「恋青」の授業!!!

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


高村「…唯一の高村の『アニメ豆知識コーナー』!!」

田邊「また?」

高村「スタジオジブリ作品『風の谷のナウシカ』に出て来る王蟲の声はなんと…、布袋寅泰のギター!!

江口「(笑)」

田邊「なんで先週に続きジブリネタ?(笑)」

辻村「…本当に!?」

高村「凄いですよね〜!ギター音で王蟲の声を表現するなんてね。」

辻村「…マジで!?凄ぇ感動した!」

高村「でしょ!?布袋さんの技術、ハンパないよね!」

江口「ジブリ以外にネタ無いのかよ(笑)ほんで、1人だけ興味津々なんだよな〜(笑)」

辻村「今週も凄い良かった!」

田邊「(笑)」



江口「もう授業、始まってるからね?」

高村「はい(笑)」

田邊「早いもので…もう4回目?」

江口「早いよね?」

田邊「1月最後の授業…。」

辻村「ちゃんとやれてるかな?」

田邊「ブルエンLOCKS!は3月までの期間限定ですから、もう3分の1が終わる…。」

高村「3分の1で何したかな?(笑)」

田邊「まだ実のある授業、全然やってないよ!」

江口&辻村&高村「(笑)」

田邊「何なんだよ!ジブリの話をしたり、青龍刀で斬ったり…!」

辻村「面白かったよね?」

高村「うんうん。」

田邊「あれは青龍刀の効果音だけで笑いをとってたもんじゃないか!?」

辻村「しかも、前回僕が’青龍刀’って黒板に書いたんですけど、後に生徒から“龍”って漢字が違うって指摘されました(笑)」

田邊&江口&高村「(笑)」

江口「ちゃんと携帯を見ながら、書いたのにね(笑)」

田邊「結局、バカが露呈したんだよ(笑)」

江口「そろそろトップギアに入れたい今夜の…。」

田邊「4回目でトップギアは遅いんだよ!(笑)」



江口「(笑)今夜の授業テーマは…田邊先生、黒板にお願いします!」

田邊「はい!」

(カッカッカッ…)

SCHOOL OF LOCK!


高村「今日は何だっけなー?」

辻村「ね?」

江口「書けましたか?」

田邊「はい!こちらです。ドンッ!【 恋青 】でございます!!」

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


江口’恋’に’青’と書いて【 恋青 】!どんな授業内容なのか、田邊先生、説明をお願いします!」

???「はいっ!生徒のみんな、お久しぶり〜〜〜!!」

江口「あれ?田邊じゃない?」

辻村「誰?」

???「…恋の伝道師、オタナでございます〜!!

高村「来ちゃったよ〜。」

SCHOOL OF LOCK!


オタナ「みんな、久しぶり〜。スマホLOCKS!時代に登場した時、とてつもない反響を頂きまして…。」

江口「そうかな?」

オタナ「アーティストLOCKS!にも登場!って事で〜頑張っていきたいと思います〜!」

江口「早くも声が枯れてないですか?」

辻村&高村「(笑)」

オタナ「生徒の恋愛エピソードを聞いて〜とにかくキュンキュンしたいの!赤とかピンクじゃない…青い青い恋愛エピソード!」

辻村「凄い求めてるね?(笑)」

オタナ「求めてる!求めてるナウ!!」

江口&辻村&高村「…。」

オタナ「早速、紹介して…ゴホッ!…もう喉がキツいから田邊に戻るね?」

高村「(笑)」

江口「戻ろ戻ろ(笑)」



■恋青
私には好きな人がいます。
出席番号が近いので、よく一緒に行動します。
私は音楽、邦ロック好きでたまにオススメ曲を教えたりしてます。
最近、『今のオススメは何?』って聞いてきてくれます。
1度だけ一組のカップルの付き添いで遊んだことがあって、そのカップルは私が彼のことを好きなのを知ってたのでその日『今日告白しろ!』って言われましたが出来ませんでした。

