過去の投稿

June 2016 の投稿一覧です。
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
160630_sol12.jpg


160630_sol01.jpg


160630_sol02.jpg


『 飛行機乗りおくれたよね? 』

昨日はエフエム熊本から生放送教室をお届けしました!
その帰りの飛行機になんとあしざわ教頭が寝坊で乗り遅れ!!

だけど運よく振替に乗れたそうで…みんなも寝坊には気を付けてね!

160630_sol03.jpg


今夜の1曲目はUNISON SQUARE GARDEN先生が7月6日にリリースする新曲
『Dr.Izzy』より『アトラクションがはじまる(they call it“No.6”)』を初オンエア!!!


♪ アトラクションがはじまる(they call it“No.6”) / UNISON SQUARE GARDEN


とーやま校長「いけるね!この曲だけでガツッといけちゃうね!」

あしざわ教頭「自分が持っているものを大事にすることも大事ですけど、土壇場の時にはすべて手放して猛スピードで突破するっていう方法もあるな。と思いますね」

とーやま校長「その突破の速度とか破壊力で自分で作ってしまった壁やモヤモヤを吹き飛ばしていける曲だ!」

そして……UNISON SQUARE GARDEN先生が、来週の水曜日に生放送教室に登場するぞーーー!!!
みんな楽しみに待っててね!

「インターハイで結果を残したい!」そんな部活動にスポーツ界の元レジェンド
“レジェンド講師”が直接学校に行ってエールを届けるプロジェクト
『インハイエール!』

栃木県佐野日本大学中等教育学校 柔道部に直接指導しにいっていただいたのが
アトランタオリンピック、シドニーオリンピック、アテネオリンピックで前人未到の3連覇を達成した、、
柔道の野村忠宏先生!!!!

北海道旭川実業高校 女子バレー部に直接指導しにいっていただいたのが
元バレーボール 日本代表 山本隆弘先生!!!!

今夜の生放送教室では、
インハイエールSP!supported by ポカリスエットを開催!!
レジェンド講師の1人、オリンピック3連覇を達成した
柔道の野村忠宏先生が来校!!

そして練習の模様や、インハイ予選の結果を生徒に直接聞いていきます!!
みんなはレジェンド講師の言葉だったり、練習の模様などを聞いて感じたこと思ったことを
学校掲示板もしくはメールに書き込んでください!!

160630_sol04_1.jpg



生放送教室には、野村忠宏先生が登場!

アトランタオリンピック、シドニーオリンピック、アテネオリンピックで前人未到の3連覇を達成した金メダリストです!

とーやま校長「本物…なんですよね?ずっとテレビで見ていたので、まさか目の前に現れるとは…!!」

野村先生「去年現役を引退して先生になっているけど、何年か前に会っていたらもっと怖かったと思うよ」

あしざわ教頭「良かった〜!(笑)」

とーやま校長「引退されたと言いましても、まだ身体も鍛えてらっしゃるんですよね?」

野村先生「いや、ほとんどトレーニングしていないです。現役時代の名残というか、残っている筋肉ですね。現役時代はもっとゴツかったですよ。今はある意味脂肪がついているんですよ」

とーやま校長「そうなんですね。それで迫力があるように見えるんでしょうか。そんな野村先生を迎えるにあたって、俺たちもいつも以上にピリッとしないといけないね」

あしざわ教頭「そうですね!」

とーやま校長「教頭、ちょっと甘噛みが多いから、3甘噛みで野村先生から背負い投げを食らうということで…」

あしざわ教頭「マジか!(笑)ちょっとキツくないですか?」

野村先生「3回噛んだら背負い投げ?3回も噛んだらもう絞めでしょう」

あしざわ教頭「やめてください!その瞬間人としていられなくなってしまいます!(笑)」

とーやま校長「改めて、野村先生!このプロジェクトに参加してくださってありがとうございました!野村忠宏先生が今回、直接学校に行って、応援してくれたのが栃木県佐野日本大学中等教育学校。実際に行ってみていかがでした?」

野村先生「まず、柔道部の人数が少ないんですよね。8〜10人くらいしかいなくて、普通はだいたい20〜30名は生徒がいて、練習相手も豊富で色んな練習が出来るけど、人数が少ないっていうハンデを抱えながら一生懸命練習してましたね。でも、人数が少ない分、実際に学校に行ったときに一人ひとりと向き合う時間がとれたし、全員も表情もしっかり見れたし、自分にとっても充実した時間でした」


160630_sol05.jpg



今回インハイエールに応募してくれたのは、RN ゆたまる 栃木県 17歳 男性 高校3年生

中学時代は関東大会を優勝するくらいの猛者!しかも、進学校に進んだんだそう!
しかし、高校ではゆたまるにライバルがいて、その相手を倒さないとインハイに出場できない!
高校最後のインハイ。ライバルを倒して出たい!という想いを聞かせてくれたんですけど……

とーやま校長「これからインハイ予選の結果を生徒に直接聞いていくんですけど、野村先生も結果は知らないんですよね?良い結果であることを期待ですね」

野村先生「そうですね。試合の前日に教えに行って組み合って練習もして、彼の柔道に対する想いとかも伝わってきましたから、それがインターハイ予選で結果として結びつけばすごく嬉しいですね。でも、勝負の世界だから」

あしざわ教頭「何があるか分からないところではありますよね」

とーやま校長「野村先生、ゆたまると実際に組み合ってみていかがでした?」

野村先生「良い動きはしていましたね。力が強いだけの選手もいれば、脱力と言って、力を抜いてタイミングとスピードで入る選手もいて、そういう選手の方が怖さがあったり、強さによっても色んな特徴があるんですよ。ゆたまるは、相手にプレッシャーをかけたりっていう強さはまだまだ足りないけど、技に入る瞬間のスピードは良いものがありました」

とーやま校長「これは嬉しい言葉だね!」

あしざわ教頭「世界を見てきた人に言ってもらえるなんて嬉しいですよね」

とーやま校長「それでは、野村先生が指導を行った後のゆたまるに話を聴いてみました!」

ゆたまるへのインタビューはこちら!

とーやま校長「力強い言葉だね。『執念』を持って。という話をされたということなんですけど…」

160630_sol06.jpg


野村先生「自分が柔道をやっている時に掲げていた言葉が『執念』なんです。強くなりたいっていう気持ちはみんなが持っていて、努力して当たり前の世界なので、その中で自分が本当に上に行くのか、弱くなるのか、どちらになるのかっていうのは気持ちなんです。強くなるために必要な勝負への思い、それを『執念』という言葉にして、大事に戦ってきました」

とーやま校長「ゆたまるは野村先生に2時間みっちり教えていただき、次の日のインターハイ予選はどうなったのか…!」

あしざわ教頭「気になる!」

とーやま校長「直接聞いちゃいましょう!…もしもし!」


ゆたまる 栃木県 17歳 男性 高校3年生

ゆたまる「もしもし」

とーやま校長「俺たちはこうやって喋るのは初めましてだね!野村先生とはお久しぶりということで」

野村先生「久しぶり!」

ゆたまる「お久しぶりです!」

とーやま校長「まず、野村先生に直接指導いただいて、どういうものが自分のものになった?」

ゆたまる「背負い投げを教えてもらったんですけど、打ち込みの仕方が特に印象深くて、形から入って力強さと速さを意識するっていうのは毎日の練習でも意識するようになりました」

とーやま校長「背負い投げを指導してもらったんだね」

野村先生「私の一番の得意技ですね。背負い投げがあったから、自分は世界を獲れたと思っているんです。でも。技を作っていくのってものすごく時間がかかるんですよ。技を作るにしても無意識で技に入るのか、意識を持って入るのかで全然変わってくるんです。意識しながら練習することで技が身体に染み込んで、無意識に出来るようになるんです」

とーやま校長「へぇ〜!」

野村先生「考えてから技をやったんでは遅いので、無意識で使えるまで繰り返しやるように指導しましたね」

とーやま校長「これ、ゆたまるは世界の背負い投げを直接教えてもらってたってことだからね!すごいね!!」

ゆたまる「はい!ありがとうございます!」

160630_sol07.jpg


とーやま校長「そして、インターハイ予選の当日になったわけだけど、予選の結果を聞かせてもらってもいい?」

ゆたまる「1回戦は一本背負いで一本勝ちしました。2回戦は抑え込みをして寝技で勝ちました!」

とーやま校長「順当だね!」

ゆたまる「準決勝は、試合終わり間際までお互いにポイントが無くって、ラスト10秒あたりで相手に指導が入って、勝ちを確信してしまったところを投げられてしまって負けてしまいました…」

野村先生「ラスト10秒を守りきっていれば勝っていたんですね」

とーやま校長「今振り返ると、後悔の気持ち?」

ゆたまる「そうですね。どこかで気持ちが切れていたのかもしれないです。本当に悔しかったです」

あしざわ教頭「そうだよなあ……」

とーやま校長「ライバルはどうだった?」

ゆたまる「ライバルは決勝まで行って、一本勝ちを決めてインターハイ出場を決めていました」

野村先生「自分もオリンピックで優勝した時に、当時の世界チャンピオンで優勝候補の人と戦ったんですけど、その時は逆にラスト10秒で逆転勝ちしたんです。その逆転勝ちがあったから3連覇も出来た。それも『執念』なんです。ラスト1秒まで何があるかわからないから、油断、スキ、甘え、そういうのを絶対に出しちゃダメなんです。それが勝負の怖さなんですよ。彼は今回の試合を通して、怖さと悔しさを知ったんですね。これから彼がどう変わるかですよね」

とーやま校長「ゆたまるとしては、野村先生の指導を受けて、残り10秒で負けてしまったけれど、今はどういう気持ちでいる?」

ゆたまる「7月10日にまた試合があるので、その大会に向けて気持ちを切り替えて、野村先生に教えてもらったことを更に生かしていけるように練習に励みます」

野村先生「気持ちを切り替えるっていうのも大事。けど、この悔しさを忘れたら絶対にダメ。練習で辛いな、きびしいな、って思ったときにこの悔しさを思い出して自分の原動力にしてね」

160630_sol08.jpg


とーやま校長「俺たちが想像できないくらい悔しい思いをしただろうから、後は今、野村先生にもらった言葉と気持ちを全部受け取って自分のものにしよう。10日の試合に向けて頑張れ!」

ゆたまる「ありがとうございます!」

あしざわ教頭「応援してるぞ!」

野村先生「がんばれ!!」

ゆたまる「ありがとうございました!」

野村先生とはここまで!最後に、野村先生には黒板を書いてもらいました!

160630_sol09.jpg


160630_sol10.jpg


『 執念 』

自分は、中学生の時に身体が小さくて女の子に負けてたんです。
柔道一家に生まれたんですけど、高校に入る時に柔道部の監督をしていた父に「もう柔道やめていいぞ」って言われてて、それでもあきらめずに高校3年生の時にようやく奈良県の大会で優勝して、インターハイに初めて出たんです。
自分ではベスト4くらいにまで入れる自信があったんですけど、現実ではインターハイは1回戦で負けました。その自分が、4年後にはオリンピックチャンピオンになっているんです。
どこで努力が実を結ぶのか分からないですから、自分で自分の努力した未来を信じて、信じられるだけの努力を見つけて、勝負に対しての厳しさも持って…。諦めることなく、上を見て歩んでいったんです。
時間はかかったけど、花開いたのが大学4年生。真剣に続けること、時には勝負に対する執念を持って続ける。そして、未来を信じる力。これらがすごく大切なのかな。これで、自分は強くなりました。

160630_sol11.jpg



とーやま校長「オリンピック3連覇に目が行きがちですけど、そこに至るまでに野村先生はとんでもない悔しい思いをして、それでも辞めなかったからこそ今ここにいるんですね。そうなると、ゆたまるもここから始まるっていうことですよね」

野村先生「そうですね。今回、本気の悔しさを知ったと思うんです。だから、それを知った人間は変われると思うので、強くなれるし強くなってほしい。そして、強くなるためには変わらないといけない。続けたからこそ見える世界もあるのでその世界を見てほしいなって思います」

とーやま校長「これは、ほかの生徒にも言えることですね。野村先生、本日はありがとうございました!」

野村先生「ありがとうございました!」


野村先生
言葉を聞いて、数秒間動きが止まった。
まだ息切れしてる。途中からだったけど、なんかドキドキが止まらない。
野村先生の言葉から、すごい色んな事を学んだ気がする。聴いて良かった。
でじる
女性/13歳/東京都
2016-06-30 22:59



とーやま校長「いわゆる電機が走った状態だね。ビリッとした瞬間は、でじるの運命が変わった瞬間でもあるんじゃない」

あしざわ教頭 「自分が気づいていないところで怠ってしまっていたことなのかも。そういう部分にハッと気が付いた瞬間ですね」

160630_sol13.jpg


ここからは、元バレーボール日本代表、山本隆弘先生が北海道旭川実業高校女子バレー部に、直接指導してもらった模様を聞いていきます!


北海道旭川実業高校女子バレー部での指導の様子はこちらをチェック!


とーやま校長「厳しいね…!厳しいけど愛のある指導だね。最初であったときは楽しそうだったんだけど、練習が始まったら山本先生も旭川実業高校女子バレー部に勝ってほしいわけだからね」

あしざわ教頭「強くなってほしいっていう想いがあるんですね」

とーやま校長「ピリッとした空気の時もあったじゃん。だけど、選手のみんなも信念を持ってやっているわけだから、ちゃんと切り替えができるすごい生徒たちなんだな!」

あしざわ教頭 「音だけで緊張感や言葉の響き、しっかりと伝わってきましたもんね!」

とーやま校長「いかに試合をイメージして練習していくことが大事かっていうことなんだね。野村先生も言っていたらしいけど、ただ練習メニューをこなすだけじゃ、いざ実践になった時に活きないから、練習の時でも試合をイメージさせるのが大切なんだね」

あしざわ教頭 「野村先生と山本先生は同じこと言っているということですよね。練習って同じメニューをやるから自分の中では慣れてしまったりしてしまう。そこでイメージを残しておくといいんですね」

160630_sol14.jpg



そして、女子バレー部の守備専門のリベロを担当している選手に話を聞きました。
全員、寮生活。朝から晩まで3年間バレー漬けを送っている。彼女にとって、インハイとは……

北海道旭川実業高校女子バレー部のインターハイにかける想い

とーやま校長「並々ならぬ覚悟があるね!」

あしざわ教頭 「言葉が強い!」

とーやま校長「見返したいっていう想いと、ぶつかることもあるけど、それもチームの上昇の為に必要なことだっていうこと。全員が共通認識としてあるんだろうね」

あしざわ教頭 「ほかのチームは自分たちよりもインハイにかけてないと思いますって堂々と言えるのは、それだけやってきたっていう自負があるからですよね」

とーやま校長「今、話を聞いたけれども、インハイ予選の結果を直接、聞こうか。旭川実業高校の生徒に電話します!…もしもし」

メイ 北海道 17歳 女性 高校3年生

メイ「もしもし」

とーやま校長「さっきのインタビューで喋っていたのはメイ?」

メイ「私です」

とーやま校長「やっぱり!あのインタビューはシンプルにカッコいいなって思ったよ!」

メイ「ありがとうございます!」

とーやま校長「寮の消灯時間とかは大丈夫なの?」

メイ「本当は22時に寝ないといけないんですけど、今日は特別にOKにしてもらえました!」

とーやま校長「山本先生の指導を受けてみて、どうだった?」

メイ「世界と戦ってきた人だから、そういう人が自分たちに教えてくれる機会もなかなか無いので、みんなで全部吸収してやろうっていう気持ちでいました」

とーやま校長「山本先生の指導の様子も聞かせてもらったんだけど、結構厳しめな感じ?」

メイ「そうですね。初めて会ったのに結構ずばずば何でも言ってくれる先生でした」

とーやま校長「でも、その言ってくれたことが確かにそうだって思えることだったの?」

メイ「はい。全部しっくりきますね」

とーやま校長「山本先生に言われて特に印象的だった言葉は?」

メイ「さっきのにもあったんですけど『練習を試合にする』っていう言葉とかが残っています」

とーやま校長「今までもそう思っていたけど、改めて強く思えたっていうことなのかな」

160630_sol15.jpg



あしざわ教頭「ずっとやっていると気がつけないところかもしれないですね」

とーやま校長「そして、インターハイ予選なんだけど、どういう形式で勝ち上がっていくの?」

メイ「最初は予選リーグで、最後は4チーム4強を出して、総当たり戦をします。北海道は2チーム行けるんですよ」

とーやま校長「予選グループはどうだった?」

メイ「予選はそのまま勝ち進めて、決勝リーグまで行きました!」

とーやま校長「決勝リーグの4チームに残ったんだね!」

メイ「ずっと1位通過で行くってみんなで決めて練習して来たんで、その思いをかけて全員で戦ってきました」

そして、結果は……全勝で見事インターハイ出場決定!!!

あしざわ教頭「すげぇーーーーー!!!」

とーやま校長「全勝で1位通過、おめでとう!!!」

あしざわ教頭「言ったことをそのまま実現したってことでしょ!?」

とーやま校長「山本先生の指導を受ける前と後では違うものはあった?」

メイ「ブロックを教えてもらったんですけど、止め方とか教えてもらって、みんなで意識してやってきたものが試合に出たかなって思います」

とーやま校長「目標を達成しつつも、まだまだ目指さないといけないところがあるんだもんね」

メイ「はい!次はインターハイの全国大会で日本一、金メダルを獲ることです!」

とーやま校長「これ、いけるぞ!」

あしざわ教頭「応援してるぞ〜!ここから更に強くなっていくよ!」

とーやま校長「最後に、今の気持ちを全国に向けて届けてもらっても良い?」

メイ「はい!……今、全員集まってきました!」

とーやま校長「集まってきてるの!? じゃあ、みんなで全国に向けて届けてくれ!」

北海道旭川実業高校女子バレー部「インターハイ、絶対優勝するぞ!! オ――――ッ!!」

とーやま校長・あしざわ教頭「頑張れーーーーーッ!」

メイ「ありがとうございます!」

160630_sol16.jpg



有言実行かっけー
いや、目標言い切るだけでもすごいのにそれを体現してしまうところがまぶしすぎる!
かっこいい
エイリアンの騎士
男性/17歳/北海道
2016-06-30 23:45



とーやま校長「カッコいいよね!まじで応援しているからな!」

そして、山本隆弘先生にも SCHOOL OF LOCK! のみんなに向けて黒板を書いてもらった。
いろんな場所で、今、戦っている君の手助けになればと思う。

今夜、レジェンド講師に、指導を受けた生徒たちのレポートは、インハイエールの特設サイトにアップします!

ただし、これはプロローグ!完全版は、エール・ムービーとともにアップするぞ!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
ゆたまる 栃木県 17歳 男性
メイ 北海道 17歳 女性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:03 アトラクションがはじまる(they call it“NO.6”) / UNISON SQUARE GARDEN
22:27 バリ ハピ / ジャニーズWEST
22:49 HEROES / Brian the Sun
23:12 Deck The House / Akufen
23:15 Earth Beats / Kuniyuki Takahashi
23:18 To The End Slowly / GONNO
23:20 Lovebeat / 砂原良徳
23:22 Logo Queen / So Inagawa
23:46 全力REAL LIFE / Little Glee Monster
23:49 NEXT ONE / GLIM SPANKY
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
胸が熱い!気持ち入った!こっからだ!
野村忠宏先生!山本隆弘先生!
ありがとうございました!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
野村忠宏先生、山本隆弘先生の言葉
胸に刻んで明日もがんばろう!
 
教頭のあしざわ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
160629_sol01.jpg


160629_sol02.jpg


『 大好きばい!熊本! 』

今夜のSCHOOL OF LOCK!は、
熊本県、エフエム熊本から授業!

去年の全国家庭訪問でお邪魔させていただいて以来、
およそ8ヶ月ぶり!

今回、なぜ熊本県にお邪魔したのかというと…
4月14日以来、熊本で続いている地震。
SCHOOL OF LOCK!の生徒の中にも、被害に遭った生徒が、たくさんいました。

そしてもう、特に難しい理由は何もなくて
校長・教頭・職員が「会いたい!」と思って、来ました!

まずは熊本に到着してエフエム熊本の方にご紹介していただいたお店でお昼ご飯をいただきました。

160629_sol03.jpg


そこが今日、営業を再開したカレー屋さんchang-PLANT!
チキンカレーがとてもおいしかったです!

ここでエフエム熊本でラジオパーソナリティを務める高橋よしえさんと合流。

160629_sol04.jpg


その後、益城町や、熊本城の様子などを見たり…

160629_sol05.jpg


160629_sol06.jpg


SCHOOL OF LOCK!の熊本出身職員であるバンズ先生のソウルフードお弁当のヒライで
アイス『しっとるケ』 『おゴリまっせ』を食べたり…

熊本の生徒のRN おーちとRN 広く!深く!!と直接会ってお話をしました。その様子は後程。

そして前回熊本に来た際は、オープニングで熊本市の大西市長に来ていただいたんですが、
今回はお忙しくてご挨拶できませんでした…しかし…

とーやま校長「もしもし!」

あしざわ教頭「え?」

大西市長「もしもし?」

とーやま校長「お久しぶりです!校長のとーやまです!」

あしざわ教頭「教頭のあしざわです!」

大西市長「熊本市長の大西です。お久しぶりです」

とーやま校長「いや〜市長の声が聞けて嬉しいです」

大西市長「こちらこそ熊本に来ていただいて本当にありがとうございます」

とーやま校長「いえいえ!市長は今どちらにいらっしゃるんですか?」

大西市長「さっき東京に着いたばかりなんですよ。残念です」

とーやま校長「こんな入れ違いがありますか!(笑)」

大西市長は地震で被害を受けた熊本県の施設をこれからどう整備していくか、
国と打ち合わせをするために東京に行っていました。

とーやま校長「お忙しい中、本当にありがとうございます」

大西市長「いえいえ」

とーやま校長「市長は4月14日以降はどんな毎日を過ごされていたんですか?」

大西市長「熊本であんな大きな地震があるとは誰も思っていなかったので、とてもびっくりして、とにかく被災した人たちのために全力で走り回っていました」

とーやま校長「今、6月29日現在の熊本の状況はどうなっているんですか?」

大西市長「ライフラインは戻ってきたんですけど、まだ家が半壊だったり全壊のままであったり、1000人以上避難所生活をされている方がいるので、震災前に戻ったとは言えませんね」

とーやま校長「熊本空港で短冊を見かけたんですけど、みんなが元気になるようにってことを書いてる人がたくさんいて、みなさんそう思ってますよね」

大西市長「そうですね。やっぱり震災以降気持ちが落ち込んでしまって、さらに余震が1800回以上起きているのでそれで参ってしまったと思うんです。でもやっぱり明るい未来に向けてがんばろうってみんな生活をがんばってくれていると思います」

とーやま校長「この市長の声も全国の10代に届いているんですけど、僕らにでいることはありますか?」

大西市長「熊本に関心を持ってもらって、長く応援してほしいと思います。募金とかそういうことではなくて、気にかけてくれるだけでも僕たちは元気になりますし、掲示板で書いてくれていることとかTwiiterでメッセージくれるとすごい嬉しいので、関心を持って応援してくれたら嬉しいですね」

とーやま校長「少しでも気にかけて、その小さなことが大きくなって届くってことですね」

大西市長「気持ちは届きますから、そうすれば熊本のみんなも少しずつ元気になっていくと思います!」

とーやま校長「市長の音楽ツイートも待っていますので!」

大西市長「もうちょっと落ち着いたら再開したいと思いますので、フォローもよろしくお願いします!(笑)」

とーやま校長「期待してお待ちしております!ありがとうございました!」

160629_sol07.jpg


さぁ、熊本県からお送りする今夜の生放送教室は、
時間の限り、熊本の生徒に逆電していきます!

地震のあと、まだちょっとしんどいから話を聞いてほしいってことでも
全然関係ない話でも、話の内容は何でも大丈夫!

そして、熊本県以外の生徒のみんなは、熊本の生徒へのメッセージをお願いします!
熊本の生徒の書き込みにレスでもいいし、
授業中に逆電した生徒に対してのメッセージでもいいし、
とにかく、少しだけでもいいので“熊本のこと”を考えてみてください。
学校掲示板もしくはメールから、メッセージ待ってます!


熊本へ来てくれて、ありがとうございます。
今日は天気悪かったので校長、教頭は大丈夫でしたか??
地震から1ヶ月以上がたち、普通の学校生活に戻ってきました。しかし、まだ不安が全部消えているわけではありません。けど、みんな同じような気持ちを抱えていると思います。だから励まし合いながら元の熊本に戻れるように頑張っていきます!
今日も楽しい放送をお願いします!!
凛々しい少年N
男性/16歳/熊本県
2016-06-29 22:27



とーやま校長「俺達の心配までしてくれてありがとうな!本当にみんなで助け合って、励ましあっていくことが大事だよ!」

あしざわ教頭「楽しい授業やっていきましょう!」

とーやま校長「それで今日は、昼から熊本の街を色々見させてもらって、熊本の生徒とも、直接会って話をしてきたんだけど…」

あしざわ教頭「2人の生徒と話をしましたね」

最初に会ったのが、熊本県 16歳 女の子 RN おーち
SCHOOL OF LOCK!を6年くらい聴いてくれてる生徒です。



とーやま校長「書き込みありがとうね。地震があってから2か月半くらいたつけど、どう?」

おーち「変わっていないことの方が多いかなって思います」

とーやま校長「今日もここに来るまで益城町とか回らせてもらって、4月15日に見たニュースの景色と変わっていないのが現状だよね」

あしざわ教頭「やっぱりブルーシートがかかったまんまは嫌だよね」

おーち「1番は景色があんまり変わっていないことですね、でもやっと仮設住宅が建ち始めたのはいい方向に進んでるなって思います」

とーやま校長「そういういい変化も見ることができるようになってきたんだね。おーちの家はどうだったの?」

おーち「一応入れるんですけど、全壊みたいなことは言われてて、思い出とかは持ち出せるんですけど、でも逆にそれを見るときつくなるっていうか…」

160629_sol08.jpg


とーやま校長「じゃあ家は片づけで行ってる感じか」

おーち「はい」

あしざわ教頭「まだ当分かかりそう?」

おーち「かかりそうです」

とーやま校長「今はどんなことでストレスたまる?」

おーち「前の家に住んでいたときは自分の部屋があったんですけど、引っ越ししてからは1人でいる時間がなくなって、常に誰かと一緒にいるので…」

とーやま校長「そこが今までの生活変わっちゃってペースが掴めてない感じか、それは嫌だよな。あとおーち的に楽しいこととか見つけられたりできた?」

おーち「あんまり…」

とーやま校長「そこを何か見つけられたらいいよね。何がおーちの生きる活力になるかはわからないけど、何かは必ずあるから、それを一緒に探すのが俺達の役目で、そのためにSCHOOL OF LOCK!という場所があると思ってやってるから、そこの協力をするやつがいるってことだけはわかってて」

おーち「ありがとうございます」

とーやま校長「全国のみんなに言いたいこととかある?」

おーち「地震があってから、みんながすごい助けてくれて、それですごいがんばろうって気持ちになれたので、ありがたかったです」

とーやま校長「こちらこそありがとうだよ。その言葉がボランティアに参加してくれた人や、今これを聴いてくれた人の力になるから、支えあっていきたいね」




♪ THANKS / BLUE ENCOUNT


とーやま校長「俺はずっと東京で生活していて、最近は熊本の地震に関するニュースとか減ってきてしまっているし、だからいい方向に進んでいると思ってたんだけど、実際に見ると全然そうじゃなくて、あのときから時間が止まっている家もたくさんあって、そういう状況があって、その事実をみんなに知ってほしいから今喋っていて、そのことを踏まえて、それでずっと下を向いていたら何も進まないから、だからおーちが楽しいと思えることを見つけられるようにがんばっていこうと改めて思ったよ」

160629_sol09.jpg


あしざわ教頭「それにおーちと直接喋って、喋るっていうことの大切さに気づきましたね」

とーやま校長「おーち、本当にありがとう!」

続いては熊本県の生徒に逆電!!

とーやま校長「もしもし!」

こんのすけ 熊本県 17歳 女性 高校2年生

こんのすけ「もしもし」

とーやま校長「こんのすけは熊本のどの辺?」

こんのすけ「宇土市です」

とーやま校長「書き込みありがとうね。久しぶりに掲示板見てくれたらしいけど、みんなの言葉はどうだった?」

こんのすけ「震災のときはたくさんレスとかあって、嬉しくて、でも2ヵ月たってるから少なくなってたりするかなって思ったんですけど、まだたくさんあって、みんながまだ考えてくれてるんだってことがすごく嬉しかったです」

とーやま校長「みんなにこの言葉届いているかな。みんな本当にありがとうな。こんのすけの家は大丈夫だった?」

こんのすけ「家の裏に山があって土砂崩れとか、屋根が崩れて雨漏りとかもあります」

とーやま校長「今は大丈夫?」

こんのすけ「大丈夫です」

とーやま校長「学校は楽しい?」

こんのすけ「楽しいです」

あしざわ教頭「それはよかった」

とーやま校長「それで書き込みに書いてあるけど、和太鼓やってるの?」

こんのすけ「和太鼓部に入ってます」

とーやま校長「それでどんな活動をしてるの?」

こんのすけ「私たちのコーチが同じ市にある和太鼓のチームに声をかけてくれて、みんなで色々な避難所で演奏して元気を届けてきました」

とーやま校長「それ何人くらいでやったの?」

160629_sol12.jpg


こんのすけ「2チームで15人でやりました」

あしざわ教頭「すごい迫力のある演奏だったんだろうね」

とーやま校長「何か所くらい回ったの?」

こんのすけ「5〜6か所くらい回りました」

とーやま校長「けっこう回ったんだね。みんなどんな反応だった?」

こんのすけ「色々反応があって、大きい音で地震を思い出すからやめてほしいっていう人もいたんですけど、大体の人はすごい喜んで、涙流してくれる人もいて、逆に私たちが避難所の方から声をかけてもらったり、差し入れをもらったりして、こっちまで元気になりました」

とーやま校長「励ましあうってこれだよね。自分のやれることをやったら、それを見て何かを感じてくれる人がいて、そうやって支え合うことにつながって…今のこんのすけの話を聞いて、自分のやれることをやるっていうことがすごい大事だと思ったわ」

こんのすけ「ありがとうございます」

あしざわ教頭「これからも人に勇気を与える太鼓を叩いて、聴いた人たちからたくさんのモノをもらえる太鼓を叩いてくれな」

こんのすけ「はい!」

とーやま校長「話を聞かせてありがとうな!」

こんのすけ「ありがとうございました!」

とーやま校長「ちなみに聞きたいんだけど、弁当のヒライって行く?」

こんのすけ「行きます」

あしざわ教頭「やっぱりみんな行くんだね!」

とーやま校長「好きなメニュー何?」

こんのすけ「ちくわサラダですね(笑)」

160629_sol11.jpg


とーやま校長「それ、さっきいただきました!おいしかったです!こんのすけありがとう!」

こんのすけ「ありがとうございました!」


♪ THANX / WANIMA


続いての生徒は…

とーやま校長「もしもし!」

ザヴァク 熊本県 15歳 男性 高校1年生

ザヴァク「もしもし」

とーやま校長「ザヴァクは熊本のどの辺?」

ザヴァク「北の方にある合志っていうところですね」

とーやま校長「ザヴァクも書き込みありがとうね」

あしざわ教頭「ありがとう」

ザヴァク「はい!」

とーやま校長「ザヴァクのところは地震の影響はどうだった?」

ザヴァク「震度5とか6でけっこうひどいところでした」

とーやま校長「地震が起きたときはどこにいたの?」

ザヴァク「学校の寮暮らしなので、そのときも寮にいました」

とーやま校長「じゃあ高校の寮に入ったばっかりのときに起きたんだ」

ザヴァク「そうです」

とーやま校長「寮のみんなは大丈夫だった?」

ザヴァク「ケガした人とかはいませんでした」

とーやま校長「それから2ヵ月半くらいたったけど、どんな毎日を過ごしてる?」

ザヴァク「廊下を人が走ったりして、それで揺れたりするとそれに敏感になったりするようになってます」

とーやま校長「余計な部分に神経張り巡らしちゃって、それで疲れちゃうこともあるだろうし…大変だよな。寮のみんなとは仲良くしてる?」

160629_sol14.jpg


ザヴァク「はい」

とーやま校長「今はもう話せる友達や遊ぶ友達いるの?」

ザヴァク「かなり増えました」

とーやま校長「いいね!友達はどんなことしてるの?」

ザヴァク「自分の寮の部屋に来て、ゲームの話したりとかこの前はテスト対策とかしました」

あしざわ教頭「ゲームは寮に持ち込めるの?」

ザヴァク「ダメなので、スマホのゲームで遊んだり、アーケードゲームの話ですね」

あしざわ教頭「1ヵ月休校してた間はみんなと何してた?」

ザヴァク「休校のときは寮が危ないかもしれないってことで、学校にしばらく避難してて、みんなでやることがなくなったからトランプを買いに行って、それで遊んでるうちにみんなと仲良くなりました」

とーやま校長「大富豪とかやってた?」

ザヴァク「ババ抜きとかです」

あしざわ教頭「シンプルだけどおもしろいからな!(笑)」

160629_sol13.jpg


とーやま校長「俺は大富豪がトランプの中で1番おもしろいと思うから、ぜひ調べて遊んでみて!」

ザヴァク「はい(笑)」

とーやま校長「ザヴァク、これからも地震があったりして上手く眠れないときもあるかもしれないけど、そういうときの友達だから、ちゃんと頼るんだぞ。それでみんなで楽しいことさがして、勉強がんばっていこう」

ザヴァク「はい!わかりました!」

とーやま校長「電話ありがとうな!」

ザヴァク「はい、校長、教頭したっけね〜」

とーやま校長「でた〜!熊本だけど北海道の挨拶、したっけね〜!」

あしざわ教頭「したっけね〜!(笑)」


♪ スターリングスター / KEYTALK


とーやま校長「そして今日、どうしても会いたかった生徒がいました。それがRN 広く!深く!!で、震災があった直後の生放送教室で逆電をしました。その広く!深く!!と話をしてきました」



とーやま校長「地震から2ヵ月半くらいたったけど、どんな風に過ごしてた?」

広く!深く!!「場所とかによって被害が違って、学校がお休みの間何をしてたのかっていうのが人それぞれ違って、避難してる人もいれば家にいる人もいて、私はまだいい方だと思うんですけど…1人1人気持ちも違うんだってことを痛感しました」

とーやま校長「そこに対して広く!深く!!はどうやってバランス取ってきたの?」

広く!深く!!「その子もボランティア行ったとか、時間があるから映画に行ったとか、そういうのをTwitterで見るんですけど、いいなとは思いつつ、その子も怖い思いをしたっからリフレッシュで行ったんだろうとか、前向きにとらえてやってきました」

160629_sol15.jpg


とーやま校長「偉いね」

広く!深く!!「家ではけっこう言いますよ」

あしざわ教頭「でもそうやって吐き出せる場所があるのもいいことだよ」

とーやま校長「そういうのを受け止めるのも家族だからね。今日ずっと雨降ってて、ちょっと前もすごかったけど…」

広く!深く!!「心配事が増えるのは嫌ですね」

あしざわ教頭「ニュースとかだと熊本のことも少なくなってきて、色々整備されてるのかと思ったんだけど、実際来ると全然変わってなくて、熊本城はこんなに崩れてるんだってビックリだった」

広く!深く!!「熊本城はショックでした。壊れた後見に行ったんですけど、テレビでみるのと実際見るのとでは全然違うんだって思って、またお花見とか行ったりしたいですね」

とーやま校長「熊本に住んでて、全国のみんなに“こうしてほしい”とか思うことはあったりする?」

広く!深く!!「熊本の人達だけじゃ復興はできないと思うんです。日本っていう国のみなさんが熊本のことを心の端に気にかけてくれるだけで嬉しいと思うんです。だから時々思い出してもらったら、それだけ支えになると思います」



本日の黒板の時間となりました。

160629_sol17.jpg


『 君に会えてよかった 』
今日、この熊本に来て、
君と喋ることができてよかったです。
君の笑顔を見ることができてよかったです。
君の声が聞けてよかったです。
君に会えてよかったです


♪ NEVER ENDING STORY / BLUE ENCOUNT



広く!深く!! 頑張れ!
4月の電話も聞いてました!
すごい感動して、次の日2000円募金しました!
途中で涙ぐんでいるのが聞こえて、こっちも泣きそうになりました。
これからも応援してます!
頑張れよ!
少年剣士
男性/17歳/北海道
2016-06-29 23:42


よかった
僕もよかった
熊本の生徒の現状が聞けてよかった
抹茶もち
男性/15歳/高知県
2016-06-29 23:45


がんばるばい
校長!教頭!熊本来てくれてありがとう〜
最近は余震に加えて雨がすごいので、毎日うんざりです
家も学校もまだ工事ができてなくて、不便ではあるけど、みんな前向いてがんばってます!
SHINING STAR
女性/16歳/熊本県
2016-06-29 14:06


校長教頭〜!
熊本に来て、現場を見ていただき、ありがとうございます??
夕方の番組で声を聴いた時は仕事中にもかかわらず涙がちょちょぎれました
ここ数ヶ月、涙腺が緩みっぱなしです。
皆様の気持ちに感謝感謝の毎日です。
ありがたや、有難や
みるくぱんヌ
女性/29歳/熊本県
2016-06-29 22:22


大好きな熊本!!
校長!教頭!ようこそ熊本へ!

今日も、雨がひどかったですね…
もう、どんな災害が熊本を襲ってもだいじょうぶ!
がまだすばい!熊本!
大好きばい!熊本!
ちーみさ
女性/15歳/熊本県
2016-06-29 19:22



160629_sol18.jpg



全国の皆さんへ
熊本へメッセージや募金など色々な形で熊本を思ってくださってありがとうございます。どんな形でもいいと思います。熊本のことを心の何処かで思っているというだけで支えになります。そして思っているということは自分のためにもきっとなります。熊本で地震なんて私が生きているうちは無いだろうなんて思ってました。でも起きてしまいました。この地震が皆さんの災害のことを考えるきっかけになってくれればいいなと思います。
広く!深く!!
女性/17歳/熊本県
2016-06-29 23:16



とーやま校長「こうやって自分もまだ大変だけど、全国のみんなのことを思ってくれていて、だからこそその想いを俺達は返さなくちゃいけないし、その想いを熊本、大分、九州のみんなは返してくれて、そうやってみんな支えあって、支え続けていくことが、やっていかなければならないこと!この1点につきると思うんで、これからもやっていきます!また来ます!」

あしざわ教頭「起立!!」


!?
え、ヒライって全国チェーンじゃないの!?
おごりまっせもしっとるけも!?

