プロ野球選手になるため、野球と勉強を制したいという生徒を応援!!

応援部(2018) 2019.7.26 金曜日

SCHOOL OF LOCK!



応援部では9月いっぱいまで、全方位で応援していきます!

恋愛、勉強、部活、マニアックなこと、YouTuberになりたい、などなど、何でもOK!
何かに向けて頑張っている生徒、目標に向かって頑張っている生徒を応援していきます!

とーやま校長「さらに、応援部では『月ごと』にテーマを設けて応援中!

7月の応援テーマは……「この夏を制したい!!」

受験、部活、恋!
「私はこの夏にかけている!」「今年はまさに勝負の夏だ!」


そんな生徒は、応援部掲示板にこの夏への想いをバシッと書き込んでほしい!

あしざわ教頭「早速、応援する生徒に話を聞いていきます!」



夢への一歩
僕は野球でプロを目指しています。
最初は別の進路を考えていたのですが、どうしても野球がしたい、プロの世界で戦いたいという気持ちが抑えられなくなり、親と相談に相談を重ね、最初は反対されていたものの、親の了承を得て野球が強い私立高校の受験を考えるようになりました。

でも、自分はスポーツ推薦がくるほど強い選手ではないので、自力で合格しようと頑張ることにしました。そこで、自分の学力をさらに向上させるべく!この夏勉強漬けになります!
なので校長教頭のご声援いただけたらとても嬉しいです!
情熱的なアイスクリーム
男性/14歳/愛知県



あしざわ教頭「すでに一歩踏み出している感じもあるけれど…もしもし!」

情熱的なアイスクリーム 愛知県 14歳 男性 中学3年生

情熱的なアイスクリーム「もしもし!」

あしざわ教頭情熱的なアイスクリーム! アイスが溶けるほど情熱を持っているってことだね!」

情熱的なアイスクリーム「そうです!」

あしざわ教頭「書き込み読ませてもらったけど、プロを目指すために親を説得したって、すごいカッコイイと思うよ!」

SCHOOL OF LOCK!


情熱的なアイスクリーム「ありがとうございます!」

とーやま校長「好きな選手とかいる?」

情熱的なアイスクリーム「中日ドラゴンズの福田永将選手です!」

とーやま校長「どういうところが好き?」

情熱的なアイスクリーム「バッティングがすごく伸びがあって、守備でオールラウンドなところが好きです」

あしざわ教頭「ちなみに、野球は部活でやっているの?」

情熱的なアイスクリーム「いや、部活は引退して、今はクラブチームに所属しています」

クラブチームでのポジションは、ピッチャー!
そんなRN 情熱的なアイスクリームがプロを目指したいと思ったのは、オールスターゲームを観ているうちに野球への愛が止まらなくなってしまったからだそう。

あしざわ教頭「そして、その夢をお父さんお母さんは認めてくれたんだね」

情熱的なアイスクリーム「そうです」

とーやま校長「素晴らしいね!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「スポーツ推薦ではなくて自分の学力で志望校に入ろうとしているんだよね。行こうと思っているところは結構難しいところなの?」

情熱的なアイスクリーム「自分的には結構頭が良い部類に入る学校です」

とーやま校長「偏差値でいうと、いくつくらい足りてない?」

情熱的なアイスクリーム「行けるラインではあるんですけど、もう少し上げないと危ないっていう感じです」

とーやま校長「受験の間も野球の練習は続けるんだもんね。そうなると、勉強との兼ね合いもなかなか難しいよ」

あしざわ教頭「クラブチームはいつまでやるっていうのは決まっているの?」

情熱的なアイスクリーム「一応、プレイする時間としては秋までなんですけど、その後は入ってくる後輩の子の育成とかもするので今年いっぱいは…ってことになってます」

あしざわ教頭「今年いっぱいは野球を続けていくってことだね。そうすると、勉強する時間ってどのくらいなの?」

情熱的なアイスクリーム「3時間くらいしかないです」

あしざわ教頭「そうかぁ〜」

SCHOOL OF LOCK!


