12月20日(金)のセカオワLOCKS!は・・・

世界の始まり“世界始”の講師セカオワ先生による授業!
彼女の顔を見た瞬間、恋が始まりました。ギターをもらって自分の曲を作り始めました。
など、キミの新しい世界が始まった瞬間を教えて下さい。
その他、セカオワ先生に質問したいこと、伝えたいこと、キミからのメッセージはセカオワ掲示板に書き込んでね!

クリスマスプレゼントをゲットせよ!“良い子アピール書き込み” を紹介!!!

SCHOOL OF LOCK!

この後記の放送を聴く

聴取期限 2019年12月20日(金)PM 10:30 まで


セカオワ先生は、先日メンバーのみんなとか沢山の友達とビワイチをしたんですね〜!うらやましぃ〜☆☆☆言い訳になるかもしれないですが、私は長崎人なので、坂が多くて自転車に乗る場所が無いし、そもそも自転車を持ってないし、乗れないです笑笑でも、不思議と一輪車は乗れます!私も死ぬまでには自転車に乗ってみたいです!セカオワ先生、ビワイチ楽しかったですか??
充電かき氷
長崎県 16歳 女の子


Fukase「うん」

Nakajin「ラジオネームどういうこと?(笑)」

Fukase「なんかいろいろあるのかな〜と思ったよ」

DJ LOVE「アレじゃない?ケータイの充電をかき氷作りながらできる的なことじゃない?」

Nakajin「まあちょっと分かんないですけど・・・」

Fukase「めっちゃ説明してくれてんじゃん。いいピエロだよ」

Nakajin「ここでビワイチって言ってるのは、琵琶湖1周の自転車ツーリング旅のことですね」

Fukase「メンバーでプライベートで行ってきた」

Nakajin「ビワイチ」

Fukase「なんでああいうことになったんだっけ?Nakajinと自由が丘のお店で飲んでる時に、アクティブに生きて行こうよって」

Nakajin「うん。最近やってないじゃんってね」

Fukase「最近はね。よくやってたじゃないですか?ハイキングしたり」

Saori「昔はね」

Nakajin「うん」

Fukase「何回言ってもね、意外ですって言われるんです。SEKAI NO OWARIはアクティブなんだと!」

Nakajin「そうなんですよ」

Fukase「インドアなんかは嫌いなんだ!俺は」

Nakajin「アウトドアなんです」

Saori「2人がアクティブだよね」

Fukase「2人はインドアだよね。SaoriさんとLOVEさん」

Nakajin「そうかもね」

Fukase「俺とNakajinはかなりアクティブ。楽しかったですか?」

Nakajin「楽しかったです」

Fukase「1周200キロですからね」

Nakajin「200キロですね」

Saori「私はビワイチする予定なかったんですよ」

Fukase「うん」

Saori「子供連れて行って休憩所で待って、走っている動画とか撮ろうって思ってたら、初日の45キロくらい終わった後みんなが急に、“Saoriちゃんだけやらないの、やっぱりないよ”って言い始めて。“私服とかも持ってないしそもそも覚悟がないから無理だよ。だってここから150キロ走るんでしょ?”って言ったんだけど」

SCHOOL OF LOCK!


Fukase「そうだ」

Saori「Fukaseくんがメンバーの連帯感がなくなるみたいな話を」

Fukase「やめろよ。そんなことは言ってない。そんなブラック企業みたいなこと言ってないよ」

一同笑い

Nakajin「言ってないよね〜」

Saori「一緒にやろうぜ!みたいなこと言ってくるから。そうか・・・と思って私もやりましたよ」

Fukase「一緒にやろうぜみたいなことを言ってくる・・・めっちゃ普通じゃん(笑)普通に誘ってるだけじゃん!」

DJ LOVE「やったほうがいいって!くらいだよね」

Fukase「超爽やかだよ」

Saori「いや〜もうね、辛かった。痛かった身体中が。すごく」

Nakajin「痛かったですか?」

Saori「うん」

Nakajin「ケツですか?」

Saori「うん。めちゃくちゃ早いのね。男性陣のスピードを見て、こんなに体力差というか筋肉量差があるんだと思って。全然追いつける気がしない、というか倍速くらいで走ってる感じがした」

Nakajin「でもその後もSaoriちゃんも結局行ったじゃないですか」

SCHOOL OF LOCK!


