「審査がひとつひとつ進んでって、"あ、もしかしたらこれ人生変わるかも"、っていうのは体感的にあって、"ここでかまさないと後悔する"」
「もともと、別に誰に聴いて欲しいわけでもなかったけど、聴いて欲しいなっていう気持ちもちょっと出てきた」
「ガラッガラのライブハウスで、とにかく頑張ってLIVEする、みたいな日々だったんで、それが東京っていう地で、3000人ぐらい集まってLIVEするっていうのは、やっぱりすごい衝撃的な感覚でしたね」
「二回目のLIVEが2000人? 3000人ぐらいの前でやったっていう」
「んー、何となく、こっちに進めばいいんじゃないかな、っていう、ボヤっとした光が見えた瞬間ではあったんですよね」
「やっぱりモヤモヤしてたという。でもそれが何か変わったっていう、すごいスッキリしてましたね」
「僕がとりあえず音楽をやっていいのかもしれない、っていうのはあったし」
「あの日があったから、"やろう"って、"やっぱり東京行こう"って思いました」
「賞が全てってよりかは、その先にもっと広がる景色、みたいなのが見たくなっちゃったと言うか」
「色んなきっかけみたいなのをくれた場所ではあるので、あのタイミングから扉を開いたって感じ」
「そっからは、色んな人が、自分の活動のために集まってくれて、そこをまい進する、みたいな」
「まずその扉を開いたのが、あの夏の…」
「出れなかったら、んー、心配ですね。自分のことが」
「"ここで自分の全てを出しにいくぞ"、っていう気合いが半端ないから、みんな。何かもうそれだけでキラキラしてる」
「青春ですよね」

「ほとんど誰からも認められてない状態で、何者でもない状態で、自分を探してると言うか」
「何か抱えた上で、来るじゃないですか。未確認って」
「一番自分に自信があって、誰の真似もしていなくて、自分だけの表現をしてる人が、無敵だと思います!」
「今日歌うその曲が、もしかしたら、何年後かに、大きな会場で歌う曲になってるかもしれないっていう気持ちで、歌うと楽しいんじゃないかな、と思います」



♪ ユートピア(LIVE@マイナビ未確認フェスティバル2019) / マッシュとアネモネ


SCHOOL OF LOCK!



とーやま校長「2日前に戻りたいぞぉ。戻れないものかなぁ、2日前、日曜日に」

あしざわ教頭「聴いた瞬間、でも気持ちが戻ってる瞬間もありましたよ。
もう、目をつぶっただけで、絵も浮かぶし、みんなの顔も浮かぶし」

とーやま校長「もう、おとといか!」

あしざわ教頭「そう! なんかあっと言う間」

とーやま校長「みんなにとって、早いかな? どうだろう?」

あしざわ教頭「みんなはどうかな?」

とーやま校長「来てくれたみんなも、そうじゃなかった、この人を待ってくれていたみんなにとって、この曲から今年が始まってるわけだけども…。
聴いてもらった通り、今日と明日の2日間は、8月25日に新木場STUDIO COASTで行った…」

マイナビ未確認フェステイバル2019 ライブ音源スペシャルをお届け

SCHOOL OF LOCK!と、インディーズおよび新人アーティストの
活動支援サイトEggsがタッグを組んでお届けする、10代限定の夏フェス!
それが、マイナビ未確認フェスティバル2019!」

あしざわ教頭「先ほど聴いてもらったのは8月25日の『マイナビ未確認フェスティバル2019』のオープニング、前身のイベント『閃光ライオット』や『未確認フェス』などに出演してもらった片平里菜ちゃんSHE'SGLIM SPANKY緑黄色社会、そしてリツキインタビューでした!」

とーやま校長「ここをくぐり抜けた・乗り越えた先輩たちの言葉。
"賞が全てって言うよりもその先の景色が大事"だったりとか、"誰の真似でもない音を響かせれば楽しいんだよ"とか。
すごい、『謹言(きんげん)』とはこのことだね!」

あしざわ教頭「そうだね、かっこいい言葉たちだった」

とーやま校長「その後!
今年の応援ガール! 見事大役を務めてくれた、日向坂46 渡邉美穂ちゃんによる開会宣言!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「さらにオープニングアクトとして登場してくれた、昨年のグランプリアーティスト!
マッシュとアネモネのLIVEの模様!」

SCHOOL OF LOCK!



