SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


『 退院! 良かった! 』

とーやま校長「マジで良かったね!」

あしざわ教頭「本当に良かった!」

go!go!vanillasのベーシスト、長谷川プリティ敬祐先生
昨年12月に事故に遭って入院されていましたが、昨日退院されたとのことです!

とーやま校長「ちょうど事故の発表があった日に、SCHOOL OF LOCK!で『No.999』を初解禁をさせてもらう日でね。
これ、どうなることやらと、もちろんメンバーのみなさんも、ご家族のみなさんとかファンのみんなも思ってたと思う。
この間も、バニラズ先生が生放送教室にふらっと一瞬来てくれて、"あの時はありがとうございました"みたいな感謝の気持ちを頂いた。
"いや、こちらこそですよ。大切な曲をありがとうございました"みたいなことを言っていたら…」

あしざわ教頭「はい!」

とーやま校長「今日の8時39分に、長谷川プリティ先生のTwitterが、ひさびさに更新されて…!
ご本人の声で、『退院することができました』と!
でも、ここから、リハビリとかまだ手術もあるみたいなんだけど。
『僕の世界一大好きなバンド、バニラズのライブがこれからも最高な空間であり続けるように、この先もどうか力を貸してください。』とのことで…。
俺らごときになるかもしれないけれども、もう何でもやらせて欲しいしさ!」

あしざわ教頭「そうですね」

とーやま校長「みんなの力を結集して、またこうやって4人揃って観れる時が、恐らく近いうちに来るだろうから!」

生徒からも声が届いているぞ!


バニラズ
プリティさんが、帰ってきたーーーー!!!!!
本当に良かった!安心しました!
また元気な4人を見れる日を、待ってます!!
バニラガール
女性/15歳/鹿児島県
2019-03-05 21:04



あしざわ教頭「生徒も待ってるから!」

とーやま校長「本当に良かった!
ここから、焦らずに、ゆっくりと、またステージで躍動するプリティ先生をお目にかかる日を期待して、ワクワクしながら待っておりますので!
まずは退院おめでとうございます!

SCHOOL OF LOCK!


<生徒の集まってくる音>

あしざわ教頭「さあ、生徒が集まってきました! SCHOOL OF LOCK!、今夜も開校です!」

とーやま校長「今夜はWANIMA先生が生放送教室にやって来てくれる!」

あしざわ教頭「…起立! 礼!!」

とーやま校長・あしざわ教頭叫べ〜〜〜〜〜!!!


♪ シグナル / WANIMA



とーやま校長「そして生放送教室には、いらっしゃってくれております!」

WANIMA先生「…」

とーやま校長「ずっとふざけてるからさぁ…。
ここは"WANIMAでーす"みたいなところですよ」

WANIMA先生「あっ、えーっと、日本で一番SCHOOL OF LOCK!が好き…。
WANIMAでーす…」

SCHOOL OF LOCK!

まともに写真を撮らせてくれないWANIMA先生…


KENTA先生 (Vo/Ba)
KO-SHIN先生 (Gu/Cho)
FUJI先生 (Dr/Cho)

とーやま校長「そんなに気持ちが入ってないセリフなら言わないでくれ!」

WANIMA先生「(笑)」

とーやま校長「何だよ、3人とも目は死んでるし!」

あしざわ教頭「そうだよ、KO-SHIN先生なんて言ってなかったからね!」

KENTA先生「いやいや! 1曲目がすごく長いなぁと思って(笑)
校長と教頭が、グルーヴについていけなくて」

FUJI先生「置いてけぼり感がすごい」

あしざわ教頭「そんなことないでしょう」

とーやま校長「僕たちのこと、いつからそうやってバカにするようになったんですか」

FUJI先生「いやいや!」

KENTA先生「バカになんて…!
どっちかって言うと、今、僕らも生徒のみなさんと一緒の気持ちですよ」

あしざわ教頭「え、生徒って今こんな感じなんですか?」

FUJI先生「そんな感じです」

KENTA先生「大体、みんなこんな気持ちだと思います。
"1曲目長ぇな"って」

あしざわ教頭「嘘!?」

とーやま校長「FUJI先生とKENTA先生はそう思ってるけども、KO-SHIN先生はわかりません」

KENTA先生「ちゃんと自己紹介せんと!」

KO-SHIN先生校長の、KO-SHINと言います!

一同笑い

とーやま校長「だから、校長は俺なんです!
まだそれやるんですね!?」

KO-SHIN先生SCHOOL OF KO-SHIN! なんで」

とーやま校長「いや、半蔵門でやってるSCHOOL OF LOCK!の校長のとーやま。
(WANIMA先生は)有楽町で番組もずっとやってますよね?」

KENTA先生「有楽町の校長役」

とーやま校長「その学校の名前は何でしたっけ?」

KO-SHIN先生SCHOOL OF KO-SHIN!

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「うまくないんだよな!」

あしざわ教頭「何にもかかってない(笑)」

とーやま校長「前に来た時も、そこで軋轢(あつれき)が生まれたわけですよ。
"勝手にやってるぞ"みたいな情報も入って来てて」

KENTA先生「バレてた(笑)」

とーやま校長「当たり前ですよ! チクリ入りますからね!」

KO-SHIN先生「あれ以降、一回もやってないです!」

とーやま校長・あしざわ教頭やれよ!!(笑)」

とーやま校長「俺、2回聴いてるんですよ。
で、もっとふざけてみんなの相談に乗るのかな、と思ったら、めちゃめちゃマジで答えてた」

一同笑い

KO-SHIN先生「いたって真面目なんで」

KENTA先生「僕ら、生徒のみなさんに嘘つきたくないんで」

とーやま校長「ずるいわ…!
俺らだって本音でやってますよ!」

KENTA先生「だって、ふたりとも白目むきながら話してるんだから」

一同笑い

あしざわ教頭「器用だな! やめてくれ!(笑)」

KENTA先生「面白いなぁ!
俺、全国でこのラジオが一番面白いと思うんですよね!」

とーやま校長「いや、普段聴いてないでしょ?」

KENTA先生「聴いてる聴いてる(笑)」

とーやま校長「じゃあSCHOOL OF LOCK!のどういうところが面白いなと思ってるんですか?」

KENTA先生「やっぱり生徒との距離ですね」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「聴いてないですよ。誰にでも言えることですもん」

