160316_sol01.jpg


『 卵 』

今夜の生放送教室には…卵が…ある?

とーやま校長「卵がね、あるんだよ」

あしざわ教頭「確かに。目の前に卵があります。しかも2つ」

160316_sol02.jpg


その卵の様子が…パキパキパキ…

あしざわ教頭「あれ? 卵が… 割れ始めてますよ!?」

とーやま校長「え、なになに!?何これ!?まぶしい!!」

160316_sol03.jpg


一生警備員「オギャー!オギャー!オギャー!オギャー!」

あしざわ教頭「あー生まれた!!」

とーやま校長「かわいい!!泣いてる!!(笑)」

160316_sol04.jpg


隆太警備員「いやいやいや…」

一生警備員「オギャー!オギャー!オギャー!オギャー!」

隆太警備員「赤ちゃんから始めるの無理あるでしょ」

一生警備員「何なんお前、」

隆太警備員「さすがに生まれたてのスピード感でやってたら、時間勿体ないって生放送なんやから…」

160316_sol07.jpg


一生警備員「お前、マジおもろなくなったな」

隆太警備員「久しぶりやねんから、大事にいこうや」

一生警備員「あーもう、今日はしょうもない授業なるわ、もう言葉は覚えたという体でいきましょか」

160316_sol08.jpg


♪BGM タイムカプセル

とーやま校長「そろそろ入ろうかな、えー、お二人とも改めて一人ずつ、生徒のみんなに挨拶よろしいでしょうか!」

隆太警備員「SCHOOL OF LOCK!のハナの警備員!flumpoolボーカル・ギターの山村隆太です!」

一生警備員「アルバムのタイトルにかけて、“卵の中から出てきた”という体で登場しました!ギターの阪井一生です!」

SCHOOL OF LOCK!のハナの警備員ことflumpool警備員がオープニングからさっそく登場!!
懐かしいような感じもする、渾身のグダグダコント!
2009年の10月から2015年の9月まで、SCHOOL OF LOCK!のハナの警備員として、
この校舎を守ってくれていたのが、このflumpool警備員です!!

一生警備員「6年やってましたけど 、すげぇあっさり派遣切りに合いましたからね」

あしざわ教頭「そういう言い方はやめてください(笑)」

隆太警備員「ばっさりいかれたよな」

とーやま校長「そんなんじゃないですから!(笑)」

一生警備員「今困ってることないですか?ホンマのこと言うてください」

とーやま校長「いや全然大丈夫っす。警備員がいなくて何か盗まれることとかなかったですし」

隆太警備員「今年入って何にもなかったですか?」

一生警備員「SCHOOL OF LOCK!自体も何にもなかったですか?」

とーやま校長「教頭、1回無視しよう。何か嫌な予感するから」

あしざわ教頭「そうしましょう(笑)」

そんなflumpool警備員は本日、ニューアルバム『EGG』をリリース!
生徒からの感想の書き込みも届いています!


EGG聴き込んでます
flumpool警備員がまたSCHOOL OF LOCK!!に帰ってくるのをずっと待ってました!!私がflumpool警備員を好きになったのはSCHOOL OF LOCK!!なので、やっぱりものすごく嬉しいです。
EGGも昨日フラゲして、ずっと聴いてます。どの曲も最初から最後まで鳥肌立ちっぱなしです。どのアルバムよりEGGが一番好きだと胸はって言えます。いきなりですが、私は自分が嫌いです。でも、今までそんな自分を嫌いって思いながら変えようとしてきませんでした。でも、EGGを聴いて、私は今までの自分という殻を壊していこうと思いました。勇気もらいました。ありがとうございます!!
ぐるぐるベース
女性/15歳/大阪府
2016-03-16 15:01



隆太警備員「感想嬉しいです。ありがとう」

とーやま校長「俺もぐるぐるベースと同じような気持ちで、最初聴いたときは興奮しました!1週目のときはただただ興奮してる自分がいて、でも2週目聴いたときは今までのflumpoolでもあるし、でも全然flumpoolじゃないっていう感覚もあって、内の内から音楽やってるっていうのが印象でしたね」

