新曲「廻廻奇譚」についての授業!


SCHOOL OF LOCK!



この後記の放送を聴く


聴取期限 2020年10月15日(木)PM 10:00 まで







(チャイム〜♪ ガラガラガラ・・・)


Eve先生、新曲「廻廻奇譚」、最高です!
久しぶりの新曲でめちゃくちゃテンション上がりました!!
〜質問です〜
Eve先生から呪術廻戦を知って、気になり、思い切って0〜13巻まで一気に買ってみました。
読んだら想像の何倍も面白くていい買い物したなと思いました!
Eve先生は最近いい買い物したな思うことはありましたか?


はるねこ◎
東京都 15歳 女性



Eve「『呪術廻戦』面白いよね。
ちゃんと0巻から買っているのが良いね。(笑)
そう、0巻もあるんですよ、『呪術廻戦』は。
で、この間ね、13巻も出たので、なんか一気に読みたくなるよね。」

Eve「最近Twitterでも言った、ホームベーカリー。パンを作る機械ね。
あれは僕、最近買ったもので1番衝撃を受けましたが、それかなぁ。
あとはなんだろうなぁ?」

Eve「枕とか、毛布を変えました。
1日8時間ぐらい睡眠とるじゃないですか?
僕は結構とる方なので、8時間ぐらい寝てるんですけど。
やっぱね、1日の1/3を睡眠に使っているので、あんまり今まで気にしていなかったんですけど、枕とか、布団が自分に合ってるのか?っていうのは、ちょっと気になってて、買い替えました。」

Eve「そしたらいつもより寝れる、寝れる。(笑)
いつもより寝れる、寝れる、の、もう寝すぎてヤバいです。(笑)」

Eve「SCHOOL OF LOCK!の生徒の皆さん、こんばんは。
異文化の講師、Eveです。
今日も自宅から、授業をしていきたいと思います。」

Eve「ついに先週、新曲の配信がスタートしました。
曲タイトルは「廻廻奇譚」。
TVアニメ『呪術廻戦』のオープニング主題歌として、書き下ろさせてもらったものなんですけれども。」

Eve「すごかったね。深夜にね。
リアルタイムで僕も見てて、みんなも見ました?
もうめちゃくちゃ感動しました。
やっぱり、そもそもこの作品自体、すごく僕は好きだったんですよ。原作が。
だからアニメ化が決まったのは、もう1年〜2年前ぐらいじゃないですかね?
その時はもちろん、主題歌の話とか来てないタイミングですよ。」

Eve「アニメ化決定したっていうのを聞いて、すごい嬉しかったんですよ。
だから主題歌を書くことになって、すごい不思議な気持ちで、見ていました。」

Eve「アニメのオープニングの映像がすごくて。
今ね、ノンクレジットでYou Tubeにも公開されているので、良かったらこの後見て欲しいなと思うんですけど。」

Eve「それも素晴らしくて、楽曲が、すごくさらに映像のエネルギーも相まって、映えるような形になっていて、めちゃめちゃ感動しました。」

Eve「アニメの主題歌って、普段音楽を聴かない人とか、アニメがそもそもすごく好きな人とか、音楽という異文化に初めて触れるきっかけになることが多いのかなと思うんですけど。」

Eve「アニメがきっかけで、僕のことを知ってもらえたりとか、後は海外の方とか、きっかけっていうのは、すごくありがたいことだし、自分のやってる活動とか、音楽とか、誰かの耳にとまったりとか、誰かに興味をもってもらったり、気づき。
気づいてもらったりっていうのは、僕ら作っている側からしたら、それ以上に嬉しいことはやっぱりないので。
やっぱりこうやって、今日も聞いてもらえてるっていうのは、ラジオもね、ありがたいし、すごい嬉しいことですね。」

Eve「せっかくなので、今日は「廻廻奇譚」について少し話していきたいなと思います。」

Eve「まずいつだったかなぁ?今年入ってからかなぁ?
お話を頂いて、もちろん原作はずっと読んでいたので、もうすでに頭に入っていたというか、知っていたんですけど。
曲を作るってなって、そこから1回、1巻から最新巻まで、一気にもう1回読み直しましたね。」

Eve「読み直したうえで、1日とかで読んじゃったんですけど。
読み直して、その熱量のまま、興奮してるわけですよ。おもしれーって。(笑)
その熱量のまま、普通だったら1回ちょっと落ち着いてから作った方が良いのかなぁと思うんですけど、いつもだったらそうしてるんですけど。
この熱が冷めないうちに作りたくて、読み終えてから一気にバーッと作っていきましたね。」