あしざわ教頭「今の感じは聴いてないやつだね(笑)」

一同笑い

さあ、気を取り直して…

とーやま校長「さあ、WANIMA先生ですが、明日3月6日に4枚目のシングル『Good Job!!』をリリース!」

こちらは全3曲、さらに初回限定盤BONUS DISCに1曲と合計4曲の新曲入り!
でも『Good Job!!』というタイトルの曲が入っているわけではないんです。


とーやま校長「そして、ツアーが昨日までだったんですよね?
お疲れ様でした!」

WANIMA先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「昨日までのツアーはいかがでしたか?」

KENTA先生"1CHANCE NIGHT"っていうツアーを回ってて、一応それにはFINALとかはなくて、自分たちが行ったことない県やったり町を中心に、回らせてもらいました。
今回も30か所、すごかったですよ!」

とーやま校長「すごかった!」

KENTA先生「ホールを回ったんですけど、ちっちゃい子から、僕らより年上の方まで、もう盛り上がりがすごかったです!」

とーやま校長「座席があったら、みんないつものように、暴れようにもなかなか暴れられなかったりとかすると思うんですけど、どんな感じだったんですか?」

KENTA先生「みなさん、個人個人手でモッシュしたり」

FUJI先生「せめぎ合ってましたよ」

とーやま校長「手でモッシュ!? へー!」

KENTA先生「みんなでハイタッチしたり、ちょっとホールとは思えなかったですね」

とーやま校長「KO-SHIN先生は、楽器を弾きながらの景色はどんなものでした?」

KO-SHIN先生「素晴らしい…!」

KENTA先生「いたのかもわかんないですね」

あしざわ教頭「絶対いたでしょ!?(笑)」


とーやま校長「今夜はこの『Good Job!!』のお話を聴いていきつつ、こんなテーマで授業をお送りしたいと思います!」

「WANIMA先生に褒めて欲しい! グッジョブ掲示板逆電!」

KENTA先生「イェエエエエエエーイ!!」

FUJI先生「よいしょ!!」

とーやま校長「(笑) WANIMA先生に褒めて欲しい生徒がたくさんいるんですよ!」

KENTA先生「褒めたい!」

FUJI先生「褒めますとも!」

たとえば…
「学校でいやなことがあったけど、休みたくなくて通い続けた!」
「大会で優勝出来なかったけど、自分的には過去最高に努力した!」
「お父さんのパソコンからすごい画像が出てきたけど、お母さんに言わなかった!」
など。

とーやま校長「今夜は生徒の君が誰にも褒めてもらないこと、でも自分的には褒めて欲しい、そんな頑張ったことを教えて欲しいと思っている!
それをWANIMA先生なら"グッジョブ!"ときっと褒めてくれるハズ!」

FUJI先生「Ah, Huh…」

KENTA先生「…え、何ですか?」

一同笑い

とーやま校長「まぁ、たぶん、褒めてくれるでしょう!」

KENTA先生「褒めますよ!」

あしざわ教頭「そしてWANIMA先生の新曲をフラゲした生徒からの感想メッセージも待っています!」

WANIMA先生に褒めて欲しい事がある生徒は、
学校掲示板もしくはメールに書き込んで欲しい!

とーやま校長「WANIMA先生、こっから少し休憩の時間ですけど、休憩してもらえますか?」

FUJI先生「もうずっと見てますよ」

KENTA先生ふたりがオフになった瞬間の顔がすごいですもん」

とーやま校長「…、俺たちは常にオンですわ!」

あしざわ教頭「何てこと言うんですか、オンですよ!(笑)」

WANIMA先生「(笑)」

とーやま校長「WANIMA先生、2時間よろしくねー!」

SCHOOL OF LOCK!

そんなとーやま校長のオフの顔がこちら!



ここでゲスト講師情報!

とーやま校長来週の火曜日!
お久しぶりでございます!
sumika先生が生放送教室に登場!!

あしざわ教頭「明日水曜日は、ダイアン先生が生放送教室に登場です!


さあ、今夜のSCHOOL OF LOCK!は…!

KENTA先生「ガラガラ…(うがいの音)」

とーやま校長「汚いなぁ…」

KENTA先生「私は今、水の中にいます。
鼻がムズムズするなぁ。
これはまさか…カッフン(花粉)ダ!!

とーやま校長「KENTA先生、今の感想を言いたいから、早く水中から出て来て!」

KENTA先生WANIMAのKENTAです〜

とーやま校長「何で流しちゃうの?」

一同笑い

とーやま校長「僕、一応そのミニコントに乗っかってみたつもりだったんですよ。
何でそれをなかったことにするんですか?」

KENTA先生「(ゲストに)sumika先生もダイアン先生も来られるってことで。
すごくバラエティに富んだ番組だな、と思いました」

とーやま校長「そうですね。お笑い芸人さんもアーティストの方も来られますけども…。
そこに対して、水中にいた、みたいな。
そしてその話をしている最中に、FUJI先生から、色々ジェスチャーをKO-SHIN先生が受けてますけども」

KO-SHIN先生「はい、校長の、KO-SHINです!!

