細かすぎるPerfume&みんなのカスタマイズTシャツのデザインを研究!!

SCHOOL OF LOCK!



この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年12月14日(月)PM 10:00 まで




ラジオネーム「こまゆな」からの依頼
『細かすぎるPerfumeを研究せよ』


かしゆか「書き込みによると『生徒のみんなが見た細かすぎるPerfumeを知りたい!』ということでした。この「こまゆな」ちゃんはこんなところを見てくれていました!」


のっちさんにどうしても聞きたい!
Time Warpの「少年だった頃の〜」の部分で、のっちさんがうさ耳しながらほっぺを膨らませるのが大好きなのですが、番組によってぷくのちのときと、ぷくのちでないときがあるのは何故ですか? (私の思い違いだったらごめんなさい…!)
うさ耳ぷくのち大好きなのでどんどんやってください!
こまゆな
女の子/19歳/青森県


のっち「すごいネーミングされてるんですけどぉ〜!(照)」

かしゆか「うさ耳ぷくのち!」

あ〜ちゃん「マジギャルじゃん。」

のっち「えっ、かわいくな〜い?」

SCHOOL OF LOCK!


2人「(笑)」

あ〜ちゃん「めちゃめちゃかわいい。」

かしゆか「この時自覚ありですか?」

のっち「なんか…真面目に答えると、♪少年だった頃の〜ってうさ耳っていうよりは、少年の頃の好奇心旺盛だった何でもワクワクできるみたいな表現だと思って、公式じゃないけど私はそういう解釈で踊ってて。なんかその雰囲気の顔だったっていうだけだと思う。」

かしゆか「口をぷんとしているのがそういう解釈だったと。」

のっち「そうそう。ふんふん!あっ楽しそう!ふんふん!みたいな顔だから、別にその顔をしようと思ってたわけじゃなくて…で……ぐっ…。(詰まる)」

かしゆか「あっははは!(笑)」

あ〜ちゃん「大丈夫?息して?(笑)」

のっち「だから、そうだったりそうじゃなかったりするのはその顔をしようと思ってないからです。」

2人「なるほど。」

かしゆか「無意識にそういう顔だったのが何度かあっただけで!」

SCHOOL OF LOCK!


のっち「そう!」

あ〜ちゃん「じゃあ『うさ耳ぷくのち大好きなのでどんどんやってください!』ってことなんで。」

のっち「こまゆなに刺さってたっていう。」

あ〜ちゃん「刺さってるよ〜!っていう。その表現、私好きです〜!っていう。」

のっち「よかったです。次も…やります。」

2人「(笑)」

かしゆか「受理されました。」

あ〜ちゃん「はい!」

のっち「ありがとうございます。」



LEVEL3のドームツアーで披露された「ふりかえるといるよ」の、5分30秒付近で手を振る振り付けのときに、あ〜ちゃんがステージの反対側にいるかしゆかにブンブン!って手を振ってるのがめちゃくちゃ好き。
しゅがめす
女の子/17歳/静岡県


かしゆか「細かい!」

のっち「細か。」

あ〜ちゃん「なになに?ライブDVDってことでしょ?ああ、セットが3人それぞれ小島にいて。のっちが1個飛び出てて私とゆかちゃんが対にいるんだよね。」

かしゆか「うん。」

あ〜ちゃん「えらい遠いんじゃけど横並びはいっしょじゃけん、振り向いた時にゆかちゃんがおるんよ。ほいで手振っとったんじゃと思うけど。」

のっち「だと思う!♪振り返るといるよ〜で、振り返って手を振る振り付け。そこにいたんだろうね。」

あ〜ちゃん「うん。多分、(回り方が)外回りしてたんじゃない?」

かしゆか「私たち対称にしてたよね。」

あ〜ちゃん「ぐるぐる回り方が、前→外側→ステージ向き→内側って外向きにやってたから、ちょうどゆかちゃんと向き合ってバイバイする時があったんだろうね。」

SCHOOL OF LOCK!