おごりまっせのアイスの棒はシュールなことで有名です
ごとん
女性/16歳/熊本県
2016-06-29 22:06



とーやま校長「えーと、『しっとるケ』 『おゴリまっせ』も、九州だけのものだぞーーー!!」

あしざわ教頭「礼!!(笑)」

校長・教頭「また明日!!」

160629_sol19.jpg


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
こんのすけ 熊本県 17歳 女性
ザヴァク 熊本県 15歳 男性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:14 君に会いに行く / 赤色のグリッター
22:28 No No No / きゃりーぱみゅぱみゅ
22:42 THANKS / BLUE ENCOUNT
22:52 THANX / WANIMA
23:18 Origin / KANA-BOON
23:37 スターリングスター / KEYTALK
23:46 NEVER ENDING STORY / BLUE ENCOUNT
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
また来るばい!
よろしく!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ヒライを広めるためにも必ずまたくるぞ!!
 
教頭のあしざわ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
160628_sol16.jpg


今夜はオープニングに校長が、いない…

160628_sol01.jpg


SCHOOL OF LOCK!の直前まで、
今夜のゲスト講師であるBLUE ENCOUNTの田邊先生と「さしめし」をしてたからなんだけど…

160628_sol02.jpg


教室の外には…校長と田邊先生がいる…

160628_sol04.jpg


『 セーフ 』

到着時間がギリギリになって間に合わなかったけどセーフ!!
本当は最初から生放送教室にいることができたはずだけど!!

160628_sol03.jpg


というわけで、今夜の生放送教室にはBLUE ENCOUNT先生が登場!!
とーやま校長と田邊先生はギリギリでした!!

160628_sol05.jpg


田邊駿一先生(Vo/Gt)
江口雄也先生(Gt)
辻村勇太先生(Ba)
高村佳秀先生(Dr)


ブルエン先生は、明日、6月29日にニューシングル
『だいじょうぶ』をリリースします!!
そして今夜は、ブルエン先生と共にこの授業をやっていきます!
『このままでだいじょうぶ?逆電』!!

「好きな人をデートに誘ってOKしてくれたけど…すごく不安です」
「試合に向けて練習をめっちゃがんばっている。でも、自信がない」


目標に向かってがんばっているけれど、不安。
そんなみんなからのメッセージを待っています。
学校掲示板もしくはメールに、詳しく書き込んでほしい!!

もちろん「だいじょうぶ」をフラゲした生徒は、
その感想も書き込んでください!!

160628_sol07.jpg



だいじょうぶフラゲしました!!
だいじょうぶフラゲしました!!!!!!!
whistlesongで初めてブルエン先生のライブを見てそこからブルエン先生が大好きになりました!!!とっとっとツアーにも行かせて頂き、より大好きになりました!!!!!!!!!!!!!!!!!(笑)
今日の授業は『だいじょうぶ?逆電』と言うことで私は、もう受験が迫っているのに、さほど勉強もせず、高校に入ってからの楽しいことしか考えていなくて受験から逃げています。(笑)
本当にこれだいじょうぶ?って自分でも言いたくなります(笑)
LOVEmusicrock
女性/15歳/静岡県
2016-06-28 20:02



田邊先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「この曲をSCHOOL OF LOCK!で生徒のみんなと聴かせてもらって、前回の『はじまり』がゆっくりどっしりした曲で、それと同じ平仮名で書いてあったから、またゆっくりした曲かなって思ったんですけど」

田邊先生「もうそれとは真逆のね、疾走感しかないような曲です」

とーやま校長「BLUE ENCOUNTたらしめるような感じですね」

田邊先生「そうですね。疾走感あふれるサウンドに自分たちが伝えたいメッセージだけを取り入れて、まどろっこしいことを一切抜きにしたのが今回の作品です!」

とーやま校長「この『だいじょうぶ』って言葉は魔法の言葉だと思っていて、これを言われるだけで全部がオッケーになる部分がありますよね」

田邊先生「僕らも今年で結成13年になって、今まで何度もやめたいとか辛いことがあったんですけど、そのとき僕ら4人の中で何かはわからないけど“俺らの曲ならだいじょうぶ”って言い続けて、色々な危機を乗り越えてきたっていうのがあったからこそ、言える言葉が『だいじょうぶ』だったんですよ」

とーやま校長「この瞬間だけの言葉じゃなくて、今までを積み重ねてきた言葉なんですね」

田邊先生「これ1枚でBLUE ENCOUNTが全部わかってもらえると言っても過言じゃない曲ができたと思います」


♪ だいじょうぶ / BLUE ENCOUNT



だいじょうぶ!!
「だいじょうぶ」この曲に出会ってほんと良かった…!

学校に行くたび色々と悩んじゃて疲れる時とかは勇気づけられる曲です!

考えすぎで焦ってしまう今の私欲しかった言葉…ブルエン先生…ありがとうございます!!
ハルカボ
女性/16歳/新潟県
2016-06-28 19:43



辻村先生「こういうの嬉しいねぇ」

あしざわ教頭「悩んだり落ち込んだりしたときって人に言えない生徒もいっぱいいると思って、そういうときにこの曲を聴いたら友達が現れたような気分になるんじゃないんですかね」

田邊先生「俺らも上からものを言うのではなくて、隣で年齢関係なく一緒にがんばっていて戦っているもの同士でこそ言えるのが今回の曲です」

160628_sol06.jpg


とーやま校長「生徒とブルエン先生は全然いる場所は違うかもしれないけど、元をたどっていったら同じところで戦っているんですよね」

辻村先生「そうですよ!同じように音楽で勇気づけられたこともあれば、嫌になって逃げてるときに音楽聴いてたりもしましたし」

田邊先生「みんなにそうやって解釈してもらえるのがとても嬉しいですね」

ここから生徒に逆電をして『このままでだいじょうぶ?逆電』をやっていきます!

とーやま校長「もしもし!」

YUni 愛知県 18歳 女性 高校3年生

YUni「もしもし」

とーやま校長「YUniはもう、『だいじょうぶ』フラゲしてるんだね!」

YUni「買いました!」

田邊先生「ありがとう!YUni大好き!」

とーやま校長「じゃあ想ったこと感じたこと伝えておこう」

YUni「今まで何度かブルエン先生のライブには行ってるんですけど、田邊先生がMCで言うような熱い言葉がそのまま歌になったような感じです」

田邊先生「素晴らしい!もう100点満点の感想ですね!嬉しいよ、ありがとう!」

YUni「あと好きなフレーズがあるんですけど、“となりにいるから安心して”っていうフレーズがすごい好きで、私は今年受験なのでこのフレーズが本当に背中を押してくれて、恋愛も受験もがんばろうって思えました」

田邊先生「だいじょうぶだよ。一緒にがんばっていこうね」

YUni「はい!」

とーやま校長「それでYUniは今、何をがんばっているの?」

YUni「最近彼氏ができたんですけど…」

とーやま校長「いいじゃん!自慢じゃん!」

田邊先生「妬み嫉みがすごいな!(笑)」

あしざわ教頭「その彼氏に関して不安があるの?」

YUni「そうなんです。彼氏がイケメンだし、性格もよくて、めちゃくちゃ完璧なんですよ」

とーやま校長「すげぇいいじゃん!やっぱり自慢じゃん!ノロケてんじゃん!」

あしざわ教頭「校長、最後まで聞いてあげて(笑)」

YUni「それで私は逆にかわいくもないし、性格もそんなにいいとはいえないんですよ。だから彼氏に釣り合うように色々がんばっているんですけど、でも彼氏を狙ってる子がいるのも知ってて、不安です」

とーやま校長「じゃあ自分に自信がないんだ」

YUni「ないですね」

田邊先生「ちなみに告白はどっちから?」

YUni「彼氏からです」

とーやま校長「ちょちょちょ!ゴメン3回目だけど、自慢じゃん!!!!(笑)」

田邊先生「もう今、校長がすごい顔になってるからね(笑)」

あしざわ教頭「校長しっかりしてください!(笑)」

とーやま校長「ゴメン、申し訳ない!」

160628_sol09.jpg


田邊先生「でも相手から告白してもらってるけど不安なのか…狙ってるハイエナたちがいて、そいつらに負けるのが不安かもしれないけど、YUniは“何で私を好きになったの?”とか聞こうとしたことある?」

YUni「聞いてないです。どこが好きなのかとかも知らないんですよ。元々映画っていう共通の趣味があって、それでLINEとかしてたらか仲良くなれたのかなって思うんですけど、それで楽しいから告白されたのかなって思います」

田邊先生「なるほどね。聞きたい気持ちはあると思うんだけど…」

YUni「はい!聞きたいですね」

田邊先生「でもね、それは聞かない方がいい」

辻村先生「そうだね」

YUni「う…(笑)」

田邊先生「男からの目線で言わせてもらうと、それ言われたときに何も生まれないんだよね。言わされてる感で言ってるのは嫌じゃない?」

YUni「それは嫌ですね」

田邊先生「だからここはグッと我慢するべきだよ。恋人関係だけじゃなくて人間関係全部そうなんだけど、相手を信じるところから始まるんだよ」

YUni「はい」

辻村先生「YUniの言ってる“私かわいくない”とか“性格よくない”っていうのはYUni1人の意見だから、彼氏からしたらそんなこと思ってないと思うよ」

田邊先生「そうだよ!そうだったら付き合おうなんて告白しないもん!」

江口先生「それに彼氏から告白してきたってことは、そのままのYUniが好きだから告白してきたと思うし」

160628_sol08.jpg


とーやま校長「俺も全く同じ意見です!」

江口先生「ですよね。だからYUniが変わろうってするんじゃなくて、そのままのYUniでいるのが1番だと思うよ」

YUni「はい!」

田邊先生「無理に相手に合わせ過ぎようとしない、周りの目を気にしすぎずにYUniらしくいるのが1番だよ。YUniが笑ってる顔や好きなものを話してるときの顔が、彼氏は大好きなんだよ。それを信じればだいじょうぶだよ」

YUni「今まで、相手に合わせようとし過ぎるところがあったので、合わせ過ぎないようにしようと思います」

田邊先生「2人で映画見て、食事してお互いの感想をぶつけ合うとすごくいいと思う!お互いの意見をシェアするの大事だから、今度やってみて!」

YUni「わかりました!やってみます!」

田邊先生「よし!YUniならだいじょうぶ!」

とーやま校長「じゃあ、YUni、彼氏と仲良くな!」

YUni「ありがとうございました!」

BLUE ENCOUNT先生「ありがとう!」


♪ だいじょうぶ / BLUE ENCOUNT


そしてBLUE ENCOUNT先生は
今、進行中のプロジェクトインハイエール!に届いたみんなのインハイにかける想いを元に、
インハイにかけるみんなに向けたエールソングをBLUE ENCOUNT先生が作ってくれます!

とーやま校長「改めて生徒みんなのインハイにかける想いはいかがでしたか?」

田邊先生「メッセージも拝見させていただいて、やっぱり“どう本番を迎えられるか、本番当日に向けて不安だ”っていうのが伝わってきて、目の前の本番に向けてやってきたことがあって、でもそれを発揮できるかどうか未来への不安があって、なので今回はそれを吹き飛ばすくらい疾走感のある曲を作ろうと思って、7〜8割は出来上がっております!」

とーやま校長「おお!」

田邊先生「この前大阪で仮レコーディングを終えたので、あとは僕がどんな歌詞を書くかってところですね」

とーやま校長「辻村先生てきにはどんな感じの音像でしたか?」

辻村先生「単純にみんなの悩みをシンプルに教えてくれるような、試合前に聴いて欲しい曲ですね」

田邊先生「さらに疾走感のある曲になると思います」

とーやま校長「明日発売の『だいじょうぶ』だって相当じゃないですか!」

高村先生「でもそれとはまた別の疾走感ですね」

160628_sol10.jpg


田邊先生「ブルエンにありそうでなかった楽曲なので楽しみにしていてほしいです!カッコイイし疾走感あるし、めちゃくちゃテンション上がる曲です!」

辻村先生「それこそ今までこういう曲があればいいなと思ってたんですけど、それが具現化できてなかったんですよ」

160628_sol11.jpg


田邊先生「みんなのメッセージを貰ったからこそ、僕らも新しい自分が見えたんです」

とーやま校長「じゃあ生徒のみんなが開いてくれたんですね!」

辻村先生「BLUE ENCOUNTも成長しています!」

さらにこのエールソングのドキュメンタリーミュージックビデオ、
エール・ムービーは、SCHOOL OF LOCK!で作ります!

このエール・ムービーに出演するのは、レジェンド講師に
直接指導された生徒の姿が「エール・ムービー」になります!

エールソングもエール・ムービーも完成を楽しみに待っていてください!!

とーやま校長「でもブルエン先生お忙しくないですか?この前対バンツアーが終わったばっかりですよね?」

田邊先生「終わったばっかりですね」

とーやま校長「本当にお疲れ様でした!」

BLUE ENCOUNT先生「ありがとうございます」

とーやま校長「全国何ヵ所回ったんですか?」

田邊先生「全国32ヵ所ですね。それで明後日からワンマンツアーの追加公演が4ヶ所ありますね」

あしざわ教頭「すごいですね!」

ブルエン先生の対バンツアー
TOUR2016 THANKS〜チケットとっとってっていっとったのになんでとっとらんかったとっていっとっと〜
明後日、6月30日東京新木場スタジオコーストからスタート!
名古屋、大阪と続いて、
ラスト7月10日はブルエン先生の地元熊本でのライブとなります!
すでに全36ヵ所SOLD OUT!!!!

とーやま校長「ちょうど俺たちが明日熊本から授業させてもらうんですよ。大きな地震があってからもう一度生徒のみんなと話したいと思ったんです。ブルエン先生は熊本に帰られたりはできたんですか?」

田邊先生「それができなくて、今回のツアーで久々に帰れるんです。やっぱりみんなが今ブルエンのライブにきて求めてることっては、僕らもわかっているので、その日は歌って笑って嫌なことを忘れる日にしたいと思います。今だからこそ大事なことは音楽の力だと思って、その答えをしっかりと出そうと思っています」

とーやま校長「俺たちも生徒に会いに行って、おいしいものを食べて、一足先に熊本を満喫したいと思います。ブルエン先生もお体気を付けて、ライブがんばってください」

BLUE ENCOUNT先生「ありがとうございます」

ここからは『このままでだいじょうぶ?逆電』!!
生徒に逆電していきます!

とーやま校長「もしもし!」

あのきのこのこ 愛知県 17歳 女性 高校2年生

あのきのこのこ「もしもし」

とーやま校長「さっそくなんだけど、あのきのこのこは今何をがんばっているの?」

あのきのこのこ「ギターで曲を作ることをがんばっています」

とーやま校長「その中で不安に思っていることがある?」

あのきのこのこ「中2にの頃からバンドや弾き語りで歌いたと思っていたので、曲を作るために去年の夏にギターを買ったんですけど、カッコイイメロディとかできないし、歌いたいことをうまく歌詞にできなくて、この前未確認のときに逆電してもらって…」

とーやま校長「春に話したよね!」

あのきのこのこ「はい!それで応募できたんですよ」

とーやま校長「応募してくれてありがとうな!」

その日の生放送教室はコチラ

あのきのこのこ「それで、曲を作る楽しさも知ったので、来年は1次通りたいっていう目標もあるんですけど、中々うまく曲が作れなくて、このまま続けていいのかなっていう不安があります」

田邊先生「BLUE ENCOUNTもあのきのこのこと似てて、何か違うと思ったら曲作りやめるんですよ」

とーやま校長「4人で合わせててもやめるんですか?」

辻村先生「田邊の曲の世界観が見えないときはやめたりとかはあります」

田邊先生「何か違うなって思うと体が重くなってきて、そういうのが大人になってやっとわかってきたんですよ。それを高2のときに何か違うって思えるあのきのこのこの将来が怖い!」

とーやま校長「どんなことになるのかってことですね」

田邊先生「俺の高2の頃なんて、何も考えずにやってて、今考えると顔が赤くなるような曲いっぱいありますから。でもあのきのこのこはちょっとだけ考えすぎかもしれないね」

あのきのこのこ「はい」

田邊先生「誰かのことを気にせずに作った方がいいかもしれないよ。未確認フェスのことを考えて、“このメロディはダメなんじゃないか”とか“この歌詞は嫌われるんじゃないか”とか、今、俺らも色々な人のことを考えて曲を作ったりはするけど、あんまり考え過ぎても結果的にいい曲ができないんだよね」

辻村先生「考えるより想いをそのまま伝える方がいい曲ができあがると思う」

田邊先生「今、あのきのこのこがどう想っているか、それをそのまま曲にして、それで誰かが振り向いてくれたら、それがいい曲になると思うし、だからあんまり周りを考え過ぎないでやってみるといいと思うよ」

あのきのこのこ「わかりました!」

とーやま校長「曲作りいけそうなんじゃない?」

あのきのこのこ「周りを気にしすぎないように、それ抜きで作ってみようと思いました」

田邊先生「だって考えまくった曲で、それが売れちゃったときは一生それを書き続けないといけないんだぜ?嫌だろ?」

あのきのこのこ「嫌ですね」

田邊先生「だから自分の言いたいことを歌って、みんなが振り向いてくれたときが1番いいときなんだよ。今は自由にやれるんだから、好きなようにやろう」

あのきのこのこ「わかりました!」

田邊先生「それでいつか対バンできるように俺らもがんばるから、一緒にがんばろうよ」

あのきのこのこ「はい!!がんばります!!」

田邊先生「よろしくお願いします!」

あのきのこのこ「よろしくお願いします!」


♪ だいじょうぶ / BLUE ENCOUNT



あと1ヶ月なのに
僕は7月末から1年、アメリカへ留学へ行きます。もう出発まであと1ヶ月を切っています。しかし、ここにきてすごくたくさんのだいじょうぶだって思えないことが増えてきました。
僕は3年なので学校の子たちはみんな受験生です。そのため留学に行くってとことで余裕のある僕に対して嫌味を言ってきたります。自分だって留学に行くための準備と勉強どっちもおろそかにしないために死ぬ気で頑張ってます。
こんな状態でアメリカでやっていけるのかって思ってしまいます。
すごくいままで楽しみにしてきたので楽しい留学にしたいのですが、このままではだいじょうぶじゃない気がしています。
発までに僕はだいじょうぶ!って言えるようになりたいな。
としき式ドロップス
男性/18歳/愛知県
2016-06-28 18:25



とーやま校長「周りからやんや言われることってありますよね」

田邊先生「でもだいじょうぶですよ。自分のやってきたことがちゃんと実になったからこそアメリカに留学に行けるわけだし、それを知らない人たちは何とでも言いますよ。としき式ドロップスは周りが僻むくらいすごいことをやってるんだよ。だから自分のやってきたことを信じてアメリカに行けば最高の友達もできると思います」

160628_sol12.jpg


とーやま校長「最終的にモヤモヤしたら“関係ねぇ!”って思ってほしい!関係ねぇから!」

辻村先生「そうですよ!成功するつもりだけじゃ実にならないですから!失敗する気で行ってそれで後悔しても関係ねぇ!っていうのが1つの勉強ですから!」

田邊先生「今はもう楽しいことだけ考えていこう!」

とーやま校長「としき式ドロップスはすげぇよ!かっこよすぎるよ!」

そして黒板の時間となりました。
今夜は田邊先生に書いていただきました。

160628_sol13.jpg


160628_sol14.jpg


『 他人にどう思われてるか そんなのどうでもいいんです 』
「だいじょうぶ」の中に入っている歌詞の1つです。
今日話したりメッセージを紹介したみんな含めて、
今が1番周りの目を気にしてしまう時期だと思います。
でもそういうときこそ、相手のことを信じて、自分を信じて、
自分らしくいくことが1番いいことだと思います。
どう思われていようが、自分がしっかりしていると自信を持てば
だいじょうぶ

160628_sol15.jpg


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FAXイラスト】

160628_fax01.jpg
RN ももとりまかろに


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
YUni 愛知県 18歳 女性
あのきのこのこ 愛知県 17歳 女性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:07 もっと光を / BLUE ENCOUNT
22:20 Super Scooter Happy / きゃりーぱみゅぱみゅ
22:23 JOY / YUKI
22:24 Friend Ship / 星野源
22:27 恋愛スピリッツ / チャットモンチー
22:28 みんなのうた / きゃりーぱみゅぱみゅ
22:37 だいじょうぶ / BLUE ENCOUNT
22:51 だいじょうぶ / BLUE ENCOUNT
23:11 Cat2 / [Alexandros]
23:20 Forever Young / [Alexandros]
23:24 NEW WALL / [Alexandros]
23:44 だいじょうぶ / BLUE ENCOUNT
23:50 GO!! / BLUE ENCOUNT
23:52 NEVER ENDING STORY / BLUE ENCOUNT
23:53 だいじょうぶ / BLUE ENCOUNT
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
SCHOOL OF LOCK!の生徒はみんなだいじょうぶだ!
ブルエン先生、また来てよね!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
ブルエン先生と話すと本当に「だいじょうぶ」って思えるから不思議だ!!
インハイエールの曲も楽しみにしています!
 
教頭のあしざわ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
160627_sol18.jpg


160627_sol01.jpg


今夜の黒板を書いているのはとーやま校長ではありません!

160627_sol03.jpg


160627_sol02.jpg


『 ナツはもっとあつく!♡激アツなナツに 』

今夜の生放送教室には井上苑子ちゃんが来校!!
オープニングの黒板を書いてもらいました!!

そして井上苑子ちゃんを迎えて送る、今夜の生放送授業は…
「世界を変える!夏デビュープロジェクト Supported by アキュビュー(R) THE FINAL!!!!」

今年の夏、新しいことに挑戦したい!
新しい自分に出会いたい!変わりたい!
新しい世界に飛び出したい!


「夏デビュー」したいすべての生徒を応援するプロジェクト!
それが「世界を変える!夏デビュー」

苑子ちゃんは、「夏デビュープロジェクト」がスタートしたときも一緒に授業をやって、
さらに、今月4日には、東京・代官山THE ROOMで、
「世界を変える!夏デビューLIVE」を開催しました!

この様子はLINE LIVEアーカイブで見ることができます!
世界を変える!夏デビュー特設サイトからぜひ、見てください!

160627_sol05.jpg


ラストとなる今夜は、生徒のみんなからこちらを募集!
世界を変える!夏デビュー宣言!

「引っ込み思案な自分を変えて、好きな人に告白したい!」
「ギターをはじめて、自分の思いを叫びたい!」
「メガネからコンタクトレンズに変身したい!」

大きな決意から、小さな野望まで、どんな事でも大丈夫です!
今夜「夏デビュー宣言」をしてくれた生徒には…
「夏デビュー資金」として、1万円をプレゼント!!

学校掲示板もしくはメールから夏デビュー宣言を書き込んでください!
ちなみに今夜はあしざわ教頭もメガネからコンタクトに!!

160627_sol04.jpg


まずは「世界を変える1日変身体験ツアー」に参加してくれた模様を
あしざわ教頭がレポートしてくれました!!

そちらの様子も特設サイトから見ることができます!!

あしざわ教頭「まずはおしゃれの聖地!原宿駅で集合!その後、男子チームと女子チームにわかれて、渋谷PARCOに移動!スタイリストさんと相談しながら、洋服を選びました」

苑子ちゃん「私もよくいきます」

あしざわ教頭「そしてスタイリストさんと相談しながら、洋服を選びました!そのあと原宿駅からすぐ近くにあるアキュビュー(R) ストア表参道でコンタクトレンズをゲットしました!」

とーやま校長「写真も上がってるね」

あしざわ教頭「ここに“瞳の分析シミュレーター”がありまして、それを使うと自分の瞳の大きさや、瞳の輝きがわかって、自分の瞳の形に似合ったコンタクトレンズを選んでもらえるんですよ!」

苑子ちゃん「輝き!?(笑)」

あしざわ教頭「黒目と白目の黄金比率とかもあるんですよ!」

苑子ちゃん「いいなー!いきたーい!自分の輝き知りたい!(笑)」

160627_sol06.jpg


あしざわ教頭「僕の瞳の輝きすごい低くて落ち込みました(笑)」

とーやま校長「それはコンタクトに合うかで、人生に関して瞳が輝きを失ってるとかそういうわけじゃないでしょ!(笑)」

あしざわ教頭「とにかくそこでコンタクトをゲットしました!」

とーやま校長「でもそうやって自分にピッタリのコンタクトを選んでもらえるんだね!」

あしざわ教頭「そしてスタジオに移動して、ヘアメイクをして、必要に応じてヘアカットまでして、このあたりから生徒の目が変わってきてるんですよ。それで洋服に着替えて、プロのカメラマンによる写真撮影がスタートしました!その写真ももちろんレポートとして特設サイトに上がっています!」

とーやま校長「最初の写真は素朴な感じで…」

あしざわ教頭「それがどうなったのか見てみてください!」

苑子ちゃん「うわー!!すごーい!!かわいい!!」

とーやま校長「これ別人じゃん!!」

160627_sol11.jpg


苑子ちゃん「普通にかっこいい!!」

あしざわ教頭「そんなわけで直接生徒の声を聞いてみちゃいましょうか!もしもし!」

岩まんじゅう 福岡県 16歳 女性 高校1年生

岩まんじゅう「もしもし!」

あしざわ教頭「岩まんじゅう1日変身体験ツアーに参加してくれてありがとう!」

岩まんじゅう「こちらこそありがとうございます!」

あしざわ教頭「岩まんじゅうはその日体験してみてどうだった?」

岩まんじゅう「とっても楽しかったです!」

あしざわ教頭「自分が変わっていく様を見ていて、気持ちも変わっていった?」

岩まんじゅう「どんどんおしゃれが楽しくなっちゃって、本当に幸せでした!」

あしざわ教頭「あの日はそのあと友達や家族に会ったりした?」

岩まんじゅう「帰ってきたときに家族全員が“誰?”みたいな感じでした(笑)」

とーやま校長「普段はメイクとかあんまりしないんだ?」

岩まんじゅう「そうですね」

苑子ちゃん「でもこうやってもっと自分でメイクして、自分に合うメイクとかわかってくれば、もっともっと綺麗になると思います」

あしざわ教頭「それでこの日はコンタクトに初挑戦したんだよね?」

岩まんじゅう「はい、いつもはメガネで、でもメガネしているのが嫌だったんですよ」

あしざわ教頭「初コンタクトはどうだった?」

岩まんじゅう「視界が広がった感じで嬉しいです!!」

とーやま校長「めっちゃ楽じゃない?」

岩まんじゅう「めっちゃ楽ですね!」

とーやま校長「だよね!俺も使ってるからすごくわかるわ〜」

あしざわ教頭「最近はコンタクト使ってる?」

岩まんじゅう「毎日使って今も使ってます!」

とーやま校長「よっぽどよかったんね」

あしざわ教頭「夏に向けて準備出来てるんじゃないの?」

岩まんじゅう「出来てますね(笑)」

とーやま校長「夏にしたいこととかある?」

岩まんじゅう「いつも部活動や勉強が忙しくて、服のセンスがみんなと少しずれてたんですけど、でも今年はおしゃれして自分のカラー出していきたいと思います!」

苑子ちゃん「やっぱり女の子って洋服やメイクで変わるので、色々な自分に会って楽しんでもらいたいと思いますね」

160627_sol10.jpg


とーやま校長「完全に扉は開いたからどこでも行けるし、今年の夏、きたね!」

岩まんじゅう「はい!」

あしざわ教頭「話聞かせてくれてありがとね!」

岩まんじゅう「ありがとうございました!」


♪ おんなのこ / 井上苑子


あしざわ教頭「そして今回は私もコンタクトレンズだけでなく変身させてもらいました!どうですか?」

あしざわ教頭がどんな風に変わったのか、その写真も特設サイトから見ることができます!!

苑子ちゃん「(笑)」

あしざわ教頭「あれ笑声?」

とーやま校長「苑子ちゃん、変身した教頭どう?」

苑子ちゃん「おもしろい(笑)、夏感がすごいでて、爽やかになりましたね(笑)」

あしざわ教頭「なんだか笑っちゃってるんだよな〜」

とーやま校長「服もかっこいいね」

あしざわ教頭「苑子ちゃんずっと笑ってない!?」

苑子ちゃん「このポーズがムカつくなって思って(笑)」

とーやま校長「右肩痛めてるポーズか!」

あしざわ教頭「みんながやってるポーズでしょ!(笑)」

苑子ちゃん「ちょっと上から目線かな…(笑)」

とーやま校長「いつもの感じが出ちゃったかな!」

あしざわ教頭「いつもの感じってなんだよ!おかしいな〜」

160627_sol13.jpg


ここからは生徒の夏デビュー宣言を聞いていきます!

とーやま校長「もしもし!」

すりーみん 宮城県 14歳 女性 中学3年生

すりーみん「もしもし」

とーやま校長「すりーみん、さっそくなんだけど、夏デビュー宣言聞かせてもらっていいかい!」

すりーみん「浴衣を着て、夏祭りデビューします!」

苑子ちゃん「かわいいー!」

とーやま校長「詳しく教えてもらっていい?」

すりーみん「毎年夏まつりには行ってるんですけど、浴衣は着ないで行っていたので、かわいい浴衣を着て、好きな人に会いたいです」

とーやま校長「これはどういうことだ?」

すりーみん「毎年地元の夏祭りで約束とかしてなくても好きな人と会ってるので…」

とーやま校長「じゃあ今年もその男の子はいるの?」

すりーみん「多分いると思います」

とーやま校長「いつぐらいから好きなの?」

すりーみん「小学生くらいからずっとです」

苑子ちゃん「え〜!」

とーやま校長「どんなところが好きなの?」

すりーみん「スポーツも運動もできて、みんなに優しいので好きです(笑)」

とーやま校長「あれ、すりーみんって喋ったことあるよね?」

すりーみん「はい、バレンタインのときに喋りました」

とーやま校長「そのときどんな話したっけ?」

すりーみん「バレンタインデーの日に好きな子にチョコ渡して告白しますって喋りました」

その日の様子はコチラ

とーやま校長「あのときは告白するって言ってたけど、どうなった?」

すりーみん「当日に男の子の家に行ってチョコは渡せたんですけど、すごく緊張してしまって、『それ本命だから!』って言って帰っちゃいました」

苑子ちゃん「かわいーーーーー!!!!」

160627_sol14.jpg


とーやま校長「苑子ちゃん的には気持ちわかる?」

苑子ちゃん「わかるというよりも、何でしょうかこの胸のときめき」

とーやま校長「説明のできないものがキュンキュンしている!」

苑子ちゃん「それからどうなったのかすごい気になります。どうなったんですか?」

すりーみん「余計に喋りづらくなってしまって…」

とーやま校長「そのことに関しては話してないんだ」

すりーみん「はい」

とーやま校長「それまで楽しかった時間がモヤモヤしたまま今日にいたるわけか」

すりーみん「そうです」

とーやま校長「その夏祭りはいつ?」

すりーみん「8月の最初の方です」

とーやま校長「そこに向けて浴衣着て、よりかわいくいたいってことだね」

すりーみん「そうです」

とーやま校長「夏祭りで会えたら何をするか考えてる?」

すりーみん「できればちゃんと告白したいです」

とーやま校長「もう一度だな。苑子ちゃんこれどうですか?」

160627_sol07.jpg


苑子ちゃん「最高です(小声)」

あしざわ教頭「苑子ちゃんのささやき最高出たよ!」

とーやま校長「じゃあ苑子ちゃんから一言くれたらすりーみんも嬉しいかと思うんだけど」

苑子ちゃん「自分に自信を持って、自分の想ってることを全て伝えてほしいです!」

すりーみん「がんばります!」

とーやま校長「よし!すりーみんには夏デビュー資金1万円あげる!」

すりーみん「ありがとうございます!」

苑子ちゃん「すごい楽しい中3を過ごしてほしいです!」

とーやま校長「俺達も応援してるからな!」

あしざわ教頭「がんばって!」

すりーみん「はい!ありがとうございました!」

160627_sol08.jpg


続いての生徒は…

とーやま校長「もしもし!」

しゃかしゃかチキン 岐阜県 15歳 男性 高校1年生

しゃかしゃかチキン「もしもし」

とーやま校長「さっそくだけどしゃかしゃかチキンの夏デビュー宣言を聞かせてくれ!」

しゃかしゃかチキン「今年の夏は絶対告白してやるぞ!」

とーやま校長「好きな子がいるわけか!」

しゃかしゃかチキン「はい!」

とーやま校長「それは同じ高校?」

しゃかしゃかチキン「同じ高校で、同じクラスです」

とーやま校長「じゃあこの4月に初めて出会ったんだ」

しゃかしゃかチキン「実は中学のときに同じ塾で、そのときから顔は知っていて、でも話したことはなく、それで高校の入学式のあとに『同じ塾だよね』って話しかけられて、そこから話していくようになりました」

とーやま校長「そこから好きになっていったんだな、告白は今までしたことないの?」

しゃかしゃかチキン「ないですね」

あしざわ教頭「これはドキドキするなあ!」

とーやま校長「今、不安なことある?」

しゃかしゃかチキン「タイミングの問題です」

とーやま校長「女子的には、苑子ちゃんにとってどんなタイミングがいい?」

苑子ちゃん「私がずっと夢みてるシチュエーションが夕方の公園です」

とーやま校長「いいね〜!」

あしざわ教頭「近くに公園はある?」

しゃかしゃかチキン「田舎なのでないですね」

苑子ちゃん「公園じゃなくても、あんまり人がいなかったらいいんですよ、人がいなくて夕方のセンチメンタルで空気が切ないような感じのところで、もう告白する雰囲気はわかっちゃうかもしれないんですけど、ちゃんと告白してほしいですね」

160627_sol12.jpg


とーやま校長「どんな言葉がいいとかある?」

苑子ちゃん「私は詳しく言ってほしいです(笑)、最終的にはシンプルでいいんですけど、“いつから好きで”とか言ってもらえるとかわいいなって思います!」

あしざわ教頭「思いの丈を全部伝えてほしいんですね」

苑子ちゃん「そうですね」

とーやま校長「彼女の好きなところいっぱい言えるだろ?」

しゃかしゃかチキン「まあ!」

とーやま校長「じゃあその来るべきときが来たら、苑子ちゃんが言ってくれたように、自分の想いのままをぶつけるだけだ!」

あしざわ教頭「言葉が詰まってもいいんだよ」

しゃかしゃかチキン「はい!」

とーやま校長「カッコ悪くてもいいからさ!」

苑子ちゃん「そう、カッコつけない方がいい!これ大事です!」

しゃかしゃかチキン「わかりました!」

とーやま校長「それじゃあしゃかしゃかチキンにも夏デビュー資金1万円あげる!」

しゃかしゃかチキン「ありがとうございます!」

とーやま校長「報告待ってるぞ!がんばれな!」

しゃかしゃかチキン「がんばります!」

160627_sol09.jpg


そして本日は黒板の代わりに、
井上苑子ちゃんがみんなの夏に向けて、弾き語りをしてくれました!!

160627_sol15.jpg



 ナツコイ(Studio Live) / 井上苑子


160627_sol16.jpg


160627_sol17.jpg


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FAXイラスト】

160623_fax01.jpg
ラジオネーム教えてね


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
岩まんじゅう 福岡県 16歳 女性
すりーみん 宮城県 14歳 女性
しゃかしゃかチキン 岐阜県 15歳 男性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:04 ナツコイ / 井上苑子
22:27 ベイビーレイニーデイリー / 神聖かまってちゃん
22:50 おんなのこ / 井上苑子
23:19 TOKIMEKI LIGHTS (Album-mix) / Perfume
23:46 ナツコイ(Studio Live) / 井上苑子
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
いける、夏いけるよ!
苑子ちゃんありがとう!
夏、いけるよ!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
夏はスグ終わるぞ!!
変わるなら今!!
井上苑子ちゃんのナツコイをパワーにかえて!!
 
教頭のあしざわ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
160623_sol02.jpg


160623_sol01.jpg


『 ラスト8組 』

SCHOOL OF LOCK!と、TOWER RECORDS、ドコモ、そしてレコチョクがおくる10代限定夏フェス!
未確認フェスティバル2016!

今週のSCHOOL OF LOCK!では、4日間ブチ抜きで、
全33組のLIVEステージ出場者を、その音源と共に発表していきます!

昨日は、7月23日(土)の東京会場1日目に出場する
8組の未確認アーティストとゲストライブアクトのgo!go!vanillas先生を発表!!

そして今夜は最終日、
7月24日(日)東京渋谷O-westで行う東京会場2日目のLIVEステージに出場する、
全8組の未だ見ぬアーティストとゲストライブアクトを発表していきます!!

生徒のみんなは聴きながら感じたこと、考えたことを学校掲示板もしくはメールで教えて下さい!!

160623_sol03.jpg



未確認フェスティバル2016LIVEステージ!
東京会場2日目、1組目の出場アーティストは…

tk204_enne.jpg


東京都 17歳 シンガーソングライター ENNE


♪ 好き / ENNE


とーやま校長「忘れがちだけど、未確認フェスティバルに出場するアーティスト、全員10代だからね!ENNEももちろん10代!!」

あしざわ教頭「聴いていると分からなくなりますよね!」

2015年のファイナリスト「みきなつみ」ちゃんの友達で、去年は、応援にも来てくれたんだとか。
ステージの上で歌う姿を見て、「沢山の人にこの声を届けたい!誰かの人生の一部にわたしの歌を刻みたい!」と思って、応募を決意したんだそう!


とーやま校長「1年間で見ている側が届ける側に変わるってすごいよね!人にとって1年間って感じ方は違うけど、使い方次第ではこんなことが起きてしまうってことだよね」


やっベー
この曲好きすぎるわ声めちゃくちゃキレイ
はったん音楽大好き
男性/19歳/北海道
2016-06-23 22:08




あしざわ教頭「さっそくこの歌が生徒の心に刻まれてますよ!ENNEの歌を聴いたことで、新たな10代のアーティストが来年未確認フェスティバルに応募してくれたらとても嬉しいですね」

160623_sol04.jpg


とーやま校長「ENNE、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとーーーー!!」

そしてここで、
東京会場2日目のゲストアーティストの発表!

