Perfumeの小さな変化を研究せよ!

SCHOOL OF LOCK!
相棒リヨンへの重たい愛♡ (かしゆか)



この後記の放送を聴く

聴取期限 2021年3月1日(月)PM 10:00 まで




あ〜ちゃん「さて、今週もPerfume LOCKS!はリモートで研究をお届けしていきま〜す。今日は2月22日猫の日です!」

のっち「おおっ!」

かしゆか「にゃんにゃんにゃ〜ん!」

あ〜ちゃん「猫ちゃんは元気ですか〜?」

のっち「元気だよ〜。」

かしゆか「相変わらず、元気です〜。」

あ〜ちゃん「そこにはおらんようじゃけど。」

のっち「ははははっ(笑)」

かしゆか「(リヨンは)ちょっと先まで側にいたんですけど、日向のほうにひなたぼっこという仕事をしに行きましたね。」

のっち「忙しいね〜!のっちの所の猫(ニア)はもう視界にも入らんね。」

2人「(笑)」

あ〜ちゃん「今日もいないんですね。」

かしゆか「今日もその部屋に猫はおらんと。」

のっち「は〜い、元気です、とっても。」

あ〜ちゃん「よかったで〜す。」

かしゆか「ぽぽは?」

あ〜ちゃん「ぽぽちゃん、今いないわ、ひなたぼっこしてると思う。」

のっち「いっしょですね。」

かしゆか「お仕事中ですね〜。」

あ〜ちゃん「最近ね、ひなたぼっこする場所が…陽の当たる所っていっしょじゃん、そこにたんぽぽちゃんもおるんよ。ぽぽたんと隣り合わせでにひなたぼっこしとる。」

のっち「かわいい〜!ぬいぐるみのたんぽぽちゃんと。」

あ〜ちゃん「仲良くなったなったみたい(笑)」

かしゆか「面白いね。」



ラジオネーム「Nocchi大好き」からの依頼
『Perfumeの小さな変化を研究せよ!』



あ〜ちゃん「書き込みによると『昔からずっと一緒にいるので、メンバーの小さな変化にも気づいているのではないか?』ということなんですが…。どう?分かる?」

かしゆか「ええ〜。」

のっち「どうかなぁ?」

かしゆか「…あっ!ちょっと待って。あ〜ちゃん、もしかして……最近、ピンクのネイル系やめて、ちょっとクールな黒っぽいにネイルしてない?

2人「確かに〜!」

かしゆか「あ〜ちゃんといえば、ピンクの中に季節取り入れて、お花柄、紫陽花っぽくとかしてたけど。最近、黒っぽい…黒なのそれ?」

あ〜ちゃん「これ黒のラメが先っぽに付いてる。」

かしゆか「ラメなんだ!なんか先っちょだけ黒を入れたりとか、ちょっと蛍光の黄色とか入れてたよね。」

あ〜ちゃん「入れた。」

かしゆか「ここに来て、ネイルの種類変わってきた!と思って。」

のっち「よう見とるわ。」

あ〜ちゃん「確かに…ほんまじゃ…!」

かしゆか「だって、あ〜ちゃん黒!?って思って。」

あ〜ちゃん「そうじゃね。」

かしゆか「でも真っ黒に塗ってるわけじゃないから、怖くはないよね。」

あ〜ちゃん「そうそう。ちょっと大人になったかもしれないですね。」

かしゆか「あと面の所は全部クリアで。あ〜ちゃん、爪の形のピンクのお肉のところ、綺麗だからさ。クリアでもかわいいもんね。」

のっち「あははは(笑)」

あ〜ちゃん「えへへ(照) そうかなぁ?」

のっち「ピンクのお肉のところ…(笑) 確かに健康的よね!」

かしゆか「なんて言ったらいい?爪と指の境目みたいな所が綺麗な形で、全部理想的な楕円というか…。」

のっち「分かる分かる。」

あ〜ちゃん「そう?ふふふ(笑)」

かしゆか「私とのっちは、結構変わった爪の形というか、個性的だから!」

のっち「なんで知ってんの?(笑) そう変わった形。」

かしゆか「見てるに決まってんじゃん!」

あ〜ちゃん「個性的って面白いね(笑)」

のっち「よく気づくなぁ。あれ?ちょっと待て…!」

あ〜ちゃん「ちょっと待て(笑)」

のっち「あ〜ちゃんちのヨギボーって、ちょっとずつ増えてない?