Eve「アニメのオープニングなので、もちろん原作の作品に寄り添うもの。
僕と今回の『呪術廻戦』との共通項みたいなものを探って、作っていくのがごくごく普通の形なのかなと思うんですけど、『呪術廻戦』への愛が強すぎて。(笑)
あと読み終えて、その熱量のまま書いていたので、愛が重たくなっちゃいましたね。
もうたくさんの、僕なりの『呪術廻戦』に対する想いとかを書かせていただきました。」

Eve「歌詞とか、Twitterとかでは“呪術味が強い!”って言ってもらえたりしていて、すごく僕は嬉しいなと思っているんですけど。
最初『呪術廻戦』っていう作品は置いといて、「呪術」っていう単語。
そこから連想するイメージとしては、なんか唱えたかったんですよ。
唱えるように歌いたくて、そういうものを作りたいなっていうのは、なんとなく漠然と頭の中にはあって。
なんか唱えてぇなーと思ってたんですよね。ずっと。(笑)」

Eve「結果として、そういうものができたかなと思ってるんですけど。
作品から、この曲は本当に作品からかなりのエネルギーをもらって、この作品が無ければ作れなかった曲だなと絶対に思うので、聞いてほしいなと思います。」

Eve「原作を知っている方、読んでる方は、ちょっと気付きもあるかもしれないんですけど、ぜひフルで、歌詞も一緒に見ながら聞いてもらえたら、よりいろいろ膨らむのかなって思ったりはしています。」

Eve「僕も大好きなので、そういう共有したいんですけど、まぁでもネタバレにもなっちゃうし…。(笑)
あっ別に歌詞にネタバレ要素は無いですよ。
そこは気をつけたつもりではありますが、そうですね、はい。(笑)」

M. 廻廻奇譚 / Eve

Eve「これ読み方ね、「かいかいきたん」。
多分、「かいかいきたん」だと予測変換では出てこないので、「めぐる」「めぐる」とかで出してもらって、登録すればいいと思うんですけど。ちょっと頑張ってください。」

Eve「そして、この「廻廻奇譚」特設サイトで、今配信リリースを記念した、プレゼントキャンペーンがやっているみたいで。
僕も見せてもらったんですけど、パーカーとかシャツが当たるみたいなので。
すごい可愛かった。#で、ぜひ応募してみてください。」

Eve「その#で結構、感想とかみんな書いてくれていて、僕もちょくちょく見ているので、ぜひぜひ感想などあれば、お待ちしています。」

Eve「そして、最後になりますが、先週、Eveとして活動の11周年を迎えました。
すごい掲示板もたくさんありがとうございます。もう忘れてたよ。(笑)」


Eve先生こんばんは
Eve先生の活動開始からちょうど11年ですね〜、おめでとうございます!
Eve先生の12年目の抱負をぜひ聞かせてください!
ちなみに明日誕生日を迎える私の17歳の抱負は、「お金の管理をしっかりする。」です。
これからも応援しています!

テテまる
茨城県 17歳 女性



Eve「ありがとう。
そうなんですよ。まあ11年っていってもね、ずっと活動をひっきりなしに続けていたかって言われると、ちょっとクエスチョンではあるんですが。
このEveっていう名前で、最初は自分の声を、カバーを、あげていて、本当に自分の曲を歌うようになったのは、ここ3年前とかぐらいからなんですけど。」

Eve「自分の声をネットに初めてあげたのは、本当にその11年前とかなんですよね。
すごい。長い。まだ僕が中高生の頃なので。(笑)
みんなと同じぐらいの頃ですよ。
そんな節目のタイミングで、新曲を聞いてもらえたっていうのが、嬉しいですね。
なんか感慨深いですよ。」

Eve「アニメの主題歌を歌っているなんて、多分…多分っていうか、絶対に思ってなかったわけなので。」

Eve「次の抱負は、身体に気をつけて頑張る。(笑)
お金の管理をテテまるさんがするように、僕は身体の管理をしたいと思います。
身体壊したりしないように頑張っていきたいと思います。」

Eve「ちょうど昨日ね、Twitterでお知らせをしましたが、そちらも、ぜひぜひ楽しみに待っていていただけると嬉しく思います。」

Eve「それでは、本日のEve LOCKS! は、ここまで。
異文化の講師Eveでした。」

M. 廻廻奇譚 / Eve



SCHOOL OF LOCK!



この後記の放送を聴く


聴取期限 2020年10月15日(木)PM 10:00 まで




Eve LOCKS! 放送後記

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る