7月24日(日)東京渋谷O-WESTで行う
東京会場2日目に出場するアーティストは…!

GLIM SPANKY!!


♪ ワイルド・サイドを行け / GLIM SPANKY


とーやま校長「未確認フェスティバルの前に行っていた『閃光ライオット』!その『閃光ライオット2009』のファイナリスト!生放送教室に来てくれた事もあるし、音楽室からLIVEを届けてくれたこともあります!」

あしざわ教頭「お世話になっております!」

とーやま校長「さらに!新曲『怒りをくれよ』が、映画『ONE PIECE FILM GOLD』の主題歌に抜擢されている!」

あしざわ教頭「作者の尾田栄一郎さんがファンなんだそうです!」

とーやま校長「みんなの気持ちも、誰よりわかるだろうし…。だからこそ、当日のライブは、10代のアーティストに勝ちに来るはず!」

あしざわ教頭「これが実力だぞ!と、見せつけにくるでしょう!」

160623_sol05.jpg



続いて、未確認フェスティバル2016LIVEステージ!
東京会場2日目、2組目の出場アーティストは…

tk202_yure.jpg


千葉県 17歳と18歳 4ピースバンド ユレニワ


♪  / ユレニワ


あしざわ教頭「音の波にくるまれている感じがしますね」

とーやま校長「これ、O-WEST何とかして屋根取れないかな?晴れだろうが曇りだろうが空のもとで聴きたい!」

17歳と18歳の4ピースバンド!今年の3月から活動を開始!
「今年のグランプリはユレニワが獲ります!」と、強い意気込みだ!


160623_sol06.jpg



ゆれにわ??すげーー!
18歳とは思えない深さだ!
尊敬しかありません!
大好きだー!
金猫
男性/15歳/山梨県
2016-06-23 22:35



とーやま校長「深いっていうのもすごくわかる!グッと潜っていける曲だね。ユレニワ、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

あしざわ教頭「おめでとう!!」

160623_sol07.jpg


続いて、未確認フェスティバル2016LIVEステージ!
東京会場2日目、3組目の出場アーティストは…

tk201_motor.jpg


東京都 18歳と19歳 4ピースバンド Motor Dog March


♪ Gun Dog / Motor Dog March


とーやま校長「テストの成績が悪かった。彼氏も彼女も出来なかった。この夏全然楽しくなかった。そんな心を全部Motor Dog Marchが晴らしてくれる!」

あしざわ教頭「頼むよ!」

ぶっ飛びパフォーマンスとガールズパワーを持ち合わせた次世代ハイブリットドックバンド!

160623_sol08.jpg


あしざわ教頭「ギターのKahoと、ドラムのNANAMIは、女の子なんですよね!ちなみに、ギターのKahoは『ジャックナイフ』っていう異名がついてるらしいです」

とーやま校長「やばいね!当日までにジャックナイフを研いでおいてほしい!」


疾走感
歌詞と音楽が光のように流れてくー!
the rock って感じだー!w
いまソン
男性/13歳/山口県
2016-06-23 23:39




とーやま校長「みんなも頭振って、全部ぶちかましちゃおう!Motor Dog March、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

160623_sol09.jpg


続いて、未確認フェスティバル2016LIVEステージ!
東京会場2日目、4組目の出場アーティストは…

tk205_kosei.jpg


神奈川県 13歳 シンガーソングライター Ko-sei


♪ ほんと いいわけ / Ko-sei


とーやま校長「気持ちで歌うとはこのことだね!」

あしざわ教頭「歌というか、語りというか、こちらに言葉がガンガン入ってきますよね」

とーやま校長「Ko-seiから見た景色とか、思っている事とかが曲と言葉に乗っている。すごい曲だね!」

学校生活での出来事や思った事を歌にしていて、夢は日産スタジアムでライブをすること!


未確認
13歳でこの歌詞を書けるのはすごい。
なんか自分が言いたいことを全部言ってくれてる笑
ほんとにすごい!
ざわわましゅん
男性/17歳/宮城県
2016-06-23 22:43



とーやま校長「ちゃんと自分に対峙しないとこういう言葉たちって出てこないじゃん」

あしざわ教頭「こういう言葉ってなかなか言えなかったりしますしね」

とーやま校長「自分と向き合うことほど辛いことは無いけど、ちゃんと自分と向き合っているからこそ、心から歌うことができるんだね。Ko-seiのライブステージが楽しみだ!」

160623_sol10.jpg


続いて、未確認フェスティバル2016LIVEステージ!
東京会場2日目、5組目の出場アーティストは…

tk208_tobiuo.jpg


神奈川県 19歳 5ピースバンド トビウオ


♪ フライト / トビウオ


とーやま校長「トビウオの曲を聴いたらどこまでも飛んでいけるんじゃないの?」

あしざわ教頭「うんうん!」

作詞・作曲は、音大に通う、ギターの宇多村くんが担当!いろんな大会の決勝に出場!
自分たちのイベントでは、150人以上お客さんが来たらしい!


とーやま校長「屈指のライブバンドでもあるし、絶対楽しいライブになるね!」


トビウオさん…すごい。
トビウオさんの曲の最初聴いてなんかビリビリって電撃走ったみたいな感覚きた。うまく言えないけどちょーすごい!
ちくわの磯辺揚げ
男性/17歳/静岡県
2016-06-23 22:47



とーやま校長「最初のギターの音、あれはライトハンドなのかなぁ」

あしざわ教頭「サビ前のジャジャジャジャジャッ!っていくのもカッコよかったですね!」

とーやま校長「そのあたりもライブステージで確認しよう!」

160623_sol11.jpg


続いて、未確認フェスティバル2016LIVEステージ!
東京会場2日目、6組目の出場アーティストは…

tk203_nerson.jpg


神奈川県 19歳 4ピースバンド ネルソンマンデラの孫


♪ 横浜のうた / ネルソンマンデラの孫


とーやま校長「優しくてかわいい声なんだけど、心の中をえぐってくるよね」

あしざわ教頭「匂いとか空気とかも音楽の中に含まれている感じがしますよね」

4月に音源を紹介。去年の夏に、同じサークルの同級生で結成!今年の春に、ライブハウスで初めてライブをしました!


かっこいい!
夕日が沈む時に流れそうな曲!
ボーイッシュな声と曲がすごくマッチしている!
すげーバンドだ!
いまソン
男性/13歳/山口県
2016-06-23 23:34



とーやま校長「夕日…確かにそういわれるとオレンジ色も似合うし、でも黒も似合うし、朝の景色にも似合う。色んな季節に聴きたいね」

あしざわ教頭「素敵な曲だ!LIVEステージ出場おめでとう!」

160623_sol12.jpg


続いて、未確認フェスティバル2016LIVEステージ!
東京会場2日目、7組目の出場アーティストは…

tk207_sokabe.jpg


北海道 17歳 シンガーソングライター 曽我部瑚夏


♪ ライ / 曽我部瑚夏


とーやま校長「ヒリヒリするなあ。言葉もそうだし、途中に聞こえる息を吸う瞬間とかも、胸がキュッと詰まってヒリヒリする曲だ」

意気込みは『つくりひきうたう ねむいひとです』
ただ、Twitterを見てみると、球技大会の写真とかをUPしていてギャップもある!


とーやま校長「ふり幅がすごいね!」

あしざわ教頭「興味しか湧かないです!応募してくれた写真も顔が見えないし、どんな人なのか想像がつかないですね」

とーやま校長「そのままなんじゃないかな。人間らしい人間だし、女の子らしい女の子なのかもしれないけど、俺たちが想像できるところにいない気がする」


かっこいい
すーっと入ってくるけど心になんかグサッとくるような不思議な感じ。いい声だな〜
d.x
男性/19歳/福岡県
2016-06-23 23:40



あしざわ教頭「確かにそうですね!」

とーやま校長「ライブステージで目の当たりした時にちょっと色んなものが自分の中で揺れるかもしれない。だけど、そんな体験なかなか無いよね」

あしざわ教頭「喋っている時もどんな感じか気になりますね!」

160623_sol13.jpg



とーやま校長「ついにラストだね…!」

あしざわ教頭「来ましたね!」

とーやま校長「電話しよう!結果は誰一人知らないんで、ここで初めて知ることになるんだけど、聴いててくれているかな?」

あしざわ教頭「どうなんでしょう…!出てくれ〜!」

プープープー

あしざわ教頭「何度でもかけましょう!」

(おかけになった電話をお呼びしましたが…)

とーやま校長「うーん、繋がらないか…。では、俺から発表させていただきます!」

最後に、未確認フェスティバル2016LIVEステージ!
東京会場2日目、8組目の出場アーティストは…

tk206_take.jpg


神奈川県 18歳 4ピースバンド TAKEWORDS


♪ Give me Strength / TAKEWORDS


とーやま校長「めでたい!っていうのを直接伝えたくて電話をしたんだけど繋がらなかったじゃん」

あしざわ教頭「はい…」

とーやま校長「もう一回かけたら繋がるんじゃないかと、俺は思っちゃったりするんだけど…もしもし!!」

???「もしもし!」

あしざわ教頭「来た!!」

シミズ(TAKEWORDS Dr)「TAKEWORDSドラムのシミズです!」

シミズ(TAKEWORDS Dr)

とーやま校長「ラジオ聴いてた?」

シミズ(TAKEWORDS Dr)「聴いてました!」

とーやま校長「じゃあ、何が起きているかは知っているんだよね?改めて直接言います。神奈川県4ピースバンドTAKEWORDS 未確認フェスティバルLIVEステージ出場おめでとう!!!」

シミズ(TAKEWORDS Dr)「ありがとうございます!」

とーやま校長「電話来た時になんとなく分かった?」

シミズ(TAKEWORDS Dr)「分かりました!携帯が壊れてしまっていて、かかって来た時に携帯がフリーズしたんです。再起動したら直ったので急いでかけなおしました(笑)」

あしざわ教頭「うわぁ〜!直って良かった!(笑)」

とーやま校長「今の気持ちはどんな気持ち?」

シミズ(TAKEWORDS Dr)「月曜からずっと聴いていて、未確認フェスティバルに出場している友達が多くて、知り合いのみんなが受かっている中、まだ僕たちが呼ばれていなかったので、期待しつつも最後の最後なので本当に不安でした。最後に呼ばれてものすごく嬉しいです!」

とーやま校長「未確認フェスティバルにはなんで応募してくれたの?」

シミズ(TAKEWORDS Dr)「去年は、今のバンドでの音源の応募が間に合わなくて。前のバンドでは出場出来たんですけど残念な結果に終わってしまったんです。今年こそはと思って未確認の為に音源を録ったんです」

とーやま校長「ギリギリで間に合ってよかったね!」

シミズ(TAKEWORDS Dr)「本当に良かったです。自分たちの一番良い曲を送ったので、嬉しいです!」

とーやま校長「それじゃあ改めて、TAKEWORDSを代表して、未確認フェスティバルにかける意気込みをお願いします!」

シミズ(TAKEWORDS Dr)「未確認フェスティバル、絶対優勝します!」

とーやま校長「想いは受け取ったよ!確認できるのを楽しみにしているからな!」

校長・教頭「TAKEWORDS LIVEステージ出場おめでとーーーーー!!!!」

シミズ(TAKEWORDS Dr)「ありがとうございます!」

160623_sol14.jpg


とーやま校長「本日をもって、未確認フェスティバル2016 LIVEステージに登場する全33組を発表しました。この33組が……」

あしざわ教頭「全員!君と同じ、10代のアーティストです!」

とーやま校長「33組、全員はっちゃけていこう!全部ぶつけよう!」


♪ 逆光 / Shout it Out


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
シミズ(TAKEWORDS Dr)
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
23:51 逆光 / Shout it Out
23:45 Give Me Strength / TAKEWORDS
23:37 ライ / 曽我部瑚夏
23:31 横浜のうた / ネルソンマンデラの孫
22:45 フライト / トビウオ
22:41 ほんと いいわけ / Ko-sei
22:37 Gun Dog / Motor Dog March
22:33 チョコレート / ユレニワ
22:26 琥珀色の街、上海蟹の朝 / くるり
22:12 ワイルド・サイドを行け / GLIM SPANKY
22:05 好き / ENNE
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
今年もすごいんだよ!
未確認はすごいんだよ!
この学校はすごいんだよ!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
ついに出揃った33組!
コイツらのライブを見逃すな!!
 
教頭のあしざわ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
160622_sol01.jpg


160622_sol02.jpg


160622_sol03.jpg


『 17/33 』

SCHOOL OF LOCK!と、TOWER RECORDS、ドコモ、そしてレコチョクがおくる10代限定夏フェス!
未確認フェスティバル2016!

今週のSCHOOL OF LOCK!では、4日間ブチ抜きで、
全33組のLIVEステージ出場者を、その音源と共に発表していきます!

昨日は、7月18日(月)の名古屋 BOTTOM LINEに出場する
8組の未確認アーティストとゲストライブアクトのMrs. GREEN APPLE先生を発表!!

そして今夜は、
7月23日(土)東京渋谷O-westで行うLIVEステージに出場する、
全8組の未だ見ぬアーティストとゲストライブアクトを発表していきます!!

生徒のみんなは聴きながら感じたこと、考えたことを学校掲示板もしくはメールで教えて下さい!!

160622_sol04.jpg


未確認フェスティバル2016LIVEステージ!
東京会場1日目1組目の出場アーティストは…

tk101_pola.jpg


埼玉県 高校3年生 4ピースバンド Sleeping Pola


♪ kuuchuubunkai / Sleeping Pola


とーやま校長「かっけぇ!ギターはライトハンド?」

あしざわ教頭「そうじゃないですか?かっこいいなぁ!」

とーやま校長「歌のないインストバンドってことで、これでthe Hopesに次いで2組目のインストバンドかな」

受験のためにバンド活動を休止していたバンドマン4人が、
どうしてもバンドをやりたいと集まってできたバンドです!



スリーピングポーラーさん!!
やったーーーー!!!おめでとうございます!
ネットステージのときに聴いたときから、その演奏の凄さと格好良さに度肝を抜かれました!!うわーー生で聴きたい!!ライブステージ行きたいーー!
塩分チャージ
女性/15歳/東京都
2016-06-22 22:12



とーやま校長「よし!電話して生の声を聞いちゃおう!」

あしざわ教頭「いっちゃいますか!」

とーやま校長「ガチでやってるから出るかわからないけど、聴いていてほしい!」

Prrrrr Prrrrr Prrrrr Prrrrr ガチャッ

???「もしもし」

とーやま校長「もしもし!いきなりだけどバンド名教えてもらえる?」

ゆれの「Sleeping Polaのゆれのです」

とーやま校長「ラジオ聴いてた?」

ゆれの「今帰ってきました」

とーやま校長「じゃあ何のことかわからないよな、Sleeping Pola、未確認フェスティバル2016LIVEステージ進出決定しました!!」

ゆれの「本当ですか!?」

とーやま校長「本当です!!おめでとー!!」

あしざわ教頭「おめでとー!!」

とーやま校長「今kuuchuubunkaiをフルで聴かせてもらった!今の気持ちはどう!?」

ゆれの「すごい…はい…」

とーやま校長「まだ現実味ないかもしれないけど、東京大会1日目待ってるから!」

ゆれの「はい!わかりました!」

とーやま校長「じゃあそこに向けて、今の気持ちとかあったらちょうだい!」

ゆれの「歌はないですけど、みんなに精一杯届けるので、よろしくお願いします」

とーやま校長「Sleeping Pola、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

ゆれの「ありがとうございます」

160622_sol06.jpg


続いて、未確認フェスティバル2016LIVEステージ!
東京会場1日目2組目の出場アーティストは…

tk102_althea.jpg


神奈川県 高校3年生 3ピースバンド Althea


♪ 三角形 / Althea


とーやま校長「今日もまた忘れそうだから言っておくけど、Altheaも10代だからね!」

あしざわ教頭「演奏を聴いてると忘れそうになります!」

応募への意気込みは
「他のどんなバンドよりもカッコイイLIVEをする自信があります!」


とーやま校長「すでに色々なものを積み上げてきてるだろうね」


すごい!
同い年とは思えない……
そして歌声がどことなくミセス先生に似てる!
ゆかんぼっくり
女性/17歳/千葉県
2016-06-22 22:36



160622_sol05.jpg


あしざわ教頭「影響を受けてる部分もあるんでしょうかね?」

とーやま校長「ライブを生で観たらぶち上がること間違いないから、ちょっとでも時間あるやつは来てほしい!Althea、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

続いて、未確認フェスティバル2016LIVEステージ!
東京会場1日目3組目の出場アーティストは…

tk103_atsumu.jpg


千葉県 18歳 弾き語り 岸本アツム


♪ Life / 岸本アツム


とーやま校長「ずっと聴いてたい…」

あしざわ教頭「ギター1本だけど力強さを感じますね」

とーやま校長「誰が聴いてもかっこいいと感じる天性の声だと思うし、それに負けないメロディと言葉とギターの音色があって、今の時点でいいアーティストだな!」


来た♪
弾き語り来たぁぁぁ!!てか歌声が好きすぎるぞ!!東京は行けないけど滋賀の田舎でめっちゃ応援する!!
惚れる♪
透明薔薇猫(かりん)
女性/13歳/滋賀県
2016-06-22 22:40



あしざわ教頭「こうやって遠くからも応援を送ってきてくれてます!」

とーやま校長「岸本アツム、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

続いて、未確認フェスティバル2016LIVEステージ!
東京会場1日目4組目の出場アーティストは…

tk104_3_.jpg


東京都 3ピースバンド 3%ファイターズ


♪ バカになりたい / 3%ファイターズ


とーやま校長「剥き出しのロックンロールとはこのことだよ!70年代くらいからいきなり現れてるんじゃない!?」

あしざわ教頭「The Whoとかの音源を聴いてる感覚になりますね」

ボーカルギターのアタルは、中学3年生!
文化祭で初めてライブしてから、まだライブハウスには出ていないらしい!


とーやま校長「テクニックとかそういうのじゃなくて、思いの丈を伝えてくれる感じ!」

あしざわ教頭「それがo-westでやるんですよ!」


さんぱーせんとふぁいたーず
これ好きすぎ!!メロディ聞いた瞬間にハッとした!LIVEはいけないけど応援してます
ひじかた
女性/16歳/岡山県
2016-06-22 22:45



とーやま校長「ぶっきらぼうな感じがたまんないよね!3%ファイターズ、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

160622_sol07.jpg


そしてここで、
東京会場1日目のゲストアーティストの発表!

7月23日(土)東京渋谷O-westで行う
東京会場1日目に出場するアーティストは…!

go!go!vanillas!!

とーやま校長「未確認フェスティバルの公式テーマソングを去年から担当してくれているバニラズ先生がついにライブをしにやってきてくれる!」

あしざわ教頭「満を持して登場ですね!!」

160622_sol09.jpg


さらに今夜はgo!go!vanillas先生が7月20日にリリースするニューシングル
『Rockin’ Zombies』より『ヒンキーディンキーパーティークルー』を初オンエア!!


♪ ヒンキーディンキーパーティークルー / go!go!vanillas


とーやま校長「これが7月20日発売で、東京のLIVEステージが7月23日でしょ?…この曲、やります!」

あしざわ教頭「出た!セットリスト決めおじさん!やることになっちゃったよ!」


東京バニラズ!?!?
えええええもう行くしかないじゃん!!!!
きたー!っって勢いでシャーペン落としちゃった!!めっちゃ楽しみ!!
よっしゃあああっ!!!!
さるるん
女性/16歳/神奈川県
2016-06-22 22:48


(´つヮ⊂)
去年の未確認東京2日間とファイナルいきました!
毎回ゲストアーティスト豪華すぎてビビります(笑)
今年も東京2日間とファイナル行くので楽しみにしてます!!!!!!!!!!!!!!
とみまる
女性/15歳/埼玉県
2016-06-22 22:55



とーやま校長「絶対楽しくなるよ!!」

あしざわ教頭「go!go!vanillas先生楽しみに待っております!!」

そしてさらにさらに!
全国の10代アーティストに向けて、
未確認フェスティバルに関する新たな発表!!

8月27日(土)東京新木場STUDIO COASTで行われる10代限定夏フェス
未確認フェスティバル2016!!
この日、メインステージとは別に特設ステージが誕生!そのステージとは…

コピバンステージ supported by 東放学園&YAMAHA

その名の通り、コピーバンドだけが出場できるステージ!
それがコピバンステージ!

このステージをサポートしてくれるのが!
前身の閃光ライオット、そして去年の未確認フェスをサポートしてくれた
東放学園と楽器のYAMAHAがサポートしてくれることになりました!!

軽音部でコピーをやってる生徒!
みんなのバンドに、チャンスが来たぞー!!

ということで、コピーバンドを全国から緊急募集!
コピバンステージの応募に関する詳細は、
来週月曜日夜12時からの未確認LOCKS!で発表するので、待っていてほしい!!

160622_sol08.jpg


続いて、未確認フェスティバル2016LIVEステージ!
東京会場1日目5組目の出場アーティストは…

tk105_rokket.jpg


千葉県 19歳 4ピースバンド ロケットボーイズ


♪ LAフレンズ / ロケットボーイズ


とーやま校長「ロケットボーイズのときは幸せな時間が流れるぞ!前に聴いたときから1発で覚えたし、ライブがどんな感じになるかすごい楽しみ!」

応募の意気込みは
「イロモノ枠としてがんばります」


あしざわ教頭「全然イロモノとは思わないけどなぁ」

とーやま校長「そうだとしてもイロモノがど真ん中走るのが未確認フェスティバルだから全然いいよ!」


嬉しい
ロケットボーイズの独特な感じがくせになる。
滋賀から応援しています。
サッカーニュース
男性/15歳/滋賀県
2016-06-22 23:37



あしざわ教頭「確かに嬉しいって感覚も湧くよな」

とーやま校長「ロケットボーイズ、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

160622_sol10.jpg


続いて、未確認フェスティバル2016LIVEステージ!
東京会場1日目6組目の出場アーティストは…

tk106_yuna.jpg


神奈川県 高校3年生 弾き語り Yuna


♪ 時が止まってる / Yuna


とーやま校長「なんだか“時が止まっちゃう”っていう歌詞が、最初はすごい可愛いフレーズだったけど、聴くうちに英語っぽく聴こえてきて、すごい良い曲だと思った」

あしざわ教頭「どんどん引き込まれますね」

ギターを始めたのは1年前、
曲をつくる時にイメージしているのは、同世代の人に聴いてもらうこと



かわいい!
Aメロからサビまで全部テンポも良いし、なおかつ声が可愛らしい!
高校生でこの歌声はやばい!引き込まれそう!
いまソン
男性/13歳/山口県
2016-06-22 23:41



とーやま校長「写真見るとかっこよくて可愛い顔があって、それと声がギャップがあるんだよね」

あしざわ教頭「モデルさんみたい」

とーやま校長「Yuna、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

160622_sol11.jpg


続いて、未確認フェスティバル2016LIVEステージ!
東京会場1日目7組目の出場アーティストは…

tk107_nitoro.jpg


神奈川県 高校生 4ピースバンド ニトロデイ


♪ ティーンエイジブルー / ニトロデイ


とーやま校長「俺はいつだってけだるさとかかったるさをロックに封じ込めて、それを全開に放出する音楽が好き!!」

あしざわ教頭「めっちゃかっこいいな!くるり先生みたいな感じもしますし!」

160622_sol12.jpg


未確認LOCKS!で映像も紹介しました
今年の3月に結成したばかり!



ニトロデイ!
ギターが同じ学校の友達です!
やった!嬉しい!がんばれーー!
赤メガネのなっちゃんみかん
女性/17歳/神奈川県
2016-06-22 23:45



とーやま校長「赤メガネのなっちゃんみかんもライブこれるなら来てほしいね!」

あしざわ教頭「ニトロデイの勇士を観てほしい!」

とーやま校長「ニトロデイ、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

最後に、未確認フェスティバル2016LIVEステージ!
東京会場1日目8組目の出場アーティストは…

tk108_qon.jpg


神奈川県 19歳 5ピースバンド QoN


♪ Prologue / QoN


とーやま校長「QoN聴いてるか!めでたい!」

あしざわ教頭「実は僕QoNを1回見たことあるんですよ」

とーやま校長「どこで見たの?」

あしざわ教頭「最近Eggsのライブイベントの司会をさせてもらったときに、QoNが出てて、ライブもかっこよくてMCも堂々としてましたよ!」


未確認!!
QoN通った!!!!
ほんとに見に行く度に元気もらえるバンドです!大好き!!!!
絶対応援しに行きます!
みんなにもQoN見てこの感じ伝わって欲しい!!!
缶詰めになったさばのみそに
女性/17歳/東京都
2016-06-22 23:48



とーやま校長「こうやって思ってくれてるやつがいっぱいいるんだろうね、もう声聞いちゃおう!」

あしざわ教頭「いっちゃいますか!」

プーーーー

とーやま校長「出ないか!みんなから連絡きてるのかもしれないから!もう1回いこう!」

160622_sol13.jpg


あしざわ教頭「もう1回いきましょう!」

プーーーー

とーやま校長「ダメだ!(笑)、でも全然いいよ(笑)、QoN、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

あしざわ教頭「これで東京会場1日目のアーティスト8組の発表が終わりました!」


未確認フェス
3日目の今日も共感できる曲ばっかりだ!!
10代の子たちががんばっててすごいかっこいい!!
大阪会場も名古屋会場も東京会場も行けるなら全部行きたい!!
熱い夏がやって来るぜーーーーーーーーーー!!!!!
Mr.KT
男性/15歳/三重県
2016-06-22 23:17



あしざわ教頭「どの会場でもいいから、少しでいいから観てほしいですね!」

とーやま校長「夏休みに入ってる生徒もいるだろうし、全部お休みの日だしね!」

あしざわ教頭「しかも無料だし、出入り自由だからイベント感覚できてほしいです!」

とーやま校長「あーせっかく電話回線残ってるから…もしもし!」

???「もしもし!」

あしざわ教頭「あれ!?」

とーやま校長「バンド名教えて!」

QoNメンバーのみんな「QoNです!」

とーやま校長「QoN、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

あしざわ教頭「おめでとう!!」

QoNメンバーのみんな「ありがとうございます!」

とーやま校長「今の気持ち一言で表してもらってもいいかい?」

QoNメンバーのみんな「最高です!!」

とーやま校長「みんなで聴いてたの?」

QoNメンバーのみんな「そうです!」

あしざわ教頭「よかったね!」

QoNメンバーのみんな「超嬉しいです!!」

とーやま校長「最後に、みんなに向けて意気込みをちょうだい!」

QoNメンバーのみんな「みんな本当にありがとう!!優勝します!!応援よろしくお願いします!!」

とーやま校長「QoN、楽しみに待ってるぞー!!」

160622_sol14.jpg


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FAXイラスト】

160622_fax01.jpg
RN すーちゃん♪

160622_fax02.jpg
RN ハリソン・ルーカス


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
ゆれの(Sleeping Pola Gt)
QoNメンバーのみんな
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:09 kuuchuubunkai / Sleeping Pola
22:28 夏の思い出 / ケツメイシ
22:34 三角形 / Althea
22:38 Life / 岸本アツム
22:42 バカになりたい / 3%ファイターズ
22:46 ヒンキーディンキーパーティークルー / go!go!vanillas
23:12 眠れぬ森の君のために / Maple Tree
23:25 結晶星 / KANA-BOON
23:35 LAフレンズ / ロケットボーイズ
23:39 時が止まってる / Yuna
23:43 ティーンエイジブルー / ニトロデイ
23:47 Prologue / QoN
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
みんなすごいよ!10代すごいよ!
明日も楽しみだよ!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
東京もヤバイ!!
ちょっとでも時間あるヤツこいー!
 
教頭のあしざわ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
160621_sol01.jpg


160621_sol02.jpg


『 9/33 』

SCHOOL OF LOCK!と、TOWER RECORDS、ドコモ、そしてレコチョクがおくる10代限定夏フェス!
未確認フェスティバル2016!

今週のSCHOOL OF LOCK!では、4日間ブチ抜きで、
全33組のLIVEステージ出場者を、その音源と共に発表していきます!

昨日は、7月17日(日)の大阪Music Club JANUSに出場する
9組の未確認アーティストとゲストライブアクトのBURNOUT SYNDROMES先生を発表!!

160621_sol05.jpg


そして今夜は!
7月18日(月)名古屋BOTTOM LINEのLIVEステージに出場する、
全8組の未確認アーティストを発表!!
発表したアーティストは随時特設サイトにアップされます!

生徒のみんなは聴きながら感じたこと、考えたことを学校掲示板もしくはメールで教えて下さい!!

160621_sol03.jpg


未確認フェスティバル2016 LIVEステージ!
名古屋会場1組目の出場者は…!

ng01_postm.jpg


愛知県 高校生 4ピースバンド postman


♪ 魔法が解けるまで / postman


とーやま校長「postman聴いてるか!?お前ら呼ばれたぞ!!そして曲が全国に流れてるぞ!!」

あしざわ教頭「全国のみんなに届いてるぞ!!すごい瞬間だぞ!!」

とーやま校長「みんなどうなんだろ?LINEとかでお互いに連絡してるのかな?」

あしざわ教頭「友達とかから教えてもらうパターンもあるかもしれないですね」

今年の未確認特集の1発目に流した音源!
応募の意気込みは
「優勝狙っています!」



やったー!
postmanきた!待ってましたー!
初めて聴いたときビビッっときて一発で好きになりました!おめでとう!
すーだら。
女性/19歳/秋田県
2016-06-21 22:07



とーやま校長「すーだら。は投票してくれたのかな、こうやって、応援してくれたみんなも嬉しいだろうし!」

あしざわ教頭「しかもそれがライブで観られるんですからたまらないですよ!」

160621_sol04.jpg


とーやま校長「postman、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

続いて、未確認フェスティバル2016 LIVEステージ!
名古屋会場2組目の出場者は…!

ng02_para.jpg


滋賀県 19歳 4ピースバンド Time Paradox


♪ Distance / Time Paradox


とーやま校長「名古屋大会も激アツの1日になること確定だ!!」

あしざわ教頭「すごい1日になりますね!!」

とーやま校長「かっけぇバンドだ!ライブバンドだな!ライブやるときに客席に湯気が立ち込めてるのが目に浮かぶよ!」

あしざわ教頭「完成度も高いですよ!」


きたー!!!
時間なかったから、タイムパラドックスさんにしか投票できなかったけど、一番カッコよかったと思ってたから絶対残るとは思ってた!!
なんか、むっちゃ嬉しい!!
おめでとう!!!
野球好きなバド部boy
男性/17歳/宮崎県
2016-06-21 22:33



とーやま校長「こうやって投票したみんなの自信にもなるんだよね」

あしざわ教頭「宮崎からできたらきてほしいなぁ!」

とーやま校長「Time Paradox、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

続いて、未確認フェスティバル2016 LIVEステージ!
名古屋会場3組目の出場者は…!

ng03_tomy.jpg


京都府 高校2年生 弾き語り とみぃはなこ


♪ 2.5次元ラブソング / とみぃはなこ


あしざわ教頭「ライブ会場で弾いてる音源だと思うんですけど、響きがいいですね」

とーやま校長「ほんとに素敵」

未確認LOCKS!の1回目で映像を紹介
応募への意気込みは
「ファッションとアコースティックギターで女子高生の日常を『ポジティブ』に描く独自の弾き語りでみんなの期待を裏切ります!!100万円絶対とる!そののちSCHOOL OF LOCK!で先生になるよ☆」


とーやま校長「いつかこの生放送教室で喋る日がくるかもしれないんだ」

あしざわ教頭「それととにかく可愛いですね」

とーやま校長「男子もだけど、女子も可愛いって思える感じだよね」

160621_sol06.jpg



おぉ!
あの子だよね、未確認ロックスでアリスちゃんがめっちゃ気にしてた子だよね!すごい印象的だった!おめでとう!
みりゅん
女性/16歳/愛知県
2016-06-21 22:39



あしざわ教頭「アリスちゃんが注目してるってことは何かあるのかもしれないですね!」

とーやま校長「とみぃはなこ、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

続いて、未確認フェスティバル2016 LIVEステージ!
名古屋会場4組目の出場者は…!

ng04_blume.jpg


滋賀県 高校2年生 5ピースバンド Blume pOPo


♪ 天秤 / BlumepOPo


とーやま校長「かっこいい曲だね!」

あしざわ教頭「声が特徴的で、印象に残ります」

とーやま校長「オリジナリティしか感じないバンドだよ」


やば
声も曲もかっこいい!!
ほんとに同世代とは思えない!
おめでとうございます!!
たいらいら
女性/18歳/熊本県
2016-06-21 22:45



とーやま校長「マジで何度でも言うけど、みんな10代だからね!」

あしざわ教頭「忘れちゃいそうになりますね…」

160621_sol07.jpg


とーやま校長「Blume pOPoなんかみんな高校2年生だからね。ほとにすごい!Blume pOPo、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」


昨日から
すごいアーティストばっかり
これ相当審査に苦労しそう
筑前煮
女性/20歳/東京都
2016-06-21 22:45



とーやま校長「ここから先があるわけだから」

あしざわ教頭「選べないですよ!」

とーやま校長「もうファイナルみたいなもんだよ!」

そしてここで、
名古屋会場のゲストアーティストの発表!

7月18日(月)名古屋BOTTOM LINEで行う
名古屋会場に出場するアーティストは…!

Mrs. GREEN APPLE!!


♪ サママ・フェスティバル! / Mrs. GREEN APPLE


とーやま校長「掲示板とかやばいことになってるかな!」

あしざわ教頭「名古屋行けるからよかったって思ってる生徒がたくさんいるでしょうね!」

とーやま校長「この前生放送教室に来てくれて、言ってくれればよかったのに!」

あしざわ教頭「サプライズですよ!」

とーやま校長「それとベースの高野先生改めブッチェ…」

あしざわ教頭「出た!」

とーやま校長「何でブッチェなのかは俺達もよくわかってないから、ここらへんも当日とっちめないといけないから!」

あしざわ教頭「楽しみですね(笑)」

160621_sol10.jpg


続いて、未確認フェスティバル2016 LIVEステージ!
名古屋会場5組目の出場者は…!

ng05_maki.jpg


愛知県 3ピースバンド Maki


♪ シモツキ / Maki


とーやま校長「イントロからAメロから全部ぞわっとしたわ!」

あしざわ教頭「かっこいいですねぇ」

とーやま校長「3ピースとは思えないくら分厚いし、隙も全然ない!」

あしざわ教頭「そうですね!あと声のザラついてる感じで好きです」

とーやま校長「聴いてて青色が頭に浮かんできたよ」

160621_sol08.jpg



Maki、カッコイイ
ドラム、かっこいい。俺もドラムやってるけど、同じ10代とは思えない。
10年間ずっと閉店セ―ル
男性/13歳/埼玉県
2016-06-21 23:31



とーやま校長「かっこいいって言われてるぞ!」

あしざわ教頭「ライブで早く観たいです」

とーやま校長「Maki、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

続いて、未確認フェスティバル2016 LIVEステージ!
名古屋会場6組目の出場者は…!

ng06_haru.jpg


静岡県 5ピースバンド 青はるまき


♪ 青い春には巻かれとけ / 青はるまき


とーやま校長「青はるまき聴いてるか!LIVEステージに出るんだぞ!!」

あしざわ教頭「聴いてて、晴天だって感じがすごいしました!」

ネットステージ発表の時に逆電!
未確認LOCKS!でも映像紹介もしました
電話した時は学校の寮にいて
「他のメンバーは持ち物検査につかまって今出れないです」という奇跡の状態!



すてき!
アオハルマキ
ギターのメロとか歌詞とか、コーラス、何から何まで素敵すぎて鳥肌立ちました!
ピックレモネード2号
女性/17歳/長野県
2016-06-21 23:34



160621_sol09.jpg


とーやま校長「教頭も言ってたけど、青空が見えて、夏、このライブを皮切りに何かを始めていいんじゃないかな?」

あしざわ教頭「一緒に歌ってスタート切れますね!」

とーやま校長「青はるまき、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

続いて、未確認フェスティバル2016 LIVEステージ!
名古屋会場7組目の出場者は…!

ng07_sugi.jpg


愛知県 高校3年生 弾き語り 杉本佳菜子


♪ 傷 / 杉本佳菜子


とーやま校長「思わず言葉に引っ張られて、この言葉をちゃんと受け止めて聴き入ってしまうような歌だった」

あしざわ教頭「歌声がしゃくりあげる瞬間にブルースっぽさも感じて、それもめっちゃかっこいいですね」


聴き入ってしまう
おなじ高3の人に
こんな風に言われてると思うと
泣きそうになる
これから社会にでるときに聴きたい
モアイタロー
女性/18歳/広島県
2016-06-21 23:40



とーやま校長「高校卒業してからこの『傷』を聴いたら、また思うことも変わるだろうし」

あしざわ教頭「本当に曲に引っ張られます」

160621_sol11.jpg


とーやま校長「杉本佳菜子、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

最後に、未確認フェスティバル2016 LIVEステージ!
名古屋会場8組目の出場者は…!

ng08_sugar.jpg


京都府 大学生 3ピースバンド The Lump of Sugar


♪ Re-GIRL / The Lump of Sugar


とーやま校長「重たい気持ちとかがこのThe Lump of Sugarの曲で軽くなって、足取りも軽くなる曲だ!かっこいい!」

去年の未確認フェスティバルにも応募
残念ながらLIVEステージに出場できず、
とても悔しい思いを経験
しかし今年、ついにLIVEステージ出場!