かしゆか「そうかも。」

のっち「(笑)」

あ〜ちゃん「それでカメラさんが『そこで目を合わせてるんだよ〜』ってきゅきゅっとカメラ割りしてるんじゃない?」

かしゆか「そういうことか!」

のっち「あ〜だから両方見れるんだ!」

あ〜ちゃん「多分そういうことじゃない!?じゃないとこれ分からんよね。」

2人「確かに。」

のっち「そうだよね、かしゆかが映ってないとのっちに振ったのかなって思うよね。へぇ〜!」

かしゆか「細かい所見てる〜!」

あ〜ちゃん「細かいよ〜!」

のっち「5分30秒付近。」

あ〜ちゃん「かわいい。」

かしゆか「かわいい。これはチェックしたい。」

SCHOOL OF LOCK!


のっち「すごいね!細かいわ。細か過ぎ!」

かしゆか「見返したいです〜。」

あ〜ちゃん「ふふふふ(笑)」



Twitter見てたら、目に飛び込んできたのはのっちのピン!
かしゆかはピンいっぱい!!
あ〜ちゃんもシュシュみたいなのついてた!かぁわぁいぃいぃ!
みみみみかん
女の子/14歳/東京都


かしゆか「ありがとぉ〜!☆」

2人「(笑)」

あ〜ちゃん「ギャル同士のキラ〜ン!(笑)」
のっち「(笑)」
かしゆか「この前あったやつですね。Spotifyのライブ。」
のっち「『Spotify presents Tokyo Super Hits Live 2020』。」
かしゆか「見てくれたんだね。Twitterで写真を上げましたもんね。」



かしゆか「普段あんまりヘアアクセ付けないんだけど、あ〜ちゃんの提案でちょっと付けてみようよって話になって。3人ともデザインの違う物を付けてみようってなったんです。」

あ〜ちゃん「そう。ゆかちゃんは髪が下りてるから何かを付けるとすごい変わったっていう感じで、すごいかわいいんだよね。やっぱりコスプレとかすごい似合うじゃん。」

かしゆか「(笑)」

のっち「分かるよっ!」

あ〜ちゃん「ハマるのよ、そのモードに。“ハマっていく女”だから。そこをもっと表現していってほしいわけ。」

のっち「はいはい!」

かしゆか「あ〜ちゃん!(照)」

あ〜ちゃん「ゆかちゃんのいいところだから。だからもう被せたい!いろんな物を!」

かしゆか「はははは!(笑)」

のっち「分かる!めっちゃ分かる!!」

あ〜ちゃん「帽子とかカチューシャとか!なんか物を被せたいの。で、ゆかちゃんが採用してくれたのはピンよ。」

かしゆか「ピンをいっぱい付けました。」

あ〜ちゃん「で、あやのちゃんももちろん帽子とか似合うのよ。けど、おでこはやっぱり見せてほしい所はあるから。」

かしゆか「そうね。」

あ〜ちゃん「それを邪魔しないピ、やっぱりピンが。」

かしゆか「ピンになりました。」

あ〜ちゃん「ピン対応〜。」

のっち「選ばれたのはピンでした。」

あ〜ちゃん「ピンで採用ということで。もうちょっとこれから攻めていきたいなと思ってますので。」

かしゆか「そうだね。いろんな所でやっていきたい。」

あ〜ちゃん「いろんなプレゼンをしていきま〜す。あとさんとこの日いっしょだったんだよね。」

かしゆか「対バンしましたね(笑)」

のっち「対バンできるとは思ってなかった生きてるうちに〜!」

SCHOOL OF LOCK!