とーやま校長「校長は俺なんすわ!」

あしざわ教頭「ややこしいんだよな(笑)」


わけがわからない生徒もいそうなので、
ここは仕切り直して…

とーやま校長「今日は、明日シングル『Good Job!!』が発売になる、WANIMA先生にお越しいただいています!」

WANIMA先生イェーーーイ!!


写真
Twitterで来たWANIMA先生の写真が想像以上の激しさだった笑笑ブレブレじゃん!!
青RINGOがーる
女性/15歳/埼玉県
2019-03-05 22:28



WANIMA先生「(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


FUJI先生「失礼しました!」

KENTA先生「30枚ぐらい撮っていただいて、一番良かった写真がこれです」

あしざわ教頭「誰もちゃんと写ってないじゃないですか!(笑)」







とーやま校長「めちゃめちゃ躍動感はあります(笑)
これでOKが出たってことですね?」

KENTA先生「OK出しました!」

とーやま校長「まだ50リツイートしかないですけどね。
だってWANIMA先生はドームでLIVEやる人たちですよ?」

WANIMA先生「そうですね」

とーやま校長「これリツイート50しかないですよ?」

KENTA先生「ドームに来た人みんな冬眠中なんで」

とーやま校長「SCHOOL OF LOCK!聴けよ(笑)」


またまた改めて…

とーやま校長「明日、4枚目シングル『Good Job!!』

とーやま校長・WANIMA先生イェーーーーイ!!

あしざわ教頭「雑に紹介しないでよ!(笑)」

このシングルには、『アゲイン』『渚の泡沫』『ANSWER』
さらに初回限定盤BONUS DISCに『JOY』(アコースティック ver.)
収録されています。

とーやま校長「毎回ですけど、本当にめちゃめちゃかっこよかったです!」

WANIMA先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「いつもですけど、本気も本気の曲たち!
WANIMAの本気
『渚の泡沫』に関しては、WANIMAのエロの本気。」

WANIMA先生「はい!(笑)」

とーやま校長「でも、いかに本気でやろうとしても、形にできないことってあるじゃないですか。
色んな人間関係がうまくいかなかったりとか。
でも、そういうのも全てくぐり抜けて、3人だからこそやれてるっていうのがめちゃめちゃいいなって思ったんですけど。
…FUJI先生」

FUJI先生「はい」

とーやま校長「何で僕が真面目に本当にしゃべってる時に、ずっとあごをしゃくれさせてるんですか?」

FUJI先生カメラ向けられてるからです

一同笑い



Good Job‼︎ フラゲ❤️
こんばんわにまーーー!!!
本日、グッジョブ、フラゲしました!
『アゲイン』『渚の泡沫』『ANSER』『JOY』
4曲とも最高すぎました!!
頑張る力をくれる曲、
嫌なことも忘れる程楽しませてくれる曲、
そっと寄り添って背中を押してくれる曲、
沢山の感情、思いが詰まった
そんなシングルだなと思いました。
いつも素敵な歌をありがとう!
生きる力をありがとう!!泣
ライブで聴ける日を楽しみにしています!!
ゆうワニ
女性/22歳/新潟県
2019-03-05 21:21



FUJI先生「こちらこそ!」



WANIMA先生へ!
Good Job!!フラゲしてきました!
JOY含めての4曲どれも最高です!
特にANSWERはこれから私の支えとなる曲だと思います!いつもいつも私たちに力をくれてありがとう!WANIMA先生の音楽人柄全てを好きになった私は幸せ者です!
あぶわにま
女性/19歳/埼玉県
2019-03-05 18:58



とーやま校長「僕『ANSWER』もすごく好きです」

KENTA先生「ありがとうございます」

あしざわ教頭"受験にinゼリー"のCMソングなっている曲ですけれども」

とーやま校長「どんどん前に進むと言うよりも、僕の感覚では、曲の最後に向かうに従って持ち上がってくる感じ。
で、その中で、心が持ち上がって一番上に出て来たものが、たぶん、自分のやりたいこととか答えなのかな、って思いながら聴かせてもらいました」

KENTA先生「ありがとうございます!」

とーやま校長『ANSWER』はどのような曲になりましたか?」

SCHOOL OF LOCK!


KENTA先生『ANSWER』は、今僕たちが思ってる答えを意思表示として出しときたいな、って思ったんですよ。
やっぱ僕たちは、音楽で繋がったみんなには、音楽で恩返ししたいな、と思って。
聴く人がおるからには、しっかり向き合おうというので、3人で向き合って作りました」

あしざわ教頭「僕は『アゲイン』って曲が一番好きなんです。
ちょうど最近、昔バンドもやってたりしたんで、"一緒に何かやろうよ"って昔の友達と会う機会があったりして。
"あ、昔からいる人たちってこんなに支えてくれてたんだな"とかっていう、最初にいた人たちと出会うことがめちゃめちゃ多かったりしたんです。
あと、MVも観ました。
あれめちゃくちゃいいですね…!」

KENTA先生「いや、嬉しい!」

とーやま校長「公開、さっきですよね?」



あしざわ教頭「あそこに出てくるパチンコ屋さん?
あれはもともとWANIMA先生があそこで(LIVEを)やられてたんですか?」

KENTA先生「そうですよ!
高校1ねんから、パチンコ屋の跡地に、パチンコ台とか自分たちが全部出して、自分たちで作り上げたスタジオです」

とーやま校長「それは使っていいところだったんですか?」

KENTA先生「僕んちの家の土地に、ずーっと小さい時からパチンコ屋さんがあったんですよ。
で、パチンコ屋さんがつぶれて、パチンコ屋さんに残った台を全部出して、そこにステージを作って、機材を持ち込んで、みんなでLIVEだったり練習をやってたんです」