未確認の余韻…
未だにあの場所にいたんだなーっていう実感…
不思議な感覚に今なってます
がんばりきかルビィか?
女性/15歳/埼玉県
2019-08-27 22:06



あしざわ教頭「わかる。
何か、本当に"夏だったな"って感じがすごくする!」



あああああああああ......
脳裏にいろんな光景が浮かびます...
走馬灯みたいにぐるぐる...
最高の日でした!
ひととせ(春夏秋冬)
男性/16歳/群馬県
2019-08-27 22:05



とーやま校長マッシュとアネモネ
1年前にグランプリを獲って、そこから2018年が終わらずに、このオープニングの演奏をやって、しっかり2019にバトン・魂・気持ち、色んなものが、ちゃんと1年後に到達していた!」

あしざわ教頭「そうですね」

とーやま校長「そこでガシっと始まった2019。
去年のファイナリストのTRANS LUCENT LADYのベースの女の子が、実はマッシュとアネモネのサポートで入ってくれてて。
そんなこともあるんだな、と思ってさ」

あしざわ教頭「そこでの交流があったりとか、そこでの世代で、今も繋がってることもあるんですよね」

とーやま校長「ライバルでもあり、仲間でもあるし、盟友…強い何かで結ばれてたりするんだな、とかも思って。
そんなマッシュとアネモネのLIVEから始まった、マイナビ未確認フェスティバル2019!
今日から2日間、当日会場に遊びに来れたっていう生徒はもちろん、当日どうしても色んな事情があって会場まで来ることができなかったという生徒!
お前のマイナビ未確認フェスティバル2019は、今日からスタート!

あしざわ教頭「そう! ラジオの向こうが新木場STUDIO COASTです!
マイナビ未確認フェスティバル2019の会場になります!」

とーやま校長「全部で7時間ぐらいイベントをやっていたので、この2日間でどれだけ一緒に曲を聴くことができるか、分からないけど…うん! 頑張ります!」

あしざわ教頭「その通り! 我々は頑張る!」

とーやま校長「そして毎年言ってるけども…。
いいか! LIVE音源で興奮しても家の部屋の壁に穴を開けるのだけは絶対に…ダメだぞぉ!
親に怒られるからなぁ! やめろよぉ!」

あしざわ教頭「その家を建てるのにお父さんお母さんがどれだけ苦労したことか!」

とーやま校長「今日はマイナビ未確認フェスティバル2019、LIVEの前半パート4組目までを一緒に聴いていく予定!」


ところが、とーやま校長には何か気になることがあるらしく…。

とーやま校長「最初にマッシュとアネモネがかかってるね。
ほんで、渡邉美穂ちゃんの開会宣言。
それから先輩たちのVTRがあって…。
えー…、おかしいな?
俺と教頭さ、オープニングでしっかりしゃべってるよね?

あしざわ教頭「我々、ガッツリしゃべりましたよ」

とーやま校長「で、生徒のみんなも"ワー"って迎えてくれてさ」

あしざわ教頭「盛り上がった」

とーやま校長全カットだな

あしざわ教頭「嘘だろ!? 我々、メインパーソナリティでしょ!?」

とーやま校長「流れてない。聴こえた?」

あしざわ教頭「いや? いっさい」

ふたりの記憶によれば…
マッシュとアネモネのLIVEが終わり、
ボーカルのもちこちゃんが優勝旗をステージの真ん中に刺した。
袖で校長が「行くぞー! 新木場ーーー!!!!」と叫び、
集まってくれたみんなも"ワーッ"と盛り上がった。