やったー!
やったやった!!一番来て欲しかったですランシュガ!!!ネットステージで初めて聞いた時から一瞬でファンになりました!生で見れるのうれしすぎる!たのしみ!!
こなっぱ
女性/17歳/愛知県
2016-06-21 23:45



あしざわ教頭「ランシュガって言うんですね!もう文字から嬉しさが伝わってくる!」

とーやま校長「もう電話する?」

160621_sol12.jpg


あしざわ教頭「いっちゃいますか?」

とーやま校長「今の気持ち聞いちゃおう!いきなりだから、もしかしたら出ないかもしれないけど!」

Prrrrrrr Prrrrrrr ガチャッ

???「もしもし!」

とーやま校長「お!バンド名教えてもらっていい?」

リョウスケ「The Lump of Sugarのギターボーカルのリョウスケです!」

とーやま校長「リョウスケ、ラジオ聴いてた?」

リョウスケ「聴いてました!」

とーやま校長「じゃあ、もうわかってるよね。The Lump of Sugar、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

リョウスケ「ありがとうございます!」

とーやま校長「1人で聴いてた?」

リョウスケ「1人で聴いてたんですけど、僕らの名前呼ばれた瞬間叫びました!」

とーやま校長「どんな気持ちだった?」

リョウスケ「京都とか滋賀のバンドがいっぱい呼ばれてるなか、僕ら呼ばれなくてすごいドキドキしててジングルがトラウマになりました」

あしざわ教頭「それはごめんな!(笑)」

とーやま校長「そりゃ7組まで呼ばれなかったらそうだよな!(笑)」

リョウスケ「でもほんま嬉しいです!ありがとうございます!」

とーやま校長「当日はどんなバンドしたい?」

リョウスケ「この勢いのまま駆け抜けてやりたいと思います!」

とーやま校長「1年間苦しい想いしてきたんだもんな。じゃあ改めて、ラジオ聴いてる全国のみんなに一言くれ!」

リョウスケ「名古屋でライブやるの初めてなんですけど、応援来て下さい!よろしくお願いします!」

とーやま校長「The Lump of Sugar、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

あしざわ教頭「おめでとー!!」

リョウスケ「ありがとうございます!」

160621_sol13.jpg


とーやま校長「気持ちが伝わってきて嬉しいな!」

あしざわ教頭「声だけで伝わってきましたね!そしてこれで名古屋会場のアーティスト8組の発表が終わりました!」

とーやま校長「大阪もすごかったけど、名古屋もすごいよ!」

あしざわ教頭「そこにMrs. GREEN APPLE先生もきますし、どうなっちゃうのかわかりませんね!」

とーやま校長「そして明日は東京会場1日目の出場ミュージシャンとゲストミュージシャンを紹介していく!ドキドキしながら待っておけ!」

あしざわ教頭「起立!!」

とーやま校長「はい立って!」

あしざわ教頭「礼!!」

校長・教頭「また明日!!」


♪ Speaking / Mrs. GREEN APPLE


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
リョウスケ(The Lump of Sugar Vo/Gt)
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:07 魔法が解けるまで / postman
22:26 悲しみの忘れ方 / 乃木坂46
22:33 Distance / Time Paradox
22:38 2.5次元ラブソング / とみぃはなこ
22:43 天秤 / Blume pOPo
22:48 サママ・フェスティバル! / Mrs. GREEN APPLE
23:10 Famous Day / [Alexandros]
23:19 Wonderwall(Studio Live) / 川上洋平 from [Alexandros]
23:23 NEW WALL / [Alexandros]
23:28 シモツキ / Maki
23:33 青い春には巻かれとけ / 青はるまき
23:37 傷 / 杉本佳菜子
23:43 Re-Girl / The Lump of Sugar
23:52 Speaking / Mrs. GREEN APPLE
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
体持つかな…
明日も気持ち込めて発表させて頂くよ!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
名古屋LIVEステージのみんなおめでとう!
明日もヤバイよ、ヤバイよ…
 
教頭のあしざわ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
160620_sol01.jpg


160620_sol02.jpg


『 33 』

SCHOOL OF LOCK!と、TOWER RECORDS、ドコモ、そしてレコチョクがおくる10代限定夏フェス!
未確認フェスティバル2016!

総応募者数、3364組!
そこからデモ審査を経て、ネットステージに進んだのは105組!

そして続いては、
7月17日(日)大阪Music Club JANUS!
7月18日(月)名古屋 BOTTOM LINE!
7月23日(土)東京 渋谷O-WEST!
7月24日(日)同じく東京O-WEST!
で行う、LIVEステージ!
ネットステージの105組の中から、このLIVEステージに進むことができるのは、
33組!

160620_sol03.jpg


今週のSCHOOL OF LOCK!では月曜から木曜日まで4日間かけて、
LIVEステージに出場が決定した33組のミュージシャンを発表!

初日の今夜は、7月17日(日)Music Club JANUSで開催する、
大阪会場に出演するミュージシャン9組を発表していきます!!

聴きながら感じたこと、考えたことを学校掲示板もしくはメールで教えて下さい!!

160620_sol04.jpg


未確認フェスティバル2016LIVEステージ
大阪会場1組目の出場者は…!

oo01_yajico.jpg


大阪府 19歳 5ピース YAJICO GIRL


♪ いえろう / YAJICO GIRL


とーやま校長「手が挙がっている!YAJICO GIRLもLIVEステージでの生徒の手も挙がっているのが見える!」

未確認LOCKS!で1回紹介
2012年4月、高校の軽音楽部で前身バンドを結成
去年も応募してくれていましたが、惜しくもネットステージまで!
10代ラストイヤーの今年、ついにLIVEステージに進出!


とーやま校長「YAJICO GIRLって名前もすぐ頭に入ってきて、このリフもずっと頭の中で流れていたバンドだよ!」

あしざわ教頭「忘れないですね!」


やったー!
YAJICO GIRLキター!!
もうこの曲大好き!おめでとう!
すーだら。
女性/19歳/秋田県
2016-06-20 22:07



あしざわ教頭「すでにはまっている生徒もいます!」

とーやま校長「ちなみに先日行ったギターの榎本くんのツイキャスでは、髪の毛のセット講座を行ったらしいね」

あしざわ教頭「何ですかその情報!?(笑)」

とーやま校長「今日はこういうのを時間の限りいれていこうと思ってます!」

あしざわ教頭「みんな見られてるぞー!」

160620_sol05.jpg


とーやま校長「YAJICO GIRL、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」


ドキドキ…
普通にラジオ聴いてる自分でもこんなにドキドキするのに、自分達の名前が呼ばれるの待ってる人達のドキドキって想像が追いつかない…
東のファンタジスタ
男性/17歳/三重県
2016-06-20 22:08



とーやま校長「そんな想像できないよね。はかりしれない!」

あしざわ教頭「もうラジオにかぶりついているでしょうね!」

続いて、未確認フェスティバル2016LIVEステージ
大阪会場2組目の出場者は…!

oo02_will.jpg


大阪府 18歳 4ピース ウィリアムノーベル


♪ ボーイズインアシティ / ウィリアムノーベル


とーやま校長「すげぇ!」

あしざわ教頭「徐々に温度が上がっていく感じが惹きつけますね!」

中学校の同級生で3年前頃に結成
主に大阪で活動中
応募の意気込みは1行のみ!
「死に物狂いで頑張ります。」


とーやま校長「俺の思い違いじゃなかったら、最初のAメロをドラムがスネアを両手で叩いてると思うんだよね。それがめっちゃいいなと思って早くみたいよ!」


カッケー
ウィリアムノーベルかっこいいい
これでまだ18とかすげー
はったん音楽大好き
男性/19歳/北海道
2016-06-20 22:36



あしざわ教頭「ビックリしている生徒もたくさんいます」

とーやま校長「これでライブを観たらおのずと背筋が伸びて真っ直ぐ前に歩けるようになる力をくれるバンドだね」

あしざわ教頭「一緒に歩いてくれそうですね」

とーやま校長「ボーカルのイチハシくんが今一番ほしいものはブックカバー!ウィリアムノーベル、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

続いて、未確認フェスティバル2016LIVEステージ
大阪会場3組目の出場者は…!

oo03_auron.jpg


大阪府 19歳 3ピース AuRonChiiii


♪ LOXONIN / AuRonChiiii


とーやま校長「これもう7月17日の大阪Music Club JANUSはとんでもない1日になること確定でしょ!」

あしざわ教頭「この3組だけでワクワクが半端ない!」

本格的に活動を初めて、まだおよそ1年!
応募音源の動画の方は、やや問題があったけど、強烈なインパクト!



ロキソニンやっぱりきたーーわ
一番この曲を聞いてました
なんか体が動き出すんですよね
頑張ってください
ぴーーのところも良いですよね
DGさとーーー
男性/15歳/宮城県
2016-06-20 22:42



とーやま校長「これどうするんだろうな」

あしざわ教頭「それはライブのお楽しみじゃないですか?(笑)」

とーやま校長「ボーカルのしんまは最近誰にも気づかれずにエルビスプレスリーの曲を口笛で吹くのがマイブーム!AuRonChiiii、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

160620_sol06.jpg


続いて、未確認フェスティバル2016LIVEステージ
大阪会場4組目の出場者は…!

oo04_ayame.jpg


奈良県 19歳 2人組 アヤメノン


♪ 会うは別れの始め / アヤメノン


とーやま校長「こうしてアヤメノンっていうアーティストに出会えたことに、こっちがありがとうって気持ちでいっぱいだよ」

あしざわ教頭「上を向いた凛としたような声ですね」


アヤメノン
あっ、すごっ。イントロ聞いた瞬間にきた。
この曲すげー。アヤメノンすげー
perfume太郎
男性/12歳/宮城県
2016-06-20 22:46



とーやま校長「会場で生で観たらどんな感情が湧くんだろうね」

あしざわ教頭「感情が揺さぶられて涙流しちゃうかも」

応募の意気込み!
「未確認フェスティバルを通して、 様々な人に歌を聴いてほしいです」


とーやま校長「聴かせてもらいたいし、届けてもらいたいし、それをしっかり俺達が受け止めるから自分たちらしい歌を届けてほしい!ちなみに最近、路上LIVEをやる場所を見つけるのになかなか困っているらしい!」

あしざわ教頭「この流れで言うことですか!?(笑)」

とーやま校長「アヤメノン、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

160620_sol07.jpg


そしてここで未確認フェスティバル2016LIVEステージ
ゲストミュージシャンの発表!!

今年はと東名阪、3会場4日間で行う全てのLIVEステージに、
ゲストミュージシャンが登場!

その中から、7月17日(日)Music Club JANUS!
大阪会場に出場するミュージシャンは…!

閃光ライオット2010準グランプリ!!
BURNOUT SYNDROMES!!


♪ FLY HIGH!! / BURNOUT SYNDROMES


とーやま校長「これは嬉しいだろ!!」

あしざわ教頭「生で観られるんですね!!」

とーやま校長「未確認フェスティバルの前身、閃光ライオットにも出てくれてるから、みんなの気持ちもわかるだろうし」


やばい!!!!
バーンアウトきたぁぁぁぁあぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!
おかえりんご
女性/18歳/東京都
2016-06-20 22:50



とーやま校長「出てくれるアーティストは10代のみんなに負けないように勝ちに来るからね!BURNOUT SYNDROMES先生、よろしくお願いします!」

160620_sol08.jpg


続いて、未確認フェスティバル2016LIVEステージ
大阪会場5組目の出場者は…!

oo05_silyus.jpg


兵庫県 19歳 SILYUS


♪ My Mind Pt.2 / SILYUS


あしざわ教頭「会場が揺れているところが目に浮かびます」

とーやま校長「今のところ1人で登場するアーティストだね」

15歳の時スケートボードをしていた影響でHiphopを聴き始める。
その後すぐにFreestyle Rapを始め同時に作詞を始める。

SKY-HI先生が来校したときの授業で逆電!


とーやま校長「そのときはみんなにヒップホップの音楽を好きになってほしいってことで応募してくれたことを話して、ヒップホップのことを考えて愛してその想いが通じて進出できたのかもね」


えっ!?
すごい、なんかすごい音楽!!!
今まであんまり聞いてないジャンルだけれど、なんかすごい...
これが同年代か〜
べるとこ
女性/16歳/新潟県
2016-06-20 23:34



とーやま校長「絶対生で観た方がいいよ!」

あしざわ教頭「自分の中で何か生まれるでしょうね!」

とーやま校長「SILYUS、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

続いて、未確認フェスティバル2016LIVEステージ
大阪会場6組目の出場者は…!

oo06_ohashi.jpg


愛媛県 18歳 シンガーソングライター 大橋ちっぽけ


♪ 君と春 / 大橋ちっぽけ


とーやま校長「誠実な声と誠実なギターの音色と、いいね大橋ちっぽけ」


あ、やばい…
歌声素敵…
惚れてまうやろ…
つくねちゃん
女性/17歳/大阪府
2016-06-20 23:37



あしざわ教頭「棒立ちで魅入っちゃうかもしれないです…」

160620_sol09.jpg


応募の意気込み!
「大好きな歌を、いろんな人に聴いてほしいです。出るからには、ガッツリ爪あとを残します」


とーやま校長「こういう熱い気持ちも持ってる大橋ちっぽけ、虫と数学と会話が苦手なんだけど、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

続いて、未確認フェスティバル2016LIVEステージ
大阪会場7組目の出場者は…!

oo07_baund.jpg


大阪府 18歳と19歳 3ピース バウンダリー


♪ BABY / バウンダリー


とーやま校長「正面突破のロックバンドが現れたね!!これアメリカをワゴンで回ってるでしょ!!」

あしざわ教頭「すごいイメージが湧きます!!」

2013年5月結成
もうすでに色々な賞を取っているすごいバンド!


とーやま校長「演奏してる姿がすごいカッコイイんだろうね!それを観るのが楽しみ!」


バウンダリーおめでとうございます!
初めて聞いた時からぐぐっときてました!かっこいい!!
ときかけがーる。
女性/18歳/兵庫県
2016-06-20 23:41



あしざわ教頭「すでに生徒の心をつかんでますね!」

とーやま校長「ギターのゆきのちゃんはタイガースの帽子をかぶった見知らぬおっちゃんに電車の中で寄りかかられていた!バウンダリー、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

160620_sol10.jpg


続いて、未確認フェスティバル2016LIVEステージ
大阪会場8組目の出場者は…!

oo08_lical.jpg


大阪府 高校2年 3ピース the Hopes


♪ pray / the Hopes


とーやま校長「今までインストバンドってあんまりいなかったんじゃないかな?」

あしざわ教頭「もう全方位ですね。これはすごい!」

2014年ぐらいに音楽の趣味が合ったので結成
主に曲制作が中心


とーやま校長「サカナLOCKS!で、一郎先生にも褒めてもらってアドバイスも貰ってたから、この音源からさらに磨きが掛ってるかもね」

あしざわ教頭「今まさに進化してる途中ですね」


おおおおお!!!!!!
高2でこのレベルはハンパじゃない。
まるでプロのようだ....!!

最初の美しいギターのメロディのところから心を奪われました。
小豆猫
女性/13歳/東京都
2016-06-20 23:44



とーやま校長「インストだけれども歌があるような感じですごい、the Hopes、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

最後に、未確認フェスティバル2016LIVEステージ
大阪会場9組目の出場者は…!

oo09_hopes.jpg


大阪府 18歳 4ピース lical


♪ undry / lical


とーやま校長「かっこよすぎて頭も心もかき乱されまくってるよ!」

あしざわ教頭「もう本当にすごい!」

18歳男女混合4ピースバンド
去年に続き2回目の応募!


とーやま校長「この1年で色々な試行錯誤をしたからこそLIVEステージに進出できたんだろうね!」

160620_sol11.jpg



すごい!!
おめでと〜!!
前奏から引き込まれた!!めっちゃいい!!
どーしたらこんなすごいの作れるんだ??笑笑
歌声も可愛らしくて綺麗!!私も女子だけど惚れるわ笑笑
ほんとすごすぎ!!
ちぐちぐ
女性/15歳/千葉県
2016-06-20 23:49



とーやま校長「本当にLIVEが楽しみ!ボーカルのりなちゃんは最近誕生日を迎えて、割とひどい状態の写真をTwitterにアップしてる。lical、未確認フェスティバル2016LIVEステージ出場おめでとう!」

あしざわ教頭「今日、9組紹介してきましたけど、観ることに得しかないようなLIVEですね!」

とーやま校長「そして明日は名古屋会場の出場ミュージシャンとゲストミュージシャンを紹介していく!」

あしざわ教頭「起立!!」

とーやま校長「はい立って!!」

あしざわ教頭「礼!!」

校長・教頭「また明日!!」

160620_sol12.jpg


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FAXイラスト】

160620_fax01.jpg
RN えりンギあいすくりん

160620_fax02.jpg
RN ももとりまかろに


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:06 いえろう / YAJICO GIRL
22:26 Like Sixteen Candles / Yogee New Waves
22:34 ボーイズインアシティ / ウィリアムノーベル
22:40 LOXONIN / AuRonChiiii
22:45 会うは別れの始め / アヤメノン
22:50 FLY HIGH!! / BURNOUT SYNDROMES
23:18 Cosmic Explorer / Perfume
23:31 My Mind Pt.2 / SILYUS
23:35 君と春 / 大橋ちっぽけ
23:39 BABY / バウンダリー
23:43 pray / the Hopes
23:47 undry / lical
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
もうずっとファイナルだぞこりゃ!!
明日も楽しみだこりゃ!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
これは大阪
行くしかないでしょ!
 
教頭のあしざわ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
160616_sol01.jpg


160616_sol02.jpg


『 7月10日 』

今年から、選挙に参加できる年齢が
“20歳以上”から“18歳以上”になることを受け、
SCHOOL OF LOCK!はこれまで、
選挙について考えるホームルームを、全国10カ所で行いました。

NPO法人Youth Create代表 原田謙介先生を講師に迎え、
選挙・政治・社会について0から一緒に、勉強してきました。

そしていよいよ、みんなが初めて選挙に参加する日が、近づいてきています。それが…
7月10日

SCHOOL OF LOCK!では初めての選挙に行く前に、
生徒のみんなに自分が“ほしい未来”について考えてもらいました。
今日、送ってもらった動画とテキストをWEBサイトにアップしました。

みんなの仲間が考えた「ほしい未来」がサイトにたくさん載っているので、ぜひ見てください。
選挙に行く前に、ぜひ参考にしてください。

ほしい未来を、自分たちの手で掴もう!
そのために、まずは未来について、考えよう!

160616_sol03.jpg



♪ Tomorrowland / SALU


今週のSCHOOL OF LOCK!は、月曜日から、
毎日掲示板逆電をやっています。

昨日は幼稚園の頃からいじめを受けているという、RN ノカユと話をしました。
同じ経験をしている生徒や、学校の先生。
10代の生徒はもちろん、大人の生徒のみんなも、
ノカユへの書き込み、本当にありがとう。

今夜も、掲示板に書き込みをくれた生徒と話をしていきたいと思います。

今日あったこと、今思っていること、誰かに話したいと思っていること、なんでも大丈夫!
学校掲示板もしくはメールで教えてください。

160616_sol04.jpg




地震
今ぼくは部活が終わり電車で帰っている途中です。
ぼくは地震が起きた時は部活をしていました。縦の短い揺れでした。一度外に出ましたが、ものが倒れたりすることもなく、周りで被害は見受けられませんでした。津波の心配もないとのことなので、安心しています。
掲示板を見ていると心配して下さる方が何人もいて、とてもありがたいと思いました。
また、今のところは大丈夫ですが、今後余震などがあるかもしれないので十分注意しようと思います。
やきそば弁当
男性/15歳/北海道
2016-06-16 19:45



とーやま校長「今日の14時過ぎくらいに北海道の函館の方で大きな地震があって、携帯の緊急地震速報とかも鳴ってびっくりしたと思うんだけど、とりあえず生徒のみんなも何かがあったとかも無く安心しています。焼きそば弁当も言ってくれているけど、今後もしかしたらってこともあるので北海道とか、東北北部の生徒たちは注意して過ごしていこうね」

あしざわ教頭「そうですね…!」

160616_sol05.jpg


そして、最初に逆電した生徒の書き込みは…


好きな人と恋愛と友達
私は、今自分がどんな好きなヒトが誰なのかわかりません。
好きなタイプどころか、男性が好きなのかさえもわからなくなっています。

中学生の時にお付き合いをした人や、父親が原因なのかもしれませんが、男性の魅力や一緒にいたいという気持ちが今の私には全然ありません。
むしろ女性の友達の方が過ごしやすくて、一緒にいたいと思います。

こんな風に思う私ですが、将来は誰かと過ごしていきたいと思っています。

自分が普通じゃないのかもしれないと不安になることがあり、自分を変えないといけないのか?このままでいいのか?混乱しています。

長文で、まとまりのない文章かと思いますが、校長と教頭と話をしてみたいです。
お願いします。
パレット色のことり
女性/15歳/秋田県
2016-06-15 18:50



とーやま校長「もしもし!」

パレット色のことり 秋田県 15歳 女性 高校1年生

パレット色のことり「もしもし!」

とーやま校長「書き込み見たけど、今ちょっとモヤモヤしているんだ。この感情はいつくらいから生まれた感情なの?」

パレット色のことり「つい昨日、友達と恋愛のことについて話していた時に、自分は普通ではないのかなと思いました」

とーやま校長「女の子の友達と恋愛について話していて、そこに同調できない自分がいたって事?」

パレット色のことり「そうですね」

RN パレット色のことりの学校は共学で、クラスには男子もいるんだけれど、あまり話したことのない人には恐怖心があって、近づけないのだそう。

とーやま校長「仲の良い男の子は大丈夫だけど、ほかの男子は怖く感じちゃうんだ」

160616_sol06.jpg


あしざわ教頭「それは、どういう怖さだったりする?」

パレット色のことり「自分が中学生の時にお付き合いしている人がいたんですけど、その人とのやりとりで男の人が怖くなってしまって…」

とーやま校長「そういう風に思ってしまうことの一つとして、書き込みに“父親が原因かもしれない”って書いてくれているんだけど、これはどうして?」

パレット色のことり「私の家族は男性がお父さんしかいなくて、あまり男性に慣れていないんです。父は昔からお酒をよく飲むんですけど、暴れたりとか殴ってくるとかじゃなくて、からんでくる感じなんですけど、それが少し嫌で…。他の人も同じなのかなって思い始めています」

とーやま校長「酔っぱらっているお父さんが好きじゃない?」

パレット色のことり「はい。あまり好きじゃないです」

とーやま校長「それで、男の人ってみんなこうなのかな。って思い始めたのが最初かもしれないんだ」

パレット色のことり「そうですね」

160616_sol07.jpg


クラスの男子とかに対してもお父さんと同じような感情が芽生えることもあるそうで、
仲の良い男子でも距離が近かったりすると、少しイヤな気持ちになったりするのだとか。

とーやま校長「そうなると、女子と一緒にいた方が楽しいよね。女子に対しては全くそういうこと思わない?」

パレット色のことり「女子に対しては全然思わなくって、手を繋いだりとか、いろんな話をしたりするのもすごく楽しいです」

とーやま校長「じゃあ、何かで男子と手をつなぐことがあったりしたら、考えられない?」

パレット色のことり「あんまり考えられないですね」

とーやま校長「今、パレット色のことりは、男子を恋愛対象として思えないのかな?って思い始めているんだ」

パレット色のことり「そうですね。男子のカッコいいところを聞いて、共感するところはあるんですけど、男性のイヤな部分を見ると、どうしても父と重ねたりしてしまいます」

とーやま校長「今の状態としては、男子の事を好きになりたい。とかっていうことでも無くて、なんなんだろう…って感じ?」

160616_sol08.jpg


パレット色のことり「でも、女性の事が好きなのかもしれない…って悩んでいる感じです。自分は普通ではないのかなって…」

とーやま校長「もしも、パレット色のことりが女の人の事が好きだって気が付く瞬間があったとして、それは、普通じゃないことなんて一切無いよ」

あしざわ教頭「そうだね」

とーやま校長「女の人が女の人を好きになったって良いし、男の人が男の人を好きになってもいい。俺の知り合いにもそういう人たくさんいるけど、ほかの人と何にも変わらないよ」

あしざわ教頭「男性も女性も両方好きになる人もいるしね」

パレット色のことり「友達が、バイセクシャルっていうのを明かした瞬間が高校の時にあって、その時に自分もそういう考えを持ち始めたのかなって思いました」

とーやま校長「その友達の話を聞いた時はどう思った?」

パレット色のことり「今まではテレビでしか見たことが無い人が身近にいるっていうのは新鮮だったんですけど、でも、それを認めたいなって思いました」

とーやま校長「安心したところもあった?」

パレット色のことり「そうですね。ちょっと安心したと思います」

160616_sol09.jpg


とーやま校長「書き込みでも書いてくれているけど、将来は誰かと過ごしていきたいって思っているわけでしょ。出来ることなら男性が怖いっていう気持ちは無くしていきたいと思っているんだよね」

パレット色のことり「そうですね。恋愛対象は女性であっても良いのかもしれないって思うんですけど、仕事をしたりする時には男性と関わっていくと思うので…」

とーやま校長「そうだな。これから先、大学や会社で男性と関わっていくこともあるかもしれないしね。例えば、男子のイヤな所ってどういう所?」

パレット色のことり「自分の良いところを自慢してくるところとか…(笑)」

あしざわ教頭「そういうやついるね。これすごいだろ!みたいなね(笑)」

160616_sol10.jpg


パレット色のことり「あとは、スキンシップが多いとウッ…ってなりますね」

あしざわ教頭「中学の時は自分から告白したんだよね。どういうところが良いと思ったの?」

パレット色のことり「その人が部活の部長で、部をまとめている姿が素敵で憧れて好きになったんですけど、手を繋ぐとかそういうのが嫌で別れてしまいました」

あしざわ教頭「スキンシップとか距離的なことがネックになっているんだね」

とーやま校長「俺が思うに、男子って自分の良いところを言いたいだけの奴もいるけど、逆に言いたくないってやつもいると思うんだ」

パレット色のことり「はい」

とーやま校長「この人は自慢しない人だな。って時間かけて観察していったら、イヤだと感じる部分が無い男子を見つけられると思うな」

あしざわ教頭「もしかしたら、男子をひとくくりで見てしまっているかもしれないね」

とーやま校長「よし、もう少し話そうか!」

パレット色のことり「はい!ありがとうございます!」

RN パレット色のことりの話を受けて、掲示板にはたくさんの書き込みがありました!


パレットさんへ
私も男性が怖くてあまり近づけません。
私の父は酒癖が悪いので、一升瓶見るだけで怖いです笑
彼氏ほしいなって思ったこともないし、女性を含め人を好きになったこともないんです。前に無理して周りに合わせすぎて心身ともに壊してしまったこともあります。
人を好きになれないのは寂しくて、時々将来とか不安になることもありますが、いまは自分を縛らずに生きていきたいなって思ってます
男性だろうが女性だろうがもう好きなるってそれだけで素晴らしいことなんです!
人を好きになれるってとても素敵なことです、きっと!
男性への苦手意識をなくす方法は分からないけれど、私自身苦手ですし……でも、応援してます!
ほのとん
女性/18歳/福岡県
2016-06-16 23:15



とーやま校長「ほのとんも言っているけど、人を好きになるっていう感情ってなかなか操作できないじゃん。自分でこうしようって思うものじゃないから、そこを無理してする必要もないし、ゆっくり自分と話していくことが大事なのかもしれないね」

パレット色のことり「はい」

あしざわ教頭「今、無理して男の子、女の子どちらが好きって決めなくてもいいと思うな」


男子からの意見です
ごめんなさい!全員とか限らないけど、男子のだいたいはかまって欲しいから、褒めて欲しいから、自慢するんです。(へぇーすごいねー)って言ってもらいたいんです。ほんとにごめんなさい。女子方が思ってるほど、心は強くないんです許してください
おいちゃんちゃん
男性/16歳/神奈川県
2016-06-16 22:56



とーやま校長「男子からの意見だね。おいちゃんちゃんも思い当たる節があって、知らない間に周りの女子にそう思わせてしまっていたかもしれない。ってちょっとだけ反省してくれたのかな。男子チームとしてはこの気持ちもすごく分かる!」

あしざわ教頭「構ってほしいからちょっかいを出しちゃったり、“なにすんのよ!”って好きな子に言われたいがために、男子は行動しちゃうんだよね」

パレット色のことり「そうなんですね…!」

とーやま校長「おいちゃんちゃんみたいに、ごめんって素直に謝ることができる男子もちゃんといるんだよね。あんまりそういうイメージなかった?」

パレット色のことり「そうですね。掲示板を見て、こういう人もいるって知れたことが良かったなって思いました」

160616_sol11.jpg


とーやま校長「SCHOOL OF LOCK!にもそうだし、お前が通っているクラスの男子にも絶対にそういう奴いるから。どうしてもイヤな所は見えちゃうけど良い所も絶対にあるから、そこをゆっくり探していけばいいと思う。それで、今話せる男子との時間を増やしていって、苦手だなって思う男子とは無理して話をしなくてもいいよ」

パレット色のことり「はい」

とーやま校長「今すぐ決めないといけないことでもないから、もう一つの目線を持って学校に行ってみよう。そしたら、自分の本当の気持ちも浮かびあがって気づけるはずだよ」

パレット色のことり「校長の話を聞いて、もしかしたら自分がいるところってすごく小さく見えているのかなって思ったんです。高校を出ても広い面で色んなものを見れればいいなと思いました」

とーやま校長「たくさんものがお前のことを待ってるよ!男子も女子も素敵な人ばかりだよ!たくさん色んな人に出会ってね」

パレット色のことり「はい!ありがとうございました!!」


♪ 笑えよ乙女 / コレサワ


続いて逆電した生徒は…


人生初なう
生まれてはじめて入院してます。
ねぎ塩焼き肉弁当。
男性/18歳/長崎県
2016-06-16 16:29




とーやま校長「電話しても大丈夫かな…もしもし!」

ねぎ塩焼き肉弁当。 長崎県 18歳 男性 高校3年生

ねぎ塩焼き肉弁当。「もしもし」

とーやま校長「今、病院だろ?他の方とか大丈夫?」

ねぎ塩焼き肉弁当。「一人の部屋なので大丈夫です!」

あしざわ教頭「そうか!」

とーやま校長「書き込み読ませてもらったんだけど、どうしたの?」

ねぎ塩焼き肉弁当。「部活のラグビーの試合で肩を骨折してしまって…」

RN ねぎ塩焼き肉弁当。は、1月に骨折してしまったけど、最後の試合まで骨が折れたまま試合に臨んでいたんだそう!

あしざわ教頭「うわわわ…」

とーやま校長「それ、大丈夫じゃないだろ?」

ねぎ塩焼き肉弁当。「何とかなりました!」

とーやま校長「気力がすごいな!!」

あしざわ教頭「めっちゃ痛かっただろ〜」

160616_sol12.jpg


とーやま校長「大会はどうだった?」

ねぎ塩焼き肉弁当。「ベスト8が目標だったんですけど、ベスト16で一歩届かずでした」

とーやま校長「満身創痍な中、よくやったよ。お疲れさま!それで、今入院しているってことは手術しないといけないってことだよね。手術はいつ?」

ねぎ塩焼き肉弁当。「明日のお昼です」

とーやま校長「明日なんだ!病院はどう?」

ねぎ塩焼き肉弁当。「まだ慣れない感じで、緊張してます…」

とーやま校長「ご飯はおいしい?」

ねぎ塩焼き肉弁当。「美味しかったです!ご飯が食べ放題だったんで、最高3杯食べました!」

あしざわ教頭「めっちゃ食べるなあ(笑)」

とーやま校長「明日の手術はどういう気持ち?」

ねぎ塩焼き肉弁当。「全身麻酔なので、ちょっと怖いですね」

とーやま校長「俺も1年半前に入院して、喉の修行という名の喉の手術をしたんだけど、その時も全身麻酔だったんだ。俺もめちゃくちゃ怖かったんだけど、一瞬だったよ。口にマスクつけて、麻酔の注射をして、そこから2〜3秒くらいで気が付いたら終わってたから」

160616_sol13.jpg


ねぎ塩焼き肉弁当。「へぇ〜!」

あしざわ教頭「俺も、肺気胸で全身麻酔を体験したことがあるんだけど、それも一瞬だったね。しかも手術室に音楽が流れていて、好きな曲かけていいってことだったから“サザンありますか?”って聞いたら“サザンは無いです…”って言われて、そのまま麻酔されたよ(笑)」

とーやま校長「ありそうなのに(笑)」

あしざわ教頭「ずっとドリカム先生が流れていたよ(笑)」

とーやま校長「怖いかもしれないけど、担当しているお医者さんも、看護師の方も全員味方だし、仲間だから、そこは委ねてゆっくりしろな」

ねぎ塩焼き肉弁当。「はい!」

とーやま校長「よし、黒板書くわ!」


160616_sol14.jpg


『 明日、強くなる 』

とーやま校長「ドキドキするし、大丈夫かなって不安もあると思うけど、今、肩は弱っている状態じゃん。一度弱ったところを明日治すわけだから、より強くなるってことなんだよ。弱ったところを治しに行くってことは、強くなるって事だから!絶対大丈夫!安心して強くなって来い!!」

ねぎ塩焼き肉弁当。「はい!」

とーやま校長「じゃあ、おやすみ!」


♪ そして繋がる / SUPER BEAVER


あしざわ教頭「最初から強いやつなんていないと僕は思います。ねぎ塩焼き肉弁当。も手術を行って強くなりますし、パレット色のことりも、徐々に強くなって色んな世界に飛び立てるわけですから。ねぎ塩焼き肉弁当。は5か月間も痛みに耐えてた時点でめっちゃ強いですよ!」

とーやま校長「それくらいチームに必要とされていたって事なんだろうね。みんなもそうだよ!掲示板とかに自分の弱ってしまったところとか、しんどい思いとかを書いてくれたけど、それをみんなで支えて補強して、俺たちは絶対に明日、強くなる!」

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
パレット色のことり 秋田県 15歳 女性
ねぎ塩焼き肉弁当。 長崎県 18歳 男性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:06 Tomorrowland / SALU
22:22 深呼吸 / ハナレグミ
23:17 アルクアラウンド / サカナクション
23:39 笑えよ乙女 / コレサワ
23:49 そして繋がる / SUPER BEAVER
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
掲示板逆電をいつまでもやれたらいいな、
強く強くそう思う!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
ぐんぐん進む
どんどん強くなる
 
教頭のあしざわ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
160615_sol01.jpg


『 いじめ 』

今週のSCHOOL OF LOCK!は、毎日掲示板逆電をお届け!