とーやま校長「えー!」

KENTA先生「高校1年生から、自分たちで作って。
何にもない街なんですよ」

とーやま校長「それは何年前ですか?」

KENTA先生「高校1年生だから…」

KO-SHIN先生「14、5年?」

KENTA先生「おお、初めてしゃべったけど」

一同笑い

KENTA先生「4歳から一緒のKO-SHINもずっと一緒に
ドラムのFUJIくんだけは、ちょっと懐かしさも何もないと思う」

FUJI先生「そうですね。初めて、ぐらいです

一同笑い

あしざわ教頭「どういう気持ちでMVにおられたんですか?(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


FUJI先生「どういう感情か、観ていただければ…(笑)」

一同笑い

FUJI先生「どういう感情でこの人(ドラムを)叩いてるのかなって」

あしざわ教頭「目線が変わっちゃうから(笑)
FUJI先生だけ観ちゃうから!」

FUJI先生「"なんかすごいいい顔してるけど、ここで演奏したの初めてじゃない?"」

とーやま校長「"この人、別に思い入れそんなにないんだよなぁ"」

FUJI先生「っていう観方もあります」

あしざわ教頭「(笑)」

とーやま校長「『アゲイン』という言葉で、どこの対しての『アゲイン』なのかな、とか思いながら。
聴いてるみんなに、"もう一回できるよ!"とか、でもWANIMA先生自身のことでもあるのかな、とか。
そのMVから考えたら、やっぱりWANIMA先生が、また更に、ここからあの時の気持ちを思い出して…とかっていう意味だったりするんですか?」

KENTA先生「みなさんと一緒で、色んなタイミングで、そういう想いは思うことはあるんですよね。
"このままじゃ終われない"という気持ちだったり。
そういうのが、僕たちの音楽になっていくので。
今回の『アゲイン』は、10何年ぶりにあそこ(元パチンコ屋)で演奏したよな」

KO-SHIN先生「13年ぶり」

とーやま校長「はい、さっき聞いたんで」

KENTA先生「言いましたっけ?」

KO-SHIN先生「何なら、さっき14、5年(前)って言いました。ちょっと減ってます」

一同笑い

SCHOOL OF LOCK!



♪ アゲイン / WANIMA


とーやま校長「(笑) 曲もこうやって聴かせてもらってる中で、割りとWANIMA先生があんまり言っちゃいけないいっぱい話をしてる…」

WANIMA先生「(笑)」

あしざわ教頭「それは言わなくていいですよ!(笑)」


さあ、そんなWANIMA先生を迎えて送る今夜の授業テーマは…
「WANIMA先生に褒めて欲しい! グッジョブ掲示板逆電!」

Bass Boy 長崎県 17歳 男性 高校2年生

RN Bass Boyは、現在高校2年生!
ということは…

あしざわ教頭中2高2は、フリーダーーーーム!!!!

SCHOOL OF LOCK!


Bass Boyフリーダーーーム!!!

あしざわ教頭「ナイス、フリーダム!!」

とーやま校長・WANIMA先生「…」

あしざわ教頭「…こんなに静かになりますかね?」

とーやま校長「すいません、FUJI先生」

FUJI先生「大丈夫です」

KENTA先生迷いなら捨てて…!

WANIMA先生あとくされなしでーーーす!!!!

あしざわ教頭「新しいの出て来た!」

Bass Boy「おお!」

とーやま校長「"おお"(笑)」

一同笑い

RN Bass BoyはWANIMA先生が大好きなのだそう。
もちろん『Good Job!!』もフラゲしている!
ということで、まずは感想を伝えてもらったぞ。

Bass Boy「全曲ともWANIMA先生らしい曲で、めちゃくちゃ最高ですね!」

KENTA先生「嬉しい!」

FUJI先生「ありがとうございます!」

そんなRN Bass BoyがWANIMA先生に褒めて欲しいこととは…。

Bass Boy自分が所属しているバンドの初LIVEが大成功しました

WANIMA先生「おお〜!」

とーやま校長「いつ?」

Bass Boy2月24日ですね」

FUJI先生「つい先日だ」

KENTA先生「先日…ちょっと待って、カレンダーにメモするわ

あしざわ教頭「どういうこと? 見返すってこと?」

KENTA先生「そうです。だって毎年それ思い出さんといかん」

あしざわ教頭「(笑) そんなに刻んでくれるんですか?」

とーやま校長「2月24日はBass Boy記念日ですからね」

RN Bass Boyのバンドは、結成して1年ちょっと。
ラジオネームの通り、ベースを担当しているとのこと。

とーやま校長「オリジナルやってるの?」

Bass Boy「いや、まだコピーバンドしてますね。
WANIMA先生の『シグナル』を入れさしてもらいました」

とーやま校長「LIVEでもやったんだ?」

Bass Boy「はい、やりましたね」

とーやま校長「LIVEはどんな感じだったの?」

Bass Boy「LIVEは学生が主で、大体お客さんも50人ちょっとで、小さいホールなんですけど」

とーやま校長「ホールを借りてやってるの?」

Bass Boy「はい。
すごい盛り上がって、初LIVEで失敗せず、ミスなく大成功でした

WANIMA先生「すげー!」

とーやま校長「WANIMA先生、初LIVEって覚えていらっしゃいます?」

SCHOOL OF LOCK!


WANIMA先生「覚えてます!」

KENTA先生「それが、僕ら文化祭で、僕とKO-SHIN…まぁドラムのFUJIくんはいなかったんですけど」

FUJI先生「いませんでした」

一同笑い

KENTA先生ドラムの人が、キックもなしで、スネアとハイハットだけで…

とーやま校長「ドン・タン・ドド・タン、の"ドン"がないんですね」

KENTA先生「ないんです。
"シャン・トン・シャン・トン…"(笑)」

一同笑い

あしざわ教頭「正確な音でありがとうございます(笑)」

KENTA先生「文化祭が大失敗したんですよ
裏で、僕は悔しくて泣いて、その悔しさが糧になって、"絶対に成功させてやる!"って言って、バンドを本腰入れてやったんですよ」

Bass Boy「おお」

KENTA先生「だから、俺らは1発目は大失敗だったんです」

KO-SHIN先生その時のバンドの名前は?