隆太警備員「その通りで、覚悟と決意を持って作ったので、自分の中で最高傑作だと思ってて」

とーやま校長「俺も今までで1番好きですね」

隆太警備員「生きていくうえでの強さを音楽で打ち出すべきやと思って、みんなと話し合って作ってきました」

とーやま校長「曲もすごく色々なものがあるし、自由だと思って、一生警備員は作ってるときはどうでした?」

一生警備員「前作が3年半前で、そこからの経験でやれることが増えたというか、今まで周りの方に助けてもらっていた部分を自分たちでやりたいなと思って、そこが強く出ているというか、自分たちがやりたいものを100%出しているので、すごくリアリティのあるものができたと思いますね」

あしざわ教頭「僕も最初の曲を聴いてパンチ喰らってしまって、今までより厚みがあるというか、パワーアップして色もさらについた感じがして、素敵なアルバムなんだなってことがすごく伝わってきました」

160316_sol05.jpg


隆太警備員「校長も教頭がめっちゃ聴いててくれて、感動してます。こんな愛のあるところでやっていたんだなと思ってほんまに感動してます」


♪ 解放区 / flumpool


オープニングのグダグダを聴いての感想の書き込みも…


なんだこれ?笑
なんだこの寸劇笑笑
しょっぱなからグダグダ笑笑
でも、待ってました!お久しぶりです!おかえり!
さきいか。
女性/14歳/沖縄県
2016-03-16 22:05



そんなグダグダなflumpool警備員とおくる、今夜の授業テーマは…
『3月に置いていくもの / 4月に持っていくもの』

今回の作品をつくっているときに隆太警備員は
“何かと決別をするくらいの気持ちがないと、何一つ変えられないのでは?”
ということを考えていたそうですが…
生徒のみんなにとってもこの時期は、何かを“諦め”たり、“別れ”たり、“捨て”たり…
少し辛い現実とも向き合わないといけない季節です。

とーやま校長「辛いかもしれないけど、必要のないものは3月に置いて」

隆太警備員「その通りだと思います。夢であったとしても、自分が叶えたい1つの夢があるなら他の夢は捨てるべきだと思うんです。何かを犠牲にしないと掴めないものがはたくさんあって、そういうことを今回書いたので、この曲とともにみんなと考えていきたいです」

君が3月に置いていきたいもの、そして4月に持っていきたいものを教えてください。
メッセージは学校掲示板もしくはメールから。
もちろん、flumpool警備員のニューアルバム『EGG』の感想も待っています!

160316_sol09.jpg


まずはアルバムを買った生徒の書き込みを紹介!


EGG
昨日EGGフラゲしてきました!
ずっと楽しみにしてたアルバム。
やっと全曲フルで聴けることができて嬉しいです。
元気警備員 作詞作曲の産声がすごく楽しみで
最初 こんな歌詞かくんだ〜とか思って
ニヤニヤしながら聴いていました(笑)
EGGに入ってる曲は いつもなら皆の背中を押すような希望の曲が多いけど全く違って普段皆が思ってるようなことを歌にして、こういう曲も好きだなって思いました。
普段 隆太警備員がかきそうにもなかった歌詞もあって新たなflumpoolの一面をみれて嬉しかったです。
素敵な曲たちを有難う。
これから お世話になります!
ペコリーノ
女性/17歳/神奈川県
2016-03-16 13:20