かしゆか「まさかだったね〜!」

あ〜ちゃん「もう、ほんとに嬉しかったわ〜!しかもその日(11月26日)、大野くんの誕生日だったんだよね。」

かしゆか「そうなんです。」

あ〜ちゃん「ほんま見えんけど40歳。」

のっち「ねっ!若い。」

あ〜ちゃん「びっくりよね。同い年くらいに見えるもんね。30歳くらいに見えるもんね。」

かしゆか「キラキラしてる。」

あ〜ちゃん「ほんとに変わらない5人なんですけど。もう会えるかどうか分からんけんって思って、いつも共演させていただく時に最後じゃって思っとるんけど。意外に最後じゃ最後じゃって思っても、今年に限って会う機会が結構あって!(笑)」

かしゆか「嬉しいことにね。」

あ〜ちゃん「その最後には対バンができるっていうね!嬉しくて、初めてお誕生日ですしまた会えるか分からないからって3人でサインさせてもらって色紙に大野くんおめでとう!対バンさせてもらえて光栄でした!みたいなことを書いて渡したんだよね!」

かしゆか「いる!?」

あ〜ちゃん「いらないよね〜!(笑)」

かしゆか「急にね(笑)」

あ〜ちゃん「でも自分たちの記念なんだよね。ほんとに受け取ってくれただけで自分たちの伝説にね、また深く刻まれたような気がしてて。嵐さん最後まで私たち見させていただきたい、応援させていただきたいとファンとして思っています…!」

SCHOOL OF LOCK!



たくさんの生徒からの依頼
『生徒が作った「カスタマイズTシャツ」のデザインを研究せよ』


あ〜ちゃん「POPFESのグッズで販売した皆さんが好きにデザインをすることができる「カスタマイズTシャツ」。続々と生徒の皆さんのところに届いているみたいです!」

のっち「わ〜お。」

かしゆか「嬉しい!」

あ〜ちゃん「今からTwitterでただただ見ていきます。イェ〜イ。」

のっち「(笑)」

かしゆか「何、これでラジオ成立してる?大丈夫?」

あ〜ちゃん「う〜ん…もう新しい形っていうことでいろいろやっていきたいから。」

かしゆか「ありがと、寛大な気持ち!」

あ〜ちゃん「じゃあ、『#カスタマイズTシャツ』で検索ですかね。」


Twitter『#カスタマイズTシャツ』タイムラインはコチラ!


のっち「いちばん上に出てきた、ayanaさん『PerfumeのカスタマイズTシャツ2枚目がとどきましたー』だって!」

かしゆか「2枚!?」

のっち「かわいいよ!」



のっち「これなんだ?JPNのロゴ?」

あ〜ちゃん「オシャレ〜!こういう色の衣装とかウチら着がちだよね。」

のっち「着がち!なんかね、紺のTシャツに水色と白と紫かな…?」

あ〜ちゃん「薄紫だね。」

のっち「そうそう。で、デザインしてくれてる。」

あ〜ちゃん「かわいい。」

のっち「へぇ〜上手に作るわぁ。」


あ〜ちゃん「あっ、ゆめnoŋちゃんも2枚目届いたんだって!」

のっち「へぇ〜!」

かしゆか「すごい!」

あ〜ちゃん「カーキですごい。めっちゃPerfume。」



かしゆか「うおぉ〜!なんかPerfumeFES!!の時、対バンの時作ったのみたい。」

SCHOOL OF LOCK!