あ〜ちゃん「確かに!」

かしゆか「(笑)」

のっち「増えるワカメみたいな物なの…?」

あ〜ちゃん「いやいやいや!!」

かしゆか「分裂して大きくなって膨らんで?」

あ〜ちゃん「細胞分裂してないです!(笑)」

のっち「お部屋行く度に増えてる気がするんだけど。」

あ〜ちゃん「確かに…増えた。」

のっち「増えたよね!」

あ〜ちゃん「今…1、2、3、4、5…6、6個ある。」

かしゆか「6個!」

あ〜ちゃん「ヤバ過ぎる。踏むやつと背中に使うUの字のやつが2セットあって。でっかいやつは元々持ってたけど、あとは長〜い抱き枕みたいなやつ。最高よヨギボー。」

のっち「大きいビーズクッションでさ、この前お正月にあ〜ちゃんちに家族で遊びに行った時に、全部のビーズクッションに1人ずつどんどん…何て言うの!?溶けてく?」

あ〜ちゃん「埋もれていく。」

かしゆか「吸い込まれて、一体化して。」

あ〜ちゃん「うぅ〜ってヨギボーモードになるよね。」

かしゆか「立てたまんまのやつ、あれ座ったらみんな立てなくなるんでしょ?(笑)」

あ〜ちゃん「うん(笑) だから転がって起き上がる。ごろろんって。」

かしゆか「一通りみんな立てなくなってたよね。」

あ〜ちゃん「あれかわいかったよね。」

かしゆか「確かに増えてるよね。」

SCHOOL OF LOCK!
バースデーサプライズ!(´-`).。oOきゃりーのおうちに遊びに行ったら、桃ちゃんとゆみちゃんがいてくれて、桃手作りケーキをいただきました!
ケーキん中で、史上No.1好きでした。食べてる先からもう食べたい…美味し過ぎた。
この日もLevi's Red。履きやすいよね〜 (あ〜ちゃん)



あ〜ちゃん「あれぇ〜?ちょっと待って〜!かしゆか、もしかして……段ボール開けるのどうのこうの言うて、家で困ってるって言ってたけど、もう無くなった?

かしゆか「…!!! 今、無いです!」

のっち「おめ〜!(拍手)」

あ〜ちゃん「快挙!快挙で〜す!すごすぎ!」

かしゆか「玄関が今とても広いです。」

あ〜ちゃん「すご〜い!最近言わなくなったなぁと思ったら。」

かしゆか「段ボール開けて、畳んだ状態のものが積まれてたのよ。「小さいダンボールは紐やガムテープでまとめて出してください」ってなっていて。まとまるまでいいかってやってたら山積みになっちゃってさ。ゴミ置き場まで3往復するみたいになっちゃって(笑)」

あ〜ちゃん「めちゃくちゃ溜まってんじゃん!」

のっち「(笑)」

かしゆか「それが…!この前、火災報知器の点検とかでお掃除さんが来るタイミングあるじゃん、業者さんが。こーんなに段ボールあっちゃいけん!って思うて。ギリギリの前日の夜に捨てました。」

あ〜ちゃん「あ〜!気持ちがいいですね、今は!」

かしゆか「とっても気持ちがいいです。」

のっち「そうなんだ!」

あ〜ちゃん「ふふふ。」

かしゆか「たぶん1週間後には山になります。」

あ〜ちゃん「げぇ〜〜!どんだけ頼むね〜ん!」

のっち「あれ?ちょっと待って。かしゆか、もしかして……コスメオタク加速してない?