とーやま校長「曲に対して“ありがとう”って言葉が出る感覚がすごいですよね」

あしざわ教頭「9曲目の元気警備員のことも書いてくれてますね」

とーやま校長「今日は元気警備員と誠司警備員はどうしたんですか?」

一生警備員「他に警備する場所あるって言って」

160316_sol11.jpg


隆太警備員「僕ら24時間警備員なんで」

とーやま校長「え!?じゃあその間に曲作ってライブやってるんですか!?」

一生警備員「そうです、そうです」

とーやま校長「でもちょっと元気警備員が警備してるとは思えないんですよ」

隆太警備員「ちょっと、そういう緩い感じだったじゃないですか、ホンマ変わったんです、このアルバム作って変わったんです」

とーやま校長「じゃあ電話していいですか?」

160316_sol10.jpg


一生警備員「全然いいっすよ」

とーやま校長「ガチでかけましょう!」

Prrrrrrrr Prrrrrrrr Prrrrrrrr ガチャ

とーやま校長「もしもし」

元気警備員「はい」

とーやま校長「お名前教えてもらってよろしいでしょうか?」

元気警備員「尼川です」

とーやま校長「元気警備員ですよね。お久しぶりです!」

元気警備員「こんなに声遠いんだ、こんな感じなんですね」

あしざわ教頭「そっちだけで完結するのはやめてもらっていいですか?(笑)」

とーやま校長「ちなみに今は何されてました?」

元気警備員「家でボォーっとしてました」

とーやま校長「ちょっと警備してないじゃないですか」

元気警備員「違うんですよ、さっきまで一緒にいたんですよ。でもラジオ2人やから帰って、その途中のタクシーでマネージャーから電話かけるんでって連絡があって」

あしざわ教頭「違う違う違う…そうじゃないんだって」

とーやま校長「あ〜ガチでって言ってた俺がすごい恥ずかしいじゃん!」

あしざわ教頭「しっかり裏側話しちゃダメですって」

元気警備員「(笑)」

とーやま校長「ただ、本日『EGG』発売おめでとうございます!」

元気警備員「あ、どうもありがとうございます。すいません裏側話しちゃって」

とーやま校長「大丈夫じゃないですけど全然大丈夫です(笑)、“産声”も聴かせてもらいましたよ」

あしざわ教頭「生徒からの書き込みもありました」


EGG
EGG聴きました!!とにかくNEWカラーのアルバムでした!産声という曲は元気さんが親友に子供ができた事で誕生をモチーフにされたみたいですが、とっても待ち望んだ気持ちであったり新しい命で彩ってくれる様子がとても伝わってきました。私にいつか子供ができた時、お腹にいる赤ちゃんに聴かせてあげたいくらい素敵な曲だと思いました!何年経っても大切にしたいアルバムです!
アオゾララン
女性/17歳/長野県
2016-03-16 17:32



元気警備員「感想、ありがたいです」

あしざわ教頭「僕も聴かせてもらったときに、誕生の歌でもあるけど、生まれた赤ちゃんの希望に満ち溢れてる感じがこっちに伝わってきましたよ」

元気警備員「おっ!あざっす!」

とーやま校長「曲聴いていいっすか?」

元気警備員「どうぞどうぞ」

とーやま校長「ちなみに曲聴いてるときは何してるんですか?」

元気警備員「ボォーっとします」

隆太警備員「警備しとけよ」

元気警備員「あっ、そういうことか」

とーやま校長「そういうこととかじゃないですからね!最後に言い残すことありますか?」

元気警備員「いや〜もう、ありがとうございます」

とーやま校長「元気警備員、突然電話してすいませんでした(笑)」

元気警備員「いえいえ、待ち構えてたんで大丈夫です(笑)」

あしざわ教頭「急にかけてる体なんだよ(笑)」

160316_sol12.jpg


とーやま校長「じゃあね〜!(笑)」

元気警備員「ありがとうございました(笑)」


♪ 産声 / flumpool


そしてここからは…flumpool LOCKS!が今日だけ復活!!
隆太警備員が凄く緊張しています!