KENTA先生フリーダーーーム!!

あしざわ教頭「それ嘘でしょ?(笑)」

KO-SHIN先生「これガチです

あしざわ教頭「本当に!? どんなとこで繋がって来てるの!?」

KO-SHIN先生「だから振ったんですよ」

KENTA先生「本当に、"どうも! フリ−ダムです"って言うとったんです(笑)」

あしざわ教頭「奇跡の繋がり!! どう捉えていいのかわからない!」

一同笑い

とーやま校長「初LIVEは全く"自由"がなかったわけじゃないですか。
でもBass Boyはやっぱりとんでもない」

KENTA先生「とんでもない、すごい!」

KO-SHIN先生「大成功ですよ!」

とーやま校長「やる前とやった後で、何か自分の中で変わったことはある?」

Bass Boy「すごい自信持ってこれからもやっていけるなって思いました」

とーやま校長「そうだね!
こんなBass Boyが『グッジョブ』かどうか、WANIMA先生が判定して欲しいんですけど」

KENTA先生「それはもう校長のKO-SHINさんがね」

とーやま校長「KO-SHINさんが、独断と偏見で。
じゃあ、こんな初LIVEを成功させたBass Boy、いかがでしょうか?」

KO-SHIN先生「校長のKO-SHINから言います。
グッジョブ!!!!

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「お! 入った!」

あしざわ教頭「手も付けて頂いて、ありがとうございます!」

KENTA先生「もう一回大きい声出たら…」

KO-SHIN先生グッジョブ!!

あしざわ教頭「こんなに声張れるんですね」

とーやま校長「なぜ2回(笑)」

とーやま校長「ちなみに、KO-SHIN校長。
この『グッジョブ』、どういうところからこの判断が下されたんですか?」

KO-SHIN先生「普通はね、(初LIVEは)成功しないですから。
それが成功したんで…グッジョブ!!

FUJI先生「3回目!」

KENTA先生「なかなか言わないですよね」

FUJI先生「言わないですよ」

とーやま校長「Bass Boyよかったね!」

Bass Boy「はい、もうめちゃくちゃ嬉しいですね!」

KO-SHIN先生「いつか対バンしましょう

FUJI先生「長崎で」

ちなみに、Bass Boyのバンド名は"MIN"と言うのだそう。
いつか、"フリーダム"ことWANIMA先生と"MIN"が共演できるのを楽しみにしている!

RN Bass Boyありがとう!!


♪ 渚の泡沫 / WANIMA


とーやま校長「好きなWANIMA先生にこうやって『グッジョブ』貰ってBass Boyからしたら、めちゃめちゃ幸せだと思うよ」

あしざわ教頭「日付までメモってくれてるんだから」

とーやま校長「2月24日。携帯弄ってるってことは、本当に入れてくれてるってこと?」

KENTA先生「いえ、今、SNS見てました

とーやま校長「やってないな!?
嘘ついたんですか? さっき嘘つかないって言ってましたよね?」

KENTA先生「嘘はつかないです。
メモってっから!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「急に、こわっ!」

とーやま校長「逆ギレですよ」」

WANIMA先生「(笑)」

とーやま校長「開き直りの逆ギレ、一番たち悪いからね!」

WANIMA先生、23時台もよろしくおねがいします!




とーやま校長「未だ見ぬきみの“こえ”よ。夜空に届け!」

とーやま校長・あしざわ教頭「きみのこえがききたい!」

ここからは、次の時代を担う声優の原石を発掘するプロジェクト。
SCHOOL OF LOCK!と秋元康先生がタッグを組んで、ラジオドラマをお送りする、
10代限定「声」の甲子園きみのこえがききたい。

毎週違うストーリーで、応募してくれた「声」を審査し、
選ばれた2人の生徒の声が、4話完結のラジオドラマの主演になります!

今週の主演は、
RN うえののの 大阪府 18歳 男性
RN どみ 東京都 18歳 女性
の2人!!

今日お送りする話は、「<電話編 第2話>」!

引き続き、ラジオドラマの主演を務めてくれる生徒を募集しています!
サイトにアップされている脚本に合わせて「Eggs Voice」というアプリから、君の声を送ってきてください!

<⇒特設サイトは【コチラ】!





さあ、ここでまたお知らせ!

先日、SCHOOL OF LOCK!の生放送教室に来て、
生徒みんなにメッセージを届けてくれた宮脇先輩!

とーやま校長「元々リスナーで、今は仕事をしてるんだけれども、そんな宮脇先輩の想いを受けて、急遽、高校生向けの就職相談室をSCHOOL OF LOCK!に開設することになりました!

その名も…
「高校生就職相談室 Supported by ジョブドラフト」

「高校卒業後に就職する生徒の力添えをしたい!」
今、就職について悩んでいる高校生たちに向けてアドバイスをしてくれる、
SCHOOL OF LOCK!の卒業生を募集!

あしざわ教頭「高校を卒業して就職した経験のあるSCHOOL OF LOCK!卒業生からのメッセージ、SCHOOL OF LOCK!の特設サイトから教えて下さい」

<⇒「高校生就職相談室」の特設サイトは
コチラ!>

SCHOOL OF LOCK!



さあ、今夜のSCHOOL OF LOCK!は…!

KENTA先生「はい、欅坂48、KENTAです!

とーやま校長「はい」

FUJI先生FUJIです!

とーやま校長「はい」

KO-SHIN先生校長のKO-SHINです!