掲示板逆電とは、生徒のみんなが学校掲示板に書き込んだメッセージ、
そしてメールの中から、とーやま校長とあしざわ教頭が気になる生徒に電話をして話をする授業。

今日の学校掲示板にも、
いじめにあっている、という10代の生徒から書き込みがありました。

学校の中でも大きな問題の一つ。
いじめ

今夜は、2時間、いじめにあっている生徒の話を聞いていきます。
みんなからのメッセージや感想は学校掲示板もしくはメールからお願いします。

160615_sol02.jpg



助けて欲しい
私はイジメを受けてて本当につらいです。水をかけられたり教科書を破られたり階段から突き落とされたり。クラスメイトたちは、私がいなくなることを望んでいます。誰も助けてくれません。先生も親も。私は独りきりです。いっそのこと命を絶とうか……とも思います。その方がみんな幸せになるのなら。
ノカユ
女性/16歳/広島県
2016-06-14 23:13



とーやま校長「それで今日も書き込みをしてくれてて…」


イジメ
今日も学校でイジメられた。髪の毛を切られた。課題のプリントを破られた。「やめて」と叫んでも誰も助けてくれない。もういい。私なんて存在価値がないんだから。消えてしまいたい。
ノカユ
女性/16歳/広島県
2016-06-15 17:19



とーやま校長「もしもし!」

ノカユ 広島県 16歳 女性 高校2年生

ノカユ「もしもし」

とーやま校長「書き込みありがとうな」

ノカユ「はい」

とーやま校長「ちょっと聞いていい?」

ノカユ「はい」

とーやま校長「これはいつからこうなってるの?」

ノカユ「いじめが始まったのは幼稚園くらいからです」

とーやま校長「もう覚えてないかもしれないけど、そのときに何かあった?」

160615_sol03.jpg


ノカユ「私は右目がちょっと見えなくて、それが周りの人から見たら珍しくて、“私に触られたら目が見えなくなる”とか言われ始めて、それから言葉の暴力とか、殴られたり蹴られたりするようになりました」

とーやま校長「それから小学校に上がっても同じ?」

ノカユ「違う幼稚園からきた子にも、“あの子は目が見えないから〜”って言って伝わる感じでした」

とーやま校長「じゃあそれと同じで中学に上がっても、高校に上がっても同じなんだ?」

ノカユ「はい」

とーやま校長「今の高校では女子からやられるの?」

ノカユ「クラス全員からです」

あしざわ教頭「じゃあ話せる友達もいないの?」

ノカユ「はい」

とーやま校長「どんなことしてくるの?」

ノカユ「トイレに行くとトイレに閉じ込められたり、普通に歩いてても後ろから蹴られたり、授業中に後ろからシャーペンで刺されたり…」

とーやま校長「…もうそんなやつら…鬼畜でしかないな、本当に。先生とかはどうしてるの?」

ノカユ「課題とか破られてそれを見せに行ったら、何も言わないで新しいの渡すだけで、“どうしてそうなったの?”とかは全然聞いてくれないです」

とーやま校長「先生もここまでノカユがやられてることを知らないわけないし、先生も一緒だな」

ノカユ「1回ホームルームで話し合ったりしたんですけど、一時的にはなくなってもすぐまた始まってあまり意味がないなと思って」

とーやま校長「じゃあ先生に言っても無駄だし、話せる友達もいないし…本当にほくがんっばってんな」

ノカユ「はい」

とーやま校長「書き込みに書いててくれてるけど、死のうとも思ったりしたことあるんだろ?」

ノカユ「最初に思ったのは小学校4年生のときに死のうと思って、裏山にロープもって首を吊ろうとしたんですけどうまくいかなくて、それからも色々やりました」

とーやま校長「今もその気持ちに引っ張られることはあるの?」

ノカユ「やっぱり辛いので“もういいかな”って思ったりすることはあります」

とーやま校長「そいつらもノカユの気持ちをちょっとでも考えられるならわかるのにな、でも奴らは群れてやってきて…」

あしざわ教頭「いじめてるやつのほうが弱いからね」

ノカユ「はい」

160615_sol05.jpg


みんなからたくさんの書き込みがありました。


同じ広島県民!頑張っていこーや!ノカユはひとりじゃないよ!
ほんまにSCHOOL OF LOCK!に届けてくれてありがとう!
一緒に悩もうや!
広島の仲間
男性/17歳/広島県



とーやま校長「広島の仲間書き込みありがとう」


こんばんは。初めてメールします。私は中学校の教員です。
先ほどのイジメの件に対して我慢できずメールしました。
はっきり言ってその学校の教師たちは何やってんだって感じです。ありえません。
生徒がそんなに苦しんでいるのに何もできずにいるなんて、何のために教師やってんだ!
助けてあげたい気持ちで一杯です。
負けないで!命を絶っても何も解決しないよ。必ずあなたを必要とする場所があります。
この世界に必要とされない人間なんていないよ。だから絶対に負けたらダメだよ!
ランニングハイ
男性/42歳/長崎県



とーやま校長「色々な書き込みが届いてて、良い先生もいるだけどな…掲示板とかも見た?」

ノカユ「見ました」

とーやま校長「どんなこと書いてくれてた?」

ノカユ「いじめひどいけど生きててほしいって書いてくれたました」

とーやま校長「そうだよな、せっかくこの世に生まれて、これからお前の知らない楽しいことがいっぱいあって、それを体験しなくちゃいけないしな……」

ノカユ「はい」

とーやま校長「ちょっと聞きたいんだけど、小4のときはどんなひどいことがあった?」

ノカユ「担任の先生にもいじめられました」

とーやま校長「もちろん大人だよな?何でいじめてくるんだ?」

ノカユ「ちょっとおじぎの角度が足りなかっただけで、朝のホームルームから終わりのホームルームまで正座させられたりとか、給食のときに“あなたを見ると食欲がなくなるからトイレで食べろ”って言われてトイレで食べさせられたりしました」

とーやま校長「そいつまだ先生やってるの?」

ノカユ「やってます」

とーやま校長「もう…俺ちょっと、鼻をグーでいっちゃうよ、これ。とんでもねぇな」

あしざわ教頭「他の子にはそういうことしなかったの?」

ノカユ「他の子には優しくて、他にも歌のテストのとき私は声を出してたんですけど、“声が出てない”って言われて後ろに立たされて、殴られたり蹴られてたりして、倒れたところを踏んづけられたりしました」

とーやま校長「もうそいつはクソ先生だな。そのことを親に相談したりした?」

160615_sol06.jpg


ノカユ「したんですけど、私の方が悪いって言って、全然聞いてくれなくて、学校でも家でも1人で、もういいかなって思って裏山に行きました」

とーやま校長「そのことは知ってるの?」

ノカユ「裏山に行ったことは知らないです」

とーやま校長「今も変わらずそんな感じ?」

ノカユ「はい。一回学校辞めたいっていったんですけど、“世間体に悪いからダメ”だって言われて、私の子とはどうでもいいのかなって思いました」

あしざわ教頭「しっかり状況は説明したんだよね?」

ノカユ「はい」

とーやま校長「俺はノカユが我慢して高校辞めてもいいって思ったんだけど、それはどう?」

ノカユ「将来学校の先生になりたいんです。将来いじめとかないようにしたいので、そのために大学も出なくちゃいけないから高校も卒業したいと思って行ってます」

あしざわ教頭「こんな状況で夢を持ってるノカユは強いし、すごいハートの持ち主だから…本当に幸せになってほしいわ」

160615_sol04.jpg


とーやま校長「今は自分を守らなくちゃいけないところで、未来の10代のことを守ろうって決心をするのはすごいよね。これはいつ決めたの?」

ノカユ「高校に入って先生になろうって決めました」

とーやま校長「じゃあ学校はやめられないんだな」

ノカユ「はい」

とーやま校長「その覚悟は伝わったよ。でも、もう1回だけ揺らぐようなこと聞いちゃうかもしれないけど、この学校じゃなくて、例えば通信制の学校だったり、そういう学校はあったりしないの?」

ノカユ「通信制はありますけど、普通に学校に行きたかったので、普通の高校を受験しました」

とーやま校長「あと1年半くらいか…クラスは何人いるの?」

ノカユ「40人です」

とーやま校長「その中でこっちを見てくれる人は完全に0?」

ノカユ「0です」

あしざわ教頭「元々友達だったやつとかはいないの?」

ノカユ「仲がよかった子はいたんですけど、その子も結局いじめ側に加わって裏切られた感じでショックでした」

とーやま校長「もう1人は辛いよな…色々な選択肢を考えよう」

ノカユ「はい」


♪ 明日からではなく / 小谷美紗子


160615_sol07.jpg



強い人だな〜!
ノカユさん!学校の先生になる夢があるのか!
どうかこれからも生き続けて欲しい、そして立派な先生になる夢を叶えて欲しい。
SOLの友達として思う。ノカユさんに死んで欲しくない。
紫裕
女性/19歳/東京都
2016-06-15 22:51


辛さ、痛み
自分もいじめ受けてました。嫌なあだ名つけられたり、ろくでもない噂流されたり、雪の上裸足で歩かされたり…と挙げていったらキリがないです。教師や親に相談しても、全然相手にされなくて、辛かったです。
1度だけ、いじめる立場になったことがあったんですけど、いじめられていた子の泣いている姿見て、「俺何やってんだろ…」って思いました。いじめられる痛みをわかっていたつもりだったのに、何もわかっていないと思い知らされました。
やっぱり、辛いですよね。相談できる人がいない中、いろいろな痛みに耐えて耐えて耐え続けるってやっぱり、どんな人から見ても辛いと思います。どんな痛みも、わかる人もいますし、なんとかしようと思う人もいますから。
ドロップdays
男性/15歳/北海道
2016-06-15 23:16


初めてメールします。俄かには信じがたい経験をされてらっしゃいますね。
私も視覚障害がありますが、現在教員を目指し勉強しています。
そんな私は視覚特別支援学校に通っています。高卒の資格も当然得られる学校です。
広島にもあるはずなので調べてみてはいかがでしょうか?
教師になることが目標ならば、今の場所で無理をする必要はないと思います。
保存のほ
男性/26歳/静岡県



とーやま校長「みんなも色々な想いを書いてくれてて、ノカユは今どんなこと思ってる?」

ノカユ「SCHOOL OF LOCK!のみんなに励まされてがんばろうかなって気持ちになってます」

とーやま校長「うん、何を具体的にがんばっていこうか?」

ノカユ「色々なところに相談したり、他に解決策があるか探してみたり、たくさん選択肢があるんだなって」

160615_sol11.jpg


とーやま校長「俺も色々考えてみたんだけど、さっきノカユは学校に行きたいって言ってくれて、それがノカユの1番やりたいことなら応援したいし、後押ししたいって思ったんだけど、それでも今の学校は危ないって思っちゃって、できれば行ってほしくないって思っちゃったの」

ノカユ「はい」

とーやま校長「それでさっきの書き込みのように、今の学校じゃなくて、他の学校から先生にもなれるし、そういう選択肢があるってことを心に置いておいてほしいんだ。必ずしも今の学校に行き続けなくちゃいけないってことはないんだから」

ノカユ「はい」

とーやま校長「それでここまですごく戦ってきたわけだから、ここで今の学校を辞めたら、学校の奴らは何か言うかもしれないけど、そんな言葉はもう耳に入れる必要はない。お前ががんばってたことはSCHOOL OF LOCK!のみんなが知ってるから、そっちのほうが全然強いから、俺たちは待ってるってことを忘れないでね」

ノカユ「はい」

とーやま校長「“存在価値がない”って思ってるみたいだけど、今日の書き込みを見てどう?」

ノカユ「みんな味方になってくれて、いてもいいのかなって…」

とーやま校長「ノカユ、いてもいいし、いないとダメだよ」

ノカユ「はい」

とーやま校長「俺はお前と話をしたいし、お前が思ってることを聞きたいから。存在価値は自分で決めるものじゃないよ。少なくともお前を必要としている男はここにいるから」

ノカユ「はい」

とーやま校長「明日はどうする?」

ノカユ「……明日も行きます」

とーやま校長「わかった。ただ、本当にやばいってなったら俺たちに言えよ。それでまず1番の味方は親だから、想いを伝える瞬間があったら伝えろよ。そうじゃないとお前がお前じゃなくなっちゃうから。娘が困ってるんだから」

あしざわ教頭「ノカユの人生なんだし、もっと自分のことをわかってくれないかもしれないけど、伝えていこう。幸せになる権利はあるんだから。気持ちを吐き出そう。ノカユが強いことは十分伝わったから。」

160615_sol12.jpg


ノカユ「はい」

とーやま校長「マジでやばくなったりしたら言えよ、書き込みでもいし。それと未来のお前の教え子のこと思い浮かべて、そいつたちのためにも生きろ」

160615_sol10.jpg


ノカユ「はい」

とーやま校長「死ぬなよ!絶対に!」

ノカユ「はい」

とーやま校長「あと何か言っておくことある?」

ノカユ「……今日、校長と教頭と話せてよかったと思います。がんばって夢叶えます」

とーやま校長「よし。いつまでもゆっくり待ってるから!」

ノカユ「はい」

あしざわ教頭「楽しいこといっぱいしろよ!」

ノカユ「はい」

とーやま校長「じゃあノカユ、バイバイ!」

ノカユ「はい、バイバイ」

とーやま校長「またね!」


♪ 君の嫌いな世界 / それでも世界が続くなら



本当に無理しないでね
本当に無理しないで!
何かあったら何でも何でも何でも書き込んでね!
本当に本当に本当にSOLの生徒は仲間だよ。
積雪前線
女性/16歳/東京都
2016-06-15 23:42



あしざわ教頭「書き込みありがとう」

とーやま校長「ありがとう」

160615_sol14.jpg


そして本日の黒板の時間となりました。

160615_sol15.jpg


『 大人へ 』
いつもは東京FMから全国の10代に言葉を届けているけど、
今日は大人のみなさんにお願いしたいことがあります。
何とか助けてやってください。
近くで困っている、死にそうな命があるんです。
これは自分にも言っています。
俺達もやるべきことはしっかりやっていきます。
だから大人のみなさんも10代の子のことをお願いします。
助けてやってください。


♪ 君の嫌いな世界 / それでも世界が続くなら


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
ノカユ 広島県 16歳 女性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:25 恋 / back number
22:50 明日からではなく / 小谷美紗子
23:15 机上、綴る、思想 / KANA-BOON
23:23 オープンワールド / KANA-BOON
23:41 生きる(って言い切る) / 森山直太朗
23:49 君の嫌いな世界 / それでも世界が続くなら
23:53 スターライト / amazarashi
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
何度も言うけど、
俺は君としゃべるために毎日ここにいるよ
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
「人の気持ちを考える」
これをもう一度やってみてください
 
教頭のあしざわ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
160614_sol01.jpg


160614_sol02.jpg


『 2日目 』

今週のSCHOOL OF LOCK!は、毎日掲示板逆電をお届け!

生徒のみんなが学校掲示板に書き込んだメッセージ、
そしてメールで届いたメッセージを元に、みんなに電話をしていきます!

出来ればたくさんの生徒と話したいけど、
どうしても1人1人電話でじっくり話したいので人数は限られてしまいます。
でも今夜も話していきます!

悩みに重いも軽いもないです。
今、生徒のみんなが思っていることを学校掲示板もしくはメールで教えてください!

160614_sol03.jpg


そして今夜はSKY-HI先生が7月27日にリリースする新曲
「ナナイロホリデー」の初オンエアから!


♪ ナナイロホリデー / SHI-HI


さっそく1人目の生徒に逆電!!


進路
行きたい学校はあるのに行けない。
お金、という問題。就職したらって親に言われて、どうしたらいいのかわからない…
はるなつみかん
女性/17歳/福井県
2016-06-13 20:32



とーやま校長「もしもし!」

はるなつみかん 福井県 17歳 女性 高校3年生

はるなつみかん「もしもし」

とーやま校長「今、はるなつみかんの書き込み読ませてもらったんだけど、行きたい学校っていうのは大学?」

はるなつみかん「専門学校です」

とーやま校長「何の専門学校?」

はるなつみかん「音楽の音響の専門学校です」

とーやま校長「じゃあライブのPAさんみたいなことをやりたいんだね」

はるなつみかん「はい」

とーやま校長「それで親っていうのはお母さんかな?」

はるなつみかん「そうです」

とーやま校長「お母さんに何て言われたの?」

はるなつみかん「県外に行かなくちゃいけないので、学費だけじゃなくて家賃とかの生活費もかかるからお金が足りないって…」

とーやま校長「それは家にもお金をいれてほしいってことか」

はるなつみかん「そうですね」

とーやま校長「ちなみに今家族は何人家族?」

はるなつみかん「私と妹とお母さんの3人です」

とーやま校長「妹はいくつ?」

はるなつみかん「中3です」

とーやま校長「じゃあこれから高校入ってお金もかかるか…お母さんと何回くらい話した?」

160614_sol04.jpg


はるなつみかん「そんなにしてないです」

とーやま校長「音響に興味を持ったのは何で?」

はるなつみかん「元々音楽が好きで、KANA-BOON先生のライブを観て、そのときにやりたいと思いました」

この逆電を聴いて書き込みがたくさんありました。


逆電
私は今専門学校に行ってますが奨学金を借りていってます。家庭や経済情報などで無利子で借りれたりするので奨学金かりていくという手もありますよ!自分が返すっていう責任もあるので勉強にも身がはいります!
CE目指すあかちょん
女性/19歳/愛知県
2016-06-14 22:27



とーやま校長「奨学金のこととかは調べた?」

はるなつみかん「調べました」

とーやま校長「そのことをお母さんに伝えたときはどんな反応だった?」

はるなつみかん「自分で生活していく中でバイトもしなくちゃいけないし、それに奨学金を返すってできるの?って言われて、何も言えませんでした」

とーやま校長「まだそこまでの覚悟とかできてないよな」


逆電
私も専門学校に行きたいけどお金がなくて行けない状況です。
でも、私は一度就職して、お金を貯めてそのお金で専門学校に行くという決断をしました。
つくねちゃん
女性/17歳/大阪府
2016-06-14 22:20



とーやま校長「はるなつみかんもバイトでもいいわけだからお金貯めて、それは家計の助けにもなるし、そういうのは考えたことあった?」

はるなつみかん「なかったです」

とーやま校長「俺もちょっと事情は違うんだけど、やりたいことがあって高校卒業したんだけど、行きたい学校に入れなくて、どうしようって思ってバイト週6でやってお金貯めて、入学金は自分で出したりしたから、それも1つの方法だよね」

はるなつみかん「はい」

とーやま校長「それに学校の事情もあるかもしれないけど、今からバイトして来年の春までお金を貯めるっていのもあるし、そうすればお母さんに対して意志を示すことにもなると思うよ」

あしざわ教頭「あと、音響の専門学校に行かないと音響の人にはなれないのかな?」

はるなつみかん「わからないです」

あしざわ教頭「前にサカナクションの山口一郎先生が現場に足を運んでそのままなったっていう人もいるって言ってたから、そうやって実践で学んでもいいと思うんだよね」

160614_sol05.jpg


とーやま校長「例えば福井のライブハウスでバイトしながら実践で学ぶのもありだよね。ここまででいくつか選択肢が出てきたから、専門学校か就職かっていう2択じゃなくて、色々な道があるよ」

はるなつみかん「はい」

とーやま校長「まだ時間もあるから、あとはお母さんにもう一度自分の気持ちをしっかり伝えるっていうのは必要だから、伝えられるようになるために自分自身ともう1回向き合うっておかないといけないかもね」

はるなつみかん「はい」

とーやま校長「どうだ?今想うことあるか?」

はるなつみかん「専門学校に行けなくても、違うところから音響に関われることもできたらいいなて思います」

とーやま校長「1番は行きたい専門学校に行って学ぶことだけど、そうじゃないところからでも辿りつけるから、探ってってみ?」

160614_sol06.jpg


はるなつみかん「わかりました」

とーやま校長「よし!じゃあまたね!」

はるなつみかん「ありがとうございました」


♪ オープンワールド / KANA-BOON


とーやま校長「もちろん専門学校から学んで夢を叶えてる人もいるし、でもそうじゃない人もいるし、お笑いの人でも学校があってそこに入って売れる芸人さんもいるし、そうじゃなくて芸人さんを追いかけて運転手から大成した芸人さんもいるから、気持ちの問題もあるよね」

あしざわ教頭「そういう熱意があれば、その人に協力してくれる人も出てきますしね」


私も母親の目から見て、我が家もその問題にぶちあたりました。
専門学校に行っても、その中で上までいけるのは一握りのはず、だったら働いてからでも遅くないかも。
りすっこ
女性/42歳/福井県



あしざわ教頭「働いて家にお金をいれつつ、自分で貯めて専門学校に行くこともできますよね」

とーやま校長「音響になるのに年齢制限があるわけじゃないしね」

あしざわ教頭「やっぱり情報がなくてわからないから、専門学校ってわかりやすいしそれで行きやすいけど、でもそれが全てってわけじゃないですから」

とーやま校長「みんながやってる道だけじゃなくて、自分でどんどん発信して見つけていくことができる世の中だから、選択肢は無限だよ」

あしざわ教頭「そうなってくると1番いいのはYoutuberですよ!」

とーやま校長「……否定できない!実際自分の音響のテクニックの動画あげて、それがおもしろかったらお金も稼げるかも!はるなつみかん、Youtuberだ!」


♪ オンリーワンダー / フレデリック


そしてはるなつみかんから書き込みがありました!


逆電
ありがとうございました!
気持ちちゃんと伝えて、どのような形になるかわからないけど納得した答え出します。

同じ気持ちの生徒さんもたくさんいて、書き込み参考にします。
ほんとにありがとうございました!

あ、YouTuberはやめときます…笑
はるなつみかん
女性/17歳/福井県
2016-06-14 23:00



とーやま校長「やめとくかー」

あしざわ教頭「まぁ選択肢の1つとしてはありですから(笑)」

とーやま校長「1つとしてはね!」

160614_sol10.jpg


続いての生徒は…


自分の価値って…
こんばんは、毎回楽しく聞いています
私は父親に毎日のように必要のない人間、
生きてる価値もないんだからいなくなれとか
言われます。就職に関してもお前みたいなやつ社会に出てもくずにしかならないし仕事してもすぐくびになって終わりだとも言われます。
このようなことを言われてから長いのですがもう自分に自信が持てなくなっています。
何をするにしても自分はダメだからといろいろなことを諦めてきました。
どうすれば自分に自信が持てますか??
教えてください!!
長文でごめんなさい!
短足ねこ
女性/17歳/宮城県
2016-06-14 20:50



とーやま校長「もしもし!」

短足ねこ 宮城県 17歳 女性 高校3年生

短足ねこ「もしもし」

とーやま校長「書き込み読ませてもらったけど、これは本当のことなの?」

短足ねこ「はい」

とーやま校長「何でなんだ?どういうこと?」

短足ねこ「怒られてるときに“必要ないから”とか“生きてる価値ないんだから早く死んじゃえ”って言われて…」

とーやま校長「怒られてるときってことは短足ねこが何かやっちゃったときとかに言ってくるの?」

短足ねこ「そういうときもありますし、愚痴みたいな感じで言ってくるときもあります」

あしざわ教頭「そのときはお酒とか飲んでるの?」

160614_sol08.jpg


短足ねこ「飲んでないです」

とーやま校長「これ、お父さんだよね?」

短足ねこ「義理のお父さんなんです」

とーやま校長「じゃあ血のつながりがなくて、お母さんと再婚したお父さんと一緒に暮らしてるんだ」

短足ねこ「はい」

とーやま校長「家族は何人?」

短足ねこ「自分と妹がお母さんの連れ子で、あと弟2人とお父さんです」

とーやま校長「妹はいくつ?」

短足ねこ「高1です」

とーやま校長「妹も言われるの?」

短足ねこ「言われますね」

とーやま校長「これっていつぐらいから?」

短足ねこ「弟が生まれてからなので、私が小3ぐらいからです」

とーやま校長「じゃあもう10年近く耐えてここまできてるのは偉いな。正直ムカツクだろ?」

短足ねこ「1番上なので我慢しなくちゃいけないなって思って…」

とーやま校長「でも、この話を聞く限りは、これは我慢しなくちゃいけないことなのかって思っちゃうよ。言っていい言葉ではないかもしれないけど、これはダメな男だろ。お前のお父さんでお母さんが好きな人かもしれないけど、娘だろ?コイツはよくないよ。なんかゴメンな!」

短足ねこ「いや、大丈夫です」

とーやま校長「そりゃそんだけ言われたら自信もなくなるよ、自分自身がわからなくなっちゃうよな」

短足ねこ「はい」

あしざわ教頭「言い合いになったりはするの?」

短足ねこ「妹は言い返したりするんですけど、自分は性格的に言えないのと、やっぱり怖くて…」

とーやま校長「何されるかわからないもんな。短足ねこさ、これ以上受け止めてしまったらもっと自信がなくなってしまうよ。今でも短足ねこにたくさん良いところはあるんだよ」

短足ねこ「そうですか?」

とーやま校長「そうだよ!ちゃんと10年間家族のために我慢してきたわけなんだから、それは強くて優しくないと絶対無理だし、だからいいところはいっぱいあるんだよ」

160614_sol07.jpg


とーやま校長「それでさ、今のお父さんは信用できないわけじゃん。普通に考えて家族に向かってそんなこと言う人間は信用できない、だからそんな奴の言葉は受け止めて体の中に入れる必要ないよ。無理だもん。どんな事情があるかはわからないけど、そんな言葉は聞く必要ないから」

あしざわ教頭「校長が言った通りよく耐えたというか、本当は耐える必要なんかないんだけど、そのことは本当にすごいよ。俺も短足ねこと比べるものじゃないけど、たくさん言われ続けて自信がなくなって、どうしたらいいかわからなくて迷っちゃうときもあって、でもそこからその言葉を受け止めすぎて縮こまったままでいると、それは変わっていかないと思うんだよね」

短足ねこ「はい」

あしざわ教頭「だから自分から変えていくのは難しいけど、まずはお父さんの言葉を全部受け止めないことが必要だと思うし…」

とーやま校長「俺が思うのは、今短足ねこは色々なことを諦めてきちゃったじゃん?」

短足ねこ「はい」

とーやま校長「でも本当はそんなことする必要なくて、でもやりたいことや言いたいことに蓋をしてる状態だと思うんだ。その蓋をしてる重りはお父さんからの言葉だと思ってて、でもその言葉は愛も優しさもないウソの言葉だから、そんな言葉に重さなんてないから、その蓋を開けることができると思う。だからこれからそういう言葉があっても聞かなくていいと思う」

短足ねこ「はい」

あしざわ教頭「この話は誰かにしたことあるの?」

短足ねこ「ないです」

あしざわ教頭「やっぱり自分の中で抱えちゃうと苦しいから、こうやってSCHOOL OF LOCK!に書き込みしてもらっていいと思うし、ちょっとずつでいいからなくしていけたらと思うんだよ。自分の良さを見つけてくれるのは周りの人だから、そういう仲間や友達はいる?」

160614_sol09.jpg


短足ねこ「でも話すと…友達も嫌な気持ちになっちゃいそうだから…」

とーやま校長「ちょっと話がずれるかもしれないけど、自信がなくなっちゃうときは俺もあって、例えば野球で失敗して自信をなくしてしまって、その自信を取り返すために色々なことをやって補おうとするんだけど、結局自信は回復してなくて、やっぱり野球で失った自信は野球で取り返さないとダメだっていうのが俺の自信の取り返し方で。全然状況は違うけど、本当は聞かなくていいと思うんだけど、1つ自信になるとしたら、そのお父さんの言葉に対して毅然としていることができたら、自信が復活するんじゃないかと思った。本当は立ち向かう必要なんてないんだけどな」

160614_sol14.jpg


あしざわ教頭「本当に立ち向かう必要なんかないんだけど、これからも一緒にいる状態ではあるから…」

短足ねこ「就職はして家を出たいとは思ってるんです」

とーやま校長「じゃあ来年の春ってこと?」

短足ねこ「うまくいけばですけど、でも妹や弟がいるので…」

とーやま校長「そうか、そのこともあるんだもんな………まだまとまってない部分もあるけど、ちょっと黒板書くね」

短足ねこ「はい」

160614_sol16.jpg


『 強さ 』

とーやま校長「やっぱり今の時点で短足ねこはちゃんとした強さを持っている。それで今後自分がやりたいことがあってそういった気持ちを強めていって、妹や弟を心配する気持ちも強めていく。お父さんをどんな風に思ってる?」

短足ねこ「もう怖いしかないです」

とーやま校長「それは何も恥ずかしいことじゃないから、そうやって思っている自分を認めてあげられる強さもしっかり持つ。そうすれば強いやつは成し遂げることができるから、ちょっとずつ色々なことを強くしていこう」

短足ねこ「はい」

とーやま校長「あとは何度でも言うけど、流していいからね、それも強さだから」

160614_sol15.jpg


短足ねこ「はい」

とーやま校長「また話そうね」

短足ねこ「はい、ありがとうございました」


♪ 孤独の合唱 / BUMP OF CHICKEN


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FAXイラスト】

160614_fax01.jpg
RN ももとりまかろに


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
はるなつみかん 福井県 17歳 女性
短足ねこ 宮城県 17歳 女性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:05 ナナイロホリデー / SKY-HI
22:26 あなたの好きなところ / 西野カナ
22:45 オープンワールド / KANA-BOON
22:52 オンリーワンダー / フレデリック
23:11 NEW WALL / [Alexandros]
23:20 涙がこぼれそう / [Alexandros]
23:52 孤独の合唱 / BUMP OF CHICKEN
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
自分の内側に潜って潜って、たくさん考えて、
時折内側に顔向けると、
今まで見えなかった道が見つかる時ある!
外側ってのはラジオを聴くとか、本を読むとか、
誰かに話すとか、そういうことよ〜。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
色んなことを、ここにはき出していいからね。
 
教頭のあしざわ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
160613_sol01.jpg


160613_sol02.jpg


『 掲示板逆電 』

未来の鍵を握るラジオの中の学校、SCHOOL OF LOCK!
今週は毎日、掲示板逆電をやります!!

“掲示板逆電”
これはSCHOOL OF LOCK!で一番大切にしている授業です。

これまでにどんな話をしてきたのかをまとめた
“掲示板逆電まとめ”を特設サイトにアップしたので、そちらも見てください。

話の内容は何でも大丈夫です。

「4月からずっと学校が楽しくない」
「さっき初めての彼女ができた」
「この番組、今日初めて聴いたんですけど」
…などなど

「こんな話すると、ちょっと重いんじゃないか」とか、
「みんな真剣な話をしている時に、こんなこと書いたら空気読めてないんじゃないか」とか、
全く気にする必要はないです!
本当に何でも大丈夫!

今夜の生放送教室では、
校長・教頭が気になった書き込みに時間の限り電話をしていきます!

学校掲示板への書き込みは簡単な登録が必要だけど、数分程度で誰でもできるので、
登録して書き込んでください!
誰かに悩みを見られたくない生徒やどうしても登録できない生徒は、メールでも大丈夫!
みんなからのメッセージ待ってます!

さっそく1人目の生徒に逆電!!

とーやま校長「もしもし!」

ウオタミハンゾー 東京都 15歳 男性 高校1年生

ウオタミハンゾー「もしもし!」

とーやま校長「ウオタミハンゾーは今日の夕方に書き込みくれたよね?」

ウオタミハンゾー「はい!しました!」

とーやま校長「ちょっと今、助けてほしいことがあるんだよね?」

ウオタミハンゾー「あります」

とーやま校長「何があった?」

ウオタミハンゾー「好きな女の子が1ヵ月前くらいに出来て、その子と遊びに行く約束をしたんですけど、2人の家の距離が離れていてどこに遊びに行くか相談してるんですけど、向こうから決めていいよって言われてて、なのでどこに行ったら楽しく遊べるか聞きたいです」

とーやま校長「今かなり楽しいときかもな!その子とは高校で出会ったの?」

ウオタミハンゾー「そうです。高校入って同じクラスでした。最初の課外授業でランダムで組んだ子と勉強するみたいな授業で、偶然その子と一緒になって、話していくうちに仲良くなってLINEを交換して話してたら止まらなくなりました」

あしざわ教頭「いいじゃん!」

とーやま校長「じゃあもう、毎日話してるんだ?」

ウオタミハンゾー「はい!毎日話してます!」

とーやま校長「今までは遊びに行ったこととかあるの?」

ウオタミハンゾー「1回放課後に、スターバックスコーヒーの新商品が出たから一緒に行きました」

あしざわ教頭「うわー!めちゃくちゃいいね!」

ウオタミハンゾー「2人でみんなに見つからないように待ち合わせして、一緒に飲んで勉強しました」

とーやま校長「2人でどっかに行ったことはあるんだな。じゃあ夏なら花火大会は?」

ウオタミハンゾー「それは話したんですけど、花火大会とその子の部活の合宿が被っててダメで、部活の予定も出てないので、空いた日に行こうってなってます」

とーやま校長「そうか〜プールはいきなりハードル高いし…」

ウオタミハンゾー「あと未確認フェスティバルもどうかなって思ってるんですけど…」

とーやま校長「いいね!その子は音楽とか好きなの?」

ウオタミハンゾー「その子はそうでもないんですけど、僕がかなり好きなので、音楽を紹介してあげる感じでいけたら楽しいかなって思ってるんですけど、ただファイナルの新木場が遠くて、片道で2時間以上かかってしまうので…」

とーやま校長「あ〜!そうか!交通費もかかっちゃうしなぁ」

あしざわ教頭「そうだ、映画はやめといた方がいいと思うぞ。映画は趣味が合わなかったときにただ時間が過ぎちゃうだけになるから」

ウオタミハンゾー「それはきついですね」

とーやま校長「これ、お笑いの劇場のルミネTheよしもとじゃない?お笑いってけっこういいよ?」

160613_sol03.jpg


ウオタミハンゾー「あ〜」

とーやま校長「新宿のルミネTheよしもとなんか誰でも知ってる芸人さんばっかりでるからすごいおもしろいよ。ウオタミハンゾーはお笑い観に行ったことある?」

ウオタミハンゾー「行ったことないんですけど、新宿ならお互いの家からそこそこ近くて、アリかなって思いました」

あしざわ教頭「ちなみに新宿だけじゃなくて表参道でもやってるからそこもいいかもよ?」

とーやま校長「対抗するな!(笑)、でもお笑いは両方笑顔になるから、いいと思うぞ!」

ウオタミハンゾー「わかりました!考えてみます!」

とーやま校長「よし、じゃあ一緒に挨拶いくか!」

ウオタミハンゾー「はい!いきます!」

あしざわ教頭「起立!!」

とーやま校長「楽しいデートになるよにな!」

あしざわ教頭「礼!!」

校長・教頭・ウオタミハンゾー「叫べーーーーーーーー!!!!!!!!」

160613_sol04.jpg



♪ 君と夏フェス / SHISHAMO


続いての生徒はこの書き込みをしてくれた生徒


本当の自分
最近、本当の自分が見つかりません。高校に入学し、ほとんど知らない人に囲まれましたが、友達とでき、学級委員長にもなり、頑張っていました。
でも、最近辛いです。嘘つきの自分がいます。
自分にこんなにも醜く黒い感情があるのを知りました。心から笑う事が難しい事を知りました。荒ぶった感情を隠すのはとてもとても辛くて難しいです。私は別にいじめられている訳じゃありません。死にたい願望もありません。自分の気持ちを我慢するだけで傷つけています。とてもとても情けないです。親は自分を傷つけていることは知っています。相談にも乗って貰えます。ただ、こんな情けない事で、理由で親を困らせたくありません。自分の事は自分でコントロール出来るようにしたいです。
そこで皆さんに質問です。気持ちが高ぶった時、どうやって気持ちを整理してますか?自分をコントロールしてますか?
笹の助
女性/16歳/山形県
2016-06-13 20:39



160613_sol05.jpg


とーやま校長「もしもし!」

笹の助 山形県 16歳 女性 高校1年生

笹の助「もしもし」

とーやま校長「笹の助の書き込み読ませてもらったよ。ありがとうな、書き込みしてくれて」

笹の助「はい」

とーやま校長「それで今、笹の助は自分のことや自分の行動がよくわからなくなってきちゃってるんだよな」

笹の助「そうです」

とーやま校長「ちょっとしんどいね、最近こういうことを思い始めたの?」

笹の助「最近です」

とーやま校長「中学のときとかはそんなことは思わなかった?」

笹の助「ここまで思うことはなかったです」

とーやま校長「じゃあ高校に入って…でも友達もいるし今日も学校に行ってるんだよね?」

160613_sol06.jpg


笹の助「行ってます」

とーやま校長「何があってこういうことを思い始めちゃったのかな」

笹の助「私に仲の良いと友達が1人いて、小学校の頃同じクラスで中学で離れてしまったんですけど、高校はクラスも部活も同じになったんですよ。それがすごい嬉しくて最初はよかったんですけど、その子は中学のとき学校にうまく通えてなくて、それが原因かもしれないんですけど部活とかで先輩との距離が近くて、先輩と後輩の線を越えていくその子の姿を見て、羨ましい反面少し違うんじゃないかって思うところもあって…」

とーやま校長「年上に対する敬意をもって接してもいいんじゃないかって思うんだね」

笹の助「段々その子の行動とか全部がカチンとくるようになってしまって、そしたらその子だけじゃなくて、色々なことに対してカチンとくるようになってしまって、我慢はするんですけどコントロールできなくて自分を傷つける方向にいってしまいます」

とーやま校長「そのイライラやモヤモヤをどこにもっていっていいかわからなくて自分に向いちゃうのか…でも痛いだろ?」

笹の助「痛いです」

あしざわ教頭「それをすることで落ち着くの?」

笹の助「カッとして勢いに任せてやったあと我に返ったあとに、何を考えていたんだろうとか思って落ち着きはしますけど、痛いです」

とーやま校長「親は何て言ってるの?」

笹の助「抱え込まなくていいんだよって言ってくれます」

とーやま校長「それは優しいね。前の掲示板逆電で自分を傷つけてしまう生徒と話してて、それとか他の掲示板逆電をまとめてくれたんだけど、それを見てて、そのときも今も思っているのは、全部すっ飛ばして『やってほしくない』って思うのね」

160613_sol07.jpg


笹の助「はい」

とーやま校長「だけど、それで救われる気持ちもあるからそれは簡単すぎないかって意見もあって、だから単純にみんなの意見を聞きたいって思ってさ…」

笹の助「私も聞きたいです」

とーやま校長「友達にはあんまり言えてないんだよね?」

笹の助「言ってないです」

とーやま校長「でも笹の助はそういう嫌な部分だけじゃなくて、ちゃとした自分も確認できてるんだよね」

笹の助「できてはいます」

とーやま校長「そうじゃないと学級委員とかできないもんね。でもその部分で揺れちゃうんだよな」

160613_sol08.jpg


あしざわ教頭「みんなの意見も聞いてみたいですね」

とーやま校長「ちなみに今日の学校はどうだった?」

笹の助「今日はちょっときたときもありましたけど、しませんでした。楽しかったので大丈夫でした」

とーやま校長「それはどんな風におさえたの?」

笹の助「深呼吸をして、“大丈夫”って思って落ち着いたんですけど、ほんとにダメなときはその子が目の前にいてカッとなる原因が目の前で起こってしまうので、今日は大丈夫でした」

あしざわ教頭「友達だから接する機会も多いしね」

笹の助「その子は嫌いになりたくないんです」

とーやま校長「ちょっと違うかもしれないけど、自分の中でそういう風に思う瞬間は誰にでもあると思うんだよね」

あしざわ教頭「どんどん相手の嫌な部分を探してしまう自分がでてくる連鎖は全然ありますね」

掲示板にはたくさんの書き込みがありました。

160613_sol09.jpg



私も、
自分もずっと、隠してます。
右手に包帯巻いて、手首ひねったことにして。誰にも言えなかったから。

すごい共感。

相談とかもするの躊躇うし人を信じれなかったし。

なんかめっちゃ似てる。気がしました。
初恋は檸檬の香り。
女性/19歳/愛知県
2016-06-13 22:49

心がどうしようもなくなったとき
私もささのすけさんと全く同じとこがあって、こんなに同じような人がいるのかと驚いています。
私は自分を傷つけて、でも心配はかけたくない人です。そんなとき私はとりあえず休めるときは休みます。音楽を聞いて自分を落ち着けてそうするとまたもとに戻れます。最近はその繰り返しですね
自分を傷つけたくなったら休むことが大切だと思います。少しでも力になれたら嬉しいです
しぱぽ
女性/15歳/神奈川県
2016-06-13 22:59

うん、わかるな〜
私もかっと来ちゃって、自分を傷つけちゃうことあります。その子のことが嫌いなわけじゃないのに、イライラしてしまってでもどこにもぶつけられないから自分に激しい感情が向かってしまう。
そういうとき最近は、大きな紙にマジックペンで思ってること書きなぐってみたり書いた紙をぐちゃぐちゃに丸めて捨てたりすると、少しスッキリして自分を傷つけることは減ってきました。
紙に書くことによって自分の気持ちが整理出来て、今までとは違う考え方が発見できて、自分なりの解決法が見つかることもありました。
ほのとん
女性/18歳/福岡県
2016-06-13 22:59



とーやま校長「みんな色々書き込みくれて、こうやって紙にぶつけるのはいいかもしれないね」

笹の助「はい」

160613_sol11.jpg


あしざわ教頭「笹の助は、自分の中でこういう風じゃないといけないって思う部分があると思うんだよね。でもみんなダメな部分はけっこうあって、それにイラッとすることも絶対あるし、だから笹の助が“何で私は…”みたいなことは思わなくていいと思うんだよね」

笹の助「はい」

あしざわ教頭「でも今吐き出す場所がなくて、答えもわからないから、そういう方向に向かっていってしまってるんじゃないかと思うんだ」

とーやま校長「それは親に頼っていいことだし、俺達の掲示板に頼ってくれていいし」

笹の助「はい」

とーやま校長「やっぱりその子にイラッとしてる自分は嫌だろうけど、それも笹の助だろうし、楽しく過ごしてる笹の助も笹の助なんだよ。片方だけの人間なんていないんだよ。それが健全だと思うし人間らしくていいと思うよ。それはふり幅があるってことだから、それが人の魅力だと思ってるし、だからそういう自分を許してあげられたら、自分にも優しくなれるじゃん?」

笹の助「はい」

とーやま校長「難しい部分だけど、“嫌い”と思う自分はいるとしてさ、その友達とは仲良くしていきたいんだよな?」

笹の助「部活も一緒なのでしていきたいです」

とーやま校長「今のままだとその友達が笹の助を傷つけてしまっていることになって、そうなると友達としてはよくないものが間にあるから、むやみやたらに言うのは違うけど、例えばその日10あったことのうちの1を指摘してみるとかして、自分の中の空気を抜いていくのはありかもしれないね」

笹の助「はい」

とーやま校長「その一言で相手が何か気づくかもしれないし、そうじゃなくても言うってことが笹の助にとってはでかいことになると思うし」

あしざわ教頭「今までそういうことを言えたことはあるの?」

笹の助「私は言い始めるとガァーっと言ってしまうので、それで中学のころは何回もケンカして元通りにならなかったこともあるので、高校ではそういうことがないようにしたかったので、うまく言えるかどうか不安です」

とーやま校長「そうか、それが自分に向いちゃうんだよな。でもこれ以上自分を傷つけちゃいけないっていうのは大前提しなくちゃいけないから、それは崩さないでおこう」

160613_sol13.jpg


笹の助「はい」

とーやま校長「そうならないように自分の言いたい10のうち8くらいをどこかに吐き出しておきたいね。それをノートとかに書いておくとか…」

あしざわ教頭「手紙にして相手に渡すとか、自分の口で言うと溢れちゃうから、思ってることを言葉を選んで手紙にしてみるとかね」

笹の助「はい」

とーやま校長「やっぱり友達って楽しい時間も共有するけど、悔しい時間や痛みも共有して分け合うものだから、ちゃんと手紙でもいいから伝えた方がいいよ」

あしざわ教頭「その方が笹の助にとっていい方向に向かいますよね」

笹の助「わかりました」

とーやま校長「ちょっと黒板書いてみようかな。俺もまだちゃんとしたものは見えてないんだけど、今思ってること書くね?」

笹の助「はい」

160613_sol15.jpg


『 どんな笹の助も笹の助 』

とーやま校長「これがパッと思いついた言葉でさ、学級委員として楽しむ笹の助も笹の助だし、どうしていいかわからなくなって自分を傷つける笹の助も笹の助だし、それからは逃れることはできないんだよね、お前はお前だから」

笹の助「はい」

とーやま校長「だけどそこで全てが終わるわけじゃなくて、お前の中の心の居場所とかちゃんとあって、その道は絶対にあるから。それは今日の言葉の中にあるかもしれないし、ないかもしれないけど、ちゃんとお前の中にはあるから、そこをたどって生きろ」

笹の助「はい!」

とーやま校長「大丈夫だよ、笹の助!」

笹の助「はい!」

とーやま校長「またな!!」

笹の助「はい!ありがとうございました!」

160613_sol14.jpg



♪ Hybrid / アナログフィッシュ


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
ウオタミハンゾー 東京都 15歳 男性
笹の助 山形県 16歳 女性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:17 君と夏フェス / SHISHAMO
22:30 最&高 / きゃりーぱみゅぱみゅ
23:19 Sweet Refrain (Album-mix) / Perfume
23:50 Hybrid / アナログフィッシュ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
俺達は毎日話したいんだ!
それだけだ!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
みんなわからないことだらけ。
だからみんなで話をしていこう。
明日もよろしく!
 