Saori「最終的にはね」

Nakajin「残りの距離を」

Saori「150キロくらい。走りましたよ」

Fukase「速かったのはLOVEさんとNakajin。圧倒的に。うちの体育の教員免許を持っているスタッフも完全に追いつけませんと」

Saori「Nakajinは分かるよ?」

Nakajin「うん」

Saori「普段からボルダリングとかやってて部屋で鍛えているっていう噂ですから」

Nakajin「部屋では何もしてません」

DJ LOVE「(笑)」

Fukase「部屋では指でこう・・・」

Nakajin「壁の縁につかまって」

DJ LOVE「ウ〜〜ン!って」

Fukase「そう(笑)」

Saori「LOVEさんだよね。なんでそんなに速いのかなって」

Fukase「いつからそんな肉の弾丸になったのかな?」

Nakajin「肉の弾丸(笑)」

DJ LOVE「Nakajin凄かったよ」

Saori「いや、Nakajinがすごいのは当たり前なんだよ。努力してるんだもん普段から」

DJ LOVE「でもNakajinには追いつけないもん」

Saori「そりゃあそうだよ!なんでLOVEさんは腕相撲も強いし、自転車も速いのかな?」

Nakajin「謎ですよね」

DJ LOVE「体重じゃない?」

Saori「体重で自転車こげる?」

DJ LOVE「やっぱり足を普通に軽く下ろすだけでも重さが違うんじゃない?」

Saori「速いのかな?」

DJ LOVE「進む力になりやすい」

Nakajin「そうとも限らんと思うけどな」

SCHOOL OF LOCK!


Saori「LOVEさん普段何にもしてないのに」

Fukase「ちゃんと見てた?」

Nakajin「へ!?」

Fukase「左側に琵琶湖があったの」

Nakajin・DJ LOVE「見たよ!」

Nakajin「もちろん」

Fukase「景色を楽しむ速度じゃないなって思ったくらい」

Nakajin「超楽しんでたよ」

Saori「だって時速30キロくらい出てた時あったでしょ」

Fukase「出てた出てた。俺26キロで追いかけたのに全然追いつけなくて。いいやと思って琵琶湖見てた」

Nakajin「琵琶湖ね。見てましたよ」

Fukase「見てなかったよ〜」

DJ LOVE「結構喋ってたもんね」

Nakajin「うん」

DJ LOVE「“ここ、のどかでいいね〜”なんて言いながら」

SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「言ってました」

Fukase「そう?全然追いつけないわ。琵琶湖じゃなくていいじゃないかと思った」

一同笑い

Fukase「距離があれば」

Nakajin「全然そんなことない」

Fukase「ほんとっすか?」

Nakajin「ちなみにあれですよね。King Gnuの井口くんも」

Saori「ね!井口くん来てくれてね」

Nakajin「急激に距離縮まりましたけど」

Fukase「背高いんだよな〜」

Nakajin「彼背高いよね!」

DJ LOVE「ね!」

Nakajin「意外と近くで見るとデカい」

Fukase「俺お姫様抱っことかしてもらえるくらいのサイズ感だった」

Nakajin「デカいんです。LOVEさんよりだいぶデカい」

DJ LOVE「ね。デカかった」

Saori「意外だよね」

SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「ね。彼が途中消えたり」

DJ LOVE「ね」

Saori「途中全然違うルートに急に行っちゃったりとかね」

Fukase「コンビニでみんなで待ってたんだけど、“私の前走ってたよ”って言うSaoriちゃんが到着してこれはやばい!って」

一同笑い

Fukase「これはやばい。今一押しのバンドのボーカルが!やばい!琵琶湖で無くした!」

一同笑い

Nakajin「やばいってなるよね〜。一瞬現場がピリッとしたよね」

Saori「ね!大丈夫かなって」

Fukase「とりあえずメンバーは走ろうってなって、スタッフが車で探しに行ったんだけど先に居たんでしょ?」

Nakajin「そう、先に居たんです」

Fukase「先頭だったんでしょ。まさかの」

Nakajin「先頭だった。僕とLOVEさんが見つけて」

SCHOOL OF LOCK!