とーやま校長「校長、そこは譲らない!」

あしざわ教頭「ずっとブレない」

とーやま校長「そしてKENTA先生。
欅坂は【48】ではなくて【46】ですね。
ボケるところで間違わないでもらっていいですか?」

一同笑い

とーやま校長「渋滞が起きちゃうんですよ、ボケで間違うちょ

KENTA先生「はい、間違うちょ

一同笑い

あしざわ教頭「これ、お互いですね(笑)」

とーやま校長「捕まえられた!(笑)」

あしざわ教頭「お互い転んだ同士の戦い(笑)」


改めて、今日のゲスト講師はWANIMA先生ーーーー!!

WANIMA先生は、明日3月6日に
4枚目のシングル『Good Job!!』をリリース!

あしざわ教頭「そして、『WANIMA Good Job!! Release Party』の開催も決定しておりますーーー!!」

<イェーーーーイ!!>

6月22・23日 札幌公演
WANIMA Good Job!! Release Party AT 札幌 芸術の森野外ステージ
”梅雨知らず ほっかいどう de どうでしょう?”


7月6日 天草公演
WANIMA Good Job!! Release Party AT 天草 本渡港 大矢崎緑地公園 特設会場
"WANIMA 天草の乱 〜「津集落」世界遺産登録1周年〜"


7月15日 首都圏公演
WANIMA Good Job!! Release Party AT 首都圏某所 特設会場
"カオス!!ギネス!?日本初!!"


とーやま校長「札幌と熊本は野外ですよね?
芸術の森野外ステージって、俺高校生の時に行ったことあるんですけど…」

KENTA先生「本当ですか?」

とーやま校長「はい。音楽のLIVEを観に行ったんですよ。
山奥で、結構6月でも夜だったら肌寒いから、長袖を持って行ってくださいね」

SCHOOL OF LOCK!


KENTA先生「いいこと聞いた! さすが校長、素晴らしい!」

とーやま校長「ありがとうございます!
これが野外でしょ。
7月は地元の熊本で、大矢崎緑地公園!
これはキャパで言うとどれぐらいなんですか?」

FUJI先生「すごい入ると思いますね」

とーやま校長「これが、世界遺産登録1周年記念のLIVEですか?」

KENTA先生「それも、天草がちょっと寄せて来たっていうところもあるんです」

一同笑い

とーやま校長「絶対違うよ!(笑)
7月15日(月)の祝日が、"首都圏某所"ってことは、会場はこれから発表になるってことですか?」

WANIMA先生「そーですねー…」

KENTA先生「今ちょっと準備しとるんですけど、とんでもないことになっております!

とーやま校長「だってタイトルに『ギネス』『日本初』って。

あしざわ教頭「どういうこと?」

KENTA先生「やっぱり僕たちはみなさんを驚かせたいので、今回もとんでもないことになりそうですね!」

FUJI先生「(とんでもないことを)考えております!」

とーやま校長「何だろう?」

KENTA先生「おふたりも来たら、"なるほどな、WANIMAやらかしちゃったな"って」

FUJI先生「やりよったぞ」

とーやま校長「全然想像もつかない」

あしざわ教頭「本当にわかんない」

とーやま校長「これも野外ですか?」

KENTA先生「それは、はい」

FUJI先生「そこもどうでしょうね?」

KENTA先生が頷いてしまったので…

FUJI先生「じゃあ、野外になりますね!」

一同笑い

あしざわ教頭「これ言っていいやつか!?(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


FUJI先生「スタッフさんがざわついてますが(笑)」

とーやま校長「会場がどことか、チケットもこれからですもんね」

<⇒詳細はWANIMA先生のオフィシャルサイトでチェック!!>


さあ、ここからはこちらの授業をお届け!
「WANIMA先生に褒めて欲しい! グッジョブ掲示板逆電!」

たけたけのたけ 青森県 14歳 女性 中学2年生

RN たけたけのたけは、現在中学2年生!

あしざわ教頭中2高2は、フリーダーーーーーム!!!!

たけたけのたけフリーダーーム!!

WANIMA先生「…」

FUJI先生フリーーダーーーム!!!!

とーやま校長「今の状況を説明すると、WANIMA先生がみんなお見合いをして、"誰が行く?"からの、FUJI先生のフリーダム(笑)」

RN たけたけのたけも、大好きなWANIMA先生の『Good Job!!』
フラゲしてすごく聴いているそう!
せっかくなので感想を伝えてもらったぞ。

たけたけのたけ「個人的に『アゲイン』がめっちゃ心に…(笑)」

KENTA先生「嬉しいなぁ」

そんなRN たけたけのたけが褒めて欲しいこと。それは…。

たけたけのたけバレンタインの日に、部活のひとつ下の後輩に告白しました

WANIMA先生「おお!」

とーやま校長「まず、よく頑張って言ったなって感じですよね」

RN たけたけのたけは部活の部長。
後輩はRN たけたけのたけより身長が低くて、可愛いと思っていたのだそう。

たけたけのたけ「バレンタインだし、ちょっと練習試合みたいのがあって、"試合で負けたら好きな人を言う"みたいな流れになっちゃって」

とーやま校長「部活内のみんなのノリができたんだね!」

たけたけのたけ「で、試合が負けちゃって、お互いに好きな人の名前言うって…」

とーやま校長「それはみんなが周りにいるの?」

たけたけのたけ「いえ、ちょうどふたりって言うか。
近くのところで試合して、どっちも負けちゃって、一緒に歩いてみんなのところに戻ろうと思ってて」

とーやま校長「じゃあ、ふたりになったのは偶然なんだ?」

たけたけのたけ「はい。その時に、"いっせーのーで"で好きな人の名前を言おう、って感じになりました」

あしざわ教頭「あーら!」

ざわつく一同。

たけたけのたけ「それで、相手の子は私の名前を言って…(笑)」

とーやま校長「えええーー!
で、たけたけのたけも?」

たけたけのたけその子の名前を言いました

FUJI先生「でき過ぎてるぜ!」

KENTA先生「これはね、どっちもわざと試合に負けたんじゃない?」

とーやま校長「これはあるかもしれないね!
ってことは、今、ふたりは?」

たけたけのたけ…付きあってます(笑)」

WANIMA先生「おお!」

あしざわ教頭「おめでとー!!」

WANIMA先生に、このRN たけたけのたけがグッジョブかどうか聞いてみると…。

KO-SHIN先生「今のところ…、
グッジョブ!!!!