教頭のあしざわ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
160609_sol20.jpg


160609_sol01.jpg


160609_sol02.jpg


『 レジェンド2 』

この学校で、レジェンドといえば!このプロジェクト!!
インハイエール! supported byポカリスエット!

「インハイエール!」とは、
インターハイを目指している!インハイでいい結果を残したい!
そんなインハイにかけている君の学校にスポーツ界のレジェンド、
通称レジェンド講師を派遣するという壮大すぎるプロジェクト!

さらにみんなが送ったインハイにかける熱いメッセージを元に、
BLUE ENCOUNT先生が“エールソング”を書き下ろしてくれることも決定しています!

160609_sol03.jpg


そして、気になるレジェンド講師とは…
1人目はオリンピック3連覇!
柔道の野村忠宏先生!!

さらに今夜、2人目のレジェンド講師を発表!!

君の学校に足を運び、直接アドバイスを送ってくれる、
2人目のレジェンド講師は

バレーボール元日本代表
山本隆弘先生!!

2003年ワールドカップではベストスコアラーとMVPを獲得!
あの山本隆弘先生が、生徒の学校に、直接教えに行きます!

さらにさらに、この2人のレジェンド講師が行く学校も発表!!

柔道、オリンピック金メダリスト、野村忠宏先生が行く学校は…
栃木県佐野日本大学中等教育学校 柔道部!

バレーボール元日本代表、山本隆弘先生が行く学校は…
北海道旭川実業高等学校 女子バレー部!

おめでとー!!
改めて君たちの学校にレジェンド講師がいくので、
そのエールを力に変えてほしい!

インハイエールの応募の締め切りは6月14日
まだ受け付けています!
みんなのインハイにかける熱い想いを
「インハイエール!」の特設サイトから送ってください!!

160609_sol04.jpg



♪ StaRt / Mrs. GREEN APPLE


今夜の生放送教室には…
Mrs. GREEN APPLE先生が5人揃って来校!!

Mrs. GREEN APPLE先生を迎えて送る今夜の授業は、
リスナーレポーター!キメメフェスティバル!

来週の水曜日、ニューシングル
「サママ・フェスティバル!」をリリースするミセス先生!

このニューシングル発売を記念して、6月19日(日)
「サママ・フェスティバル!発売記念100名限定スペシャルライブ」の開催が決定!
この超プレミアムライブに、SCHOOL OF LOCK!の生徒をライブレポーターとして招待してくれました!

今夜の生放送教室では、このライブに参加してレポートを書いてもらう、
リスナーレポーターをミセス先生と一緒に決めていくぞ!

リスナーレポーターを決める、キメる、キメメ…
だからキメメフェスティバル!

ライブに参加したい!リスナーレポーターになりたい!という生徒は、
「ライブの感想をポエムにします!」
「ライブで受け取ったものを一発芸にします!」
…などなど、
自分が選ばれたら“こんなレポートができます!”というアピールポイントを学校掲示板に書き込んでください!

160609_sol05.jpg



生放送教室には、Mrs. GREEN APPLE先生が登場!

大森 元貴先生 (Vo.Gt.)
若井 滉斗先生(Gt.)
藤澤 涼架先生(Kb.)
山中 綾華先生(Dr.)
睫 清宗先生(B.)


Mrs. GREEN APPLE先生「Mrs. GREEN APPLEです!」

とーやま校長「一回リハーサルしました?こんなに綺麗にそろいます?」

あしざわ教頭「しかも、ちょっとハモってましたよね。すごくきれいでした!」

とーやま校長「自己紹介でこんなに震えること初めて!」

大森先生「嬉しい!」

とーやま校長「歴代1位です!どうもありがとうございました!!」

Mrs. GREEN APPLE先生「ありがとうございましたー!」

あしざわ教頭「帰らないでください(笑)」

160609_sol06.jpg


とーやま校長「高野先生は、いつもラオウみたいな姿勢なんですか?(笑)」

大森先生「これはいつものですね(笑)」

とーやま校長「背筋もピンと伸びて、胸も張っていますが…」

高野先生「よろしくお願いします!」

とーやま校長「Mrs.先生は、めっちゃ元気ですよね。生放送教室からガラスを2枚隔てたところにMrs.先生が控えていたんですけど、笑い声がすごく聴こえてきて!」

大森先生「すみません!(笑)」

とーやま校長「全然かまわないんですけど、何か面白いことがあったんですか?」

大森先生「いや、笑うということで高めるという…」

あしざわ教頭「何も会話せずにただ笑っていたんですか?(笑)」

大森先生「笑うに越したことないですから」

とーやま校長「これ大事ね!すべてが円滑にいくのって笑顔だから!」

大森先生「そうですよ!あっはっはっはっはっ!

とーやま校長あっはっはっはっはっ!

あしざわ教頭「校長、笑っているんですけど、目が死んでます(笑)」

とーやま校長「前回は大森先生と藤澤先生が来てくださって、今回は5人全員での登場ということで、生徒のみんなも楽しみに待っていました!感想とかもたくさん来ているんですよ」

160609_sol07.jpg


そんなMrs. GREEN APPLE先生は、来週水曜日!6月15日にニューシングル『サママ・フェスティバル!』をリリースされます!!

とーやま校長「生徒のみんなと一緒に初オンエアを聴かせてもらったんですけど、まぁ、アガる曲!」

大森先生「ありがとうございます!」


最高の夏にしよう!
Mrs. GREEN APPLEのサママフェスティバル最高すぎる!
ミセスのポップなかんじもたくさん曲に
つまってて、自然と足でリズムとっちゃてました笑 夏がくるのがすごく楽しみになりました!「時」はとても大切だな、と感じました。
ミセス先生、大好き!!!!
ゆびきりげんまん
女性/15歳/富山県
2016-05-05 22:19



藤澤先生「嬉しい!」

綾華先生「ありがとうございます!」


やばい
この曲があればどんなことも乗り越えられる気がする。
本当にMrs.GreenAPPLE先生ありがとう
amuto
女性/18歳/広島県
2016-05-05 22:08



とーやま校長「元気いっぱいな感想が本当にたくさんで、2016年に出る曲の中でキラキラ度1位なんじゃないですか!」

大森先生「本当ですか!今日、いっぱい1位もらってる!」

とーやま校長「こんなに頭から最後までキラキラしている曲ってなかなかないと思っていて。曲の力もそうだし、5人の間にあるものも曲に詰まっているからこそ、みんなの感想もキラキラしたものになっているんだと思います」

160609_sol08.jpg


若井先生「僕たちも楽しんでレコーディング出来たので、聴いている人にそれが届いているんならよかったです!」

とーやま校長「どういうところが楽しく出来たんですか?」

大森先生「いつも僕らレコーディングの時は歌詞の読み合わせをして、“どういう歌詞の意味なんだろう?”って5人で話し合うんですけど、今回すごくわかりやすい歌詞だったんですよ」

とーやま校長「作詞作曲は大森先生なんですよね。それをみんなで読み合わせするんですか?」

大森先生「はい。この1文ってどういう意味なんだろうね?って話をします」

あしざわ教頭「自分で書いているけど5人で話し合いをするんですね」

大森先生「そうですね。いつもはそれぞれ結構違う感想だったりするんですけど、今回の曲って答えが一つで、夏!っていうものなので、夏を感じるようなワクワクした演奏にしようね。ってことで、すごく楽しめましたね」

160609_sol16.jpg


とーやま校長「そういうアーティストの方って今まで聞いたことがなくて、そこで5人の気持ちが共有出来るし、色んなものがそこで生まれることもあって、それでこの曲が出来ているんですね!」

大森先生「そうですね!」


♪ サママ・フェスティバル! / Mrs. GREEN APPLE


とーやま校長「今の話を聞いたうえで改めて曲を聴くと、みんながより楽しそうに演奏しているのが伝わってきました!綾華先生はどういうイメージで演奏に挑んだんですか?」

綾華先生「夏ってキラキラしているイメージがあって、特に小さい頃は全てがキラキラしていて毎日が楽しくて…。今よりももっと昔のキラキラしていた時を思い出して、とにかく楽しくやりましたね」

とーやま校長「今がキラキラしてないってわけではないですよね?(笑)」

綾華先生「そういうわけじゃないんですけど…純粋に楽しんでいたころを思い出して……アレ?(笑)」

あしざわ教頭「言えば言うほど…!(笑)」

160609_sol11.jpg


とーやま校長「高野先生は、どういう気持ちでこの曲に挑まれましたか?」

高野先生「『サママ・フェスティバル!』っていうタイトルが先行していたので、『サママ?』みたいなのはありましたね。歌詞にも“マ”が多かったですし。でも、夏曲だな!っていうのはすぐに分かって、夏のキラキラさすごく意識しました」

とーやま校長「高野先生、ちょっと緊張されてます?(笑)」

高野先生「緊張してないですよ!」

大森先生「それはウソだろ!(笑)」

とーやま校長「曲中も、“話したいです”みたいなことを仰っていたから、聞いてみたら、わりと目がずっと泳いでいるという…」

高野先生「大丈夫ですよ。安心してください!」

とーやま校長「おっ!」

高野先生……安心してください!

全員笑い

あしざわ教頭「2回言っただけ(笑)」

160609_sol10.jpg


『サママ・フェスティバル』の初回限定版には、4月10日、東京・赤坂BLITZで行われたツアーファイナルのDVDも収録!

とーやま校長「赤坂BLITZでのライブはいかがでしたか?」

大森先生「緊張したけど、楽しかったです!」

あしざわ教頭「そういう時は高野先生は緊張されないんですか?」

高野先生「緊張するんですけど、メンバー同士で“頑張ろうね!”って言って、背中たたき合ったりしてステージに出るんで、なんとか…!」

あしざわ教頭「すごい満面の笑みですね!(笑)」

とーやま校長「実際にこのライブに足を運んでくれたやつも、リスナーレポーターとして新たに立候補してくれたやつも、どんなレポートでもいいと思っているんです。例えば、こんなことしながらレポートしてたら面白いなって思えるのありますか?」

160609_sol12.jpg


若井先生「自分の特技を生かしながらレポートを書ける人は良いと思いますね。自分の色を取り込んだりとか」

とーやま校長「高野先生だったら、文章の終わりに『我が一生に一片の悔いなし』っていうのを書くとか」

あしざわ教頭「ラオウじゃないですか(笑)」

高野先生「……えっと…」

大森先生「おい〜!(笑)」

高野先生「すみません!!めっちゃ緊張してます」

160609_sol14.jpg


とーやま校長「ついに白状したぞ!(笑)」

そして、Mrs. GREEN APPLE先生と送る今夜の授業は…!
「リスナーレポーター!キメメフェスティバル!」

6月15日にリリースされる『サママ・フェスティバル!』
この発売を記念して行われる『「サママ・フェスティバル!」発売記念 100名限定スペシャルライブ』

とーやま校長「今夜は、このMrs.先生のプレミアムライブに行って、ライブレポートを書いてくれる生徒をキメメ!決める祭り!そう、『キメメフェスティバル』を開催!」

あしざわ教頭「生徒のみんなには『私だったらこんなレポートをします!』というアピールポイントを書いて立候補してもらっています!」

とーやま校長「リスナーレポーターを、キメメるのは、もちろん、Mrs. GREEN APPLE先生!」

大森先生「はい!」

とーやま校長「Mrs. GREEN APPLE先生は、何か決めごとがあるときにパッと決められるほうですか?」

大森先生「Mrs.は優柔不断の集まりですね〜」

とーやま校長「そうなったらどうします?」

大森先生「多数決が一番いいんじゃないでしょうか?」

とーやま校長「それでいきましょう!!」

160609_sol13.jpg


さらに、来週からは名古屋・大阪・東京のクアトロで、2マンライブもあります!
対バンは…04 Limited Sazabys先生、キュウソネコカミ先生、SAKANAMON先生!

とーやま校長「ライブってMrs.先生にとってどういうものですか?」

大森先生「自由で、楽しいですね。ファンと直接触れ合える場所ってやっぱりライブだよな。と思います」

とーやま校長「藤澤先生にとってライブはどういうものですか?」

藤澤先生「特別な空間ですよね。お客さんに楽しんでもらおうっていう意識でやっているんですけど、なんだかんだ自分たちが楽しんでいる部分もあります。自分から解放できる場所ってなかなか無いと思っていて、ライブはすごく良いところだよね」

とーやま校長「リスナーレポーターが今日決まるわけですけれど、若井先生としてはどんなやつに来てほしい!とかありますか?」

若井先生「年齢問わず、色んな層の方に来ていただきたいなと思いますね」

とーやま校長「色んな層の方に来てほしいですし、Mrs.先生は生徒のみんなからしたら、ちょっと先輩という存在だから、10代の生徒も楽しいこと間違いないと思います!では、早速リスナーレポーターをキメメいくぞ!……もしもし!」

???「もしもし!」

とーやま校長「校長のとーやまです!」

あしざわ教頭「教頭のあしざわです!」

Mrs. GREEN APPLE先生「Mrs. GREEN APPLEです!」

春緒なや 東京都 18歳 女性 

春緒なや「春緒なやです!」

とーやま校長「『サママ・フェスティバル!』発売記念100名限定ライブのリスナーレポーターになりたい!ってことで立候補してくれたんだよね?」

春緒なや「そうです!」

とーやま校長「じゃあ、Mrs.先生も来ていることだし、どんなレポートが出来るかアピールしてもらってもいい?」

春緒なや「私がレポーターに選ばれたら、レポートにイラストをつけて、さらにしりとりでMrs.先生の好きな所を言います!

大森先生「エフェクトが2個も!」

とーやま校長「イラストってことは絵が得意なの?」

春緒なや「昔から絵を描くのが好きで、パソコンで描いたりしてます」

とーやま校長「じゃあ、レポーターに選ばれたら、文章のレポートに加えてライブの模様の絵とかも添えてくれるってこと?」

春緒なや「はい!」

とーやま校長「ちなみに、なやはMrs.先生の事、めっちゃ好きでしょ?」

春緒なや「めっちゃ好きです!!」

とーやま校長「何回か絵を送ってくれているよね?」

実際にRN 春緒なやが書いてくれたMrs. GREEN APPLE先生のイラストがこちら!

160609_sol95.jpg


160609_sol96.jpg


160609_sol97.jpg


160609_sol98_1.jpg


160609_sol99_1.jpg


大森先生「ハンパないっすね!」

藤澤先生「イケメン補正がハンパないね!」

あしざわ教頭「何枚も送ってくれていて、しかも全部カラー!」

綾華先生「めちゃくちゃ嬉しいです!すごく可愛く描いてもらっていて…」

160609_sol15.jpg


春緒なや「ありがとうございます!光栄です!」

とーやま校長「文章だけじゃなくてイラストでライブの臨場感も伝わるようなレポートになるだろうね」

春緒なや「頑張りたいです!」

とーやま校長「もう一つは、しりとりで好きな所を言う。だったよね?例えば、何か言葉を言ったら、そのお尻の言葉を取って良いところを言えるってこと?」

春緒なや「はい!」

大森先生「Mrs.の“す”!」

春緒なや「透き通るような元貴さんの声と、輝く4人のアンサンブル!」

藤澤先生「すごい!!」

大森先生「出来る子だなぁ!」

とーやま校長「まだまだいける?」

春緒なや「頑張ります!」

とーやま校長「じゃあ、若井先生アンサンブルの“る”からいきましょう!」

若井先生「る…ルビー!」

春緒なや「びっくりするくらいキラキラしていて楽しいライブ!」

160609_sol09.jpg


とーやま校長「高野先生、“ぶ”です!」

高野先生ぶ……ブッチェ!

全員笑い

とーやま校長「ひどいよ(笑)」

高野先生「ブッチェっていう人の名前があったような気がして…」

綾華先生「気がして?(笑)」

大森先生「謝って!」

高野先生「すみませんでした!」

とーやま校長「“た”でいってみよう!」

春緒なや「多彩なメロディラインと、かっこいいリズム隊!」

あしざわ教頭「めっちゃすごいな!」

大森先生「2個くれるの嬉しいね!」

とーやま校長「とんでもない危機的状況まで救ってくれてるからね(笑)」

大森先生「高野、本当に感謝だぞ!(笑)」

高野先生「ありがとう!」

とーやま校長「それでは、Mrs.先生。春緒なやをリスナーレポーターにしたい!と思った方は、挙手をお願いします!」

Mrs. GREEN APPLE先生はーい!!!!

とーやま校長「5人全員手が挙がったということで、リスナーレポーター決定です!!!」

春緒なや「ありがとうございます!」

とーやま校長「二人で行けるから、Mrs.先生を好きな友達とか誘って楽しんできて!」

春緒なや「はい。ガンガン誘います!」

とーやま校長「レポートよろしくな〜!」

春緒なや「頑張ります!」

Mrs. GREEN APPLE先生「お願いします!」


♪ 愛情と矛先(Live at AKASAKA BLITZ on 10th April,2016) / Mrs. GREEN APPLE


とーやま校長「この曲は、『サママ・フェスティバル!』初回限定盤のみについてくるDVDの中からの音源ですね。来週発売の初回限定盤を買えば、映像でも見ることができるぞ!」

続いて、『サママ・フェスティバル!』発売記念100名限定ライブのリスナーレポーターに立候補した生徒は…

赤のりんご 神奈川県 16歳 女性 高校2年生

とーやま校長「赤のりんごもリスナーレポーターに立候補してるんだよね?」

赤のりんご「もちろんです!」

とーやま校長「Mrs.先生にどんなことが出来るのかアピールしてもらってもいい?」

赤のりんご「はい。私がレポーターに選ばれたら、ライブのことを曲にしてレポートします!」

とーやま校長「おお!そんなレポート聞いたことないね!」

赤のりんご「感想だったり、思ったことだったりを曲にして色んな人に伝えられたらいいなと思っています」

大森先生「すごい!」

とーやま校長「赤のりんごは曲が作れるの?」

赤のりんご「はい、作詞作曲とかして、ライブとかをやっています」

とーやま校長「ライブとかもやってるの?バンドとかで?」

赤のりんご「バンドです!ギターボーカルをやっています」

大森先生「一緒〜!!」

とーやま校長「急に小学生現れた(笑)でも、感想を曲にしてくれるっていうのは、どうですか?」

若井先生「恋人とかにするやつでしょ?僕らでいいんですかね。ありがとうございます!」

とーやま校長「Mrs.先生のライブを観たら曲に出来るんだもんね。例えば、Mrs.先生のライブに行ってレポーターとして曲を作りたいっていう今の気持ちを聴かせてくれることって出来たりする?」

赤のりんご「出来ます!」

大森先生「天才だよ!!」

赤のりんご「Mrs.先生に感謝の気持ちを込めて曲を作ったので聴いてください!」

RN 赤のりんごは、Mrs. GREEN APPLE先生への感謝の気持ちがこもった曲を披露してくれました!

大森先生「めっちゃいい!」

藤澤先生「ありがとう〜!!」

綾華先生「すごい!めちゃくちゃ嬉しいです!」

とーやま校長「それでは、5人にお聞きします。RN 赤のりんごをリスナーレポーターにしたい!という人は挙手してください。どうぞ!」

Mrs. GREEN APPLE先生はいっ!!!

160609_sol17.jpg


とーやま校長「満場一致!5人の手が上がったということで、RN 赤のりんごはリスナーレポーターに決定!!」

あしざわ教頭「おめでとう!」

大森先生「全然お世辞とかじゃなくて、しっかりと曲だったよね。すごくキャッチーだったし」

とーやま校長「Mrs.先生の新曲とかにも聴こえるような…すごく良かったですね」

大森先生「いただきます!」

とーやま校長「ダメですよ(笑)あげたくないよね?」

赤のりんご「はい(笑)」

とーやま校長「じゃあ、レポートよろしくな!そして、Mrs.先生のライブを思いっきり楽しめよ!」

赤のりんご「ありがとうございます!」

そして、本日も黒板の時間になってしまいました。
今夜はMrs. GREEN APPLEの大森先生に書いてもらいました!

160609_sol18.jpg


『 本当はいつでも毎日フェスティバル! 』

『サママ・フェスティバル!』って曲は夏のことを歌った、お祭りのような歌なんですけど、毎日気づけていないだけで幸せとかワクワクすることとかって周りに溢れているなと感じるんです。
本当はいつでも毎日フェスティバル!お祭りのような毎日が続いているんです。


とーやま校長「毎日がフェスティバルって気づけたもの勝ちだと思うし、そこのスイッチ入れるだけでなかなか気づけないことにも気づけたりしますからね」

大森先生「本当にその通りです!」

とーやま校長「黒板の文字を心の片隅とかに置いておけば、毎日が楽しく過ごせると思います!」

大森先生「ありがとうございます!」

そして、6月19日に行われる、Mrs. GREEN APPLE先生の『「サママ・フェスティバル!」発売記念100名限定スペシャルライブ』は、映像配信サービス「GYAO!」で生配信されます!
ライブにいけないという生徒は、生配信で楽しもう!!

160609_sol19.jpg


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FAXイラスト】

160609_fax01.jpg

160609_fax02.jpg
RN あおりんごのはるぱか

160609_fax03.jpg
RN りさっぷる

160609_fax04.jpg
RN 柚果


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
赤のりんご 神奈川県 16歳 女性
春緒なや 東京都 18歳 女性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:10 StaRt / Mrs. GREEN APPLE
22:26 金曜日のおはよう / Gero
22:39 サママ・フェスティバル! / Mrs. GREEN APPLE
23:41 愛情と矛先(Live at AKASAKA BLITZ on 10th April,2016) / Mrs. GREEN APPLE
23:50 サママ・フェスティバル! / Mrs. GREEN APPLE
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
Mrs.先生はいるだけで場が明るくなる!!楽しい!!
また来て下さい!!
ってかブッチェってなんすか。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
ブッチャーのことかな…?
Mrs.先生の音楽はやっぱり魔法のようだ!!
またお待ちしています!
 
教頭のあしざわ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
160608_sol01.jpg


160608_sol02.jpg


『 新部活 バイト部 』

SCHOOL OF LOCK!は、ラジオの中の学校!
この学校には、みんなが通う学校と同じで、色々な部活があります。
そんなSCHOOL OF LOCK!に新しい部活ができます!それが…
バイト部 Supported by バイトル!!

“アルバイト”をする生徒のための部活が始まります!
活動の内容は、アルバイトを通じて“未来の鍵”を探すこと!

アルバイトをやっていると親友ができることもあるし、恋人に出逢えることもあるし、
ひょっとしたら、新しい夢を見つけられる場合もあります。

ちなみにとーやま校長は新聞配達や居酒屋、
あしざわ教頭はコンビニやホテルマンのアルバイトをしていたそうです!

160608_sol03.jpg


ということで、SCHOOL OF LOCK!ではバイトをがんばる生徒も全力で応援!
さらにバイトのことを何でも話し合える
“バイト部掲示板”がオープン!

バイトに関する悩み、相談、バイトに関することだったら何でも書き込んでください!
バイト経験のある生徒もアドバイスに乗ってください!

さらに、この部活は“バイトル”がサポートしてくれています!
バイトルのサポートの元、
毎週月曜日の夜11時8分頃、
バイト部の活動を、生放送教室で行っていきます!

そしてバイト部の掲示板に書き込みをしてくれた生徒の中から
抽選で毎月10人に、バイトルオリジナルQUOカード1000円分をプレゼント!

詳しくはバイト部の特設サイトを見てください!

160608_sol04.jpg


そして今夜の生放送教室では…
できたばかりのバイト部の、新入部員歓迎会を行います!
“バイト部”に入部してくれた生徒に、直接電話をしていきます!

バイトに関するエピソードやバイトについて悩んでいること、
その内容を詳しく書いて送ってきてください!

電話に出てくれた生徒全員にバイト部の入部を記念して、
バイトルオリジナルQUOカード1000円分をプレゼント!

今夜は“バイト部掲示板”でなく、学校掲示板への書き込みでも大丈夫です!
みんなからのメッセージ、待ってるぞ!

160608_sol05.jpg


今夜の1曲目は、ASIAN KUNG-FU GENERATION先生が7月13日にリリースするニューシングル
『ブラッドサーキュレーター』を初オンエア!!


♪ ブラッドサーキュレーター / ASIAN KUNG-FU GENERATION


160608_sol06.jpg


実はバイト部創設を記念して、
アルバイト体験ができる、ゲームをつくりました!
ぜひ、バイト部のサイトからやってみてください!無料でできます!

とーやま校長もチャレンジ!
結果はバイト見習いでした!

そして生徒に電話をしていきます!

とーやま校長「もしもし!」

海老マヨのりーすけ 福島県 16歳 女性 高校2年生

海老マヨのりーすけ「もしもし」

とーやま校長「海老マヨのりーすけはもうバイトり中?」

海老マヨのりーすけ「まだです」

とーやま校長「じゃあこれからバイトル予定か」

海老マヨのりーすけ「はい」

とーやま校長「何でバイトしたいの?」

海老マヨのりーすけ「[Alexandros]先生が好きで、ライブに行きたいと思ったからです」

とーやま校長「チケット代を自分で稼いで観に行くとまた思い出に残るもんな。バイトの経験はあるの?」

海老マヨのりーすけ「ないです」

とーやま校長「じゃあ不安はめちゃくちゃあるよな」

海老マヨのりーすけ「仕事についていけるかとか、不安があります」

とーやま校長「例えばどんな仕事がしたいとかある?」

海老マヨのりーすけ「将来の夢が管理栄養士になることなので、今から少しでも食に関わることがしたいので、飲食店でバイトしたいです」

とーやま校長「飲食店だとホールだったり調理だったりあるけど、どっちがいい?」

160608_sol07.jpg


海老マヨのりーすけ「まずは接客からやりたいです」

とーやま校長「ちょっとお金の話になるけど、時給はどれくらい欲しい?」

海老マヨのりーすけ「まだバイトしたことがないからわからないんですけど、とりあえず750円くらいから始めたいです」

とーやま校長「なるほど、大体週にどれくらい働ける?」

海老マヨのりーすけ「3日くらいです」

あしざわ教頭「校長、どんなキャラですか?(笑)」

とーやま校長「先に履歴書いただいてたんですけど、家から近い方がいいですか?」

海老マヨのりーすけ「そうですね」

とーやま校長「じゃーちょっと調べさせてもらいますー!」

あしざわ教頭「一体どこの立場なんですか!」

そして調べた結果…

とーやま校長「海老マヨのりーすけにはファミレスがございます!」

160608_sol08.jpg


海老マヨのりーすけ「おおー」

とーやま校長「まずはファミレスのホールをやって、メニューを把握したりして、食の知識は蓄えられていきますし。慣れていけば調理を手伝うことになるかもしれません。それに時給なんですが…800円からスタートさせていただきます!」

海老マヨのりーすけ「やったぁ」

とーやま校長「がんばれば1週間で店長になることもできます!」

あしざわ教頭「逆にダメでしょそれ!しかも将来の夢は管理栄養士なんだから!(笑)」

とーやま校長「ああ!そうか!まぁでもほんとにいいと思うから、しっかり決まって働き始めたら、体験レポートとか教えてね」

海老マヨのりーすけ「わかりました!」

とーやま校長「よし!海老マヨのりーすけにはバイトルオリジナルQUOカード1000円分をプレゼント!」

海老マヨのりーすけ「ありがとうございます」


♪ I want u to love me / [Alexandros]


続いての生徒は、バイトの先輩として話を聞きます!

とーやま校長「もしもし!」

みゆりんご 千葉県 16歳 女性 高校2年生

みゆりんご「もしもし」

とーやま校長「みゆりんごはバイトをもうしてるんだよね?」

みゆりんご「5月の末から人生初のバイトを始めました」

とーやま校長「始めてすぐだね」

みゆりんご「まだ2回しか仕事はしてないです」

とーやま校長「そうなんだ、何のバイトをしてるの?」

みゆりんご「スイミングスクールのプールの監視とかをしてます」

あしざわ教頭「溺れないように監視してるやつか」

とーやま校長「そもそも何でバイトを始めようとしたの?」

みゆりんご「友達に誘われて始めました」

とーやま校長「お金の使い道とかあるの?」

みゆりんご「夏休みにオーストラリアにホームステイに行くので、そのために貯めます」

とーやま校長「いいね〜今のところ2日やって緊張した?」

みゆりんご「初日は大学生の先輩しかいなくて緊張したんですけど、次の日にわからないこととか聞いたらすごいフレンドリーに教えてくれたので、なんとかやっていけそうです」

とーやま校長「やっぱり先輩は教えたいって思ってるから、どんどん聞きに行っていいと思う」

みゆりんご「はい、すごい緊張してたんですけど、話しかけてもらってすごい気が楽になりました」

とーやま校長「楽しくなりそうなんだね。それで履歴書を見せてもらってるんだけど、2日目に1個下の男の子に…どうした?」

みゆりんご「年下の子と話すことがなかったのですごく新鮮で、すごい丁寧に教えてくれたので、一目惚れ…」

とーやま校長「はいったね!これは!」

160608_sol11.jpg


あしざわ教頭「気持ちが溢れてるね!」

とーやま校長「バイトはこういう出会いの場でもあるわけだから!もう楽しいだろ?」

みゆりんご「はい!」

とーやま校長「これがモチベーションにもなるだろうし、そうすればバイトもがんばれると思うから、慣れてきたら体験レポートとかも教えてね」

みゆりんご「わかりました」

あしざわ教頭「こういうバイトがあるって知らない生徒もたくさんいますからね」

160608_sol10.jpg


とーやま校長「じゃあみゆりんごにもバイトルオリジナルQUOカード1000円分をプレゼント!」

みゆりんご「おー!」

とーやま校長「これで男子に奢ったりしちゃうのかなぁ!」

みゆりんご「(笑)」

とーやま校長「みゆりんご話聞かせてくれてありがとう!」


♪ キミに100パーセント / きゃりーぱみゅぱみゅ


続いての生徒は…

とーやま校長「もしもし!」

はちみつメロンパン 神奈川県 15歳 女性 高校1年生

はちみつメロンパン「もしもし!」

とーやま校長「はちみつメロンパンはもうバイトしてるんだよね?」

はちみつメロンパン「はい!」

とーやま校長「何のバイトしてるの?」

はちみつメロンパン「今年の4月から水族館の売店で働いてます」

とーやま校長「へぇ〜そもそも何でバイトしようと思ったの?」

はちみつメロンパン「大学の進学費用を貯めようと思ってます」

とーやま校長「偉いなぁ、水族館のバイトはどうやって見つけたの?」

はちみつメロンパン「駅でたまたま見つけて、平日に部活をやっているので土日だけでいいっていうのでいいなって思って決めました」

とーやま校長「時給はいくらぐらいなの?」

はちみつメロンパン「900円くらいです」

あしざわ教頭「いいじゃん!」

とーやま校長「もう初給料日来てるよね?初めての給料を何に使ったか教えてもらえる?」

はちみつメロンパン「今度友達と出かけるので、その分は残して、残りは親にあげました」

とーやま校長「ほんとに偉いなぁ!」

あしざわ教頭「素晴らしいよ!」

160608_sol09.jpg


とーやま校長「水族館の売店はどんな仕事してるの?」

はちみつメロンパン「アメリカンドッグとかポテトとか、今の季節ならアイスとかを売ったりしてます」

とーやま校長「最初の頃はどうだった?緊張とかした?」

はちみつメロンパン「ゴールでウィーク真っ只中に入ったので、洗い物して、メニュー覚えて、品物出して、すごい緊張ししたままやってました」

とーやま校長「優しく教えてくれた先輩とかいた?」

はちみつメロンパン「1から何でも教えてくれる先輩がいました!」

とーやま校長「やっぱりいるんだよね。それで助けてもらって何とかやってこれんたんだ」

はちみつメロンパン「はい」

あしざわ教頭「もう慣れてきた?」

はちみつメロンパン「だいぶ慣れてきました。でもまだ迷惑かけることもありますけど大分やれるようにはなりました」

とーやま校長「バイトは楽しい?」

はちみつメロンパン「楽しいです!」

とーやま校長「どんな部分が楽しい?」

はちみつメロンパン「子供がたくさんくるので、“ありがとう”とか言ってもらえるとすごい嬉しいです」

とーやま校長「それがやりがいだよね。そういうところにやりがいはあるからね」

あしざわ教頭「それにこういうところで働くと自分がお客さんとかのとき一声“ありがとう”って声かけようって思うようにならない?」

はちみつメロンパン「なります!」

あしざわ教頭「そういう感謝の気持ちが生まれるよね」

とーやま校長「水族館自体は観ることはできないの?」

はちみつメロンパン「社員用入口から売店まで行くときは水族館の中なので、水槽を見ながら行ってます」

とーやま校長「めっちゃいいね!何かバイトだけの特権とかはある?」

160608_sol12.jpg


はちみつメロンパン「最後まで働いていると、水族館が終わってお客さんが誰もいないので、そこを歩けたりします」

あしざわ教頭「羨ましいな!」

とーやま校長「バイトってそういうこともあるからいいよね!」

はちみつメロンパン「はい!」

とーやま校長「はちみつメロンパンはもうバイト初めてるわけだけど、まだ不安でバイト始められない生徒もいるから、何かアドバイスとかないかな?」

はちみつメロンパン「最初は辛くてやめたくなることもあると思うんですけど、1週間がんばれば楽しみも見つかってくると思うので、1週間続けてみてほしいと思います」

とーやま校長「ほんとその通りだよね!じゃあ部活もバイトもがんばってな!はちみつメロンパンにもバイトルオリジナルQUOカード1000円分をプレゼントするから!」

はちみつメロンパン「ありがとうございます!」


♪ マーメイドラプソディー / SEKAI NO OWARI


続いての生徒は…

とーやま校長「もしもし!」

はぁ〜ちゃん 京都府 16歳 女性 高校2年生

はぁ〜ちゃん「もしもし!」

とーやま校長「はぁ〜ちゃんも今バイトをしている?」

はぁ〜ちゃん「コンビニでバイトしてます」

とーやま校長「いつ頃から始めたの?」

はぁ〜ちゃん「2週間前から始めました」

とーやま校長「何でコンビニを選んだの?」

はぁ〜ちゃん「1番人と関わることができるかなって思ったのと、家から近かったので選びました」

とーやま校長「人と関わるのが好きなんだ。バイトを始めようとしたきっかけは何?」

はぁ〜ちゃん「家にお金を入れようと思ったのと、flumpool警備員が好きでflumpool警備員のために自分で貯めたお金を使いたいと思ったからです」

とーやま校長「はぁ〜ちゃんは偉いなぁ。2週間やってどう?」

はぁ〜ちゃん「大変なこともあるんですけど、最初はできなかったことが、段々とできるようになっていくのが楽しいし、やりがいがあります。最初はわからないことを聞く勇気もなかったんですけど、今は聞けるようになって段々できることも増えたと思います」

あしざわ教頭「聞きにくいのは最初だけだよね。でも最初から怒る人はいないから聞けると楽になるし」

160608_sol14.jpg


とーやま校長「バイトではどんなことを学べた?」

はぁ〜ちゃん「小さな気遣いや人のことを考えられるようになりました」

とーやま校長「やっぱり働くとそういうことに気づけるようになるんだね。家計も助けることができて、さらに自分の今後の人生にも役立つことを学べて、いいことしかないかもな」

160608_sol15.jpg


はぁ〜ちゃん「はい!」

とーやま校長「じゃあ最後にこれからバイトを始めようかと思ってる生徒に、何か言葉をもらってもいいか?」

はぁ〜ちゃん「学校の中だけでは築けない関係もいっぱい広がるし、大変なこともあるけど、嬉しいことや楽しいこともいっぱいあるので、バイトをしようと思っている方も、バイトをしている方も一緒にがんばりましょう!」

とーやま校長「よし!ありがとう!はぁ〜ちゃんにもバイトルオリジナルQUOカード1000円分をプレゼントするから!」

はぁ〜ちゃん「ありがとうございます!」

160608_sol16.jpg


そして本日の黒板の時間となりました。

160608_sol17.jpg


『 バイトをする=自分をみつける 』
今夜の話を聞いていて、
バイトという全くわからない環境に飛び込むことで、
色々な新しい自分がみつかると思いました。
不安だと思っている生徒も、まずはバイトを探してみる、
それがすなわち、自分をみつけることになる!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
海老マヨのりーすけ 福島県 16歳 女性
みゆりんご 千葉県 16歳 女性
はちみつメロンパン 神奈川県 15歳 女性
はぁ〜ちゃん 京都府 16歳 女性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:11 ブラッドサーキュレーター / ASIAN KUNG-FU GENERATION
22:25 Highschool love / E-girls
22:43 I want u to love me / [Alexandros]
22:50 キミに100パーセント / きゃりーぱみゅぱみゅ
23:14 なんでもねだり / KANA-BOON
23:26 talking / KANA-BOON
23:41 マーメイドラプソディー / SEKAI NO OWARI
23:51 ニューカマー / セカイイチ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
1ヵ月バイトした後に見る給与明細、
たまらんよね〜
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
バイトは間違いなく度胸がつくぞ!!
1つ大人になっちゃおう!
 