でも決めました。
2月のうちに告白します!!!!
男子ってどんなシチュエーションが嬉しいのでしょうか…?
[こっちゃん]
女性/14歳/徳島県




田邊「っという事で…もしもし?」

[こっちゃん]「もしもし?」

田邊「せーのっ…。」

全員「BLUE ENCOUNTです!」

[こっちゃん]「徳島県 14歳 女の子、RN[こっちゃん]です!」

全員「[こっちゃん]―!」

田邊「書き込みしてくれてありがとうな〜。」

[こっちゃん]「はい!」

田邊「14歳って事は?」

[こっちゃん]「中3です。」

江口「受験?」

[こっちゃん]「中高一貫なので、受験はないです。」

辻村「いいねー!じゃあ、今、楽しい時期だね。」

田邊「フリーダ〜〜〜ム、じゃん?」

[こっちゃん]「(笑)」

田邊「恋愛にも打ち込めるね!メッセージにもあるけど、好きな男の子とは良い感じなの?」

[こっちゃん]「そう、そうですね(照笑)」

辻村「その男の子も邦ロックが好きなんだよね?」

[こっちゃん]「はい。けっこう、音楽を聴いてる感じの子です。」

辻村「じゃあ[こっちゃん]がオススメする曲を、イヤホンを片耳ずつにしてさ…。」

江口「あ、いいじゃないっすか〜。」

田邊「そういう時に聴いて欲しいのはやっぱり…SHISHAMOですね!」

江口&辻村&高村「(笑)」

高村「SHISHAMOなんだ(笑)」

田邊「もちろん、ブルエンの曲も良いんだけど、まずはSHISHAMOです。」

高村「(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


田邊「2月のうちに告白するって決めたんだよね?」

[こっちゃん]「はい。決めました!」

辻村「なんで告白するって決心ついたの?」

[こっちゃん]「もうあと2か月くらいで卒業しちゃうから、最後に言いたいなってと思ったので。」

辻村「そうだなー。後悔ないようにね。」

田邊「どんなシチュエーションか〜…。」

江口「でも2月のうちに告白するんでしょ?選択肢は1つじゃないですか?」

田邊「あっ!!」

辻村「そうだね!」

田邊「…チョコレートの売り買いが激しくなるみたいな?」

江口「そうそう(笑)」

田邊「…2月、じゅうよん、だったかな〜?」

江口「他にねぇわ(笑)節分とか選ばないだろ。」

高村「(笑)」

江口「バレンタインデー1択じゃない?」

[こっちゃん]「でも、バレンタインデーの日とテストが重なってるんですよ。」

全員「あらあら〜。」

田邊「バレンタインデーはテストの何日目?」

[こっちゃん]「3日間あって、その2日目です。」

田邊「1番大変な日だよ。我さきに帰りたい日。」

高村「そうだよねー。」

SCHOOL OF LOCK!


辻村「でも、敢えて3日目のテストが終わってから、1日遅れのバレンタインデーでも良いんじゃない?」

江口「それでも良いかもね?」

田邊「それかそれか、テスト2日目のバレンタインデーには渡して、チョコレートと一緒に“明日、〇〇で待ってます。”みたいな?」

[こっちゃん]「(笑)」

江口「渡された方は3日目のテスト勉強が出来ないよ!」

[こっちゃん]「(笑)」

田邊「そっか(笑)」

江口「やっぱ3日目に渡して、そのまま告白するパターンでも大丈夫だと思うよ?」

高村「うん。俺もそう思う!」

江口「男の子からしたらさ“14日に貰えなかった〜”って思うけど、翌日に貰えても嬉しいよね?」

辻村「俺はそっちの方がグッっとくるな〜。それに悩んだ上でくれたのかな〜って思うしね。その時差を利用するんだよ。」

田邊「なるほどね〜。[こっちゃん]はどう思う?」

[こっちゃん]「親が厳しくて、手作りが難しいんですよ。」

田邊「全然、売ってるモノでも良いと思うよ?[こっちゃん]のお小遣いで買える範囲ので。」

辻村「うん。」

江口「全然良い。」

高村「気持ちが大事なんだよ。」

田邊「そう、気持ち!高いモノじゃなくていい。別に無理して手作りする必要もないし、大事なのは、そのチョコレートを渡す時に伝える言葉じゃないかな?」

[こっちゃん]「はい!」

SCHOOL OF LOCK!