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「そこは流れてもいいよな…?」

あしざわ教頭「そうだね(笑)」

とーやま校長「すごい盛り上がってたから。
そこはまずカットね」

あしざわ教頭「(笑)」

その後…
応援ガール・渡邉美穂ちゃんの「この優勝旗は今年は誰の手に!?」という言葉!
そこへ、校長と教頭が登場!
校長が旗を手に取り「俺が獲ったぞ!」と言い、
教頭は「お前が獲るんかい!」とツッコんだ。

SCHOOL OF LOCK!

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「で、"ワーッ"って盛り上がった!」

とーやま校長「なったよね?」

あしざわ教頭「うん!
そこも、カットです!

とーやま校長「カットか!!
えー? なんでだ〜…?」

あしざわ教頭「(笑)
我々のところはもういいでしょう! わかるけどね(笑)
ぜひ当日アップされたInstagramTwitterなどの写真を見て雰囲気を味わって下さい」

とーやま校長「俺たち、写真には載ってるのかな!?」

あしざわ教頭「そりゃ、写真は載ってるよ!
当たり前だよ、載ってるよ!」

とーやま校長「俺、自分で確認する!
みんなはアーティストを確認してくれ」

そして当日の未確認フェスティバルWEBレポート
明日8月28日(水)夜10時にUPされるから楽しみにしていて欲しい!
当日、リアルタイムで更新していたInstagramにUPされた写真の他にも
オフショットもたくさんUPされるぞ!

とーやま校長「聴いてくれたみんな、当日来てくれたみんなは、音源を聴きながら、思い出とか、"あの時こんなことを思いました"とか、何でもいいから書き込んで欲しい。
で、今日、初めてファイナルのLIVE音源を聴く生徒もいると思うから、もう率直に感じたこと、アーティストに届けたいこと、"こんなことやりたいなと思いました"っていうこと!
何でもいい、どんどん送って欲しい!」

君が感じたことを学校掲示板もしくはメールに書き込んで欲しい!

とーやま校長「当日会場に来れなかったお前たちのマイナビ未確認フェスティバル2019は…今日からスタートだ!

SCHOOL OF LOCK!



あしざわ教頭「校長先生、マイナビ未確認フェスティバル2019のInstagramあるじゃないですか」

とーやま校長「ああ、うん」

あしざわ教頭「先ほどオープニングで、我々がカットされてたって話ありましたよね。
Instagramチェックしてるんですけど…
我々、載ってないです

とーやま校長「いや、嘘だろ。
さっき職員が"校長と教頭の写真も上がります"って言ってたよ」

あしざわ教頭「今のところ、ですよ。いっさい上がってないですね(笑)」

とーやま校長「そっか…。
帰ろうか

あしざわ教頭「帰らないで!(笑)
主役は10代だから!」

校長と教頭の写真はいつ上がるのか!?
そもそも上がるのか!?
みんなもチェックしてみよう!


「未確認、ずっと来てるんですけど、同じ10代のLIVEを観て、音楽が好きだから、将来音楽の裏方になって、音楽をもっと活性化できたらいいなと思ってます」
「もう、ブワッって感じ(笑) ほんとによく言葉にできないんですけど、ここに来ることによって、色んなことを知ることもできるし、新しい感情も受け取ることができました。超楽しいです」
「出演者のみなさんも出し切ったと思うんですけど、自分も気持ちを出し切った感じが得られて、本当にいい1日でした。本当に楽しかったです。最高でした」



さあ、今夜は、
8月25日に新木場STUDIO COASTで行った
マイナビ未確認フェスティバル2019スペシャルをお届け!

とーやま校長「3人の生徒が、取り繕うことなく、思ったままのむき出しの言葉!
届きました! ありがとう!」


さあ、ここからが8月25日の本当の主役の登場!