とーやま校長「現時点ではグッジョブいただいたってことですね?」

KO-SHIN先生「現時点ではですね。
まぁこういうのはよくありがちですけど…」

一同笑い

あしざわ教頭「ちょっと待ってくださいよ。何てこと言うんですか。
大事な思い出ですよ!」

KO-SHIN先生「でもそれ(好きなこと)を言えるのは素晴らしいことですよ」

とーやま校長「色んなことがあって、告げられて」

KO-SHIN先生「そうそう。…ま、ありがちですけどね

あしざわ教頭「何回言うの!? そっちを強めないでください(笑)」

とーやま校長「たけたけのたけ、そんなことないよな!」

たけたけのたけ「あ、はい(笑)」

KO-SHIN先生「僕、結構やってた。
ありますよ。サッカーの試合で負けたら、マネージャに告るっていう」

KENTA先生「まず、僕ら、マネージャーがいなかったっすもんね」

KO-SHIN先生「(笑)」

とーやま校長「なんでそんな嘘をつくんですか?」

KO-SHIN先生「ごめんなさい」

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

あしざわ教頭「ずっとフラットで変な人やるのやめてください」

KENTA先生「本当に変な子なんで、今自分がどこにいるかもわかってないです」

一同笑い

とーやま校長「でも、これはめちゃめちゃ幸せなことだし」

KENTA先生「そうですよね。
また、どっちも好き合ってるもんなぁ」

とーやま校長「特大グッジョブでしょ! 彼氏もだし、たけたけのたけもだし」

KENTA先生・FUJI先生「そうですね」

とーやま校長「たけたけのたけ、ありがとう!」

たけたけのたけ「はい!」

とーやま校長「最後にWANIMA先生に伝えておきたいことある?」

たけたけのたけ「え…!?
好きな食べ物は…(笑)」

WANIMA先生「(笑)」

あしざわ教頭「どうしても聞きたいんだもんな?」

とーやま校長「じゃあ、FUJI先生の好きな食べ物は何ですか?」

FUJI先生「僕の好きな食べ物ですか?
おむすびぃ〜〜〜!!

一同笑い

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「"長渕剛先生が握ったおむすび"が好きらしいよ」

RN たけたけのたけ、ありがとう!


♪ OLE!! / WANIMA


とーやま校長「KENTA先生とFUJI先生に聞きたいんですけど…。
今日褒めて欲しい生徒がいっぱいいるんです。
この後ももう1人電話を繋ごうと思ってるんですけど、最終的なジャッジをKO-SHIN校長に託していいんですか?

FUJI先生「それはもう、我々の長なんで

KENTA先生「やってくれます」

あしざわ教頭「何でこんなに信頼されてるんだろう?(笑)」

とーやま校長「いいんですね?
マジで"ありがち"とか本当にやめて欲しいんで。
いいんですね?」

FUJI先生「我々もビックリしました(笑)」

あしざわ教頭「だけど、いいんですね?(笑)」

とーやま校長「(笑) 信頼します」


続いては…

はなみとこんどりあ 秋田県 19歳 女性

RN はなみとこんどりあも、もちろん『Good Job!!』フラゲ!
そして、この前の青森のLIVEにも行ったそう!

KENTA先生「あれはすごかったよな!
他の人に話したくないぐらい楽しかったよな」

はなみとこんどりあ「(笑)」

とーやま校長「じゃあ…感想は聞けないか! 聞きたいけど」

KENTA先生「すごかったよな?」

はなみとこんどりあ「すごかったです…」

KENTA先生「そこまですごくなさそうに言うなよ!」

一同笑い

RN はなみとこんどりあがWANIMA先生に褒めて欲しいこととは…?

はなみとこんどりあ去年、大学受験に失敗しちゃって浪人してたんですけど、同じ大学を受けて、音大の実技試験で、めっちゃ厳しい先生の圧に負けずに合格を勝ち取りました

一同拍手

とーやま校長「これはめでたいわ!」

KENTA先生「音大の先生なんか、とんでもない人ばっかりですから!」

とーやま校長「めちゃめちゃ厳しいイメージありますけど」

FUJI先生「絶対こまかいですよ!」

KENTA先生「こまかい!」

とーやま校長「実際、そうだった?」

はなみとこんどりあ「すごい厳しくて…。
審査用紙に書いてる鉛筆を譜面に放り投げられたり、ため息をつかれて、出入り口の方を見て"早く終わらないかな"みたいな顔されたりとかして」

あしざわ教頭「それは実技とかもあるの?」

はなみとこんどりあ「実技の試験で、そんな感じでした」

あしざわ教頭「そうなんだ。
ちなみに、何の楽器をやってたの?」

はなみとこんどりあ「トランペットです」

あしざわ教頭「トランペットの実技の時に、そういう感じでいるんだね」

はなみとこんどりあ「はい」

あしざわ教頭「うわ、これは怖い」

とーやま校長「しかも、1年浪人してるわけで、そのプレッシャーがプラスの、この厳しい先生のプレッシャーですから、これは尋常じゃないですよね」

KENTA先生「もう俺らやったら耐えられんかったっすね」

FUJI先生「また空間に2人とかしかいないわけじゃないですか」

とーやま校長「これ、気持ちとかどうしても落ちる時あったでしょ? どうしたの?」

はなみとこんどりあ「ありました。
もうWANIMAの曲をひたすら聴いて

KENTA先生「やめてくれ、泣くってぇ」

とーやま校長「特に、"この曲で頑張れました"みたいのはあるの?」

はなみとこんどりあ「去年の5月に配信された『Drive』です。
すごい背中を押されて、あの曲で"もう1回受けてみよう"って思いました」

とーやま校長「それで、結果的には合格を勝ち取って、ね!」

KENTA先生WANIMAとはなみとこんどりあで、その先生に打ち勝ったってことですよね」

はなみとこんどりあ「はい!」

とーやま校長「本当に言い過ぎじゃないと思う」

そんなRN はなみとこんどりあがグッジョブかどうか、
KO-SHIN校長に判断してもらうぞ!