160316_sol13.jpg


一生警備員「いや〜帰ってくるの久しぶりでっせ」

隆太警備員「久しぶりやな、6年間やってたわけやから」

一生警備員「半年ぶりでこの景色も懐かしいわ」

隆太警備員「久しぶりに帰ってくるとさ、愛のある場所でやってたんやなって確認できるね」

一生警備員「ホームやなってこの6年間を思い出すというか…」

隆太警備員「見てよ、生徒のみんながこんなにメッセージ送ってくれて」

160316_sol24.jpg


一生警備員「こんなにもメッセージが…ねぇ…(グスッ)」

隆太警備員「せやな、グッとくるよな」

一生警備員「みんなからのメッセージがほんとにたくさん届いて…(グスッ)…千葉県女の子…13歳…(グスッ)…ラジオネーム……これ漢字読まれへん…!」

隆太警備員「いやここは読めよ、大事なとこやで、“しずくいけい”ちゃんかな?」

一生警備員「ありがとう、紹介しますね…(グスッ)」


たまたま私が初めてスクールオブロックを聞いたのは、flumpool警備員の最後の警備の日でした。
こんなに運命を感じたことはまだありません。
今ではflumpool警備員もSCHOOL OF LOCKS!も大好きです!
私はflumpool LOCKS!をまだ一回しか聞いたことがないので、
今日は本当に嬉しいです!
これからも、頑張ってください!ずっと応援してます!
雫井 彗
女性/13歳/千葉県



一生警備員「うわぁぁぁ(泣)、ホンマありがとう、でもラジオネーム読まれへん」

隆太警備員「読めろよ(笑)」

一生警備員「他にもまだきてます…(グスッ)、福井県の女の子…15歳…ラジオネーム…ラジオネーム長いから読めません!(泣)」

隆太警備員「いやおかしいやろ!」

一生警備員「長いです…」

隆太警備員「ラジオネームは…“納豆星からやって来たお姫様”って全然長くないやん、ちゃんと読めよ」

一生警備員「紹介しますね…これは辛い…(グスッ)」


なんで納豆ってあんなに美味しいんですかね!?
納豆星からやって来たお姫様
女性/16歳/福井県



隆太警備員「終わり!?」

一生警備員「うぅぅぅぅぅぅ(泣)」

隆太警備員「これどこに泣く要素あんねん(笑)」

一生警備員「辛いわ…ホンマ辛い…納豆って…なんであんな美味しいんや…」

隆太警備員「いい加減にしろよ、もう時間を返してくれ(笑)」

一生警備員「何かこんな感じちゃうかった?今必死に思い出そうとしてる」

隆太警備員「こんな感じやったな(笑)」

一生警備員「色々思い出してきた!いけるぞ今日!」


♪ World beats / flumpool


隆太警備員「改めましてこんばんは!ハナの警備員“flumpool LOCKS!”flumpoolのボーカル 山村隆太です」

一生警備員「僕たちは本日、ニューアルバム『EGG』をリリースしました!これを受けて、今週末の土曜日、東京Star Rise Towerで、インストアイベントを行います!タイトルは、Let’s talk about “EGG” with its ……うぅぅわかれへん…読まれへん(泣)

隆太警備員「自分たちのイベントはわかれや!もう尺ないから泣くのはええねん!(笑)」

一生警備員「ギターの阪井一生です!」

一生警備員は読めなかったけど、イベントタイトルはLet’s talk about “EGG” with its Art and Films!です!!
ニュー・アルバム「EGG」リリースに伴い多数制作された映像コンテンツをメンバーと共に巨大スクリーンで視聴します!
みんな、ぜひ遊びに行ってくださいね!

そして今夜のflumpool LOCKS!は…

一生警備員「ハナの大警備線スペシャル!」

隆太警備員「懐かしいですね」

一生警備員「久しぶりにやりましょか。flumpoolは、この学校の生徒の、身の回りに起こった事件 トラブルを何でも解決する、警備員です!生徒のみんなから“目安箱”に届いた事件を、完全に解決していきます!」