Saori「みんなが井口くんのことを待っている間に井口くんは別ルートで前に進んでたんでしょ」

Nakajin「そうなんですよ」

Fukase「新しい亀の形だよね」

Nakajin「ウサギと亀(笑)不思議な人ですよね〜」

Saori「ほんとに」

DJ LOVE「ね〜」

Fukase「見つかってよかった。青い塊見つけた時よかった〜!ってなった」

一同笑い


ビワイチが相当楽しかったのか、かなり喋ってしまいましたが・・・(笑)今日はセカオワ掲示板に寄せられた、私良い子!の書き込みを時間の限り紹介しますよ〜!


Fukase「SEKAI NO OWARI Fukaseです」

Nakajin「Nakajinです」

Saori「Saoriです」

DJ LOVE「DJ LOVEです」

Nakajin「世界の始まり!世界始の講師!セカオワLOCKS!今夜はこちらの授業を行います」

Saori「良い子のためのクリスマスプレゼント!!

Nakajin「早いもので、もうすぐクリスマス!ということで、僕たちSEKAI NO OWARIが、生徒にぴったりのクリスマスプレゼントを選んで贈りたいのですが、クリスマスプレゼントをもらえる権利があるのは2019年良い子にしていた生徒です」

Fukase「はい」

Nakajin「今夜はセカオワLOCKS! 掲示板に届いている、“良い子アピール書き込み” を紹介していきます」

DJ LOVE「はい」

私は吹奏楽部なのですが平日は普通に放課後部活があって、土日は一日中練習なので週休0日、ほぼ1年365日、毎日学校に通いました。今は2年生で去年一年間経験しているからそろそろ慣れるかなと思っていたら、なんなら去年より辛かったしめちゃくちゃにしんどかったです。でも頑張りました。冬休みには大事なコンクールがあるので休みはたぶんお正月の1日だけです(泣)来年引退なのでもうちょっと頑張ります。
ちぃおわ
東京都/17歳/女性


Nakajin「売れっ子だね」

Saori「すごいね〜」

Nakajin「ビワイチよりしんどいぜ」

Saori「学生ってさ、絶対仕事より忙しいよね。学生の忙しさってすごいよね」

Nakajin「うん」

Fukase「異常だよ。異常異常」

SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「朝早いしね」

Saori「ね!」

Fukase「11時ー16時で良くない?学校って」

Nakajin「(笑)」

Fukase「正直!11時―16時でいいと思うよ」

Nakajin「いいっすね〜」

Fukase「そしたら俺も学校行けたよ!11時―16時にしようよ。早いよ」

Saori「はいはい。じゃあ次行きますよ」

客観的に見て今年私はいい子だったかは分からないんですが、今までやりたい事も趣味も何もなかった私が色んなことを始めた1年でした。Saori先生に憧れて今まで全然読まなかった本を沢山読みました!今まで全然読まなかったのに、読んでみたら楽しくてお小遣いの中から頑張って買っています!これは最近なんですが、Saori先生のふたごの韓国語版を読みたくて韓国語を勉強し始めました!来年のハングル検定に合格できるように今勉強しています!来年から高校生なのでもっと色んなことに挑戦したいです!
まなみぃぃ
大阪府/15歳/女性


Saori「Saori先生に憧れて。Saori先生に憧れて」

SCHOOL OF LOCK!


