「ラブライブ!フェス振り返り!」

SCHOOL OF LOCK!

この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年2月10日(月)PM 10:00 まで



梨香子先生「まずは、1月18日、19日にさいたまスーパーアリーナにて行われましたラブライブ!フェス、無事に終了しました!」

かなこ先生「ありがとうございました〜!」

梨香子先生「当日会場に来てくださってた皆さん、そしてライブビューイングで見てくれた皆さん本当に本当にありがとうございました!」

かなこ先生「ありがとうございます〜! 今回フェスということでね、Aqoursだけでなく、Saint Snow、そして虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会、そしてμ’sともうラブライブ!のスクールアイドル総勢29人が一堂に会するライブでした〜!」

梨香子先生「すご〜い!」

かなこ先生「最後のラインナップで29人並んだんだけど」

梨香子先生「そう!入れるかな?って思ったんだけど、大丈夫だったね!」

かなこ先生「SSAめちゃくちゃ広かった〜」

梨香子先生「ね〜! もうなんか新しいことだらけで最初聞いた時は、本当にやるの?って感じだったけど…」

かなこ先生「うん、現実になるとは思ってなかったもん」

梨香子先生「ねー、それが無事現実になりましたよ〜」

かなこ先生「今は現実です!」

梨香子先生「ね〜! といことでですね、登校初日の本日はこの授業をお届け致します!」

かなこ先生「ほいー! こう終わってからさ、後日ニュースになってたりとかいろいろして、あっ本当にやってたんだ私達って思った(笑)」

梨香子先生「ね! 朝のニュースとかも見た!」

かなこ先生「うんうん!なんかそれで実感が湧くってすごいよね!」

梨香子先生「じゃあ、読み上げます!せーの!」

SCHOOL OF LOCK!


2人「振り返り

梨香子先生「はい、今夜は私達の目線から先日行われましたラブライブ!フェスを振り返っていきたいと思います!」

かなこ先生「よっしゃー!まだ一回も語ってない!」

梨香子先生「よし語ろう!」

かなこ先生「SNSでしか語ってないから、声に出して語っていこう!」

梨香子先生「最初でもさ、どう思った? やりますって聞いたとき」

かなこ先生「えっなんか、ほえーって…なんか意味がわからなかった」

梨香子先生「ね!」

かなこ先生「だってやるっていっても、ニジガクちゃんと一緒にライブやるっていうのはわかるけど、、、えっμ’sさん本当に出れるの…?って」

梨香子先生「そう!本当にμ’sさん来るの?って」

かなこ先生「ね! だから当日まで正直、えっ揃うの?みたいな」

梨香子先生「そうなの! 本当に最後の本番の日のリハで皆さんとちゃんと自己紹介したんだよね全員揃って」

かなこ先生「そうだよね〜 29人揃って自己紹介して」

梨香子先生「そうそう、個々ではねμ’sの方ご挨拶とかあったけど、みんな揃ってっていうのは初めてだったよね」

かなこ先生「雰囲気とかもさ、初めて知れて一ファンとしてすごい皆さんワイワイしてて可愛い!みたいな」

梨香子先生「ね〜! なんか皆さんの素の表情だったりとかすごいずーっとなんかワイワイ女子校のような」

かなこ先生「そうだね〜!」

梨香子先生「めちゃくちゃ皆仲良いんだな〜って思っちゃった!」

かなこ先生「それぞれのさ、ユニットっていうかグループで色が全然違かったよね!」

梨香子先生「たしかに」

かなこ先生「裏でのさ立ち振舞とまではいかないけど、、、なんかニジガクちゃんとかはすごい優等生感…(笑)」

梨香子先生「ね!礼儀正しいよね!」

かなこ先生「そう!(笑)」

梨香子先生「Aqoursがワーワー騒いでる時にずっと静かに立ってて、偉いね〜って…ごめんねうるさくてみたいな(笑)」

かなこ先生「なんかすごいヤダったのが、ニジガクちゃんたちが捌ける時に千歌か誰かがニジガクのフリして『あっ、どうも〜』みたいな感じに行こうとした時に」

梨香子先生「やってた!」

かなこ先生「みんな『ちょっと〜』とかじゃなくて『おい、おいおいおい!』とか言ってたのがすごいイヤで…(笑)」

梨香子先生「言ってた言ってた!(笑)」

かなこ先生「もっと可愛いことして…(笑)」

梨香子先生「ね!『背丈は合ってんな?』とか言って(笑)」

かなこ先生「そうそうそう!(笑)」

梨香子先生「もうヤダ〜」

かなこ先生「Aqoursってホントちょっと田舎者の…(笑)」

梨香子先生「なんたって沼津のスクールアイドルですから(笑) ニジガクちゃんお台場だから!絶対私立だもん!」

かなこ先生「やっぱそうなんだよ、お台場だから格の違いを見せつけられちゃったね(笑)」

梨香子先生「いやいや、沼津もね、ど根性魂ありますから(笑)」

かなこ先生「ウチらはいつまで経っても体育会系だから(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


梨香子先生「そうだよ〜(笑) でも今回一曲目が未体験(HORIZON)だったじゃないですか」

かなこ先生「そうなんですよ〜」

梨香子先生「緊張した?」

かなこ先生「最初、私後ろ向いてるの」

梨香子先生「そうだよね」

かなこ先生「だから、画面を見れてるからちょっと安心するのね」

梨香子先生「花丸ちゃん?」

かなこ先生「そう花丸ちゃん! みんなのチョウチョが捌けていくみたいなところ見てるから安心して振り返って、『ラブライブ!フェスへ!』って言った瞬間にブワーってなんか…(笑)」

梨香子先生「そうだよね!振り返ってすぐ第一声言わなきゃいけないんだもんね!」

かなこ先生「そう、やばい…」

梨香子先生「私だったら無理だわ」

かなこ先生「ラブライブ!フェフとか言っちゃったらどうしようみたいな(笑)」

梨香子先生「それは勘弁して〜(笑) その後私達もやりづらい…(笑)」

かなこ先生「(笑)」

梨香子先生「いや〜、一曲目しかもフェスの一曲目じゃん?ワンマンじゃなくて」

かなこ先生「うんうんうん、しかも初披露だったから」

梨香子先生「そうだね!ライブ初披露で、でもそんな大役を大事な一曲目をやらせていただけたのはすごく嬉しいよね!」

かなこ先生「本当に嬉しかった!Aqoursの勢いがあってこそできる曲だな〜って」

梨香子先生「そうだね〜」

SCHOOL OF LOCK!


かなこ先生「でもμ’sさんどうだった?」

梨香子先生「もうね〜私はSnow halationのあのオレンジの景色はもう忘れないね、忘れられない」

かなこ先生「私さ本当に現実でこんなに夢みたいな景色ってあるんだなってSnow halationを見て本当に感動した」

梨香子先生「もうねー、やばい!ちょっとスノハレ流すのは反則!」

かなこ先生「反則!」

梨香子先生「泣いちゃうよ〜!」

かなこ先生「はぁ〜…」

梨香子先生「思い出が蘇ってくるというか、ファイナルライブで私達実際に客席からSnow halationの景色見たじゃん」

かなこ先生「うんうん」

梨香子先生「それがまたこうやって見れる…当時の感覚がブワーって蘇ってきて本当に色褪せないんだなぁって思った」

かなこ先生「それいったらきっと最初っから応援してくれてたみんなとか、いろんなライブとかいろんな光景を思い出して、それぞれがエモエモになってたんじゃない?」

梨香子先生「そうだね〜雪も降ってたよねスノハレ!」

かなこ先生「雪降ってた〜!」

梨香子先生「もうね〜ダメよ〜!」

かなこ先生「すごかった〜!」

梨香子先生「ダメよ〜切ない…」

かなこ先生「しかもその日外も雪降ってたよね!」

梨香子先生「そうそう!」

かなこ先生「初日の締めがμ’sさんだったんだけど、二日目はAqoursだったじゃん」

梨香子先生「うん」

かなこ先生「この日はさ、ちゃんと晴れてたよね」

梨香子先生「うん、晴れてた!」

かなこ先生「だからなんか、サンシャイン!でさ、すごい意味があるな〜って」

梨香子先生「頑張れー!って言われているような感じしたよね〜!」

かなこ先生「うんうん!」

梨香子先生「でも二日目の締めをやった杏ちゃんは、どんな気持ちだったんだろうね」

かなこ先生「初日の杏ちゃん見て、やっぱ本当に好きが大爆発しててさ」

梨香子先生「うんうん」

かなこ先生「なんだろう、、、こう今まで四年半やってきてなんかいろんなものが込み上げてきたんだろうなぁって」

梨香子先生「それにあんまり言ってこれなかったもんね」

かなこ先生「うんうん」

梨香子先生「やっぱAqoursはAqoursの道を頑張っていかなきゃいけないから、好きっていうだけじゃいられなかったと思うし、それが本当に爆発した日だったろうね〜」

かなこ先生「初心に返れたところもあるし、しかもこれからもっと頑張っていこうっていう一丸になれたね私達の中では」

梨香子先生「うんうん」

かなこ先生「最後の君こことかね、なんかすごい記憶に残ってる」

梨香子先生「そうだね〜、でも今までにないくらいの団結力だったんじゃないかなって思う」

かなこ先生「はい、そんなここで一曲お届けしましょう。Aqoursで君のこころは輝いてるかい?」


M 君のこころは輝いてるかい? / Aqours


梨香子先生「そして、本日とーやま校長から発表がありました、私達Aqoursはこの3月をもってSCHOOL OF LOCK!を卒業することになりました!

かなこ先生「卒業しま〜す」

梨香子先生「いや〜、2018年の4月からだったから丸2年」

かなこ先生「2年間もみんな一緒に」

梨香子先生「そんなにやってた?」

かなこ先生「そんなにやってた?だよね〜」

梨香子先生「あ〜、なんか…」

かなこ先生「なんか毎回毎回が楽しくて、本当に一瞬の事のよう」

梨香子先生「月一のこの授業、あっという間だったね〜」

かなこ先生「でもみんなといっぱいスクールアイドル認定できたりさ、たくさんスクールアイドル生まれたね!」

梨香子先生「生まれたね〜! 本当たくさんの生徒とお話することができて本当に楽しかったです!」

かなこ先生「楽しかった!」

梨香子先生「とはいえ、今月もまだあるし」

かなこ先生「そうですね、始まったばかりだ!」

梨香子先生「そうなんだよ、来月もあるから皆さんぜひぜひ最後まで出席して授業聴いてください!

かなこ先生「絶対に出席してください!」

梨香子先生「ということで、本日の授業はここまで!」

次回!『生徒から見たラブライブ!フェス!』

この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年2月10日(月)PM 10:00 まで

Aqours LOCKS! 放送後記

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る