隆太警備員「気合入れていきましょう」

一生警備員「事件が解決したら、そのお祝いとして“flumpool LOCKS!”の宝であり、事件解決のお守りである、お蚕ちゃんをプレゼント!」

隆太警備員「お蚕ちゃんをどんどんあげてこうぜ!」

一生警備員「さっそく生徒の悩み解決していきましょう!」


flumpool 警備員こんばんは!!
高校に無事合格し春から華のJKです!!
でも進学する高校には仲いい友達もいなくてどうしようかなって悩んでいます…。
どうしたら友達いっぱいできますか??
秒でつくれる方法教えてください!!
お は な
女性/15歳/神奈川県



隆太警備員「すぐに友達できる方法ってことですかね」

一生警備員「簡単に、ギュッと握手してドンッ!で」

隆太警備員「え?どういうこと?(笑)」

一生警備員「ギュッと握手してドンッ!で」

隆太警備員「…ドンッって何?」

一生警備員「実際そんなもんやて、ギュッと握手してドンッ!で終わりやから、ニュアンスでわかるやろ?」

隆太警備員「いやいや(笑)」

一生警備員「ギュッと握手してガッ!でもいけるし」

隆太警備員「よくわからないです(笑)」

一生警備員「これで大丈夫。解決ということで…お蚕さん…ありがとー…?あれ、どんなんだっけ?ゴメンゴメン」

隆太警備員「迷いがあったな」

160316_sol14.jpg



高校生の姉が大学生の彼氏と付き合っていて、
最近親がいない時にめっちゃ家に連れ込んでいて夜とかに連れ込まれるとギャーギャーうるさいんです。

その時はすごい寝にくくて…どうしたらいいですか!?
ちなみにこの事は親には言ってません。
そして言うなと口止めされてます。助けてください!
天空ちゃん
女性/14歳/兵庫県



一生警備員「なるほどこれはちょっと問題ですね。でもこれも解決方法あるよ」

隆太警備員「ある?」

一生警備員「14歳の天空ちゃんに言うのもあれなんですけど、その2人が静かになる瞬間があると思うんですよ」

隆太警備員「どういうこと?」

一生警備員「2人が急に静かになる瞬間が訪れると思うんです。それを見計らって、偶然のフリして部屋のドアを開けて下さい。それをやると彼氏二度と来なくなると思います。そして天空ちゃんは少し大人になります」

隆太警備員「おかしやろ、お前何を14歳の女の子に言うとんねん(笑)」

一生警備員「これはまさに解決ですよ。絶対来なくなりますよ。急に静まった瞬間ね」

隆太警備員「もうアカン、久しぶりなんでみんな多目に見て下さい(笑)」

一生警備員「解決ということで…お蚕さんありがとー…こんな感じやろ?」


♪ 今日の誓い / flumpool


一生警備員「半年のブランクあったけど…いけるね」

隆太警備員「確かにいけるね」

一生警備員「今日は完全に手応えしかなかったんちゃうかな。どうですか、校長・教頭?」

とーやま校長「終始足はもつれてて、最後は体ごとゴールっていう感じかな?」

あしざわ教頭「(笑)」

隆太警備員「久しぶりに全力で走った感ありましたか?(笑)」

一生警備員「あ、ホンマですか?もうワンチャンあるかなと思ったんですけど」

とーやま校長「今後警備員として雇うかどうかは、一生警備員が我が校の職員にギュッと握手してドンッ!をやってもらって」

一生警備員「全然やりますよ。がんばります。埋めたいなぁ、空いた時間」

隆太警備員「(笑)」

あしざわ教頭「やめなさい!(笑)」

とーやま校長「明日のこの時間は、この学校の“走る!教育実習生”KANA-BOON先生が登場!」

一生警備員「え!!知らない間に、ドンドン旬のバンドとか入ってる!」

隆太警備員「大阪やもん」

一生警備員「あの子らおもろいもん」

とーやま校長「KANA-BOONの4人は走ってて足のもつれ一切ないですよ(笑)」

160316_sol17.jpg


一生警備員「これ…ホンマに戻られへんな」

全員笑い

そしてflumpool警備員は、4月からおよそ2年ぶりとなる14都市22公演のツアーをスタートします!
タイトルはflumpool 7th tour 2016『WHAT ABOUT EGGS?』

