでもない。ただ、そういう気遣いの有難さは、今になって分かるんだよな〜。集中しなきゃいけないとか自分との戦いでもあるんだけど、応援してくれる人たちがめちゃめちゃ近くにいるっていう事だけは忘れないでおいて欲しいなと思います!」

M. Your Song / [Alexandros]

洋平先生「さあ!来週の進路室ではどこよりも早く新曲を生徒のみなさんにお届けしたいと思います!新曲というか「真夜中」という曲のBedroom ver.ですね。個人的にはやっと納得のいく「真夜中」が出来たかなと思っています!『Bedroom Joule』のCD版のみに収録される曲ですので楽しみにしていてください!」

この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年8月21日(金)PM 10:30 まで



アレキサンドLOCKS! 放送後記

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る