これからは勉強時間も増やしていかないと、と思っているというRN 情熱的なアイスクリーム

あしざわ教頭「毎日かなりの時間野球をやっていて、勉強できる時間は3時間しかないかもしれないけど、毎日勉強はしているんだもんね」

情熱的なアイスクリーム「はい!」

あしざわ教頭「これは素晴らしいことだよ! だって、毎日野球の練習していて、疲れるだろ? 体力的には大丈夫なのか?」

情熱的なアイスクリーム「今は一応続いている状態ですね」

あしざわ教頭「疲れを引きずることもなく、なんとかできてるんだね。すごいよ!
それができないっていうやつもたくさんいるだろうし、そこを踏ん張って毎日3時間勉強に時間を割いていることは自信を持って良いところだよ」

情熱的なアイスクリーム「ありがとうございます!」

あしざわ教頭「無理して今からさらに時間を増やして勉強するってなると、正直体を壊しちゃうと思うんだよね。
何よりも、これを続けることが一番大事だと思う! 情熱的なアイスクリームが今やっているルーティーンを、1年間やりきるっていうのを一つの目標にしたらいいんじゃないかなって思った。
最初のうちって勉強の成果が出ているかよくわからないじゃん。それってスポーツも一緒のような気がするんだよね」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「野球始めた時も、いきなり上手くはならなかったじゃん。基礎的なことを練習したり、毎日走り込んだり、当たり前のことを長く続けていくうちに野球も身についていくと思うんだよね。

それと一緒で、今はまだ勉強も始めたばかりだと思うし、勉強の基礎的な筋力をつけている時期だと思うんだ。どんどん脳みその筋肉がついていけば、勉強の幅も徐々に広がっていくと思うんだよね。そうやってちょっとずつ続けることで自信をつけていくのがベストだと思う!」

情熱的なアイスクリーム「はい!」

あしざわ教頭情熱的なアイスクリームは自分の意思も固いじゃん。絶対にやり抜く力はあると思うんだよ。お父さんとお母さんを説得しているわけだしね。その気持ちがあれば絶対に行ける!」

とーやま校長「ちなみに、情熱的なアイスクリームは毎日ボールを握っているの?」

情熱的なアイスクリーム「自分の肩の状態が良い時とかは毎日投げるようにしています」

とーやま校長「俺も野球をやっていてピッチャーだったんだけど、あえて球を持たない3日間を作って、その間は走り込みとかをちゃんとやるとかどうかな。久々に球を持ったときにこれだけ腕が振れるんだって思えるだろうし、休んでいる間は腕も休めることができるしね。そういうのを余裕あるときは結構やっていて、練習量ももちろん大切だけど、今日は下半身を鍛えるだけにする日を作って、その分勉強に当てることもできると思うし、そういう時間の使い方もできると思うんだよね」

あしざわ教頭「なるほど!」

とーやま校長「今週は体があまり動かせなかったから、重点的に身体を動かす週にしようとか、来週は勉強の量を増やしてみようとか。柔軟な感じでも良いと思うな。身体を休めることによって、次のトレーニングで吸収しやすくなったりすることもあるじゃん。上手く時間を使うっていうのも大事だと思うな。やり過ぎたりするとオーバーワークになってしまうので、そこは自分で見極めて、今日は休んだ方がいいんじゃない?っていう意見を受け入れることも大事だからね」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「そうだね。体と頭って違うようで一緒だと思うから、自分の調子をみつつ、どちらかを増やす、減らすでもいいと思う。
自分の体と相談しながら闘って欲しい! 夏を越えられれば冬が来て、一気に行けるから! お前の前向きな気持ちで乗り切っていこう!!」

情熱的なアイスクリーム「ありがとうございます!」

あしざわ教頭お前なら、絶対にこの夏を制することができるぞ!!!


♪ ノンフィクションコンパス / UNISON SQUARE GARDEN


あしざわ顧問「やっぱり自分の人生は自分が主役だし、自分の気持ちを乗せていくっていうことが大事だと思うから、
情熱的なアイスクリームには『いま俺は、俺のために頑張っているんだ!』っていう気持ちを乗せて、この夏を乗り越えて欲しいと思いました!」


応援部は月ごとにテーマを設けて応援中です!

8月の応援テーマは…「続・この夏を制したい!」

夏の最後の最後まで、この夏を制したい生徒を応援していきます!

「応援して欲しい!」という生徒は、応援部掲示板にこの夏への想いを書き込んで欲しい!

お前たちは1人じゃない!
SCHOOL OF LOCK! は、学校を挙げて頑張るお前のことを応援しているぞ!!!


SCHOOL OF LOCK!
- Prev                 Next -
<   2019年7月   >
MonTueWedThuFriSatSun
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE