過去の投稿

May 2013 の投稿一覧です。
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
sol130530_01.jpg

『 ドキドキハスハス 』

SCHOOL OF LOCK!の恋愛部掲示板は、恋の話題で盛り上がり真っ最中!!
 


アタシで遊ばないで…!!
今日も、塾の自習室で二人で勉強してたんですけど、なんか突然好きな人のハナシになって…。
私が「好きな人いるの!?」って聞いたら、「いるよ」って…!!ショックをうけてたら、私の顔を見ながら、「…おまえ!!」…!?
そしたら、「ウソだよ。教えねーよ♪」って言われちゃいました(´-ω-`)
一瞬でも、ドキッとした自分が恥ずかしい…。完全に最近遊ばれてる気がします…(泣)でも、そんなところも大好きなんだもん!!

のんちゃん♪♪
女/14/山形県



とーやま校長「俺は反応を見たかったんだと思うんだけど!」
 
よしだ教頭「のんちゃん♪♪の反応がそこまで良くなかったから、ショックを受けて、“ウソだよ”って言ったと思うんだよね」
 
とーやま校長「遊ばれていると思うけど、これは乗っかってもいいと思うよ!!」

いい加減
私の気持ちに気付いてよ………君は恋したことないから、鈍感なのかもしれないけど、私は好きでもない人を遊びに誘ったりしないんだよ??
そろそろ気付いても良いんじゃないの??気付いててスルーしてるの??そもそも私のこと何とも思ってないからなの??本当に、何なんだよーっ!

cHocoレート
女/16/東京都



よしだ教頭「これな、男子は割と積極的になれないんだよね」
 
とーやま校長「カッコつけんなよ!(笑)」
 
よしだ教頭「いらない自意識があって、周りの目が気になって」
 
とーやま校長「後、女子よりも傷つきやすくて…」
 
よしだ教頭「女子から行った方がいいかな!ちょっとリードしてあげよう!」
 
sol130530_02.jpg

今夜の生放送教室は…!
 
「JASRACスペシャル!」
 
今日は、今までに何度かやってきた、著作権の授業を行うぞ!!
過去の著作権に関する授業はコチラ!↓
http://www.tfm.co.jp/lock/jasrac12/
 
著作権にまつわるクイズを3択で出題!
基本のルールは、KIFF&RELEASEとほぼ同じ!
違うのは、電話に出た時点で、JASRACグッズをゲット!さらに、正解した生徒には、欲しいCDをプレゼント!
 
今回も、キャリーオーバー制を導入!
(前回は、スウェーデンのプログレッシブ・デスメタルバンド!“北欧の暗黒神”と呼ばれている、OpethのCDがまさかのキャリーオーバー!)
 
そして!
なんと今回は、クイズの公平と解説を万全にするためにクイズ見届け人として!“著作権奉行”なる方がいらして下さる!!!
なんでも「著作権の知識、そして、人を裁くことにかけては、右に出る者がいない、第一人者」とのこと!
 
まずは、生徒のみんなは欲しいCDを書いて、学校掲示板エントリーしてくれ!
 
sol130530_10.jpg

さあ、生徒みんなが著作権に関する正しい知識を身につけているのかチェックするべく!
著作権に関する問題を、3択で出題!
正解すると、欲しいCDとJASRACグッズをプレゼント!
 
とーやま校長「今日はクイズの公平を期すために、クイズ見届け人として“著作権奉行”って方がいらして下さるって聞いてるんだけど…… まだ見てないよね?」
 
よしだ教頭「見てないですね…」

まだ著作権奉行の方がいらしてませんが、クイズを始めていきます!!
 
まずは1人目の生徒!!
未確認奇行物体ABS 神奈川県 17歳 女
 
RN 未確認奇行物体ABSの欲しいCDはKANA-BOONの「僕がCDを出したら」!
著作権クイズに正解したらCDをゲットできるぞ!!
==================== 
【問題】
ズバリ、著作権って、一体何?
 
【1】 …歌手の権利
【2】 …作詞家や作曲家など、作品をつくった人の権利
【3】 …CDを発売しているレコード会社の権利
==================== 
未確認奇行物体ABS「2番!!」
 
とーやま校長「これはなんで、2番?」
 
未確認奇行物体ABS「なんとなく聞いたことがある感じで…」
 
よしだ教頭「なるほどね」
 
果たして、問題の正解は……!?

sol130530_03.jpg

スゥー……ピシャ!!
ここで襖の音が開いて、中から誰かが出てきた!!!
 
とーやまの権さん「 歌は世につれ、世は歌につれ……歌を失くしてこの世無し!そして、著作権無くして歌は無し!そう! 我こそは著作権奉行、とーやまの権さんである!!」
 
普段は気のいい校長のフリをしていたが、その真の姿は“著作権奉行”!
とーやま校長改め、とーやまの権さんが登場ォォォ!!
 
よしだ教頭「同じ人なの?(笑)」
 
とーやまの権さん「我に任せるがよい!!本件について裁きを下す!!」

とーやまの権さんがクイズの正解と解説を教えてくれます! 
 
とーやまの権さん「音楽や小説をつくった人のことを“著作者”と言い、著作権とは、簡単に言うと、この“著作者”の権利のことである!この“著作権”。著作権法という法律では、“思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術または音楽に属するもの”と表現されておる。
まあ簡単にいえば、“くりえいちぶ”ってことだな」
 
よしだ教頭「クリエイティブね!横文字が弱いのかな?(笑)」
 
とーやまの権さん「言い替えれば、著作者の考えや想いをこめた、分身のようなもの。その作品を他人に真似されたり、勝手に変えられたり、無断でコピーされて配られたりしては、著作者は困ってしまう!それを防ぐための権利が、“著作権”って訳だ!
ちなみに、歌手やレコード会社が持っている権利は、“著作隣接権”と言うのだ…… つまり!」
 
今回の問いの正解は…………2番!
 
未確認奇行物体ABS「やったァー!!」
 
よしだ教頭「危ないな〜、これ間違えていたら叩き斬られてたぞ〜(汗)」
 
とーやまの権さん「おまえの答え!見事じゃ!!」
 
未確認奇行物体ABS「ありがとうございます!!」
 
とーやまの権さん「おまえにはKANA-BOONのCDを授ける!!さらにオリジナルJASRACグッズも持って帰るがよい!!」
 
おめでとう!!RN 未確認奇行物体ABS!

とーやま校長「幸先がいいね!」
 
よしだ教頭「あれ?戻った?」
 
とーやま校長「戻った?何のこと?奉行は?」」
 
よしだ教頭「来てたよ!校長先生は知らないのか…!」
 
どうやら、著作権の問いの裁きのときだけ、とーやま校長はとーやまの権さんになるみたいだ!! 
 
sol130530_04.jpg

オレシダイ列車 新潟県 15歳 男
 
欲しいCDは矢沢永吉先生の「ALL TIME BEST ALBUM」
 
オレシダイ列車「最近ファンになって曲をずっと聴いていてCDが欲しかったんで、今回新しいアルバムが出たので欲しいって思いました!!」
 
とーやま校長「自信はあるか?」
 
オレシダイ列車「あります!」
====================
【問題】
次のうち、著作物でないものはどれ?
 
【1】 … 教科書の写真
【2】 … 毎日書いている日記
【3】 …「廊下は走るな!」という標語
====================
オレシダイ列車「3番!!」
 
この答えについても、権さんに裁きを下してほしいと思います!!
 
とーやまの権さん「さて本件について裁きを下す!!」
 
とーやまの権さん「先ほどの1問目で、著作物の定義は学んでもらったが……」
 
よしだ教頭「はい、“思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術または音楽に属するもの”なんですよね」
 
とーやまの権さん「つまり、2番の選択肢の日記は、著作物に入る訳だ。」
 
よしだ教頭「思想や感情を、創作的に表現するものですもんね」
 
とーやまの権さん「そして、1番の選択肢の写真! 写真を撮る時、皆の衆は、様々な工夫をするな?」
 
よしだ教頭「そうですね、構図とか、背景とか、撮る向きとか」
 
とーやまの権さん「結果、写真を撮る人の考え方や気持ちが写真で表現されることになるので、写真も同じように著作権法で保護される著作物になる!」
 
よしだ教頭「写真を撮った人がその写真の著作者になるってことですね!」
 
とーやまの権さん「その通り! そして3番の標語。こういう単純な言葉の組み合わせは基本、多くの場合、著作物ではないとされておる。すごく独創的な標語だったら話は別だがな」
 
ということで今回の問いの正解は、3番!!
 
とーやまの権さん「オレシダイ列車、よくやった!!その通り正解じゃ!!」
 
RN オレシダイ列車には、矢沢永吉先生のCDとオリジナルJASRACグッズを授ける!! 
 
sol130530_05.jpg

エレキテル 愛知県 15歳 男
 
FUNKY MONKEY BABYS の「ファンキーモンキーベイビーズLAST BEST」が欲しいRN エレキテル!!
 
とーやま校長「自信はあるか?」
 
エレキテル「あんまりないですね…」」
 
よしだ教頭「ウソでもいいから、自信があるって言ってこう!!」
 
エレキテル「あります!」
 
とーやま校長「その意気だ!!」
====================
【問題】
次のうち、みんなが書いた日記が、著作権を持つための方法はどれ?
 
【1】 … 役所に著作権の登録をする
【2】 … 番組で使用される
【3】 … 何の登録をしなくても著作権を持てる
====================
エレキテル「3番!!」
 
さあ、権さんによる裁きは…???
 
とーやまの権さん「先に申してしまうが…… 著作権は、登録の手続きは、一切必要なし! 著作物が作られると同時に生まれて、その時点で著作権を持つことができる!発明などの特許は、特許庁に申請する必要があるのだが、著作権は何の必要もない!
ちなみに著作権は、お金や土地と同じ財産としての権利であり、権利を他人にゆずったり、相続することが可能!著作権を持っている者は、“使いたい”と言われたら、“使ってはならぬ!”もしくは、“構わぬが、金を支払え”あるいは、“無料で使うがよい”など、自由に決めることができる!」
 
よしだ教頭「だから、使うときには、著作権を持っている人にしっかりと確認をとった方がいいってことですね!」
 
今回の正解は…3番!!
 
エレキテル「やった〜〜!!」
 
RN エレキテルにもCDとオリジナルJASRACグッズを授けよう!
 
sol130530_06.jpg

こぶすけ 沖縄県 16歳 男
 
自信があるというRN こぶすけが欲しいCDはSEKAI NO OWARI先生の「RPG」!!
==================== 
【問題】
身の回りの著作物を使いたい場合、正しいのは次のうちどれ?
 
【1】 … 許可を取る必要はない
【2】 … 学校の先生に許可をとる
【3】 … 著作権者から利用の許可をとる
==================== 
こぶすけ「う〜ん3番で!!」
 
よしだ教頭「これは?」
 
こぶすけ「勘です!」
 
よしだ教頭「ちょっと考えていたもんな〜」
 
とーやまの権さん「 本件について裁きを下す!…が、これはもう基本中の基本じゃ。ちなみに、本を発行する出版社やCDを発売するレコード会社は、著作権を持っている人の許諾を得て、“著作権使用料”を支払っておる。ドラマや音楽番組などの著作物を放送する放送局も、演劇やLIVEを行う主催者も、みんな同じじゃ。著作者の権利を守り、大切にすることで、さらに、次々と新しい著作物が生まれてくる」
 
よしだ教頭「活動資金とかにつながる訳ですからね」
 
とーやまの権さん「たくさんの人々がたくさんの著作物を使えるようになって、文化を発展させていくことが、著作権法の目的なのだ。つまり、今回の問いの正解は3番!
 
セカオワ先生のCDを見事にゲット!!
さらにRN こぶすけにもオリジナルJASRACグッズプレゼント!!

sol130530_07.jpg

ここで、とーやまの権さんに常に生放送教室にいてもらおうとよしだ教頭が襖を開けてみたのですが…!

とーやま校長「え?襖…?」
 
よしだ教頭「襖の中にいるんですよ!開けたらわかりますよ!」
ピシャーッ
襖を開けると…
シ〜ン
  
とーやま校長「いないじゃん」
 
よしだ教頭「あれ〜権さん!!??ずっといてもらおうと思ったのに…」
 
とーやま校長「何〜?もう教頭!いい流れが切れちゃうよ!」
 
さっきまでいたのに、権さんは一体どこへ…?
とりあえず次の生徒に問題を!!

sol130530_08.jpg

ひろくん@2/6 京都府 16歳 男
 
miwaの「Delight」が欲しいというRN ひろくん@2/6!
 
ひろくん@2/6「1年のころに著作権について勉強したんで大丈夫だと思います!」
====================
【問題】
著作権は著作物を作った時から発生しますが、それが守られるのは、一体いつまで?
 
【1】 … 著作者が亡くなってから20年後
【2】 … 著作者が亡くなってから50年後
【3】 … 著作者が亡くなった瞬間
====================
ひろくん@2/6「2番で…!!なんか聞いたことがあると思ったんで」
 
それでは正解をとーやまの権さんに聞きたいのですがいるのかな……?
 
スゥー……ピシャ!!
再び、襖が開いたァ!!
 
とーやまの権さん「隠れてたんだよ!!」
 
よしだ教頭「いたよ〜!かわいいところあるじゃん(笑)!!」
 
それでは、とーやまの権さんが裁きを下します!!
 
とーやまの権さん「ズバリ!著作権が消滅するのは、著作者が亡くなってから50年後!例えば、今年亡くなった作家の場合は2063年の末に著作権は消滅。その後は、パブリックドメインといって、公共のものになる!」
 
よしだ教頭「ようするに、みんなで自由に使えるようになるってことですね。」
 
とーやまの権さん「ちなみに、亡くなった著作者の著作権を受け継ぐことができるのは、その著作者の、法定相続人、または遺言に書かれた人。法定相続人とは“著作権を受け継ぐことができる権利を持っている”と法律で認められた人のことで、主に、家族や親戚のことじゃ。その中で、誰が優先的に受け継ぐことができるかということについても、法律で決められておる。さらに、家族や親戚ではなくとも、遺言に書かれていれば、例えば、恋人などでも、受け継ぐことができる場合がある!」
 
ということで、正解は、2番!!
 
正解したRN ひろくん@2/6にはmiwaの「Delight」そしてオリジナルJASRACグッズを授ける!!

今日は電話に出てくれた生徒、全員が正解!!
これにて〜!一件落着ゥ!!!
 
sol130530_09.jpg

SCHOOL OF LOCK!のWEBサイトでは、著作権についての理解を深めるため、今夜から、とーやまの権さんのアニメーションをアップしている!
これから毎週火曜日にアップするので、これを観て、勉強してほしい!!
そして毎回、アニメの中で出されるクイズに答えた生徒1名に、欲しいCDを授ける!
詳しくは、特設サイトをチェックしてね!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
未確認奇行物体ABS 神奈川県 17歳 女
オレシダイ列車 新潟県 15歳 男
エレキテル 愛知県 15歳 男
こぶすけ 沖縄県 16歳 男
ひろくん@2/6 京都府 16歳 男
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
fax130530_01.jpg
RN てっぺい 香川県 14歳
 
fax130530_02.jpg
RN 紫の踏切 岩手県 14歳
 
fax130530_03.jpg
RN コナ
 
fax130530_04.jpg
RN アキライ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:07 SO WHAT!? feat.仮谷せいら / tofubeats
22:15 Ame(B) / サカナクション
22:27 君に,胸キュン。 / イエロー・マジック・オーケストラ
22:41 ないものねだり / KANA-BOON
22:49 IT'S UP TO YOU! / 矢沢永吉
23:19 インゲームミュージック / 『ラリーX』より (NAMCO SOUNDS)
23:21 インゲームミュージック / 『ゼビウス』より (NAMCO SOUNDS)
23:23 オープニング・テーマ / 『ファイナルファンタジー』より (植松伸夫)
23:25 戦闘のテーマ / 『ドラゴンクエストIII』より (すぎやまこういち)
23:45 RPG / SEKAI NO OWARI
23:50 ヒカリヘ / miwa
23:51 にんじゃりばんばん / きゃりーぱみゅぱみゅ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
教頭は裁判もんだねこりゃ
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
権さんのアニメ、みんな観てね!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
sol130529_01.jpg

『 がんばれと言われる事 』

もう、どーにもできない。
みんなして「がんばって!」とか「期待してるから!」とか、もうやめてよ。
今も精一杯がんばってるよ…これ以上なにを頑張ればいいの?どーすればみんなは満足してくれるの?
あたしは誰のためにがんばってるの?もう、わかんないよ。すごいんだから自信持ちなよ!って言ってくれるけど…自分がわかんないのにどーやって信じればいいの?
期待されて、勝手に残念がられて、「また、がんばれ!」って…もう、全部なげだしたい…。長文失礼しました。

ゆかちー♪
女/13/神奈川県




とーやま校長「俺もたまに人から言われた時は、とりあえず聞いて、全部溜めて、家で枕に向かって“うるせえぇ!”って吐き出すな。みんなが応援してくれていることは、ゆかちー♪もちゃんとわかっていると思うけど、疲れちゃうよな」
 
よしだ教頭「でも、自分のことをこういう風に言える、ゆかちー♪が素晴らしいと思います」
 
とーやま校長「俺は期待しない。お前はできるやつだし。でも見たいな、躍動している姿を!」
sol130529_02.jpg

今夜の生放送教室には…
 
米津玄師先生来校!!
 
徳島県出身、22歳!
作詞、作曲、編曲、ミックス。さらには、イラストや動画も制作!
ミュージシャンを超え、マルチクリエーターとして活躍する米津玄師先生!!
 
元々、超有名ボーカロイドプロデュサー「ハチ」として活動をしていましたが、昨年5月、本名である「米津玄師」としてアルバム『diorama』をリリース!
いきなり、オリコンチャート6位を記録!
この時には生放送教室にも遊びに来てくれました!!
 
そんな米津先生は、SCHOOL OF LOCK!元生徒!!
掲示板登録をして学校掲示板に書き込んだり、閃光ライオットにデモテープを送ってくれていた!!
米津先生は、君の学校の先輩です!
 
そして、前作『diorama』から約1年。
米津先生は本日、メジャー1stシングル『サンタマリア』をリリース!!
 
これまで、作詞・作曲・演奏・録音、その全てを一人で行なってきた米津先生が、初めて沢山のミュージシャンと作り上げた作品!
 
今夜は、そんなニューシングル『サンタマリア』そして、この1年の間に米津先生に訪れた、変化について話を聞いて行きたいと思います!!
 
そして…生徒のみんなにもこの1年の間に君に訪れた“変化”を教えてほしい!
 
「身長が10cm伸びた!」
「部長になって責任感を持つようになった!」
「はじめての“恋”をして、ファッションやメイクが大好きになった!!」
 
1年前の自分と、今の自分は、どこがどう変わったのか…?
身体や環境、そしてオマエの心に訪れた“変化”を学校掲示板とメールに書き込んでくれ!
 
米津玄師先生への質問、『サンタマリア』の感想も待ってます!

ところでみんな、
PAGEの『MY NAME IS xxxx』のリリースの時に、全国のTSUTAYAの試聴機で聴くことができた“笑いの課外授業”
聴いてくれたかな?
 
聴き逃した生徒…安心してくれ!
 
『スマホLOCKS!』の今日の更新『PAGE LOCKS!』で、
お笑い好きのよしだ教頭が作・演出し、PAGE&校長&教頭が出演している“漫才バージョン”を特別に配信しているぞぉ――――――!!!!!
 
そんなわけで、ただいま生放送教室でも聴いております…!

sol130529_03.jpg
  
とーやま校長「いやぁ〜!!!これね!!!」
  
よしだ教頭「懐かしいですね〜!」
 
とーやま校長「ところで、実はもう来ているんですよね…この方に感想とか聞いてみましょうかね。どうでしたか?…米津先生!」
 
米津先生「あぁ…いいんじゃないですかね?」
 
よしだ教頭「その感想…(笑)!60点くらいってことですかね(汗)?」
 
フライングしちゃいましたが…
生放送教室には早速、米津玄師先生が登場しております!!!!!!!!!

ydk_01.jpg

 1年前に登場して以来、2度目の来校になる米津先生!
お久しぶりです〜!!
 
とーやま校長「ちょうど1年ぶりくらいですね!!覚えていますか?」
 
米津先生「覚えています。楽しかったです」
 
よしだ教頭「おぉ、よかったです!!」
 
米津先生は本日、メジャーデビューシングル『サンタマリア』をリリース!!!!
おめでとうございます!!!!!!
 
とーやま校長「初めてこの曲を聴いた時、“高らかな宣言をしていてすごく良い曲!”って思いました。それから歌詞を読んだんですけど、やっぱり曲を聴いた時と同じ感想で、そして“前向きで強くなった”と感じました」
 
よしだ教頭「僕もそう感じました。米津先生は、以前は繊細なイメージが強かったんですが、今回の曲は繊細さももちろんあるんですけど、その上に強さが出てきているというか!」
 
sol130529_04.jpg

とーやま校長「この1年で何か変わったんですか?」
 
米津先生「それまでは遠くに逃げていたというか…“世の中こんなもん”って。でも、逃げるのは楽だし簡単だし、そしてダサいって思いました。それで、“どう足掻いても前を向かなきゃ”って、この1年で思いました。愚直じゃないんですが、“俺はこういう風に行くんだ!”って高らかに宣言した曲です」
 
とーやま校長「そういう風に思ったキッカケは、なにかあったんですか?」
 
米津先生「確かなキッカケは無いんですが、去年1年間かけて出てきました。“POPや普遍さとはなんだろう”って机の上に並べていたんですが、結果、どうやっても“前を向くしかない”と、言うことが浮き彫りになって…」
 
とーやま校長「どこを見ても、その答えに行き着いたんですね!」
 
米津先生「そうですね、俺はどっちかと言うと逃げ込みたいタイプなんですが」
 
とーやま校長「確かに、米津先生は世の中を斜めに見ているイメージがありました…!」
 
米津先生「どうしようもないですよね(笑)」
 
よしだ教頭「ちょっと上から目線かもしれないですが…今回の曲を聴いて、男から見ても“すごく良い男になった!”って思いました!」
 
米津先生「いやぁ…ありがとうございます」
 
ydk_04.jpg

これまで、作詞・作曲・演奏・録音まで全てを1人で行なってきた米津先生!
でも今回のシングルは、沢山のミュージシャンと作り上げた作品!!
 
とーやま校長「今まで全て1人で作っていたのは本当にすごいと思うんです!それだけの才能と、覚悟が無いと出来ないですし…!そして、今回はどうして他のミュージシャンと一緒にやろうと思ったんですか?」
 
米津先生「結局1人で作っていると、堂々巡りになってしまうというか…打開策、ってわけではないですが、新しいことをしたいなって思って」
 
とーやま校長「実際にやってみてどうでしたか?」
 
米津先生「正直難しかったですね〜。自分のやりたい事を相手に伝えるのが、僕にとっては大変なことで…。でも楽しくもありました」
 
とーやま校長「そうなんですね!沢山のミュージシャンと作った今回の曲は、教頭が言っていた通り“カッコイイ”と思ったし、“米津先生と僕らの曲だな”っていう気持ちも浮かびました…!」
 
米津先生「色んな人が聴いてくれて初めて曲が完成すると思うので、そういってもらえると本当にありがたいですね」
 
掲示板には早くも、ニューシングル『サンタマリア』を聴いた生徒からの感想が沢山!!

sol130529_05.jpg
 

サンタマリア
サンタマリア、ゲットして今聴きました!
米津先生の曲は、リアルとファンタジーが何重にも重なって、優しくてでも苦いような、そんなイメージだったのですが…
今回はそれにプラスして、温かいものを強く感じました。
これからまたゆっくり聴いていきたいです!
 
ゆみたす
女/16/愛媛県
2013/05/29 20:37


サンタマリア
サンタマリア昨日フラゲしました。
この曲は、暗闇の中に差す一筋の光のような、救いの手を差しのべてくれるような希望の唄に僕は感じました。
米津さんに出会えて本当によかったです。
改めて、メジャーデビューおめでとうございます。これからもずっと大好きです!!
 
透明人間71号
男/17/長崎県
2013/05/29 17:58



 
米津先生「ありがたいですね…!(嬉)」
 
とーやま校長「先生、本当に嬉しそうですね!!」
 
ydk_05.jpg

さて、本日のテーマは“変化”!
米津先生の大きな“変化”と言えば、今回のシングルでインディーズからメジャーになった事!!!
 
とーやま校長「メジャーデビューしてから何か変わりましたか?」
 
米津先生「正直、やることはあまり変わってないですね。今までと曲の作り方も変わっていません。ちょっと忙しくなったくらいですかね」
 
とーやま校長「個人的には、メジャーになったって事は更に色んな人が先生の曲を聴くと思うので、色んな人とこの曲を共有できるのがすごく嬉しいです!」
 
よしだ教頭「うん!もっと色んな人に聴いてほしいです!」
 

生徒のみんなも、この1年で“変化”が沢山あったみたい!
 

変化
高校生活はもう1年もない。身長は全然変化しない。
でもバイトを高2から初めて人と接する事が前より好きになった。
音楽をいっぱい聴いてもっと音楽が好きになった。
昔より好きが多くなった。
高校生活はあまり好きじゃないから卒業するまでに好きに変化したいなって思った。
 
すだち★
女/18/三重県
2013/05/29 19:14



とーやま校長「いいことだね!“好き”は1つでも十分いいと思うけど、沢山あればあるほどいい!今“普通”だと思っているものも好きになる可能性があるし、嫌いなものも好きになるかも!」
 
よしだ教頭「今は嫌いな人でも、意外と好きになったりしますからね!“あ、あいつ意外といいやつじゃん”みたいな」
 

大変 変化
霧がかっているけど 目的や目標が見えてきたこと
なにより同じ目標をもつ仲間に出会えたこと
高校一年間通して 価値観がぐるりぐるりと変わりました
違いを受けいれることありがたいなあと沢山思えることが増えたこと
まぎれもなく 変化が日々続いていて びっくりするほど違う自分が見えたことが嬉しい
 
natsuno
女/16/静岡県
2013/05/29 22:37



とーやま校長「すごく変化しているみたいだね!!」
 
よしだ教頭「natsuno自身のキャパも広がっているみたいだし!」
 
ydk_03.jpg

そもそも“変化”って…
“良いこと”なんでしょうか?
それとも“悪いこと”なんでしょうか…?
 
米津先生「良いことだと思いますよ。同じところにずっと居てもつまらないと思いますし。生きていく上で、時間だって常に進んでいて…だから、変わっていかなきゃいけないんだと思います」
 
とーやま校長「毎日同じ教室に行って同じ仲間に会っていても、日々変わっていっていますもんね…!」
 
よしだ教頭「そして“変わらない”と思っているのであれば、自分で変えていかなきゃですね!」
 
sol130529_07.jpg


変化
あの頃の自分がいて今の自分がいる。メガネをして髪を結んで図書館で本を選んでいた私は高校生になってコンタクトにしてショートになって、ドラムを叩いてます。
内面も、外面もすごく変わりました。自分の理想を考えるのが減ったのは、理想に近づけたからで、過去の自分の理想は素でいることだったのかもしれない。自分らしさ…を求めてこれからもがんばります。

キックー
女/16/神奈川県



とーやま校長「へえー!!」
 
よしだ教頭「自分の事をこんな風に言えちゃうんだもん!」
 
とーやま校長「劇的に変わったね!葛藤があったのかな?“こうなってやろう”って」
 
米津玄師先生「どうなんですかね…!」
 
よしだ教頭「コンタクトにしたり、ドラムを叩いて…よく動きました!」
 
とーやま校長「米津先生はこういう経験はしましたか?」
 
米津玄師先生「全然無いですね。ずっと、同じままで来ましたね」
 
とーやま校長「“今日はハットをかぶってやろう!”とかは…!?(笑)」
 
米津玄師先生「う〜ん、記憶から消しているかもしれないですね(笑)」

ydk_02.jpg
 
パンザマスト 徳島県 18歳 男
  
次の生徒は、1年前、米津先生と話をした、RN パンザマスト!
バンドを組んでいたが、大学に行ってからはメンバーがバラバラになってしまうので、1人で音楽をやろうか悩んでいた。
米津先生はRN パンザマストに、“みんなでやった方が楽しいぞ!”とアドバイスをくれて、RN パンザマストは頑張ろうと思い、音楽の道に進むことを決意した!
  

あの日からもう一年
去年、米津さんと実際に話して、音楽の道に進もうと決めてから早一年が経ちました。
大学に無事進学し、一人暮らしを始め、生活面では本当に一転。
軽音楽部にも入り、ギターだけじゃなく、ドラムやベースも本格的に練習しました。
そして作曲も始めたり…。こう言葉にしてみるとこの1年で本当に色んなことを始め、変わった気がします。
でも根本的なことは変わっていなくて、音楽の道を目指すこの一点は、これからも変わらずにいたいです。
 
パンザマスト
男/18/徳島県



 
1年振りに話を聞きたいと思う!
 
パンザマスト「1年で色々あって、それが全部自分の力になることだったので、テンションが上がってます!」
 
とーやま校長「良い方にしか転がっていない感じか!この1年はどんなだった?」
 
パンザマスト「去年、米津先生と話をして、それで自分に自信を持つようになって。大学も合格して、音楽を1人でやるか、バンドを組んでやるか悩んだんですけど…実際、軽音部に入ってから考えようって思って…」
 
全員「へぇ…!!!」
 
パンザマスト「軽音部に入ったら、楽しくて、音楽の趣味が合って、一緒にバンドも組んだセッションも楽しくて。“1人でやるより、みんなでやった方が楽しい”って本当なんだって思って!」
 
とーやま校長「うん…うん!」
 
パンザマスト「それでみんなで音楽を奏でていたら、“バンドを組んでやろう”って決めました!今は、ドラムやベースも始めて、まだ先輩に教えてもらっている段階なんですけど…。それと作曲も始めて、まだギターでメロディーを乗せるだけなんですけど、今組んでいるバンドのメンバーで目指して行きたいです!」
  
sol130529_06.jpg

米津玄師先生「すごいですね!」
 
とーやま校長「米津先生のあの時の言葉が無かったらな…!」
 
パンザマスト「あの時の言葉が無かったら、今の自分はいないですね!」
 
とーやま校長「どうですか先生?」
 
米津玄師先生「くそ嬉しいです…!!(照)今のバンドメンバーや、一緒に音楽をやっている人を大切にしてほしいですね」
 
パンザマスト「本当に良い人達なんで、大切にしたいです!」
 
とーやま校長「作曲は上手くいってる?」
 
パンザマスト「作曲は今はモヤモヤしているんですけど、米津先生が“自分に自信を持つことが一番良い”って言ってたじゃないですか。それを思い出して、自分に自信を持ったら、まだ形になっていないですけど、フレーズが浮かんできて、やれる気がしています!!」
 
よしだ教頭「おまえ、前向きなことしか言わないな!!すげえな!!良い男になったな!!」
 
とーやま校長「気をつけろ!!教頭が狙っているぞ!(笑)でも、今も戦っている最中だけど全然違うわけじゃないですか、昔いた場所と!!」

ydk_06.jpg
 
米津玄師先生「“僕も頑張らないといけない”って思いますね!」
 
よしだ教頭「米津先生に刺激を与えているぞ!」
 
とーやま校長「米津玄師先生になにか言葉かけてもいいんだぞ!」
 
パンザマスト「いえ恐縮です!(汗)でも本当に感謝の言葉しかないですし、全部まとめて、ありがとうございます!!」
 
米津玄師先生「いえいえ、こちらこそですよ」
 
とーやま校長「米津先生からは1年振りにパンザマストへ何かメッセージはありますか?」
 
米津玄師先生「バンドを組んでそれが楽しい事であるなら、一生の物にしてほしいですね」
 
パンザマスト「ありがとうございます!頑張ります!」
 
とーやま校長「久しぶりに電話してよかった!」
 
パンザマスト「久しぶりなんですけど、あっという間でテンション上がっちゃいました!」
 
RN パンザマストはこれからまだまだ行ける!!
おまえの音楽を聴きたい!
待っているぞ!!!

ydk_07.jpg
 

変化
良い変化も悪い変化もあった一年だった。悪い変化といえば、心の傷が深まったこと。
孤独という今までにない苦しみを味わっていて、今でも本当につらい。毎日が不安で仕方がない。
でも、悪いことばっかりではなかったと思う。この一年の間に俺は、「一人旅」という大切な趣味ができた。全く知らない場所へ旅行するのは楽しいし、リラックスにもなる。自分で計画を立てて、自分でお金を払って行くから、本当の意味で一人旅だ。
それから、10代のうちに台湾へ行くという目標もできた。そのために中国語も独学で勉強するようになったから、自分は頑張れていると思う。
一年前と比べて、苦しみはとんでもなく大きいものになった。でも、毎日が充実してきたのも確かなことだから、1日1日を大切に生きたい。
 
ハム王子
男/17/福井県



とーやま校長「すごいな。苦しみ大きくなっていくことの方が多いけど、そこを自分で見つけている楽しみがあって。苦しみは0にはならないけど、楽しみの割合を増やしてほしい」
 
米津玄師先生「自分のやりたいことで精進するって、それだけで美しいですよね」
 
あっという間に黒板のお時間です!
今日は米津玄師先生に書いてもらいます。

sol130529_10.jpg
 
『 手をつなごう 』
 
『サンタマリア』の中にある歌詞です。
 
こんな愚直な一言が、すごく大事で。
 
“手をつなごう”だけ見ると、本当に陳腐なんですけど、
大事な事は、そこにしかないんじゃないかなって。
 
以前ならこんな言葉は書けなかったんですけど、今なら書けると思って書きました。

ydk_08.jpg

とーやま校長「“手をつなごう”って言葉は今まで何回も聞いてきた言葉なんですけど、今、米津先生の口から聞いたら、“なんて愛のある言葉なんだろう”って思いました。楽しんでいるやつにも、しんどいやつにも全員に投げかけてくれた言葉だと思う。その伸ばしてくれた手は掴めばいいし、こっちから伸ばせばいい!片手でつないでいるなら、もう片方の手で別の誰かの手をつなげばいいし、両手で掴んでもいい。嬉しい言葉でした!!」
 
米津玄師先生「こちらこそありがたいです」
 
とーやま校長「また来てくれますよね?」
 
米津玄師先生「もちろんです!」
 
米津玄師先生!ありがとうございました!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
パンザマスト 徳島県 18歳 男
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
fax130529_01.jpg
RN ほにょ暴走中 愛知県 15歳
 
fax130529_02.jpg
RN ルルディ
 
fax130529_03.jpg
RN BaKu畜 東京都 13歳 女
 
fax130529_04.jpg
RN イヨップー
 
fax130529_05.jpg
RN シャーペンのグリップをつくる人になりたい
 
fax130529_06.jpg
RN 智薪
 
fax130529_07.jpg
RN こんぶ
 
fax130529_08.jpg
RN アキライ
 
fax130529_09.jpg
RN カッパちゃん
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:06  ムスタング / ASIAN KUNG-FU GENERATION
22:26  檸檬 / 0.8秒と衝撃。
22:40  サンタマリア / 米津玄師
22:52  百鬼夜行 / 米津玄師
23:15  どんな未来にも愛はある / flumpool
23:24  Music Surfer / flumpool
23:40  笛吹けども踊らず / 米津玄師
23:48  サンタマリア / 米津玄師
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
ここからの1年、俺にも皆にもたくさんの変化があります様に。
米津先生、ありがとうございました!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
俺も、米津玄師先生に負けないくらい、いい男になる!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
20130528_sol00.jpg

 
『 おめでとう! 』
 
ニュースを観て知っている生徒もいると思うけど、
 
チャットモンチーの橋本絵莉子先生とtacicaの猪狩翔一先生!
2人は2010年に入籍していたんだけど…
なんとォ!!!!
 
橋本絵莉子先生に赤ちゃんが出来たそうです!!!!!!!!!
現在妊娠6カ月!
 
おめでたいぃぃいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!
 
我が校も沢山お世話になっていて、生放送教室にも来校してくださっている2人の幸せなニュース!!
職員一同喜んでおります!!!
 
絵莉子先生、翔一先生!
本当におめでとうございます!!
末永くお幸せに!!!!!!
 
20130528_sol01.jpg

 
さあ、今夜は生放送教室に…
9mm Parabellum Bullet先生が来校!!!!!!!!!
 
我が校の技術の講師、9mm Parabellum Bullet先生!
 
実は9mm Parabellum Bullet先生、今年で9周年!!!
 
そして明日5月28日にはニューシングル『ANSWER AND ANSWER』をリリースします!
 
ってことで、今夜はこんなテーマで生徒からメッセージを募集するぞ!
 
『Answer ここで出すんだー!!』
 
今夜は、早急に…緊急に…なるべく早めに…!!
何か答えを出さなきゃいけない状況にいる生徒に逆電して、9mm先生と一緒に君の背中を押していきたいと思います!!!!!
 
例えば…
 
「告白されてメールの返事に困っている……」
「部活をやめるかどうか悩んでいる」
「同棲を迫られている 35歳 会社員」
 
などなど!!
 
学校掲示板、メールで待ってるぞ!!!急げ急げ〜!!!
 
20130528_sol202.jpg

 
早速、生放送教室には…
我が校の技術の講師、通称テクの講師!
9mm Parabellum Bullet先生が登場ォォーーーー!!
 
20130528_sol02.jpg

左から…
菅原卓郎先生(Vocal and Guitar)
中村和彦先生(Bass)
かみじょうちひろ先生(Drums)
滝善充先生(Guitar)
 
1年前のアコースティックライブで登場して以来の、9mm Parabellum Bullet先生!!
そんな9mm先生、今年はデビュー9周年のメモリアルイヤーだそう!!
 
とーやま校長「いつもガシガシいってますけど、今年はよりガシガシいく感じですか?」
 
卓郎先生「そうですね。今回はよりガシガシなんですけど、変わったことをするんじゃなくて、真っ当にガシガシしようと!」
 
とーやま校長「真っ当なガシガシというと…?」
 
卓郎先生「カッコイイ曲が入ったCDを作って…」
 
ちひろ先生「ガシガシ!!」
 
卓郎先生「それをライブでやっていく感じですね」
 
ちひろ先生「ドシドシ!」
 
とーやま校長「ちひろ先生!!(笑)」
 
よしだ教頭「余計なことをしないガシガシということですね!」
 
20130528_sol09.jpg

 
今年の3月9日には、新宿 風林会館にて「39 -Thank You- LIVE」を行った9mm先生!!
 
とーやま校長「新宿のあの辺の雰囲気って、20歳に来た時に“ちょっと怖いなぁ”と思ったんですけど、どうでした?」
 
卓郎先生「意外と会場が9mmに合っているなと感じて。先に会場内をビデオの映像で観たんですけど、しっとりとした真っ赤なソファーがあったり、真ん中に花道があったりして!」
 
そして明日5月29日にはニューシングル『Answer And Answer』をリリース!
 
とーやま校長「最初は“テンポがそんなに速くないな”と思って。でも聴いていくと、今までのテンポの速いイメージも浮かんできて、攻撃的な9mm先生がいて、なんか新しいアプローチを感じたんですが…!」
 
卓郎先生「でも、新しいことは音を変えたくらいで。どっちかというと“ザッツ9mm”って感じで、一回聴いたら“9mmだ!”ってなるような曲にしたかったんです。前回の『ハートに火をつけて』はミニアルバム位の密度で作ったから今回はシングルな感じを作りたいって思っていたので、“一発でオレ達って分かる王道のシングルにしよう”って作りました」
 
とーやま校長「これはセッション中に浮かんだ曲なんですか?」
 
卓郎先生「いえ、前から原型があって…2007年くらい?もっと前かな。それに滝が新しくリフとメロディーを付けて、あら不思議!最新の9mmに!」
 
とーやま校長「どこにリフとかを付けたんですか?」
 
滝先生「イントロの部分に付けて、歌メロも新しいものをつけて完成ですね」
 
そんな明日発売のニューシングル『Answer And Answer』の完全生産限定盤には、なななんと!!!!
「39 -Thank You- LIVE」のDVDが付いています!!
 
卓郎先生「オレらがグルグル回っていたり、花道を握手しながらゆっくりと練り歩く姿が観れますので(笑)」
 
20130528_sol12.jpg

 
さあ、9mm Parabellum Bullet先生を迎えて行う、今夜の授業は…
『Answer ここで出すんだー!!』
 
早急に、緊急に、なるべく早めに!
何か答えを出さなきゃいけない状況にいる生徒の背中を9mm先生と一緒に押していく!
 
最初の生徒は…こちら!!
 
みじんこDX 東京都 16歳 女
 
みじんこDX「デートの誘いを受けるかどうかで悩んでいます!」
 
今、テスト期間中だというRN みじんこDX!
そんな彼女は同じバドミントン部の男子から、何度も“一緒に出かけよう”と誘われているそう!
今回も“テストが終わったら遊びに行こう”と誘われていて…
“今までも何回か断っているので一度は行ったほうがいいのではないか”という気持ちと
“行くことで、変に期待させるのも悪いのではないか”と言う気持ちで答えが出ずにいるんだって!!
 
みじんこDX「“考えとく”って返したんですが、今週中に返事をしなくちゃいけなくて…」
 
とーやま校長「何回ぐらい誘われているの?」
 
みじんこDX「2、3回ぐらいです」
 
卓郎先生「結構彼から来てますね!う〜ん、ずっと“考えとく”じゃマズイですもんね〜。“悪いな”って思いながら行くなら、行かなくてもいいんじゃないかと思うけど…」
 
和彦先生「僕は人助けだと思って、行ってほしいですね」
 
卓郎先生「デートなんてそんなに行けるもんじゃないからね(笑)!」
 
とーやま校長「まあ実際に興味無くても、行ってみて、何か起こるかもしれないからね!」
 
和彦先生「嫌いじゃなかったらね」
 
20130528_sol04_2.jpg

 
ここで“ウーン”と考え込む、ちひろ先生が…!!
 
ちひろ先生「これ行ったら最後…狩られますよ!この時期の男は狩りをすることしか考えてないんですよ!!」
 
とーやま校長「そうなの?(笑)」
 
ちひろ先生「または思わせぶりな小悪魔を発揮して、これからの人生の糧としてもいいと思いますけどね」
 
新しい自分を見つけてみるのもいいんじゃないかとアドバイスするちひろ先生!
 
滝先生「一度は行ってみていいと思います。勉強にもなるだろうし、すっげーダメかもしれないし。でも面白くて話のネタになるかもしれないし。かみじょう君が言ったとおり人生の糧になると思います」
 
20130528_sol05.jpg

 
ここで一度、生放送教室の中で多数決を採ることに!!
 
20130528_sol203.jpg

 
とーやま校長「一回は行ってもいいと思う人〜挙手!」
 
結果は、6人中5人が挙手!!
よしだ教頭以外は、“一回は行ってもいい”という意見に!!
 
よしだ教頭「みじんこDXが行ってみても、“楽しくない”っていう雰囲気が相手に伝わるんじゃないかなと。結果的に相手に気を遣わせるんじゃないかな?よっぽどスイッチ切り替えないと」
 
卓郎先生「でも、男はそれでいいじゃないんですか?」
 
卓郎先生「“ヤバイなかなか振り向かない”って盛り上がるかもしれない!(笑)」
 
とーやま校長「どうだ?みじんこDX。俺達の意見を聞いてみて?」
 
みじんこDX「やっぱり…一回行ってみて、楽しかったら考えてみようかなって思いました!」
 
とーやま校長「うん!そうだね、9mm先生も全員一致だし!」
 
和彦先生「そいつがダメだったらオレらが連れてってやるよ、大人のデートに!!」
 
卓郎先生「オレは行かないよ(笑)」
 
とーやま校長「ダメですよ!保護者としていてくれないと!」
 
9mm先生からまさかのデートのお誘い!!!う、うらやましぃ〜!
なにはともあれRN みじんこDX、デートしたら報告待ってるぞぉ〜!!!!
 
20130528_sol06.jpg

 
 
明日5月29日にニューシングル『Answer And Ansewr』をリリースする9mm先生!
そして!1ヶ月後の6月26日には、5th Album『Dawning』の発売も決定!!!!!
 
おめでとうございます!!!!
 
とーやま校長「今回のニューアルバム…どうですか!?」
 
卓郎先生「最高傑作ですね!!」
 
よしだ教頭「わぁーお!!!!」
 
卓郎先生「アルバムのタイトルに入っている“dawn”は“夜明け”っていう意味で、“だんだん夜明けがくるぞ、だんだん明るくなってくるぞ”っていうように、“だんだん俺も明るくなってくるぞ”っていう、確かなポジティブのエネルギーが感じられるアルバムになっているので、是非みんなに聴いて感じてもらいたいですね!あと、“Answer And Ansewr”はシングルで聴くと生き生きとはっちゃけている曲なんですが、アルバムに入ると“鉄壁の守りだな”って!そういう風に印象が違って聴こえる作りのアルバムになっています!」
 
とーやま校長「鉄壁ですか!!!滝先生も大きく頷いていますね!」
 
滝先生「そうですね!大変良い状態ですよ、アルバムは!」
 
とーやま校長「良い状態(笑)!」
 
よしだ教頭「急に鮮度の良い魚の話みたいになっちゃってますよ(笑)!」
 
さらに!
7月9日からは全国ツアー『9mm Parabellum Bullet“Breaking The Dawn Tour 2013”』もスタート!!!!
30箇所以上を周る予定だそう!!
 
さらにさらに、多数の音楽フェスにも参加予定!!!
 
卓郎先生「フェスはアルバムの感じでやるか、もっとお祭りっぽくするかはまだ秘密です!」
 
参加する生徒は楽しみに待っとけよぉ〜!!!!!!
 
20130528_sol07.jpg

 
それでは引き続き、
『Answer ここで出すんだー!!』
 
早急に答えを出さなきゃいけない生徒に逆電していきましょう!!!
 
次のAnswerを求めている生徒は…こちら!!
 
white clover 群馬県 17歳 男
 
RN white cloverの早急に答えを出さなきゃいけないこととは!?
 
white clover「最後の部活の大会前に、人生初の坊主にしようか悩んでいます!」
 
バレー部に所属しているRN white clover!
1月頃、友達に冗談で“坊主にする”なんて話をしたそう。
それからと言うもの、事あるごとに友達に“いつ坊主にするの?”とずっと聞かれていて…
冗談だったのに、だんだん後に引けなくなってしまっているらしい(汗)!
ちなみに今の髪の長さは、まゆ毛にかからないくらいだそう!
 
white clover「自分は坊主が似合うような顔じゃないと思っていて、坊主にした時の周りの反応が気になります…9mm先生の中で、坊主にした人っていますか?」
 
滝先生「卓郎が一度坊主にしたことあって…」
 
卓郎先生「うん。メンバーのみんなと会ってから丸めたんだよね」
 
とーやま校長「え!?バンド結成した時ってことですか!?」
 
卓郎先生「えーっと、直前かな?」
 
ちひろ先生「結成してからもあったよね」
 
滝先生「そうそう、坊主でライブやってて」
 
卓郎先生「あ〜、やったねぇ!」
 
とーやま校長「えぇ!?なんで坊主に?」
 
卓郎先生「“坊主によっかなぁ〜”って思って、って感じです。中学の時も坊主だったし…あと滝も、かみじょう君もやったことあるよね」
 
滝先生「俺、中学が男子は全員強制的に坊主だったんで、あんまり疑問を抱かずに“仕方ないものだ”と思って坊主にしてました」
 
とーやま校長「えぇ〜!」
 
ちひろ先生「僕はバスケ部だったり、あとはハードコアバンドもやってたんで…ライブの時は金とか赤にしていましたね」
 
20130528_sol10.jpg

 
とーやま校長「ちひろ先生は坊主にすることにためらいとか無かったんですか?」
 
ちひろ先生「全然無かったですね。剃れば剃るほど強くなってましたね(笑)」
 
とーやま校長「それは毛根の話ですか(笑)?」
 
ちひろ先生「毛根もだし、心もです!」
 
よしだ教頭「メンタルも強くなるんですね!!」
 
とーやま校長「和彦先生はありますか?」
 
和彦先生「僕はないですし、しようと思ったこともないですね!させられそうになったことはあるんですけど…部活で顧問の先生に“試合で負けたら全員坊主だからな”って言われたんですけど、連勝して(笑)」
 
卓郎先生「男らしいねぇ〜!!」
 
9mm先生は4人中3人が坊主経験者!
そして経験者の3人は、坊主に抵抗はないみたい!
 
white clover「坊主の魅力ってありますか?」
 
卓郎先生「坊主にした時って、最初は坊主にした事に慣れてないから、鏡とか見るとびっくりする(笑)“あ、俺坊主だった!”みたいな(笑)でも坊主だと、まず髪型を気にしなくていいし、そしてだんだん表情が豊かになってくるんですよ!」
 
とーやま校長「あぁ〜!なんか分かるかも!」
 
卓郎先生「その上で部活を頑張っていれば、だんだんカッコよくなってくるというか…髪型じゃなくて大切なのは顔!表情!ってなったらいいなって…」
 
とーやま校長「うんうん、分かります!」
 
一生懸命に部活を頑張って輝いていれば、それが表情に表れる!
そんなカッコイイ顔が一段と分かるのが坊主!
 
20130528_sol03.jpg

 
卓郎先生「あと、バレー部だったら…相手のチームがボールと間違えてくれるかも(笑)」
 
よしだ教頭「アタックされちゃうってことですか(笑)!!」
 
卓郎先生「1人フェイント!みたいな(笑)」
 
滝先生「あとは、坊主にした次の日は、ものすごくみんなに触られます(笑)で、それが恥ずかしいんだけど、みんな1日で飽きるから…」
 
ちひろ先生「確かに(笑)!」
 
卓郎先生「最初だけだよね(笑)“お前坊主にしたんだ!”みたいなの(笑)」
 
よしだ教頭「みんなと仲良くなれるキッカケになるかもね!」
 
white clover「なるほど〜!」
 
とーやま校長「あとは短さにもよるかもなぁ!」
 
卓郎先生「そうですね!5部刈りだって坊主だし」
 
滝先生「5部刈りや、5厘や、3mm…9mm…」
 
とーやま校長「“9mm”!!!!いいじゃん9mm!!!!!!わりと長めだし!!ちょっとこれ、多数決とりましょうか!?」
 
多数決の結果…
満場一致で9mmの坊主に賛成!!!!!!
 
white clover「…9mmの坊主にします!」
 
Answerでましたぁ――――――――!!!!
おめでとう!!!
 
とーやま校長「9mmのちょっと坊主伸びちゃったみたいな感じ、お洒落で俺好きだよ!!」
 
RN white clover、9mmの坊主でバレーの試合頑張ってくれよ〜!!!!!
 
20130528_sol11.jpg

 
シングル『Answer And Answer』の3曲目『Mr.Brainbuster』はインスト曲!
 
卓郎先生「セカンドアルバムにもインスト曲は入れていたんですけど…インストの曲って俺たちは割と苦手じゃないんですよ。今回の曲もセッションしていてパッとできたんです。“プロレスの入場曲みたいでかっこいいじゃん!”って(笑)」
 
とーやま校長「あ〜!だからタイトルが“Mr.Brainbuster”なんですねぇ!!」
 
ちなみに“Brainbuster”とは…プロレスで使われる技の名前!!!
 
とーやま校長「これはプロレスラーの方に試合で是非使って欲しいですね〜!!!」
 
卓郎先生「実は4月に開催された“ARABAKI ROCK FEST.13”の“みちのくプロレス”で実際に使用してもらったらしいんですよ!」
 
とーやま校長「えぇ〜早速(驚)!!」
 
プロレス試合での曲の使用、まだまだ募集中とのこと(笑)!!
スピード感ある『Mr.Brainbuster』、聴いていると本当にプロレスの光景が目に浮かぶかっこいい曲!
 
プロレス好きのみんな…もしくはプロレスラーの方!!!
是非聴いてみてください〜!!!
 
20130528_sol08.jpg

 
さて、早いもので黒板のお時間!
 
本日は卓郎先生が黒板を書いてくれます!
 
20130528_sol103.jpg

 
『 Answerは君が出すんだ! 』
 
“Answer And Answer”とは、
“俺のAnswerと君のAnswerを並べよう”
と、言うこと。
 
“Answer”と“Answer”を並べて、“新しいAnswer”にしていこう。
 
だから、君なりの“Answer”を出してください!
 
20130528_sol101.jpg

 
とーやま校長「答えを出したい時って、自分の中だけで決着をつけなきゃいけないって思いがちですけど…でも、その先にもまだ別の答えがあるって思うと、すごく肩の荷が下りますね…!」
 
9mm Parabellum Bullet先生、本日は楽しい授業を本当にありがとうございました!
 
是非また来てください〜!!!!
 
20130528_sol102.jpg

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
みじんこDX 東京都 16歳 女
white clover 群馬県 17歳 男
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
fax_13052701.jpg
RN はぐれめたる
 
fax_13052703.jpg
RN 智薪
 
fax_13052702.jpg
RN なえか 静岡県 13歳
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:06 家族になろうよ / 福山雅治
22:24 学園天国 / 小泉今日子
22:37 Answer And Answer / 9mm Parabellum Bullet
22:50 新しい光 / 9mm Parabellum Bullet
23:13 Jojo / Boz Scaggs
23:17 Bye Bye Mr.Mug / the brilliant green
23:40 Snow Plants / 9mm Parabellum Bullet
23:47 Answer And Answer / 9mm Parabellum Bullet
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
9mm先生といるといつも笑ってる気がするよ!!
ちなみに、ちひろ先生のイエローカードは次回も2枚の状態からスタートです。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
俺も9mmの坊主にしようかな〜
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
sol130527_01.jpg

『 すごくいいバンドなんだ 』
 
この学校に何度も来てくれて、いつも音楽で力をくれているandymori先生が今年の9月で解散。
 
とーやま校長「俺も一人で知って、そこから曲を聴いて…やっぱりいい曲なんだよ」
 
よしだ教頭「ずっと見ていたかったですね…」
  
学校掲示板にも生徒の声が届いています。

心の支え
andymori、解散しちゃうんですね。やっと、心の整理が出来てきました。
andymori先生の音楽を聴くと、自然と笑顔になれたり、心があったかくなったり、私の知らない世界に連れていってくれたり…数え切れないほどの勇気を貰いました。
明日も頑張ろう、って思えたのは、andymori先生のおかげです。もっと、早く出会いたかったな。
でも、andymori先生の曲も、andymori先生も、この先無くならないと思います。これからもずっと応援し続けます!andymori大好き!!
 
*ななこむ*
女/14/岡山県



 
andymori先生は、6月26日に5枚目のアルバム『宇宙の果てはこの目の前に』をリリース!
 
その後、
7月27日から最後のツアー「andymori Tour 2013 “ALL YOU NEED IS LOVE”」をスタートして、いくつかのイベントに出演した後、
9月24日の日本武道館公演「andymori ラストライブ 武道館」をもって、解散!
 
もう1度、この学校で会いたい…!!
とにかく、andymori先生!最後まで楽しんでください!!!
 
そして今夜は、andymori先生のニューアルバムから、新曲『宇宙の果てはこの目の前に』がこの学校に届いています!
 
♪ 宇宙の果てはこの目の前に / andymori
  
とーやま校長「やっぱり、最後もいい曲を出すよな……」
 
sol130527_02.jpg
 
この学校の教室、学校掲示板!
最近、この掲示板の中でレスが多い話題が、オススメのアーティスト!
 
いろんな音楽を知れるだけでなく、他の人のオススメって、その人がどんな人なのかを知るきっかけになったりもするよね!
 
この学校でも定期的に、職員のオススメディスクを紹介していましたが…
ちょうど先ほど、この学校の職員によるオススメディスクをサイトにアップしました!
 
そして、このタイミングで、映画部に職員のオススメ映画もアップ!
さらにマンガ部と図書部のサイトでは、職員オススメのマンガと本も紹介しているので合わせてチェックしてくれ!
 
今夜の生放送教室は…
 
「うれしい悲鳴をあげてくれ!」
 
生徒のみんなにも、嬉しい“悲鳴”を聞かせてほしい!
 
「今回の中間テスト、ほぼ満点でしたああああああああ!」
「制服のポケットに、1円玉が入ってましたあああああああ!」
「女子2人から、同時に告白されましたああああああああああ!」
 
思わず“悲鳴”をあげてしまうくらい、嬉しいこと、幸せなこと!!
キミにとって嬉しいことであれば、どんなことでも大丈夫!
 
ちなみに『うれしい悲鳴をあげてくれ』!
これは閃光ライオットの特別審査員をしてくださっている、いしわたり淳治先生の本のタイトルと一緒です!
 
今夜もみんなからのメッセージを学校掲示板とメールで待っているぞォーーー!!
 
sol130527_03.jpg

早速、生徒の嬉しい悲鳴を聞いていくぞ!!
 
ガンマ堂 沖縄県 17歳 男
 
ガンマ堂「△■※●☆■○▲※?うれしいです!フゥーーーーッ!」
 
とーやま校長「良い悲鳴だ!」
 
RN ガンマ堂のうれしい悲鳴は「レアなカードが当たりまくってうれしい!!」とのこと!
 
とーやま校長「えっとレアなカードが当たりまくっている?これはどういうことだ?」
 
ゲームセンターなどにある100円を入れるとカードが出てくるゲームを月に2回ほどやっているのそうなのだが…
 
ガンマ堂「レアが出まくるんですよね、最近!」
 
とーやま校長「だって、毎日やっていても出ないやつもいるんだろ?それがガンマ堂はたまにやっていて出るんだ!出た瞬間はどんなこと思うの?」
 
ガンマ堂「“おお…!!”みたいな」
 
とーやま校長「わりとそこでは冷静なんだね」
 
よしだ教頭「でも心の中では?」
 
ガンマ堂「フウウーーーーッ!!!」
 
とーやま校長「それだ!それ!(笑)今はレアカードを何枚くらい持っているの?」
 
ガンマ堂「だいたい11〜12枚くらいです!」
 
とーやま校長「おお!!結構持っているね!引きが強いのかな!」
 
ガンマ堂「でも、こんなところに運を使いかいたくないんですけどね」
 
よしだ教頭「急に冷静になるな!(笑)」
 
とーやま校長「でもこれは勢いがあるってことで、前向きにとらえて良いんじゃないかな!」
 
よし!最後にもう一度聞かせてくれえれぃ!!
 
ガンマ堂「レアカード最高ォーーーーーーッ!!!」
  
sol130527_04.jpg

この勢いのまま、次の生徒に逆電です!
 
ステレオマイスター 兵庫県 17歳 男
 
ステレオマイスター「きゅーかいめの△■※●△■※●☆■○▲※?できましたぁああーー!!!」
 
とーやま校長「ゴメン!もう一回言ってもらっていい?7割分からなかった(笑)」
 
よしだ教頭「ちゃんと受話器との距離を考えて喋りなさいよ(笑)」
 
ステレオマイスター「9回目の告白で始めて彼女ができました!!」
 
RN ステレオマイスターは、同じ女子に告白して、ずっと振られ続けていたが、9回目の告白でOKを貰ったとのこと!
 
とーやま校長「俺、自分のことじゃないんだけど、すごいうれしい!!」
 
よしだ教頭「片思いしている全ての人に、希望を持たせてくれるな!」
 
その女の子は去年、RN ステレオマイスターの学校に転入してきた!
去年の修学旅行の時、旅行に行かない居残り組として、学校に一緒に残ったことがきっかけで、仲良くなり、その日の帰り道で好きになった!
 
とーやま校長「それで、いつ初めて告白したの?」
 
ステレオマイスター「その3日後に一緒に遊びに行った時です」
 
よしだ教頭「早いな!!」
 
ステレオマイスター「告白して“ごめんなさい”って言われて、その1週間後に動物園に一緒に行って、そこでまた告白して…ダメでした!」
 
よしだ教頭「本当に行動が早いな!」
 
そこからどんどん告白の回数を重ねていったRN ステレオマイスター!
そして先週、その子の誕生日にプレゼントを渡して、夜の公園で9回目の告白をしたとのこと!!
 
ステレオマイスター「それで、“時間を頂戴”って言われて…」
 
とーやま校長「そのパターンは今まではなかった?」
 
ステレオマイスター「7〜8回目ぐらいから、“時開を頂戴”って言われました」
 
よしだ教頭「だから!“時間を頂戴”で、なんですぐにもう1回いちゃうんだよ…!!(笑)」
 
ステレオマイスター「それで…次の日に会う約束をして、会って、そこでついにゴールインと…!」
 
よしだ教頭「ゴールインじゃないと思うけどな(笑)」
 
とーやま校長「向こうからOKが来たと…!その時の嬉しい悲鳴をもう一回聞かせてくれ!!」
 
ステレオマイスター「△■※●☆?できましたぁあああーーー!!」
 
よしだ教頭「“彼女が出来ました!”って言ってるの?」
 
ステレオマイスター「はい!」
 
よしだ教頭「“キャラ弁が出来ました!”って言ってると思った(笑)」
 
うれしさのあまり言葉にならないRN ステレオマイスターの悲鳴!!
 
とーやま校長「まあ、キャラ弁もそのうち作ってもらえばいいじゃん!(笑)」
 
よしだ教頭「次のデートはまだ決まってないの?」
 
ステレオマイスター「明日、学校の帰りるんですけど、まだ決めてなくて」
 
よしだ教頭「何か、したいことはないの?」
 
ステレオマイスター「うーん…ブラブラとラブラブと…ね!」
 
よしだ教頭「“ね”じゃないよ!」
 
とーやま校長「何か、含みがあるな。なんかするんだろ!?」
 
ステレオマイスター「まあ…チューとか(照)」
 
よしだ教頭「だから早いよもうちょっと時間を空けなさい!!!」
 
改めて、RN ステレオマイスターのうれしい悲鳴を聞かせてもらう!
 
ステレオマイスター「大好きな彼女を幸せにします!!」
 
お幸せにーーーー!!
 
sol130527_05.jpg

らぐっち★ 東京都 16歳 女
 
らぐっち★「こうはいがッッ!!△■※●☆■○▲※?てすみましたッーー!!」
 
よしだ教頭「みんな、ちゃんと叫ぶときに受話器との距離を測って!!」
 
とーやま校長「まあ、叫びって伝えるものじゃなくて、思わず出てくるものだからな!」
 
RN らぐっち★の叫びは“後輩がたくさん入って、廃部にならずに済みました”!!
化学部に入っているのだが、去年は2人しか入らず、後1人抜けると同好会になって廃部になる寸前だった…!
 
とーやま校長「どんな勧誘したの?」
 
らぐっち★「それはもう“廃部になります”ってことをひたすら前面に押し出して…」
 
よしだ教頭「本当に心に訴えたんだね!」
 
らぐっち★「心を掴むしかないと!それで仮入部の実験で“カルメ焼き”や色が変わる実験をして、とにかく見て分かる、楽しそうな実験をしました!」
 
そしてそんな勧誘の結果、今年の化学部の人数は…?
 
らぐっち★「2人から、29人までに増えました!!」
 
校長&教頭「すごいな!!!」
 
今は、1年生が一番多い部活になっているとのこと!!!
 
とーやま校長「自分ではこんなに入ってくると思った?」
 
らぐっち★「7人くらい入ればいと思っていたので…!」
 
とーやま校長「これは嬉しかっただろ?」
 
らぐっち★「はい!入部届けがドサッてあって、厚さが1cmくらいあるんですよ!!」
 
よしだ教頭「それは紙質の問題だろ(笑)」
 
らぐっち★「今まではペラペラだったのに!」
 
よしだ教頭「らぐっち★のプレゼンが良かったんだよ!!」
 
とーやま校長「今の部活は活気があって楽しいだろ!」
 
らぐっち★「楽しいです!!」
 
とーやま校長「後輩もたくさん出来て、教えることもたくさんあるだろうけど、これからもどんどん楽しくしていってほしいな!」
 
最後にもう一度、嬉しい悲鳴をお願いします!!
 
らぐっち★「実験しまくって化学界のケミストリーを起こしてやる!!」
 
sol130527_06.jpg

前回、男と女の掲示板逆電の時に電話をつないだRN スーパー純白パプリカ!
どんなことがあって嬉しい悲鳴をあげたいのか教えてくれ!!
 
スーパー純白パプリカ「フォォアッチャァァーーーー!!!」
 
よしだ教頭「完全、悲鳴だね(笑)!」

RN スーパー純白パプリカの悲鳴をあげるほど、嬉しかったことは!?
  
スーパー純白パプリカ「大切な人を僕の歌で泣かせてしまいました!!」
 
小さい頃からRN スーパー純白パプリカのことをかわいがっている、第二のお父さんみたいな人の結婚式が一昨日あり、披露宴の余興として、RN スーパー純白パプリカがオリジナルの曲を作って歌ったとのこと!!
普段は、アーティストのカバーをしているが、今回の結婚式のために、オリジナル曲に挑戦したという!!
 
スーパー純白パプリカ「お父さんが作詞で、僕が作曲しました!」
 
作った曲は『いっぱいいっぱい』、『きっと』の2曲!
 
スーパー純白パプリカ「その2曲を歌って、新郎新婦の2人を泣かせてしまいました!」
 
とーやま校長「新郎新婦の2人はどんな感じだったの?」
 
スーパー純白パプリカ「歌う前に、“がんばれよ”って励ましてくれて、それで一生懸命歌ったって、2人の方を見たら、目から涙がこぼれ落ちていて…」
 
とーやま校長「その2人の顔を見て、どんなことを思った?」
 
スーパー純白パプリカ「“曲を作って良かったな”とか、“この先も頑張って二人で人生を歩んでいってほしいな”とかですね…!」
  
とーやま校長「それは幸せな時間だったんだろうな」
  
よしだ教頭「第二のお父さんも、純白パプリカがこれだけ大きくなって、嬉しいんじゃない?」
 
スーパー純白パプリカ「そうですね、こんなに立派になって、“お金あげちゃう”って2000円を貰いました!」
 
よしだ教頭「もうプロじゃん!!ギャラを貰ったってことだよ!」
 
そして、今ギターが手元にあるということで、『きっと』を歌ってもらうことに!!
 
♪ きっと / スーパー純白パプリカ
 
とーやま校長「パプリカ。男と女の掲示板の時と…落差が激しすぎだよ!!めっちゃ良い曲じゃん!」
 
スーパー純白パプリカ「如意棒ですか?」
 
とーやま校長「如意棒はいいんだよ!!やめろ!(笑)」
 
よしだ教頭「しかも弾きながら、ハーモニカ吹いてたの?」
 
スーパー純白パプリカ「はい、ブルースハープを!」
 
とーやま校長「歌詞も素敵だし、曲も良いわ〜!」
 
よしだ教頭「歌も上手だし、気持ちが届くし!」
 
掲示板にも生徒からの感想が届いています!


すごいっ
なんだ、なんだー?(笑)うますぎる。感動しちゃったよーっ。鳥肌たちました。

リラリラックマ
女/18/山口県
2013/05/27 23:37



 
とーやま校長「披露宴の時の景色がパッと浮かんだわ」
 
よしだ教頭「泣きそうになったよ!!」
 
スーパー純白パプリカ「泣いてください!」
 
よしだ教頭「泣くと放送にならないから!」
 
とーやま校長「今はあげられないけど、今度、よしだ教頭を見つけたら2000円くれるから(笑)」
 
よしだ教頭「俺、ホントにあげちゃうわ。純白パプリカに見つからないようにしないと(笑)」
 
最後にもう1度、嬉しい悲鳴を聞かせてくれ!!
 
スーパー純白パプリカ「頑張ってよしだ教頭見つけるぞ!!」
 
よしだ教頭「そっちかい!!(笑)」
 
演奏ありがとう!
 
sol130527_07.jpg

次の生徒は…?
 
おとっくす 愛知県 17歳 男
 
おとっくす「イィィヒャッハーーーッ!!」
 
よしだ教頭「なんでみんな民族的なの!?」
 
RN おとっくすはどんな嬉しいことがあったのか!?
 
おとっくす「好きな子と手を握ったまま、寝ちゃいました!!」
 
先日、高校の野外学習でペンションに泊まったRN おとっくす!!
就寝後、先生がいなくった後、友達3人で女子と連絡を取り合って、女子の部屋にこっそり遊びに行った!!!
 
おとっくす「入ったら、もう花園ですよ!!」
 
とーやま校長「花園!(笑)まあたくさん女子がいるんだもんな!」
 
おとっくす「とりあえず、先生に見つからないように布団にはいって隠れたんですけど…」
 
よしだ教頭「だってその布団に女子が入っているんでしょ?」
 
おとっくす「はい!」
 
RN おとっくすが入った布団は、別の女子の布団だったが、向かいの布団に好きな子が寝ていた!
RN おとっくすが横向きになって寝ていたら、手を握られた感触がして……!!
 
おとっくす「“へっ?”って思って、ふと見たら、その好きな子が手を握っていて!!“これはヤバイな!”って思って…握り返しました!!」
 
とーやま校長「ヒィーーーー!!!!何その状況!まず好きな子と手を触れられる!それだけでもいいのに、だけど隣には別の女子が居るんだろ!たまらんね!一晩中いたの?」
 
おとっくす「一緒に寝てた女の子がトイレに行って戻ってきたら、先生が廊下にいるから、“そろそろ戻った方がいいんじゃないか”ってなって、それで、男子の部屋に4時くらいに戻って寝ました!」
 
よしだ教頭「それでも結構いたんだね〜!」
 
とーやま校長「今でもその時のこと思い出すだろ!!」
 
おとっくす「はい、戻りたいですね!」
 
最後にもう1度、叫びを聞かせてもらいます!!
 
おとっくす「手を繋いだだけじゃ、物足りない!テスト終わったら告白します!!」
  
電話ありがとう!!告白が成功するように応援しています!!

それでは、本日の黒板のお時間です!
 
sol130527_08.jpg

『 幸せだって生きている 』
  
幸せだって生きていて、その場にじっとしているんじゃなくて、
動いていて、脈を打っている。
 
幸せも、見ているし、聴いているんだよ。
 
今日はみんなにうれしい悲鳴をあげてもらったけど、
“うれしいことがそんなに無いな”なんてやつも、ちょっとでも嬉しかったら声をあげたり、体を動かしてみよう。
 
そうすれば、それを見て、聴いた、幸せが気付いて、
幸せの方から向かって来てくれるんじゃないかな!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
ガンマ堂 沖縄県 17歳 男
ステレオマイスター 兵庫県 17歳 男
らぐっち★ 東京都 16歳 女
スーパー純白パプリカ 愛知県 14歳 男
おとっくす 愛知県 17歳 男
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
fax130527_01.jpg
RN 紫の踏切 岩手県 14歳
 
fax130527_02.jpg
RN あめひこ
 
fax130527_03.jpg
RN アキライ
 
fax130527_04.jpg
RN supernova観測 新潟県
 
fax130527_05.jpg
RN あずき豆 弟兄
 
fax130527_06.jpg
RN アキライ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:06 宇宙の果てはこの目の前に / andymori
22:27 Jump / Van Halen
22:43 Keep Your DISCO!!! (Album Mix) / the telephones
22:50 Across The Sky / Space Cowboy
23:16 Handy Man / Perfume
23:40 Sing A Song Together / OKAMOTO'S
23:49 この高鳴りをなんと呼ぶ / 忘れらんねえよ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
淳治先生、なんすか?
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
嬉しいときは、しっかりリアクションしていこう!
「幸せ」を、周りに届けよう!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
so130524_01.jpg

『 東京 』
 
SCHOOL OF LOCK!とSony Music、そして、auが送る、10代限定!夏のLOCKフェス!閃光ライオット2013!
 
今年も応募総数は1万通超え!2次スタジオ審査に進んだのは、その中からおよそ900組!
そして、3次LIVE審査に進出を決めたアーティスト全40組を今週の月曜日から木曜まで4日間かけて発表しています!
今年の3次審査の会場は、札幌、大阪、名古屋、東京の4会場!
 
今夜は、6月30日 日曜日渋谷O-WESTで行う、東京会場に出演するアーティスト11組を発表していくぞ!
 
今夜の11組の発表が終わると、今年の閃光ライオット全出場アーティストが決定します。
 
null

それでは!東京会場、1組目のアーティスト、発表するぞォーーー!!!
 
埼玉県出身、4ピースバンド!!
メンバー変更、路線変更を経て、閃光ライオット今年3度目の挑戦!
sjk.jpg
  
水上カルビ
 
♪ プロムナード / 水上カルビ
 
とーやま校長「いいね!夕焼けが差す川沿いで聴きたい!」
 
よしだ教頭「透明感のある声なんだけど、少しかすれた感じがして…!」
 
とーやま校長「そのかすれたボーカルの声が、少しだるそうなんだけど、そうじゃなくて、それ以上に熱さがあって。それが声に、全体に帯びている!」
 
よしだ教頭「ギターの永井君の名前、“風”に“思う”で風思(ふじ)くんっていうのか!カッコイイな!」
 
一方で、とーやま校長はボーカルの宮崎君に目が留まり…!
 
とーやま校長「これ、ボーカルの宮崎 征さ……やましげ校長だよね?バンド活動していたのか?(笑)当日はどんな歌い方で、どんな動きをするのか楽しみだな!」
  
3度目の挑戦!よくたどり着いた!!
 
続いて、2組目!!
群馬県出身、4ピースバンド!!
3度目の挑戦で初のライブ審査進出!
一人でも多くの人に、この音楽を届けたい!
ifg.jpg

Ivy to Fraudulent Game
 
♪ adult / Ivy to Fraudulent Game
 
とーやま校長「すごい繊細な音楽なんだけど…!」
 
よしだ教頭「力強さもあって!」
 
とーやま校長「いろんな感情が同居している!!」
 
よしだ教頭「このバンドも3度目の挑戦なんだね」
 
とーやま校長「この1年間で、いろんなことを考えて、練習したんだろうな…!ベースが良い!一撃が重いベースが!!」
 
3組目
東京都出身、5人組バンド!!
やばい!勝手に「オイ!」が「オイ!」が、口から飛び出すぞ!
grf.jpg

我 ROAD FRONTIER
 
♪ 金獅子 / 我 ROAD FRONTIER
 
とーやま校長「『我 ROAD FRONTIER』ってバンド名がどういうことなのかなって思っていたけど、こういうことか!」
 
よしだ教頭「出来ること、やれることが多くないか、この子達!?」
 
とーやま校長「たしかに引き出しが多い!琴の音とか聴こえて…!」
 
よしだ教頭「“和”な感じがね!」
 
とーやま校長「ホントにね、これはO-WESTに集まったみんなは捻じりハチマキをしちゃうんじゃないか!?」
 
よしだ教頭「お祭り感がありますよね!」
 
曲中の「オイ!」に校長&教頭も興奮!
ボーカルのRyoのマイクをグルグル回すパフォーマンスも楽しみ!!
 