とーやま校長「10代限定夏フェス! マイナビ未確認フェスティバル2019
3101組の応募の中からこのファイナルのステージにあがれたのはたったの8組
その中からまず最初に登場したのは…!」

東京都 平均年齢19.7歳 3ピースバンド!
Bamboo!!

SCHOOL OF LOCK!



♪ ウタウタイ(LIVE@マイナビ未確認フェスティバル2019) / Bamboo


♪ なくな、少年(LIVE@マイナビ未確認フェスティバル2019) / Bamboo


SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「これ、本当に気持ちいいね!」

あしざわ教頭「聴いてて、マジでニコニコしちゃうよ!」

とーやま校長「俺、"Bambooは、行った!"って思ったのよ。
今までのキャリアの中でも、たぶんバンドとして最高点を叩き出してるだろうし」

あしざわ教頭「わかる」

とーやま校長「トップバッターだけども、これ行っただろ、って思ったヤツはいっぱいいると思うんだよね。
改めて音源聴いて、冷静になって聴いたら、やっぱり演奏めちゃめちゃかっこいいし、ビシッとずっと合ってるし、乱れることもないしさ。
Instagramで上がってる写真とかも見て欲しいんだよな。
ボーカルのちなみちゃんのウィンクしてる写真とか、大吉(Gt)のかっこいいところとか、ベースののかっこいいところとか、見て欲しい!」

あしざわ教頭「そして、始まった瞬間、華やかだよね」

とーやま校長「そうだね、雰囲気がある」

あしざわ教頭「みんながパーっと明るくなって、急に元気になって、幸せな気持ちになるの」

とーやま校長「ちなみちゃんのこの赤いワンピースのせいもあるかもしれないけどね。
ポップスター、ロックスターって感じだよね」


Bamboo
当日会場行けなくて生配信見てたんだけど、最初に出てきたBambooっていうアーティストがすごい鮮烈で今でもその時の興奮を覚えてる。
めちゃくちゃかっこよかった。
いつか生でライブ聞きに行きたい。
Tけーの
男性/16歳/青森県
2019-08-27 22:36



あしざわ教頭「マジで行くべきだ!」



Bamboo!!
bamboo聞くとテンション上がる!!
ほんとにトップバッターにふさわしかった!!
ここで燃えつきるとこだったw
Earth−T−sou
男性/17歳/千葉県
2019-08-27 22:39



あしざわ教頭「危ない(笑)」

とーやま校長「良かったけどな。Earth、ありがとう!」



トップバッター
会場がまだ温まりきってない状態でのスタートだったのに、3曲終えた後にはすでに汗だくでした。
テンションを一気に最高潮にしてくれたアーティストでした!!!!!!!!
地球は僕のために回っている
男性/16歳/岐阜県
2019-08-27 22:39



あしざわ教頭「わかるよ、その気持ち!」

とーやま校長「マッシュとアネモネが(2018年の)グランプリアーティストとしてLIVEをやってくれてるけども、実質、ここが2019のスタートで。
本当に怖いと思うの!
だって、雰囲気が全然わかんないから!」

あしざわ教頭「そうだよ…!」

とーやま校長「でも、そこに、果敢に、"いや、トップバッター上等っすよ!"って飛び込んでくれて、結果、2019を作ってくれたことに変わりはないわけで。
トップにBanbooがいてくれて良かったね!

あしざわ教頭「改めて、ありがとう!


続いて、マイナビ未確認フェスティバル2019のステージに登場したのは…!?

新潟県 18歳 シンガーソングライター
伊津創汰!!

SCHOOL OF LOCK!