とーやま校長「今はリハーサルの真っ最中ですか?」

隆太警備員「今日からスタートですね」

とーやま校長「今日のリハーサルはどんな感じだったんですか?」

一生警備員「今回は濃いですね。昔の曲も含めて、1曲にこんなに時間かけてやるかってくらい集中してやってますね」

隆太警備員「オリジナルアルバムをもってのツアーっていうのは凄い久しぶりで、だから今回は一回りも二回りも成長したflumpoolを見せることができると思います」

とーやま校長「全国回って、行く生徒もたくさんいるだろうし、『EGG』があってどんなツアーになるんだろうな」

隆太警備員「今まで来た人にとっても、“これが同じバンドかよ”って思えるくらいになると思います。ぜひ遊びに来て下さい!」

さぁここからは生徒と逆電を繋いで、
『3月に置いていくもの / 4月に持っていくもの』を聞いていきます!

とーやま校長「もしもし!」

まくらもち 埼玉県 19歳 女性 大学1年生

まくらもち「もしもし」

とーやま校長「まくらもちはもう『EGG』も買っている?」

まくらもち「買ってます!」

隆太警備員「ありがとう!」

とーやま校長「感想を伝えておこうか」

一生警備員「ぜひ、聞きたいですね」

まくらもち「今までのflumpool警備員と違った感じで、優しさだけじゃなくて人間が生きるための力強さを感じる作品だと思いました。色々な曲が入っているのに聴き終えたときは1つの作品だなって思えてすごい素敵です」

隆太警備員「ありがとう」

一生警備員「なかなかこうやって直接感想を聞けないので嬉しいですね」

隆太警備員「さっきの感想の書き込みもまくらもちも、ホンマに俺たちの曲を待っててくれてたんやなって思えるくらい熱が伝わるのがすげぇ嬉しいです」

160316_sol15.jpg


とーやま校長「それでまくらもちが3月に置いていくものは何?」

まくらもち「受験に使った参考書です」

とーやま校長「参考書?これはどういうこと?」

まくらもち「4月から大学2年生なんですけど、去年の今頃は受験に失敗して志望校に落ちてしまって、浪人か滑り止めに進学かで悩んでいたんですけど、金銭面や自分ががんばれるか信じられなくて進学したんですけど、今でも諦めたことを後悔している自分がいて…」

とーやま校長「後ろ向きの日々が多かったんだな」

まくらもち「はい」

とーやま校長「それで参考書を置いていくっていうのはどんなことに繋がるの?」

まくらもち「何かあるたびに、あのとき浪人してたらどうだったのかなって考えてしまって前を向けない自分が嫌で、でもせっかく大学に通っているので、残りの学生生活は前を向いて色々なことに挑戦しようと思ったので」

とーやま校長「じゃあ4月に持っていきたいものは何?」

まくらもち「自分を信じて前を向く心です」

隆太警備員「そうだね」

とーやま校長「これを持つことができたら4月からは変わりそうか?」

まくらもち「挑戦したいことに飛び込めるかなって思います」

隆太警備員「後悔とか俺もいまだにいっぱいするし、でもそれを引きずって良いことなんて1つもないんですよ。昨日ダメでも今日が良ければいいんですよ、明日が良ければいいんですよ。過去を見ずに前に進むのってすごい難しいけど、そう思えてるまくらもちはすごい正しいと思うからがんばってほしいです」