4組目!!
ドラム女子!ベース女子!ギターボーカル男子!
千葉県出身高校3年生3ピースバンド!!
歌声がきれいですねぇーー!!
rca.jpg

Rucia
 
♪ 螺旋 / Rucia
 
とーやま校長「きれいな声だね」
 
よしだ教頭「揺れちゃう…。ボーカルが男の子で、女の子がリズム隊なんだよね?」
 
とーやま校長「なかなか珍しい編成だね。でも素敵なメロディーと演奏と声!」
 
よしだ教頭「いいバランス!」
 
とーやま校長「同じ高校の軽音部の3人組!ベースの優海ちゃんが歌と踊りが好きで、ベース弾きながら揺れている感じが伝わってくる!!」 
 
so130524_03.jpg

5組目!!
埼玉県出身5人組バンド!
同じメンバーで、2度目の挑戦!初のライブ審査進出!!
そしてボーカルが自他ともに認める…根暗!!
atk.jpg
 
ARUKI-TSU-KARATE 

♪ ラグ / ARUKI-TSU-KARATE
 
去年の2次審査は自分達のなかではボロボロだったというARUKI-TSU-KARATE。
 
とーやま校長「去年は2次審査の3日前に、彼女にフラれて急きょ歌詞を変えた曲を演奏してくれた!!」
 
よしだ教頭「想いを一つ乗せて歌ってくれたのかな」
 
とーやま校長「そして、ボーカルが自他共に認める、根暗…!!」
 
よしだ教頭「いいじゃない!いいじゃない!」
 
とーやま校長「曲を聴いているとポップで、曲調も前向きな感じだから、そういう感じがしないね…。でもそれが、こういう曲を作るのかな?」
 
よしだ教頭「それも個性だね!」
 
続いて6組目!!
東京都出身、女子4ピースバンド!
日比谷のステージに立つ事が、結成当時からの目標!!
ただし、現在ギタリスト募集中!
gdj.jpg

GaudyJunk
 
♪ ビターシュガー / GaudyJunk
 
とーやま校長「ポップ!!めちゃめちゃポップ!!」
 
よしだ教頭「いいね!」
 
我が校の女子生徒もキュンキュンする小悪魔さ!
 
とーやま校長「男子もキュンキュンしてるんだろうな!!」
 
よしだ教頭「この声には男子はやられるでしょ!」
 
とーやま校長「メロディーも秀逸!」
 
よしだ教頭「歌詞もいい!!」
 
とーやま校長「みんな、かわいらしい!男子すぐ見て!!この4人が歌ってるぞ!」
 
現在はギターを募集中!
2次審査では、サポートで20歳の田島さんが演奏してくれていた!
3次審査はどうなるのか…!?そこも気になります!! 
 
7組目!!
埼玉県出身の大学生!
きれいな歌声、きれいなメロディ、きれいなギター。
音楽で人を楽しませたり、悲しませたりしたい!
mt.jpg

前田大志
 
♪ あいまい / 前田大志
 
前田大志も3度目の挑戦!!
 
とーやま校長「染み入るとはまさに、このことだ!!ギターはアルペジオなのかな?難しいのにきれいなギターで、この歌い方もきれいじゃないか…!決まりきったメロディーに合わせて歌っているんじゃなくて、詞によっては詰めたりして…」
 
よしだ教頭「演奏もすごい!」
 
とーやま校長「そして、作詞で影響を受けたのが、長渕剛先生!」
 
よしだ教頭「意気込みがいいですよね。“音楽で人を楽しませたり、悲しませたり、励ましたりして、飯を食っていきたい”って。“飯を食っていきたい”ってなかなか言えないですよね」
 
とーやま校長「他の曲も聴いてみたい!明るいのか、沈む感じの曲なのか…!」
 
so130524_05.jpg

どんどん行くぞ8組目!!
東京都出身3ピースバンド!
ただいま全国ツアー真っ最中!え?全国ツアー!?
閃光ライオット初挑戦にして3次審査進出!
anz.jpg
  
安頭
 
♪ 後の祭り。 / 安頭
 
とーやま校長「いやーァ!!熱い!!」
 
よしだ教頭「ワッショイな感じですね!」
 
とーやま校長「いやぁ、これは3ピースの醍醐味が溢れている!!」
 
活動1年で全国ツアーを行い、既にファンもかなりいるとのこと!!
 
よしだ教頭「ホントに!?すごいなあ…!!」
 
メッセージは一言!「祭ります」
 
よしだ教頭「祭っちゃってください!!」
 
9組目!!
埼玉県出身、ホーン隊含む7人編成!
バンドメンバー7人中3人が“鈴木”!
とにかく楽しい事がしたい!
sat.jpg
 
鈴木心&トラベルエア
 
♪ よーこそ / 鈴木心& トラベルエア
 
とーやま校長「この曲、1曲目に聴いたら幸せだよ!!」
 
よしだ教頭「その日、1日が最高ですよ」
 
大学のモダンジャズ研究会のメンバーで、今年の3月に結成!
 
よしだ教頭「歴が浅いなぁ…!」
 
とーやま校長「まだ日が浅いけど、みんなテクニック持っていて!心のつながりとかで、ここまで来くることができるんだ…!」
 
バンド名の名前の由来は『ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ』の音のイメージだそう!
 
よしだ教頭「最近ないですもんね、こういう名前」
 
10組目!!
神奈川県出身、高校3年生と大学1年生の4ピースバンド!
「良く声がいいね」と言われます!
「難しい事やってるね」と言われます!
「かっこいいね」と言われると嬉しいです。
tdk.jpg
 
とけた電球
 
♪ いらない / とけた電球
 
とーやま校長「不思議で…声がいい」
 
よしだ教頭「確かに声がいい!」
 
とーやま校長「結成してまだ1年経ってないだって、すごいよね」
 
よしだ教頭「本当に…!」
 
とーやま校長「なんでみんなここまで、出来るのかな…!」
 
ボーカルが声をかけて集まったこのバンド!
音楽の趣味が違う4人が集まって、1つのものを作り出している!
 
とーやま校長「それは諸刃の剣であって、ぶつかり合うこともあるんだろうけど、それが良い作用をして…!」
 
よしだ教頭「いいところに着地することもあるもんね、ぶつかった結果が!」
 
so130524_04.jpg

全40組の中の最後!!東京11組目!!
茨城県出身4ピースバンド。
去年実力が伴わない事が本当に悔しくて、この1年間ずっとライブをしてきた!
その力をみんなに見せてやれ!!
tqr.jpg

the quiet room
 
♪ Hello Hello Hello / the quiet room
 
とーやま校長「今まで4日間発表してきて…、“40組の最後がthe quiet roomでよかった”って思った。この『Hello Hello Hello』を聴いたら、今までの40組の顔とか、今回2次審査には見にいけなかったけど、2次審査で演奏したやつ、デモテープを送ってくれたやつの映像が浮かんできた…!それでこの曲で…」
 
よしだ教頭「“こんにちは、こんにちは、こんにちは”だもんね」
 
とーやま校長「去年は知り合いが閃光ライオットに出ていて、自分達は2次審査で敗退だったらしい…それは悔しかったんだろうな。この1年間ものすごい頑張ったんだろうね!!」
 
よしだ教頭「よく頑張りました!!」

so130524_06.jpg

これで、閃光ライオット2013第3次LIVE審査出場者の発表がすべて終わりました!!
第3次ライブ審査の会場はもちろん入場フリー!
キミが来ないとライブが始まらない!
全部じゃなくても、ちょっとの時間でもいいから遊びに来てくれ!!

そして、せっかくライブを楽しむなら、今日の出場アーティストの音源をWEBサイトで聴いてからライブで盛り上がろう!!
 
6月30日、渋谷O-WESTを日本で1番熱い場所にするぞ!!
 
そして、黒板のお時間です!!
 
so130524_07.jpg

『 好きは強い 』
 
みんな上手い!
みんなカッコイイ!
音楽に対する気持ちがすごい!!
 
俺や教頭、そして職員はその想いをちゃんと受け取った!
ありがとう!
 
一番思ったのは、みんな音楽が好きだってこと。
その中でより強かったやつが、この月曜から今日まで発表した40組だと思う!
 
“音楽が好き”って気持ちは強い!
どんなテクニックや理論を知っていてもそれをゆうゆうと越えてしまうのが“好き”って気持ち。
 
3次審査に進めなかったやつ、
終わりじゃないんだ。だから、嫌いにならないで。
 
元々自分がやって来た、音楽、バンド、ギター、声、全てをもっと好きになってほしい。
 
40組に選ばれたやつも、フラれながら、ずっと気持ちを伝え続けてきたんだから。
 
ずっと好きって言ってれば、音楽の方から好きになってくれる!!
 
今日で終わったんじゃない!!
始まったんだよ!!!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
fax130523_02.jpg
RN 智薪
 
fax130523_03.jpg
RN あめひこ 埼玉県
 
fax130523_04.jpg
RN 赤秋
 
fax130523_06.jpg
 
fax130523_05_.jpg
 

null
RN アキライ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:03 プロムナード / 水上カルビ
22:11  adult / Ivy to Fraudulent Game
22:25  Don't Cry / 新山詩織
22:31  金獅子 / 我 ROAD FRONTIER
22:36  螺旋 / Rucia
22:39  ラグ / ARUKI-TSU-KARATE
22:42  ビターシュガー / GaudyJunk
23:47  あいまい / 前田大志
23:29  後の祭り。/ 安頭
23:33  よーこそ / 鈴木心&トラベルエア
23:37  いらない / とけた電球
23:41  Hello Hello Hello / the quiet room
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
閃光ライオットはいつも胸を熱くしてくれるよ。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
さあ、あとは、札幌、大阪、名古屋、東京で遊ぼうぜ!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
20130522_sol00.jpg

 
『 名古屋 』
 
今日で3日目!
 
閃光ライオット2013 第3次LIVE審査 出場者決定スペシャル!
 
SCHOOL OF LOCK!とSony Music、そして、auがおくる、10代限定!夏のLOCKフェス!
 
閃光ライオット2013!
 
今年の応募総数、1万通以上! 2次スタジオ審査に進んだのは、およそ900組!
そして、その中から、3次LIVE審査に進出を決めたアーティストたち、
全40組を、今週の月曜日から4日間を使って発表しています!
 
今年の3次審査の会場は、札幌、大阪、名古屋、東京の4会場!
月曜日と火曜日で発表した、札幌と大阪に引き続き、
今夜は、6月23日 日曜日!名古屋DIAMOND HALLで行う
 
名古屋会場に出演するアーティスト10組を発表していく!
 
20130522_sol01.jpg

 
名古屋ダイアモンドホールも、入場無料!
お昼頃開演、夕方終演を予定!
詳しい時間やアーティストの出演順は、後日サイトで発表するのでお楽しみに!!!
 
MCはとーやま校長とよしだ教頭!
そして、生徒のみんなが来てくれないと、LIVE“審査”は成立しません!
当日のLIVEに対する盛り上がりは、ファイナリストを決める審査に大きく影響!
お前と同世代のアーティストの光を浴びに来てほしい!
 
今年は出演アーティストの都合もあって、全会場シャッフル制度を導入!
つまり、名古屋の会場に、他の地域のアーティストが参加する可能性もあります!
 
つまりこれは、近くの会場だけで、いろんな地域のアーティストに会えるってこと!
 
今夜も発表していくアーティストの情報と音源は、
スマホとPCの閃光ライオット特設ページに、バンド名を発表したタイミングで、どんどんアップしていきます!

今夜も、みんなが音源を聴きながら感じたことを、教えてくれ!
 
20130522_sol04.jpg

 
それでは発表していきまっしょい!!!
 
まず1組目は…!
 
愛知県 平均年齢 16.8歳 高校生 5ピース!
「あ〜最近、心の肌荒れ気になるわ〜…」
そんな音楽栄養不足のあなたに、ぜひオススメしたいのがコチラ!
女子と男子のツインボーカルは、心に有効な成分を大量に含んでおります!
 
緑黄色社会
 
1_ros.jpg

 
♪ マイルストーンの種 / 緑黄色社会
 
とーやま校長「かっけぇなぁ〜!!」
 
よしだ教頭「いいですねぇ〜!」
 
同じ高校の5人で結成!
実はこのバンド、2011年のZepp Nagoyaで行った3次審査にメンバーが観に来てくれて、
その時、会場にあったカメラの前で、“閃光ライオットに出る!”と宣言していたんだ…!
そして見事に!その言葉を実現させてくれましたぁ――――!!!!!
 
よしだ教頭「有限実行!かっこいいねぇ〜!!!」
 
ちなみにバンド名の由来は、みんなでバンド名を考えている時に、メンバーが“緑黄色野菜”という言葉を、“緑黄色社会”という言葉と聞き間違えて…
 
とーやま校長「…それだけ(笑)!」
 
よしだ教頭「シンプル(笑)!!でも始まりってそんなもんだよね!」
 
第3次LIVE審査 出場おめでとう〜〜〜!
 
 
続いて2組目は…!
 
全国の音楽業界の皆さん!
コチラが、今年の目玉ルーキーの一組でございます!!!!!
世界一ギターがうまい14歳!そして、世界一ドラムがうまい16歳!
2人の名前だけでもぜひ、覚えて帰って下さい!
 
竜之介 and KenT
 
2_rak.jpg

 
♪ 応援歌 / 竜之介 and KenT
 
とーやま校長「めちゃめちゃいい!!歌詞もすぐ入ってくる…!」
 
ドラムを叩いているのが、16歳のKenT!そして、ボーカル・ギターが竜之介!なんと14歳!
KenTはドラム歴6年、そして竜之介はギター歴10年!
2次審査の時に、2人にそれぞれソロをやってもらったのですが…
 
とーやま校長「2次審査の映像を見たんだけどね…2人ともめっちゃくちゃうまくて!!!!間違いないよ、世界一のギターとドラム!!!!!」
 
よしだ教頭「ほんとにすご過ぎ!!!!!竜之介はまだ中学生でしょ!!!!?」
 
実は竜之介は昔テレビに出演して、char先生とギターのセッションをしたことがあるとのこと!
 
よしだ教頭「えぇ!?俺、それテレビで観たことあるかも(驚)!!!!」
 
『勝つために頑張るんじゃなくて楽しみます!』と閃光ライオットへの意気込みを語ってくれた2人!
 
この2人を見逃したら損だぞォ―――――――――!!!!!!
 
 
3組目は…!
 
東京都 平均年齢18歳 4ピース!
今年の3月、東京・下北沢を本拠地にオープンした魔法のお店!
取り扱っているのは、センスのいい音楽のみ!
まずは1曲お試し下さい!ショップの名前は…コチラです!!!!!
 
ARCHAIC RAG STORE
 
3_ars.jpg

 
♪ NEXUS / ARCHAIC RAG STORE
 
とーやま校長「演奏が地を這ってて、そしてその上を歌が乗っている感じ!」
 
よしだ教頭「かっこいいですね〜!バンド名もセンスいい!」
 
なんと活動をスタートしたのは、今年の3月!
…この短期間でこの完成度!?
 
応募資料には、『閃光ライオットは僕らの目標であり、更なる目標につながる通過点となってほしいと思います』と書いてくれていて、
将来は『日本に限らず、海外のフェスなどにも出場したい』そう…!
 
とーやま校長「うん、いいと思う!その考え方!!」
 
よしだ教頭「野望はデカい方がいいですからね!」
 
夢に向かってまずは3次審査当日!楽しんでくれよな―――――!!!!
 
20130522_sol02.jpg

 
さあさあ、ドンドンまいりましょう!!!
 
4組目は…!
 
群馬県 高校3年生 3ピース!
このバンド名を読めるかどうか…これが今後、“真のロックファン”を見極める手段になります!!
数字で書いて“34”!その正しい読み方は…!?
 
34
 
4_sjs.jpg

 
♪ ムラサキ / 34
 
とーやま校長「おぉ〜、勝負かけにきてる!!切り裂いてる感じがしていいね!!」
 
よしだ教頭「僕、2次審査で彼らの演奏を直接見たんですけどね、すごく印象に残ってるんですよ…!」
 
バンド名の読み方は、“さんじゅうし”!!
物語の“三銃士”と同じ!
 
去年の8月から本格的に活動開始!ドラムの櫻井ソロモンが作詞して、ボーカル・ギターの和輝が作曲!
ベースの友基は、2次審査の時点で既に…裸!!!
 
よしだ教頭「3人が3人、前に出ていこうとしてる感じ!すごく良いと思います!!」
 
とーやま校長「うん!個性、個性、個性って感じ!攻めていていいねぇ〜!」
 
 
5組目は…!
 
『希望をなくしかけていた高校生の時、自分を助けてくれたのが音楽。今度は私が、誰かを救いたいと思います』
彼女にとって歌うとは、生きること…!
大分県 19歳 シンガーソングライター!
 
池田 百花
 
5_ikm.jpg

 
♪ 待って / 池田 百花
 
とーやま校長「優しくて素敵な歌…心に染み入る!」
 
ギターを本格的に始めたのは1年前。
なのに、すでにオリジナル曲は…70曲!
 
ギターや曲作りも全て独学!そして路上でLIVEもしているそう!!
 
よしだ教頭「すごいなぁ〜!音楽への感謝が溢れているね!!」
 
応募資料に『高校生の時に、学校生活や家庭環境で辛い出来事が重なって、一度希望を失くしかけていた。その時に自分を助けてくれたのが、音楽だった』書いてあって…
 
よしだ教頭「同じように悩みを抱えている生徒がいたら、ぜひ会場で聴いてほしいな…絶対感じるものがあると思うから」
 
 
6組目は…!
 
愛知県 高校3年生 制服女子3人組!
“JKバンドだからニコニコしていればいい” “かわいくしとけばいい”“手抜いてもいい”
……そう言われるのが大っ嫌い!
JKだからって、手を抜いてねえんだよオラァァァァアアアアアア!!!!!
予定調和な日本の音楽シーンを、ぶっ飛ばすのは彼女達!!!!
 
Dolly Kiss
 
6_dlk.jpg

 
♪ Just Kidding / Dolly Kiss
 
とーやま校長「か、かっこいい!!」
 
よしだ教頭「ほんと、男前ェ〜!!!」
 
同じ高校の軽音楽部で結成!
…ちなみに冒頭の紹介文は、ボーカルギターのARISAが応募資料に書いてくれたこと!
キュートな3人の内側には、これだけ熱い想いが詰まっている!!!
 
とーやま校長「写真を観て分かる通り、3人とも可愛いんだけど、でも音楽はめちゃちゃかっこよくて…何このギャップ!!!?」
 
よしだ教頭「生半可な男子じゃ相手にされないでしょうね!」
 
これは当日が楽しみだァ――――――!!!!!
 
 
7組目は…!
 
平均年齢 19.2歳 4ピース!
東京都 八王子出身!全国ツアーもこなすパンクロックバンド!!!
『正直、今までこういう…閃光…みたいなものに、少し抵抗はありました…ただ、実際受けてみたら、割と緊張したりして… 楽しかったです!』
 
INKYMAP
 
7_inm.jpg

 
♪ Just Like You / INKYMAP
 
とーやま校長「パンクだね!!かっこいい!!軽快でノリも良くて…!会場でみんながタオル回して盛り上がっているのが想像できる!!!」
 
よしだ教頭「曲が英語の歌詞だからかもしれないけど、日本人とは思えない良い声!!」
 
ちなみに今回試聴してもらっている曲は英語なんだけど、
日本語の曲もあるとのこと!!!
 
ボーカル・ギターの一真は、今までは閃光ライオットのようなものに抵抗があったらしく!
ただ、閃光ライオットを受けたことがあるメンバーもいて…色々話し合って、今回受けることになったそう!
 
よしだ教頭「色々悩んでやってみるのも一つの方法だよね!」
 
とーやま校長「そうそう!“とりあえずやってみる”っての全然アリ!!」
 
そして3次審査出場!!!
ここまで来たんだから、一緒に楽しむぞぉ――――!!!
 
20130522_sol05.jpg

 
さて
8組目は…!
 
あのイケメンたちが、再び3次審査の会場に降臨!
学生生活を終え、この1年は音楽一本に絞って活動!
そんな彼らの成長ぶりを見て、あの“モナリザ”の微笑みが、普段の数倍になっているらしい…!?
千葉県 平均年齢19.2歳 4ピース!
 
mock heroic
 
8_mch.jpg

 
♪ モナリザ / mock heroic
 
とーやま校長「…ねぇ、この曲さ、今すぐ俺の音楽プレーヤーに入れること出来ないの?めっちゃ好みなんだけど!!!」
 
去年は、3次審査東京会場に出演!
会場を盛り上げてくれて、「カッコイイ」コールも飛んでいたバンド!!!
この1年は、バイトなどをしながら音楽活動に専念していたそう!
 
よしだ教頭「お帰りぃ〜〜〜!!!」
 
とーやま校長「俺、覚えてるよ!すごいカッコイイと思ってた!!去年の面影はあるけどすごい幅が広がったというか!今回試聴できる音源も、こんな曲聴いたことない!!この4人…すごい事になってる!!!!」
 
3次大会出場おめでとう!!!当日会えるのを楽しみに待っているぞ〜!!!
 
 
9組目は…!
 
3度目の挑戦にして、ついに3次審査に出場決定!
自分の歌にとって一番大切なテーマは、ズバリ“時間”。
『きっと 過去は振り返らなくてもいい 積み重ねた分が 未来になるから』
広島県 高校3年生 シンガーソングライター!
 
田原 凌祐
 
9_tar.jpg

 
♪ Good Job. / 田原 凌祐
 
とーやま校長「今日一日頑張った生徒に“お疲れさま”って言ってくれているような曲…!」
 
よしだ教頭「ありがとうね!!諦めずに挑戦してくれて!」
 
歌作りを始めたのは、12歳の時。
閃光ライオットにもずっと応募してくれていて、ついに3次審査まで来た凌祐…!
ちょっと意外なんだけど、LIVE活動はほぼやっていないそう!
 
よしだ教頭「本当に!?そうは聴こえないけどなぁ…!この声、すごいクオリティ〜!」
 
そして彼が歌作りの時に一番大切にしているテーマが“時間”。
これについて話しだすと止まらなくなって、閃光職員が全くついていけないくらい深い話になるらしい…!
 
よしだ教頭「それだけの想いが彼の中にはあるんだね…!そういうの、すごく素敵なことだと思います!」
 
 
さあ、ついに最後の発表となりました…!
 
10組目は…!
 
それはまるで、喫茶店の人気デザートを彷彿とさせる世界観…!
デニッシュパンの上には、ソフトクリームとシロップ、そしてサクランボ!
その味は甘くて、 酸っぱくて…そして必ずクセになる!
愛知県 高校3年生 ガールズ4ピース!
 
シロノワールド
 
10_snw.jpg

 
♪ 夢落ち / シロノワールド
 
とーやま校長「リュックサックと飲み物持って、ぷらっと知らない街を散歩したくなるなぁ!」
 
よしだ教頭「それでたまたま入った喫茶店でこの曲が流れていたら最高だね!」
 
バンドを結成しておよそ2年!
バンド名の由来は、名古屋発祥の有名喫茶店の人気メニューからきているそう!
 
ちなみに今日の1曲目に紹介したバンド、“緑黄色社会”とはなんと…同じ学校!
完全なるライバルとのこと!!!!
 
奇跡のライバル対決…!これは見逃せないぞォ―――――――――!!!
 
20130522_sol03.jpg

 
さあ、これで、6月23日 日曜日 名古屋 DIAMOND HALLで行う
第3次LIVE審査 名古屋会場に出場する10組のアーティストが出そろいましたァ!!!
 
これまでに発表したアーティストたちのプロフィールと音源は、全てWEBサイトにアップされております!

今日の音源を聴いて、心がザワついてしまった生徒は、必ず当日の会場に来ること! 
 
何度も言うように、コレは、LIVE“審査”!
みんなの盛り上がりが、ファイナリストを決定します!
 
入場無料!出入り自由!
お前と完全に同世代のアーティストたちの光を浴びに来てくれ!
 
そして、8月4日、東京 日比谷 野外大音楽堂!
今年のファイナルを行う1日のスケジュールも、今から空けて待っていてくれ!
 
そして残すは、明日発表する
東京会場に出場するアーティスト11組!
 
明日もお楽しみにぃぃいいい―――――――――――――――――――!!!!!!!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
fax_130522_01.jpg
RN ほにょ暴走中
 
fax_130522_03.jpg
fax_130522_04.jpg
RN 智薪
 
fax_130522_05.jpg
RN アキライ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:04 マイルストーンの種 / 緑黄色社会
22:11 応援歌 / 竜之介 and KenT
22:26 スタンドアップ!シスター / YUKI
22:32 NEXUS / ARCHAIC RAG STORE
22:36 ムラサキ / 34
22:40 待って / 池田百花
22:47 Just Kidding / Dolly Kiss
23:21 Natural Venus / flumpool
23:33 Just Like You / INKY MAP
23:38 モナリザ / mock heroic
23:42 Good job. / 田原凌祐
23:47 夢落ち / シロノワールド
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
名古屋も熱いの確定!! 
あざした!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
名古屋もやべーな、みんな来てね!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
20130521_sol00.jpg

 
『 大阪 』
 
さあ、昨日に引き続き…!
 
閃光ライオット2013 第3次LIVE審査出場者決定スペシャル!
 
SCHOOL OF LOCK!とSony Music、そして、auがおくる
10代限定!夏のLOCKフェス!
 
閃光ライオット2013
 
今年の応募総数、1万通以上!2次スタジオ審査に進んだのは、およそ900組!
そして、その中から3次LIVE審査に進出を決めたアーティストたち、
全40組を昨日から4日間を使って発表しています!
 
今年の3次審査の会場は、札幌、大阪、名古屋、東京の4会場!
 
今夜は6月16日 日曜日 大阪 MUSEで行う、
 
大阪会場に出演するアーティスト11組を発表していく!
 
20130521_sol03.jpg

 
大阪 MUSEも、もちろん入場無料!
お昼頃開演、夕方終演を予定!
詳しい時間は、近日中にサイトで発表します!
ちなみにMCは…とーやま校長とよしだ教頭!!!!
 
そして生徒のみんなが来てくれないと、LIVE“審査”は成立しません!
当日のLIVEに対する盛り上がりは、ファイナリストを決める審査に大きく影響!
お前と同世代のアーティストの光を浴びに来てほしい!
 
ちなみに今年は、出演アーティストの都合もあって、全会場、シャッフル制度を導入!
つまり、大阪の会場に他の地域のアーティストが参加する可能性もあります!
 
近くの会場だけで、とんでもないバリエーションのアーティストの音を浴びることができます!
 
さあ、今夜も発表していくアーティストの情報と音源は、
スマホとPCの閃光ライオット特設ページに、バンド名を発表したタイミングで、どんどんアップしていきます!
 
今夜も、みんなが音源を聴きながら感じたことを、教えてくれ!
 
20130521_sol01.jpg

 
さあ早速!
出場するアーティストを発表していきましょう!!!
 
まず1組目は…!
音楽の海を渡るサカナたちの中に、2013年!
とてつもない新種が登場!
大阪府 19歳 3ピース!
 
フィッシュライフ
 
1_fsl2.jpg

 
♪ 沈黙のSummer / フィッシュライフ
 
とーやま校長「俺、もしCDショップで試聴したら速攻買う!!!めっちゃいい!!!」 
 
よしだ教頭「かっこいいねぇ〜!!!」
 
結成まだ1年!大学で出会った3人で組んだバンド!
バンド名は、『最近、名前に“サカナ”がついてるバンドがキてるから、サカナ系の名前なら注目されるかも?と思って、あざとくつけた』そう…!
 
よしだ教頭「自ら“あざとくつけた”って言っちゃうところ、潔くていいと思います!!!」
 
しかも、そう考えたのは、
去年、FISHMANS先生とサカナクション先生が共演していた“EARTH × HEART LIVE”を、ボーカルの直大が、ラジオでたまたま聴いていた時なんだって!
 
ちなみに3人は、去年それぞれ別のバンドで閃光ライオットに挑戦して、全員1次審査落ちしていて…!
 
とーやま校長「全く思えないけどな、コレ聴いたら……!!」
 
さて、2組目は…!
 
京都府 19歳 4ピース!
寒さで死んでしまうはずのない動物が、死んでしまう!
バンド名が表す矛盾は、この社会に対する、彼らなりの怒りと叫びそのもの!
世界にあふれる理不尽を、ロックの角で貫いてみせる!
 
凍死トナカイ
 
2_tst2.jpg

 
♪ 角で突け。 / 凍死トナカイ
 
とーやま校長「ガレージでブルースでロックンロールゥ〜!!!」
 
よしだ教頭「いやぁ〜、かっこいい!!!!!」
 
改めて、バンド名は、“凍死トナカイ”!
「寒いところで生きるはずのトナカイが、寒さで殺されてしまう。それと同じくらい、社会で生きるはずの人間を、社会が殺してしまう今の世の中に矛盾を感じる。それを伝えていくのが、オレたちの音楽だ」
 
とーやま校長「ボーカルの山根くんが言うには、“僕たちは、普通の人です。だから、みんなと一緒に怒ったりできるんです”だそうだけど…ちゃんと曲に想いが乗っかってると思ったよ!!」
 
よしだ教頭「うん、いいね!たまらん〜!」
 
続いて3組目は…!
 
滋賀県 高3&大学1年 4ピース!
バンド名の由来は『チャーリーとチョコレート工場』に出てくる“チョコの魔術師”ウィリー・ウォンカ!
だが!野音への想いは、そのチョコを全て溶かしてしまうほどの、過去最高温度を更新中!
 
WOMCADOLE
 
3_wcd2.jpg

 
♪ 黒い街 / WOMCADOLE
 
とーやま校長「かっこいい!!!」
 
よしだ教頭「かっこいですね〜!!!」
 
去年は2次審査で終わってしまって、その悔しさをぶつけるために、この1年間LIVEと曲作りを死にものぐるいでやってきた彼ら!
 
とーやま校長「2次審査では“中途半端な音楽はやめました”って言ってて…」
 
よしだ教頭「うん、全然中途半端じゃない!めっちゃかっこいいです!!!!」
 
改めて、バンド名の由来は、映画『チャーリーとチョコレート工場』に出てくる“ウィリー・ウォンカ”!
彼のように“ふざけて明るい感じでいきたい”との想いでつけたそう!
これは当日のライブが楽しみだぁ――――!!!
 
4組目は…!
 
滋賀県 19歳!
音楽に飢えたこの時代を救うため、時空を超えてやって来た4人組!
その姿はまるで、THE BEATLESのジョンとポールとジョージとリンゴ!
…いや、志村と加藤と高木と仲本!?
 
THE 地球連邦軍
 
4_tcr2.jpg

 
♪ Don’t you remember? / THE 地球連邦軍
 
よしだ教頭「俺好きだなぁ〜!!」
 
とーやま校長「レトロな感じが良いね!!!」
 
彼らのサイトの自己紹介には、『“平成のドリフターズ”と自ら称するロックンロールバンドです!』との文章が!
ちなみに説明しておくと、お笑い芸人の志村けんさんや加藤茶さんは、元々はお笑いと音楽をやる“ドリフターズ”ってバンドをやっていたんだ!
 
とーやま校長「そんなわけでTHE 地球連邦軍は、LIVEの時に4人で漫才も披露してくれるとのこと!」
 
よしだ教頭「え〜まじで!?楽しみ〜!!!!」
 
これはぜひ、会場に観に来てほしい!!!
 
5組目は…!
 
昔が白なら今は黒!
クラシックの英才教育を受けていた少年の音楽性は、
Black Musicに出逢った瞬間、オセロさながら、一気に真っ黒に!
日本のミドルイースト群馬が生んだ、18歳のHIP HOPアーティスト!
 
Onjuicy
 
5_ojc2.jpg

 
♪ Shake up / Onjuicy
 
とーやま校長「いやいやいや!!群馬出身じゃないでしょ?ニューヨークとかでしょ!?」
 
Onjuicyは、エレクトーン歴8年!昔は合唱団にも所属していて、どちらかというとクラシックの勉強をしてたらしいんだけど…
いつしか、Black Musicに目覚めたそう!
ちなみに、将来的にはラッパーとしてだけではなく、Black Music全般を手がけるプロデューサーなどをやっていきたいそう!
 
とーやま校長「つーか、このトラックも自分で作ってるんだもんな…」
 
よしだ教頭「音楽の英才教育を受けていたとはいえ、普通10代でここまで辿り着けるの!?」
 
20130521_sol05.jpg

 
6組目は…!
 
大阪府 18歳 4ピース!
“ハッキリ言って、同じ10代には、負ける気がしません!”
メンバーのルーツを素材につむがれる、美しい爆音!
 
-velvetnoise-
 
6_vns2.jpg

 
♪ 未成年 / -velvetnoise-
 
とーやま校長「今までの閃光ライオットで、いそうでいなかったタイプ!!いいね〜!!!」
 
ボーカルの陸は、2次審査で書いてもらったアンケートに「10代に負ける気がしません」と…その一行だけ!
 
よしだ教頭「その言葉、ハッタリじゃないね!!自信が音楽に表れています!!」
 
当日は会場で“ヘッドバンギング”したくなっちゃうかも!?
 
楽しみだぁ―――!!!!
 
7組目は…!
 
大阪府出身、6年の歴史を持つダンスチーム!
閃光ライオット史上初!ダンスだけで、3次LIVE審査にたどり着いた4人組!
ロングヘアを振り乱し、ホットパンツで踊り狂うその姿に、
全ての閃光職員が……………………ウァ〜オ(はぁと)!
 
chula
 
7_cla2.jpg

 
♪ A / RAINBOW
※この音源はchulaのオリジナルではなく、韓国のアーティスト“RAINBOW”の曲!
 
とーやま校長「今、動画でchulaのダンスを観てるんだけど…はぁ――――――ッ(はぁと)!!!!」
 
閃光ライオットは、始まって以来“応募スタイルは何でもいい!”と言い続けてきましたが…
ついに!ダンスだけで3次審査に出場するアーティストが登場しましたぁ〜〜〜!!!!
chulaは将来的には歌もやっていけたらと思っているそう!
 
ちなみに、“chula”とは、スペイン語で「生意気な可愛い女の子」の意味!
 
よしだ教頭「ダンスもキレがあるし、華もある!!」
 
とーやま校長「ほんと!みんな可愛いし、綺麗…!」
 
男子も、もちろん女子も!当日のchulaのダンスをお楽しみに!!!
 
8組目は…!
 
閃光ライオット2013 2次スタジオ審査 大阪会場調べ
“バンドマンに聴いた、あのバンドがスゴい!ランキング”堂々の第1位!!!!
そのフロントマンは、なんとわが校の生徒!
大阪府 18歳 4ピース!
 
ホワイトロリータ
 
8_wtl2.jpg

 
♪ 思い出 / ホワイトロリータ
 
とーやま校長「バンド名からは全然想像できないくらいカッコイイ!!」
 
よしだ教頭「確かに〜!バンド名は可愛い感じだもんね!」
 
去年に続き、2回目の挑戦!
そしてボーカル・ギターの昂斗は、SCHOOL OF LOCK!の生徒!
今は仕事をしながら音楽の道を諦めずに目指しているそう!
昂斗が音楽を諦めないと決めたのも、“閃光ライオットがあったからだ”って言っていて…
 
よしだ教頭「嬉しいなぁ〜!昂斗ありがとう!!」
 
とーやま校長「夢を諦めずにいる昂斗、本当にカッコイイぞ!!!!」
 
9組目は…!
 
“チャイムが鳴ったら戦の合図”!
ベースはギターの達人!ドラムはベースの達人!そして、ギター・ボーカルはクラシックピアノを弾きこなす!
…けど弾きません!!!!!
東京都 19歳!
とんでもない3人が大阪会場を襲撃!
 
余命百年
 
9_yhn4.jpg

 
♪ けいどろの暴走 / 余命百年
 
とーやま校長「俺すごい好きだわ〜!このゾワゾワする感じ…!」
 
よしだ教頭「神経を良い意味で逆撫でしてくるよね…!」
 
実はまだ結成半年!
 
ボーカルの佳太は2次審査で
『面白ければ正直、バンドじゃなくてもいい!ただ、今はバンドに興味があるだけ!』
と言っていて…!
 
とーやま校長「でね、このバンドでそれぞれが得意な楽器をやらない理由は、“いつもやってる楽器をやってても、つまんないから”なんだって!」
 
よしだ教頭「へぇ――!!!自分達が“楽しい”と思うことを追い続けている感じ、いいですね〜!!」
 
そして、閃光に応募した大きな理由の一つが、“野音に合う曲があるから、それを演奏したい”とのこと!
ちなみに、タイトルは“がらんどう”。
今回試聴してもらっている曲とは、また別の曲…!
 
こ、これは当日が待ちきれないぞぉ――――!!!!
 
10組目は…!
 
小学校6年の時にこの学校と出逢い、中学2年で音楽を始めた少女は、今年で16歳。
去年に続き、第3次LIVE審査に2回目の出場!
その手にはまだ、“未来の鍵”を握りしめたまま!
熊本県 シンガーソングライター!
 
れーな
 
10_rna2.jpg

 
♪ アンサー / れーな
 
とーやま校長「やっぱりいいね…!」
 
よしだ教頭「うん…!」
 
去年は熊本から東京会場にトップバッターで出場!
当時は15歳!
 
とーやま校長「会場では最年少だったんだけど、すげー堂々としてて…!」
 
よしだ教頭「あの時は家が遠いから、歌ってすぐに帰っちゃったんだよね…」
 
とーやま校長「1年間、色んなこと考えただろうな…。声も、顔も、去年よりさらに素敵になってる!!」
 
よしだ教頭「1年ぶりの再会、楽しみに待ってるよ〜!!!」
 
さあ、いよいよ最後のアーティストの発表です!!!
 
11組目は…!
 
大阪府出身!
結成わずか2ヶ月!閃光ライオットのために集まった3人組!
現時点の持ち曲は…たったの1曲!
しかし、勢いだけなら今年のガールズバンドNo.1!!!!
今、裸の心が走り出す…!
 
浪漫少女
 
11_rms2.jpg

 
♪ ワールドトワイライト / 浪漫少女
 
よしだ教頭「結成2ヶ月って…さっきだよさっき(笑)!!!全然そうには聴こえないよ!?」
 
閃光ライオットのために、3月の上旬に結成したばかり!それでこの音…!!!
結成したてのため、2次審査の時点では、持ち曲はこの1曲のみ!
ボーカルの里紗子は、ずっとガールズ3ピースに憧れていたそう!
 