♪ キミのとなり(LIVE@マイナビ未確認フェスティバル2019) / 伊津創汰


♪ try(LIVE@マイナビ未確認フェスティバル2019) / 伊津創汰


SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「歌声が美しいね。
メロディとギターの音色と全てが美しい!」

あしざわ教頭「これ、マジで18歳のひとりの男子の歌よ。
最初はたぶん緊張もあって、呑まれる雰囲気もあったんだけど、2曲目の『CAN YOU』って曲の時から、ぐっとお客さんの気持ちをつかんで…」

とーやま校長「実際、コールアンドレスポンスもあって、会場のみんなも"ワー"ってひとつになった瞬間あったね」

あしざわ教頭「インタビューでも言ってたけど、"やるしかないな"って決めた瞬間だったりもするのかな、って思って。
あの時に、まさに伊津創汰はその場でとんでもない成長をとげて、この曲にたどり着いてるんじゃないかな、とか思うと、そこでもまた感動してしまう!」


聞けて良かったです!
伊津創汰くんの曲を聞いて、感動しました!
君の隣、CAN YOUも素晴らしいし、最後の「try」という曲が心に響きました。
良かったのですぐに投票してしまいました。

これからも伊津創汰くんを応援しています!!
希望のネコ丸
女性/16歳/東京都
2019-08-27 22:00



とーやま校長「ひとり1票投票で、最後まで観てもよし、その場で観て良かったなと思ったらでもよし、の中で、希望のネコ丸はすぐ伊津創汰に投票してくれた」

あしざわ教頭「すごいパワーだな…!
本当に素晴らしかった」


ここまで2組!
この後もマイナビ未確認フェスティバル2019のLIVE音源をお届けしていくぞ!





とーやま校長「未だ見ぬきみの“こえ”よ。夜空に届け!」

とーやま校長・あしざわ教頭「きみのこえがききたい!」

ここからは、次の時代を担う声優の原石を発掘するプロジェクト。
SCHOOL OF LOCK!と秋元康先生がタッグを組んで、ラジオドラマをお送りする、
10代限定「声」の甲子園きみのこえがききたい。

毎週違うストーリーで、応募してくれた「声」を審査し、
選ばれた2人の生徒の声が、4話完結のラジオドラマの主演になります!

今週の主演を務めてくれるのは、
RN あちょ 宮城県 17歳 男性
RN いちご飴 宮城県 17歳 女性

今日お送りする話は、「<お祭り編 第2話>」!

引き続き、ラジオドラマの主演を務めてくれる生徒を募集しています!
サイトにアップされている脚本に合わせて「Eggs Voice」というアプリから、君の声を送ってきてください!

<⇒特設サイトは【コチラ】!






「部活が軽音楽部で、ここに立ってる子たち見て、すごいかっこいいなとか、すごいいっぱい努力してるのすごいな、と思って、そういう部分で感動したりしました」
「LIVE観てると、自分も演奏したいとか、演奏の楽しさとかも観ててすごい思います」
「私は受験生で音大受験を考えてるんですけど、やっぱり自分にまだ自信が持ててない部分とかもあるので、今日LIVEステージ観て、自分に自信が少しついたかな、って思いました」



さあ、今夜は、
8月25日に新木場STUDIO COASTで行った
マイナビ未確認フェスティバル2019ライブ音源スペシャルをお届け中!

とーやま校長「さあ、では続いて、マイナビ未確認フェスティバル2019、3組目のアーティストは…!」

東京都 18歳 ソロアーティスト
玉名ラーメン!!

SCHOOL OF LOCK!



♪ Raisins(LIVE@マイナビ未確認フェスティバル2019) / 玉名ラーメン


♪ own(LIVE@マイナビ未確認フェスティバル2019) / 玉名ラーメン


SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「ステージ上には、真ん中にMacのパソコン1台、テーブルの上に置いてあって、その横・前・後ろ、上手・下手、ステージを色々移動しながら、客席に向けて、こうやって放射状に言葉を届けて、放っていくのが、この18歳の女の子。
その名も、玉名ラーメン

あしざわ教頭「生徒も感想で言ってたけど、"初めて観た"とか、"一緒に宇宙とかに行っちゃったんじゃないか"、みたいな気持ちにもなる。
今までの2組のアーティストとはまた違う衝撃をみんなが受け取ってるのを、本当に感じましたし、僕自身もそこに行った感じがした」