あ〜ちゃん「前はめちゃめちゃ入ってる、いろいろ。」

のっち「なんか幾何学的なデザインに見える。」

あ〜ちゃん「後に“P.T.A.”だけちょっとだけ同じ色で入れてる。めちゃオシャレ。」

かしゆか「ひぃ〜!シャレっ子。」

のっち「ファンクラブ名をありがとう。オシャレだなぁ!カーキってやっぱりオシャレだよなぁ。」


かしゆか「WOO 数いる中の粒さん。15周年・20周年のロゴをいっぱい入れてカタカタって並べてる!」



あ〜ちゃん「かわいい〜!!」

かしゆか「全部四角いからそれでブロックみたいなデザインに見える。」

あ〜ちゃん「カーキに薄いピンクって合うんだね〜。」

のっち「合うね、アメちゃんみたい。」

かしゆか「しかも自分で文字入れられるじゃん。“SEE YOU NEXT LIVE”って書いてる…!」

3人「……!!!」

かしゆか「私たちへのメッセージなの?!」

あ〜ちゃん「泣ける…。」

のっち「泣けるよ〜。」

あ〜ちゃん・かしゆか「粒…!」

のっち「ファンのことを“粒”と呼ぶ日だったね。」

あ〜ちゃん「(笑)」

かしゆか「そうだよ〜。POPFESの日は粒だったから、あの日からずっと。」

あ〜ちゃん「(粒で)いいの?ってずっと聞いてたんけど、みんないいらしい(笑)」

かしゆか「粒になったんだ。」

あ〜ちゃん「ああ〜(笑)」


かしゆか「あかねさん、なんか面白いロゴの重ね方!今までのライブのロゴを縦にどどどどどって重ねて。」



かしゆか「よくよく見ないと1個ずつ分かんないけど、これはこれで重なってるのはオシャレ!」

SCHOOL OF LOCK!


のっち「鍵穴みたいな。」

あ〜ちゃん「うんうん。そういうアート作品みたい。」

のっち「オッシャレ〜!」


あ〜ちゃん「とうこ(粒)ちゃん、カスタマイズTシャツ『可愛いof可愛いぃ〜〜!!!』だって(笑)」



のっち「ああ、かわいい!色が絞られてるね。」

あ〜ちゃん「うん、入るスペースにはみ出るくらいに入れてるって感じ。」

2人「(笑)」

あ〜ちゃん「はみ出すよ〜!ぐらいの気持ちで入れた感じ。」

かしゆか「ぎゅぎゅぎゅぎゅ〜!って感じでバーンとしたんですね。」


のっち「クスノキさん。たくさんのロゴを使って“P”って書いてる!」



2人「Pだ!!すご〜い!!!」

のっち「Perfumeのロゴの下に自由に入れられる文字で“to be continued”!」

SCHOOL OF LOCK!


2人「はぁ……(感嘆)」

あ〜ちゃん「やっぱりこういうのほんとに泣けてきちゃうよ。」

かしゆか「"P Cubed"のライブの言葉かなぁ〜。」

あ〜ちゃん「すぐ来るから、ぐぅ〜って来ちゃうからね、ほんとに。」

のっち「裏のPから続く番号は自分の会員番号かな?」

あ〜ちゃん「だよね!」

かしゆか「なるほどね!入れてくれてるんだ!」

のっち「上手だわ。」

かしゆか「自分だけの番号だもんな。」

あ〜ちゃん「そうだよね。」


あ〜ちゃん「あっ、このP921_081119さん、2つやってて。『本体の色によって印刷方式が違うんだね』って。」



かしゆか「すごいところ見てる(笑)」

あ〜ちゃん「『白は直接インクジェット印刷』って(笑)」

かしゆか「業者〜(笑)」

のっち「(笑)」

あ〜ちゃん「同じデザインでやってみてくれてる。」

のっち「そうなんだ〜!」

かしゆか「ボディーの色変えてみよ〜ってなった。実験してる(笑)」

あ〜ちゃん「ボディーの色を変えて、あ〜なるほどね〜って、こうなってんのね〜って。これかわいくない?」

2人「かわいい〜!」

あ〜ちゃん「いろんなロゴを重ねてる。」

のっち「重ね方みんな上手くてすごいなぁ。」


かしゆか「あっ、つっっっちーさん、『カスタマイズTシャツ良くも悪くもやりきったぁ!』って書いてるんだけど、前が“Perfume”がこう横にシュンシュンって伸びみてるみたいな…!」