とーやま校長「いや〜、今までの10組を聴いてさ、良い意味で“くせ者”が多いと思ったんだけど、そんな中で彼女らは真正面からきてるね!!!」
 
よしだ教頭「うん!そして“ずっとやりたかったガールズ3ピースを実現できている”っていう楽しさが、すごい伝わって来る!!」
 
20130521_sol06.jpg

 
…これで6月16日 日曜日、大阪 MUSEで行う、第3次LIVE審査 大阪会場に出場する
11組のアーティストが出そろいました!!!!!!
 
今日の音源を聴いて、心がザワついてしまった生徒は必ず、当日の会場に来ること!!
 
何度も言うように、コレはLIVE“審査”!
みんなの盛り上がりが、ファイナリストを決定します!
 
そして、8月4日、東京 日比谷 野外大音楽堂!!!!
 
MCには…とーやま校長とよしだ教頭!
 
今年のファイナルを行う1日のスケジュールも、今から空けて待っていてくれ!
 
明日は、名古屋会場に出場する10組のアーティストを発表するぞ!
 
お楽しみに〜!!!!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
fax_130521_01.jpg
RN libro
 
fax_130521_02.jpg
RN つっちんでした。 広島県 16歳 男
 
fax_130521_03.jpg
RN 紫の踏切 岩手県 14歳
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:04 沈黙のSummer / フィッシュライフ
22:13 角で突け。 / 凍死トナカイ
22:24 高嶺の花子さん / back number
22:34 黒い街 / WOMCADOLE
22:37 Don't you remember?> / THE 地球連邦軍
22:41 Shake up / Onjuicy
22:44 未成年 / -velvetnoise-
22:48 A / RAINBOW
23:13 17才 / Base Ball Bear
23:33 思い出 / ホワイトロリータ
23:36 けいどろの暴走 / 余命百年
23:40 アンサー / れーな
23:44 ワールドトワイライト / 浪漫少女
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
大阪ヤバいよゾクゾクするよ
もうすでにのどが痛いよ、あかんやん。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
興奮しすぎて、声かれちゃった!!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
130520_01.jpg

『 40 』

SCHOOL OF LOCK!とSony Music、そしてau が送る、10代限定、夏のLOCKフェス!『閃光ライオット2013』!!
 
10代であれば音楽・国籍・ジャンル…一切関係なし。
ただひたすら、この瞬間、閃光のように光を放ちたい!
今を刻みたい!そんな10代が音を奏でる…真夏のロックフェス!
 
今年のファイナルステージは…8月4日(日)
場所は…数々の伝説が刻まれたアーティスト達の聖地!
日比谷野外大音楽堂!
 
開催6年目となる今年。
届いたデモテープの数は1万通以上。
2次スタジオ審査に進んだのは、900組。
そして、その中から全国4箇所で行われる、3次LIVE審査に進出を決めたのは……40組!
 
sol130520_03.jpg
今週のSCHOOL OF LOCK!は、
閃光ライオット2013第3次LIVE審査出場者決定スペシャル!
4日間ぶち抜きで、3次LIVE審査に登場する全40組の出場アーティストをその音源と共に紹介していきます!
 
3次審査は全国のLIVEハウスで、実際にお客さんの前で演奏!
今年のLIVE会場は全国4ヶ所!
 
★札幌会場
6月8日(土)「札幌 BESSIE HALL」
 
★大阪会場
6月16日(日)「大阪 MUSE」
 
★名古屋会場
6月23日(日)「名古屋 DIAMOND HALL」
 
★東京会場
6月30日(日)「渋谷 O-WEST」
 
第3次LIVE審査は入場無料!
審査員は会場に来てくれた生徒のみんな!
どれだけステージを光を放ち、会場に来てくれたみんなの心を動かしたか。それが審査基準です!
 
そして!今年も出演アーティストたちのスケジュールの都合もあって、 全会場シャッフル制度を導入!
東京出身のアーティストが東京以外の会場に登場する事もあります。
 
そして、もちろん全会場にとーやま校長とよしだ教頭がMCで参加するので、ぜひ遊びに来て下さい!
 
sol130520_06.jpg

さらに!3次ライブ審査に出演するアーティストの情報と音源は、閃光ライオット特設ページに順次アップされていくぞ!
パソコン、そしてスマホのサイトでは、全ての音源を視聴する事ができるのでぜひチェックしてくれ!!
 
初日の今夜は…6月8日(土)「札幌 BESSIE HALL」に出場するアーティストを紹介していくぞ!

まずは1組目!!
10代最後の年。音楽ではない!“生きる”という事を見せつける!
北海道 19歳 4ピースバンド
ユーテロに帰る

yu-tero.jpg

♪ 白い息 / ユーテロに帰る

よしだ教頭「何!?この女子がキュンキュンしそうな声は!?」
  
とーやま校長「ギター音も繊細で、札幌の透き通った空気とか、降りたてのきれいな雪とか表現してるよね!!」

札幌で噂のバンドで、閃光ライオットに高校1年生で出会ってから、自分たちもオリジナル曲を作りたいと結成!
苦悩とメンバーチェンジを経て、10代最後に最強のメンバーになって、3次審査に挑むぞ!!

続いて2組目!
これぞ!ロックの女神に愛された声!!鋭い音で刹那を切り裂く!!
北海道 19歳 4ピースバンド
 
Casquette Boy

cab.jpg
 
♪ Ripe Rot / Casquette Boy
 
よしだ教頭「最初のギターの段階で“やべぇ!”と思って、声を聴いたら圧倒された!!
 
とーやま校長「声聞いたら、“ゾワーッ”ってなって、熱さを通り越して、寒さが来たね!バンド、ロックンロールがあってよかったよ!そのための声だよ!!」
 
現在、札幌を中心に活動中!
他にも沢山のバンドを掛け持ちする実力派バンド!
メンバーが全員がお互いを引き立たせるようなプレイをしたいとのこと!!
 
とーやま校長「どんだけ暴れさせてくれんだ!!この音は!めっちゃカッコイイ!!」
 
3組目!
勉強、部活、そして音楽!
全てに全力投球ガールが、閃光ライオットへ大きなジャンプ!!
北海道 高校3年生 シンガーソングライター
 
Shino
 
sno.jpg


♪ Stand up! / Shino
 
YUI先生に憧れて、ギターを始めたとのこと!!
 
とーやま校長「中学生今は陸上部で副キャプテンもやりながら、地元のライブハウスで活動中なんだって…!」
 
よしだ教頭「やりたいこと全部やっている10代がいるんだね!」
 
とーやま校長「勝手だけど、“今、5番目に忙しい高校生”に認定します!!」
 
力強い歌声と、かわいい顔とのギャップも注目だぞ!!
 
4組目!!
閃光ライオット優勝バンド、さらに10代のカリスマを輩出したあの名門高校から、新たな刺客が閃光ライオットに登場!
北海道 高校3年生 4ピースバンド!
 
EEK PANDERS
 
eps.jpg

 
♪ 朝になるほう / EEK PANDERS
 
ここで、EEK PANDERSに逆電!!

sol130520_04.jpg
 
とーやま校長「第3次LIVE審査出場、おめでとう!!」
 
ウエノ ユリカ「ありがとうございます!!」
 
以前からメンバー全員で、SCHOOL OF LOCK!を聴いてくれていたというEEK PANDERSのメンバー!
 
とーやま校長「他のメンバーはどう?」
 
\ フゥーーー!!! /
(EEK PANDERSの他のメンバー)
 
よしだ教頭「誰!?喉やるよ!!腹から声出しなさい!」
 
EEK PANDERSのメンバーが通っている高校は、閃光ライオット2010グランプリのTHE★米騒動と、とーやま校長の母校!!
ウエノ ユリカ(Vo/Gt)に意気込みを聞かせてもらうと…
 
ウエノ ユリカ「メンバー全員、SCHOOL OF LOCK!を聴いていて、THE★米騒動にも憧れてたんで、ずっと出たかったんです。ついにオリジナル曲が出来て、3次審査まで来れて、いっぱいいっぱいなんですけど、野音を目指したいと思います!」
 
とーやま校長「ホントその心意気だよ!」
 
よしだ教頭「勢いはあるんだから!!」
 
メンバーで唯一男子のナカムラ ユウキ(Dr)にも激励を!!
 
とーやま校長「唯一の男子なんだから、ちゃんと男らしいとこを見せなきゃ…!!」
 
ナカムラ ユウキ「心は女子です!!」
 
とーやま校長「もういい、おまえに話すことはない!(笑)」
 
ライブを楽しみにしているぞ!!
 
続いて5組目!!
説明不要!天から授かった歌声に、ただただ酔いしれてくれ…!!
神奈川県 18歳 シンガーソングライター
 
高木諒平
 
tar.jpg

  
♪ 夏の日 / 高木諒平
 
神奈川県から、札幌への参戦!!
 
とーやま校長「6月8日の札幌は涼しくて、そこまで暑くなはい。一番良い気候の時に、諒平の歌はたまらん!!」
 
よしだ教頭「矛盾しているんだけど、温かくて、涼しい声」
 
とーやま校長「奇跡だよ。“自然と聞き流せる、日常に寄り添うような歌を歌いたい”って言ってるけど、聴き流せないよ!」
 
よしだ教頭「そうだね。心の中に染みわたってくる、体の隅々まで。じっくり聴きたいよ〜!!」

sol130520_07.jpg

 
6組目!
サカナクション直系!
パソコンを操り、あなたのココロを癒します…!!
北海道 18歳
 
SHI然治癒力の人
 
sch.jpg

 
♪ こんすばんは / SHI然治癒力の人
 
18歳のソロアーティストで、元々「SHI然治癒力」という二人のユニットなんだけど…
もう一人のメンバーが20歳を越えてしまったため、1人で参加!
 
2次スタジオ審査では、右手でパソコン、左手でタブレット端末を操り、さらにギターを弾きながら歌ってくれました!
“好きな音楽を聴いていて曲を作りたくなり、友達もいないし、パソコンを買い…何となくこうなった!”との事!!
 
とーやま校長「決めないでなんとなくふらふら来て、ここに来たってのがいいな」
 
よしだ教頭「とりあえず始めてみたっていうのがいいね!」
 
野外フェスで思わず、寝転がりながら聴きたくなる音!!
さらに、3次LIVE審査当日は誕生日なんだって!!

いよいよ大詰め、7組目!
音楽を愛し、愛される彼女が紡ぐ決意の“歌”!!!
北海道 高校3年生 シンガーソングライター
 
玲緒奈
 
ron.jpg

 
♪ Always Love / 玲緒奈
 
とーやま校長「優しい声だな、メロディーも良いし、歌詞もちゃんと入ってくる」
 
よしだ教頭「丁寧に歌って、丁寧に演奏している」
 
小学生の時から、ギターを始めてオリジナル曲がなんと60曲!!
  
とーやま校長「みんな、玲緒奈の写真を見てみよう!特に男子。…キレイだろ!」
 
高校卒業は東京で音楽活動していくという!
今後も気になるけど、まずはLIVEが気になる!!!
  
そしてラスト8組目!!
授業中も、寝る前も…。
6年間、夢に見続けたあの舞台へと走りだす!
北海道 高校3年生 5ピースバンド!
 
un noun

unnorn.jpg

 
♪ seize by force!! / un noun
 
校長&教頭「いやぁ〜!かっけぇぇーッ!!」
 
とーやま校長「何コレ?何ていうジャンル!?デジタルな感じもあるし、ハードな感じもあるし、ラウドな感じで…!!」
 
sol130520_08.jpg

un nounに逆電!!!今の気持ちを直接聞いていくぞ!!
  
とーやま校長「改めて、第3次LIVE審査出場おめでとう!!」
 
Shindo「ありがとうございます!!」
 
今日の授業をShindo(Vo)とTakuya(Gt)は一緒に聴いてくれていた!!
 
とーやま校長「ますは、今の気持ちは?」
 
Shindo「いやぁ!うれしいです!!」
 
とーやま校長「そうだよな、Shindoは小学6年生の時から聴いてくれている?」
 
Shindo「はい、一番最初に閃光ライオットが始まった年から聴いていて、中学も音楽をやっていて、高校で本格的にやっていたんですけど、もっとデカイ所で大勢の前でやりたいなって」
 
よしだ教頭「今、写真を見てさ、話していると、この曲を歌っているって全然想像できないね(笑)」
 
とーやま校長「LIVEはやっているの?」
 
Shindo「LIVEバンドなんで、LIVEが全てです!」
 
とーやま校長「マジか!じゃあ6月8日に向けての意気込みを聞かせてくれ!」
 
Shindo「僕ら、他のバンドに比べて、ラウドシーンなんで、みんなが汗だくになれるように、野音でも全員汗だくになれるように頑張ります!!」
 
よしだ教頭「ラウドしちゃってよ!!」
 
みんなタオルと着替えは必須だぞォーー!!
 
 
sol130520_09.jpg

以上が札幌会場8組のアーティスト!!
本日紹介した札幌会場に出場する閃光アーティストたちのプロフィールと音源はすべてWEBサイトにUPしています!
パソコン、さらにスマホサイトでは、音源のフル試聴が出来るぞ!!
 
今日みんなと同じ10代のアーティストの音を聞いてドキドキした生徒は、会場に遊びにきてほしい!
みんなの盛り上がりが、みんなの顔が、ファイナリストを決定するぞ!
 
明日は、大阪会場の11組のアーティストを発表していきます!!
 
また明日ーーー!!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
「EEK PANDERS」 ウエノ ユリカ(Vo/Gt)
「un noun」 Shindo(Vo)
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
fax130520_01.jpg
RN 智薪
 
fax130520_02.jpg

   
fax130520_03.jpg
RN 紫の踏切 岩手県 14歳
  
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
  
【オンエアリスト】
22:03  ラクガキ / バンクス
22:10  白い息 / ユーテロに帰る
22:24  18 〜eighteen〜 / 福山雅治
22:31  Ripe Rot / Casquette Boy
22:36  Stand up! / Shino
22:40  朝になるほう / EEK PANDERS
22:46  夏の日 / 高木諒平
23:14  Magic of Love / Perfume
23:36  こんすばんは / SHI然治癒力の人
22:41  Always Love / 玲緒奈
23:45  seize by force!! / un noun
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
良い幕開けだわ!!
良いよ、良いよ!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
俺、誰よりもLIVE審査を楽しむつもりよ!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
20130516_sol00.jpg

『 中間テスト 』
 
早いもので、もう中間テストの時期!
 
みんな、テストの出来はどうだったかな?
 
学校掲示板も中間テストの書き込みで盛り上がっています!
 

初めてのテスト?
高校生になって初めてのテストがありました!
頑張って勉強した数学は多分大丈夫だけど、漢文がさっぱりわかんなかったぁ?
テストは土曜日まであるので、残りのテスト勉強をがんばるのと、 赤点をとってないように祈ります笑
 
たまさと(.? ? ?.)?
女/15/熊本県
2013/05/16 16:39


テスト終わったぱや
中間テスト終わりました。今回は人生最大の出来の悪さです(ToT)範囲の広さと数?のムズさに圧倒されました。
今までと同じようにやってたら大失敗。勉強プランが悪かったと反省…。次はもっと計画的に頑張ります(^^)
我慢していたラジオも今日から解禁します。またよろしくお願いしますm(__)m
 
バンシィ
男/17/愛媛県
2013/05/16 17:18



 
中にはこんな生徒も…
 

今.
お母さんが昨日から左手を骨折して今日から入院しました.明日が手術だそうです.
私の家は8人家族で家事をする人がおもにお母さんです.お母さんがいなければお婆ちゃんと私しか女手がありません.
でも私は今テスト期間で7時前には家を出なくちゃいけません.
帰りは家についたら21時になります.そこから自分の事,家の事をやります.で,寝て起きたらまたその繰り返し.
正直きついし辛い.
 
HANAKO(^・ェ・)
女/16/秋田県
2013/05/16 20:07



とーやま校長「大変だな…」
 
よしだ教頭「でも偉い」
 
とーやま校長「うん、偉い!」
 
よしだ教頭「今は辛いと思うけど、花嫁修業なんだと思って…頑張って欲しいな」
 
とーやま校長「うん、いまの状況を乗り越えたら、めっちゃ成長出来ると思う!」
 
中間テストが終わった生徒、いろいろ忙しいと思うけど頑張ってほしい!!!!
そして終わった生徒は存分に遊べよ〜!!! 

 
20130516_sol01.jpg

  
さあ、今夜の授業は……
 
…今年も、この時間がやって参りました。
ショボすぎる!ケンカの理由グランプリ2013!!!!!!!!!!
 
皆さんが今までに経験したケンカの理由、
それが、どれだけショボかったかを競う大会でございます!
 
例えば…
 
“AKB総選挙の順位予想で大げんか!もう1年間口を利いていません……!”
“彼氏と好きな色を言い合っているうちに、なぜかケンカに!それが原因で別れました!”
“消しゴムの角を使われたのを理由にブチ切れ!いつの間にか殴り合いに…!”
 
友達と!恋人と!両親と!兄弟と!
現在進行中のケンカ!過去に経験したケンカ!
そのどれでも大丈夫!
 
「今考えてみると、なぜこれでケンカになったのか、さっぱり分からない!」
キミがかつて体験した、最もショボいケンカの理由はなに?
 
エントリーは学校掲示板とメールから!
みんなの参加、待ってるぞ―――――――――――!!!!!!!
 
20130516_sol05.jpg

 
とーやま校長「ん゛ん゛ん゛…それではやって参りやしょうかッ…!!!」
 
よしだ教頭「なにそのキャラ(笑)!?」
 
とーやま校長「今年もこの時間がやって参りやしたねぇ〜!!!」
 
よしだ教頭「“今年も”って…去年やってないよね!?」
 
司会のとーやま「改めまして…本日の司会を仰せつかまつりやした、とーやまと申しやす!!!!本日はよろしくお願いいたしやす!!!!そんな訳で解説のよしださん、ここまでの事に対して一言コメントを…」
 
解説のよしだ「まだ何も始まってねーよ!!!」
 
それでは早速、受賞者をランキング形式で発表していきたいと思います!!!
 
まずは第5位の発表でございます!!!
 
受賞したのは…
 
毎日しゅわしゅわ 静岡県 17歳 女
 
“100万円の使い道が原因で大ゲンカ”
 
司会のとーやま「受賞おめでとうございやぁああああ―――――――――すぅ!!!」
 
解説のよしだ「ごめんね、今日の校長こんな感じで」
 
毎日しゅわしゅわ「あはは(笑)」
 
司会のとーやま「えー、今回受賞されたケンカ…いつ頃起こったケンカなんでやんすか?」
 
毎日しゅわしゅわ「去年の秋ぐらいです」
 
解説のよしだ「1年経ってないねー!」
 
それでは、受賞されたケンカの内容を…お願いしや―――――――す!!!!!
 
毎日しゅわしゅわ妹と、架空の100万円の使い道を巡って大ゲンカしました
 
司会のとーやま「しょぼい(笑)!!!無いんですからね、100万円は!!!」
 
解説のよしだ「あったら別ですけどね!」
 
20130516_sol08.jpg

 
そのケンカが起こった当時、RN 毎日しゅわしゅわの妹は中学3年生!
その妹が“閃光ライオットに出場したい!”と言い出したそう。
その理由は、優勝賞金の100万円が欲しいから!
 
毎日しゅわしゅわ「妹はその時、私立の高校に進学することがほぼ確定していて、私は“100万円あっても学費で無くなるね”って言ったんです」
 
解説のよしだ「めっちゃお姉さんな意見!!」
 
毎日しゅわしゅわ「でも妹は“いや、私は服が欲しい”とか“CDが欲しい”とか“本が欲しい”とか言い出して…」
 
司会のとーやま「欲望のままにきたと!」
 
毎日しゅわしゅわ「“それでも8割くらいはお母さんに預けて…”とか言ったんですけど、それでも妹は“いや、私は服を買う”って聞かなくて。100万円があるかないかじゃなくて、妹が家の事を全然考えてないって事に腹が立って“なんであんたはそうなんだ!”ってケンカが始まりました」
 
解説のよしだ「説教が始まっちゃったわけか…」
 
司会のとーやま「ないんですよね、100万円は?」
 
毎日しゅわしゅわ「無いです」
 
解説のよしだ「無いし…妹も“閃光でたいなぁ〜”で実際は応募もしてないし(笑)!!」
 
司会のとーやま「これ、いかがですか!?解説のよしださん」
 
解説のよしだ「いやぁ〜、いいと思います!ただね、こういうケンカって小学生の男の子だけがやるもんだと思ってました」
 
第5位の時点でレベルの高いしょぼさ!!!
RN 毎日しゅわしゅわ、最後にオーディエンスのみんなにメッセージをお願いします!!
 
毎日しゅわしゅわ「ケンカは冷静になった方がいいと思うので、くだらないことでケンカするのはやめてください」
 
司会のとーやま「シンプル!」
 
解説のよしだ「そして重い(笑)」
 
RN 毎日しゅわしゅわ、第5位の受賞おめでとうございやーーーーーーーす!!!!
 
20130516_sol04.jpg

 
続いて、第4位の発表でございます!!
 
受賞者は…
 
らぷらぷ 山口県 15歳 女
 
“これが原因で、お気に入りのウォークマンが完全に破壊されました”
 
司会のとーやま「これはいつ頃のお話でございやしょうか?」
 
らぷらぷ「去年の夏ですね」
 
ウォークマンが壊れるほどのケンカが起こった理由とは一体!?
早速教えてもらいましょうか!!
 
らぷらぷ夕食のもずくです」
 
司会のとーやま「夕食のもずく!?」
 
解説のよしだ「やだよ俺…夕食のもずくでケンカしたくない(笑)!!」
 
司会のとーやま「これは一体どういうことでしょうか!?」
 
らぷらぷ「私が夕食で食べていたもずくを床にこぼしてしまって、ちゃんと拭き取ったつもりだったんですけど、残ってたみたいで…それを双子の兄が踏んじゃって、“ぬるっとしてるよ!”ってキレられました」
 
司会のとーやま「はぇえ〜〜〜!!!どんな感じでキレられたんですか?」
 
らぷらぷ「最初は冷静な感じだったんですけど、“あ、ごめんね”って謝ったら、兄はまだ怒ってて。“もうなんだよ〜”って軽く肩叩いたら、ガチギレされました」
 
司会のとーやま「あららぁ〜!!手が出てしまったわけですねぇ〜!」
 
らぷらぷ「ちょっと軽く叩いただけなんですけど…!!」
 
解説のよしだ「そこは平謝りでよかったのに〜!」
 
司会のとーやま「そこから何があったんですか!?」
 
らぷらぷ「兄が急に私の部屋に走り出して…」
 
解説のよしだ「やばいやばいやばい…(汗)!!」
 
らぷらぷ「本棚の本を全部床に落としていきました」
 
校長&教頭「うわぁ―――――――――――――――(汗)!!!!」
 
20130516_sol06.jpg

 
らぷらぷ「で、最後に私のスクールバッグを投げて、その落ちた衝撃で中に入っていた大切なウォークマンの液晶が壊れました」
 
司会のとーやま「あれれれれぇ〜〜!!!!解説のよしださん、どうですか!?」
 
解説のよしだ「“風が吹けば桶屋が儲かる”って言葉がありますけれど“もずくどうこうしてウォークマン壊れる”っていう新しい格言ができますね!辞書に載りますよ、いつか」
 
格言まで生まれる高レベルのしょぼさ…!!
 
それでは最後にメッセージをお願いしま〜す!!
 
らぷらぷ「夕食に出るもずくは、しっかり拭き取ってください」
 
司会のとーやま「その通りでございやす…!!!」
 
解説のよしだ「その前に落とさなきゃいいんだよ(笑)!」
 
みなさんももずくを落とした時は、濡れた布巾などでしっかりと拭いてください!!
 
そんなわけでRN らぷらぷ、第4位の受賞、おめでとうございや――――――――――す!!!
 
20130516_sol10.jpg

 
とんでもなくしょぼいケンカの理由に、オーディエンスも大盛り上がり!!
 

予想外!!
思ってた以上にくだんない笑笑
 
おともだちパンチ
女/15/北海道
2013/05/16 22:42


えっΣ(-∀-;)
4.5位とくだらねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 
北じゃないよみなみだよ!
男/15/栃木県
2013/05/16 22:42



さぁさぁ、次はどんなしょぼいケンカの理由が飛び出すのか…
 
第3位の発表でございやす!!!!
 
受賞者は…
 
にこるさっく 大阪府 16歳 女
 
“大切なバンドメンバーと、1ヶ月に渡る大ゲンカ!その衝撃の理由とは…!?”
 
RN にこるさっく、受賞おめでとうございます!!!
早速ケンカの理由、お願いしや〜す!!!!!
 
にこるさっく「去年の年末からお正月にかけての事なんですが…」
 
解説のよしだ「年またいだねぇ!!!」
 
にこるさっく“栗きんとん”か“栗きんとき”かの違いでケンカしました
 
解説のよしだ「なにそれ(笑)」
 
司会のとーやま「ちょ、詳しく教えてもらっていいですか!?」
 
年末にバンドメンバーとおせち料理の話をしていたRN にこるさっく!
そこで、栗を使ったおせち料理が“栗きんとん”なのか“栗きんとき”なのかで議論に!
お互い譲れず、それから1ヶ月もの間、顔を合わせる度に栗の話ばかりするようになり…
更に、お互いにネットで調べた情報をメールで送り合うなど壮絶なバトルに発展!!!
ちなみにRN にこるさっくは“栗きんとん”派だそう!
 
20130516_sol12.jpg

 
司会のとーやま「にこるさっく的には揺るぎない自信があったの?」
 
にこるさっく「間違いないです絶対!」
 
司会のとーやま「“栗きんとき”ってワードが出て来た時に、“栗きんときかもなぁ〜”とか、ちょっとでも思わなかった?」
 
にこるさっく「いやもう“こいつ何言ってんねん”しか思わなかったです」
 
解説のよしだ「にこるさっくケンカのスイッチ入るの早いよ(笑)!!」
 
にこるさっく「お正月に相手からメールでおせち料理の写真が送られてきて、“栗きんとき食べてる”って。いやいやちゃうやろ!みたいな!!」
 
解説のよしだ「相手も良い感じにケンカ売ってくんなぁ〜(笑)」
 
司会のとーやま「これ、決着はついたんですか?」
 
にこるさっく「他のバンドメンバーにも聞いたんですよ。そしたら2対3くらいになって…」
 
解説のよしだ「割れんのかい!!」
 
司会のとーやま「どっちが3だったの?」
 
にこるさっく「あんまりはっきり覚えてないんですが…多分“栗きんとん”が3でした!」
 
そしてそのままお互い忘れていって、仲直りしたそう…
な、なんて無駄な一ヶ月!!!
 
それでは最後にメッセージをお願いします!
 
にこるさっく「しょうもないケンカをしてるのは時間の無駄なので、一回冷静になってください」
 
司会のとーやま「説得力がちがいやすね〜!」
 
RN にこるさっく、第3位おめでとうございやぁあ〜す!!!!
 
20130516_sol11.jpg


年上のひとでも
しょぼい理由でケンカするんですね!なんか安心しましたw
 
パンダ誕生 !
女/13/福島県
2013/05/16 22:57



オーディエンスの盛り上がりも最高潮!!!
 
いよいよ…
グランプリの発表をしたいと思いやぁあ――――――す!!!!!
 
まずは…準グランプリの発表です!!!!!!!
 
準グランプリの受賞者は…
 
FFNL 秋田県 16歳 男
 
“友達と1週間冷戦状態になったケンカのとんでもなくしょぼい理由!!”
 
司会のとーやま「準グランプリの受賞、おめでとうございやす!!」
 
FFNL「ありがとうございます!!」
 
司会のとーやま「早速、ケンカの理由を教えてもらっていいでやんすか!?」
 
FFNL“No,1プロレスラーは誰か?”という理由で友達とケンカしました!!」
 
解説のよしだ「4コマ漫画になりそうな理由だなぁ(笑)!!」
 
司会のとーやま「詳しく教えてもらっていいでやんすか!?」
 
FFNL「中2の時に、友達に“No,1のプロレスラーって誰かな?”って聞かれたんです。僕は山本小鉄さんが一番だと思っていて…」
 
解説のよしだ「あれ?山本小鉄さんってレフェリーじゃないの?」
 
FFNL「小鉄さんはレフェリーでもあるし、トレーナーでもあるし、プロレスラーでもあるし、いろいろやっている方なんです!
友達はアントニオ猪木さんが一番すごいって言ってて、確かに猪木さんはすごいんですけど、山本小鉄さんは蝶野正洋さんや初代タイガーマスクさんも育ててて…!!」
 
解説のよしだ「ちょ、ちょっとまって!!お前また熱くなってないか(汗)!?」
 
だんだん熱が入ってきてしまったRN FFNL(笑)!!
当時も友達と喋っているうちにお互いヒートアップしてしまい、そのままケンカ状態に…!
それから1週間、友達と口をきかなかったそう!!
 
20130516_sol09.jpg

 
司会のとーやま「仲直りはどうやってしたの?」
 
FFNL「1週間して“謝ろうかな…”って思ったら、ちょうど友達からメールが来たんです。で、その最後のメールに“やっぱり一番は力道山さんだわ”って書いてあって…力道山さんの名前出されたら納得するしかないと思って、無事に仲直りしました」
 
解説のよしだ「じゃあ最初から力道山さんにしとけよ(笑)!!でもまぁ、良かった良かった」
 
司会のとーやま「その友達と今でもプロレスの話するの?」
 
FFNL「しますし、一緒にプロレスを見に行ったりもしています!」
 
司会のとーやま「まじか〜!!プロレスの事でケンカはもうしない?」
 
FFNL「しないです(笑)」
 
相手と無事に仲直りできて友情も続いている熱い男、RN FFNL!!
良いプロレス友達で本当に良かったなぁ!!
 
それでは最後にメッセージをお願いしやす!!!
 
FFNL「しょぼい理由でケンカはしないほうがいいです」
 
それにつきますなぁああああ!!!
 
RN FFNL、準グランプリおめでとうございやす―――――――――!!!!!
 
ちなみにプロレスの事をあまり知らないオーディエンスのみんな、
色々と調べてみると面白いぞぉ〜!!!
 
20130516_sol07.jpg

 
さて、ついに来てしまいました…
 
グランプリの発表でございやす!!!!
 
グランプリの受賞者は…!!!!!!!!!
 
あかじん 東京都 16歳 男
 
“やっとできた大切な友達を、しょぼい理由で1ヶ月もの間無視しました”
 
司会のとーやま「おめでとうございやぁぁぁ―――――――――――――すぅぅぅううううう!!!!!!」
 
あかじん「ありがとうございます!!!!」
 
司会のとーやま「早速、受賞したケンカの理由を聞かせてもらってもいいでやんすか!?」
 
あかじん「はい。もし彼女がいたとしたら、キスをしてからハグをするか、ハグをしてからキスをするか?でケンカになりました」
 
司会のとーやま「いないのに熱くなっちゃう系ですね!!!!」
 
解説のよしだ「ギャグ漫画かよ(笑)!!!!!!」
 
ケンカをしたのは去年のこと!
やっと仲良くなった男友達と恋バナをしていたRN あかじん!
彼女が出来た時の妄想話をしていたら、その友達から“キスとハグどっちを先にするか?”と質問されて…
 
あかじん「正直僕はどっちでも良かったんですよ。でもどっちかと言ったら“ハグをしてからキス”の方かな…と思って。そしたら友達は“キスをしてからハグ”派だったらしく、
“お前はおかしい”って怒られて、こっちも“カチン”ときちゃって。“どっちでもいい”と言ったらもっと怒られました」
 
解説のよしだ「ひどい…!」
 
そして最終的に1ヶ月もの間、その友達と口をきかなくなってしまったそう…!!
でも、よくよく考えてみたらすごくくだらない理由だと気づいたRN あかじん!
 
あかじん「その友達は性格上、物事の白黒をはっきりしたい奴で、“ちょっと悪いことしたな…”と思って、謝りに行きました」
 
解説のよしだ「偉いなぁ!!」
 
あかじん「で、その時友達に“結局お前はどっち派なの?”って聞かれて、“ハグをしてからキスかな”って言ったら“…もういいわ”って言われました」
 
20130516_sol02.jpg

 
実はケンカ中の1ヶ月の間に…
RN あかじんには彼女ができていたそう!!!!
 
あかじん「でも…キスすることも無く別れました」
 
解説のよしだ「なんか分かんないけど…お前の負けだ(笑)」
 
最後に、受賞のメッセージをお願いしやす!!!!
 
あかじん「みなさん、妄想でケンカするくらいなら、彼氏彼女を作りましょう」
 
解説のよしだ「うん、そういうことだわ(笑)!」
 
なにはともあれ、本年度のグランプリ受賞、おめでとうございやぁぁああああ――――――――す!!!!
 
20130516_sol13.jpg

 
さて、本日も黒板のお時間でやんす!
 
20130516_sol100.jpg

 
『 ショボイけれども 』
 
今回のケンカ、5位から1位まで本当にしょぼかったですね〜!
ケンカの中身も全く無かったと思いましたし、
「なんでこんなケンカしたんだろう」と100%思っているんじゃないでしょうか?
 
でも、これだけ“しょぼいケンカ”ができるってことは、
それだけ“ガツっと言える仲間”がいるってこと!
 
ケンカの内容はしょぼいけど、そのケンカの相手との関係は、全然しょぼくない!
 
それを証明できるのが、
“しょぼいケンカ”なのではないでしょうか!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
毎日しゅわしゅわ 静岡県 17歳 女
らぷらぷ 山口県 15歳 女
にこるさっく 大阪府 16歳 女
FFNL 秋田県 16歳 男
あかじん 東京都 16歳 男
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
fax_130516_01.jpg
fax_130516_02.jpg
RN 智薪
 
fax_130516_03.jpg
RN てっぺい 香川県 14歳
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:06 ワンダーボックス / Scenarioart
22:15 Aoi / サカナクション
22:25 バクのコックさん / ハヌマーン
22:37 MY NAME IS xxxx / PAGE
22:50 ポテトサラダ / ZAZEN BOYS
23:42 ファイティングポーズ / グッドモーニングアメリカ
23:50 Shangri-La / 電気グルーヴ
23:51 カルアミルク / 岡村靖幸
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
2014年、また来年にお会い致しやしょう〜!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
ケンカしてもいいけど、仲直りしなさいよ!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
sol130515_01.jpg

『 年中無休スマイル 』
 
昨日の生放送教室で話したRN 年中無休スマイル。
 
嫌がらせを受けて、学校を休んだ友達が心配でメールを送りたい。
でも、そのメールがその子を傷つけるのではないか…と悩んでいた。
最後には「友達にメールを送ります!」って言ってくれたんだけど…
 
今日、RN 年中無休スマイルから書き込みが届きました!!
 

昨日の報告です!!
校長、教頭、SOLのみんな、私に勇気をくれてありがとう(⊃Д`*)
今日は学年集会でその友達の話をされました。2年の頃から先生には相談してたんですけど、学年全体に話されたのは今日が初めてでした。先生もすごく辛そうでした…。
そして、今日メール送りました!!みんなが言ってくれたように、私の気持ちが伝わるように。
そしたら、友達も嬉しいと言ってくれました(^o^)/もし、今度も何かあったら相談するとも言ってくれました(・ω・) メール送ってよかったです!!背中押してくれたみんな、本当にありがとう!!
 
年中無休スマイル
女/17/富山県



とーやま校長「大丈夫かな…と思っていたけど、これは嬉しいね!!!」

よしだ教頭「よく頑張りました!!」

とーやま校長「ホントだよ!そのメールでおまえの気持ちが伝わっているから!ここから良くなっていくぞ!!」

よしだ教頭「できる限り、友達の力になってほしい!」
 
sol130515_02.jpg

今夜の生放送教室では…
 
「A or B 逆電!!!!」
 
自分たちの毎日は“選択”の連続!!
今夜は…AとB、2つの答えの真ん中で悩んでいる生徒に話を聞いていくぞ!
 
たとえば…
「部活or受験!受験に専念するべきか?ギリギリまで部活を続けるべき?」
「バンドor恋愛!バンド内恋愛は禁止なのに、 同じバンドの子を好きになってしまった!恋とバンド、どちらを優先するべき?」などなど…
 
みんなの“2つの答えの間で迷っていること”を学校掲示板とメールに書き込んでくれ!

sol130515_03.jpg

それでは生徒に、“A or B”、2つの答えの間で迷っていることを聞いていきます!
 
テんテら 長野県 14歳 女
 
テんテら「今までつらい思いをして一緒にいた友達と、これからもずっといるか、歓迎してくれている友達といるか悩んでいます」
 
今までの友達は、中学2年のころからずっと一緒にいた2人で、RN テんテらを入れていつも3人で休み時間過ごしていた。
しかし最近、RN テんテらが話しかけても無視され、移動教室のときもRN テんテらを残して2人で先に行ってしまうことがあった。
 
テんテら「2人の友達の1人が、もう1人に“テんテらのこと、どう思う?”って聞いたら、“ちょっとムカツク”て言ったらしくて…」
  
その聞いたもう1人も、実は部活でRN テんテらのことが嫌いだと言っていたという。
 
テんテら「“その友達の1人が部活で私の悪口を言っていた”ことを、自分に言ってくれた別の友達に相談したら、“じゃあ一緒にいてよ”言ってくれて…。じゃあ、“今一緒にいる子に迷惑をかけるならそっちにいこうかな”って思っていたんですけど、今までいた子達はバンドの音楽が好きで趣味が合って、話もすごく面白いんですよ」
 
とーやま校長「なるほどな。気持ちは今までの2人の友達といたいんだよね。でも、もう1つの友達の方はやさしい人達だから、そっちに行ったほうがいいのか悩んでいるのか」
 
テんテら「はい…」
 
とーやま校長「でもまあ悩んでいるってことは、元のグループに戻りたいって気持ちが結構大きい?」
 
テんテら「そうですね」
 
今までの友達といて、相手は言いたいことを言ってくるが、自分は内気でなかなか言いたいことが言えていないというRN テんテら。
 
とーやま校長「そこがもどかしくて、イライラしちゃうてこともあるのかな?」
 
よしだ教頭「ちょっとしたことでもムカツク年頃だもんな。10代って…」
 
授業中や寝る前など、ずっと悩んでいるというRN テんテら。
 
よしだ教頭「俺は距離ができちゃった今の2人と、一回ぶつかったほうがいい思うけどな。ちゃんとは話をしてみてたり。しれっと他のグループに行くのはより良くない距離ができちゃうだろうし、我慢するのはストレスになるし」
 
sol130515_04.jpg

RN テんテらの悩みに生徒からも、書き込みが届いています。

同じ状況ある!!!
わたしも2年のとき、全く同じ状況になったよ!!わたしは、歓迎してくれる方にグループ移動したよ!!
やっぱり最初は、勇気いるし、戸惑いもあるけど、わたしは、移動して正解だった!自分を必要としてくれる人といる方が充実できるよ!!!