160316_sol16.jpg


とーやま校長「この参考書には色々な気持ちが入っちゃってますからね」

一生警備員「でもそれこそ過去を後悔してても仕方ないなって思うので、前を向く強い気持ちは大事やと思いますね」

とーやま校長「ちゃんとこの時期に置いていくものと追っていくものがわかってるっていうことが、まず進んでるから!」

まくらもち「はい」

とーやま校長「何かあったら『EGG』もそばにいてくれるからな」

隆太警備員「いつでもいるよ」

一生警備員「がんばってな」

まくらもち「力強いです!ありがとうございました!」


♪ 絶体絶命!!! / flumpool


続いての生徒は…

とーやま校長「もしもし!」

シュシュpool 北海道 18歳 女性 高校3年生

シュシュpool「もしもし」

とーやま校長「シュシュpoolは卒業はもうした?」

シュシュpool「はいしました」

一生警備員「おめでとー」

シュシュpool「ありがとうございます!」

とーやま校長「じゃあさっそくなんだけど、シュシュpoolが3月に置いていきたいものは何?」

シュシュpool「私が3月に置いていきたいものは7年間の片思いです」

一生警備員「7年!?」

あしざわ教頭「今18歳だから11歳、小5の頃から好きだったのか」

とーやま校長「じゃあ好きな男の子がいたってことでいいのかな?」

シュシュpool「そうです」

とーやま校長「どんな男の子だったの?」

シュシュpool「勉強もスポーツも何でもできる人で、モテてみんなの人気者って感じです」

とーやま校長「高校は別?」

シュシュpool「中学も高校も別だったんですけど、家が近所で幼馴染だったので、連絡取りあって遊んだりしてました」

とーやま校長「その7年間の片思いを置いていくっていうのはどういうこと?」

シュシュpool「その好きな人が大学進学で関東に行ってしまうので、ここで言うしかないと思って、昨日告白をしました」

隆太警備員「勇気出したね」

シュシュpool「はい」

とーやま校長「どんな気持ちが返ってきたの?」

シュシュpool「幼馴染のままでいようって言われてしまいました」

とーやま校長「そうか…それを置いていって、4月にもっていきたいものは何?」

シュシュpool「大学生になって新しい環境でがんばらないといけないので、今までできなかったことにもチャレンジする行動力をもっていきたいと思います」

とーやま校長「昨日告白して、それはうまくいかなかったけど、それがシュシュpoolの4月からの道を示してくれてるように思えますね」

あしざわ教頭「行動力を持っていきたいってことは、告白することも行動力なわけですし」

隆太警備員「もし言わなかったらそのままの関係でいることができた思うし、でもそれをよしとせずに、ほんとにその人のことが好きなら、その人に想いを伝えるっていうのはすごい大事なことだと思うから昨日告白したことは正解やし、でも結果として人と人やからうまくいかないこともあるし。でもこの先にシュシュpoolにとって絶対確かなものはあるからこの道は正しいよ」

シュシュpool「ありがとうございます」

とーやま校長「シュシュpoolはflumpool警備員のこと大好きなんだよね?」

シュシュpool「大好きです!」

とーやま校長「さっきは元気警備員に電話繋いだじゃないですか?次は誠司警備員に電話をかけてシュシュpoolに言葉をかけてもらうっていうのは」

一生警備員「いきますか」

とーやま校長「シュシュpoolは言葉かけてほしいでしょ?」

シュシュpool「はい!」

隆太警備員「なんならもう待ってると思います」

とーやま校長「待っている…元気警備員はガチでかけて、“聞いてました”って感じでしたけど、リーダーは大丈夫ですか?」

一生警備員「間違いなく大丈夫だと思います」

160316_sol18.jpg


隆太警備員「バッチリ急に電話かかってきた感じになると思います(笑)」

シュシュpool「(笑)」

とーやま校長「よし、電話してみよう(笑)、もしもし!」

誠司警備員「もしもし」

とーやま校長「お名前よろしいですか?」

誠司警備員「flumpoolの小倉誠司ですけども」

とーやま校長「リーダーお久しぶりです!」

誠司警備員「あっ!お久しぶりです。どうしたんですか?ビックリしたぁ」

一生警備員「ごめんな、急に電話してもうて」

誠司警備員「いや全然、明日のご飯の仕込してただけなんで(笑)」

あしざわ教頭「急に電話してすいません(笑)」

とーやま校長「リーダーはシュシュpoolのお話聞いてました?」

誠司警備員「もちろん聞いてました」

とーやま校長「リーダーからシュシュpoolに向けてお言葉をいただけたらと思うんですけど…」

誠司警備員「そうですね。隆太が言ったことが全てだとは思うんですけど、誰しも何かを失って新しい自分に向かうっていうことはいつかぶつかることだと思うし、僕自身も今がそのときだと思うんです」