とーやま校長「まさに、"未確認"フェスティバルだなって。
俺、当日もたぶん言ったと思うんだけど、"未確認"な存在をみんなで、目を使って、耳を使って、体を使って確認している時間が、この玉名ラーメンのLIVEの時間だったなと思う」


玉名ラーメン!
痺れた…!!!とにかく痺れた!
音楽にのることすら忘れてとにかく唖然というか、、すんごい遠くの未知の世界にいるみたいな気がして不思議な感覚でした!
こんなライブ初めてみた!めちゃくちゃ凄かった!!!
あんゆり
女性/16歳/千葉県
2019-08-27 23:30



とーやま校長「審査員の蔦谷好位置先生がよくおっしゃってる、LIVEは色んな見せ方があって、"ワー"って歓声が上がってっていう盛り上がり方もあれば、"何だこれは!?"、"一体何なんだ、この催し物は!?"って、みんなが息を呑む見せ方もある。
まさに後者が玉名ラーメンの時間だったなと思ってね。
1ヶ月ぶりに観させてもらったけど、前の時よりもより確信に満ち溢れてるLIVEだったなと思う!」

あしざわ教頭「そして、審査員特別賞
受賞、改めて、おめでとう!


続いて、4組目の出演者!

長野県 高校3年生 5ピースバンド!
あるくとーーふ

SCHOOL OF LOCK!



♪ 悪役のはなし(LIVE@マイナビ未確認フェスティバル2019) / あるくとーーふ


♪ ハニーレモン・ジンジャー(LIVE@マイナビ未確認フェスティバル2019) / あるくとーーふ


SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長あるくとーーふの5人!
思い描いていたファイナルでの最高到達点があったと思うんだけど、そこに早々と達して、さらにそこを越えた手ごたえしかなかったと思うんだよね。
たぶん、それが客席みんなに…みんなして手を振ってて、それであの光景に繋がったんだと思う。
改めて聴いたら、曲、やっぱりめちゃめちゃかっこいいね!」

あしざわ教頭「かっこいいよ!」

とーやま校長「レコーディングの音源を聴いてるみたいだもんね」

あしざわ教頭「わかる!
ノらざるを得ないと言うか、みんなの一体感もすごかったし。
手に持ってたサイリウムが、その時めちゃめちゃ上がってたりしてて、バッと、光景がすごい今でも思い出せる!
熱量すごかった!」

とーやま校長「これ高校3年生なんだよね。
同級生の5人で」

あしざわ教頭「アーティスト写真見たらわかるけど、すごいほっこりするから。
もうギャップがすごい!」



いつも地元のライブハウスで対バンしている同い歳の仲間あるくとーーふが、新木場の大きな舞台で、あんなにも多くの生徒のみんなを熱狂させている姿、本当に心を打たれました。
自分も負けてられないなって強く思いました!
ひおきまいる
男性/17歳/長野県



あしざわ教頭「地元から色々応援の人たちがたくさん来てたみたいだけど、もしかしたらそこで観ててくれたんだろうね」

とーやま校長「悔しい気持ちもあったりしたけど、こうやってポジティブな気持ちに変換して、ひおきまいるも、ありがとう!」



あるくとーーふ!!!!!
ファイナルで初めて聞いたけど、ライブで聞いてすぐにハマった!!
その後CDも買わせてもらって、その時に笑顔で話してくれて、曲だけじゃなくて人間的にもすごい人ばっかだなぁと思いました!!
夕暮れ時の少年
男性/16歳/神奈川県
2019-08-27 23:38



とーやま校長「あるくとーーふね。
賞が全てでは全くないんだけど、そんなことにはめげずにっていう言い方が合ってるのかわからないけど…。
俺は終わった後に直接話をすることができなくて、ちゃんと気持ちを伝えられなかったんだけど、あるくとーーふはこれからもずっとあるくとーーふでい続けると思うから、このように自分たちの想像を超えるようなこれからがやってきて欲しいし、そうなることを祈っている!」

あるくとーーふ、ありがとう!