ジェニファー苺
女/17/広島県
2013/05/15 22:40



とーやま校長「なるほどな…。俺も、教頭と一緒で、一回話をしてほしいな。その新しい方のグループに行ってもモヤモヤが残っちゃうだろうし、“あれは何だったんだろう”、“私なんでこっちのグループにいるんだろう”って」
 
テんテら「はい」
  
よしだ教頭「2人とぶつかって、すごいわだかまりも解けたらさ。優しく歓迎してくれてる友達もいるから、いて、もっと大きいグループになるかもね」
 
テんテら「あぁ…!」
 
とーやま校長「呼んでくれている子達に好きなことをいっぱい喋って、自分の好きな音楽を好きにさせちゃってもいいわけだし」
 
テんテら「そうですね」
 
とーやま校長「そこを一番好きな場所にしてもいいし、とんでもなく大きく手をつなぐこともできるし。…どうだ?」
 
テんテら「一回…今まで一緒にいた友達と話し合ってみます。それで、また一緒にいれたらって思います」
 
とーやま校長「一発目にそれが出てきたってことは、それでいいってことだよ!まずはそこからだ」
 
テんテら「はい、ありがとうございます!」
 
よしだ教頭「せっかく中学3年生なんだから、みんなと仲良くなっておこうよ」
 
テんテら「頑張ります!!」
 
sol130515_05.jpg

次の生徒の悩みは…?
 
コブクロ・イズ・マジ神 徳島県 15歳 男
 
RN コブクロ・イズ・マジ神の悩みは“勉強と恋、どっちを選ぶか?”。
通っている高校は徳島県の中でも上の進学校で、課題も多い。
入っている吹奏楽部も強豪校であり、忙しい状況にいるのだが、恋をしてしまったとのこと!
 
コブクロ・イズ・マジ神「僕、人を好きになると他のことができなくなっちゃって」
 
とーやま校長「手につかない感じか。どんな相手だ?」
 
コブクロ・イズ・マジ神「とにかくかわいくて、真面目で明るい子です!」
 
好きな子はクラスは違うけど、同じ吹奏楽部で、一緒に打楽器パートに所属しているんだって!
 
とーやま校長「どんな話をするの?」
 
コブクロ・イズ・マジ神「その子もSCHOOL OF LOCK!が好きで…」
 
とーやま校長「あれ?今聴いているんじゃないのか!?」
 
好きな子もSCHOOL OF LOCK!を聴いていて、今の話も聴いているかもしれないーーッ!!
この相談を聴かれて大丈夫なのか?RN コブクロ・イズ・マジ神!
 
コブクロ・イズ・マジ神「たぶん、大丈夫…です!(汗)」
 
とーやま校長「まぁ、そんな話をしてるんだな。その子のことが好きになってからは、あまり勉強に力が入っていない感じか?」
 
コブクロ・イズ・マジ神「今日からテスト期間が始まってるんですけど、もうヤバイです…」
 
よしだ教頭「もう勉強が手についてないじゃん!」
 
とーやま校長「テストはどうだったの?」
 
コブクロ・イズ・マジ神「右フックと左フックと右アッパーと左アッパーを一度にくらっている感じです!」
 
よしだ教頭「何人を相手にしてるんだよ!(笑)」
 
もう既に勉強が手につかなくなっている、RN コブクロ・イズ・マジ神!
そして勉強だけでなく、部活中もその子の方に目がいってしまうとのこと!!
 
よしだ教頭「ちゃんと指揮者を見なきゃ〜」
 
コブクロ・イズ・マジ神「合奏は週に1、2回なんで、指揮者はあまり見ることがないんですが、先輩にメトロノームを見ろって言われます(汗)」
 
もし恋を選んだら、最低限のことしか勉強しなくなるというRN コブクロ・イズ・マジ神。
一方で、もし勉強を選んだ場合は…?
よしだ教頭「自分からスパッと諦められるの?」
 
コブクロ・イズ・マジ神「自分から諦めることができないので。自分は嫌われたら、すぐに諦めるので、嫌われるようにします!」
 
よしだ教頭「どんなことをするの?」
 
コブクロ・イズ・マジ神「…無視するとか」
 
よしだ教頭「ダメだよ!!それは余計な傷付け方じゃんか!」
 
とーやま校長「これは、選ぶ必要なくねえか?どっちかじゃなくてさ、両方取っちゃえばよくない?」
 
コブクロ・イズ・マジ神「前にその選択をしたことがあるんですけど、成績が右肩下がりに下がってしまって」
 
中学のときは恋を選んで、勉強の成績が落ちてしまったというRN コブクロ・イズ・マジ神。
 
とーやま校長「でも好きな女の子のまえでカッコイイところ見せたいだろ?点数も良いに越したことはないし。進学校で成績上位に入ったらカッコイイだろ?そういうのをモチベーションにつなげるべきだろ」
 
コブクロ・イズ・マジ神「はい」
 
とーやま校長「それが一番いいだろう。それやっているだけで、恋も上手くいくし、勉強ももちろん上手くいくしさ」
 
よしだ教頭「彼女一緒の学校なんだろ?一緒に勉強すればいいじゃん!」
 
コブクロ・イズ・マジ神「ほう…!!」
 
よしだ教頭「付き合えるかわからないけど、彼女でライバルって関係性はカッコイイじゃん!」
 
とーやま校長「彼女に勉強教えてあげたらいいじゃん!いっぱい勉強して。もしかしたら今はそんなに想っていなくても、教えてあげたら“この人カッコイイ”ってなるよ!」
 
よしだ教頭「右肩下がりでも、結局進学校に入ってるじゃん!」
 
とーやま校長「そうだよ!ポテンシャルはあるんだから。両方取りにいけ!」
 
コブクロ・イズ・マジ神「頑張ります!」
 
とーやま校長「いいことしかないと思うよ!相乗効果しかないよ!!」
 
コブクロ・イズ・マジ神「はい!!」
 
好きな子と付き合うことになったら、ぜひ報告してくれ!!

sol130515_08.jpg

紳一郎 山形県 15歳 男
 
進学校に通う高校1年生のRN 紳一郎!
中学からバドミントンをやっていて、高校でもやろうとバドミントン部に入ったがバドミントンの強豪校で練習がハードであり、なかなか平日の勉強時間が確保できない。
課題をやるので精一杯だが、将来は北海道大学に行きたいから、勉強をしっかりしたいと悩んでいて…
 
とーやま校長「ということは部活をやめるか、やめないかで迷っているのか」
 
紳一郎「はい」
 
よしだ教頭「紳一郎はどっちかに寄ってないの?」
 
紳一郎「自分はバドミントンが好きで、やっているときも楽しいんです。できることなら続けたいんですけど、勉強のことを考えたら厳しいかなと…」
 
よしだ教頭「まだ高校1年生でしょ。単純に部活のハードさに慣れていないだけだと思うけどな。もうちょっと続けてみて、それでも続けられなかったらまた考えるべきだけど」
 
とーやま校長「ちょっと話してみて紳一郎は手が抜けない、真面目なやつだなって思った。でも世の中には要領ってものがあってさ。良い感じで慣れてきて、自分のサイクルを作れるようにそろそろなるんじゃないかな。好きならしんどくてもやったほうがいいよ。いるよ!両立させている人!」
 
よしだ教頭「先輩達も両立しているんだろ?」
 
紳一郎「はい、でも先輩達はバドミントン強いし、推薦で大学に行くんじゃないかと思います」
 
よしだ教頭「でも先輩達も元々強かったわけじゃないでしょ?強くなったから推薦の道ができたのかもしれないし。紳一郎も推薦貰ってさ、それでも北海道大学に行きたかったら、そっちを選べばいいし。進路は人それぞれだよ」
 
とーやま校長「本当に勉強一本で専念しようと思ったら、もう部活をやめていると思うんだ。そうじゃないってことは、体が“まだいける”ってサインが出しているってことだと思う。頭もそう。“北海道大学に行くために勉強に専念するんだ”って決めたら、やめてもいいと思うけど、迷っているうちは続行するべきだよ」
 
紳一郎「はい」
 
とーやま校長「おまえは行けるよ」
 
紳一郎「はい!ありがとうございます」
 
とーやま校長「バドミントンも上手くなって、北海道大学のバドミントンサークルに入ってさ、サークルの女の子と仲良くなって。美人が多いぞ!北海道は!」
  
紳一郎「最高ですね!」
 
とーやま校長「今、バドミントン3年間やっていれば、引き締まった体になってカッコイイ男になっているはずさ!!」
  
紳一郎「分かりました!」
 
校長&教頭「頑張れ!!」 
 
それでは本日の黒板です!!
sol130515_07.jpg

『 AでもBでもない 』
 
今日はみんなに、“AかBか”って聞いたけど、話を聞いているうちに、
Aでもない、Bでもない、“X”って答えが出てきて。
 
AとBの両方を取っちゃう“X”があったり、
AとBの両方を合わせる“X”があったり、
 
AとB以外に無限のXがある!!
 
今はまだAとBしか見てないから視界が悪くて決断できないかもしれないけど、
 
“実はその他にも答えもあるんだよ”って、
1つ、頭の片隅に置いておいてほしい。
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
テんテら 長野県 14歳 女
コブクロ・イズ・マジ神 徳島県 15歳 男
紳一郎 山形県 15歳 男
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
fax130515_01.jpg
RN 紫の踏切 岩手県 14歳
 
fax130515_02.jpg
RN ちきん南蛮
 
fax130515_03.jpg
RN アキライ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
  
【オンエアリスト】
22:07 ショウガイレンサ / HaKU
22:26 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 / サカナクション
22:48 You bet!! / 木村カエラ
23:15 reboot〜あきらめない詩〜 / flumpool
23:24 残像 / flumpool
23:51 明日はどっちだ / クリープハイプ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
危ない方に飛び込む姿勢!!
これができたら人としての成長が半端じゃない!!と、自分に言い聞かせる!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
もっと欲張りになってもいいんじゃない?
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
sol130514_01.jpg
『 教頭、髪切った? 』
 
とーやま校長「昨日のかんじから、俺の予想では、水曜か、木曜だったんだけど…」
 
sol130514_03.jpg

今日は、よしだ教頭が髪を切ってきました!!
小さい頃は、おじいちゃんに坊主頭にされるのが嫌だったそうなんですが…
と―やま校長「今日はどんなかんじ?」
 
よしだ教頭「ツーブロックに挑戦したかったんですけど、恥ずかしくて…横短めでってお願いしました…(笑)!!」
 
とーやま校長「もう挑戦していいでしょ!!(笑)」
 
髪型似合ってますよ!よしだ教頭〜!!
でも今度は、ぜひ、ツーブロックに挑戦してくださいね!! 

sol130514_02.jpg
 
今夜の生放送教室は、SCHOOL OF LOCK!のスタンダード授業!!
 
掲示板逆電!!!
 
我が校の教室、学校掲示板!!
ここはみんなの場所だから、何を話してもいい!
今日あったことや、みんなに自慢したいこと。
くだらないけど聞いてほしいこと。誰にも話せず、ずっと言えずにいること。
 
どんなことでも大丈夫、君のことを書き込んでほしい。
とーやま校長とよしだ教頭が、気になった生徒に逆電していくぞ!!
 
みんなからの書き込み、学校掲示板とメールで待っています!!

sol130514_04.jpg

最初の掲示板逆電は…
気になる生徒がたくさんいる中、まずはこの生徒に電話をしました!

充実した日々
アーティストだったり、芸人だったり、自分のやりたい夢に向かって努力している人は充実した日々を過ごしているのかな。
校長、教頭はどうですか?それともモヤモヤした気持ちを抱えて、充実してると感じる日々のほうが少ないですか?
私は夢中になれるものがなくて、自分に対してもいつもモヤモヤしています。スッキリしたいな。

あるあや
女/16/青森県



中学のときから、考えていたというRN あるあや。
高校に通ってからは、考える時間が増えて、より一層モヤモヤするようになったという。
 
あるあや「将来のことを考えたら、やりたいことがわからなくて、何をしたらいいのかわからなくて…」
 
よしだ教頭「このまま私どこに行くんだろうなって、考えてんだよね。分かる、不安になるよね」
 
あるあや「不安です」
 
よしだ教頭も、好きだった野球をやめた高校1、2年のときは、野球選手人になるという夢を諦め、同じように考えていた。
 
とーやま校長「学校はどうなの?」
 
あるあや「学校は楽しくて、友達と遊んで、毎日爆笑して…」
 
学校は楽しいが、ふとした瞬間にモヤモヤしてしまうRN あるあや…!
 
とーやま校長「夢がないって言ってたじゃん?探しているってこと?その探し方もわからないかんじか…?」
 
あるあや「はい…そうですね、夢が見つかったら、このモヤモヤが消えて心がすっきりするのかなって思っていて…」
 
よしだ教頭「今、好きなことや、やっていて楽しいことはあるの?」
 
あるあや「学校でバンドをやっているのが楽しいです」
 
校長&教頭「おおお!!」
 
今はバンドを組んで、ベースを弾いてるというRN あるあや!
週末には学校でライブもあるんだって!!
 
よしだ教頭「なんだ、否定するかんじだけど、充実しているじゃん!」
 
しかし、ライブに向けてがんばろうという気持ちはあるけど、ライブが終わったら燃え尽きて、またモヤモヤしてしまうのではと悩む…!
 
よしだ教頭「バンドは続けていこうって思わないの?」
 
あるあや「うーん、趣味でやっていきたいと思っています…」
 
とーやま校長「今、高校2年じゃん、卒業後の将来のことは考えたりするの?」
 
あるあや「大学も行ってみたいんですけど、勉強をやりたいからっていうよりは、楽しそうだから行きたいと思うんです」
 
よしだ教頭「基本的に考えはいいと思うんだけどね、ポジティブで…1つに決めたら、行動するのがいいって思っているのかな?ぶらぶらするわけじゃないけど、楽しいこと、楽しいことって次々と向かっていくのもいいと思うけどな、1つに決めたい?」
 
あるあや「決めたら充実するのかなって思っていたので」
 
とーやま校長「確かに、今アーティストを目指して頑張っているやつは、それしかないから一心不乱だし…でも、ないやつもいっぱいいるんだ。別にまだ見つからなくてもいいと思うんだ。そのうち、バンドとかして、ふらふらしていって、でもなんか違ったなって思ったら、また一ヶ月くらいだらだらしてもいいんじゃないかな。夢がなくたっていいと思う」
 
あるあや「…はい」
 
よしだ教頭「1つのことを決めてそれが充実している人もいれば、実はモヤモヤしながらやっている人もいるし。決めなくても、いろいろやって充実している人もいるだろうし、あるあやに合った充実のしかたでいいんじゃないかな」
 
夢がないことに不安になる必要はないとアドバイスする二人!
 
sol130514_05.jpg

ここでRN あるあやからも質問が!

あるあや「校長と教頭は充実していることってありますか?」


とーやま校長「毎日は充実してないな、でも俺もやりたいこと、いきたいところがあって。でも最近だな、そういうの見つけたの…」
 
高校3年生の進路を決める、三者面談で、やりたいことがあるからと、面談を受けなかったというとーやま校長。
 
とーやま校長「でも受けないで“どうなるんだろ…”って思って。とりあえず東京行こうって思って、行って。バイトしなきゃって、バイト始めて…行き当たりばったりで生きてきたよ。割と最近だね、やりたいこと、行きたいところが見つかったのは…今日は一心不乱にやったなって思う日は、毎日はないけどさ、たまにはモヤモヤしてもいいと思う」
 
あるあや「それでいいんですよね…?」
 
まだ少し、やりたいことが見つからないことに不安を感じるRN あるあや。 

よしだ教頭「モヤモヤと充実は常に一緒にある気がする。モヤモヤすることがないのが、実は一番“無”で、それが一番よくない気がする。そういう意味では、あるあやは充実しているのかもね」
 
とーやま校長「これでいいやってやつはあまりモヤモヤしてないと思うけど、あるあやは戦っているんだよ!それで、そのモヤモヤが晴れたとき、めっちゃきれいなものが見えるんじゃないかな、そのための時間だよ」

とーやま校長とよしだ教頭に質問してみて、心のモヤモヤは無くなったかな?

あるあや「聞く前まで、モヤモヤしていたけど、ちょっとスッキリしました!」
 
よしだ教頭「話を聞く限り、楽しいこと好きそうじゃんか」
 
とーやま校長「楽しいことに向かって行けばいいんだよ。ずっと楽しいことを続けていけば、私これやりたいなってことが見つかると思うよ」
 
よしだ教頭「気付いたら、同じところにいたのかもしれないし、いろんな場所にいるかもしれないし」
 
とーやま校長「自分で分からなくてもいいじゃん、周りから言われるのかもよ、“あるあやってすげえ前に行ってるな”って!」
 
あるあや「はい!」
 
よしだ教頭「楽しいところに行きたいって思わなくなったら危ないな、あるあやは。そのときは喝を入れさせてもらいます!!」
 
あるあや「お願いします」
 
よしだ教頭「お尻ペンペンだよ!」
 
とーやま校長「それはちょっと問題があるな(笑)心のお尻ペンペンだよね?」
 
まずはライブをがんばれ!!!目一杯がんばれ!!
応援しているぞ!!

sol130514_07.jpg

次はこの書き込みをしてくれた生徒に電話しました。

何をしてあげれるんだろう
友達がちょくちょく嫌がらせ受けてて、ついにそのことが原因で休んだ。
すっごく性格いいし、友達いっぱいいるし、どうしてそんなことするのかも分からなければ、思い当たる人もいない。
きっと誰も信じれない状態にあるのかな??とか、考えたらメール送っていいかもわからんないし…

年中無休スマイル
女/17/富山県



高校3年生のRN 年中無休スマイル。
書き込んでくれたのは、同じ塾に通うことがきっかけで仲良くなった友達のこと。
RN 年中無休スマイルの学校は今、テスト週間なのだが、その友達は、1日目と2日目は別室でテストを受け、3日目の今日は学校を休んでしまった。
 
とーやま校長「別室で受けなきゃいけないほどのことをされているのか…、やられているらしいってことは、年中無休スマイルは現場には立ち会ってないの?」
 
年中無休スマイル「なんかお金を盗まれたりとか…、布賭けを汚されてて使えない状態だったり…本当に誰がやっているかわからなくて…その子は暗い子じゃなくて、マネージャーもやっていて、運動もできて、かわいくて、男女ともに好かれる子だから、そんなことがあるってこと自体考えられなくて…」
 
よしだ教頭「たぶん、嫉妬心でやっているんだろな」
 
年中無休スマイル「そうなんじゃないかと思います」
 
その友達が学校を休んだのは、今日が始めてだというRN 年中無休スマイル。
 
とーやま校長「めっちゃ、がんばってたんだろうな…」
 
2年生のときに嫌がらせがあったときは、その友達もRN 年中無休スマイルに一度は相談をしてくれた。
3年になって、もう嫌がらせは終わったと思っていたが、実際はまだ続いていた。
 
よしだ教頭「その友達とは話はするの?」
 
年中無休スマイル「塾では会話をしているんですけど、嫌がらせの話はまったくしなくて」
 
よしだ教頭「元気ない?」
 
年中無休スマイル「そういうかんじもなくて、いつもとかわらなくて…それで、全然気付かなくて」

一緒の塾では、いつも通り明るく振舞ってくれているという友達。
 
とーやま校長「向こうからも話してこないんだよね、年中無休スマイルからも話しづらい?」
 
年中無休スマイル「休んだって知ったのが今日で、メールしようと思ったんですけど、私は本人から聞いたわけじゃないので…別のクラスの私がメールして、そのことがたくさんの人に広まっているって知ったら嫌だって思うかもしれないし…」
 
よしだ教頭「なるほどな…」
 
年中無休スマイル「本当に人が信じられない状態だったら、メール送ってもウソっぽくみえるかもしれないし…それで、その子が友達を疑って、それで、自分自身が友達を疑ったことで傷つくのが嫌で…」
 
友達が心配で、メールを送りたいけど、そのメールがその子を傷つけるんじゃないかと悩むRN 年中無休スマイル。
 
よしだ教頭「俺はね、全部、早目がいいと思うよ。いろいろあると思うけど、早いうちに手を打たなきゃ。高校3年じゃん。あと1年じゃん!多少追い詰めても、知れ渡っているのが嫌でも、それでもよくないか?早めに救ってあげなきゃ、いじめているやつも早くやめさせるべきだよ」

sol130514_06.jpg

とーやま校長「年中無休スマイルは空気の読めるやつだけど、ここは空気を読まなくていいと思うんだよね。メール送って相談してから決めたほうがいいよ。
今、もしかしたら、力尽きようとしているかもしれない。学校休んでるし…一人で戦っていると思うんだ。助けを待っているかもしれない。その友達も明るくて強いやつだから迷惑を掛けたくないって思って我慢しているかもしれない…。
でも、これを一人で背負うのは限界だよ!俺は嫌だ…!年中無休スマイルはずっと友達を想っているじゃん。一人で背負っているものを二人で背負ったらちょっと楽になるじゃん。そうなってほしい。知られたくないって思っていても、そこに土足で入っていっていいと思う。胸倉掴んで、“私がいるじゃん!”って言っていいよ」
 
年中無休スマイル「はい…!」
 
思わず、声を荒げてしまうほど、本気でRN 年中無休スマイルの心配をする、とーやま校長とよしだ教頭。
 
よしだ教頭「怒られたら、謝ればいいじゃん。向こうが信じられなくてもさ、年中無休スマイルが信じてあげればさ、とにかく早く助けてあげなきゃ」
 
とーやま校長「何もできなくても、嫌がらせを止められなくても、その子の隣にいるだけでいいよ、言葉が無くたってさ」
 
よしだ教頭「あと一年だよ」
 
年中無休スマイル「メール送ります…!」
 
よしだ教頭「こう書いたらいいなってことじゃなくて、想っていることを書きな」
 
とーやま校長「短くていいし、何ページにもなるメールでもいいから、思ったことを友達に送ってあげてくれ」
 
年中無休スマイル「ありがとうございます」
 
掲示板にも、生徒のみんなから、RN 年中無休スマイルへのメッセージが届いている!

信用されてください!!!
私は、年中無休スマイルさんみたいに心配してくれる友達が欲しかった。
私もいじめられた時にメールくれたり、積極的に声かけてくれる子いなくて寂しかった。
友達は犯人分からなくて怖いと思います!だからこそ、年中無休スマイルさんが信用できる友達になってあげてください!!!

-akika-
女/17/静岡県
2013/05/14 23:40




不登校
中学の時不登校だった。その時は誰も信じれなかった。うわべだけ。
でもちょくちょくメールくれる子がいて、たちなおれた

細胞R
女/16/福井県
2013/05/14 23:43



とーやま校長「友達もおまえのことを待っているぞ!」
 
それでは本日の黒板の時間です。

sol130514_09.jpg

『 背中とケツ 』

俺達に対して、生徒がいて
 
前を向いているやつは、こっちに背中を向けているから、ドンと押してやる!!
 
後ろを向いているやつは、こっちと目と目が合っているやつ、そういうやつは抱きしめてやる。
 
どっちでもなくて、ケツを見せているやつ…そいつはよしだ教頭がペンペン叩く!
けっこう強めに!男女関係なく叩く!
 
だからこっちに任せて、思う存分やったれい!!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
あるあや 青森県 16歳 女
年中無休スマイル 富山県 17歳 女
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
fax130514_01.jpg

RN 紫の踏切 岩手県 14歳
 
fax130514_02.jpg

RN コナ
 
fax130514_03.jpg

RN どーたー
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:05 ないものねだり / KANA-BOON
22:13 1984 / andymori
22:26 RPG / SEKAI NO OWARI
22:47 同じ空の下 / 高橋優
23:13 祭りのあと / Base Ball Bear
23:24 PERFECT BLUE / Base Ball Bear
23:43 ホワイトレインコートマン /Scenarioart
23:50 まだみぬ君 / plenty
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
おしりペンぺンは大分
恥かしいぞ!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
声をかけていこう!人と関わっていこう!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
sol130513_01.jpg

『 MY NAME IS xxxx 』
 
閃光ライオット2011のグランプリアーティスト!PAGE!
今日の黒板は、この学校とPAGEが、出逢うきっかけになった曲のタイトルです!
 
2年前に送ってくれた、デモテープに入っていたのがこの曲!
まだLIVE経験のない、高校1年の15歳だったPAGEは、この曲をきっかけに野音のステージまで上りつめ、見事、グランプリを獲得!!!
 
それから、1年も経たないうちにメジャーデビュー!
先週の水曜日に、この『MY NAME IS xxxx』をリリースしました!!
 
そんな中!PAGE本人からのお願いがあり、生徒のみんなに協力してもらって、この曲のオリジナル・ミュージックビデオを、この学校で作っていたんですが……!
 
ついに完成したぞォーーー!!!!
 
今回の映像のテーマは、みんなの名前!
ラジオネームではなく、本名の由来!
 
東京!名古屋!大阪!全国3カ所の撮影場所に、PAGE本人が会いに行って、みんなに、本名の由来を自己紹介してもらっている映像を撮影してきました!
 
そして、PAGEからメッセージが届いてるぞ!!
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
『MY NAME IS xxxx』 SCHOOL OF LOCK!スペシャルミュージックビデオ、完成しました。
 
このミュージックビデオに出演してくれたSOL!生徒の皆さん、残念ながら当選はしなかったけど、このプロジェクトに応募してくれた皆さん、本当にありがとうございました。
 
ライブ会場以外での交流の場にもなったこともあって、初めはどう対応していいか分からず、僕がコミュ障を発動させてしまうという一面もありましたが、すごく良い経験になりました。
 
来てくれた子の中には、緊張しすぎて震えまくっている子や、絶叫している子など、考えても無かったリアクションを見て、自分は生徒みんなの中ではそうゆう存在なんだな、と実感しました。
 
そして、たった数分しかない撮影を皆「楽しかった」と言ってくれて、とても嬉しかったです。
皆さんの喜ぶ顔が見れて、とてもあたたかい気持ちになりました。
 
最後に、自分のことを好きでいてくれる人や、大切に思ってくれている人に優しくしてあげてください。
 
またこの『MY NAME IS xxxx』という楽曲が、そのきっかけになってくれると嬉しいです。
ありがとうございました。
これからも僕ときゃりーちゃんをよろしくお願いします。ぺろぺろ。
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
そして、今!この学校のサイトに、オリジナル・ミュージックビデオをアップしました!
みんな、今すぐチェックだ!!!

sol130513_03.jpg

今夜の生放送教室では、
 
みんなの兄弟・姉妹にまつわる話を聞かせてほしい!
最近、掲示板を見たり、生徒のみんなと電話をしたりして、気になっているのが…みんなの兄弟や姉妹のこと!
 
「お兄ちゃんにがきっかけで、SCHOOL OF LOCK!を知りました!」
「あのアーティストが好きなのは、お姉ちゃんの影響です!」などなど…
 
ということで今夜の授業は…
 
「兄弟・姉妹自慢コンテスト!」
 
「私のお兄ちゃん、サイコーにカッコいいんです!センスもいいし…大好き!」
「さ、さいきん、う、うちの妹が可愛すぎるんです……!」
 
弟から見た姉ちゃん自慢!兄から見た妹大好きエピソード!
お前の兄弟・姉妹に対する、自慢話を聞かせてほしい!
 
学校掲示板とメールで待っているぞ!!!

sol130513_04.jpg

まず最初に兄弟・姉妹の自慢をしてくれるのは…
 
あーちゃんマンちゃん 栃木県 17歳 女
 
あーちゃんマンちゃん「キムタクと生田斗真を足して2で割った、超イケメンのお兄ちゃんです!!!」
 
とーやま校長「キムタクと生田斗真!?超カッコいいじゃん!!」
 
よしだ教頭「おおー!!」
 
20歳で、美容師の専門学校に通っているというRN あーちゃんマンちゃんのお兄ちゃん!!
お兄ちゃんをカッコイイと思い始めたのは中学のころからで、あまりのカッコよさに、同級生の男子では全然ダメだなと思ってしまったとのこと!彼氏が出来ても、お兄ちゃんと比べてしまい、長く続かずかなかったそうで……一方で、お兄ちゃんに彼女ができると、思わずヤキモチを焼いてしまうんだって!!(笑)
 
RN あーちゃんマンちゃんのお兄ちゃんは、現在一人暮らしをしているそうなのだが…
 
あーちゃんマンちゃん「今年の正月に、彼女を連れて、実家に帰ってきて…しばらくの間、その彼女と泊まっていたんですけど、お兄ちゃんが彼女さんとイチャイチャしているのを見て、もう…ヤキモチを焼きました(照)」
 
よしだ教頭「彼女さんはどんな人だった?」
 
あーちゃんマンちゃん「めちゃくちゃかわいくて、すごい!いいひとでした!」
 
よしだ教頭「お〜!いいじゃんか!彼女さんにイジワルしなかった?」
 
あーちゃんマンちゃん「しないですよ〜!!」
 
よしだ教頭「じゃあ大丈夫、大丈夫!」
 
とーやま校長「でも、化粧ポーチを隠そうとか、しなかった?」
 
あーちゃんマンちゃん「いや…ちょっと思いました(笑)」
 
とーやま校長「だめだよ!!怖い怖い!(笑)」
 
実はお兄ちゃんも、RN あーちゃんマンちゃんのことが大好きで、いつも守ってくれていたんだって!
 
あーちゃんマンちゃん「彼氏が出来たときに、お兄ちゃんが彼氏に会うと、“俺の妹に悪さするんじゃねぇぞ”ってかんじで言って…」
 
よしだ教頭「かっけえ!!超かっけぇ!!!!」

とーやま校長「カッコイイ〜!!彼氏は言われてどうするの?」
 
あーちゃんマンちゃん「それでびびって…しばらくして、別れるみたいな…?(汗)」
 
よしだ教頭「ちょいちょい!効果ありすぎだよ!!(笑)」
 
RN あーちゃんマンちゃんの本当の彼氏になるにはお兄ちゃんを乗り越えないといけないのか…!!(笑)
 
最後に、RN あーちゃんマンちゃんからお兄ちゃんに向けてメッセージを!
 
あーちゃんマンちゃん「お兄ちゃん、一人暮らしで彼女とイチャイチャしてないで、たまには私のところに帰ってきてね!!!いつも応援しているからね!!大好きだよ!!」

sol130513_05.jpg

次の生徒は…

ハンカチーフ 東京都 16歳 女
 
RN ハンカチーフが自慢してくれるのは、いつも勉強を教えてくれている小学校6年生の弟!!
大河ドラマに小学2年生のときにはまって以来、歴史が詳しくなっていったという!
 
とーやま校長「言っても、4つ下じゃん。ちゃんと高1の勉強のことがわかるの?」
 
ハンカチーフ「尋常じゃなく詳しくて、もう歴代首相とかをスラスラ言うくらいで…!」
 
なんと90人以上いる日本の歴代首相の名前を初代から言えるらしい!!!
す、すごいッ…!! 
とーやま校長「いつもお世話になってるんだ!今はどこにいるの?」
 
ハンカチーフ「となりにいます!」
 
とーやま校長「じゃあ、その先生に出てもらって、歴代首相を言ってもらう?」
 
ここで、RN ハンカチーフの歴史の先生である弟に、電話に出てもらうことに!!
 
「もしもし、弟です!!」
 
とーやま校長「歴代首相が言えるらしいね!」
 
「はい!」
 
とーやま校長「じゃあ、ちょっと聞かせてもらっていいですか?」
 
それではRN ハンカチーフの弟に、初代首相から順番に言ってもらいます!!
 
「それでは、始めます!伊藤博文、黒田清隆、山縣有朋、松方正義、大隈重信……」
 
すごい!首相の名前が次から次へと出てくるーーッ!!!
  
よしだ教頭「いや…すごい!…すごいんだけどさ…!俺らが正解を知らないっていうのがな…(笑)」
 
とーやま校長「多分、安倍総理までいくのに、KIFF&RELEASEまでかかっちゃうな(笑)」
 
安倍総理まで、最後まで聞きたかったです!!!
 
よしだ教頭「弟、一番好きな時代は?」
 
「明治時代です!」
 
とーやま校長「なんで?」
 
「一番、レトロっぽいから…」
 
とーやま校長「レトロな時代は、もっと昔の方がレトロ思うけどな(笑)」
 
弟に姉である、RN ハンカチーフのことを聞いてみると…
 
とーやま校長「いつもお姉ちゃんに勉強を教えているじゃんか、お姉ちゃん好き?」
 
「うーん…、まあ、そうですね…(照)」
 
照れくさくて、返事ができない、RN ハンカチーフの弟!
わかる!!男の子だもんな〜!!!
で、再び、お姉ちゃんのRN ハンカチーフに交代!!
お姉ちゃんはちゃんと答えてくれるかな?
 
とーやま校長「かわいい弟だよな〜ハンカチーフは好き?」
 
ハンカチーフ「あ、はい!」
 
いつか、弟からもお姉ちゃんに言葉を伝えてほしいな!
これからも歴史を教わりながら、仲良くしていってくれぃ!!

sol130513_06.jpg

さあ、兄弟・姉妹の自慢をどんどん聞いていきます!!!
 
髪の毛ブロッコリー 静岡県 15歳 男
 
RN 髪の毛ブロッコリーが自慢したいのは…
 
髪の毛ブロッコリー「妹です!」
 
とーやま校長「小学生の妹の自慢ってさ…何があるの?」
 
髪の毛ブロッコリー「とにかく、かわいいです!!」
 
よしだ教頭「シンプル!」
 
とーやま校長「あれ?遠くのほうで警報が鳴っているよ!」
 
よしだ教頭「まだ大丈夫だよ!!(笑)」
 
RN 髪の毛ブロッコリーに対して甘えるのが上手いという妹!
 
髪の毛ブロッコリー「“勉強を教えて”だとか、“ゲームをしていて、わからないところを教えて”とか、何かといろいろ聞いてくれるかんじで」
 
よしだ教頭「頼ってきてくれてるかんじなんだね」
 
いつの間にか妹がかわいくなっていたというRN 髪の毛ブロッコリー!!
 
とーやま校長「今、小5でしょ?お風呂は…?」
 
髪の毛ブロッコリー「最初は一緒に入ってったんですけど、妹がまだシャワーの調節ができないんで、そこは僕が呼ばれて、やってあげています」
 
とーやま校長「ワオワオ!!」
 
よしだ教頭「いいんだよ!お兄ちゃんの仕事だよ!!」
 
とーやま校長「お兄ちゃん、お風呂から呼ばれてどういうかんじなの?」
 
髪の毛ブロッコリー「来たな、と(笑)」
 
とーやま校長「呼ばれたら、走っていくの?」
 
髪の毛ブロッコリー「そこは想像にお任せします(笑)」
 
とーやま校長「全速力の可能性あるよ!」
 
そして、話題の妹はこの電話の最中も、RN 髪の毛ブロッコリーのとなりで寝ているとのこと!!
 
とーやま校長「普段から、妹にかわいいとかいってるの?」
 
髪の毛ブロッコリー「あんまり言ってないですね」
 
じゃあこの話が聞かれていたら、RN 髪の毛ブロッコリーにとって相当、恥かしいな〜!!!

とーやま校長「どんなかんじで寝ているの…?」
 
髪の毛ブロッコリー「体育座りで横になったかんじですね」
 
とーやま校長「髪の毛ブロッコリーもさ、一回、横に行ってみようか」
 
あれ?とーやま校長?何をやらせるんですか?
 
とーやま校長「そのまま、妹に近づいてみようか」
 
ここでとーやま校長から、RN 髪の毛ブロッコリーに妹に近くづくミッションが下ったァーー!!
 
とーやま校長「距離はどんなかんじ?」
 
髪の毛ブロッコリー「5cmくらいです…」
 
さらにとーやま校長の命令で、3cm、2cm近づいていくと…
 
髪の毛ブロッコリー「今が…ギリギリですッ…!」
 
とーやま校長「ワオワオ!!ワーニング!最大級のワーニング!!離れろ!離れろ!!妹だぞ!!何をやっているんだ!!」
 
よしだ教頭「あんたがやらせてるんだろ!!(笑)」
 
あんまり、寝ている妹の邪魔をしてはいけないので…やめましょう!
最後にとなりで寝ている、自慢の妹へのメッセージを!!
 
髪の毛ブロッコリー「これからもかわいい妹でいてください!」
 
とーやま校長「これ全部、薄目開いて、聞いていたらどうする?」
 
髪の毛ブロッコリー「もうダメですね(笑)、顔も合わせられないです!(笑)」
 
妹が起きてないことを祈っているぞ!!

sol130513_12.jpg

Tetsushi 滋賀県 18歳 男
 
RN Tetsushiの自慢は、弟がバトミントンがめっちゃ強いこと!!
 
