新曲、「白銀」について!!


SCHOOL OF LOCK!



(チャイム〜♪ ガラガラガラ・・・)


タイトル:雪

Eve先生こんばんは
私は田舎の方に住んでいるのですが、毎年冬になるとどうしても雪が積もってしまうので、母に雪かきを手伝わされて大変です
でも私は冬が1番好きです
小学生の頃に雪合戦など、たくさん雪遊びをしました
Eve先生は冬は好きですか?また、雪遊びをしたことがありますか?

アオハまる◎
女性 14歳 宮城県


Eve「冬は好きですよ。寒いけどね。僕が住んでたところはあんまり雪が降らなかったんですよ。降っても全然積もらなかったし。だから、ちょっと降っただけでテンション爆上がりよ、笑」

Eve「雪だるまとかも作れないんですよ。だけどみんなで外駆け回って、雪が降ってるってことだけで大喜びできるような、そんな感じでしたね。雪遊びするというよりは、雪見るとテンション上がっちゃうみたいな感じで。」

Eve「寒いのはあまり好きじゃないですけど、雪は好きです。」

Eve「SCHOOL OF LOCK! の生徒のみなさんこんばんは。異文化の講師Eveです。」

Eve「今夜はですね、新曲”白銀”について授業をしていきたいと思います。この曲は、昨日告知があったと思うんですが、2019年の”JR SKISKI”のテーマソングとしてCMが公開されました。聞いてくれた生徒も多いと思います。みなさん、CMは見てくれましたか?」

Eve「放送されてない地域の生徒は是非、”JR SKISKI”のサイトから見て欲しいんですが、今年の”JR SKISKI”のCMは浜辺美波さん岡田健史さんのダブル主演で、僕も見たんですが・・・青春だなぁ、笑」

Eve「いや、すごくね、戻りたくなりました、笑 CMみたいなあんな青春をしてたわけじゃないんだけど、高校・大学に戻ってみんなでワーワー・・・それこそ雪見てはっちゃけるようなね、そんなことをやりたいなってちょっと思ってしまいましたよ。」

Eve「すっごいキラキラしててさ、ヤバかったね。自分の曲なんだけど、曲と相まってすごくなんかエモーショナルな気持ちになりました、笑 素晴らしいCMで。」

Eve「今回ね、この”JR SKISKI”のCM、毎回キャッチコピーってものがあって、今年は”この冬は2度と来ない。でも、この雪は消えない”。これが一つキーとなってるワードなんですが、最初話をいただいて、このキャッチコピーと、”疾走感のある勢いのある曲を作って欲しい”ということを言っていただいて、」

Eve「エモーショナルだけど熱があって、恋愛というよりは青春じみた、自分たちが社会人になって大人になっていってもその時の、その冬のことを思い出せるような曲になったらいいなっていうお話をしながら曲を書いていったんですけど、毎年僕も、”JR SKISKI”のCMが流れてくると”もう冬か。”みたいなのを感じるわけですよ。」

Eve「で、その年その年の曲を聴くと、”あの時は高校生だったな”とか”大学生何回生だったな”とか思い出すので、この”白銀”もそういう曲になってもらえたらいいなぁっていうのはなんとなく漠然と考えながら作り始めていったんですけど、」

Eve「そもそも実は、すごいお恥ずかしい話なんですが、この話をいただいたときにすごい嬉しくて、”曲をどういう風にしていくか”っていう打ち合わせがあるにも関わらず、実はその前に曲を作っていて、笑」

Eve「しかもそれも”バラードが合うんじゃないか”って思って、すごいバラードなミドルテンポの曲を作って・・・。もちろん言ってないですよ!その打ち合わせの時は全然言わずに”うんうん”って話を聞いてたんですけど、”あ!全然方向性が違う!”と思って、笑 嬉しくてちょっと、2曲作ってしまったというね。」

Eve「で、この”白銀”の始まりなんですけど。打ち合わせを経て作り始めていって、一昨年ぐらいにスノボで長野かどこかに行きまして、その時に雪山に行ったんですけど、辺りがもう真っ白だったんですよ。」

Eve「なんかその、あの時見たまっさらな光景。すごいキラキラしてて、白い海原のような・・・そう見えたんですね僕は。だから、なんか一つ、”白い海原”っていうところから膨らませていけないかなみたいな、その言葉から連想していきましたね。」

Eve「言葉っていうのは、キャッチコピーの”この雪は消えない。”っていうのもそうですし、僕の中から出てきたもの、”白い海原”。真っ白な、まだ何色にも染まっていないような雪を見て、今学生のみんなは、これから社会に出ていく人たちは、きっと自分自身を染めていったり、社会に染まっていったり、いろんな色に染まっていくと思うんですよ。」

Eve「だけど、自分がどう染まろうが染めていこうが、何かあったら、あの日の雪山に行ったこととか、真っ白な雪を見た日のこととか思い出して、”また頑張ろう”でもいいし、”あの頃は良かったなぁ”でもいいし、なんかそういう、何か思い出すきっかけになってくれたらいいなぁと思いながら作っていきましたね。」

Eve「あとサビはね、CMでも流れるしすごくスケールの大きいものにしたかったから、ティンパニとか、すごくスケールの出るような楽器を入れたりとか、アレンジにしてもそうですけど。」

Eve「あとはコーラスで、僕の声とかも結構重ねて後ろに入れてみたりしましたね。やっぱり”雪山”、すごいスケールの大きいものなので、音楽もそういうものになればいいなぁというのはなんとなく考えながら。」

Eve「で、歌詞はね、もちろんそのキャッチコピーとか、いただいたものはありますけど、基本的に本当に自由に書かせてもらえて、自分の書きたいことが書けたなっていうのはありますね。」

Eve「ちょうど今、アルバムが2月に出るのでそのレコーディングももう全て終わりまして、今もうミックスの段階に入ってるんですけど、この”白銀”、アルバムの中でまた違った見え方をするんじゃないかと思うので、通して聞いてみてもらえると嬉しいなと思います。」

M 白銀 / Eve

Eve「最後に今週のエンドカードを紹介します。」

Eve「今週はですね、ちょっと名前がないんですよ・・・。名前はないんだけど、多分韓国の方ですね。すごい!韓国から、ありがとうございます!」


SCHOOL OF LOCK!


Eve「結構僕のリスナーの方は、ありがたいことに海外の方も多いんですが、まさかSCHOOL OF LOCK!にメールを出してまでイラストを送ってくれるっていうのは嬉しいですよね!Eve LOCKS! のイラストを描いてくださいました。ありがとうございます!」

Eve「それでは、本日のEve LOCKS! はここまで、異文化の講師Eveでした。」

M ふりをした。 / Eve


SCHOOL OF LOCK!



ゆる募「こんなEveは嫌だ」


生徒から「Eve先生を思いっきり笑わせる授業をやって欲しい!」
という要望を受け、ゆるっとはじまった「大喜利」!

Eve LOCKS!大喜利 第三回のお題は・・・
こんなEveは嫌だ

Eve 掲示板に、 #大喜利のタグをつけて書き込んでください。
あくまでゆる〜く募集!
面白い答えが集まったら大喜利の授業を行う予定!
ゆる〜く楽しみにしていてください。

Eve LOCKS! 放送後記

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る