KENTA先生「KO-SHIN、こういう先生はな、わりと…」

KO-SHIN先生「そうですね。
ちょっと聞き流して欲しいんですけど、ま、ありが…

一同忍び笑い

KO-SHIN先生「いや、もう、これは…!」

KENTA先生「これはまさか…!?(笑)」

KO-SHIN先生グッジョブーーーー!!

FUJI先生「グッジョブよかった!(笑)」

とーやま校長「言い掛けたじゃん」

あしざわ教頭「今、"ありが"まで言ってましたよ」

SCHOOL OF LOCK!


一同笑い

とーやま校長「"ありが"とうみたいなことじゃない?」

FUJI先生「"ありがとう"か!」

とーやま校長「"ありがとう"ですよね!」

KO-SHIN先生「僕もこれ経験ありますから」

FUJI先生「経験あるの!?」

とーやま校長「あれ、音大?」

KO-SHIN先生「僕自衛官だったんですけど、教官すごく厳しかったんで」

とーやま校長・あしざわ教頭・KENTA先生・FUJI先生「ああ〜」

KO-SHIN先生「もうぶつけるは当たり前なんで。それでも負けず、射撃訓練で特級を獲るっていう」

とーやま校長「すごい!」

あしざわ教頭「これは本当にすごい(笑)」

KO-SHIN先生「すいません…(笑)」

一同笑い

KENTA先生「おい、そんな敬礼すんなって」

あしざわ教頭「今してないでしょ!(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「…いや、後からしないでください!
俺が嘘ついたみたいになるでしょ!(笑)」

とーやま校長「でも本当にそうですよね。めちゃめちゃグッジョブですよね!」

WANIMA先生「本当に!」

とーやま校長「はなみとこんどりあは、4月からどんな音大生活送りたい?」

はなみとこんどりあ「WANIMAにすごい音楽で勇気をもらったので、いつか私も音楽で恩返しができたらいいな、と思っています」

FUJI先生「これ、トランペット加入か?」

とーやま校長「WANIMAに4人組で? フィーチャリング?」

はなみとこんどりあ「(笑)」

KENTA先生「でも、この気持ちを知っとるなら、絶対に行けると思う!」

とーやま校長「だね!
とんでもない1年間だったけども、たぶん、それがこれからの作品だったりとかに全部表れるだろうしね」

KENTA先生「今、もうトランペットの音が聴こえてきたもんね。
今、聴こえてこない?
…聴こえてこないか!」

はなみとこんどりあ「(笑)」

とーやま校長「教頭、どうなの?」

あしざわ教頭「リアルに言うと、ちょっと瞬時には来てなかった(笑)」

とーやま校長「よし! じゃあ、バイバーーーイ!!

一同笑い


♪ Drive / WANIMA


とーやま校長「はなみとこんどりあは、この『Drive』を聴いて合格を勝ち取った!」


さあ、黒板の時間です!
今日はKO-SHIN校長が書いてくれるぞ!

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「不安だなぁ。"ありがち"って言いそうだったもんね」

KENTA先生「みんなすごい奇跡みたいなことが起きてるから」

とーやま校長「確かに」

掲示板にもたくさんの書きこみが来ている。
みんなありがとう!

さあ、KO-SHIN先生の黒板はこちら!

SCHOOL OF LOCK!


Good Jobグッジョブ!! 』

KO-SHIN先生グッジョーブ!!

一同拍手

あしざわ教頭「何、この拍手!?(笑)」


♪ ANSWER / WANIMA


とーやま校長「今日もあっという間に下校の時間になってしまいました。
めちゃめちゃ楽しかったです!」

KENTA先生「めっちゃくしゃ楽しかったです!」

とーやま校長「そんな中、KO-SHIN校長が、いまだに黒板に何かを…書き足してくれてるんですか?」

KO-SHIN先生「綺麗に書きたい性格で、ごめんなさい。
ずっとなぞってました」

とーやま校長「なぞっていた? レタリングみたいな感じにしてくれてたってことですか」

WANIMA先生、今日は2時間どうもありがとうございました!
いつもの下ネタはまた次に来た時にお願いします!

SCHOOL OF LOCK!は、明日夜10時に再び開校!
また明日〜〜〜!!

SCHOOL OF LOCK!




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
Bass Boy 長崎県 17歳 男性
たけたけのたけ 青森県 14歳 女性
はなみとこんどりあ 秋田県 19歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:04 シグナル / WANIMA
22:27 青空Jumping Heart / Aqours
22:40 アゲイン / WANIMA
22:51 渚の泡沫 / WANIMA
23:08 アルペジオ / [ALEXANDROS]
23:18 Starrrrrrr / [ALEXANDROS]
23:39 OLE!! / WANIMA
23:46 Drive / WANIMA
23:49 ANSWER / WANIMA

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

笑い過ぎて汗すごいかいた・・・。

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ちなみにあの後もずっとKO-SHIN校長、黒板書き込んでました。

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

SCHOOL OF LOCK!