勉強と部活の両立をするために進学校に進んだ、RN Tetsushi!!
スポーツ推薦で、スポーツの強豪校に行った、弟!!
二人とも、バドミントン部に所属し、滋賀県のブロック大会で、過去に2回!兄弟対決をしてきたんだって!!!
 
Tetsushi「過去2回やって、一勝一敗だったんですよ」
 
よしだ教頭「互角じゃねえか!!」
 
Tetsushi「僕らの戦う、数十分間っていうのは、他の人と戦うときと気持ちが違って…周りの人も夢中になって観てくれて…」
 
そんな試合ができる弟がいることが、RN Tetsushiの自慢だという!!
 
とーやま校長「勝ったときはどんな気分?」
 
Tetsushi「ベストを尽くしたってかんじで、お前にはまだ負けるつもりはないって…」
 
よしだ教頭「カッコイイな!!お兄ちゃん!!」
 
Tetsushi「でも負けたときは、他の人に負けたときの10倍悔しくて…」
 
今年3年生のRN Tetsushiにとって、今度の6月大会が、最後の大会で、お互い勝ち進めば、弟と戦うかもしれないという!!!
 
とーやま校長「はあ〜!!その間も家で会うでしょ?何か話すの?」
 
Tetsushi「するんですけど、自分からは話かけないですね」
 
よしだ教頭「ぶっちゃけ、RN Tetsushiから見た弟、弟から見たTetsushiって、お互いどう思っているの?」
 
Tetsushi「この前、聞いたら“オレはお前に絶対勝ったるからな!!って言われて、僕は“まだお前には、まだ勝たしたらん”って言いました」
 
とーやま校長「いや、めっちゃ痺れるわ!!」
 
よしだ教頭「バチバチじゃんか!いいよ!!」
 
お互い一歩も譲らない!!ところがカッコイイなぁ!!

RN Tetsushiに3回目の兄弟対決に向けての意気込みを聞いてみると…

とーやま校長「今の気持ちはどんなかんじ?」
 
Tetsushi「絶対ッッ!!!負けたくないです!!」
 
とーやま校長「そうだよな!!」
 
よしだ教頭「本気で行かなきゃダメだね!!」
 
Tetsushi「負けず嫌いなんで、ここで負けたら悔いが残りますし、弟には、まだがんばってほしいんで、ここは差を見せ付けたいと思います!!」
 
とーやま校長「兄ちゃん勝て!勝て!!でも、心の奥では、弟のことも応援している!!」
 
よしだ教頭「熱い戦いを!!」
 
行ってこい!!RN Tetsushi!!!
 
 
それでは、本日も黒板のお時間です!!

sol130513_10.jpg

『 俺が思う兄弟・姉妹 』
 
俺に取っては弟だけど
 
いろんな情報を教えてくれる人
これがいいよとか、あれがカッコイイとか教えてくれる存在
 
部活、勉強、恋愛とか、すごいがんばってほしいけど、抜かれたらめちゃくちゃ悔しい存在
 
自分に悩みがあっても、その悩みを相談するのも恥かしい存在
でも自分が悩んでいる事に、その内容に、ちゃんと気づいている存在
 
今は仲が悪いかもしれないけど、大人になって時間が経ったら、すげー楽しい友達みたいな存在
 
世界に、この地球に、何人もいない、血のつながっている人
 
俺にとっては兄弟・姉妹はそういう存在!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
あーちゃんマンちゃん 栃木県 17歳 女
ハンカチーフ 東京都 16歳 女
髪の毛ブロッコリー 静岡県 15歳 男
Tetsushi 滋賀県 18歳 男
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
fax130513_01.jpg
RN 透析
 
fax130513_02.jpg
RN 紫の踏切 岩手県 14歳
 
fax130513_03.jpg
RN ピックレモネード 長野県
 
fax130513_04.jpg
RN ちきん南蛮
 
fax130513_05.jpg
RN 平成のモナリザ 滋賀県 18歳
 
fax130513_06.jpg
RN SekaSekaさん 東京都 15歳
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:06 MY NAME IS xxxx / PAGE
22:21 社会の窓 / クリープハイプ
22:22 Velocity / WHITE ASH
22:25 いっさいがっさい / 奥村愛子
22:41 兄妹 / 星野源
22:50 歴史ブランニューデイ / レキシ
23:15 Magic of Love / Perfume
23:39 みんなのうた / きゃりーぱみゅぱみゅ
23:51 Yo!兄弟〜泣いちゃダメ ヴァージョン〜 / SUPER BUTTER DOG
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
弟にかっこいい音楽教えてくれと
あとでメールする〜。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
身内や家族を自慢できるって素敵!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
sol130509_01.jpg

『 38 』
 
ついに、決定しました!
 
SCHOOL OF LOCK!とSony Music、そしてauがおくる
10代限定! 夏のLOCKフェス! 閃光ライオット2013!
 
今年のファイナルステージは、8月4日 日曜日
東京 日比谷 野外大音楽堂で開催します!
 
「とにかく、音楽で何かを刻みたい!」
そんな10代アーティストが放つ光を集めて、今年で6年目!
 
1年で最もアツい、真夏の1日!
今までに、数々のアーティストが、このフェスを通過点にさらなる光を放ち続けてきました!
 
今年、第1次デモテープ審査への応募は1万通以上!
そこから、第2次スタジオ審査へと進んだのは、およそ800組!
 
1次から2次で、かなり数が減っています!
 
そして、この超激戦をさらに乗り越え、第3次LIVE審査に出場するアーティストが……ついに決定!!!!!
 
会議が行われたのは、つい昨日!
 
今年も、閃光職員たちが、審査の時の映像や音源を繰り返し観て聴いて、モメること10時間以上!
 
最終的に、この黒板に刻んだ数のアーティストが、3次審査に進むことになりました!
 
今年、第3次LIVE審査に進むことができたアーティストは……38組!!!!
 
そして!これと同時に、今年の第3次LIVE審査の日程と会場も決定しました!
 
■6月8日 土曜日 札幌 ベッシーホール
■6月16日 日曜日 大阪 MUSE
■6月23日 日曜日 名古屋 ダイアモンドホール
■6月30日 日曜日 東京 渋谷O-WEST
 
以上の4会場で行います!
 
ただし、今年も出演アーティストの都合もあって、シャッフル制度を導入!
 
札幌! 大阪! 名古屋! 東京!
この4会場で2次審査を受けたアーティストのみが、38組に選ばれているとは限りません!
 
そして、東京で審査を受けたアーティストが、東京会場でのLIVEに参加するとも限りません!
 
さあ!どの会場に、どんなアーティストが登場するのか!
そして、選ばれたアーティストは、どんな音を鳴らしてくれるのか!
 
ちなみに、今年も全会場、とーやま校長とよしだ教頭がMCとして参加することが決定しているぞ!!!

全ては、再来週、 5月20日の月曜日から4日間かけて、全アーティストの音源をかけながら発表していく!
もう少しだけ待っていてくれ!

sol130509_02.jpg

そろそろ5月も中盤。
新入生だったみんなも、徐々に慣れてきたかな?
 
入学して1ヶ月経って、部活が決まったり…
先生とか、校舎とか、校則とか、いろんなことが分かってきたり…
 
でも、だからこそ、気付いてきたこともあると思うんだよね……
 
「あれ〜、おかしいなぁ〜。うちの学校、グラウンドが5つもある!」 怖いなー!
 
「あれえ、うちのクラス…半分以上が将棋部員なのぉ!」 ヘンだなー、怖いなー!
 
「ええー!?うちの学校、下校時間になると校長先生の歌が流れるのぉ!」やだなー、怖いなー!
 
今夜はそんな、奇妙な話を聞かせてもらいます!
 
春の怪談スペシャル 〜私の学校、ここがヘンなんです…!〜
 
とーやま校長「あああ!イヤだなぁ〜!怖いなぁ〜!」
 
よしだ教頭「さっきから校長がやっているのは、怖い話で有名な、稲川 淳二さんの真似だと思います!知らない生徒はぜひ、Wikipediaとかで調べてみて下さい!」
 
……ようするに!今日は、幽霊とか超常現象とかじゃなくて、学校の先生とかしきたりとか、学校にまつわるヘンな話を聞きたいってことですね。
 
校則や校舎、部活! 生徒や先生の様子!
入学したときは知らなかったのに、最近気付いて“ヘンだなー、怖いなー”と思った話を教えて下さい!

sol130509_03.jpg

ではでは……
早速、みんなの学校にまつわるヘンな話を……聞いていくぞ!!

へんなとこ?
うちの学校の変なとこは、校歌が4つもあることです!
入学式や始業式に歌うのは1番で終業式に歌うのは2番。
あと2学期の始業式だけで歌うのが3番、卒業式に歌うのは4番なんです!
しかも音楽のうたのテストではひとりで4番まで歌わないといけないんですww私も前までは変だなと思っていたけど、今は、なれちゃいましたww
 
みるみん
女/15/東京都



よしだ教頭「ええ!!4番ってことは、メロディーが違うの?本当に4番あるの?」
 
とーやま校長「けれども…4つあるって怖いなぁぁ!!始業式のつもりで2番を歌わなくちゃいけないんだけど、結局、歌っているのは4番で怖いなぁ!!ごっちゃになって怖いなぁぁ!!」
 

私の学校の変な所
私の学校の変な所は、購買の自動販売機に缶コーヒーを押すと高い確率で缶コーヒーが出てきませんという貼り紙がある所です。
気になったので、私の同級生に試しに押させてみると、缶のコーラが出てきました。どこの学校もそうなのでしょうか!?

みありぃ
女/15/福島県



とーやま校長「全然違う、苦味じゃなくて、甘いのが出てくるってことでしょ?」
 
よしだ教頭「そうそう、体が欲してないものがね」
 
とーやま校長「体がビックリしちゃうから、背筋がゾーっとして…怖いなぁあ!!……フルーツ牛乳がうしろにいて怖いなぁー!!!!」
 
よしだ教頭「いねーよ、なんでフルーツ牛乳がうしろにいるんだよ!(笑)」
 
とーやま校長「カフェインと出会うことができないから…怖いなぁぁーー!!」
 

将棋部だろ?
うちの学校の将棋部は部活の時間にトランプゲームをしているそうです。部活の予算報告にも[トランプ購入]と書いてありました。
 
テールランプ
男/16/長野県
2013/05/09 22:11



とーやま校長「将棋部だっていうのに…パチパチ、歩を進めないで…めくっても金になることはないよ!」
 
よしだ教頭「紙をめくる音がするだけだからね」
 
とーやま校長「ハートの4もね、王を守ることもないわけだからね!学校も許しちゃってるのが…怖いなぁあ〜!!」
 
よしだ教頭「もういいよ!1枚ずつ、紹介していこうよ〜」
 
とーやま校長「校長先生が“予算おかしくないですか?”って振り返ったら…ダイヤの5の顔してるんだよ!!!」
 
よしだ教頭「次行っていい?(笑)」
 
null

次の生徒には電話で話を聞かせてもらうぞ!!
 
ばくにゅん 新潟県 15歳 女
 
とーやま校長「歳はいくつ?」
 
ばくにゅん「15歳です」
 
とーやま校長「怖いな〜!!」
 
よしだ教頭「怖くないよ!いっぱいいるよ!!この学校には!(笑)」
 
4月から高校に入学したRN ばくにゅん!!
しかし、入学した学校が少しヘンなことに、最近気付いたという…!
 
とーやま校長「これは、どういったタイミングで気付いたの?」
 
ばくにゅん「私の学校には、音楽部があって、朝や放課後とかに練習してるんですよ…でもどこで練習をしているか、わからないんです!」
 
とーやま校長「これ、“怖いなぁぁ!”…って、ホントに怖いね!!(笑)」
 
よしだ教頭「どういうこと?」
 
音楽部は合唱をしたり、吹奏楽の演奏をしているらしい…
朝は、女の子が歌っている声がRN ばくにゅんのいる教室にも聴こえてきて、音楽部が練習している音は、階段や廊下でも聴こえてくるのだが…
 
とーやま校長「これ、姿とかは見たことあるのか?」
 
ばくにゅん「…一度も見たこともないんです」
 
とーやま校長「怖いな!!」
 
よしだ教頭「ホントに怖ええな!!」
 
とーやま校長「他の時間帯はどんな音が聴こえてくるの?」
 
ばくにゅん「放課後にみんなで合わせている音が聴こえてくるんですけど…」
 
とーやま校長「音楽部でしょ、音楽室じゃないの?」
 
ばくにゅん「音楽室がないんです!」
 
とーやま校長「はぁぁ…!!(驚)」
 
よしだ教頭「何それ!?」
 
とーやま校長「音楽室ないの!?」
 
ばくにゅん「はい」
 
なんと!!
RN ばくにゅんの学校には音楽室が………ないッ!!!!
しかし、どこからか音は聴こえてくる、RN ばくにゅんの学校…!!
怖いなぁ〜〜!!
 
sol130509_06.jpg

とーやま校長「オカシイなぁぁ…!!他のみんなは、この異変に気付いていたりするのか…?」
 
ばくにゅん「たぶん、気付いているんですけど…」
 
音楽室がないことが少し怖くて、周りの生徒になかなか聞けないRN ばくにゅん…
 
とーやま校長「音楽の授業はどうしてるんだ?」
 
ばくにゅん「私の学年…音楽の授業が、ないんです…」
 
よしだ教頭「言い方〜!!」
 
とーやま校長「普通あるはずだよ!」
 
音楽の授業もないというRN ばくにゅん…
歌の授業も、ないんだって…!!
 
とーやま校長「これ、“ヘンだなぁぁ!”って思うだろ?」
 
ばくにゅん「思いました」
 
とーやま校長「“ヘンだなぁ〜!”って一回言ってごらん!」」
 
よしだ教頭「言わなくていいよ」
 
ばくにゅん「ヘンだなぁ〜!」
 
よしだ教頭「言っちゃったよ(笑)」
 
とーやま校長「“ゾォーっとするなぁ〜!!”って言ってごらん」
 
ばくにゅん「ゾーッとするなぁ〜!(笑)」
 
よしだ教頭「何このやり取り!何この時間!!(笑)」
 
これからも引き続き、調査を頼む!!
何か新しいことがわかったら教えてくれ!!

null

掲示板も、大量の奇妙な報告で溢れかえっています…
 

へんなのかな?
うちの学校は掃除の仕方に特徴があります。
普通は雑巾がけとかをするんだろうけどうちの学校はろう(ロウソク)で床を磨くんです!
最初はめっちゃ驚きましたが今は普通に楽しんでますw
ろうで磨くとチョー滑りやすくなるので靴下で歩いたりしたら絶対こけますww

 
タイガーモンチー
男/15/鹿児島県
2013/05/09 20:33



とーやま校長「怖いねぇー…!」
 
よしだ教頭「ワックスとか、かければいいのにね」
 

うちの学校
床がめっちゃ滑ります
 
緋色の涙
男/15/兵庫県
2013/05/09 20:33



とーやま校長「多分ね、タイガーモンチーの学校から何人か派遣されて、放課後にひっそり磨いてるんでしょうね…」
 
よしだ教頭「してねぇよ!」
 
とーやま校長「怖いなぁ〜!…怖いなぁ〜!!」


うちの学校のヘンなところ
1年生は7クラスあるけど、なぜか1年5組の教室だけない!!!!!!!
 
夢見るたこ焼きちゃん
女/15/熊本県
2013/05/09 22:47



よしだ教頭「これ…たまに紛れてる、本当に怖いやつじゃん(汗)!!」
 
とーやま校長「怖いなぁぁ…!マンションとかで時々ありますよね…」
 
よしだ教頭「ホテルとかでもありますよね、数字抜けてるの」
 
とーやま校長「でも誰も知らないのが怖いよねぇー…!」
 

奇妙な、
僕の学校には他の廊下は白なのに、唯一、一つだけ真っ赤な廊下があります。
他の色はなかったのか、、中3になっても未だに奇妙だなと思います。 
 
エンペラー0
男/14/長野県
2013/05/09 22:00



よしだ教頭「これは怖い(汗)!!放課後に忘れ物した時とか、絶対に通りたくない!!」
 
とーやま校長「赤って色が…良からぬものを想像しちゃいますね…きっと何かをこぼして、それを隠すために赤い色に塗りつぶして…その何かは…」
 
よしだ教頭「怖い怖い怖い!!」
 
とーやま校長「…トマトジュースをこぼしたんだろーッ!!どうなんだ!?おいっ!」
 
よしだ教頭「全然怖くない」
 

びっくり!
日本史の授業で何に血迷ったのか鎧兜を装備し両手に火縄銃と日本刀のレプリカを担いできた先生がいます。
もちろん、そのまま授業をしました(笑)
 
燃えるランナー
男/17/千葉県
2013/05/09 19:37



とーやま校長「これは違う意味で怖いねぇー…!」
 
よしだ教頭「怖いけど面白いですね!この先生、普段は普通のスーツの先生らしいからね」
 
とーやま校長「普段とのふり幅がすごいですねぇ…!」
 
よしだ教頭「先生が一番怖かったかもね」

sol130509_07.jpg

あれ…?ちょっとこの生徒…
逆電してみましょうか…
 
tibiusagi 島根県 16歳 女

今年高校2年になる、RN tibiusagi。
そんな彼女の学校も、少し変なところがあるらしい…。
 
tibiusagi「高校1年の1学期の事なんですが、掃除の時間に毎日同じ音楽が流れていたんです。なんか聴いたことある曲だなって思って、そしたら気づいてしまったんです…」
 
RN tibiusagiが気づいてしまったこととは…!?
 
tibiusagi「曲が…校歌のロックバージョンだったんです…!」
 
とーやま校長「怖いねぇええーーーーーーーーー!!!!!!」
 
よしだ教頭「なにそれ!?しかもロックバージョンって!!!」
 
とーやま校長「先生からは、なんの説明もないの?」
 
tibiusagi「はい」
 
よしだ教頭「入学式の時とかにありそうだけど…」
 
tibiusagi「ありませんでした。掃除の時にいきなり流れてきて…」
 
実は RN tibiusagiの学校の卒業生に、ミュージシャンがいるとのこと…
そしてその卒業生が、高校創立50周年の時に、ロックバージョンの校歌を歌ってくれたそうで…
 
よしだ教頭「校歌でロックって…ちょっと聴いてみたいな…!」
 
それでは早速…
校長と教頭に…聴いていただきましょう…
 
とーやま校長「おぉ、イントロからギターきますね…!!!」
 
よしだ教頭「なんかJリーグが始まるときの音みたい…!」
 
とーやま校長「幻想的だね!!」
 
よしだ教頭「そうだね!で、たっぷりギターソロが続いて…」
 
とーやま校長「…あ、きた!約50秒でやっと歌がきましたよ!!」
 
実は校歌以外にも、その卒業生のミュージシャンが自身の学生時代を歌った曲も流れるらしい…
 
よしだ教頭「いつも掃除の時間に流れているの?」
 
tibiusagi「1学期の間だけです」
 
よしだ教頭「1年生に教えるためなのかな?」
 
とーやま校長「tibiusagiの学校…お払いした方がいいですよ…」
 
よしだ教頭「しなくていいよ!」
 
とーやま校長「あとtibiusagi…これから寝るでしょ?」
 
tibiusagi「いや、勉強します」
 
とーやま校長「あ、そっか…頑張って!」

sol130509_08.jpg


…なんかおかしいと思ったら
下校のお時間のようです…
 
本日はここまでですが、君の学校の“ヘン”な話はまだまだ募集中!
 
そして、君が思う“SCHOOL OF LOCK!の不思議なところ”も募集しているぞ!
 
とーやま校長「みんな、布団の中に入ってごらん…布団の中は…真っ赤に染まってて…そこにはトマトジュースが…!」
 
よしだ教頭「もういいから…」
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
ばくにゅん 新潟県 15歳 女
tibiusagi 島根県 16歳 女
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:10 MY NAME IS xxxx / PAGE
22:30 友達より大事な人 (LIVE at Zepp Tokyo 4.14) / 剛力彩芽
22:50 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 / サカナクション
23:49 いろはにほへと / 椎名林檎
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
fax130509_01.jpg
RN セカオワのFukase.を愛しているチャカ
 
fax130509_02.jpg
RN 赤秋
 
fax130509_08.jpg
RN こんぶ 13歳
 
fax130509_04.jpg
 
fax130509_05.jpg
RN 未完成の蜜柑ジュース 長崎県
 
fax130509_06.jpg
RN 未完成の蜜柑ジュース 長崎県
 
fax130509_07.jpg
RN 未完成の蜜柑ジュース 長崎県
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
こわいなー、放送後記を書くのも
怖いなー怖いなー。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
いろいろと自分の学校を探検してみてくれ!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
sol300508_01.jpg
 
『 掲示板逆電 』


sol300508_02.jpg

今夜の生放送教室は…
 
我が校の“センター”の生徒が一番好きな授業であり、スタンダード授業!!
「掲示板逆電!!!!!!」

夜空に浮かぶラジオの中の学校、SCHOOL OF LOCK!
 
我が校の教室は、キミのケータイから繋がる、学校掲示板。
今日もこの教室で話をしよう。
 
新学期がはじまって一ヶ月。GWも終わり…今の君はどんな感じ?
楽しかった事、辛かった事、テストの愚痴、最近できた一発ギャグ、GWに起きた珍事件、最近ハマっているオススメのアーティスト。
そして…誰にも言えない、でも本当は誰かに聞いてほしいキミの本音。
 
ここは君の教室。“今”の君の気持ちを自由に書き込んでくれ!!
今夜は、とーやま校長&よしだ教頭が気になった生徒にいきなり逆電していくぞ!!!
掲示板に書き込むのはちょっと恥ずかしい…っていう生徒はメールでも大丈夫。
 
今夜も一緒に話そう!!

早速、とーやま校長が気になる生徒にいきなり逆電!
なんでも昨日の授業のことで、とーやま校長に怒っているらしい!!
 
とおと 兵庫県 13歳 男
 
とーやま校長「書き込み見たんだけど、怒ってるんだよね?」
 
とおと「はい、昨日『惡の華』の授業やったじゃないですか、それで、恐怖心がすごいんですよ!」
 
昨日行われた、マンガ・アニメ『惡の華』にインスパイアされた授業「ハナガサイタヨ逆電」の、あまりの怖さにより一睡もできなかったというRN とおと!!(笑)
授業中に居眠りしてまい、先生に怒られてしまったとのこと!
 
このことに申し訳ないと感じたとーやま校長は…
とーやま校長「お詫びというか、ささやかなプレゼントがありまして…受け取ってください」
 
ハナガサイタヨ
 
とおと「やめてください!!」
 
なんと!!とーやま校長がプレゼントしたのは、昨日の授業でRN とおとに恐怖心を植えつけたASA-CHANG&巡礼の『花 -a last flower-』だったーーー!!!(笑)
 
とおと「今日も眠れないですよ!!」
 
ごめん!!RN とおと!!(笑)
今日はスタンダード授業だから安心してくれ!!

sol300508_06.jpg

今日の授業は「掲示板逆電」!!
さっそく、気になる生徒に電話をしていきます!!!

タイトル不明。
最近、何か大きなことがしたいです。自分の限界の世界を超えたくてしょうがないです。つまらないんだ。
 
MESSENGER.
女/14/秋田県



とーやま校長「“つまらないんだ”と」
 
よしだ教頭「女の子であんまり、こういうこと言う人いないからね」
 
ということで、電話をしてみました!!
 
MESSENGER.「最近、学校も、ありきたりな毎日を送っていて、つまらないって感じるんですよ。新たなことに挑んでみたいって毎日思っているんです。けど見つからなくて、それが一番の悩みです」
 
よしだ教頭「何かに挑戦したいけど、それが見つからないのか、今までは、何かに挑戦してきたの?」
 
MESSENGER.「中2までは、なんでも挑戦してきたんですけど、中3でクラスが変わったら、いろんな人と一緒になって、なんか…何をしたらいいかわからなくて」
 
現在、美術部に所属し、絵を描いているRN MESSENGER.!
中2のころ「学校一絵を描くのが上手くなる」ことを目標に、を書き続け、学校の文化祭のポスターに選ばれたことも!!
スゴイ!目標達成してるじゃないか!!
 
MESSENGER.「達成したんですけど…今度は部活で描いた絵を全国のコンクールに出したんですけど、入選もしなくて…今もそれを目標にがんばっているんですけど、なかなか遠くてどうしようかなって…」
 
よしだ教頭「絵が好きなわけね」
 
MESSENGER.「大好きです!」
 
よしだ教頭「いや〜“大好きです”ってこんなに即答できるなら、続けたほうがいいと思うけどな」
 
とーやま校長「結構ないよ、胸張って“大好きです”って言えるって!」
 
MESSENGER.「はい…」
 
毎日絵を描いていて、電話したときも、絵を描いていたというRN MESSENGER.!!
そして、描いてくれた絵を送ってくれているとのこと!!
今日もRN MESSENGER.に描いている絵をFAXで送ってもらうことに!!
ありがとーーーー!!!
 
とーやま校長「つまらないって思っているってことは、今の自分のいるところに甘んじていないってことでしょ、今居るところで楽しかったら、それはそれで良いことなんだけど、つまらないって思っているってことは、先に進みたいし、もっと大きなところにいきたいし、もっとすごいものを見てみたいって思っている証拠だと思うんだよね」
 
よしだ教頭「向上心だよ」
 
MESSENGER.「はい!」
 
つまらないと思うことはけっして悪いことではない!!向上心の表れとアドバイスする二人!!

よしだ教頭「絵を描く人とか、クリエイティブな人って、どこまでいっても、心のどこかで“つまらない”って思っていなきゃ、ダメな気がするよ」
 
MESSENGER.「あー!!」
 
とーやま校長「今の気持ちを絵にぶつけてもいいわけだしさ」
 
よしだ教頭「『つまらない』ってタイトルの絵を描いてもいいんじゃない?」
 
MESSENGER.「あ!いいですね!」
 
とーやま校長「今の気持ちは、自分では全然気付かなかった色になるかもしれないしね」
 
これからも、絵を描くことを続けていくべきだという、とーやま校長!!
 
とーやま校長「このまま、ずっとやっていって、いつか気付いたら“私、大きいことしているな”ってなるから」
 
MESSENGER.「はい!」
 
よしだ教頭「うん、書き続けてほしい!!」
 
本当に絵が大好きなRN MESSENGER.の絵を早く見たいな!
FAX待ってるぞーーー!!
 
とーやま校長「今日も送ってくれ!!待ってるぞ!」
 
よしだ教頭「絵、がんばれ!!」
 
MESSENGER.「がんばりまーす!!」
 
sol300508_04.jpg

引き続き、気になる書き込みをしてくれた生徒に逆電するぞ!!

頼む逆電
まさかだったんですけど新クラスでスクールオブロックしってる?ってきいたら半分くらいが知っててwそいつらに逆電きたって自慢したーーーーい
 
しょうようのジブリ人間
男/15/鹿児島県



RN しょうようのジブリ人間に電話をしてみると、一度目はすぐに切れてしまい、再度、掛け直したんだけど…
 
とーやま校長「さっきはどうした?」
 
しょうようのジブリ人間「手が震えて2回押しちゃいました…」
 
手が震えて、電話を思わず、切ってしまったというRN しょうようのジブリ人間!(笑)
 
とーやま校長「なんで、手が震えたの?」
 
しょうようのジブリ人間「昔から、ずっと書き込みをしていて、やっと電話が来たんで!」
 
校長&教頭「うれしいな!」
 
中1のころから、2年間ずっと書き込みをしてくれているRN しょうようのジブリ人間!
いつも、書き込んでくれてありがとうーー!!
 
よしだ教頭「SCHOOL OF LOCK!聴いている友達、クラスにたくさんいるの?」
 
しょうようのジブリ人間「はい、たくさんいます!」
 
とーやま校長「まあ、オレ達もカリスマだからね〜明日クラスのみんなにカリスマと話したって自慢してくれぃ!!」
 
しょうようのジブリ人間「はい!!」
 
我が校の授業を聞いてくれている生徒が多くて、とーやま校長もうれしそう!!
 
よしだ教頭「クラスのみんなはSCHOOL OF LOCK!では何が一番好きだって?」

しょうようのジブリ人間「男子が直接女子に質問するやつ…」

よしだ教頭「やっぱりそれかい!!」
 
みんな大好きなんだな〜!『男と女の掲示板逆電』!!(笑)

とーやま校長「お前は、何か女子に聞きたいことある?」

しょうようのジブリ人間「告白されたいのか、告白したいのか…」
 
とーやま校長「うわ、かわいい!内容がかわいい!もっとキツイのがくるのかと…(笑)」
  
彼女はいないけど、好きな子がいるというRN しょうようのジブリ人間!
今日の電話をネタに、好きな子と仲良くなるきっかけをつくってくれーーー!!
 
sol300508_10.jpg

引き続き、生徒に電話をしていくぞ!!


私は今新しいクラスで、あるクラスメートに目をつけられています。
 
私はその人の嫌がる事も目立ったこともしていません。
 
その人は親しい人に私の有りもしない噂を流して、私は一部の人間に嫌われ始めています。
 
そしてある教科の時間に隣の席なので、私の隣は嫌だということを周りにアピールするので、このまま色んな人に噂が広がって嫌われたら怖いなと思いました。
 
あみなみさわ 北海道 16歳 女


とーやま校長「話を聞かせてもらっていい?」
 
あみなみさわ「何もしてないですけど、“あいつ嫌だわ”って言ってたらしくて…」
 
とーやま校長「そいつは、女の子?」
 
あみなみさわ「はい、英語の時間なんですけど、隣の席なんですけど、周りの男子に“あいつ嫌だ”って指さされて…こっちも嫌になってきて、有りもしない噂を流されて、その子の周りの子は私のこと嫌い始めていて……知らない間に、みんなってわけじゃないけど、少しの子に、何も喋っていないのに嫌われるのは嫌だなぁって…」
 
去年は他のクラスで、面識が無かったが、同じクラスになってからは目を付けられるようになった。
表立っては、言ってこないが、陰で言われて、それに周囲の子も同調しているとのこと。
 
とーやま校長「嫌なやつ!!!ホントに嫌なやつ!!いるんだよ、人を貶めることによって、自分のステータスを維持するやつ…(怒)」
 
よしだ教頭「もうちょい、別のポジション取ってほしいのにね」
 
あみなみさわ「なんか問題を起こし過ぎていて、私、頑張って入った進学校で、本当に勉強してもギリギリだったんですよ…」
 
RN あみなみさわが必死に入った進学校。しかしその子は、勉強ができ、問題起こしていても入れてしまったとのこと。
今でも問題を起こしていて先生にも迷惑をかけているらしい。
 
とーやま校長「色々問題があるやつなんだね。俺は一回怖い先生にこっぴどく怒られてほしいけどな!!」
 
あみなみさわ「怖い先生もいたんですけど、みんないなくなっちゃって…」
 
よしだ教頭「なるほど、無法地帯か…」
 
その子に対して、よしだ教頭はRN あみなみさわに、ある提案を…。
 
よしだ教頭「なんだろう、おまえに体力と精神力があったら、そいつに、とことん歩み寄ってみるってのはどう?」
 
あみなみさわ「いや…でも、関わりたくないなぁって…」
 
よしだ教頭「なるほど…そんなかんじか」

どうしても関わりたくないという、RN あみなみさわ。 
sol300508_07.jpg

新クラスには、高1からの友達も一人いて、高2から新しくできた友達も何人かいるが、授業が教科別に分かれているので、授業中は一緒にいられないとのこと。
 
とーやま校長「その子のことをさ、友達に相談はしているの?」
 
あみなみさわ「軽く愚痴ったりはしているんですけど…」
 
あくまで自分とその子の問題なので、友達には迷惑を掛けたくないというRN あみなみさわ。
 
よしだ教頭「本当に、大人だな」
 
とーやま校長「でも、おまえは真面目だし、周りの友達の子のことも考えてくれてるし。でも俺達は一人じゃ生きてけないじゃん、俺たちは弱いんだよ、誰かによりそって、誰かに頼って、頼られて生きてくもんだと思っている。あみなみさには友達がいるだろ?その友達が困っていたらどうする?」
 
あみなみさわ「自分が話を聞くだけで、その子の気持ちがおさまるんだったら聞いてあげたい。その子の本当の気持ちは分からないけど、出来る限りのことはしてあげたくて、話を聞いてあげたいかなって…」
 
とーやま校長「一緒だよ」
 
あみなみさわ「私は自分のことを、本当にプライベートのことをあんまり話したことがなくて、苦手で…友達に相談しても状況が変わらないんじゃないかって」
 
よしだ教頭「状況が変わらなくてもさ、気持ちは変わるじゃん。気持ちが変わったら状況も変わるんじゃないかな」
 
自分のことを話したら、向こうも責任も感じてしまうのでないか、相手の重荷になるのではと心配するRN あみなみさわ。
 
とーやま校長「それは、友達が決めることだからね、大丈夫じゃないかな。俺は深刻になっても構わないと思うよ、友達なんだから。もっとお前のこと知ってほしいし、知らないといけないし、友達だから。もうちょっと頼っていいと思うよ」
 
あみなみさわ「はい…」
 
とーやま校長「結構、頼もしいぞ、“こんなこと言ってくれるんだ”っていうのもあるかもしれないし、何が変わるかなんて分からないけど、まずはおまえの持っている“ありったけ”を伝えることだな。一緒に共有してくれるかもしれないし…でもこんな理不尽なことを抱える必要はないよ」
 
よしだ教頭「解決するなら早めがいいし」
 
また、RN あみなみさわが友達に甘えることでその仲が悪い子も救われるという、よしだ教頭。
 
よしだ教頭「その子もやっぱちょっとかわいそうじゃん。このままだと、その子も最後には一人になっちゃうから、一番いい大団円を迎えるためにはさ」
 
友達に、周囲の人に話すことが大事、ちゃんと話す言葉が、今渦巻いてるいやな空気も向きが変わって、どこかに飛んでいくぞ!!

sol300508_09.jpg 

そして、RN あみなみさわと腹を割って話すことができたので、そろそろ電話を切ろうとしたら…
 
あみなみさわ「さっきストレイテナー先生の曲が掛かったじゃないですか!めっちゃ好きなんですよ!」
 
生放送教室でストレイテナー先生の曲が流れたことにテンションが上がったというRN あみなみさわ!
 
そんなRN あみなみさわにホリエ先生と仲良くなった、とーやま校長が…
 
とーやま校長「おまえの言葉は全部、ホリエ先生に伝えとく!!」
 
あみなみさわ「すいません!ありがとうございます!」
 
最後の最後に、大好きなストレイテナー先生の話で盛り上がったRN あみなみさわ!!
 
とーやま校長「RN あみなみさわは、好きなものがあって、好きな音楽があって、心が溢れて、命が燃えるような出会いがあって、おまえはそういう動きができるんだよ!!そりゃ人間だから気を使うけど、どうしても溢れちゃうものは止めなくていい!!受け止めてくれる人間は必ずいる!!」
 
よしだ教頭「言わないとダメよ、リアルの人間に本音を言わなきゃ!!どんどん話していきましょう」
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
とおと 兵庫県 13歳 男
MESSENGER. 秋田県 14歳 女
しょうようのジブリ人間 鹿児島県 15歳 男
あみなみさわ 北海道 16歳 女
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
fax130508_01.jpg
RN MESSENGER. 秋田県 14歳 女

fax130508_02.jpg 
RN supernova観測 新潟県
 
fax130508_03.jpg
RN コナ
 
fax130508_04.jpg
RN あめひこ
 
fax130508_05.jpg
RN 夢叶 静岡県 13歳 女
 
fax130508_06.jpg
 
fax130508_07.jpg
RN ピックレモネード 長野県 14歳
 
fax130508_08.jpg
RN ちきん南蛮 RN ほのか@Winper
 
fax130508_09.jpg
RN ちきん南蛮
 
fax130508_10.jpg
RN アキライ
 
fax130508_11.jpg
RN こんぶ
 
fax130508_12.jpg
RN Book worm♪ 
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:05 Answer And Answer / 9mm Parabellum Bullet
22:26 世界に一つだけの花 / SMAP
22:42 イロトリドリ / ゆず
22:52 叫べ / RADWIMPS
23:14 Hello / flumpool
23:21 Wild Child / enya
23:23 Wild Child / enya
23:25 プレミアム・ガール / flumpool
23:49 VANISH / ストレイテナー
23:52 RPG / SEKAI NO OWARI
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
また話すよー。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
みんな、電話に出てね!
っていうか、毎日聴いてね!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
sol130507_01.jpg

『 GW終了〜! 』
 
GWは、生徒のみんなにとって楽しいイベントだったかな?
今日は久々の学校で、「体が重い〜」という生徒も、徐々に体を軽くしていけーーー!!
 
sol130507_02.jpg

今夜のSCHOOL OF LOCK!では…
校長・教頭、そして職員の間でも話題の漫画・アニメ『惡の華』からインスパイアされた、ちょっぴり刺激的な授業!!
 
「ハナガサイタヨ逆電!!」
 
『惡の華』とは、文学を愛する気弱な中学2年生の主人公 “春日君”が、大好きな女の子“佐伯さん”の体操着をつい盗んでしまったところを、クラスで孤立している女の子、“仲村さん”に目撃されてしまい、そこから春日君が仲村さんに数々の命令が下るという、おどろおどろしいドロドロした物語…!!

今夜は男子から、『惡の華』の“春日君”のような「これ女子が知ったら、ひかれるだろうな・・・」という、けっして女子に知られてはいけない秘密を募集(笑)!
 
例えば…
「実は脳内で一人総選挙を行っていて、センターから神7まで決めている」
「かわいい女の子の携帯番号を名前だけ携帯に登録して、夜な夜な眺めている。ただし本当の番号は知らない」
「体育の授業で女子が着替え終わった教室に入った時、いつもよりゆっくりと深く息を吸ってしまう。しかも鼻で」
 
そんな君のハナガサイッチャッタ、クソムシなみんなからの秘密を待ってるぞ!(笑)
 
そして、そんな男子を『惡の華』の“仲村さん”のように、「クソムシが!」と叱ってくれるちょっぴりSな女子生徒も募集!!
 