教頭のあしざわ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
160607_sol20.jpg


160607_sol01.jpg


160607_sol02.jpg


『 春菊 』

足かけ2年、とーやま校長の家の冷蔵庫と壁に挟まっているもの
春菊

その春菊は寂しい想いをしているんじゃないか、
何をやっているんだとーやま!
助けなくていいのか!
いつ助けるんだ!

160607_sol03.jpg


今でしょ!!!!

……………

160607_sol04.jpg



シュンギク笑
シュンギクでここまで話膨らませられる人初めて出会いました!笑
さすが校長!でも、なかなか取れない時ありますよね。わかりますー!(^_^;)
Smile Again
女性/15歳/愛媛県
2016-06-07 22:06





♪ まわるまわる / ルルルルズ


そして今夜の生放送教室には、
indigo la End先生が全員揃って来校!!

indigo先生は今週水曜日、
ニューアルバム『藍色ミュージック』をリリースします!!

今日が店着日なのでフラゲ日した生徒もいると思います。
その感想を、直接メンバー4人に伝えてください!

まだ聴いてない生徒も、
今夜の授業ではこのアルバムの曲を生放送でオンエアしていくので、
それを聴いて感じたことを教えてください!

みんなからのメッセージ、学校掲示板もしくはメールで待ってます!!


♪ 悲しくなる前に / indigo la End


生放送教室にはindigo la End先生が登場!!

160607_sol05.jpg


川谷絵音先生 (Vo/Gt)
長田カーティス先生 (Gt)
後鳥亮介先生 (Ba)
佐藤栄太郎先生 (Dr)


indigo la End先生は去年の2月に音楽室でのLIVE授業をしてくれた以来の来校です!

とーやま校長「あのときのLIVEのことは覚えてらっしゃいますか?」

絵音先生「栄太郎がまだサポートのときだったので、トークのときに3人だけいて、栄太郎だけドラムのところに座っていたのを覚えてます」

160607_sol08.jpg


とーやま校長「そうか!そのときの気分はどうでしたか?」

栄太郎先生「いつ話を振られるかドキドキしてたんですけど、校長に帽子を褒められただけでしたね(笑)」


好き!!好き!!大好きです!!
今日は入荷日ということで、クラス委員の権力を使って終礼を早めに終わらせてダッシュでタワレコに向かいました!!
それでおうちに帰ってすぐ聴いたんですけど、どの曲もそれぞれよくて頭真っ白になりました。いつものindigo先生みたいでどこか違う感じ、という感じでとてもワクワクしました、!個人的にはeyeという曲がもうなんか綺麗すぎて言葉になりません。

あと、藍色四人もとっても素敵で、涙ちょろりでした!!

アルバム最高です!!
そしてindigo先生!!好きです!!大好きです!!
みずみずきんぐまん
女性/15歳/東京都
2016-06-07 17:51



絵音先生「ありがとうございます」

とーやま校長「もうアルバム聴いてる生徒がたくさんいるわけですけど、この『藍色ミュージック』がこの世に出てどんなお気持ちですか?」

絵音先生「まだ実感があんまりないんですけど、本当にいい作品なんですよ。僕らの中でもこのアルバムは4人で作った初めての作品ですごい自信があって、僕は色々なバンドやってるんですけど、自分の音楽人生の中でも最高傑作って言いきれる作品になったと思います。だから色々な人に聴いてほしいです」

とーやま校長「前作も聴かせてもらって、それで今回も聴かせてもらったんですけど、前よりも演奏も優しくて、愛のある演奏になったなって思うんですよ」

絵音先生「ちょっとうまくなっちゃったんですよね、それで若々しさみたいなものがなくなっちゃったからですかね」

とーやま校長「でもスピードもあって、横に揺れる曲もあって、すごい気持ちのいいアルバムだと思いました」

160607_sol07.jpg



♪ 藍色好きさ / indigo la End


生徒にも感想を聞いていきます!

とーやま校長「もしもし!」

あいぷ 愛知県 18歳 女性 大学1年生

あいぷ「もしもし」

とーやま校長「あいぷは『藍色ミュージック』買った?」

あいぷ「フラゲしました!」

とーやま校長「じゃあ感想を伝えておこう!」

あいぷ「全曲聴きごたえがあったんですけど、曲と曲の流れ、繋がりがすごいよくて、考えられてる感じがしました」

後鳥先生「良いこと言いますねぇ」

とーやま校長「特にどの曲とどの曲の繋がりが良かったとかある?」

あいぷ「『シノブ』から『悲しくなる前に』ですね」

後鳥先生「わかってるね」

絵音先生「もう本当にそこだよね」

とーやま校長「後鳥先生的にはどんな部分がポイントなんですか?」

後鳥先生「みんな一致してるんですけど、『シノブ』のしっとりとした中から切り裂くように栄太郎がズバズバとドラムを叩いてくるわけですよ」

160607_sol10.jpg


栄太郎先生「もうちょっとするどいと思うけど(笑)」

後鳥先生「なのでシングルで聴くよりもアルバムで聴いた方がいい曲ですね」

とーやま校長「あいぷは他に好きな曲とかあるの?」

あいぷ「最後の『インディゴラブストーリー』が好きです!」

後鳥先生「わかってる」

あしざわ教頭「後鳥先生のわかってるがまた出たぞ!」

とーやま校長「どんな部分が好き?」

あいぷ「いよいよ王道のラブソングがくるのかなって思ったんですけど、実際聴いてみると“えっ!?”って思うようなすごい良い驚きがありました」

絵音先生「この曲は最初に僕がタイトルを『インディゴラブストーリー』って決めて、メンバーが驚いた感じになってましたね」

長田先生「僕らは曲作ってるときに、適当な仮タイトルをつけてやってるんですよ。その流れで『インディゴラブストーリー』だと思ってて」

絵音先生「でも俺は本気だったからね」

長田先生「それをみんなに言わないんですよ。それで録り終わった後に言われたんで驚きました」

160607_sol15.jpg


とーやま校長「へぇ〜でもこの曲もカッコイイですよね。あいぷはあとindigo先生に伝えておきたいことある?」

あいぷ「佐藤先生が加わってから一体感が増したように思えるんですけど、メンバーのみなさんはどう思いますか?」

絵音先生「バンドとしての演奏とかはまとまったけど、場の雰囲気は乱してるよね」

栄太郎先生「え!?」

あいぷ「(笑)」

栄太郎先生「でも俺はまとめてるつもりだったんですけどね〜おかしいなぁ(笑)」

長田先生「いつも1人でスベりにいくじゃん?」

栄太郎先生「あ〜あれスベってるの!?」

160607_sol11.jpg


全員笑い

とーやま校長「あいぷ感想ありがとうね!」

あいぷ「はい!ありがとうございました!」

絵音先生「ありがとう!」


♪ インディゴラブストーリー / indigo la End



indigo la End先生!
アルバム発売のお知らせが出たときに、掲示板に来校のお願いを書き込ませてもらい、ホントに実現してスゴい嬉しいです!
藍色ミュージックフラゲしました!
感想としては前作の幸せが溢れたらとは、がらっと変わった雰囲気のアルバムでした!
感想を言葉にするのが苦手なので伝わりづらいですが最高でした!
栄太郎先生のオススメは「愛の逆流」と言っていましたが他のメンバーの皆さんのオススメはなんですか?
最後に7/20のZepp東京に参戦します!
後鳥先生!幸せにしてください!!
優柔不断なのは僕だけじゃない
男性/18歳/埼玉県
2016-06-07 19:31



後鳥先生「幸せにするよ(イイ声)」

とーやま校長「これがTwitterで話題持ちきりのやつですね(笑)」

長田先生「僕らけっこうバカにしてますけどね(笑)」

全員笑い

とーやま校長「ちなみに栄太郎先生以外のみなさんのオススメの曲は何ですか?」

160607_sol13.jpg


絵音先生「『インディゴラブストーリー』はみんな好きだと思うし、『心雨』って曲もすごく聴いて欲しい曲ですね」

長田先生「被っちゃうんですけど、僕も『インディゴラブストーリー』が好きですね。本当にいい曲です」

後鳥先生「僕も被っちゃうんですけど、『心雨』がすごい好きです」

とーやま校長「みんな似た感じなんですね」

長田先生「他の曲好きじゃないみたいな感じになっちゃうけど、そんなことはないですからね(笑)」

そしてindigo la End先生は今月から、ワンマンツアー
「インディゴミュージック」をスタート!
10日後の6月17日広島CLUB QUATTROからファイナルは7月22日 福岡DRUM LOGOS!

とーやま校長「アルバムを引っ提げてのこのツアーはどんな感じになりそうですか?」

絵音先生「今、10日後って聞いて全員が不安になりましたね」

長田先生「練習します!」

とーやま校長「じゃあまだ始まってみないとわからない感じですね。栄太郎先生は何回目のツアーなんですか?」

栄太郎先生「前回SCHOOL OF LOCK!に出演させてもらったときはサポートメンバーとしてツアーをまわらせてもらってて、最後にメンバーということになって、そのあと夏にツアーがあったんですけど、この規模のツアーは初めてですね」

とーやま校長「ちょっと周りのメンバーが首をかしげてる感じですけど(笑)」

絵音先生「この規模のツアーは2本目でしょ」

栄太郎先生「そうですね、2本目でした」

160607_sol14.jpg


ここから生徒に感想を聞いていきます!

とーやま校長「もしもし!」

ゲスなインディゴ 宮城県 18歳 男性 大学1年生

ゲスなインディゴ「もしもし」

とーやま校長「このラジオネームってことは…」

ゲスなインディゴ「ゲスの極み乙女先生とindigo la End先生が好きすぎて、これしかないと思いました」

絵音先生「嬉しいですね」

とーやま校長「ゲスなインディゴは『藍色ミュージック』は手に入れた?」

ゲスなインディゴ「明日家に届く予定なので、“早くしろ!”って思ってます」

とーやま校長「今日の授業で曲をかけてるけど、聴いてみてどう?」

ゲスなインディゴ「さっきの『インディゴラブストーリー』は初めて聴いたんですけど、すごい好きになりました。あと『藍色好きさ』はMVとかずっと見てて、今好きな人がいるんですけど、MVを見ているとその人のこと思い出します」

とーやま校長「音楽を聴いて大事な人のことを思いだすっていうのは、作り手のみなさんたちにとって嬉しいことなんですか?」

絵音先生「めちゃくちゃ嬉しいです。曲の感じ方って人それぞれなので、そうやって思い浮かべてくれるのは嬉しいですね」

とーやま校長「その子はどんな女の子なの?」

ゲスなインディゴ「僕は宮城県出身で、今は大学に通うために千葉県に来てて、彼女も同じ地方からきた子で、大学に入ってからガイダンスで隣になったり、同じ授業だったりして、たまに何人かで一緒にご飯食べたりしてます」

とーやま校長「もうそのときはその子のこと見ちゃうね?」

ゲスなインディゴ「ずっと見てます、それでまだ彼女は可愛くてモテるので、早くしないといけないって思うんですけど、自分なんかがって思う部分もあって、どうしたらいいか迷ってるので、人生の先輩のみなさんに相談にのってもらいたいです」

絵音先生「ここはもう後鳥さんにね」

とーやま校長「後鳥先生頼みますよ」

後鳥先生「告白するのはまだ早いかもしれないんですけど、みんなでも2人でもいいから誘ったりっていうアクションは起こした方がいいと思いますね」

とーやま校長「連絡先は知ってるの?」

ゲスなインディゴ「はい、4月くらいからずっとLINEはしてるんですけど…」

長田先生「じゃあもう2人でいいんじゃない?」

ゲスなインディゴ「でも今日、違う男の子と2人で勉強しているのを見て、嫉妬してます」

後鳥先生「逆に他の子と2人でいるってことは自分も2人きりで誘えるかもしれないってことだから、一緒に勉強しないって誘ってみてもいいんじゃない?」

ゲスなインディゴ「今週テストがあるので、誘ってみます!」

とーやま校長「話を聞いていけそうか?」

ゲスなインディゴ「自分が女々しいところがあるかもしれないんですけど、勇気を出して誘わないとダメだなって思いました」

とーやま校長「男なんてそんなもんだよ!」

あしざわ教頭「女々しいっていうのは男にしか使わない言葉だから!」

とーやま校長「ここだってときはがんばってみような!話聞かせてくれてありがとう!」

ゲスなインディゴ「ありがとうございました!」


♪ 愛の逆流 / indigo la End


160607_sol12.jpg


続いての生徒は…

とーやま校長「もしもし!」

唯奈。 宮城県 17歳 女性 高校2年生

唯奈。「もしもし」

とーやま校長「唯奈。はもう『藍色ミュージック』は買っている?」

唯奈。「はい!買いました!」

とーやま校長「どうだった?」

唯奈。「最高です!」

とーやま校長「それにライブも行くんだね」

唯奈。「はい、仙台のライブに友達と行きます!」

絵音先生「ありがとう」

とーやま校長「今までindigo先生のライブ観たことある?」

唯奈。「初めてなんです」

絵音先生「こっちが緊張するなぁ」

とーやま校長「それで唯奈。はindigo先生に伝えたいことがある?」

唯奈。「2つあるんですけど、1つ目は最近バンドを始めたんですけど、今まではずっと1人でギターをやってたんです。それで中学のときの友達とバンドを組んで7月にLIVEにでるんですけど、他のメンバーは経験者なんですよ。それで私は経験がなくて楽しみな気持ちと不安な気持ちがあって、女の子が1人いたんですけど抜けてしまって女子1人になってしまって、そういうことも中々相談できなくて…技術はがんばって練習するしかないんですけど、バンドをやるうえで必要な意識だったりとかを聞きたいと思ってます」

絵音先生「俺は高校のときはバンドなんかやってなかったし、だからむしろ羨ましいですけどね」

とーやま校長「早くからできることがってことですね」

絵音先生「その時点でうまくいってると思いますよ」

とーやま校長「他のメンバーが経験者っていうのはどうなんですか?ちょっとだけ“自分でいいのかな”って思う部分があったりするんだよね?」

唯奈。「はい、思ったりします」

絵音先生「でも高校生の経験者なんて大体ショボイから」

長田先生「みんな大差ないからね」

唯奈。「え〜!(笑)」

絵音先生「俺が高3のときにバンドやろうとしたときはギター弾けなくてバンドクビにされて、そのあと東京でたまたまそいつと会ったとき、そいつは音楽の専門学校行ってましたけど、すぐに抜きましたからね」

160607_sol16.jpg


とーやま校長「(笑)」

絵音先生「そういう、絶対負けたくないっていう気持ちが大切だと思いますね」

栄太郎先生「それに始まった瞬間に唯奈。ちゃんも経験者になるわけだから一緒ですよ。だから自信持って」

唯奈。「はい!」

絵音先生「それにその前にindigoのライブも観るし」

後鳥先生「それで急にうまくなるかもしれないし」

とーやま校長「視覚から入るモノもありますからね!」

絵音先生「俺らちゃんとやらないといけないな(笑)」

あしざわ教頭「そこはお願いします(笑)」

とーやま校長「じゃあ1つそういう気持ちで、がんばってみよう!」

唯奈。「はい!ありがとうございます!それともう1ついいですか?」

とーやま校長「いいよ、何?」

唯奈。「色々あったんですけど、絵音先生の音楽が大好きなで、これからもずっと聴きたいので、これからも音楽続けていってください!」

絵音先生「ありがとう!」

160607_sol17.jpg



無題
絵音先生おかえりなさい。
ずっと待ってたんですよ!
塾のあとの御褒美にいつもゲスの極みLOCKS聞いてたのに、休講してしまって悲しかったです。
フルーツサイダー
女性/13歳/神奈川県
2016-06-07 20:11


大好きな大好きな絵音先生へ
まず、おかえりなさい。
ずっとずっと待ってました。

この半年間、色々ありました。
うまく言葉にできないのですが、とにかく絵音先生が大好きです。
絵音先生の音楽も、人としても。
きっと、今日まで辛いことがあったのではないかな?と思います。
沢山の人から、色々評価されて、良い評価もあれば、良くない評価もあったと思います。
これは私の勝手な想像ですが、今日来校してくださることは、絵音先生に何かの答えが見つかったと思わせて頂いています。

上手に言葉にできませんが、とにかく絵音先生が大好きです。
柚果
女性/14歳/静岡県
2016-06-07 17:52



とーやま校長「こういう書き込みがいつも届いていて、みんな心配はしていて、そんな生徒に向けて、言葉をいただけたらと思うですけど」

絵音先生「はい、じゃあ黒板に書かせてもらいます」

160607_sol18.jpg


『 SOL好きさ 』
SCHOOL OF LOCK!第1回目から聴いていて、
それが今はこうやって出演させていただいて、
休んでいる間も掲示板を見たり、放送を聴いたりして、
本当にラジオに助けられたこともありました。
だからこれからも音楽で返していきたいと思っているので、
みんな、よろしくお願いします。

160607_sol19.jpg


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FAXイラスト】

160607_fax02.jpg
RN ももとりまかろに


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
あいぷ 愛知県 18歳 女性
ゲスなインディゴ 宮城県 18歳 男性
唯奈。 宮城県 17歳 女性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:05 まわるまわる / ルルルルズ
22:12 悲しくなる前に / indigo la End
22:26 Magic Music / 木村カエラ
22:38 藍色好きさ / indigo la End
22:48 インディゴラブストーリー / indigo la End
23:09 Stimulator / [Alexandros]
23:12 (WE KNOW IT'S)ALL OR NOTHING / 東京スカパラダイスオーケストラ
23:15 Breathe Life / Jack Garratt
23:18 シーグラス / ストレイテナー
23:21 NEW WALL / [Alexandros]
23:35 愛の逆流 / indigo la End
23:49 eye / indigo la End
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
素敵なアルバムなんだよ本当に。
indigo先生、ありがとう!
少しホッとしましたよ。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
これからもindigo先生の曲を一緒に聴いていきたい!
改めてそう思いましたよ!
 
教頭のあしざわ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
160606_sol14.jpg


160606_sol01.jpg


『 週末 』

今週末…土曜日!
東京のザ・ルーム代官山で、井上苑子ちゃんと一緒に授業をしてきました!

LINE LIVEで観てくれた生徒もいるかな?

そこで発表したのですが、今月27日(月)の生放送教室に、
井上苑子ちゃんが再び来校してくれます!

この日は夏デビューの授業のフィナーレ!
本格的な夏が来る直前にもう一度、みんなを応援しに来てくれます!

160606_sol03.jpg


今週末の土曜日には、あしざわ教頭も参加する
世界を変える!1日変身体験ツアーもあります!
夏に向けて、みんなで一緒にがんばろう!

160606_sol02.jpg


今夜の生放送教室には…
04 Limited SazabysのGEN先生が来校!

去年の4月13日以来、およそ1年ぶりの来校です!

フォーリミ先生は先週、ニューシングル、
『AIM』をリリースしました!

それについての感想の書き込みもたくさん!


自信喪失
部活の人間関係でいろいろ悩んでいる時期にAIMのclimbを聞いて、「自信喪失 皆無 ルーキー」っていうところで涙が出てきました(;_;)
そうだよな、こんなはずじゃないよなって思えました。ほかの4曲も大好きですが、climbは本当に背中を押してくれる1曲だと思います。これからも04 Limited Sazabysの活躍を楽しみにしています!!
こなっぱ
女性/17歳/愛知県
2016-06-06 19:15



そして04 Limited Sazabys GEN先生を迎えておくる
今夜の授業テーマは…!
「自信喪失」

先週から6月に入って、
4月にいろんなことが始まって、ドタバタで見えなかったものもが
だんだん、見えてくる頃だと思います。

今夜は、今、自信を失ってしまっているみんなの話を、GEN先生と一緒に聞いていきます!
メッセージは学校掲示板もしくはメールからお願いします!
『AIM』の感想も待ってます!

160606_sol04.jpg


とーやま校長「GEN先生は今でも自信を失うこととかあるんですか?」

GEN先生「けっこうありますね。周りにすごい人がたくさんいるので、色々な才能を目の当たりにして心が落ち込んでます」

とーやま校長「でも曲を聴いてても、ライブとか観てても、そういう片鱗すら見えないです」

GEN先生「1人でいるときに落ち込んでることが多いかもしれませんね」

とーやま校長「そこから気持ちを奮い立たせるためにどうしてるんですか?」

GEN先生「ステージに立つときは自信がある人の方がカッコイイので、自分を勘違いして、思い込もうと思ってます」

あしざわ教頭「じゃあ直前まではナイーブな気持ちのこともあるんですか?」

GEN先生「そうですね、色々うまかいかないときもありますけど、ライブのときは自信持ってナルシストになろうかなって思ってます」


校長、教頭、フォーリミ先生、こんばんは。
AIM買いました!
私は今どうしようもなくバンドがやりたいです。
でもまだ始められそうにありません。
だけど死にたくなるほど自分に負けたくないから何が何でもバンド組みます!
ヨンフェス行って私には人生の目標がひとつできました!
死ぬまでに絶対YON FESの舞台に立つという夢です!
待っててください。
らっぱっぱ〜ん
女性/16歳/三重県



GEN先生「これは嬉しいですね!」

とーやま校長「こういうときは何があれば1歩目を踏み出せますかね?」

GEN先生「周りにどんどん言っていけばいいんじゃないんですか?言ってしまえば引っ込みがつかなくなって、自分にプレッシャーもかけられますし」

とーやま校長「いい意味で自分を追い込むと前進みますもんね」

GEN先生「それに自分が何をやりたいって周り言ってると、それに協力してくれる人が必ず現れるんで、気づいたら実現してることもありますよ」

とーやま校長「らっぱっぱ〜んはまだ16歳なんだから、多少生意気なぐらい言っていった方がいいよ」

そしてフォーリミ先生は2016年4月2日(土)3日(日)にモリコロパークで
フォーリミ先生主催のフェス
『YON FES 2016』を開催しました!!
SCHOOL OF LOCK!に関わりのあるアーティスト講師もたくさん出演!
2日間ともフォーリミ先生はトリを飾りました!

とーやま校長「いかがでしたか?」

GEN先生「自分たちで会場を抑えるところから想像していたことだったので、それが目の前で実際の景色として広がっているのがほんとに幸せで、人生最良の日でした」

ニューシングル『AIM』の初回盤にはDVDの特典がついていて、
このライブの模様も見ることができます!

あしざわ教頭「僕もこのDVD観させてもらったんですけど、すごい手作りって感じがして、スタッフの方にも1人ずつ声かけてて、ライブが始まったらいつも以上に気持ちの乗っかっていて、たくさんのバンドが繋いだバトンがフォーリミ先生に渡ったときの気持ちがすごい伝わりました」

GEN先生「ほんとにいいバンドしか呼んでいなかったので、いいライブになることはわかってたんですけど、みんなここぞってところで会心の一撃を繰り出してくれたので、トリの僕らがそれを越えなくちゃいけないっていうのがすごい良いプレッシャーになってステージに立たせてもらいました」

160606_sol05.jpg



♪ hello(LIVE@YON FES 2016) / 04 Limited Sazabys


とーやま校長「自分のやりたいことが実現できたときや、その後ってどんな気持ちだったんですか?」

GEN先生「夢み心地というか、フワフワした感じでした。自分が言い出したことの景色なんだって思って、ただただ幸せでした」

とーやま校長「何か今までと変わったことはありましたか?」

GEN先生「よりバンドを愛せるようになりましたね。僕ら以上にこのバンドに思い入れがある人達がたくさんいるんだなってことがわかって、そのときにこのバンドをやっててよかったって誇りに思えました」


♪ Give me / 04 Limited Sazabys


とーやま校長「俺、この曲もめっちゃ好きで、聴いてると何でここまで楽しくなれるんですかね?」

160606_sol06.jpg


GEN先生「僕はちょっと聴いてて恥ずかしくなっちゃいましたね(笑)」

とーやま校長「でもそれくらいでいいですよ!聴き手の僕たちはそういうのが足りてないわけで、それでプラマイ0ですから!」

GEN先生「ありがとうございます!」

160606_sol07.jpg



フォーリミ先生!!
今日を待ち望んでました(^o^)/
まず2ヶ月前ですが、YONFESお疲れ様でした!私は2日目に参戦しました!地元愛知でしかもフォーリミ先生が主催のフェスができたことが本当に本当にうれしかったです!来年も絶対に行きます!ありがとうございました!
そしてニューシングル発売おめでとうございます!!明後日のzeppnagoyaに参戦します!!
楽しみすぎてねれません(´Д` )
名古屋で待ってます!
ゆめゆめ(*^^*)
女性/16歳/愛知県
2016-06-06 12:51



GEN先生「ありがたいですね〜!」

とーやま校長「来てくれたみんなの熱気とかもバシバシ伝わってきました?」

GEN先生「みんなと同じ気持ちになってるっていう感覚がありましたね」

あしざわ教頭「映像が愛に溢れてて、すごい幸せな空間でした」

さらにフォーリミ先生は、
全国で開催中のいろんなFESに出演中!
そして『AIM tour 2016』が明後日、Zepp Nagoyaでスタートします!

とーやま校長「この時期のフェスはどうですか?」

GEN先生「最近出させていただくフェスは、僕らの憧れていた先輩と共演させていただくことが多くて、そうやって憧れていた人たちと自然に絡んでいる自分凄いなって浸りながらやってます」

とーやま校長「夢が叶ってるってことですもんね。それで明後日からのツアーは対バンの相手もいらっしゃって、何か共通点とかあるんですか?」

GEN先生「『YON FES 2016』が同世代を中心にやったので、自分たちのツアーにはライブがカッコイイ先輩を呼んで、勝ち目がない相手にドンドン挑んでいこうと思ってます」

とーやま校長「ちょっと喰ってやろうっていう感じもありますよね?」

GEN先生「そうですね!」

とーやま校長「普通は楽しくやりたいって想いがあると思うんですけど、それをあえて挑む形になるわけじゃないですか」

GEN先生「僕らのお客さんの前で、どうやって、どんな空気を作り出すのかすごい気になるので、吸収すべきところがたくさんあると思うし、奪いにいってやろうって思います」

160606_sol09.jpg



GENさん!!
私がフォーリミを聴くきっかけになったのは、今年のメトロックです。行く前に予習をしようと、CDを借りて聴きました。聴いた瞬間に、なんで今まで聴かなかったんだろう!なんだこれは!とぞわぞわしました。そして、メトロック当日。実際にあの場でフォーリミの音楽を体感して、見事に魅了されてしまいました。MCでGENさんが「音楽でメンタルを武装していく」とおっしゃっていたのが頭から離れません。まさに、今、フォーリミの音楽は私のメンタルを守ってくれています!!
これからもっとフォーリミを知っていきたいです!!
さくれんじあ
女性/17歳/東京都
2016-06-06 22:47



GEN先生「音楽ってみんなの心のトゲを溶かしたり、ときにはもっと尖らせたりできるなと思って、だからみんなの不満に対して僕らの音楽で力を与えたいって思います」

とーやま校長「メンタルを武装するってカッコイイ言葉ですね!メンタルって中々強くならないし、でもそこを強くする努力は必要だから、そんな届かないときにフォーリミ先生の音楽を使っていけばいいですよね」

GEN先生「ぜひ使ってほしいです」

160606_sol08.jpg


ここからは生徒の「自信喪失」してしまった話を聞いていきます。

とーやま校長「もしもし!」

けけけけけーき 東京都 17歳 男性 高校3年生

けけけけけーき「もしもし」

とーやま校長「けけけけけーきはもう『AIM』を買った?」

けけけけけーき「フラゲしました!」

GEN先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「じゃあせっかくだから感想を伝えておこう!」

けけけけけーき「climbは『YON FES 2016』で初披露してから大好きで…」

GEN先生「『YON FES 2016』来てくれてたんだ!ありがとう!」

けけけけけーき「両日行きました!それで公開されてから聴きまくって歌詞も覚えて、ライブでは全部歌えるくらい好きで、他の3曲も大好きです」

GEN先生「ほんと嬉しい、ありがとう!」

とーやま校長「でもけけけけけーきは今自信を失っているんだよね?」

けけけけけーき「去年の夏ごろからGEN先生に影響されてベースを始めて、友達に誘われて軽音部に入ったです。最初は楽しくてドンドン弾いてたんですけど、最近は上手くなってることとか実感できないようになってます。GEN先生にもこういうことありましたか?」

GEN先生「なるほど、そんなすぐみんなうまくなるわけじゃないから、まだまだ楽しんで欲しいんだけど、ベースの練習ってリズムとノリなので、もっとノリノリになれるといいと思うんですよね。練習じゃなくてただ音楽を聴いてるときも、このベースはどうやってノッてるんだろうとか、考えてもっと楽しんだ方がいいと思います」

けけけけけーき「わかりました!」

とーやま校長「そういう部分を意識したことってあった?」

けけけけけーき「いや、弾くことで精一杯でした」

あしざわ教頭「丁寧にとか、そういう方に意識がいってたんだね」

GEN先生「まだまだノリノリで楽しんで欲しいです」

とーやま校長「これから人前で披露しようとか考えてるの?」

けけけけけーき「夏にコンテストに出ようと思ってて、バンドを作ってオリジナル曲を作ろうと思ってるんですけど、自分でベースラインを作っても恥ずかしかったり、自信がなかったりで、それを言ったりできないです」

あしざわ教頭「GEN先生は初めて人前でやるってときはどんな気持ちでした?」

GEN先生「やっぱり恥ずかしかったですね、それこそ新曲をスタジオでメンバーに披露するときとかも、僕は全然自信がないので恥ずかしくてドキドキしながらやってます。でもそれを乗り越えないと先に進めないので、どんどん恥ずかしい思いをした方がいいと思います!」

160606_sol10.jpg


けけけけけーき「がんばります!」

とーやま校長「これから技術はもちろんだけど、気持ちの面でも自分を高めていこう!」

GEN先生「まだまだ楽しめるよ!」

けけけけけーき「はい!ありがとうございます!」


♪ cubic / 04 Limited Sazabys


続いての生徒は…

とーやま校長「もしもし!」

いのぷー 広島県 15歳 女性 高校1年生

いのぷー「もしもし」

とーやま校長「いのぷーも自信喪失しちゃった?」

いのぷー「はい」

とーやま校長「何があったの?」

いのぷー「中高一貫校に通ってて、中1からかるたをやっているんですけど、昨日団体戦の県予選があって、そこで優勝して全国大会に行けるんですけど…」

あしざわ教頭「すごいじゃん!」

GEN先生「おー!すごい!」

いのぷー「ありがとうございます。でも大会には8人しか登録できなくて、部員が9人いて、1人だけ行けないんですよ」

GEN先生「これはシビアですね」

いのぷー「それで6人は決まってて、残りの2人を3人の総当たりで争うことになって」

あしざわ教頭「これはきついなぁ」

いのぷー「今日それを言われて、同学年の子と試合をしたんですけど、今まで負けたことがなかったのに負けてしまって、もう1人の対戦相手は先輩で今やばいです」

とーやま校長「その先輩との試合はいつあるの?」

いのぷー「今週の木曜日です」

とーやま校長「それでそこからまだ立ち直れていないって状況なんだ?」

いのぷー「はい、めっちゃ落ち込んでます」

GEN先生「僕もライブで2本あったりすると、初日が負けがちで、でもダメだったときってその次のライブで会心の一撃が出せるんですよ。だからこの負けを乗り越えて会心の一撃を出してほしいです」

160606_sol11.jpg


いのぷー「がんばります!」

とーやま校長「どこかに開き直るスイッチでも入るんですか?」

GEN先生「こういうパフォーマンスがダメだったから、次はこうしようって思うと迷いがなくなってますね」

とーやま校長「いのぷーは負けてしまったけど、得たものがあるわけだよな」

いのぷー「お手付きが多くて、それで相手と差がついてしまったので、次はそうならないようにがんばろうと思います」

GEN先生「それと最後戦うのが先輩だけど、そこにひるんだら絶対負けだと思うし、先輩だからこそ本気でやらないと失礼だと思います」

いのぷー「はい!」

とーやま校長「フォーリミ先生もツアーで先輩を呼んで戦うわけだから、いのぷーはフォーリミ先生好きだろ?」

いのぷー「大好きです!」

とーやま校長「じゃあフォーリミ先生も戦ってるわけだから、いのぷーもがんばろう!」

いのぷー「わかりました!がんばります!」

GEN先生「がんばってね!」

いのぷー「ありがとうございま!がんばります!」

そして黒板の時間となりました。
本日は04 Limited SazabysのGEN先生に書いてもらいました。

160606_sol12.jpg


『 思い込みで引きよせる 』
自信がない人は、自分がイケてるって思いこんだ者勝ちだと思っています。
根拠のない自信は絶対必要で、僕らも今良い状況になっているのは運もあったけど、
それは思い込んで思い込んで自分を信じたからこそ引きよせられた運だと思っています。
だから諦め悪く、根拠のない自信を思い込み続けてほしいです。

160606_sol13.jpg


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FAXイラスト】

160607_fax01.jpg
RN もずくでもくえ

160606_fax01.jpg
RN ももとりまかろに


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
けけけけけーき 東京都 17歳 男性
いのぷー 広島県 15歳 女性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:07 climb / 04 Limited Sazabys
22:26 NEW / AAA
22:41 hello(LIVE@YON FES 2016) / 04 Limited Sazabys
22:48 Give me / 04 Limited Sazabys
23:24 時の針 / Perfume
23:40 cubic / 04 Limited Sazabys
23:50 climb / 04 Limited Sazabys
23:53 Sleepwalking / 04 Limited Sazabys
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
自分に魔法をかける!
消費MPは0!!
GEN先生!また来て下さい!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
自分をいい意味でだましてしまえー!
GEN先生、ポジティブな言葉をありがとう!
 
教頭のあしざわ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
160602_sol16.jpg


160602_sol01.jpg


160602_sol02.jpg


『 ぼんにいの基地 』


インハイエールの逆電を受けて
今日の10時から県の春季総体が始まります。
今日の走り幅跳び決勝で6位以内になると近畿総体に出られます。今も気分を上げるためにclimbgrowを聴いています。
行ってきます!!!!
ぼんにいの基地
男性/15歳/滋賀県
2016-06-02 06:49



いよいよ、総体がスタート!
掲示板見てると、明日試合って奴も多いです!
落ち着くために、1回深呼吸でもしておく?
まずは、完全な自分をイメージしてみよう!
それが、今の君!安心して、いってこい!

160602_sol03.jpg


今夜はHY先生とBIGMAMA先生のコラボ曲!
HY+BIGMAMA先生の「シンクロニシティ」の初オンエアから!


シンクロニシティ / HY+BIGMAMA


そして今夜の生放送教室には…
大原櫻子先生が初来校!!

大原先生は2012年映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』
全国ヒロインオーディションで5,000人の中から抜擢され、
映画とCDで同時デビュー!
その後、女優として月9ドラマにも出演!
さらに!去年は、紅白歌合戦にも出場しました!

今夜は、そんな「未来の鍵」をつかんだ大原先生に、
どうやって未来の鍵をつかんだのか?
どんな10代だったのか?そんなことを聞いていきます!

そして!大原先生と行う今夜の授業テーマは…
それでも届けたい…“大好き”!!

大原先生が昨日、リリースしたニューシングル
「大好き」

今夜は、みんなが伝えたい、伝えられない「大好き」を届けてもらいたいと思っています!

片思い中のあの人へ…!
けんかしちゃった友達へ…!
いつも頑張ってる両親へ…!

普段なかなか言えない“大好き”を、
今夜は、君の大切な人に、SCHOOL OF LOCK!の電波を使って届けよう!

“大好き”を届けたい相手、“大好き”に込めた想いを学校掲示板もしくはメールに書き込んでくれ!

160602_sol04.jpg


生放送教室には大原櫻子先生が登場!!

櫻子先生「SCHOOL OF LOCK!の生徒の皆さん!はじめまして!大原櫻子です!」

とーやま校長「ようこそ!生徒のみんなも櫻子先生が来てくれるのを楽しみしていましたよ!」

櫻子先生「嬉しいです!ありがとうございます!!」


櫻子先生!
櫻子先生来たーーー!初めまして!とても楽しみにしてました!今日も2時間楽しみます!今日もよろしくお願いします!
ミスタージャック
男性/17歳/鹿児島県
2016-06-02 22:05




櫻子先生「お願いします!」

とーやま校長「SCHOOL OF LOCK!はラジオの中の学校という事で、大原櫻子“先生”という事なんですが、いかがですか?」

櫻子先生「ここのスタジオに入る時にも“大原櫻子先生”って書いてあって、慣れないんですよね!」

とーやま校長「大原先生と櫻子先生どちらがよろしいですか?」

櫻子先生「大原先生は恐そうな感じがするので、櫻子先生でお願いします!」

とーやま校長「確かに、大原先生はすごく服装に厳しそう(笑)」


大原櫻子先生は、現在20歳!映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のヒロイン理子役でデビューされました!