シュシュpool「はい」

誠司警備員「それって辛いことかもしれないけど、前向きに考えるとすごい楽しいことだと思うんですね。長年の想いをよせてた人に告白してダメだったのは辛いけれど、それを3月に置いて4月から新しい自分でいこうと決断できたことはすごく偉くて強いことだし、僕らのアルバムでいう殻を破ったってことだと思うから、シュシュpoolは今まで以上に魅力的な女性になって、色々な人から好かれるようになると思うので、こうやって決断できた自分に自信を持って4月から新しいことに緒戦してほしいと思います」

シュシュpool「ありがとうございます!嬉しすぎてありがたいです!」

とーやま校長「今思ったことも4月にもって、学校楽しんでな」

誠司警備員「がんばって」

シュシュpool「はい!ありがとうございました!」

本日の黒板の時間となりました。
今夜隆太警備員に黒板を書いていただきました。

160316_sol19.jpg


160316_sol21.jpg


『 EGG 』
EGGというタイトルをつけたのは線を引くということで
友達関係でも恋愛関係でも、人に想いを伝える上で、
本当に仲の良い友達が欲しいなら、
他の関係を捨ててでもそいつの手を握りにいかないと友情はできないと思うし、
夢も同じで100個の夢なんて叶わない。
大事なのは今の自分にとって何が大切なのか、
何を守れて何を守れないのか、自分の内側にあることの線引きをちゃんと捉える。
僕たちもまだまだ未熟かもしれないけど音楽に賭けています。
このアルバムが何かの始まりとして、多くの人に聴いて欲しいと、
今日の授業を通して改めて思いました。

160316_sol20.jpg


160316_sol22.jpg


160316_sol23.jpg


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FAXイラスト】

160316_fax01.jpg
RN ゆか

160316_fax02.jpg
RN 多消2199

160316_fax03.jpg
RN 柚果

160316_fax04.jpg
RN おなかのくろいしろうさぎ

160316_fax05.jpg
RN tomoneco☆☆

160316_fax06.jpg


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
まくらもち 埼玉県 19歳 女性
シュシュpool 北海道 18歳 女性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:12 解放区 / flumpool
22:30 サクラサク 2016 feat.童子-T / 北乃きい
22:47 産声 / flumpool
22:52 Dear my friend / flumpool
23:16 World beats / flumpool
23:25 今日の誓い / flumpool
23:39 絶体絶命!!! / flumpool
23:48 輪廻 / flumpool
23:51 明日キミが泣かないように / flumpool
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
EGG、何度聴いても興奮する!
flumpool警備員、いつでも警備に来て下さい!
講師にはなれないけど!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
やっぱりflumpool警備員が来ると、とにかく楽しい。
そしてアルバム「EGG」
本当に今までとは違うパワーアップしたflumpoolに出会えるぞ!
 
教頭のあしざわ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
久しぶりに帰ってきたけど、
みんなおかえりーって感じで迎えてくれて、年とったせいか泣きそうになりました笑。
EGGで伝えたいことはズバリ
人目恐れず、失敗恐れず、自分にとって大切なものを守っていこう、伝えていこう。ってことです。
多くなくていい、たった一つ夢でも、たった一人の友達でも恋人でも、全力で向き合っていこう。
それだけが未来を切り開く、まさに「鍵」だと思います。
またこの学校遊びに来るから警備員忘れんでいてやー!
 
隆太警備員より
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
しっくりくる!!
水曜日がしっくりくる!!
水曜日ひまなんで、マジで!!
とりあえずEGGがすごい良いのでよろしくです。
あー水曜日ひまや。
 
一生警備員より
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★