さぁ、男子は誰にも言えない秘密を!女子はちょっぴりSに叱る意気込みを!
学校掲示板とメールに書き込んでくれい!!

sol130507_03.jpg

それでは、ハナガサイッチャッタ男子に、人には言えない秘密を聞いていくぞ!!
 
べらぼーマン 鹿児島県 16歳 男
 
べらぼーマン「実は僕、昼休みに、ハンカチを持って、水道の周りをうろちょろしています」
 
とーやま校長「ハンカチを持って、水道の周りをうろうろしているって、これは…?」
 
よしだ教頭「いいことのように聞こえるけど…?」
 
べらぼーマン「やっぱり、かわいい女の子と触れ合いたいじゃないですか?」
 
とーやま校長「あれ?だいぶ臭ってきたぞ…(笑)」
 
べらぼーマン「それで、かわいい女の子が、ハンカチ忘れたってなったら、颯爽と僕がハンカチを渡して、それで拭いてもらったら…触れ合えるじゃないですか」
 
とーやま校長「フフフッ!!(笑)」
 
よしだ教頭「いや〜…あるよ、他に、触れ合い方」
 
実は、RN べらぼーマンがハンカチを持って水道の周りをうろうろしていたのは、自分のハンカチをかわいい女の子に使ってもらうためだったァーーー!!!
しかし、RN べらぼーマンは、この春、高校に入ってから、この行動を始めて、まだハンカチを渡すシチュエーションに遭遇できていない!(笑)
 
とーやま校長「これさ、自分も水道で手を洗うときがあるわけでしょ?そういうときはどうするの?」
 
べらぼーマン「使わないです。もうズボンで拭いています!」
 
とーやま校長「本当にかわいい女子用にしているんだ!」
 
よしだ教頭「それさ、かわいい女子に使ってもらうとして、どうするの?」
 
べらぼーマン「家に帰って……使います!」
 
とーやま校長「それさ…いろいろ間が端折られて(笑)」
 
よしだ教頭「間も怖えーよッ!!」
 
なんと!女の子が使ったハンカチを家で使うという、RN べらぼーマン!!
でも、家でハンカチはあまり使わないけど…どうやって使うの??
 
べらぼーマン「まあ妄想とか…」
 
とーやま校長「どういう妄想をするわけ?」
 
べらぼーマン「そのハンカチには、直接触れられない、かわいい女の子の手が触れているじゃないですか?とういうことは…使えるじゃないですか!!」
 
とーやま校長「(笑)!!!」
 
よしだ教頭「わからないよ、そこも一気に端折るんじゃないよ!!」

sol130507_04.jpg
 
ハナガサイタヨ
ここで!!アニメ『惡の華』のEDテーマ、ASA-CHANG&巡礼の『花 -a last flower-』が流れたァ!!
この曲が流れたということは…
 
とーやま校長「やべえー!これ女子に聞かれたぞ!!」
 
マズイ!!!RN べらぼーマンの話が女子に聞かれていたみたいだ!!
 
仲村さん「べらぼーマン君、私、今の話聞いちゃった」
 
わぁああ!!しかも聞いていたのは、我が校の仲村さんだよォォォーーーー!!!」
 
仲村さん「気持ち悪い、このド変態!!クソムシがッ!!」
 
べらぼーマン「ありがとうございます!」
 
よしだ教頭「違う!!今、怒られているんだぞ(笑)!」
 
喜んでいる場合じゃないぞ!!RN べらぼーマン!(笑)
 
今回、仲村さんとして電話に出て、RN べらぼーマンを罵倒してくれたのは…
 
宮村 新潟県 17歳 女
 
仲村さん改め、RN 宮村さんでした!素敵な罵倒ありがとう!!(笑)
 
sol130507_07.jpg

続いての秘密を抱えた男子は…
 
エロスの貴公子 東京都 18歳 男
 
お前のハナガサイッチャッタ話を聞かせてくれ!
 
エロスの貴公子「僕はね〜、女子が座っていた椅子に座るのが大好きなんですよ!!」
 
よしだ教頭「なんだそのしゃべり方!」
 
RN エロスの貴公子の自慢をするような口調に思わずツッコむ!よしだ教頭!(笑)
今まで6年間男子校だったが、浪人生になって、予備校に入り、女子と一緒になったRN エロスの貴公子!!
しかし、男子校だったので、女子と話すことに慣れておらず、全く話すことが出来ない!
 
エロスの貴公子「でも“接触したい!”と、考えついたのが、女子の座った椅子に座るです!」
 
よしだ教頭「もう生身の女子と触れ合えよ!」
 
とーやま校長「気持ちはわかるな〜!これさ、座るじゃんか?座った瞬間ってどういった気持ちが湧き上がるわけ?」
 
エロスの貴公子「もう〜!ぬくもりがヤバイですね!!」
 
それまで座っていた女子が居なくなったら、すぐにその椅子に座るというRN エロスの貴公子!
そして、そのまま授業を受けているとのこと!!(笑)
 
よしだ教頭「ちなみに、どういう椅子を狙うの?」
 
エロスの貴公子「やっぱり自分好みのかわいい女の子のイスを狙いますね〜」
 
とーやま校長「周りの生徒もいるじゃんか。“あいつよく見たら、女子の椅子にすぐ座っているな”ってないの?」
 
エロスの貴公子「そんなに多くはやらないんで。狙いを定めてやっているんで」
 
今のところ狙い通りに座ることができて、毎回、座るたびに、最高だというRN エロスの貴公子(笑)
しかしそんなRN エロスの貴公子の話も…
 
ハナガサイタヨ
 
仲村さん「エロスの貴公子君、私、今の話聞いちゃった」
 
やっぱり、仲村さんに聞かれていたァーーーーーーーー!!!!!
ヤバイよ!!ヤバイよォ!!!!
 
仲村さん「かわいい女の子が座っていた椅子に座って、その女の子のぬくもりを感じているんだってね。へ〜、気持ち悪い。このド変態!」
 
エロスの貴公子「ありがとうございます!!」
 
仲村さん「このクソムシ!!」
 
エロスの貴公子「ありがとうございます〜!!!」
 
とーやま校長「もう、“ありがとうございます”が先に出ちゃってたよ〜!(笑)」
 
エロスの貴公子「ご褒美ですね!」
 
よしだ教頭「ご褒美じゃねえよ!怒られてるんだよ!!(笑)」
 
とーやま校長「“クソムシ!!”の前に“ありがとうございます”って言っちゃダメだよ!!」
 
エロスの貴公子「気持ちが高ぶっていて…(笑)」
 
“ありがとうございます”が、思わず、先に出ちゃうほど気持ちが高ぶっていたRN エロスの貴公子!!!
明日から、ついうっかり、口にしないように気をつけてくれ!(笑)
 
sol130507_06.jpg

続いてのハナガサイッチャッタ男子は…
 
カツキノコ 千葉県 17歳 男
 
現在、高校2年生のRN カツキノコはどんなハナガサイッチャッタ秘密を聞かせてくれるのかな?
 
カツキノコ「僕は、理想の唇で、妄想の中でキスしています」
 
RN カツキノコは中1の時にAKB48の小嶋陽菜ちゃんの唇を見て以来、唇フェチになったという!
唇がかわいい、形がいい人とすれ違ったら、頭にインプットしてしてるとのこと!!
 
カツキノコ「だいたい2、3日に一回、寝る前に思い出して、一度に3人と…」
 
ハナガサイタヨ
 
とーやま校長「一度に三人とか言うから!!」
 
よしだ教頭「ばっか!もう〜!!」
 
カツキノコ「うそ…!」
 
シ〜ン
どうやら、仲村さんは通り過ぎたみたいだけど、近くにはいるみたいだぞ…(笑)
 
妄想の中で、一度に3人とキスをするというRN カツキノコ!
遊園地や学校の帰りなど、いろいろなシチュエーションを想像して、女の子と会話をしてからキスをするそうだが…?
 
よしだ教頭「でもいないでしょ?妄想でしょ?」
 
カツキノコ「はい」
 
よしだ教頭「独り言じゃないの?」
 
カツキノコ「独り言じゃないです」
 
ハナガ…
ああっーーと!!仲村さんが登場しかけた!!(笑)
 
妄想の中で、他の二人とも同じようにいろいろなシチュエーションでキスをしているとのこと!!
 
とーやま校長「実際、キスしたことはあるの?」
 
カツキノコ「はい。中1の時に…」
 
とーやま校長「それはリアルな感じで思い出せるんだ。一度インプットした唇は思い出せるの?」
 
カツキノコ「けっこう昔のは忘れちゃうこともあるんで、そのときは卒業アルバムで…」
 
ハナガサイタヨ
 
よしだ教頭「それはダメだよ!!!見つかっちゃったよ〜」
 
とーやま校長「卒アルはダメだ!ロックオンされちゃたよ!」
 
とうとう、我が校の仲村さんに聞かれてしまったぞ〜!!
 
仲村さん「カツキノコ君、私、今の話、聞いちゃった〜」
 
しかも!新たな我が校の仲村さんが来たぞ!!来たぞ〜!!!
 
仲村さん「この変態!クソムシが!!」
 
カツキノコ「ありがとうございます!」
 
とーやま校長「ありがとうが軽い!!(笑)先輩にジュースを奢ってもらったみたいに言うな!!カツキノコは“クソムシが!!”って言われて、どういう気持ちだったの?」
 
カツキノコ「嬉しいです!!」
 
よしだ教頭「噛み締めるな!(笑)」
 
RN カツキノコを見事に罵倒してくれたのは…
 
多希 栃木県 17歳 女
 
罵るのが上手だったぞ!!(笑)ありがとう、RN 多希!!!

sol130507_08.jpg

引き続き、次の生徒に、ハナガサイッチャッタ話を聞かせてもらうぞ!!
 
僕らの桜吹雪大戦争 宮城県 14歳 男
 
僕らの桜吹雪大戦争「かわいい男の子を追いかけてしまうんです」
 
とーやま校長「もう一回、聞いていい?」
 
僕らの桜吹雪大戦争「女子みたいにカワイイ男の子を追いかけてしまうんです!」
 
男子校に通っている、RN 僕らの桜吹雪大戦争!
同じクラスのかわいい男子が、部活の悪ノリで女装をしているのを見たのだが…
 
僕らの桜吹雪大戦争「それを見て、心…打たれて…」
 
ハナガサイタヨ
待って!待って!RN 僕らの桜吹雪大戦争の話を聞きたいから、仲村さん待って!!(笑)
 
僕らの桜吹雪大戦争「それで飯とか誘って…」
 
とーやま校長「飯はまあ、男同士でもあるもんな」
 
僕らの桜吹雪大戦争「で、隣にいきたくて…!」
 
ハナガ…
仲村さん!まだ待っていてくださいーー!!
 
何かをしたいわけではないが、とにかくその彼の隣にいて、一緒にご飯を食べて、笑い合いたいというRN 僕らの桜吹雪大戦争!!
我が校の仲村さんも気になるのか、すでに何度も近くを通り過ぎている(笑)!!
 
とーやま校長「お前は男子が好きということは…?」
 
僕らの桜吹雪大戦争「男子が好きではないですね、なんというか、心が打たれてしまって…」
 
よしだ教頭「その子とは、どうなりたいの?」
 
僕らの桜吹雪大戦争「…仲良くなりたいです」
 
よしだ教頭「仲良くなりたいってどういう感じ?」
 
僕らの桜吹雪大戦争「一緒にいたいというか」
 
とーやま校長「そこなんだよな!!(笑)もう手に負えないんだよね〜」
 
sol130507_09.jpg
 
ハナガサイタヨ
 
再び、RN 多希による、仲村さんが登場ォーー!!!
 
仲村さん「僕らの桜吹雪大戦争君、私、今の話聞いちゃった。男の子なのに、男の子を追いかけちゃうんだって…?」
 
とーやま校長とよしだ教頭の手には負えなかった、RN 僕らの桜吹雪大戦争の想いにも、仲村さんが罵りを…!!!!
 
仲村さん「そういうの良くわからないけど………いいと思うよ!!頑張って!応援してるよ!!」
 
とーやま校長「ちょっと!!ちょっと!!!仲村さん!?仲村さん!?」
 
僕らの桜吹雪大戦争「ありがとうございます!」
 
よしだ教頭「何!この展開!?」
 
まさかの!!!仲村さんが「クソムシが!!」と言わずに、「いいと思うよ!!」と応援をしてくれたァァーーーーーーー!!!???
これにはRN 僕らの桜吹雪大戦争も…
 
僕らの桜吹雪大戦争「めっちゃうれしいです!!」
 
とーやま校長「そうか、うれしいよな(慌)」
 
仲村さんが応援するなら、いいよな!!(笑)
RN 僕らの桜吹雪大戦争!これからもその子と仲良くなってくれぃ!!!
 
そして、我が校の仲村さんになってくれた、RN 宮村、RN 多希ありがとう!!!

それでは、本日の黒板のお時間です。

sol130507_10.jpg 

『 タネハアルヨ 』
 
見られて、恥ずかしいと思ったこと、みんなもあると思うんだけど、
そのつぼみは一度、咲かせてみてもいいんじゃないかと思うよ。
 
でも華が咲いている途中でヤバイと思ったら、すぐにその芽は摘んだほうがいい。
早めに回収をしたほうがいいよ。
 
キョウ、オモッタコトハ、ダレモガ、ソノ、ツボミヲ、モッテイルトイウコトダヨ。
キ、キミモ、オ、オマエモ、カ、カナラズ、サクヒガ、ク、クルハズダヨ。
 
ハナガサイタヨ
 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
べらぼーマン 鹿児島県 16歳 男
宮村 新潟県 17歳 女
エロスの貴公子 東京都 18歳 男
カツキノコ 千葉県 17歳 男
多希 栃木県 17歳 女
僕らの桜吹雪大戦争 宮城県 14歳 男
  
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
fax130507_01.jpg
RN ちきん南蛮
 
fax130507_02.jpg
RN アキライ
 
fax130507_03.jpg
RN アキライ
 
fax130507_04.jpg
RN 智薪
 
fax130507_05.jpg
RN 柊 岡山県
 
fax130507_06.jpg
RN 紫の踏切 岩手県 14歳
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
 
【オンエアリスト】
 
22:04 夜間飛行 / 石崎ひゅーい
22:27 Spring of Life / Perfume
22:39 惡の華 -仲村佐和- / 後藤まりこ
23:47 惡の華 / 宇宙人
23:12 LOVE MATHEMATICS / Base Ball Bear
23:24 神々LOOKS YOU / Base Ball Bear
23:39 惡の華 -春日高男- / の子(神聖かまってちゃん)
23:51 花 -a last flower- / ASA-CHANG & 巡礼
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
コ、コノ、ジュギョウ、マ、マタ、
ヤ、ヤリタ、イヨ。
 
コウチョウ、ノ、ト、トーヤマ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
人それぞれ、いろんな種があるよね〜
「惡の華」読んでみてね
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
20130506_sol00.jpg

 
『 最高だぜGW 』
 
ゴールデンウィークも今日が最終日!
みんな楽しんでるかー!?
 
掲示板にも生徒からの報告が沢山!

GWが終わっちゃう(´・ω・`)
あ〜あ、あっという間にGWが終わりを向かえる。(´・ω・`)
今年のGWは従兄弟の兄たちが県外など色々連れて行ってくれて本当に楽しかった〜。
祖母の家にも泊まりに行ってきた。自然がとっても綺麗だった!!
この連休は本当に楽しい時を過ごせたと思う。 GW中に自分を楽しませてくれた全ての人と自然に“ありがとう”と言いたい!
本当に楽しかった!ありがとう!
 
のぎのぎ
男/15/徳島県
2013/05/06 14:01


滋賀から帰ってきました!!
皆さん、どーも!!滋賀から帰ってきました!!
いや〜滋賀でのGWはウルトラ最高でした!!!
琵琶湖がヤバかったし、サバゲもヤバかったし博物館もヤバかったです!!!
相変わらずのハイテンションでした!!ホントにおもろかった!!! 
 
マイケル 魁
男/15/大阪府
2013/05/06 18:40



中にはこんな生徒も…
 

課題が
終わりません。家族は私を置いて出掛けていきました(泣)
 
ちょむすけ・ちょむこ
女/14/群馬県
2013/05/06 15:18



 
みんな、思い思いの連休を過ごしたみたいだね!
 
まだ報告していない生徒もぜひ!掲示板でゴールデンウィークの出来事を教えてくれぇ〜!!
 
20130506_sol01.jpg

 
さて、今夜の生放送教室には……
 
ストレイテナー先生が来校!!!!!!
 
生放送教室への登場は、およそ2年ぶり!
前回は、この教室からアコースティックLIVEを届けてくれました!
 
そして、先週から予告していた通り…
今日から、スマホで聴ける『TENER LOCKS!』もスタート!
しかも!
まさかの18日連続で更新してくれるぞぉーーーー!
本日更新の1回目、みんなもう聴いたかな?
 
ちなみに“18”っていう数字には、ちゃんと意味があって…
 
ストレイテナー先生は今年でメジャーデビュー10周年!
先週、それを記念したベストアルバム
『21st CENTURY ROCK BAND』をリリース!
 
この中に収録されている曲が、全部で18曲なんだ!
 
テナーLOCKSでは、この18曲を通じて、
ホリエアツシ先生が、ストレイテナーの10年間を完全解説してくれます!
 
メジャーデビュー10周年のストレイテナー先生を迎えておくる、今夜の授業は……
 
インタビュアーはオマエ!ストレイテナー単独インタビュー!
 
今夜は、アニバーサリーイヤーを迎えたテナー先生に、
音楽雑誌の記者のように、インタビューをしてほしい!
 
ちなみに、本日来校するのは、ボーカルのホリエアツシ先生!
一対一でのインタビューが可能!!!!!
 
「10年前にデビューした時、どんな気持ちでした?」
「10代の頃は、どんなことに悩んでいましたか?」
「好きな食べ物は何ですか?」
 
音楽の話題から、個人的な話まで!
ストレイテナー先生のことをよく知らない生徒にも、
テナー先生を理解してもらえるような、徹底的に掘り下げたインタビューを頼みたい!
 
本日に限り、取材費は…無料!!!!
インタビューの申し込みは、学校掲示板とメールから!
お前からのインタビュー申し込み、待ってるぞーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!
 
20130506_sol17.jpg
 
さあ、生放送教室には…
ストレイテナー先生ーーーーッ!!!!!
 
20130506_sol05.jpg

 
ホリエ先生「ロックのスペルは、R・O・C・K!ロックバンド“ストレイテナー”のホリエアツシです!」
 
お久しぶりです!!
今日は2時間よろしくお願いします!
 
ストレイテナー先生と言えば、学園祭LIVEツアー『YOUNG FLAG』にご出演いただいたり、アコースティックLIVEを届けてくれたり…と、ずっと力をもらっております!
 
そして!
本日から、ストレイテナー先生のレギュラー授業がスタート!!!!
スマホで聴ける『TENER LOCKS!』
 
すでに、聴いた生徒からの感想が届いています!
 

テナーLOCKS!
テナーLOCKS!聴きました!! 18回の期間限定なんですね! ためになる話が聴けて面白かったです!! ストレイテナー先生の曲いろいろ聴いてみよう。
 
なりめ
女/16/北海道
2013/05/06 18:44



そう!今日から18日間連続更新!
 
この“18”という数には意味があって…
今年でデビュー10周年を迎えた、ストレイテナー先生!!
 
先週、これを記念したベストアルバムをリリース!!
その中に収録されている曲が、全部で18曲!
 
ということで!『TENER LOCKS!』では、ホリエ先生がこの18曲全ての解説をしてくれます!!
 
とーやま校長「こういった機会はあるんですか?」
 
ホリエ先生「オフィシャルサイトで1曲ずつレビューを書いてて、レビューって言うほどのレビューでもないんですけど…そのサイトに書いているよりも、はるかに深く喋っています」
 
よしだ教頭「贅沢!」
 
とーやま校長「めっちゃ嬉しい!!」
 
♪ From Noon Till Dawn (feat.Tabu Zombie & Kunikazu Tanaka) / ストレイテナー
 
 

うぉ〜〜〜うきたぁ〜〜あ!!
テナー先生との出会いの曲!!かっこよすぎる!!完全に一目惚れでした!!惹かれました!!うぉ〜うかっこよすぎるう〜う!
 
ミッコ(¨)
女/16/山形県
2013/05/06 22:43



とーやま校長「この曲は、今回のアルバムの一番最後で最新の曲じゃないですか。最新型がカッコイイってすごくいいなって思うんですよね」
 
ホリエ先生「懐かしむだけのベスト盤じゃないですからね。この曲って、まだアルバムに入ってなかったんですよ。去年の10月にシングルで出て、初めて収録されたのが今回のベストアルバムで、そのトリを飾る。ベストアルバムにもそういう意味づけがあって。たださかのぼるだけじゃなくて、“これからなんだ”という意味があります」
 
20130506_sol10.jpg

 
さて!ここからは…
『インタビュアーはオマエ!ストレイテナー単独インタビュー!』
 
音楽の話題から、個人的な話まで!
10周年の節目だからこそ聞きたい鋭い質問を、ドンドンぶつけてほしい!!
 
とーやまマネージャー「あと…今夜のインタビュアーの皆さんは、取材をする前に、私 とーやまを通していただきたいですね」
 
よしだ教頭「またマネージャーになるの!?」
 
とーやまマネージャー「半端な気持ちで来られたら困るからね!」
 
ホリエ先生「大丈夫かなぁ…(笑)」
 
とーやまマネージャー「大丈夫!!任せてください!」
 
それでは早速、1人目のインタビュアーが来ております!
 
とーやまマネージャー「どうぞー!」
 
みぃみるく 栃木県 13歳 女
 
20130506_sol16.jpg

 
とーやまマネージャー「では、こちらの部屋で取材をお願いします。ちなみに…うちのホリエ、ホントに忙しいです!スケジュールが秒単位です!ここにもヘリコプターで来てますから!時間厳守でお願いします!」
 
みぃみるく「はい!」
 
ガラガラガラ……
 
みぃみるく「失礼します!」
 
ホリエ先生「いらっしゃい!」
 
みぃみるく「10周年おめでとうございます!」
 
ホリエ先生「ありがとうございます!」
 
みぃみるく「いつも気になるんですけど、ライブをやってるときは、どういう気持ちでやっているんですか?」
 
ホリエ先生「結構入り込んだ質問ですね。ライブをやってるときは…いろんな想いがあります。マジメに答えると、“みんなを楽しませたい”と思っています。自分が楽しみたいというよりも、みんなが楽しんでいるかどうかが大事かなと」
 
みぃみるく「あぁー…!ライブをやっているときに、お客さんのことを考えていて、他のメンバーのことは気になったりしますか?」
 
ホリエ先生「メンバーにもちゃんと目を向けてます。ストレイテナーというバンドは、演奏中もすごくお互いを見るんですよ。僕は前を見て歌ってるから、他のメンバーほどじゃないんですけど…リズム隊とかは、ずっと向かい合ってアイコンタクトを取って演奏してたり、そういうバンドなんです。でも、その割には、お客さんの方もすごく見てたりするんですよ」
 
みぃみるく「そうなんですか!お客さんを見て、何か思ったりしますか?」
 
ホリエ先生「友達に似てるヤツを見つけたり(笑)」
 
みぃみるく「えぇーーー!」
 
20130506_sol08.jpg

 
ここで、RN みぃみるくからこんな質問が!
 
みぃみるく「もう一つ聞きたいんですけど、メンバーとの距離ってどれくらいあるんですか?」
 
ホリエ先生「距離?」
 
みぃみるく「ルームシェアできるくらい仲がいいのか、ライブのときしか会わないくらい距離が遠いのか…」
 
とーやまマネージャー「関係性の距離ね」
 
ホリエ先生「また踏み込むね(笑)!」
 
とーやまマネージャー「みぃみるくさん、ちょっと踏み込みすぎじゃないかな…(汗) どうですか?」
 
ホリエ先生「そうですね…。あまり面白い答えを用意できないですけど…(笑) 普段、別に一緒にいなくてもいいときも、ツアー中はしょっちゅう一緒に出かけたりしてるので、距離は近い方なんじゃないですか?でも、ルームシェアとかになってくると、光熱費をどういう風に割るか?とか、そういうことで人間関係にヒビが入るのはちょっと嫌だなと思います(笑)」
 
みぃみるく「あぁ…!」
 
とーやまマネージャー「はい!ここで時間が来てしまいました!取材してみていかがでしたか?」
 
みぃみるく「いやー、本当に誠実な方ですね!」
 
全員「ハハハハハハ(笑)!!」
 
踏み込んだ質問をズバッとしてくれた、RN みぃみるくさん!
どうもありがとうございましたー!!
 
20130506_sol07.jpg

 
さて、2回目のインタビューに入りたいのですが…その前に!
 
とーやまマネージャー「インタビュアーの中には、失礼な質問をしている人もいるんですが…そういう質問は、容赦なく切り捨てます!!」
 
例えば、こんな質問。
 

ストレイテナー先生
ストレイテナー先生は、学生時代席替えは好きでしたか?
 

女/16/宮城県
2013/05/06 22:16



とーやまマネージャー「嵐さん!何を聞いてるんですか!?」
 
よしだ教頭「本当に聞きたいの(笑)?」
 
とーやまマネージャー「これは、答えてもらえるわけもないですから!この話はやめておきましょう!」
 
ホリエ先生「席替え、好きでした!」
 
よしだ教頭「答えてくれた(笑) そして、好きだった(笑)!」
 
とーやまマネージャー「うちのホリエは優しいんですよ!」
 
さらに、こんな質問も届いています!
 

テナー先生に質問。
髪の毛が口に入った時とご飯つぶが鼻に入った時、どっちが嫌ですか?
 
わらびもっちー
男/18/福島県
2013/05/06 22:21



とーやまマネージャー「勘弁してくださいよ…!」
 
よしだ教頭「こういうのは友達に聞けよー!」
 
とーやまマネージャー「うちのホリエは時間がないって言ってるんですよ!答えるわけがないでしょ!」
 
ホリエ先生「なかなか難しい問ですね…!」
 
よしだ教頭「真剣に考えちゃった(笑)」
 
ホリエ先生「難しいけど…たぶん、100人中99人が“ご飯つぶが鼻に入った時”じゃないですか(笑)?」
 
とーやまマネージャー「うちのホリエだけだよ、こんなにちゃんと答えてくれるのは!」
 
よしだ教頭「優しい!」
 
20130506_sol03.jpg

 
さあ、続いて2人目のインタビュアーが来ました!
 
アフターゼロ 秋田県 16歳 男
 
5歳年上のお姉さんの影響で、よくストレイテナー先生の曲を聴いているという、RN アフターゼロさん!
 
とーやまマネージャー「時間厳守でお願いしますよ!うちのホリエはホントに忙しいんです…!自家用ジェットでここまで来てますから!」
 
ホリエ先生「さっきと違う(笑)」
 
とーやまマネージャー「なので、端的に質問していってくださいね!」
 
アフターゼロ「はい!」
 
ガラガラガラ……
 
アフターゼロ「失礼します。今日はよろしくお願いします!」
 
ホリエ先生「よろしくお願いします!」
 
アフターゼロ「まず一つ目の質問なんですが、学生の時に好きな行事って何でしたか?」
 
よしだ教頭「おいおいおい(笑)!!」
 
とーやまマネージャー「ちょっとすみません!! アフターゼロさん……それ、気になるかな?こういう質問じゃないんですよ…(怒)!」
 
アフターゼロ「気になるじゃないですかー!」
 
ホリエ先生「“文化祭”ですかねぇ」
 
とーやまマネージャー「答えちゃうんです…!」
 
アフターゼロ「ありがとうございます!」
 
とーやまマネージャー「文化祭のどのへんがよかったのかを…」
 
よしだ教頭「掘り下げなくていいよ(笑)!」
 
ホリエ先生「文化祭のプログラムとは関係なく、体育館で弾き語りをやったんですよ。友達を集めて。それがすごく楽しかったですね!」
 
よしだ教頭「めっちゃいい話に発展したよ(笑)」
 
アフターゼロ「もうすぐ僕の高校でも文化祭があるので、それを3年生の先輩にもぜひやってほしいですね」
 
20130506_sol02.jpg

 
とーやまマネージャー「他に質問はありますか?」
 
アフターゼロ「はい。ストレイテナー先生は、“The ロックバンドだな”という感じがするんですけど、この10年を振り返ってみて、長かったですか?それとも、案外短かったですか?」
 
よしだ教頭「おぉー、いい質問!」
 
ホリエ先生「やっぱり、10年は長いですよ。でも、今10年前のことを考えると、あんまり成長してないというか(笑)、10年前に思い描いていた10年後よりもガキのままだし。時間が経つのはすごく大事だけど、あまり気負ってもしょうがないなというか、10年先のことを考えてもしょうがないなって思いますね」
 
アフターゼロ「“この時期が一番苦しかった”という時期はあるんですか?」
 
ホリエ先生「うーん、そうですね…。デビューした頃は、いろんなことにイライラしてたり、疑心暗鬼だったり、思うようにいかないこともいっぱいあったので、苦しいというか…まあ、バンドをやってると楽しいことの方が多いけど、悩んだりもしましたね」
 
アフターゼロ「じゃあその中で、メンバーとケンカしたりしたこともあったんですか?」
 
ホリエ先生「俺は、酔っ払ってひなっち(日向 秀和先生)とよくケンカしてましたね(笑) 口論ですけどね」
 
20130506_sol09.jpg

 
そして、10代のRN アフターゼロから、こんな質問も!
 
アフターゼロ「将来、ストレイテナー先生のようにカッコイイ大人になるために、今しておいた方がいいことがあったら教えてほしいなと…!」
 
ホリエ先生「今、夢中になってることはあるんですか?」
 
アフターゼロ「今は、生徒会に入っていて、学校行事とかで色々サポートしたりしているので、それで結構忙しいですね」
 
ホリエ先生「その生徒会で活動しているのは、学校をよくするとか、生徒のみんなを楽しませようとか…?」
 
アフターゼロ「はい、そういうこともします」
 
ホリエ先生「そういうことに夢中になっていくと、それも将来に繋がると思うので、“これだけは負けないぞ!絶対に面白いものを作ってやるぞ!”ということをガムシャラにやってください」
 
アフターゼロ「はい!ありがとうございます!」
 
さあ、ここでインタビュー終了の時間となりました!
 
よしだ教頭「すごくいい時間でしたね!」
 
とーやまマネージャー「私も思わず聞き入ってしまいましたけど…アフターゼロさん、取材を終えていかがですか?」
 
アフターゼロ「話してみて、ホリエさんはやっぱりカッコイイなって改めて思いました!」
 
ホリエ先生「嬉しい!!ありがとう!」
 
20130506_sol12.jpg

 
続いての方…どうぞ〜!!!
 
うぃーっす栗原 群馬県 17歳 男
 
テナー先生のベストアルバムも早速購入した!という、テナー先生の大ファンの RN うぃーっす栗原!
 
早速、インタビューお願いします…!
 
ガラガラガラ……
 
うぃーっす栗原「失礼します!改めまして、10周年おめでとうございます!あのですね…好きなBOOWYの曲は?」
 
とーやまマネージャー「ちょちょちょちょ!!!!!!!あなた!ウチのホリエもアーティストですよ!?別のアーティストのこと聞いて大丈夫だと思ってんの(怒)!?」
 
よしだ教頭「ふざけんなよ本当に〜!!」
 
ホリエ先生「BOOWYは群馬県出身だもんね!」
 
よしだ教頭「ホリエ先生もそこ、優しく対応しなくていいから(笑)!」
 
うぃーっす栗原「つい気になっちゃったんで…(笑)」
 
とーやまマネージャー「うちのホリエはそういう質問には答えませんから!」
 
ホリエ先生「いっぱいあって困るんですが…『わがままジュリエット』かな!あのイントロはヤバイです!」
 
ホリエ先生、答えてくれちゃいました(笑)
 
20130506_sol11.jpg

 
…ではでは気を取り直して、質問にいってください!
 
うぃーっす栗原「初期の2人メンバーだった時に、どうやって曲をアレンジしてオリジナリティーを出していたんですか?」
 
ホリエ先生「具体的な話をしますね。当時はギターボーカルが僕で、ドラムとコーラスをナカヤマ君がやって2人でステージに立って、それを5年くらいやってたんですが…。
僕は曲を作るときにコードを弾きながらメロディをつけて、後から歌詞を載せるんですが、コードに変化をつけたくて、既定のコードを押さえた上で、ちょっと指を伸ばしたりして、違うコードを押さえたりして…
テンションコードやセブンスコードのようなものを自分で作って、それがリフになって、曲の個性を出していましたね」
 
よしだ教頭「もしかして、うぃーっす栗原も2人でバンドやってる?」
 
うぃーっす栗原「そうです!僕がギターボーカルで、もう1人がドラムで…」
 
実は RN うぃーっす栗原、『閃光ライオット2013』にも応募してくれて、現在は2次審査の結果待ちなんだ!!!!
 
ホリエ先生「憧れのギタリストとかいる?」
 
うぃーっす栗原「ホリエ先生です!!!」
 
ホリエ先生「本当に!?布袋さんじゃないんだ!」
 
校長&教頭「(笑)!!」
 
とーやまマネージャー「ホリエ先生、誘導尋問しないでください(笑)!」
 
ホリエ先生「あはは(笑)でもあれですね、自分のオリジナルのコードとかを作ってましたね。でも今は良いギタリストがいるので任せられるんですけどね」
 
インタビューの途中ですが、忙しいホリエ先生の元に自家用ジェットの迎えが…!
 
本日の黒板は、ホリエ先生が書いてくれます!
 
20130506_sol15.jpg

 
『 ROCK BAND 』
 
最初は2人で“ロックバンド”って言ってたんだけど、
5年経って3人になって、
さらに5年経って4人になって…
 
本当に奇跡だと思うんです。“ロックバンド”って。
今の4人が集まったのって…。
 
すごくロマンを感じています。
 
行き当たりばったりでやってきたけれど、
10年経って、この4人が集まって
今のカタチと、取り巻く環境があるのは、本当にすごいだなと思うんです。
 
だから、“ロックバンド”
 
バンド、音楽だけじゃなくて、
色んな事に言えるのかなと思います。
 
20130506_sol13.jpg

 
うぃーっす栗原「これからストレイテナー先生のように、すごいロックバンドになっていきたいです!」
 
ホリエ先生「頑張って欲しいです!みんな本当に、何でもいいから!」
 
とーやまマネージャー「もうこれは、うぃーっす栗原はストレイテナー先生の“ライバル”になったって事でいいですかね?」
 
ホリエ先生「そうですね!」
 
うぃーっす栗原「…本当ですか!?」
 
ホリエ先生「本当です!」
 
とーやまマネージャー「いつかライブ会場とかで会うかもしれないね〜!」
 
ホリエ先生「会ったら“栗原です”って言ってね!」
 
うぃーっす栗原「はい!!」
 
うぃーっす栗原「“うぃーっす”忘れないでね〜(笑)」
 
RN うぃーっす栗原、インタビューありがとう!
『閃光ライオット2013』3次審査で会えるといいなぁ…!
 
そしてホリエ先生、
本日は楽しい時間を本当にありがとうございました!!!!!!
 
『TENER LOCKS!』は明日も更新!
みんな聴き逃すなよ〜!!!
 
20130506_sol14.jpg

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
みぃみるく 栃木県 13歳 女
アフターゼロ 秋田県 16歳 男
うぃーっす栗原 群馬県 17歳 男
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
fax130506_01.jpg
RN 赤秋 
fax130506_02.jpg
RN あずき豆小町 15歳
 
fax130506_03.jpg
RN あめひこ
 
fax130506_04.jpg
fax130506_05.jpg
RN MESSENGER
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:07 音タイム / ハナレグミ
22:41 From Noon Till Dawn (feat.Tabu Zombie & Kunikazu Tanaka) / ストレイテナー
22:48 KILLER TUNE / ストレイテナー
23:16 Magic of Love / Perfume
23:41 SIX DAY WONDER / ストレイテナー
23:51 Melodic Storm / ストレイテナー
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
俺はホリエ先生が、大好きだ。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
ストレイテナーはカッコイイ!ホリエ先生は、面白くて優しい!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
20130502_sol01.jpg

『 北の春 』
 
とーやま校長「北の春は、もうすぐかな…」
 
もうだいぶ暖かくなってきて、桜が咲いている地域もたくさんあるけれど…
 

寒い…
いつになったらストーブとおさらばできるのだろうか…
 
赤いマスター
女/14/北海道
2013/05/02 15:36



よしだ教頭「えっ!まだストーブなの!?」
 
とーやま校長「北海道はまだ寒いからねぇ」
 
 

今年の桜
桜満開の下で東北の春を感じます
 
マリンりん
女/15/岩手県
2013/05/01 15:25



とーやま校長「岩手には桜前線が来たんだね!」
 
みんなの住んでいる地域は、まだ寒いかな?
それとも、もう桜前線も過ぎてしまったのかな…?
みんなの地域の様子も教えてね!
 
20130502_sol02_2.jpg

さあ!世の中はまさに、ゴールデン・ウィークの真っ最中!!
今週火曜日からの平日3日間を乗り越え、明日からまた4連休ーーーッ!!
なんだけど…
 
掲示板に連休の話題が少なすぎる!!!!
 
とーやま校長「遊んでいる生徒は、ひょっとしたら掲示板にも来ないのかもしれないけどね…心配なんだよ!」
 
ということで、今夜は!
みんなが今年の連休をどう過ごしているのか?を“調査”していきます!
 
『黄金調査2013』
 
時は金(かね)なり!いや…“時は金(きん)なり”!!
連休という“黄金”をどう使いこなしているのか?
今夜は2時間、徹底調査していく!
 