あ〜ちゃん「そういうのなんて言うんだろうね、ズレて影が続いてるみたいな」

かしゆか「残像が見えてるみたいな瞬間ね。三色で重ねててかわいい。」


のっち「あと、のん🍙さん。なんか『ストリート系が欲しかったから』って言ってて…!」



かしゆか「えっ、シャレてる〜!!」

あ〜ちゃん「すご〜い!!」

のっち「なんて言ったらいいんだろう?ロゴを使って額縁みたいなのを作ってて!」

かしゆか「フレームになってる。」

あ〜ちゃん「その上に色を重ねたのかな?Tシャツの色を重ねたのかな?」

のっち「あっ、真ん中が白いの?」

あ〜ちゃん「うん、白く抜けてるの。」

のっち「これなんでだろうね〜!?」

かしゆか「どうやってんだろうね。」

あ〜ちゃん「白く塗りつぶした四角を載せたのかな?どうやったんかな。」

のっち「あっ!これ真ん中が四角になるように…。」

かしゆか「全部角を当ててるってこと?」

のっち「そうそう。端っこはここまでしかロゴが入らんけん。」

あ〜ちゃん「でもさ。」

かしゆか「元々のロゴが角が無いよねってことでしょ。」

あ〜ちゃん「そうそう!」

のっち「ちょちょちょちょ、これ見て見て見て見て!」

かしゆか「(爆笑)」

あ〜ちゃん「ちょっと待って。」

のっち「ちょっとちょっとちょっと!(椅子から立ち上がる)」

あ〜ちゃん「うん、分かった!分かった!いや!スタジオの中なのにこっちまで来るやん!(笑)」

のっち「(JPNのロゴがここで切れるように配置されとるんよ)※」(※マイクから離れて説明しています。)

あ〜ちゃん「ほんとだ、すごい!」

のっち「(で、ここまでしか入らんじゃん。)」

あ〜ちゃん「ほんまじゃ…!」

かしゆか「(笑)」

のっち「(自分の椅子に戻って)これすごくない!?」

あ〜ちゃん「アナログでやっとってたわ!考えたもんじゃあ!!!」

かしゆか「すごいね、みんな。無限大だね。」

SCHOOL OF LOCK!


あ〜ちゃん「一生見れるね、これ。」

のっち「ああ楽しい〜。」

あ〜ちゃん「めちゃくちゃあるじゃん、こんなにやってくれとん!?よかったよ〜。この企画、やるかやらないかいっぱい議論を重ねたから。」

のっち「何ヶ月も迷ってね(笑)」

あ〜ちゃん「やってよかったね〜!」

かしゆか「楽しんでもらえて嬉しい。」

あ〜ちゃん「よかった〜。またやりましょうか。」

のっち「そうだね。」

あ〜ちゃん「皆さん、カスタマイズTシャツの投稿ありがとうございました!」

SCHOOL OF LOCK!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年12月14日(月)PM 10:00 まで

Perfume LOCKS! 放送後記

もっと見る

SCHOOL OF LOCK! Teachers&Students

  • アイナLOCKS!

    アイナ・ジ・エンド

  • sumika LOCKS!

    sumika

  • LiSA LOCKS!

    LiSA

  • 乃木坂46LOCKS!

    乃木坂46(賀喜 遥香)

  • サカナLOCKS!

    サカナクション

  • 豆柴LOCKS!

    豆柴の大群

  • 平手友梨奈LOCKS!

    平手友梨奈

  • 山之内すずのGirlsLOCKS!

    山之内すず

  • 森七菜のGirlsLOCKS!

    森七菜

  • 上白石萌歌(adieu)のGirlsLOCKS!

    上白石萌歌(adieu)

  • 景井ひなのGirlsLOCKS!

    景井ひな

  • BOYS LOCKS! 櫻井海音

    BOYS LOCKS! 櫻井海音

  • 天才LOCKS! QuizKnock

    天才LOCKS! QuizKnock

ページトップへ戻る