江口「テストの3日目は、午前中とかで学校は終わりなの?」

[こっちゃん]「たぶん、委員会とかがあると思います。」

江口「なるほどね。じゃあ1番良いのは、学校が終わってから呼び出して、告白する。」

高村「それが1番良いね。」

田邊「朝イチで言うんだよ!“今日、放課後、来て”って。…何か、俺らの理想論になってるね?」

江口&辻村&高村「(笑)」

田邊「でも’男子ってどんなシチュエーションが嬉しい’のかって事だから…」

辻村「そうだね。」

田邊「やっぱ1日楽しみたいって気持ちがあって、朝に予告編みたいな感じで“放課後、待ってます。”って伝えて…。」

江口「でも、いきなり一緒に帰れるかな〜?」

辻村「帰る時間は一緒?」

[こっちゃん]「一緒です。」

辻村「おっ!」

田邊「一緒に帰った事はあるの?」

[こっちゃん]「ないです。」

辻村「じゃあ“一緒に帰ろう?”が予告編でも良いと思うなー。」

田邊「でも[こっちゃん]的には“一緒に帰ろう?”って誘うのは勇気いるでしょ?」

[こっちゃん]「いります(笑)」

辻村「そうだね。」

田邊「だよね?中学の時に“一緒に帰ろう?”なんて言えないよ!」

江口「そうだよね。」

辻村「でも“一緒に帰ろう?”って言ったら、あとは男の子がリードしてくれると思うけどな〜。」

江口「もし仮に[こっちゃん]に好意が無かったとしても、邪険に扱わないよ。だって単純に嬉しいもん。」

田邊「やっぱ一緒に帰る所が大事だな。」

江口「うん。」

辻村「だよね。」

田邊「[こっちゃん]、ここをまず乗り越えよう!」

[こっちゃん]「はい。」

辻村「あとは、それこそ音楽の話とかをしていれば、自然と盛り上がると思うよ?」

[こっちゃん]「はい。」

田邊「告白がOKなら、もしかしたら手を繋げるかもしれない。」

[こっちゃん]「(照笑)」

全員「くぅぅぅぅ〜〜〜〜〜!!!!!」



田邊「凄ぇ良い!まとめると…。
【1】朝イチに彼に“放課後、一緒に帰ろう”と誘う。
【2】一緒に帰ってる時に、チョコレートと一緒に想いを手渡す。
【3】後は2人にお任せします!
これで大丈夫かな?」

[こっちゃん]「たぶん大丈夫だと思います!」

辻村「あとはもう、前に出る勇気だね!それが大事。」

高村「そうだね。」

田邊「でも[こっちゃん]は14歳なのに凄くカッコイイと思います。俺が14歳の頃なんか、陰に隠れてばっかりだったから、その行動力に感動しております!」

[こっちゃん]「はい!ありがとうございます!」

辻村「あとは実行に移すだけだね。」

田邊「帰りはイヤホンを片耳ずつにして…SHISHAMOをぜひ。」

江口「何でSHISHAMOなんだよ!」

田邊&辻村&高村「(笑)」

江口「ブルエンを聴いてくれよ(笑)」

田邊「頑張れよ!」

[こっちゃん]「はい!ありがとうございました!」

田邊「…オタナはすっかり何処かに行ってしまいましたけど…。」

江口&辻村&高村「(笑)」

田邊「[こっちゃん]みたいに思春期の女の子が勇気を出すって、本当に凄い事だよね!」

江口「そうだね!」

辻村「“告白をする”って決めた事が、もう第一歩を踏み出してるからね。」

田邊「男の子女の子関係なく、他の生徒のみんなも、2月14日…。もうすぐですよ?」

高村「そうだね。」

田邊「忙しい時期かもしれない。特に受験を控える中学&高校3年生は。でも勇気を振り絞って、想いを伝えて欲しいと思います!みんなのバレンタイン事情も【 ブルエンLOCKS!掲示板 】で待っています!」

辻村「聴きたいね〜!」

江口「お願いします!」

SCHOOL OF LOCK!


田邊「では次回の授業テーマをダーツで決めたいと思うんですけど…、残念なお知らせがあります!」

辻村「何?」

田邊バレました!あれ、本当はダーツしてません!

江口&辻村&高村「(笑)」

江口「最初から気付いてたわ!」

田邊「騙し騙しで2回くらいやってたんですけど…。」

江口「騙せてないから!みんな、知ってて付き合ってくれたの(笑)」

田邊「なので大規模なテコ入れが入りまして、普通に口頭で発表します!」

江口「発表しちゃいましょう(笑)」

田邊「では江口先生、お願いいたします!」

江口「はい!では次週の授業テーマは…”アオバン”です!」

田邊&辻村&高村”アオバン”?」

江口「今月リリースしたばかり…。まだまだ青いNEWアルバム『THE END』について話していこうと思います!」

高村「そういう事か!」

辻村”まだまだ青い盤”【 青盤 】ね!」

江口「その通りです!」

田邊「っという事で【 ブルエンLOCKS!掲示板 】に、『THE END』に関する純粋で青い書き込みをお願いします!」

江口&辻村&高村「お願いします!!」

田邊「それでは、SCHOOL OF LOCK!の青学の講師…。」

全員「BLUE ENCOUNTでした!!!!!」

っという事で次回のブルエンLOCKS!のテーマは…、

【 青盤 】


11日(水)にリリースされたまだまだ青い盤『THE END』。
‘青学の教科書’と言っても過言ではない『THE END』を、しっかりと読み込み、聴き込んでいる生徒のみなさんの書き込みを【ブルエンLOCKS!掲示板】でお待ちしております!
感想や“○○なシチュエーションで聴いています!”など、内容は何でもOK!ガンガン、書き込んでくれ!

そして、卒業LIVEプロジェクト!
『MY GENERATION 2017 supported by J:COM』への応募締め切り締め切りの1月31日(火)までいよいよ1週間を切りました!
まだ応募していないキミ、迷っているキミからの応募をお待ちしています!下記へ急げ!

MY GENERATION 2017の応募はこちらから!

ブルエンLOCKS! 放送後記

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る