とーやま校長「8組中、前半4組まで来たところで…。
実は、マイナビSPECIAL LIVEに当日【シークレットアーティスト】が登場しました!!

あしざわ教頭「当日まで本当にわからなかったので、登場した時、生徒もビックリしたでしょうね!」

とーやま校長「マイナビSPECIAL LIVEに登場してくれたのは…」

マイナビ未確認フェスの前身、閃光ライオット出身のアーティストが、
8年ぶりにこのステージに帰ってきた!

片平里菜ちゃん!!

SCHOOL OF LOCK!



♪ 夏の夜(LIVE@マイナビ未確認フェスティバル2019) / 片平里菜


SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「この『夏の夜』という曲。
マイナビ未確認フェスティバルの前身、閃光ライオット2011
あの時のファイナルステージは日比谷の野音。そこで披露されてるわけなんだけども…。
俺は声が全く変わらないなと思って。
8年前と今年、同じ角度から観てたんだけど、変わってないし、変わったこともたくさんあるわけ。
俺たちSCHOOL OF LOCK!も、教頭が変わったりとか、レギュラー講師陣も変わったりとか、里菜ちゃんは里菜ちゃんで、今まで一緒に音楽を作ってきた仲間と一度お別れしてひとりでやることになったりとか。
変わってるけども、でもお互い、辞めずに続けてきたから、こうしてもう一度8年越しにここで会うことができたんだな、ということを考えたら、俺はもう胸がいっぱいだったね!」

里菜ちゃん、ありがとう!

SCHOOL OF LOCK!



とーやま校長「マイナビ未確認フェスティバル2019スペシャル、本日はここまで!!」

オープニングから4組、そして片平里奈ちゃんまでお送りしました!
明日は5組目のカモシタサラからスタート!

とーやま校長「まだ準グランプリ、グランプリアーティストは出てない…!」

あしざわ教頭「そうなんです!
さらに明日は、当日のゲストライブアクト、CHiCO with HoneyWorks先生のライブ音源もオンエアーいたします!」

とーやま校長「さらにCHiCO先生本人も登場していただいて、色々感想だったり、振り返っての気持ちとか聞いて行きたいと思います!」

SCHOOL OF LOCK!は明日夜10時に再び開校!
起立! 礼!
また明日〜〜〜〜〜〜!!!!

SCHOOL OF LOCK!




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:03 ユートピア(LIVE@マイナビ未確認フェスティバル2019) / マッシュとアネモネ
22:28 ファーストフライト / 杏沙子
22:34 ウタウタイ(LIVE@マイナビ未確認フェスティバル2019) / Bamboo
22:40 なくな、少年(LIVE@マイナビ未確認フェスティバル2019) / Bamboo
22:43 キミのとなり(LIVE@マイナビ未確認フェスティバル2019) / 伊津創汰
22:46 try(LIVE@マイナビ未確認フェスティバル2019) / 伊津創汰
23:10 月色ホライズン / [ALEXANDROS]
23:20 Thunder / [ALEXANDROS]
23:27 Raisins(LIVE@マイナビ未確認フェスティバル2019) / 玉名ラーメン
23:32 own(LIVE@マイナビ未確認フェスティバル2019) / 玉名ラーメン
23:36 悪役のはなし(LIVE@マイナビ未確認フェスティバル2019) / あるくとーーふ
23:41 ハニーレモン・ジンジャー(LIVE@マイナビ未確認フェスティバル2019) / あるくとーーふ
23:47 夏の夜(LIVE@マイナビ未確認フェスティバル2019) / 片平里菜

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

蘇れマイナビ未確認フェス2019!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

明日もまだマイナビ未確認フェスティバル2019は続く!!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★