Fukase「いや〜なんかね〜Saoriちゃんのファンって世界中にいるじゃん」

Nakajin「世界中に(笑)」

Fukase「もう圧が強い。海外の空港行くと俺とかスルーだもん」

Saori「そんなことないよ(笑)」

Nakajin「Saoriちゃんすごいですね」

Fukase「ファン強いですよね」

Nakajin「強い」

(韓国語を勉強していることを受け)

Fukase「やっぱりSaoriちゃんのファンのバイタリティーはすごい!」

Saori「すごいバイタリティーですね」

DJ LOVE「検定まで行っちゃうんだね」

Nakajin「日本語でも読んでらっしゃるんですよね?」

Saori「そうですね」

Nakajin「韓国語でも読んでみようって」

Saori「なったんだろうね」

Nakajin「すげえ!」

Saori「すごいバイタリティーで嬉しい!」

Nakajin「Saoriちゃんインフルエンサーじゃん」

Saori「ありがとう、まなみぃぃ」

Fukase「すごいね。すごいんだよ。本当に」

Nakajin「次読みます」

メリークリスマス!私は2019年部活のバンドを頑張りました。この1年間でバンドが2つ消えました!!その間にもギター、キーボード、ドラムがいなくなったり、でもバイオリンはいたり、ピンボなのに文化祭ではギタボに挑戦したりしました。ライブ、作詞作曲、レコ、ミックスなど大変ですが音楽大好きなのでこれからもがんばります!
ふうかぁ
東京都/17歳/女性


Saori「バンドはね〜」

Nakajin「なかなか大変ですよね」

Saori「メンバーを見つけるのがね」

Fukase「ピンボって言うの?」

Nakajin「ピンボなのにギターに挑戦したりって言うことは、ギターやってない」

SCHOOL OF LOCK!


DJ LOVE「ボーカルオンリーの」

Nakajin「ってことですね。ピンボって言うんだ、初めて聞いた」

Fukase「初めて聞いた。なんか時代を感じるね」

Nakajin「そうですね。知らなかった」

Saori「頑張ってるね。大変だよね」

Fukase「次いきます」

今年定時制を卒業しました!本当は4年で卒業の所、通信制も通い3年で卒業することができました!毎日、バイト行って学校終わって、レポート作成してやっとの思いで卒業できました。そして今年妊娠し、来年出産します!まだ若いのにと言われますが立派なお母さんになるように頑張りたいと思います!毎日セカオワ先生の曲を聞いて悪阻乗り越えてます!
ハツヒメ
大阪府/19歳/女性


Saori「えええ!」

DJ LOVE「すげええ」

Nakajin「へえええ〜すごい!」

Saori「19歳で頑張りましたね!」

DJ LOVE「ね!」

Nakajin「定時制卒業して」

Saori「もうすぐ!」

Fukase「いい子。いい子というか、もはや子ではなくなりつつありますね」

Nakajin「いい・・・母?」

Saori「母だね」

Nakajin「いい母です」

Saori「いや〜」

Fukase「どうですか?セカオワ先生の曲を聴いて、つわりを乗り越えてますって」

Saori「つわりはね〜本当に辛いんですよ」

Nakajin「『Blue Flower』とか聴いて乗り越えていくんですかね」

Fukase「“大きい声を出すなよ”」

Nakajin「(笑)」

Fukase「っていう歌詞から始まる曲ですけど、どうなんですかね」

Saori「つわりの時期、ぷっちょばっかり食べてましたね」

Fukase「そういうのあるって言いますよね」

Nakajin「いいますね」

DJ LOVE「1個の食を食べるのね」

Saori「うん」


M. イルミネーション / SEKAI NO OWARI

SCHOOL OF LOCK!



Nakajin「ということで良い子アピール書き込みを紹介してきましたが、みんな良い子で選びきれない!ということで、来週のセカオワLOCKS!で 改めて抽選したいと思います。まだ間に合うので、僕らが選んだプレゼントが欲しいという生徒は【セカオワ掲示板】に書き込んでください」

ということで、引き続き良い子アピール書き込み待っていますので、アピールし足りないっていう生徒もどんどんしてってくださいね。去年のクリスマスプレゼントは「2018年に買ったオススメ品」でした。クリスマスプレゼントは一体何なのでしょうね?楽しみです!!

今週はここまで。みんなのクリスマスはどんな1日になりそうかな?
また来週〜!

SCHOOL OF LOCK!

この後記の放送を聴く

聴取期限 2019年12月20日(金)PM 10:30 まで

| Next -

セカオワLOCKS! 放送後記

もっと見る

ARTIST LOCKS! & GIRLS LOCKS!

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る