正直、部活とかで忙しくて、手のひらには小さな金、“砂金”ぐらいしか残されていない生徒もいるはず…。
 
それでも!
「ゴールデン・ウィークを使って、『ONE PIECE』を全部読んでみる!」
「ブルース・ウィリスが出てる映画を全部観てみます!」
という金の使い方も素晴らしい!!
 
…ただ!
 
「この休みを使って誘った映画!これをきっかけに付き合うことになりました!」
というような、まばゆいばかりの黄金報告も聞かせてほしい!!
 
今夜は、「ここまでの報告」「これからの予定」を、学校掲示板メールで教えてくれ!
みんなからの報告、待ってるぞ!!
 
20130502_sol03.jpg


誰よりも充実したGW!!!!!!!
私は、後半のGWは、まじで予定ありすぎです(笑) というのも、明後日は、友達の吹奏楽の定演に行き、明々後日は、いとこが来て、その次の日は、中3時代のクラスの友達とバーベキュー(*´ω`*) やばい、やばい楽しみすぎる!!!!!でも、たのしさの反面、課題も沢山...。書道の締め切りもあり、テスト勉強も...。あと、毎日二キロ走るという目標もあり...。でも、やりたいこと全部やって楽しいGWにするぞーー!!
 
ゆぅのすけ
女/15/福島県
2013/05/02 18:10



よしだ教頭「いいですね〜!」
 
とーやま校長「バーベキューもするけど、ニキロ走るからカロリーも消費するしね!」
 
よしだ教頭「おぉ!バランスがいいですね!」
 
 

祝黄金
今日、このGWに家族で出雲大社に行くことが決定しましたーーーーー!今までのGWは、家族旅行なんて、言ったことがなくて、近くの映画館で映画を見るくらいが関の山でした!だから、むちゃくちゃ嬉しいです!しっかりお祈りして帰ってきます!!
 
バターサンド
女/14/広島県
2013/05/02 22:20



とーやま校長「いいね!遠出しちゃうわけね!その合間に、家族で美味しいものを食べたりもするだろうし。これも輝いてるんじゃないー?」
 
.。*+.☆ピカーーーーーーン☆*+°.*
 
20130502_sol04.jpg

まぶしいぃぃーーーーー!!
 
やっぱりゴールデン・ウィークは、キラキラした生徒がたくさ………んっ?掲示板には、こんな書き込みも…!
 

GW
暇。の一言です。宿題もやんなくてもいいのばっかだし、かと言ってやる事も無いし...。久しぶりにスーパーファミコン動かそうと思ったら電源のコードの銅線切れてて動かねぇし。どこか出掛けようにもいく宛が無い...。俺は一体何すればいいんだ...。
 
Alcor
男/17/愛知県
2013/05/02 17:23



よしだ教頭「まず、古いゲームを引っ張り出してる時点でダメだよ(笑)! 外に出なさい!」
 
とーやま校長「これはヤバイな…(笑)」
 
RN Alcorのように、ゴールデン・ウィークを楽しめていない生徒もいるのです…(悲)
 
20130502_sol05.jpg

さて、この生徒のゴールデン・ウィークはどうなんだ…?
 
マイケル魁 大阪府 15歳 男
 
マイケル魁「はいーもしもしー!!」
 
とーやま校長「もうすでにまぶしい(笑)!声を聞くだけで“黄金”な感じがあるけど…」
 
マイケル魁「輝いてるでしょーー!」
 
とーやま校長「ゴールデン・ウィークはどんな感じなの?」
 
マイケル魁「滋賀に行くんです!」
 
よしだ教頭「滋賀?」
 
マイケル魁「はい!今、サービスエリアにいるんですけど…!」
 
とーやま校長「車で行ってるの?」
 
マイケル魁「車!お父さんと俺で来てる!」
 
とーやま校長「あっ、2人旅をしてるんだ!」
 
マイケル魁「2人旅です!2人旅!」
 
よしだ教頭「うん…マイケル魁、1回落ち着こうか(笑)」
 
マイケル魁「はい!落ち着く!落ち着く!」
 
とーやま校長「今、車の中なの?」
 
マイケル魁「外にいる!めっちゃ寒い!」
 
とーやま校長「えっ、服装はどんな服装?」
 
マイケル魁「パーカー着てる!でも寒い!!」
 
とーやま校長「ははっ(笑) でも、楽しい…?」
 
マイケル魁「むっちゃ楽しい↑↑!!!!!」
 
校長&教頭「あははははッ(笑)」
 
よしだ教頭「今日は学校だったの?」
 
マイケル魁「そう!学校を抜け出して……いや、学校は抜け出してへんけど」
 
よしだ教頭「なんでウソをついたの(笑)?」
 
マイケル魁「ワイルドに↑↑」
 
よしだ教頭「気持ちだけね(笑)」
 
マイケル魁「すいません!楽しすぎて!!」
 
とーやま校長「楽しいのは伝わってるよ(笑)」
 
よしだ教頭「まだ滋賀には着いてないの?」
 
マイケル魁「もう滋賀に着いて、滋賀の大地を踏みにじってる!」
 
よしだ教頭「踏みにじったらダメだよ(笑)!! 踏みしめてくれ!」
 
マイケル魁「はい!踏みしめます!!」
 
声のトーンからも話し方からも楽しい気持ちが伝わってくる、RN マイケル魁!
そんなRN マイケル魁から、ゴールデン・ウィークを楽しめていない生徒に向けて、一言お願いします!!
 
マイケル魁「楽しんでる人も楽しんでない人も、どうするかは自分次第ですから!まあ、とりあえず元気を出して頑張っていきましょう!!」
 
とーやま校長「…割といいことを言うなぁ(笑)」
 
.。*+.☆ピカーーーーーーン☆*+°.*
 
全ての言葉が輝いていた、RN マイケル魁!
まぶしすぎるーーーーッ!!
 
20130502_sol06.jpg

この調子で次の生徒!
 
ヨーグルト中毒 広島県 17歳 男
 
とーやま校長「もしもしっ!」
 
ヨーグルト中毒「もしもし…」
 
とーやま校長「あれっ…(汗)!? ゴールデン・ウィークは…どう?」
 
ヨーグルト中毒「インフルエンザで全く楽しめてないです…」
 
うぉぉぉーーー!!
せっかくのゴールデン・ウィークなのに、イ ン フ ル エ ン ザ・・・・・(><)
 
よしだ教頭「何をしてるんだよぉ…!」
 
ヨーグルト中毒「…(悲)」
 
とーやま校長「いつからインフルエンザにかかったの?」
 
ヨーグルト中毒「インフルエンザっぽい症状は一昨日から出てたんですけど、インフルエンザってわかったのは今日です…」
 
とーやま校長「そうか…。さっきのマイケル魁の声は聞いてたか?」
 
ヨーグルト中毒「聞いてました」
 
とーやま校長「聞いてて、どう思った…?」
 
ヨーグルト中毒「“うるさいなぁ”って…」
 
よしだ教頭「寝てる人には、ちょっとな…(笑) ボリュームもテンションも高めだったからな」
 
もし、インフルエンザになっていなければ…
明日と明後日は部活に行き、日曜日は彼女とデート!!
そして、月曜日はスマートフォンを買ってもらえる! …はずでした。。。
 
よしだ教頭「その予定が、全部白紙!?」
 
ヨーグルト中毒「白紙です…(泣)」
 
とーやま校長「彼女とはどこに行く予定だったの?」
 
ヨーグルト中毒「宮島に行く予定でした」
 
よしだ教頭「超いいじゃん!」
 
ヨーグルト中毒「でも、電話して“ごめん、インフルエンザになったんだ…”って言いました…」
 
とーやま校長「そしたら、彼女は何て言ってたの?」
 
ヨーグルト中毒「“はっ!?(怒)”って…」
 
校長&教頭「・・・・・(笑)」
 
とーやま校長「最初の予定が黄金確定だっただけに…これはツライな…」
 
でも、インフルエンザになってしまったからには、治すことが最優先!!
 
とーやま校長「布団に入って、ちゃんとぐっすり寝よう!もし、布団に入って静かな状態が続いたら、もしかしたら遠くからマイケル魁の声が聞こえてくるかもしれないから(笑)…そうなったら、ラジオとかCDを聴いて耳をふさごう!」
 
ヨーグルト中毒「絶対そうします…!!」
 
インフルエンザでツライときに電話してしまってゴメン…!
早めに治って、ゴールデン・ウィークが少しでも楽しくなるように祈ってるぞ!
お大事に…!!
 
20130502_sol07.jpg

とーやま校長「次の生徒はどっちなのかな…?」
 
春時雨 琉華 北海道 17歳 女
 
とーやま校長「もしもし!」
 
春時雨 琉華「もしもーし!!」
 
校長&教頭「おぉーーー!」
 
とーやま校長「声を聞いた感じだと、黄金してるな?」
 
春時雨 琉華「はいっ!」
 
とーやま校長「ゴールデン・ウィークはどんな感じだ?」
 
春時雨 琉華「ゴールデン“ライブ”ウィークです!!」
 
とーやま校長「んっ?どういうこと…?」
 
春時雨 琉華「前半の28日は、ベボベ先生のツアーファイナルに行ってきました!」
 
とーやま校長「そうなんだ!ライブはどうだった?」
 
春時雨 琉華「北海道でツアーファイナルってなかなかないので、それでまずテンションが上がってたんですけど、チケットが届いたときにまた上がっちゃって!」
 
とーやま校長「えっ、何で?」
 
春時雨 琉華「整理番号が1番だったんですよ↑↑!!!!」
 
校長&教頭「すごい!!!!」
 
.。*+.☆ピカーーーーーーン☆*+°.*
 
春時雨 琉華「一番前で暴れました!!」
 
とーやま校長「じゃあ、色んな動きがわかったでしょ!」
 
春時雨 琉華「はい!エフェクターを踏んでる瞬間とか…!」
 
よしだ教頭「見るところがいいね!」
 
とーやま校長「この時点でも相当すごいけど、まだあるの?」
 
春時雨 琉華「あります!アルバムを購入した人が応募できる“バックステージご招待”、当たりました!!」
 
.。*+.☆ピカーーーーーーン☆*+°.*
 
よしだ教頭「すげぇーーー!! そんなことがあるの!?」
 
春時雨 琉華「ビックリしました!!終演後にベボベ先生と会って!お話しして!」
 
とーやま校長「うわー!! 何を話したの??」
 
春時雨 琉華「緊張しすぎてあんまり覚えてないんですけど…“17才で、整理番号1番で、バックステージまで当たりました!”って言ったら、小出先生に“そりゃ当たるべくして当たったね”って言われて、嬉しかったです!!」
 
よしだ教頭「ありがたいお言葉をいただいたね!」
 
春時雨 琉華「はい!ホントによかったです…!!」
 
ゴールデン・ウィークの後半は、The Mirraz先生のライブに行くんだって!
こっちも思いっきり楽しんできてくれーーーぃ!!
 
20130502_sol08.jpg

キラキラしたいい流れがまた来てるぞ!
さあ、次の生徒は…?
 
terupoco 福岡県 18歳 男
 
とーやま校長「もしもし!」
 
terupoco「もしもーし!!」
 
とーやま校長「おっ!お前も黄金週間を送れてるのか?」
 
terupoco「はい!ヤバイですね!」
 
よしだ教頭「いいよ、いいよー!」
 
4月から浪人をしているという、RN terupocoだけど…
 
terupoco「今日から彼女が泊まりに来てます(照)!!」
 
校長&教頭「わぁーーーー!!!!」
 
東京の大学を受験したRN terupocoは、住むところも早めに契約していたので、お父さんに「落ちたけど行ってこい!」と言われ、福岡から東京へ!
今は、東京で一人暮らしをしているとのこと。
 
terupoco「それで、彼女がちょうど東京の大学に行っているので、“ゴールデン・ウィークに家に来なよ”って」
 
とーやま校長「彼女とは付き合ってどれくらいなの?」
 
terupoco「年明け前からいい感じだったんですけど、お互い受験があったので…入試が終わった次の日から付き合い始めました(照)」
 
よしだ教頭「じゃあ、まだホヤホヤじゃないか!」
 
terupoco「はい…!!」
 
とーやま校長「えっ…“今日から泊まりに来る”ってことは…!」
 
terupoco「隣にいますよっ(嬉)!!」
 
校長&教頭「え!?」
 
terupoco「ヒザの上に乗ってますよ(照)」
 
.。*+.☆ピカーーーーーーン☆*+°.*
 
よしだ教頭「ヒザの上に乗ってるの!? こっちは仕事中だよ(怒)!」
 
とーやま校長「いいニオイとか…するのか?」
 
terupoco「いやぁ…たまらんです(照)」
 
とーやま校長「一言だけ、彼女の声を聞かせてもらってもいいか?」
 
terupoco「はい!」
 
terupocoの彼女「もしもしー!こんにちは!」
 
とーやま校長「あぁーどうもー!『SCHOOL OF LOCK!』はご存じですか…?」
 
terupocoの彼女「はい!」
 
とーやま校長「今、ヒザの上に座っている気持ちだけ一言…!」
 
terupocoの彼女「あったかいです(照)」
 
.。*+.☆ピカーーーーーーン☆*+°.*
 
んぐぐぐぐぐぐ…
うらやましいぞぉぉおおおお!!!!!!
 
とーやま校長「terupoco!! お前、なんていうゴールデン・ウィークを過ごしてるんだよ!!」
 
terupoco「誰よりも楽しいですね!!」
 
よしだ教頭「やかましいわ(笑)」
 
とーやま校長「これからはどうするの?」
 
terupoco「これからは…それなりにカップルらしいことを…!」
 
とーやま校長「何をするんだよ!」
 
terupoco「黄金なことを…!!(ニヤニヤ)」
 
よしだ教頭「黄金なことって何だよ!電車がなくなるから、早く彼女を帰らせろ(笑)!」
 
terupoco「はっはっはっはっ(笑)!!」
 
とーやま校長「じゃあ最後に、黄金週間を送れていない生徒に、彼女をヒザの上に乗せながら一言言ってもらってもいいか?」
 
よしだ教頭「だいぶ上からだな(笑)」
 
terupoco「じゃあ、上からいきます(笑)!
黄金週間を楽しめてない人たち!彼女を作ってください!!もったいないぞ!!!!」
 
よしだ教頭「コノヤロー(笑)!!」
 
とーやま校長「全国の座禅組の肩がプルプルしてるわ(笑)」
 
結構な衝撃を受ける言葉だったけど…みんな、大丈夫かッッ!?(笑)
 
20130502_sol09.jpg

それでは最後に、もう一度!
電話をかけたい生徒がいます…!
 
プルルッ…
 
マイケル魁「はいはいはい!!」
 
出たーーーーー!
今日、一番最初に逆電をした、RN マイケル魁!!!!!!
 
.。*+.☆ピカーーーーーーン☆*+°.*
.。*+.☆ピカーーーーーーン☆*+°.*
.。*+.☆ピカーーーーーーン☆*+°.*
.。*+.☆ピカーーーーーーン☆*+°.*
.。*+.☆ピカーーーーーーン☆*+°.*
.。*+.☆ピカーーーーーーン☆*+°.*
 
よしだ教頭「まぶしすぎて、お前のことが見えないよ(笑)!」
 
とーやま校長「今は何をしてたんだ?」
 
マイケル魁「瞑想してた!風呂!」
 
とーやま校長「風呂!?」
 
よしだ教頭「ホテルかどこかか?」
 
マイケル魁「風呂!“ほたるの湯”ってところ!」
 
よしだ教頭「場所を言っちゃったよ(笑)!」
 
とーやま校長「“瞑想”は、何を思って瞑想してたの!?」
 
マイケル魁「いろいろ!地球を救うシミュレーションをしてた(笑)!!」
 
校長&教頭「ハハハハハハハ(笑)!!」
 
とーやま校長「お前が来ただけでまた光が戻ってきた!」
 
よしだ教頭「日本中が照らされた感じがする!」
 
マイケル魁「マジか!」
 
とーやま校長「ゴールデン・ウィークを楽しめてない生徒に、もう1回、一言もらっていいかな?」
 
マイケル魁「了解、了解!
ゴールデン・ウィークを楽しむか楽しまないかは自分次第やから、みんなで頑張って楽しんでいこう!!!!」
 
.。*+.☆ピカーーーーーーン☆*+°.*
 
とーやま校長「さっきと全く同じ…(笑)」
 
よしだ教頭「さっきと同じでいいか?」
 
マイケル魁「じゃあ最後に、思ったことを言おうかな!」
 
とーやま校長「おぉ!来い来い!」
 
マイケル魁「寒い!!!!!!!!」
 
校長&教頭「あはははは(笑)!!!!」
 
はい(笑)
そのまま楽しくゴールデン・ウィークを過ごせよー!!
 
とーやま校長「湯冷めして、熱を出したりして…(笑)」
 
よしだ教頭「それは嫌だなー!テンションが下がってるマイケル魁とは喋りたくないなぁ(笑)」
 
とーやま校長「でも、みんな元気をもらっただろ?」
 
よしだ教頭「もらった!負けてられないね!」
 
とーやま校長「そう!みんなも負けないように、ゴールデン・ウィークを楽しもう!!」
 
20130502_sol10.jpg

ゴールデン・ウィークは、まだ終わってないッ!!!!
これからまた、楽しい思い出をたくさん作って、掲示板やメールで報告してほしい!!
みんなの黄金の報告を、まだまだ待ってるぞーーーー!!
 
.。*+.☆。*+.★+.☆ピカァァァーーーーーーーーーン☆*+★*+°.☆*+°.*
 
 
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
マイケル魁 大阪府 15歳 男
ヨーグルト中毒 広島県 17歳 男
春時雨 琉華 北海道 17歳 女
terupoco 福岡県 18歳 男
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:05 two shot / THE HUMAN BEATS
22:42 化物 / 星野源
22:50 萬華の宇宙 / 透明雑誌
23:15 M / サカナクション
23:39 17才 / Base Ball Bear
23:46 憂、燦々 / クリープハイプ
23:50 GOLDEN LOVE / □□□
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
みんなの分の黄金、マイケル魁が持ってっちゃったかもしれない!!
何かみんな、すまんな!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
黄金週間、楽しんだもん勝ちでしょ!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
2013001_sol00.jpg

 
『 アベレイジ 』
 
昨日の授業は「アベレイジスチューデント」!
我が校の“ど真ん中”!平均的な生徒を探す授業でした。
(詳しくは昨日の生放送教室をチェックしてね!)
 
生徒から募集した“10の条件”全てに当てはまる生徒が、我が校の“平均”。
 
昨日の授業中には見つからなかったんだけど…
 
今日になって…現れました!!!
 

昨日の話。
昨日の平均の授業で俺、全部当てはまってました。
アンドロイドだし、ワンオク好きだし♪
彗星とほうき星なにがちがうの??
遅れてすいませーん 昨日、ウルトラサーバーが悲鳴を上げていて入れませんでした…
 
MAN WITH A MISSION IMPOSSIBLE
男/15/千葉県
2013/05/01 19:46



早速、逆電してみましょお〜!
 
20130501_sol11.jpg

 
とーやま校長「もしもし?10の条件、本当に全部当てはまってた?」
 
M.W.A.M.I「はい」
 
よしだ教頭「テンションもなんか平均的だな(笑)!」
 
とーやま校長「今の気持ちは?」
 
M.W.A.M.I「嬉しいような、嬉しくないような…平均っていうのは上でも下でもない、抜きん出ていない感じが…」
 
よしだ教頭「まぁ、それも1つの“オンリー1”だよ!」
 
実は教頭、“ど真ん中”な生徒に聞きたい事があったんです…
 
よしだ教頭「・・・好きな食べ物は何?」
 
M.W.A.M.I「肉です」
 
とーやま校長「うわぁ!!!ど真ん中(笑)!!!!」
 
すごく平均的な答え(笑)!!
もうこれは確定でしょう!!!!!!!
 
RN MAN WITH A MISSION IMPOSSIBLE、おめでとう!!
お前が我が校の“ど真ん中”だーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!
 
20130501_sol14.jpg

 
さて、今夜の生放送教室には…
 
SEKAI NO OWARI先生が来校!!!
 
“世界始の講師”として毎週金曜日にセカオワLOCKS!を担当してくれているセカオワ先生!!
ニューシングル『RPG』を本日リリース!!!
前回のアルバム『ENTERTAINMENT』から、およそ10ヶ月ぶりに、生放送教室に来てくれるぞぉーー!!!!!
 
セカオワ先生を迎えての、本日の授業テーマは……
 
『SEKAI NO HAJIMARI』!!!!
 
セカオワLOCKS!の授業テーマでもある“世界の始まり”を、今夜は2時間に拡大してやっていきます!
 
「彼女の顔を一目見た瞬間、恋がはじまりました…!」
「ずっと帰宅部だったけど、運動部に入り、僕の青春がはじまりました…!」
「ギターをもらって、自分の曲を作り始めました…!」
 
新しい学校、新しいクラス、新たな環境でスタートしたキミの新しい“世界の始まり”の物語を教えて欲しい!
そして、その世界でキミはどんな冒険を始めようとしているのか!?
新たな世界の扉を開いたキミたちの冒険の始まりを、学校掲示板とメールで送ってね!!
 
もちろん、ニューシングル『RPG』をGETした生徒からの感想、書き込みも待っているぞ!
 
20130501_sol12.jpg

 
早速、生放送教室には…
 
SEKAI NO OWARI先生が登場!!!!!!!!!
 
セカオワ先生「よろしくお願いします〜!!!」
 
20130501_sol01.jpg

 
Nakajin先生(Leader,SoundProduce,Gt)
Saori先生(Pf,ShowProduce)
Fukase先生(Vocal)
DJ LOVE先生(SoundSelector,DJ)

 
セカオワLOCKS!の授業では、毎週生徒に声を届けてくれていますが、生放送教室に来るのは久々!!お久しぶりです〜!!
そんなSEKAI NO OWARI先生は本日、ニューシングル『RPG』をリリース!!!
学校掲示板には、昨日からフラゲした生徒からの書き込みが沢山!
 
そして10ヶ月ぶりのリリースでしたが、その間に全国ホールツアーやアリーナツアー、更には海外でもライブをしていたそう…!
 
とーやま校長「海外のライブ…どうでしたか?」
 
Fukase先生「“慣れない楽しさ”みたいなものはありましたね。最初の頃を思い出すというか。AWAY感を楽しめるという感じでした」
 
Nakajin先生「ライブ自体は一般のお客さんが入れなくて、世界中の音楽関係者やバイヤーのような人が集まるものだったんです」
 
Fukase先生「そこで関係者の人が気に入ったバンドがあれば世界デビューできる、というような感じで…なので、試されている感じでしたね」
 
とーやま校長「はえーーーーーーーーーー!」
 
しかもなんと!セカオワ先生にも、世界で有名なバンドを手がけている音楽関係者の人から声がかかったらしい…!
す、すげぇーーーーー!!!!
 
20130501_sol02.jpg

 
SEKAI NO OWARI先生は最近、リーダーがFukase先生からNakajin先生に交代したそうですが…
 
とーやま校長「いつから替わったんですか?」
 
Nakajin先生「1月にあった大阪でのライブの前夜でしたね」
 
とーやま校長「リーダーになってみて、どうですか?」
 
Nakajin先生「僕は全然リーダーっぽくないかもしれないですね。Fukaseはグイグイ引っ張っていくタイプなんですが、僕はどちらかと言うと、みんなの意見を吸い上げてまとめるタイプというか。なので、バンドもそういう風になっていってるのかなと…まだまだですけどね。大変ですよ、このメンバーをまとめるのは(笑)」
 
Fukase先生&Saori先生&DJ LOVE先生「あはは(苦笑)」
 
20130501_sol04.jpg


そんな中でリリースした、ニューシングル『RPG』!!
 
とーやま校長「今の話を伺って、この曲は“決意表明”の曲だと思いました。あと個人的には“世の中をうまくやり過ごすのは良くない”っていう…そういう生き方じゃなくて“もっと、やりたい事に対してちゃんとしろよ”って言うようなメッセージも感じました」
 
Nakajin先生「曲作りの手法でもそういうところはあって。当たり前に僕らがやってきた、型にハマっていたものを一度取り払っていった感じで進んでいったところはありましたね」
 
そして、作詞はSaori先生とFukase先生が担当したそう!
 
Saori先生「私がサビを書いて、それ以外の部分をFukaseが書いています」
 
とーやま校長「どういう経緯で2人で書くことになったんですか?」
 
Saori先生「これはですね…去年、Fukaseと大ゲンカして、“バンドを解散する!”ってところまでいって」
 
よしだ教頭「えぇーーーー(汗)!!」
 
Saori先生「でも、結局戻ってきて、その時書いた私の歌詞に、Fukaseが返答をくれたっていう…」
 
とーやま校長「そうだったんですか…。Fukase先生はどういった気持ちでこの歌詞を書いたんですか?」
 
Fukase先生「まぁ、そのサビの歌詞を読んだ時にパッと思いついたので、5分くらいで…」 
 
Saori先生「もっと長いよ!!30分くらいあったよぉーーー(怒)!!」
 
Fukase先生「あなたに何が分かるんですか?」
 
よしだ教頭「ま、またケンカが…(汗)!!」
 
Saori先生「5分って言わないでよ、せっかくの2人の初共作なのに…」
 
Fukase先生「そうですね、共作だもんね…もうちょっと長いです。5分30秒とか…」
 
Saori先生「5分って言われたくないよ(怒)!!」
 
Fukase先生「またケンカになっちゃいましたよ…もう、校長(怒)!!」
 
とーやま校長「え、俺が悪いの!!!?…ご、ごめん(汗)」
 
ちなみに『RPG』のCDを開けると、何かがあるらしい…!?
それは開けてからのお楽しみ〜!!!!
 
20130501_sol03.jpg

 
さて、校長の謝罪でケンカが収まったところで…
 
『SEKAI NO HAJIMARI』
やっていきましょうかァーーーーーー!!!!
 
最初に“始まり”を報告してくれるのは…この生徒!!
 
バイオニカルファンタジスト 兵庫県 15歳 男
 
高校1年になったばかりの RN バイオニカルファンタジスト!
 
早速、お前の『SEKAI NO HAJIMARI』を教えてもらっていいかい!?
 
バイオニカル「僕は、シンガーソングライターへの夢の冒険が始まりました!!」
 
中1でアコースティックギターを始めた RN バイオニカルファンタジスト!
“人と違った事をしたい!”と思い、オリジナルの歌を作ったり、路上ライブもしているそう!
そしてなんと、今週末に念願だったライブハウスでのライブをすることに!!!!!!
 
とーやま校長「まじかぁ〜!!!」
 
バイオニカル「複数のバンドが出演するライブに出るんですが、そこでオリジナル曲と、セカオワ先生の『虹色の戦争』をアコギバージョンで弾きます!」
 
とーやま校長「今の気持ちは?」
 
バイオニカル「緊張とドキドキとワクワクしています…!」
 
Nakajin先生「いいじゃないですか…!僕も初めてのライブの時は、めちゃくちゃ緊張してましたよ!」
 
Saori先生「緊張してましたね〜!」
 
20130501_sol16.jpg

 
バイオニカル「緊張をほぐす方法とかあったら教えてほしいです…!」
 
Saori先生「私はメンバーの中では一番緊張しない方なんですが…これはどんなに練習しても絶対緊張する!でも、何度もやっていけば慣れるよ!だから慣れるまでやるべき!」
 
Fukase先生「緊張するのが楽しめるようになるといいかもね!」
 
Nakajin先生「僕らもSCHOOL OF LOCK!に初めて来校した時は緊張したよね」
 
Saori先生「うん!初めて出た時、緊張し過ぎて“もう出たくない!”と思ったくらい(笑)」
 
よしだ教頭「衝撃の発言が…(笑)!!」
 
Nakajin先生「でも、今はこれだけラフに話せるようになったし、校長と教頭とも仲良くなったし。緊張は常に着いて回るもんだよ!」
 
とーやま校長「本当、楽しんでほしい!緊張はするだろうし、凹むだろうけど…」
 
Fukase先生「うん、凹むだろうね。俺たちも何回コケたか分からない。凹んだ数なら負けないくらい!でも凹んだ方がいいよ!」
 
Nakajin先生「うん、凹まなかったら成長出来ないからね。たくさん反省会したから」
 
Saori先生「してた〜!」
 
バイオニカル「そうなんですね…!」
 
とーやま校長「うんうん…!まぁ、でも凹む前提でライブに挑むなよ〜(汗)!!」
 
夢への冒険が始まった RN バイオニカルファンタジスト!!
日曜日のライブ、楽しんでくれーーーー!!!
 
20130501_sol05.jpg
 
 
次の生徒は、どんな冒険の始まりを教えてくれるのか!!
 
さぁしゃん 兵庫県 15歳 女
 
RN さぁしゃんの『SEKAI NO HAJIMARI』の物語を教えてくれ!!
 
さぁしゃん全国大会への冒険が始まりました!!」
 
中学時代はバレーボール部に所属していた RN さぁしゃん!
バレーボール初心者だった RN さぁしゃんは、お父さんと筋トレをしたり走り込みをして努力を重ねたそう!!
しかし、一学年下のバレーボール経験者が入部。RN さぁしゃんは一生懸命練習をしたが、経験者の後輩に追いつけず、試合には最後まで出してもらえなかった…。
このことから、努力しても無駄なんじゃないかと思っていたが…
 
とーやま校長「今は、全国を目指してるんだよね?これはどういうこと?」
 
さぁしゃん「私の通っている高校が、ウエイトリフティング部の強豪校で…」
 
20130501_sol07.jpg

 
最初はウエイトリフティングに興味は無かったという RN さぁしゃん。
でも、練習を見学にしたときにカッコイイと感じ、さらにお父さんにも勧められて、入部を決意!!
そして今は全国大会を目指しているとのこと!!
 
さぁしゃん「最初は10kgぐらいしか持ち上がらなかったんですけど、今は30kgくらいです…!男子もまだ、そのくらいしかやっていないんですけど、負けるのが嫌なので同じくらいの量の練習をやっています!」
 
とーやま校長「かっこいいーー!!」
 
さぁしゃん「部活にいる女子が、一年生では私一人で。三年生に一人いるんですけど、その先輩が全国4位で…!先輩に教えてもらいながら、がんばっています!」
 
一度は、努力は無駄じゃないのかと思ったけど、今もう一度踏ん張っている RN さぁしゃん!!
 
Nakajin先生「絶対に無駄じゃなかったんだろうね、三年間の努力が。そこで努力の仕方を学んだんだろうね」
 
中学時代は野球部で、高校はバレーボール部に入っていたというNakajin先生!
高校のバレー部では他の経験者が一歩先を行っていたが、中学の野球部で身に付けた努力の方法で、レギュラーを獲得したんだって!!
 
Fukase先生「体を壊さないようにしないとな。気持ちが先走って、体が追いつかない時もあるからさ!」
 
Saori先生「めっちゃかっこいいと思います。私がやったら、何kg持ち上がるんですかね?」
 
Saori先生から質問!
普通の女の子だったら、どのくらいの重さを持ち上げられるのかな…?
 
さぁしゃん「10kgから、15kgくらい…」
 
ということは…RN さぁしゃんはその約2〜3倍の重さを持ちあげられるのか!!??
 
Saori先生「スゴイ見てみたいです!ウェイトリフティングを!あとは実際に持ってみたい。“こんなの持っているんだ”って実感したい!」
 
Saori先生もウエイトリフティングに興味深々!
 
20130501_sol08.jpg

 
とーやま校長「よかったな、ウエイトリフティング部に出会えて!」
 
さぁしゃん「はい!よかったです!」
 
これで RN さぁしゃんが全国大会に出て…オリンピックにも!!と夢が膨らむ、生放送教室!
RN さぁしゃんがオリンピックに出たら、校長、教頭、セカオワ先生達で応援するぞーー!!
 
DJ LOVE先生「どんなに時差があっても、生で観ますよ!!」
 
新しい扉を見つけられてよかったな!RN さぁしゃん!
全国大会に向けてがんばってくれぃ!!
 
20130501_sol10.jpg

 
学校掲示板にも、みんなの『SEKAI NO HAJIMARI』が沢山届いているぞ!
 

世界の始まり。
私はなんと言っても「浪人」が始まりです。
浪人は悪いことだって思われるかもしれないけど予備校や応援部掲示板で新たな出会いがあって励ましてもらえる。みんなが同じ目標に向かって頑張ってる。浪人しないと経験できないことばかりです!
今年の出会いは宝物だな。でもまだ始まったばかりだからこれからも頑張ろう。
 
ねこざくら
女/19/宮崎県



Fukase先生「浪人はいいぞ!楽しいですよ」
 
Fukase先生も予備校に通っていたそう!
そしてその予備校で出会った人が今、セカオワ先生が自主製作したライブハウス「clubEARTH」のスタッフをしているとのこと!!
 
とーやま校長「今に繋がってるんだな…!」
 

ここから始まると信じて。
私は高校が嫌いです。頑張ってみても人間関係がどうしてもうまくいかなくて。
そんな私が唯一、安心していられる居場所は部活です。私は今年部長になりました。
部活以外の人との人間関係から色々なことに無気力になってきて、学校に行くのが毎日憂鬱でしたかない自分。そんな自分を少しでも戒めたかった。
このままじゃ何も始まらないよって。だからまずは大好きな私の居場所から始めようと思いました。そしてこれが少しずつ他の場所でも前を向ける力となると良いなと思います。
 
ながるる
女/16/愛知県



Nakajin先生「リーダーが変わることで、僕の中で、何かのきっかけになるんじゃないかなって気がして。“僕自身も変わりたい、変わりたい”って思っていて、これをきっかけに、何か一つ生まれ変われるんじゃないかって思っています。だからながるるも、ここから頑張っていけば、生まれ変われるんじゃないでしょうか?」
 
20130501_sol09.jpg

 
名残惜しいですが…本日も黒板の時間となりました。
 
本日は、Fukase先生に書いてもらいます!!
 
20130501_sol17.jpg

 
20130501_sol20.jpg

 
『 やめたくなったら やめれば良いさ。 』
 
空気の読めない黒板かもしれないけど…
 
やめたくなったら、俺はやめれば良いと思う。
 
“始まったこと”に対して“終わること”を考えないでやっているのかもしれないけど
意地になって、自分を苦しめてまで続けていることがある人っていると思う。
 
でも、無理して続けて欲しくない。
もしそれが駄目だと思ったら、時には一度乗りかけた船を、カッコ悪いけどすぐに“降りる勇気”っていうのも必要だと思う。
 
みんなにあるのは、夢を叶える“義務”ではなくて“権利”なんだと俺は思っているから。
 
だから…あんまり無理すんなよ。
 
 
20130501_sol18.jpg

 
とーやま校長「“あきらめるってことも決して悪いことではない”そう思ったとき、肩の力が抜けて、今までと同じことをしていても、前より良い結果が出ることってあるじゃないですか。今の黒板の言葉を聴いていて、そう思いました」
 
よしだ教頭「気付いたら、負のスパイラルに陥っていることってありますからね」
 
Fukase先生「僕はずっと負のスパイラルにいて、最終的に残ったのがバンドだったんで、今も続けているんです。いくら諦めても、最終的に残ればそれでいいんじゃないかと思います」
 
20130501_sol19.jpg

 
SEKAI NO OWARI先生、本日はありがとうございました!!
 
そしてSEKAI NO OWARI先生はニューシングル『RPG』リリースを記念して、明日からフリーライブを開催!!
 
SEKAI NO OWARI「2013 FREE LIVE for RPG」
5/2(火) 愛知県 アスナル金山
5/4(木) 神奈川県 ラゾーナ川崎プラザ
5/5(金) 大阪府 あべのキューズモール
 
詳しくは、セカオワ先生のサイトでチェックしてね〜!!!
http://sekainoowari.jp/
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
MAN WITH A MISSION IMPOSSIBLE 千葉県 15歳 男
バイオニカルファンタジスト 兵庫県 15歳 男
さぁしゃん 兵庫県 15歳 女
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
  
【FAXイラスト】
130501_fax01.jpg
RN 智薪
 
130501_fax02.jpg
RN R.Y 熊本県 14歳
 
130501_fax03.jpg
RN 砂利 16歳
 
130501_fax04.jpg
130501_fax05.jpg
RN らんどーる 15歳 山梨県
 
130501_fax06.jpg
RN ほしをさがすたいよう(仮)
 
130501_fax07.jpg
130501_fax08.jpg
130501_fax09.jpg
130501_fax10.jpg
RN 緑のダック 17歳
 
130501_fax11.jpg
RN リンゴリラッパ 千葉県 13歳
 
130501_fax12.jpg
RN ぱるふぁむ
 
130501_fax13.jpg
RN 魅惑のT2ふぁーじ☆まこまこ 東京都
 
130501_fax14.jpg
RN ほにょ暴走中 愛知県 15歳
 
130501_fax15.jpg
RN あめひこ
 
130501_fax16.jpg
RN めんぼう
 
130501_fax17.jpg
RN ちきん南蛮 RN ほのか@Winper

130501_fax18.jpg
RN ネズミ改め夢叶 静岡県 13歳 女
 
130501_fax19.jpg
RN SekaSekaさん 東京都 14歳
 
130501_fax20.jpg
RN そらいろのねこ 15歳
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:07 STAND BY ME / Base Ball Bear
22:24 歌謡曲 / 大森靖子
22:40 RPG / SEKAI NO OWARI
22:52 虹色の戦争 / SEKAI NO OWARI
23:24 タイムカプセル / flumpool
23:41 アースチャイルド / SEKAI NO OWARI
23:51 RPG / SEKAI NO OWARI
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
セカオワ先生と話してると
いつも笑ってる自分がいる〜。
セカオワ先生ありがとう!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
セカオワ先生は、いつも新しい考え方を教えてくれる!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★