剛力彩芽 ×SCANDAL2「歌詞について」

わが校の1週目ガールズ・剛力彩芽ちゃん!今月の登校2日目!
そして昨日に引き続き、SCANDALからHARUNA先生とTOMOMI先生が女子クラスに遊びに来てくれています!!!
このお2人を迎えて、まずはひとつカキコミを紹介します!




今日は文化祭の代休でした。
特にすることがなかったので、大好きなSCANDALの4人のメンバーの作詞の特徴や、自分が好きな歌詞やフレーズを探してました!
SCANDALの全ての楽曲の歌詞を3時間くらいかけて読みましたが、全く飽きることなく楽しめた!今度は他のアーティストでもやってみよう☆!!!
自信過剰くん
男/18/石川県




HARUNA「すごいですね〜、全ての楽曲を3時間かけて!」

TOMOMI「嬉しいですね。すっごい良い時間の使い方してると思う!」

剛力「これ私このカキコミ読んで思ったんですけど、すごく楽しそうですよね」

SCANDAL「楽しそう!」


20141202_g001.jpg


剛力「昨日も少し話しましたけど、このカキコミを見てたらさらに“歌詞"についてお話ししたくなっちゃったんですけど...いいですか?」

HARUNA「いいですよ」

剛力「まず自分が書いた歌詞って感情は乗せやすいと思うんですけど、他のメンバーが書いた歌詞を歌うってどんな感じなんですか?」

HARUNA「そうですね...やっぱりそれぞれの特徴もあるし、キャラクターもあるので、歌詞の主人公は全然違うんですよ。だから女優さんと似た気持ちなのかなぁって思います」

剛力「なるほど」


20141202_g02.jpg


HARUNA「そのキャラクターを演じるとか主人公になりきって歌うっていうのは自分とは違うので、歌っていて楽しいなって思いますよね」

TOMOMI「でも4人ずっと一緒にいるので、その時にリアルタイムで感じてることがものすごくズレることってないんですよ。だからものすごく違和感を感じる歌詞が上がってくることはないですよね」

剛力「そっかぁ...やっぱり最初の頃はドキドキしたんですか?」

TOMOMI「ドキドキしましたよ〜(笑)恥ずかしかったですし、むしろ『大丈夫ですか?歌いにくかったら書き直しますけど...』みたいな気持ちでしたよ(笑)」

剛力「でも楽しそうですね!難しいことも沢山ありそうですけど」

HARUNA「そうですね、一応私がメインボーカルなんですけど、歌詞によっては『このフレーズはTOMOMIが歌ったほうがいいよね』とか、4人で歌い分けてるんですよ」

剛力「すごい!そういう相談っていつするんですか?」

TOMOMI「レコーディング中にというか、歌いながらやってますね。声が4人ともまったく違うので、その場で相談して決めていくって感じです」

剛力「楽しそう!確かに曲を聴いているといろんな女の子が出てくるなって思ってて、そこに違う声が色々出てくることでまた感じ方も変わるんでしょうね」

TOMOMI「歌詞の書き方というか、タイプもそれぞれ違ってて、HARUNAは昨日も言ってましたけど自分の気持ちを吐き出すタイプで、私は物語を書くようにまったく自分と違う像の女の子を書いてるので、いろんな女の子が出てくるんだと思いますね」

剛力「すごいですね...やっぱり歌詞書くっていいなってお2人の話を聞いてると思います。私は誰にでも通用するラブソングというか、異性だけじゃなくて、家族だったり友達だったりにも通じるようなラブソングが歌いたいなってざっくり思ったりすることがあるんです」

TOMOMI「広い意味での愛ってことですね」

剛力「かなりざっくりしてるんですけど、ありがとうとかそういう言葉も欲しいんですけど、それだけじゃ伝えきれないというか...そんな歌詞を書くためにはどうしたらいいんでしょう?」

TOMOMI「う〜ん、対象がいないというか、すごく広いテーマを書くのってやっぱり難しいですよね。例えば、対象をこの人だ!って決めてしまわないで、比喩としてモチーフを出すとかすれば書きやすいのかな?でも私達は具体的なテーマで書くことが多いので...そういう広いテーマは本当に難しいですよね(笑)」

HARUNA「(笑)」

剛力「そうですよね(笑)まずもうちょっと最初は...何から始めたらいいんだろう?感謝をテーマにした曲ですかね?一番は応援してくれてる人に向けて常に思ってる想いとか」

HARUNA「そういうテーマがあるとすごい書きやすいと思うんですけど、裏テーマとしてファンの人に向けてというものがありつつ、その比喩としてある1人を立てるとか」

剛力「そっか、すごい!それ...いいですね!」

HARUNA「パッと見たら男の子とのラブソングなんだけど、気持ちはファンのみんなに向けて歌ってるよって思うだけでも書き方は変わってくると思うんですよね」

剛力「すごい!なんか書けそうな気がしてきた!」

全員「(笑)」


M love in action / SCANDAL


・・・この曲は今週水曜日にリリースされるSCANDAL先生のニューアルバム『HELLO WORLD』に収録されているMAMI先生作詞曲!

HARUNA「これこそ愛だなって思うんですよね」

剛力「そうですよね!」

HARUNA「ギターのMAMIが作ってくれたんですけど、男女関係なくすごく心にスっと入ってくる歌詞だし、元気もらえる歌詞ですよね」

剛力「元気もらえます!心が動かされて一歩踏み出したくなる感じがしますよね」


20141202_g06.jpg


・・・といったところで今夜の授業時間も終了!
そしてなんと、明日もSCANDAL先生が女子クラスに遊びに来てくれることが決定!!!!
3人、ものすごく語り足りない感じしますもんね〜、明日はどんな話をしてくれるのかお楽しみに!
それでは、また明日〜♪

剛力彩芽のGIRLS LOCKS!

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る