かしゆか「ええっ!?」

のっち「コスメオタク御用達のコスメ増えてない?」

かしゆか「バレました!?(笑) YouTubeでコスメの解説している人のを見過ぎて、メイクする機会少ないのに増える一方です!」

のっち「あ〜やっちゃってるなぁ。」

あ〜ちゃん「完全にやられてる。」

かしゆか「限定色って言われちゃったら、限定色が欲しいもん!」

のっち「あ〜ははは!買っちゃってるわ〜!」

かしゆか「しかもそういうのに限っていい色だしさ。」

のっち「分かるわぁ。」

あ〜ちゃん「そうなんよね〜。」

かしゆか「どうにか探して買っちゃったりしてる。止まんない。」

のっち「リップとかお粉とか、これはコスメ好きな人のお粉だなっていうのがテーブルに置いてあったもんな。」

かしゆか「あっはははは!(笑) 見てるぅ〜!見られてるわ〜。」

のっち「加速してるよね。」

あ〜ちゃん「最近、それぞれハマる物があるじゃん。その影響を受けてメイクさんもプチプラの物でメイクをするようになってきたよね。」

かしゆか「確かに確かに!そうだね。」

あ〜ちゃん「テクスチャーとかがすごいぷるぷるってなったり、逆にマットになったりとか。色味もかわいいから使いやすくてね、みんなそれ使ってるよね。」

かしゆか「最近っぽい発色の仕方が絶妙なの表せるから、『ええ〜!こういうのすごいいいんだね!』って取り入れてくれてるよね。」

あ〜ちゃん「ロートに入り浸って2時間もやっとるって言ってたもんね。さすがじゃね。うちらすぐネットでポチッだもんね。あ〜かわいい!ポチッポチッ(笑)」

かしゆか「現品の色とかちゃんと塗って見ないのよ〜。だから溜まっちゃうんだよね。楽しいの。」


あ〜ちゃん「あれぇ?ちょっと待ってぇ〜。」

のっち「来た…(笑)」

あ〜ちゃん「のっち、もしかして……断捨離してるって言ってたけど、まさか今年のアウター、デサントのダウン1本でやってた?

のっち「あっははは…(笑) やってた!!!」

2人「(爆笑)」

あ〜ちゃん「すごいでしょ!」

のっち「やってる!」

かしゆか「ダウンで通すってすご過ぎない?」

のっち「デサントさんにダウン貰う時に、お高い物だから貰うなんて申し訳ないじゃんか。だから『今年このダウンしか着ません!』って言ったのよ。」

あ〜ちゃん「言ってた。」

のっち「そういうのって社交辞令じゃん。」

あ〜ちゃん「(笑)」

かしゆか「ありがとうございますっていうね。」

のっち「そうそう、でもマジでそれしか着てない!(笑)」

かしゆか「本当にそれしか見ないもん。」

あ〜ちゃん「見ない!しかも冬入る前に『コート全部捨てちゃって着る物が無くって』って言ってて。私とゆかちゃん、えっ!?ってなったよね。えっコート捨てた?」

かしゆか「今から冬が来るのに?」

のっち「(笑)」

あ〜ちゃん「びっくりして。それでデサントさんからたまたま頂けて。もちろん私もゆかちゃんもめっちゃ着ててデサントさんの回数は多いけど。でも、のっちの登場回数には敵わんっていうか驚くっていうか。」

かしゆか「この冬一本で行くって決めてるのがすごいよね。」

あ〜ちゃん「マジで一本だよなぁ!」

のっち「もう暖かくてね。実はそれ以降コートを1着買ったんだけど、ダウンの暖かさには勝てなくて。」

あ〜ちゃん「暖かいよね。」

のっち「抜け出せないわ〜。バレてるわ〜。」

あ〜ちゃん「うん、気づいちゃう。」

かしゆか「あれぇ?ちょっと待って!」

2人「(笑)」

かしゆか「のっち、もしかして……最近スマホの充電の減り遅くなってない?

のっち「なってる…!」

かしゆか「楽屋に来て、ソッコーで充電するってのやってなくない?」

のっち「やってない。」

あ〜ちゃん「確かに。」

かしゆか「昔は2人してあ〜ちゃんにツッコまれてたじゃん。『あんた、なんですぐ来てコンセント探してんのよ!』って。」

のっち「“朝から残り20%の女”ね。」

かしゆか「最近、見ないと思って。」

のっち「ちゃんと夜寝る時に充電器に挿す習慣ができた、大人になって。」

あ〜ちゃん「おっそ。」

かしゆか「えっ、今まで挿してなかったの!?」

のっち「挿してなかった(笑) まぁ起きて充電すりゃあええやろって言って。」

かしゆか「だから無かったんだ!」

あ〜ちゃん「なるほどね。」

のっち「確かにそこは人間としての成長ポイント。」

かしゆか「(笑)」

あ〜ちゃん「それ成長って言うの?」

のっち「だから気づいてもらえて嬉しいです。」

かしゆか「いや、コンセント探してないわ〜、充電器貸してって言ってないわ〜って思って。」

あ〜ちゃん「確かに。あとは新しいスマートフォンが…歴代新しい物に替えていってるけど、どんどん充電の持ちが良くなってるっていうのはあるよね。」

のっち「それはあるね。」

あ〜ちゃん「それも大きいよね。」

かしゆか「確かにそれはある。」

あ〜ちゃん「これが成長だったとはね。」

2人「(笑)」

かしゆか「小さな変化でした。」

のっち「へへへ…(笑)」

SCHOOL OF LOCK!
ある日話したファンの女の子と丸被ってた、貰い物ばかりののっちさんの私服。
ダウンジャケットの季節が終わったら、Levi'sREDしか着ない可能性あり。これはガチ。 (のっち)



この後記の放送を聴く

聴取期限 2021年3月1日(月)PM 10:00 まで

Perfume LOCKS! 放送後記

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る