とーやま校長「映画に出演されていたころはおいくつだったんですか?」

櫻子先生「デビューは17歳の時ですね」

とーやま校長「『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の監督は、映画『ちはやふる』の小泉監督!さらに音楽プロデューサーが亀田師匠ですッ!」

あしざわ教頭「言い方(笑)」

とーやま校長「ボッ!パッ!ボッ!パッ!」

あしざわ教頭「タイミングが早いんだよ!」

櫻子先生「音楽を扱っているスタッフさんと息がぴったりですね(笑)」

とーやま校長「フライングボッパなんです」

あしざわ教頭「言いたいだけだろ(笑)」

160602_sol05.jpg


とーやま校長「この映画のオーディションを櫻子先生は自分で受けに行ったんですよね?」

櫻子先生「そうですね。このオーディションは友達がきっかけで知ったんですよ。原作の漫画が好きな友達がいて、友達同士で『漫画の主人公、櫻子にめっちゃ似てない?』って話していたのをたまたま聞いて、そこから漫画を借りて、オーディションの話もその子から聴いたんです。音楽プロデューサーをされていた亀田誠治さんも知っていたので、受けてみようと思って」

とーやま校長「映画に出るのが決まった後、友達とかと話ししました?」

櫻子先生「オーディション受けたっていう話はその当時していなくて、結果が出るまでも内緒だったんです。決まるか分からないっていうのもありましたし、ビックリさせたいっていう気持ちもあって」

とーやま校長「なるほど!5000人以上の中から選ばれたわけですけど、その時の気持ちとか覚えてます?」

櫻子先生「監督を含めて面接があります。っていう風に最初は聞いていたんです。でも、面接自体は何度もしていたので、同じような感じなのかなと思って行ったら、審査員の方10人くらいがいて、いつもと違う雰囲気を感じながら席に着いたら、『小枝理子ちゃん役は大原さんに決定しました!』って言われたんです」

とーやま校長「サプライズがあったわけなんですね!」

櫻子先生「そうなんです。頭の中が真っ白になるってああいう事なんだなって思いましたね」

とーやま校長「そこで演じることが決まって、友達に報告したんですか?」

櫻子先生「決まった直後は教えていなくて、情報が解禁される朝5時に電話して、『ゴメン、黙ってて…!実は今テレビでやっているんだけど…』って言ったらその子も泣いて喜んでくれて、電話の向こうですごい興奮していましたね(笑)」

あしざわ教頭「そりゃしますよ!」

とーやま校長「奇跡みたいな事って日常の中から生まれるんだね。そして、後に大原櫻子としてアーティストデビューして、さらに女優として月9に出たり、紅白歌合戦のトップバッターを務めたり…すごいことになったね!普通の女子高生だったわけでしょ?」

櫻子先生「家に帰ってもずっとテレビとか見てましたね。でも、今でもあまり変わらないですよ?(笑)」

とーやま校長「でも、友達の話を聞いて、自分からやろうと思って行動して、今があるわけじゃないですか。ラジオを聴いている10代のみんなもやりたい事とか夢があるけど、どうしても一歩が踏み出せなくて悶々としている毎日を過ごしている生徒も多いんです。そんな生徒たちに櫻子先生から何か言ってあげられる事とかありますか?」

櫻子先生「姉から言われたんですけど、自分の夢を人に伝えた方が叶うという話を聞きまして。私も友達に女優になりたいっていう夢を伝えていたことできっかけが生まれたので、踏み出せなくても、きっかけに出会う事って人に伝えることから始まると思うんです。夢を色んな人に言ってみるのはアリなんじゃないかな」

160602_sol06.jpg



♪ 大好き / 大原櫻子


とーやま校長「この曲を聴いていると胸が痛い瞬間もあるし、大好きって4文字でしょ。言葉にしたら1秒もかからない言葉なのに、なんでこんなに言えなくなる時があるんですかね」

櫻子先生「ラジオを聴いてくださっている10代の方多いと思うんですけど、恥ずかしいし、一線を越えちゃうというか…。大好きって言えたら進めるのに、進むのが怖い。でも、大好きって言えない関係だからこそ楽しいっていう人も多いと思うんですけど、でも、その瞬間を大好きって言わずに逃しちゃうともったいないなって思います」

とーやま校長「そうだね。そこを頑張って進めたらもっと大きな幸せが待ってるんだけどね」

そして!大原先生は、今月29日にニューアルバム「V(ビバ)」がリリースされます!

櫻子先生「今日は、この「V(ビバ)」に収録されている曲を持ってきました!まだ、どこでもオンエアしてない、新曲です!」

とーやま校長「ありがとうございます!みんな楽しみに待ってて〜!」

160602_sol07.jpg


とーやま校長「櫻子先生はどんな10代を過ごしていたんですか?」

櫻子先生「部活少女でしたね。水泳部で、スタイルフリーといってクロールでした」

とーやま校長「じゃあ、毎日授業の後は部活!って感じで」

櫻子先生「そうですね。朝早く起きて近所の子と走って身体作りをしたりして、部活に色々かけてましたね」

とーやま校長「打ち込むものに全精力を注いでいた10代だったんですね」

櫻子先生「苦しくもあり、楽しかったです!やることが部活しかなかったんですよね(笑)」

とーやま校長「すごいポジティブですよね」

あしざわ教頭「声からしてそれを感じます」

とーやま校長「全部自分の中に取り込んで武器にして生きてきている。そして、これからもそうやって生きていくんだろうなぁって」

櫻子先生「(笑)」

とーやま校長「笑い事じゃないですよ」

櫻子先生「めちゃくちゃ笑ってますね」

とーやま校長「頭抱えて笑っているね。この子はヤバいね」

あしざわ教頭「ヤバいでまとめないで下さいよ(笑)」

櫻子先生「面白いです(笑)。でも、男前って言われますね。ハキハキしているというか、はい次、はい次、前前前…みたいな」

とーやま校長「はい次、はい次、前前前。これは『V(ビバ)』に収録される曲って事かな?」

あしざわ教頭「違いますよ!」

櫻子先生「お腹痛い(笑)」

とーやま校長「それでですね、どうしても大原先生に『大好き』を伝えたい!という我が校の生徒がいまして……」

ここで、SCHOOL OF LOCK!女子クラス2週目担当・広瀬すずちゃんから大原櫻子先生に向けてメッセージが!

驚きと嬉しさで水泳選手の北島康介さんのように「なんも言えねぇ状態」になってしまった櫻子先生!

櫻子先生「ビックリしました!私も大好きなんですよ〜!すずは17歳じゃないですか。でも、あまり年下な感じがしなくて年下で仲が良いのすずくらいなんです。大人っぽいし、会うと私の相談に乗ってくれたりするんです」

とーやま校長「俺たちも何回か会った事あるんだけど、すずちゃんと櫻子先生は雰囲気が似てるよね。波長が合うのがすごく分かる!」

櫻子先生「すずは、私の事は“さくちゃん”って呼んでくれるんですけど、“く”を強調した言い方がすずの特徴で、それをよく声マネをしたりしてますね。一度家に遊びに来てくれたことがあるんですけど、姉に同じのが2人いるって言われました(笑)」

とーやま校長「お姉ちゃんから見てもどこか似ているものを感じてしまうんだね」

櫻子先生「顔や喋り声も似てるって言われますし、身長も全く同じなんですよ!」

160602_sol08.jpg



今夜の生放送教室は…!「それでも伝えたい、大好き」

まず最初に逆電した生徒が「大好き」を伝えたい相手は…

とーやま校長「もしもし!」

フテイヌ信者2 宮城県 15歳 男性 高校1年生

フテイヌ信者2「もしもし!」

とーやま校長「フテイヌ信者2が大好きって伝えたい人は誰?」

フテイヌ信者2「一昨日フラれた大好きな人です」

櫻子先生「ちょっと待って、一昨日って48時間前!?」

フテイヌ信者2「そうです!」

RN フテイヌ信者2の好きな女の子は、中学校の時に同じ陸上部に所属していて、今は違う高校に通っているんだそう。

とーやま校長「一昨日告白したのは、フテイヌ信者2から告白したの?」

フテイヌ信者2「はい。2年前くらいからLINEが切れたことが無くて、ずっとトークしているんですよ」

櫻子先生「えっ!それ、絶対女の子もフテイヌ信者2君のこと好きですよ!

フテイヌ信者2「そう思って、『好きな人いないの?』って聞いてみたら『いないよ』って言われたんでイケる!と思って告白したんです」

とーやま校長「正直な気持ちを伝えて、なんて返って来たの?」

フテイヌ信者2「仲良いままでいたいからゴメンって言われて…」

櫻子先生「でも、好きって男の子から言われたら女の子も考えるじゃないですか。会う機会とか無いんですかね」

フテイヌ信者2「それで、フラれてすぐの時は頭が真っ白になってなんて返せばいいか分からなくなっちゃったんですけど、『諦められないから惚れさせるよ』って言ったんです」

あしざわ教頭「めっちゃイイじゃん!!」

櫻子先生「カッコいい!」

フテイヌ信者2「昨日とかもLINEでべた褒めしたり、愛してるよって言ったりしてるんです」

とーやま校長「気持ちが良いやつだな!」

160602_sol11.jpg


フテイヌ信者2「来週会えるんで、次は直接言おうと思っています!」

櫻子先生「多分、女の子からしたら直接言って欲しいんじゃないですか?それを待つために、この間は濁してて…。来週良い事あるかもしれませんよ!」

フテイヌ信者2「うお〜」

とーやま校長「今も好きっていう気持ちが有り余るくらいあるわけだろ?」

フテイヌ信者2「はい!」

とーやま校長「想いの丈を届けよう!」

フテイヌ信者2「1回フラれてしまったけど、あなたの事が忘れることが出来ません!あなたの全てが大好きだ!!

あしざわ教頭「よっしゃぁ!良いぞーっ!」

櫻子先生「頑張って!!」

とーやま校長「たくさん伝えろよ〜!」


♪ ただ君のことが好きです / 大原櫻子


160602_sol09.jpg



そして大原櫻子先生は、8月5日から全国16箇所を回るツアーが決定しています!
なんと、ラストは…日本武道館!!!

櫻子先生「実は、まだ発表になっていないんですが、このツアーのタイトルが決定しました!…なので、今日この場で発表しても、いいですか?」

とーやま校長「お願いします!」

櫻子先生「8月からはじまる私の全国ツアーのタイトルは…」

『大原櫻子 CONCERT TOUR 〜CARVIVAL〜』

櫻子先生「アルバムタイトルが『V(ビバ)』なのでCARVIVALなんです」

とーやま校長「どういうツアーになりそうですか?」

櫻子先生「とにかく楽しんでほしいですね!ホールツアーなので、聴いていただくような楽曲も沢山あるんですけど、その他にも一緒に踊ったりとか」

とーやま校長「じゃあ、僕はタコダンサーとして全国回らせていただきます!」

櫻子先生「いや、大丈夫です…」


♪ 大好き / 大原櫻子


あしざわ教頭「なにに対しての『大好き』なんだ(笑)」

とーやま校長「『大好き』の雑な使い方に胸が痛いよ(笑)」

櫻子先生「『大好き』のCDの中にシリアルコードが入っていまして、そちらでツアーの先行予約も出来るので、そちらもチェックしていただきたいです!」

ここで、大原櫻子先生の新しいアルバム『V(ビバ)』からの新曲を求める書き込みが!


櫻子先生!
さくちゃん大好き!!!!
早く新曲聴きたいです!!!!
ハイホー
女性/19歳/東京都
2016-06-02 22:39


櫻子ちゃん
新曲悲鳴やばいねえもうやばいねえやばいやばいやばい
もりりんまんろー
女性/17歳/東京都
2016-06-02 22:35




あしざわ教頭「生徒のみんながヤバい状態に入ってます!(笑)」

とーやま校長「そうだ!新しいアルバムから新曲を聞かせてくれると言ってたじゃないですか!」

櫻子先生「かけてもいいですか?」

とーやま校長「もちろん!みんなもずっと待ってましたから!」

櫻子先生「20歳になって初めてのアルバムという事で、少し大人っぽくマイナーな1曲になっています。大原櫻子で、『サイン』聴いてください!」


♪ サイン / 大原櫻子


160602_sol10.jpg


とーやま校長「静かな所から始まって、サビの所でパァっと明るい所に抜けていく。恋している時って自問自答して深く潜る瞬間とかもあるじゃないですか。ちゃんと相手の事を考えた時に光が差し込んでくるし、そういうのが重なる曲だなって思いました」

櫻子先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「素敵な曲ですね!どういう気持ちを込めたんですか?」

櫻子先生「この曲は作詞作曲が亀田さんで、2年前くらいに楽曲自体はいただいていたんです。その時は『カノ嘘』の撮影が終わったくらいで、その時って明るく元気な曲をいただくことが多かったので、こういうマイナーで“愛してる”っていうフレーズを言うくらい大人っぽい曲がすごく新鮮で、いつか歌えるようになった時に歌いたいなと思っていたんです。今回20歳になって初めてのアルバムという事で、自分の中でも共感することが増えてきたので今のタイミングで出したいと思って。すごく等身大の歌かなって思いますね」


そして、大原先生と送る今夜の生放送教室は…! 「それでも伝えたい、大好き。」
普段はなかなか伝えられない『大好き』を電波を通して伝えよう!

続いて逆電した生徒は…!

とーやま校長「もしもし!」

紫のサカマネちゃん 広島県 18歳 女性 高校3年生

紫のサカマネちゃん「もしもし!」

とーやま校長「サカマネちゃんは大好きを伝えたい男の子がいるんだね…!」

紫のサカマネちゃん「はい…1個下のサッカー部の後輩です!」

櫻子先生「後輩か〜!」

紫のサカマネちゃん「私はサッカー部のマネージャーをしているんですけど、部内恋愛が禁止なので、絶対に伝えられない想いなんです」

とーやま校長「これは苦しいね!いつくらいから気持ちに気づいたの?」

紫のサカマネちゃん「今年の4月くらいです」

マネージャーを務めるサッカー部に新しい1年生が入ってきて、後輩が悩んでいる時に相談を受けたRN 紫のサカマネちゃん!
一緒に悩みを考えたり、作業をしたりする内に、すごく良い子だな!と思って好きになってしまったのだそう。

とーやま校長「声から“好き”っていう気持ちが溢れて止まらなくなってるな!今まで見たことが無い姿が見え始めたのがキュンってしたんだ」

紫のサカマネちゃん「はい。やられました」

櫻子先生「可愛い!」

160602_sol12.jpg


とーやま校長「櫻子先生、部活内恋愛禁止とのことなんですがどう思います?」

櫻子先生「厳しいですね!運動部っていうのはそういうのがあるんですかね。でも、恋愛禁止って言われる方がもっと好きになっちゃいません?」

紫のサカマネちゃん「もう止まらないです!」

櫻子先生「かわいい〜!」

とーやま校長「練習で毎日会うわけでしょ?話しかけたりするの?」

紫のサカマネちゃん「どんどん話しかけます!」

とーやま校長「お前の気持ち他の部員とかにバレてるんじゃないの?」

紫のサカマネちゃん「バレてるんですけど、マネージャーだし好きとかじゃないよね。みたいな感じです」

あしざわ教頭「本人は伝わっている感じとかある?」

紫のサカマネちゃん「鈍感な子なのでいくらアタックしてもダメです(笑)」

とーやま校長「櫻子先生、紫のサカマネちゃんには直接伝えられないけど、伝えたい気持ちがあるわけですが…」

櫻子先生「今話している時点で気持ちが溢れているわけですよ。ぜひ、ラジオでぶつけてください!」

とーやま校長「言っちゃおう!サカマネちゃん!大好きを伝えよう!!」

紫のサカマネちゃん「はい!1歳の年の差がずっと嫌で、同い年のマネージャーがすごく羨ましいです。でも、先輩っていう立場を使っていっぱい話せて毎日ドキドキしています。趣味が合うところも、しっかりしているところも、優しいところも、ちょっとチャラいところも全部大好きです!朝会えると1日ハッピーに過ごせて部活が待ち遠しくて、一番近くでサッカーしている姿を見られることが幸せで私の特権です。君が引退するまでずっと待ってます。大好きです!


♪ Glorious morning / 大原櫻子


そして、本日も黒板の時間になってしまいました!
今夜は大原櫻子先生に書いてもらいました!

160602_sol13.jpg


160602_sol14.jpg



『 1日1回「大好き」を! 』

今日、この番組に出させていただいて、『大好き』っていう時にみんな笑顔になるなって思ったんです。
1日笑顔で過ごせるんなら『大好き』って1日1回でも言えたら良いんじゃないかなって思いました!


とーやま校長「好きな人に対してもそうだし、家族に対しても1日1回言えたら良いな!」

あしざわ教頭「相手も嬉しいですしね!」

とーやま校長「櫻子先生、2時間ありがとうございました!6月29日に発売されるアルバム『V(ビバ)』や、ツアーも全国のみんなが楽しみに待っているんで頑張ってください!また遊びにきてください!」

櫻子先生「はい。SCHOOL OF LOCK!大好きになりました!」


♪ 大好き / 大原櫻子


あしざわ教頭「出た!雑な使い方(笑)」

とーやま校長「待っております!」

櫻子先生「よろしくお願いします!(笑)」

160602_sol15.jpg


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FAXイラスト】

160602_fax02.jpg
RN かえでこ


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
フテイヌ信者2 宮城県 15歳 男性
紫のサカマネちゃん 広島県 18歳 女性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:04 シンクロニシティ / HY+BIGMAMA
22:13 無敵のガールフレンド / 大原櫻子
22:28 大好き / 大原櫻子
22:49 ただ君のことが好きです / 大原櫻子
22:52 大好き / 大原櫻子
23:15 Ame(B) -SAKANATRIBE×ATM version- / サカナクション
23:36 サイン / 大原櫻子
23:48 Glorious morning / 大原櫻子
23:51 大好き / 大原櫻子
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
櫻子先生の陽の力がとんでもない!!
また来て!!待ってます!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
話しているだけでハッピーな気持ちになる、大原櫻子先生。
生徒みんなも大好きです!!
また必ず来て下さい!!
 
教頭のあしざわ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
160601_sol01.jpg


160601_sol02.jpg


『 B、C 』

昨日はあしざわ教頭の結婚のお祝いを生放送教室で行いました!
しかし、昨年に入籍していたのにみんなに知らせることができなかったので、
とーやま校長から結婚詐欺師のB、Cに認定にされてしまいました(笑)

160601_sol04.jpg



♪ ねこのカーニバル / ねこね、こねこね。


そして今夜の生放送教室は…
君の学校でクラスで流行ってることをとにかく教えてほしいと思います!題して…
コレ流行ってるのうちの学校だけですか?

160601_sol05.jpg


独自の遊び!一発ギャグ!モノの新しい呼び方!
○○先生のモノマネ!変な挨拶
……などなど

君の学校で流行ってることであればジャンルは何でもOK!!
みんなの学校のトレンドを聞いて、その中から未来のトレンドを見つけていくぞ!!

君の学校で今流行ってることを学校掲示板もしくはメールにドンドン書き込んでくれ!!

160601_sol06.jpg


さっそく生徒から流行っていることを聞いていくんですが…

とーやま校長「ズズッ」

あしざわ教頭「え!?校長!?」

とーやま校長「ズズッ、ズズズズッ、はぁ〜」

あしざわ教頭「何食べてるんですか!うまそうだな!そのカップラーメン!」

とーやま校長「みんなの学校で流行ってるものを聞いていくから、まずは俺たちの方からそれを教えないとね」

あしざわ教頭「は?」

とーやま校長「SCHOOL OF LOCK!の職員で流行っているのが、“蒙古タンメン中本のラーメンを食べる”ことだから」

あしざわ教頭「確かに校長の影響でよく食べますけど」

とーやま校長「ズズズズッ、はぁ〜」

160601_sol07.jpg


あしざわ教頭「だからってもう食べないでくださいよ!(笑)、とりあえずSCHOOL OF LOCK!職員で流行っているのはこれだぞってことですね」

とーやま校長「今日はこういうみんなの流行っていることを待ってるぞ!もしもし!」

パン祭り 北海道 14歳 男性 中学3年生

パン祭り「もしもし!」

とーやま校長「パン祭りの学校で流行っていることがある?」

パン祭り「あります」

とーやま校長「さっそくだけど、それは何だい?」

パン祭り「否定文の“ない”を全力で言うことが流行っているんですけど、コレ流行ってるのうちの学校だけですか?」

とーやま校長「え?それってどういうこと?聞かせてもらうことできる?」

パン祭り「例えば大縄跳びの長縄で、誰かが引っ掛かってしまうときってあるじゃないですか?」

とーやま校長「あー跳んでて、引っ掛かることね」

パン祭り「それで、“お前が引っ掛かったろ?”って疑われたときに“俺!?引っ掛かってなーい!!”って言います」

あしざわ教頭「(笑)」

とーやま校長「これめっちゃウケそうだな(笑)、これはいつぐらいから流行ってるの?」

パン祭り「去年の3学期くらいから流行り始めてジワジワ広がっていった感じです」

とーやま校長「これはお前のクラスだけ?」

パン祭り「全学年やってます」

あしざわ教頭「えー全学年!すごいな!」

とーやま校長「他に使い方とかある?」

パン祭り「歌の歌詞の中で否定する部分があったらそこに当てはめるみたいなのもできてくるんじゃないかと思います」

とーやま校長「言うときのコツとかあったら教えてよ」

パン祭り「そうですね、“ない”の部分だけを強調して言うことですかね」

とーやま校長「じゃあ、“ない”の部分だけを強調するようにしないと、中々うまくいかなーぃ!!」

パン祭りなーい!!です」

とーやま校長なーい!!って“い”を残す感じか、これを今後も使っていくんだろ?」

パン祭り「はい!使っていきます!」

とーやま校長「じゃあ最後に、その“ない”を取り入れたメッセージを俺達にもらってもいいかな?もう1回聞きたいんだ」

パン祭り「わかりました。がんばります」

とーやま校長「よし、メッセージちょうだい!」

パン祭り「これからもこの言葉が終わらなーいようにがんばります!!」

とーやま校長「途中でいれるパターンね(笑)、これがもしかしたらみんなのトレンドになるかもしれないからな!」


♪ だいじょばない / Perfume



これ流行ってるのうちの学校だけですか?
うちのクラスで(女子の中)流行っているのは、「ぶりっ子ごっこ」です。
ぶりっ子になりきって誰が一番ぶりっ子なのかを決める遊びです。
私の友達がとてもうまいのですが見る度に笑ってしまいますw

これ流行っているのってうちの学校だけですか?
小豆猫
女性/13歳/東京都
2016-06-01 20:32



とーやま校長「ほっぺたを膨らましてやったりするのかな、振り切れば振り切るほどおもしろいし」

あしざわ教頭「可愛らしい部分もありますね」

160601_sol08.jpg



最近流行ってること
クラスの1部の人たちだけなんですけど、何か出来事が起きるとそれを百人一首の歌に例えることが流行ってます!
くだらないし意味とか全然無視してるんですけど、リズムは保ちつつ急に対応出来るのがすごいなーといつも感心してます笑
真面目な豊杏(ゆあん)
女性/13歳/北海道
2016-06-01 18:25



とーやま校長「先生の〜チャックがとても〜空いている〜」

あしざわ教頭「それおもしろいですね(笑)」


学校で流行ってること!!
うちの学校で流行ってることは
ガチズボンおろし!!
5分間二人がガチでズボンを下ろしに行くゲームです
まわりに何人も集まって観戦してますww
男女問わずやりますねww
鬼太ちゃん
女性/14歳/長野県
2016-06-01 20:46



とーやま校長「やめろよ〜女子だろ〜(笑)」

あしざわ教頭「ケンカにならないんですかね?」

とーやま校長「割とやばい瞬間あると思うし、力入って下着まで下ろしちゃうこともあると思うよ!そうなったときの空気よ!」

あしざわ教頭「男女問わずって書いてありますからね!」


学校で流行っているのは『カンナムスタイル』で、
休み時間にいつもみんなで踊っています。
I'll be back
13歳/広島県



とーやま校長「それ3年前のFAXじゃないよね?(笑)」

あしざわ教頭「いえ、ちゃんと今日届いたFAXです(笑)」

とーやま校長「このPSYのカンナムスタイル、SCHOOL OF LOCK!の営業担当の松田部長が来たときだけかけてる曲だけど、これ他の局では流れてないからね(笑)」

あしざわ教頭「手を前に組んであの踊りをやってるんですかね?(笑)」

とーやま校長「これやってる奴らを傍から見てたら“何で今?”っていう面白さもあるだろうね。ちょっと動画とか見てみたいぁ」

あしざわ教頭「送ってきてほしいですね」

160601_sol09.jpg


続いて、学校で流行っていることを教えてくれる生徒は…

とーやま校長「もしもし!」

縦書きであって横書きではない 静岡県 15歳 男性 高校1年生

縦書きであって横書きではない「もしもし!」

とーやま校長「さっそくなんだけど縦書きであって横書きではないの学校で流行っていることを教えてくれ!」

縦書きであって横書きではない「何かの言い訳をするとき『目がゴロゴロしてる』って言うのは、コレ流行ってるのうちの学校だけですか?」

とーやま校長「『目がゴロゴロしてる』って言うのはお前の学校だけだと思うけど(笑)、どういうこと?」

縦書きであって横書きではない「先々週くらいに授業中に寝ている子がいて、先生に注意されたんですよ。そしたら寝てないですって言ってそれを認めなくて、そのときに言った言い訳が『目がゴロゴロして』っていうのでした」

あしざわ教頭「(笑)」

縦書きであって横書きではない「それでみんな大ウケして、それ以来みんな使うようになりました」

とーやま校長「やっぱろトレンドって流行らそうっていうものは流行らなくて、自然と出ちゃったものが流行るんだよね。そいつは笑わそうって気もなかったろうし」

縦書きであって横書きではない「そうです」

とーやま校長「お前もこれ使ってるの?」

縦書きであって横書きではない「ときどき使いますね」

とーやま校長「どんなとき使う?」

縦書きであって横書きではない「LINEを返すのが遅れたときに、『目がゴロゴロして画面が見れなかった』って返しました」

とーやま校長「何だよ目がゴロゴロしてるって(笑)」

160601_sol10.jpg


縦書きであって横書きではない「先輩とのつながりも強くて、先輩たちの間でも流行って、学校全体で流行ってますね」

とーやま校長「やばい学校だな(笑)、ちなみに最初に言った本人はどんな感じなの?」

縦書きであって横書きではない「1回も使ってないです(笑)」

あしざわ教頭「そりゃそうだよな(笑)」

とーやま校長「勝手に一人歩きしてギャグとして使われるってたまらんだろうな」

縦書きであって横書きではない「あと先生も使うようになって…」

あしざわ教頭「え!?どんなときに使ってるの?」

縦書きであって横書きではない「授業の8時間目とかで疲れて間違いが多くなると『目がゴロゴロしてるから間違えた』って使ってます。それでみんな爆笑してます」

とーやま校長「まさに流行って感じだな。じゃあ最後に、これを使ってみたいって思ったみんなに向けて、メッセージ貰っていいか?」

縦書きであって横書きではない「僕も今、目がゴロゴロしてるんですけど、みなさんも目がゴロゴロしていなくても、何か言い訳するときに使ってみてください」

とーやま校長「いや〜おもしろい、教えてくれてありがとうな!」

縦書きであって横書きではない「ありがとうございました!」


♪ Don't Move / METAFIVE



否定分
それ、私たちの学校でも言ってる人いますよwwwほんとごく一部ですけどwww
小豆猫
女性/13歳/東京都
2016-06-01 22:29



とーやま校長「東京でも少しムーブメントがあるんだね!」


カンナムスタイル
僕の中でもカンナムスタイルが流行っています。
なので、学校の友達の前で歌ったり踊ったりしています。
teenage
男性/14歳/東京都
2016-06-01 22:38



とーやま校長「根強い人気だね(笑)、動画とかもあるから、明日いきなりやってみたらもう一度流行るかもね(笑)」

あしざわ教頭「『何してるの』って言われたら『目がゴロゴロしてて』って言い訳すればいいですね(笑)」

続いて、学校で流行っていることを教えてくれる生徒は…

とーやま校長「もしもし!」

みなとぼん 岩手県 16歳 女性 高校2年生

みなとぼん「もしもし」

とーやま校長「みなとぼんの学校でも流行ってることある?」

みなとぼん「はい」

とーやま校長「それは一体なんだい?」

みなとぼん「水筒をパカパカさせて腹話術で会話することが流行ってるんですけど、コレ流行ってるの私たちだけですか?」

あしざわ教頭「かわいい(笑)」

とーやま校長「何してるの?どういうこと?(笑)」

みなとぼん「1週間くらい前に、私がお茶を飲んでいたら友達が笑わせてきて、『やめてよ』って言いたかったんですけどお茶を口に含んでて言えなくて、水筒を口の代わりにして『フフフー』って腹話術みたく伝えました」

とーやま校長「やっぱりこれもハプニングっぽく生まれたんだね!」

あしざわ教頭「とっさにでちゃったんだ?」

みなとぼん「そうです」

とーやま校長「それを見た友達はどんな感じだった?」

みなとぼん「友達も水筒を使って『ハハハー』って返してくれました」

とーやま校長「微笑ましいな(笑)、最近はその腹話術でどんな話したの?」

みなとぼん「食べ物の好き嫌いの話で、納豆が嫌いなんですけど、納豆の悪いところをそれで伝えました」

あしざわ教頭「(笑)」

とーやま校長「おもしろいね。これがもっと広がっていけばいいね」

みなとぼん「がんばります!」

あしざわ教頭「周りの友達はそれを見て何か言ったりしてる?」

みなとぼん「周りはニヤニヤしながら見ててくれます」

とーやま校長「でも周りもやってみたがってるやつもいるから、そしたら水筒パカパカさせて話しかけてみてみるのもいいかもよ」

160601_sol11.jpg


みなとぼん「はい!」

とーやま校長「じゃあ最後に、これをやってみたいって思った生徒にメッセージを腹話術でお願いしてもいいか?」

みなとぼん「水筒をパカパカすることで、コミュニケーションをとれるので、みんなもやりましょう(腹話術っぽく)」

とーやま校長「メッセージありがとうね(腹話術っぽく)」

みなとぼん「ありがとうございました(腹話術っぽく)」

160601_sol12.jpg



わらった!
目がゴロゴロしました。めっちゃいい!!!
絶対使える!!今度寝てて怒られたら使ってみよっと笑笑
ちっひー∞
女性/17歳/山口県
2016-06-01 22:43


パカパカ水筒
パカパカ水筒持ってねー!!!!
やりてー!!
とーやま校長親衛隊
男性/16歳/福岡県
2016-06-01 22:50



とーやま校長「明日色々流行るかもよこれ!」


カンナムスタイルww
カンナムスタイル今大ブームで、体育祭で踊りますww
築3分徒歩5年
女性/13歳/埼玉県
2016-06-01 22:48



あしざわ教頭「昔大ブームあったんだよ!(笑)」

とーやま校長「踊るんだったらまず食べて丸くならないとね」

あしざわ教頭「体型から寄せるんですか!?」


流行り!!!!!!
ぼくのクラスに「ワタナベ種族」という人種があり、流行っています!!!笑
MATUーBOON
男性/15歳/福岡県
2016-06-01 22:24



とーやま校長「どういうことだろ?」

あしざわ教頭「ワタナベって苗字が集まってるんですかね?」


流行り
泣きまねとか、地味に流行ってます
6の2乗
女性/17歳/長崎県
2016-06-01 19:56



あしざわ教頭「急にスイッチ入ってやるんですかね(笑)」

とーやま校長「高校生がやってるのが可愛いね」


ブーメラン
僕のクラスでは、先生や生徒がしゃべったら、「ブーメラン。」と言います。例えば、授業中に先生が「うるさい。」と言ったら、お前がなという意味で「ブーメラン。」と返します。
キャプテン・ナゴヤ
男性/14歳/愛知県
2016-06-01 22:09



とーやま校長「いらつくわ〜」

あしざわ教頭「これは先生もむかつくだろうな〜」

とーやま校長「言いやすいし、明日言うやついるかもな!」


うちの学校だけですか?
小学生のまねをして、わざとしょうもないケンカをします
ブルーネス
男性/15歳/千葉県
2016-06-01 19:44



とーやま校長「やめろや〜!さわんなや〜!」

あしざわ教頭「あ、小学生」

とーやま校長「うえ〜ん(泣)」

あしざわ教頭「泣き真似も入った」

とーやま校長「う〜ブーメラン!」

あしざわ教頭「混ぜすぎでしょ!」

そして学校で流行っていることを教えてくれる生徒は…

とーやま校長「もしもし!」

こはさん 長崎県 12歳 女性 中学1年生

こはさん「もしもし」

とーやま校長「こはさんの学校で流行ってることある?」

こはさん「あります!」

とーやま校長「じゃあ、教えて!」

こはさん「リア充会議が流行ってるんですけど、コレ流行ってるの私たちだけですか?」

とーやま校長「なんだか教頭はいいけど、俺はなんだか嫌だな〜」

あしざわ教頭「僕はなんか参加できそうだなぁ、これはどういうこと?」

こはさん「これは入学してから流行り始めたんですけど、他の小学校からきた友達が恋バナをし始めて、その周りにリア充やカップルが集まってきて話を聞くようになって、それでリーダーの男の子がリア充が集まってるから“リア充会議”だって言い始めて、それができました」

とーやま校長「こはさんはこの会議に参加してるの?」

こはさん「してます」

とーやま校長「してんのか〜い!彼氏がいるのか?」

こはさん「います」

とーやま校長「いんのか〜い!」

あしざわ教頭「その男の子がリア充会議って言い始めたのがすごいね」

とーやま校長「どんなことを会議をしてるの?」

こはさん「人の恋愛とか、あの子とあの子がもう少しで付き合うとか、そういうこと話してます」

とーやま校長「これさ、俺みたいな座禅組の子もクラスにはいるわけだけど、そういう子はどんな感じなの?」

こはさん「彼氏彼女いないから…みたいな感じで諦めて見てます」

とーやま校長「うん、ちょっと待ってね」

160601_sol13.jpg


ちくしょーーーー!!!!!!!!

あしざわ教頭「校長やめてくださいよ、入れないのはしょうがないんですよ」

160601_sol14.jpg


とーやま校長「てめぇも入ってんのか教頭コノヤロー」

あしざわ教頭「こはさん、俺は入れるよな!」

こはさん「入れます!」

ちくしょーーーー!!!!!!!!

こはさん「(笑)」

とーやま校長「でも、もしかしたら自分のことが議題に上がってて、俺のことを好きな子がいるって話をしてるかもしれないんだよね?」

こはさん「そんな話もあります」

とーやま校長「ほら!…ほらってなんだよ!」

こはさん「(笑)」

とーやま校長「その話で実際に付き合った子とかいるの?」

こはさん「1組そんなカップルいますね」

とーやま校長「じゃあいい流れが生まれてるんだね」

こはさん「そうですね」

とーやま校長「他の学校でやってるやつもいそうだな!教えてくれてありがとうな!」

こはさん「はい!ありがとうございました!」


♪ 中庭の少女たち / SHISHAMO


続いて学校で流行っていることを教えてくれる生徒は…

とーやま校長「もしもし!」

めんたいめんたいこ 奈良県 13歳 男性 中学2年生

めんたいめんたいこ「もしもし」

とーやま校長「さっそくなんだけど、めんたいめんたいこの学校で流行ってることを教えて!」

めんたいめんたいこ「イタリア語の歌を歌うことが流行ってるんですけど、コレ流行ってるの私たちだけですか?」

とーやま校長「間違いなくそうだろうね(笑)」

あしざわ教頭「イタリア語の歌ってどんな歌?」

めんたいめんたいこ「『サンタ・ルチア』っていう歌なんですけど、それが今度の金曜日にテストがあって、それの練習がてら歌ってるんですけど、それがイタリア語だから、みんな気持ちが入って練習してるんですよ」

とーやま校長「歌のテストって嫌なものじゃないの?」

めんたいめんたいこ「自分のクラスはシャイなやつとかいないんです」

とーやま校長「めんたいめんたいこもクラスのやつも休み時間とかで歌ったりするんだ」

めんたいめんたいこ「そうですね」

とーやま校長「じゃあちょっと歌ってみてもらってもいい?」

めんたいめんたいこ「大丈夫ですよ!」

めんたいめんたいこは素晴らしいサンタ・ルチアを披露してくれました!!

160601_sol15.jpg


とーやま校長「素晴らしい!」

あしざわ教頭「めっちゃよかった!」

とーやま校長「これならテストの結果はかなりいいんじゃない?」

めんたいめんたいこ「本番は1人で歌うので…」

とーやま校長「でも今、何万人も聴いてるんだから自信もって大丈夫だよ!」

めんたいめんたいこ「はい!」

とーやま校長「教えてくれてありがとう!テストがんばれよ〜!」

めんたいめんたいこ「ありがとうございました!」


♪ 空気感 / 乃木坂46


そして本日の黒板の時間となりました。
今夜はみんなから学校で流行っていることを教えてもらいました。
冒頭では蒙古タンメン中本がSCHOOL OF LOCK!の職員の間で流行っていると言っていましたが…
最後は本当にSCHOOL OF LOCK!で流行っているものを校長が書きました。

160601_sol17.jpg


『 ふにゅう 』

160601_sol16.jpg


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
パン祭り 北海道 14歳 男性
縦書きであって横書きではない 静岡県 15歳 男性
みなとぼん 岩手県 16歳 女性
こはさん 長崎県 12歳 女性
めんたいめんたいこ 奈良県 13歳 男性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:07 ねこのカーニバル / ねこね、こねこね。
22:14 猫かぶる / MOSHIMO
22:28 だいじょばない / Perfume
22:42 Don't Move / METAFIVE
22:51 死亡遊戯 / 獄門島一家
23:23 パレード / KANA-BOON
23:42 中庭の少女たち / SHISHAMO
23:48 空気感 / 乃木坂46
23:50 だいじょばない / Perfume
23:54 Gangnam Style / PSY
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
今日はふにゅうな日だったな!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
こりゃあ掲示板のタグ付けランキングが楽しみだぜ!!
 
教頭のあしざわ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★